年末年始旅行記⑪ Wien

2013⁄02⁄18(月) 00:00
さて ウィーンでの観光のお話ですが……とか 書く前に
ちょっと ボクがやらかしてしまったお話。 失態とは別の意味で。

今までもかなり長いことあちこち言ってきた話を(少なくともシリーズ化して)
書き込んでいた気がしますが まぁ 結構長くの間割とテンションハイな状態で
ずっと過ごしているという現実がここにあるわけですよね。

――と 言う前提条件をここで書いておけばわかりやすい話かもしれませんが
ウィーンについた段階でボク はしゃぎすぎて電池切れ。
……疲れという意味で半日ベッドに伏す羽目になっていたわけでwww

一応 こんな人間が言う言葉は全く当てにならないことを百も承知で
書かせてもらおうと思いますが 旅行の計画はしっかり
休息も念頭に入れてやった方がいいですね…… 休息。 これ、大切。

だからなのかそうでもないのかわかりませんが ウィーンの観光は結構控えめ。
元日も含んでいましたし 結構部屋でゆっくりしてみたり
冬休みに出された数学的な意味での課題に取り組ませてもらったりしていたわけで。

0201_20130129232359.jpg0202_20130129232359.jpg
まぁ でも 皆無というわけでもなかったのですがね
――みたいな書き方で 苦し紛れに書いてみる シェーン・ブルン宮殿。

かのハプスブルグ家とか マリーアントワネットの両親が~
みたいな物語の舞台だったりする宮殿です。 さすが、豪勢。

因みに ここの宮殿の噴水 見事なほどに凍り付いておりまして
千葉とか神戸とかではここまで分厚く氷が張ることもないんだろうな~
――みたいなこと考えていたわけですがね。 さすがウィーン。

……まぁ 中入る段階で 勝手に音声ガイド付いてきたおかげで
結構楽しませてもらうことができました。 ついでに 大学の授業的な意味でも
教養で取っている科目にかなり近いものがあったおかげで
その辺の確認という意味合いにもなったのでよかったこととします。

……そういえば 大学の授業についてもそろそろまとめ書かなきゃなぁ……
(↑状況によっては この辺り時系列考えないようにしてあげてください)

ただし ボクは筆下手なので それをうまく言葉で言い表せませんし
大体このような施設のルールをのっとってみればわかるかとは思いますが
当然のように 内部撮影禁止だったりするので さて これ以上書けない。

ついでに 観光と意味では これ以外にこれと言って
言ってきた場所もないわけで 何のためにお前 ウィーン行ったんだ的感じに。

……今になって思うけど せめて旧市街くらいは覗いてきた方が
よかったんじゃないかな~  みたいな後悔がないわけではないけれども
まぁ この辺の経験がこの先の海外旅行の種になったりするんじゃないかな☆
ベッキーもクー様も見れなかったしね  ……ってこれ 若干世界観違うか。←

0203_20130129232358.jpg
なお ボクが新年初めての日本語の
あけましておめでとうを見たのが
この場所だったりするのも。

日本人観光客多いんだね。

――ついでに ちょっぴり
浮いているような気がするのは気のせいかな??



――ってだけで終わらせるわけにもいきませんので 年越しを迎えるにあたる
ウィーンのお話を書かせてください。 これも一種の紀行文?

大晦日の日本って やたら第九のコンサートやってたりするじゃないですか。
それと同じような感覚で ウィーンっ子は大晦日にはオペレッタ「こうもり」を
見に行くのがよくあることらしいです。 ……と 言うことで 見てきました。

まぁ あらすじとかその辺は自分で調べてもらうとかDVD借りてくるとか
してもらうとして まぁ ざっくりと言わせてもらうならば喜劇です。

言語がわからなかったのでリアクションでの笑いにしか反応できなかったりしましたが
なんか 状況的には時事的なアドリブその他が大量に含まれていたようで。

……一応 舞台の上の方に英語字幕があったりしたのですが
明らかにそれの進行と舞台の進行はそろっていませんでしたし
途中にブダペストとか言う単語とかフランス語とか聞こえてきたし……

まぁ それの舞台設定も大晦日だったりした気がしますし そんなもんなんでしょう。
――ついでに 個人的余談ですが この「こうもり」 って
ボク個人的に、吹奏楽的な意味でかなり記憶に残っているものだったりします。

あの時は かなりサックスに燃えていたなぁ……みたいなこと
思い返したりしながら ちょっと舞台とは違う意味でほろりと行った
……みたいなことがあったりしたわけですが……  まぁ それはそれとして。

で そのあとは基本的に新年来るまでどんちゃん騒ぎらしく。
……後らこちらで花火……と 見せかけた爆竹的なのが飛び回ってました。

0204_20130129232358.jpg
たぶん こんな感じの光の当て方ができるのって
ガチ爆発的な何かなんじゃないかって
思っても仕方ないんじゃないかって思うんだ。

――あのお祭り騒ぎの中で しれっと
爆弾あっても気が付かなそう。

0205_20130129232357.jpg
なお 翌朝宿の近くのスーパーの駐車場が
花火の後ですごいことになってたし
街自体がかなり火薬臭くなっていたのも――

ねぇ……

因みに ボク自身が確認したわけではないのですが 母曰くには
このどんちゃん騒ぎのせいなのか否かは知りませんが 前面が完全に燃え尽きていた
車が街中に放置されていたとかいないとか。 ……とりあえず、恐ろしいよね……。

TOP

もらい物

2013⁄02⁄17(日) 00:00
あれだね。 QMAネタでも引っ張ってこれないんだったら無理やりにでも
ボクの準ニート生活について話し出していくべきだよね!!!

――と 言うことで ぽつぽつとその辺しゃべって行こうと思います。 のっぴぃです。
まぁ いつもの流れですが 特に一貫性は求めない方がいいんじゃないかな。 多分。

まぁ とりあえずまずは バレンタインの話題でも。――長続きする気がしない。

だって 昨日やってたこととその舞台背景知っている人にとっては
割と明らかな感じかとは思いますが 昨日とりあえずやってたよ~  みたいに
書いていた魔龍とやらは 2月14日、バレンタイン当日なんですよね。

何かアクティブにその辺の行動に参加してたりしたら適当に
何かもらえないこともなかったのかもしれませんが そんな行動もしないのだから。

と 言うことで バレンタインチョコレートもらえなかったというよりは
貰いに行かなかったという流れの方が正しいような気もしますよね。
まぁ そのあたり至極当然の流れですし別に執着しませんから。

……と 言うか バレンタイン当日にもそんなこと書いた気もしますが
基本的にはボク どこか恋愛に疎いとかそれ以前の問題に
陥ってしまっているような感覚があるからして ――まぁ しょうがないのかも←

今のところ 一人の自由勝手気ままな生活ってのもエンジョイできるしね。

逆に あの辺の行動も 一人暮らし且 彼女がいない一人者という立場を利用して
ガッツリやってきたといういい方もできますし その時やったことはやったことで
個人的に公開はありませんから 別にそこまで悲観することではないのかと。

一人行動の方が行動の自由があって性に合っていると考えてしまうボクは
根っからの一匹狼みたいな感じなのでしょうか。 ……なんか昔から
その辺の片鱗ありそうだな~  とかは思ってましたが こうやって改めて
キーボードたたいてみると その辺の感覚が強くなる気すらするよね。 うん。

テキサス03
実際 当日の行動を振り返ってみますと
その辺もらえなかったって凹むより
自分で昼飯としていただいた
「テキサスバーガー」について
ほくほくといただけたことの方が
割とうれしかったような気もしますしね。

――結局 あれ以降食べることができましたよ。
金銭やりくりしましてね!!

この先 アイダホバーガーも復活するようですが これに関しても同じように
金銭やりくりしてどうにか食べてみたいと思っています。 この辺は努力次第。

ただし 親戚関係みたいな話を考えてみますと話は別で
ボクの実家自信は関東にありますが それは逆に我が一家がイレギュラーなだけ。

両親はともに大阪出身だったりするだけあって 親戚は結構こちらにいるんですよね。

まぁ ボクの境遇を哀れんだわけではないかと思いますが 実はといいますと
こちらの方からもらったチョコレートはまぁ なかったわけではないですよね。
従妹方面から。 ちょうど神戸に来る用事がこの時期あったらしくちょっと早めに。

とりあえず そのあたりに関しては社交辞令で受け取っておりますが
それと一緒に ボクの一人暮らしのアレなのか知りませんが
一緒についてきた伯母さんからレトルト中心の食糧が届いたのは予想外。

ぶっちゃけて 結構自分で料理しちゃうボクは レトルト食は結構
溜めちゃってる感じなのですが それでもあって困るものではない
――むしろもしもの時の無茶な行動がしやすくなるという意味で非常にありがたい。

まぁ 親戚付き合いというベクトルで考えるならば この辺りに関しては
ボクの手に負えないレベルになりそうな気がするので 取りあえず
親の方に電話して よきように計らってくださいというお願いをするくらいしか……



自転車01
あと 個人的にはここ最近に割と
大きな変化もまぁ ありまして
自転車買ってきましたよ~  みたいな話題。

割と本格的なもの。

一応 去年一年間の行動を振り返ってみますと ちゃっちい折りたたみ自転車しか
持っていなかった割に それを使って移動した距離は
「お前、アホじゃないの?」レベルまで達している部分もありまして……

ここまで乗っているんだったら しっかりとした自転車買っちゃってもいいんじゃない?
――という理由で買ってきたわけですよ。 元々貧乏学生だから痛いけどね。
この先しっかり使っていく当てがあるんだったらって意味の増資ですよ。

ただ まだ(この先どこに転ぶかわからないけど)移動手段としてしか
自転車って認識していない部分もありまして そこまで本格的なものも
――逆に どの方向に転んでもパーツ取り付けられるような
まぁ 根っこは本格的だけどどれにも特化していないものを選んだつもりです。

高いやつになりますと 割と何かに特化してくるとかフレームが軽くなったりとか
するみたいですが 特化されるとボクがさばききれませんし
フレームもほどほどの重さがないと「六甲颪」で苦しいことになることは
この一年間それなりに学んだつもりの事なんで これでいいんじゃないかって。

軽すぎると 逆にあおられる結果になって 12月ごろだったか
颪に折りたたみ自転車で全力でぶつかりに行ったときには 下り坂でも
全力で漕ぎ続ける羽目になるという地獄で困憊した記憶がありますし。

面倒だから――ではなく 単純に型番とかその辺を覚えられないからなのですが――
型番とかはここに書くことはできませんが まぁ 「この立場にしては」
比較的頑張ったお値段を張って買ってきましたよ。

まだバイトやってませんから 主にその財源ってのは日々浮かせた
食費みたいなものとか なんかうまい具合にもらえたお年玉とかを
全力で投資してってお買い物だったわけですけどね。 いい買い物しました。

流石に その辺を全力でゲーセンにつぎ込む勇気はなかったってことですが。
先ほども書きましたが 需要は十分ありそうですし これでいいんじゃないかって。

さて こうなりますと今まで使ってきた折りたたみ自転車の方が気になりますが
これもこれで たとえば電車に乗せて移動することもできますし
街中では何かとこれくらいコンパクトな場所の方が置き場所に困りませんし
なんだかんだでまだ 使い続けることになるのではないかと。

ただ これを期に 実家の方々が返せって言い出したらとりあえず
返却するのが礼儀だろうとは思いますので まぁ この辺は
状況を見ながら考えていく――みたいなことになりそうですね。 はい。

TOP

小出し

2013⁄02⁄16(土) 00:00
ドラ3
さて 取りあえずQMA的な話題でも書いてみますか。

そろそろ のっけの挨拶からして
ネタ切れ臭がすごいです。 のっぴぃです。

思ったより早くヨーロッパネタが
尽きてしまいそうで内心ヒヤヒヤしてる。
――てか このペースで消費してたら
非常にまずい。 なんとかせねば。
……ここまで その辺のネタに
困るようなもんだったっけ??

まぁ 最初書いてみたいことってのはとりあえず画像のとおり。
……基本的に最弱で通ってきて 取りあえず 左辺が穴だらけののっぴぃさん、
「やっと」ドラ3に上がれたようです。 非常に遅いですね!!!

まぁ その状態のまま現状 継続している状態なので おそらくは
全国大会終了時まではこのままの組偽装的なこと やらかしたまま行くことになるかと。

そして 魔龍週間に関してもとりあえず その状態のままの組偽装はやってましたね。
なお 効率とか資金面とかいろいろと考えた結果 結局紫宝だけの参加。
――琥珀とか 少しタイミングが悪かったんだよね。 個人的には。

まぁ ちょびちょびと知っている人とか知っているようで知らない人とか
こちらが一方的に知っているだけの人とかいろいろとマッチしましたが
――基本 マッチング確認がザルなのっぴぃさん、ボクが認識している以上に
知っている人とマッチングしていたと考えて行動させてもらっています。

まぁ その辺自覚しておけばなんかいいことあるのかも!?  って思って
考えてみたら 自分が知ってる人がいるって自覚してやってみると
「ボクの割には」割といい戦績で勝ち上がれていたような気がしなくもないですが。

仇01仇02
まぁ アレだ。 そのうえで決勝行った回に関しては少なくとも
しっかり仇は討っておいたから、安心していただければ幸いに思います←←
……なんとか80台に乗せたことはあるけれども 全問正解できないね……

COM
そして ちらほらと現れてくる
「回線魔人」さんもお疲れ様です。
貴方にはどうあがいても
勝ちようありませんしね。 ――と 言うかこれ
わざと途中まで落ちる気満々だったのに
COMやる気なさすぎだろ。

――この回捨てて行った方が効率よさそうだな~  とか思ってやってましたが
いつまでたっても皆さんがまともに解凍してくれなかったのでいらだちましたの図。

なお なんだかんだでこの魔龍のおかげで白金六段は見事にすっ飛ばした模様です。
――まぁ ボクの強さ的な意味の問題で あまりいいスピードとは言えませんがね……
前にも書きましたが 基本的に操作がとろいので セレクトあたりで張り合うしか……

セレクトかマルチセレクトで知ってる問題が出てきたときに大体とっているような感覚。
そうじゃないときには 割と正解数同じだったりした場合は競り負けてって回が多目。
――このモードに関して言えば まぁ 仕方ないような気もするんだけどね……
ボクが音ゲー向いていない理由の一端がわかったような気がします。



アカデミー01アカデミー06
まぁ 今回に関しては少なくともあまり魔龍ではしゃぐこともなく
残りの話題として アカデミーアドベンチャーも新マップ出てましたね。

……やたら面倒でしたが 魔龍の行き詰った時の息抜きとしてやってきましたよ。
今回のマップ やたら無駄に広い感じがしなくもないので
どこかクレサービスやっている場所で処理するのが一番無難だとは思います。
――一応 今のところすべてのマップを無難にはプレーさせてもらっています。

アカデミー02アカデミー03
そして 個人的には「やっと初めて」ともいえるかもしれませんが
アロエさんとメディアさんの擬似姉妹設定が初めて生きてきたのでは……と。
アレですね。 その辺のネタをちまちまと今後もはさんで持ってくるんですよね。

まぁ ここらでどんな姉妹会話が繰り広げられていたのかに関しては
気になる方が各自確認してもらうとして(ちなみにのっぴぃさん 基本的に
アカデミーアドベンチャーのセリフはすべて撮影しています。)

アカデミー05アカデミー04
その他 起こったことはといえばなぜか「マママッシュル」と
やたら小さなマッシュル――名前は伏せるよ?――も出てきたりして。

まぁ なんか新規で書き起こされているようなちびっこいマッシュルさんは
まぁ いいとしても イビルボルテクスさんの配下でひょっこり
現れていたような気もするマママッシュルがまさかの復活とはね……

――どんな出方かみたいな話は まぁ これもネタバレになるかしら?

TOP

授業・2012・後期・03

2013⁄02⁄15(金) 00:00
大学の授業シリーズ第三弾。 理科 思ったより長くなったな。 って 前回の感想。
――ってのはいいとして 取りあえず テンプレート通りに行ってみるならば
今日書く内容というのが教養の内容かしら。 前期の内容を見返しながら。

――まぁ あの時には体育みたいなことも書いていたから割と長く行ってたけど
今期は その体育は単位数の関係で取らなかったので まぁ しょうがないよねみたいな。
……その分 チャリで明石行ったりして身体動かしているから大丈夫。

――と まぁ 思い付きというのは怖いもので ここまで書いた後
テストとかもろもろがガチで本格化してみたり レポート書き上げてみたりで
気が付いてみたら 割とこの話題放置していましたねみたいなことが続きまして……

取りあえず 教養の話書けばいいんですよね。 と 言うことで。

教養はなんか 割り当てられていたもの(ほかの大学という段階で
どこまで自由度があるのか、言い方を変えれば どこまでボクの大学が
締め付けられたカリキュラムなのか、もしくはそれは理系だからなのかはわかりませんが)
に関しては 全体的に歴史みたいな色が漂うものが強かった気がします。

まぁ ボクみたいな人間ですから 夏休み当初も何を選べばいいのか
――地理みたいなのがあったら 全力でそれ取っていたのかも知れませんが
全体的に 歴史という形になりますといまいち自信がないというのが現状でして。

そして 教養という形で取るんだったら やっぱり(QMA関係なしに)
それなりに糧になって雑学的なものになるやつだったらいいよね~
みたいに考えまして 大学史みたいなものは全体的にパス。

ついでに 教員免許みたいなのはとるつもり まったくありませんので
その辺にかかわりそうなものも基本的にだるそうなので除外しました。

そのうえで考えたのが「美術史」と「アジア史」と 言うわけで

美術史に関しては この辺のもろもろの要因だけではなく まぁ 未だに
冬休みに入ってあまりにもネタが少なすぎて垂れ流しが止まらない
ヨーロッパ紀行が当時 目の前にそびえていたってのも大きな要因の一つ。

――まぁ 一種 向こうに行って面白そうな観光名所みたいなのが
あらかじめ勉強という形でものにできたならば そのヨーロッパ旅行も
ある程度有意義に楽しめそうだし 一石二鳥じゃね??  みたいなこと考えたわけで。

結果的には なんか どちらかというと予習というよりもこの科目
復習の意味で割と役に立っている感が強くて 逆にもう少しまじめに
受けておけばもう少し向こうで有意義にできたんじゃないかって感想が漏れることも。

アジア史は なんか選択肢があまりにもなさ過ぎて半ば苦渋の決断みたいなノリ。

――ただ 割と知識だけはあったと思われていたイスラムの方を
最後の単位評価「レポート」というところで まぁ いろいろとありまして
あとからどう考えてもあれはないだろうみたいな作品を作り出してしまって……

……みたいな意味での 自爆という名前の自責の念に割と駆られていた部分もあり
結構 評価の仕方という方向性に的を絞って考えていたような気がします。
――要するに 「知ってるだけだったら、ダメ」なんですよね。

なお センターでの社会は地理選択だったということで この辺の
世界史知識に関してはほぼ皆無に等しかったというわけで
その意味合いでの苦労は当然のように伴いましたが まぁ それはそれで。



――なんか 教養のことでこれ以上書けることが見つかりませんので
軽く専門科目について書いていけばいいでしょうか。 ……と 言っても
片方は 全体的に知ってる知識の再確認みたいなものだったので
割と 何もしなくてもできたんじゃね??  みたいな空気が漂うのですが。

――なんて タカをくくっているだけだったらいつか足元救われますので
やっぱり 稼ぐところはしっかり稼ごうということで 平常点は
全力で稼ぎに行かせてもらいました。 そのための情報収集は欠かせない。

要するに ボクの通う学科ってのが若干イレギュラーな面も含んでいるので
要するに この先研究室配属するけどどんな研究室があるのかい??
みたいな チュートリアルだと思っていただければ一番わかりやすいかと。

逆に 私立受けないでこの学科突撃した身としては ボク自身がこの先
やりたいと思っていたことドンピシャな部分が全力で混じってくれていないと
そのような選択するわけがないじゃないですか。  みたいな現実。

かみ砕くと 何も言われなくても 元から興味関心の度合いについては
最初っからMAXに自分ありましたよ~  みたいなわけでしてね。

――まぁ その辺の策略のおかげで いろいろとほかの人巻き込んだ感も
無いわけではないですが まぁ しょうがないことですよね??

――この春休みの間 いつかはどっかの研究室覗いてみようと思っているのですが
なかなか行動を実際に動かせないボクがどうなるのかはある意味見もの。

残りの専門としては 主に物理数学をやっていた――という意味合いでは
確か 前期とほとんど同じような流れだった気がするのですが
その意味合いから考えても やっぱり 学科の先生でも燃え具合って違うんだなって。

将来 ここで自分たちがやったことが自分の研究室の発展具合に
直接かかわってくるからか 全力で授業計画とか練ったうえで教えてくださる
やさしい人もいるかと思えば もう なんだこれレベルの人も。

つまり 数学の教科書を淡々と朗読されたとしても辛いだけだよねって話。

基本的には 授業中ぐーすか寝ている人とか それについてこれない人とかって
真面目にやっている人間からすれば「ざまぁみろ」――とまではいかないかも
しれませんが まぁ それに近い感情が出ることもないわけではないでしょう??

ただ 授業内容が教科書の朗読(数学)だったりすると話は別で
やっぱりこの辺って 手を動かさないと実際にわからない部分があると思うんですよね。

あと その辺を朗読して意味が解らないところを発見したうえで
授業の解説を聞くってのが正式なパターンだと思うのですが
その辺も完全無視したうえで もう 完全に朗読モード。

ついでに 教科書通りの解法(教科書と全く同じ順番での展開じゃないとダメみたいな)
じゃないと 半ば受け付けてくれなかったりしてストレスたまる溜まる。

こりゃ 微分演算子がわからない人とかが出てきてもおかしくないのではと。

まぁ このさっきから愚痴っている授業に関しては この後期の間で
(カリキュラム上元から決まっていたことでしたが)先生の交代がありまして
その辺の意味では ある意味助かった感がありますよね。

つまり この人が去った後の先生は すごく真面目に授業計画立ててくださり
その意味では 非常にわかりやすくて勉強する気になりました。

その授業の発展を担当する方もすごく全力投球で授業してくださいましたが
少なくとも 先ほど愚痴っている内容の応用の方に関しては
明らかに 二人三脚が成り立っていないようなガタが見えていましたが……

……なんか 後者の先生の方にすごく同情したくなるような
そんな気分。 ――頑張りが素直に反映できないでしょ。 アレ。

……みたいな感じで 後期の授業を文章化してみるとなりますかね。
主に 主語も何もない単語を並べただけの形にはなりましたが。

TOP

我が生活

2013⁄02⁄14(木) 00:00
なんか のっぴぃさん この手のことにほとんど興味がなかったからか
今日がバレンタインだということをすっかり忘れてしまっていたようですよ。

取りあえず 適当にそれっぽいイベントみたいなのは書くだけ書いておくか~
――みたいなコンセプトで進んでいるつもりなので一応
今 思いつく限りのことは先に書いておこうかな~  って思いますけどね。

……第一 その一日が始まってさえいない現実で何を書けというのか。
その意味では あらかじめ記事投稿みたいなのを貫いているボク
ある意味辛い部分であったりもするのですが まぁ 仕方ないよね。

一応 単純にチョコレート話題だったりは ボクの場合午後11時くらいには
食事もあらかた胃袋通り過ぎちゃって 少し体が冷えてくる部分もあるから……
……って動機で ココアを飲むことが日課になってるよ~!!!

――みたいに 明らかにどうでもいいやんみたいな話しか思いつきませんが……
それじゃ さすがにまずい気がするのでボクの記憶を掘り返してみますと。

――まぁ 高校時代は(少なくとも 三年は除くけど)「元」吹奏楽だったおかげで
友チョコみたいなくくりってのはある意味お世話になった気が
しなくもありませんが まぁ あまり縁のないイベントと言って差し支えないですね。

まぁ こんな書き方してみるものの 現実見てみたら高校までと違う点って
そもそも 高校時代はまだ 二月も授業基本的にあるというスタンツでしたが
大学生になると サークルとかでの自主登校というのがメインじゃないですか。

で ボクの場合は まぁ 入ってないこともないですが非常に不真面目な
エキストラIみたいな位置にいたりするわけでまぁ その辺は望めませんよね。

ジャズの方は超絶に波長合わなかったから飛び出してきちゃったし
取りあえず 天文の方に籍おいてるけど なんかこっちもどちらかというと
麻雀みたいな空気が強くって 自分が必要なときに装備だけ借りれるために
一応 情報回ってくるような位置に陣取っとけばいいカナみたいな感触でしょうか。

――まぁ この言い方はこの言い方で 非常に粗削りすぎますが
その分 自分は自分でそれに近いような行動してたりすることもありますし
「団体行動が苦手なだけ」って書き方でもいいような気がしますがそれはさておき。

そして そろそろジャズ研飛び出してしまったのは仕方ないとしても
部屋にぽつんと置いてあるサックスを眺めてみるのが少し辛くなってきたころ。
――防音セット的なもの 確か母親 大学入学祝いで買ってくれるとか
昔言っていたような気がするんだけど あれってどうなったのかしらん?

あ~  なんだかバレンタインって書き出しからそれはじめましたね。
バレンタイン軌道に戻りますと なんだかんだでこの下宿に引っ越してきて三日目に
隣から漏れ聞こえてくる○○○の音のショックや それから立ち直る過程
その他もろもろの要因がありまして のっぴぃさん この意味では非常にタフに。

――逆に言えば カップルに対して非常に寛容になりまして
別に嫉妬も何もしないし 自分から行動しようともしない感じに育ちました。
セルフラマダンやってます。 ただし 種の保存的には危機ですね。

なんか 一種の男が彼女探しするきっかけにあるといわれる都市伝説の中には
たとえば 料理ができないからその辺が得意そうな女の子フィッシュして
その辺の対策に回す~  みたいな考えを持つ人もいないこともないらしいですが……

今のところのっぴぃさん 取りあえず ある程度の自炊みたいなのは出来ていますし
まぁ 軽く掃除すればとりあえずは人招ける程度にはしていますし……
……とまぁ その意味でも別に急いではいない模様。

――と 言うか なんかボクの経験則ではある程度この辺の能力が
元々できる人ってのは 恋愛沙汰に対してかなりドライな人が多い気がする(男サイド)
のですが それってボクの『類友』みたいなものだったりするからなのでしょうか。

まぁ その辺の細かいことはどうせ気にしてもアレですし
自分の宿命、おそらくそのうち その辺の悩みをする前に
青春を物理学に捧げる羽目になりそうだから 細かいこと考えない方がいいよね。

――理系学生って割とそんな宿命背負うってジンクスあるよね。 なんでだろうね。



さて そんなこんなで成り行きで先ほど家事アピール
誰に向けてかわかりませんがやっていましたが この休みに入った
一週間の間でも それなりに向上心というのか出てきているようで。

たとえば どこの店でどのお惣菜買ったらいいのかとか 少し距離がある
スーパーの特性なんかもちょこちょこと頭の中に入れてみたり
チラシが必要な情報はアレですが 曜日ごとに決まっているセールなんかの
把握活動を始めてみたり それを実際に使ってみたりいろいろとやってます。

人参を買うならココがいい気がする。 お惣菜だったらこの場所がやすい。
冷凍食品を仕入れたいのならこの曜日まで待ってここに行ったら一番いいかも。
――あれ? でも そもそも冷食あまり使わなくね??  こんなかんじ。

まぁ QMAみたいな幅広い雑学知識ってのもなかなかいいものですが
この辺のローカルだけど実用的な知識ってのも欠かせないものだと思います。

ただ そのノリで支援物資と合わせてものすごい在庫を抱えてしまった時とかの
対応策みたいなのがまだ確立できていないのが問題なんですがね……
――まだ 部屋の片隅に支援物資をまとめた段ボールが一個 転がっている状態。

なんか これはこれで恒常化しそうな気もするし そろそろ台所に置いてある
スチールラックの段をかさ上げして この辺をしまう場所を作ってみるか……
みたいな画策を 再度やってみるべきなのか考える時期に入ったのかもしれません。

一応 ある程度の部屋の掃除は終わったけれども この辺の意味の
「部屋の改造」ってのも 春休みの一つの重要な課題の一つでいいのかもしれません。

因みに 取りあえず 今のところ手を付けた部屋の改造というのが
風呂の窓のところに断熱シート買ってきてカーテン的なのつけました。

下宿生活なので なかなか風呂を沸かすことがかなわない上に
やっぱり ガラス窓一枚じゃ基本 寒い方が好きなボクでも堪えますし
最近は 脂肪落ちてその辺の適応力が若干鈍り気味ですからね……

その意味で考えるのだったら やっぱり資金力も増やしたいし
バイト できれば今月中にはカタをつけたいところなんですけどね……
……最初の一発目 なかなか決心がつかないことってよくあるじゃない?

TOP

年末年始旅行記⑩ Wien

2013⁄02⁄13(水) 00:00
0111_20130129230816.jpg
まぁ ブラチスラバの内容はさっさと駆け抜けてしまいましたが
――まぁ 自分用の写真というか プライベートな
ものはそれなりにあるんですよ??

……と いう言い訳くらいはさせてくださいな。

前回書かなかったから。

とりあえず 電車に乗った話までは
書きましたが その電車
特急とかじゃなくて 別に籍の
予約もしていなかった快速電車。

まぁ 実家時代 高校とか予備校とかに行く時ために総武快速線を使った時
「エアポート成田」って言って走っている快速乗ってみますと
時たま大きな荷物を担いだ外国人が居座っていることがありますからね。

おそらく それと近い感覚なのではないかと思いますね。
――まぁ 空港アクセス線か否かでそのレア度はかなり変わりますが。

0101_20130129231811.jpg
なお その内装はこんな感じ。

そして 気動車に引っ張ってもらうスタイルは
ヨーロッパではやっぱり
オーソドックスな感じ。

一応 コンセントがこの電車にはついていて 一応だんだんと西
――と 言うか 経済的に豊かな国になってきたのかしら??
……みたいなイメージが勝手に構築されたのですが これって偏見かしらね?

0102_20130129231810.jpg
まぁ なんだかんだ言いながらまだ
開発中の部分もあるようで
車窓からは新交通システムの類の工事
している姿が見受けられたりしたのですがね??

――なんか これの向かう先に新しい
空港作ったりしているのかな??
きっかけとしてはこの辺 ありがちなことだと
思うから勝手に言ってるだけだけれども。


0103_20130129231810.jpg0104_20130129231809.jpg
0105_20130129231809.jpg0106_20130129231809.jpgまぁ どこに向かったかといいますとウィーン中央駅。
――さっきの開発もそうですが 全力で作っている最中らしく
……聞いたところによると ここ最近まで工事で使えなかったみたいなんですがね。

なんだかんだで 一部開業しているみたいです。 鉄道構造物好きな個人的にご満悦。

0107_20130129231908.jpg0108_20130129231907.jpg
さて なんか 最初は交通系統のネタからしゃべりだしている気がしますが
ウィーンの交通事情について軽く触れておくくらいはしましょうかね。

ボクが確認できた範囲では 主に足として使えそうなのは地下鉄とバスとトラム。

結局この中で実際に乗れたのは地下鉄だけ……と 言うか
なんだかんだで色んな町言っておきながら トラムとかトロリーバスとか
日本であまりなじみがない物には乗れていないなぁ……  みたいな心残り。

そういえば ブラチスラバで乗り物がどうだったみたいなこと書いていませんが
一応 トラムはありましたが ぶっちゃけてそんなの使うまでもなく
街が小さかったので――みたいな感じでしたね。 とりあえず補足程度に。

まぁ イスタンブールから始まっていろいろと地下鉄だけでも乗ってますが
この辺りになってくると いろいろとシステマティックというか
なんか見覚えのあるシステムっぽい雰囲気になってきているような気がします。

あと 今になって思い返してみたら書いていなかった話として気候の話。
――今までの分も書いていなかった気がしますので まとめて書かせてもらいます。

イスタンブールについては なんかイメージにたがわない感じでかなり温暖。
手袋が若干うっとおしい感じでした。 実際にうっとおしくしていました。
その結果 イスタンブール出た時点で手袋なくしました。 涙目。

その後入ったブダペストでは さすがに海から離れてますし緯度も上がってますしで
かなり温度下がってましたね。 氷も朝晩には張っていたのを確認しています。
――そして 太陽もなかなか上がってこない。 サボタージュよくない。

ブラチスラバになってくると 高度的にはよくわかりませんが
少なくとも ウィーンよりは高度低いですよね。 川の高度差的に。
――あ。 書いてなかったですが ウィーンにもドナウ川流れてます。

正確に言うと ドナウ川沿いに出なかっただけです。 ウィーンでは。

ブラチスラバでは 昼ごろになっても割と氷残っていた気がしますし
多分 雪が積もっていたならばすごいことになっていたんだろうな~  ……と。
あと 写真見た限りではウィーンでも雪 しっかり降るようですね。

――まぁ 他人事の書き方からなんとなくわかるかとは思いますが
ボクが行った限りでは 雪降っていませんでしたし 前に大寒波って話が
されていたことがあった気がしますが そのころから残ったものなのでしょうか。

結構黒ずんでしまった雪ならちらほらと見かけはしましたがね。
――って意味では 少々悲しい部分があったのですが まぁ。

さて ボクの旅行記が後々の記事ネタが尽きた時の穴埋めみたいな形に
なってしまったので いまいち時間軸がわからなくなっているかもしれませんが
ボクが今年新年を迎えた場所というのがこの 音楽の都ウィーンだったりします。

0109_20130129231907.jpg
ついでに ちょっと寒いこと言ってみるならば
なんか ここで金ケチったみたいで
ボクが今年2013年を迎えたベッド
――少々……みたいな感じになってしまった
点についてはなんといえばいいのやら。

――まぁ たまる愚痴は置いといて 今日は
この辺りで終わらせておきましょうかね。

TOP

結論:この男にレビューの才能を求めることこそがそもそも間違いなのである。

2013⁄02⁄12(火) 00:00
あれだけQMAの問題集めますと その画像整理だけですごいことになりますよね。
ついでに テスト期間中に放置していたその辺も単純に
残ってしまっているので この辺はなおさらってとこでしょうか。

まぁ だからといって そのネタで書こうとか考えているわけではなく
それに対する画像整理のための時間 PCつきっぱだしやることないし
じゃあ 記事でも書いておきましょうかみたいな動機で始まったアピールだけ。

なお 現在これと同時並行して行っていることってのは画像のまとめての縮小。
……確かに iPhoneの画像ってやたら無駄にデカいですもんね。
もう少し写メのちょっといいレベルの容量でいいのですが……。

まぁ あの時のもろもろってのはすごかったようで この間だけでも
未処理の画像が膨大な数に至っておりましてね……  うんざりですよ。

iPhoneの容量も飛ぶようになくなって行きますし
この辺の使い勝手の悪さから次 携帯を買い替えるときにはガラパゴスとして
育ってきた日本製のものにしようと心から考えているのっぴぃさんですよ……



まぁ 前にも同じようなこと書いていることが既にあるような気がしてきたのですが
とにかく 春休みに入ってしまって思うこと「やることがない」。

だったらさっさとバイト始めればいいんじゃねとか思う部分もありますが
なんか やったことがない世界ということでのハードルが高いですし
せっかくだったら 14日終わらせて「やべぇ、来月俺、何も返済しなくていいじゃんw」
みたいなこと考えながら探す方がいいんじゃないかなって。

――とはいっても まぁ 方向性くらいは考えないといけないだろうと
思いますので さすがに バイト情報誌とかは探してますがね。

大雑把にどんな業種があってどんな仕事がいいのか。
――せっかくだったら ある程度続けられそうなもの探したいものですが
そのために 自分の特性というか得意不得意を洗い出してたら
それなりの時間立ちません??  とか言いながら 寝坊の日々ですが←戻る

なんか こうなったら いろいろな大義名分を重ねている割には
何も話が進んでいないんじゃないの??  みたいなうわさが
聞こえてくるような気が……  うん。 気のせいではないだろうね。

まぁ そのほかにも何か動くことはないだろうかと考えた挙句
なんだかんだで 一般的な生活のリズムを作ること最優先で動いていて
なんだかんだで あまりご近所に何が実際にあるのか調べるのをおろそかにしていた
部分がなかったかしらと思い直して その意味での街探検なんかもやってました。

つまり 今までは買い物なんかもどちらかというと「行きつけ」っぽいのを
作って 大まかにそこですべて買い物を済ませてきた感がありますが
これからは 少しでもお得に過ごそうと思ったら賢い買い物したいじゃないですか。

さらに 理由は近々話すことができるかとは思いますが 今度
ボクの行動のフットワークが格段に軽くなることが予想できますので
その辺も見越しての 地盤固め……とも言いますか まぁ そんな感じです。

まぁ 新聞とってないので その辺の広告から情報を集めることはできませんが
スーパーめぐってみたりして その品ぞろえを確かめてみたり
どの商品を買おうと思ったら どの店が一番安いのか思案してみたり。

――みたいな作業 やってみると意外に楽しかったりしますね。
一応 この先の料理につなげられそうな情報も集められたので
今後 なんだかんだでボクの食生活がこれだけで豊かになりそうな気がします。

いろいろとスーパーありますが その売り方とか規模とか密着具合とかで
なんだかんだで 店ごとに探そうと思って探してみたら差ができるものですしね。

一人暮らしになって その辺にマジで向き合おうと思ったらみつけられるということを
悟ったというのが 下宿してできた大きな変化の一つだと思います。
――それを愚直に適用しようと考えたら 逆にバイトが見つからない惨状ですが。

その他にも なんかこの辺って 商店街がすごく元気で その中の商店でも
この時間に行けばセールやってるとかの情報仕入れてみたり
もしもの時には ここに駆け込めばそれなりのものがお安く食べられそうだみたいなのを
脳内地図にインプットしてみたりの作業 してたりもしていたのですがね。

こうしてみると 一年住んでてもその場所の店って把握するの難しいですね……

ミートライス
まぁ アイディアを盗むって意味では
大学の生協かなんかで
食べていた食事とか思い出したりして
あのやり方からまねできることって
無いかな~  って思想も
割と大切だと思うんですよね。

――と 言うわけで なんか逆に一枚だけ残してしまっていた大学で食べてた
ランチボックスシリーズ。 なんか 使わないって手もあるような気がしましたが
ここまで来たんだったら使っちゃおうよと思っていそいそと取り出してみる。

ご飯の上に パスタソースのようなものを乗せて その上からチーズを
振りかけるだけで それなりにドリアっぽく見える代物ができるのか……
……これだったら ボクにもできるかな??  こんな感じです。

取りあえず パスタソースならば 一応自作 できないこともないので
その辺の能力考えながら春休み スキルアップを目指せたらなって思います。

――それより前に 時差ボケ体質 本当にどうにかしようよ???
一応 年末年始にリアル時差ボケというものを体感した人間として
治るのも早ければ狂うのも早いということを痛感した出来事であった……。



あと なんとなく前々から気になっていた物として テルマエ・ロマエの
ドラマ映画のDVD ゲオで借りてきてボーっと見てたりもしましたよね。

ここらへんができるっていうのも ある意味リッチだな~
――ごちゃごちゃした下宿の部屋の中だけど。  みたいな感触ですが
まぁ この感情ってどこから来るんでしょうね。 大人へのあこがれかな?

まぁ 成人式終わりましたがまだ 19歳という「ナニコレ?」的な
微妙な位置に控えているのっぴぃさんですが まぁ これもアリでしょう。

この映画の原作漫画の方は 母親が持っていたのを見させてもらったことがありますが
まぁ 一種知識欲があるような人間にとってはたまらないものもありまして
――うん。 平たい顔族のインパクト、すごかったよね。 みたいな感じ。

TOP

Cait Sith

2013⁄02⁄11(月) 00:00
……なんか 前回はまるで「メデューサ様が最後のボスですよ」みたいな
ノリで完全に書いていましたが 彼女も一応中ボスだということで
しっかりラストボスは別に存在しているらしいですよねはい。

12_20130207232853.jpeg13_20130207232853.jpeg
ケットシーさん。 改めてケット氏。 ……かわいいと称する方もいれば
これがとってもウザいという言葉を発する人もいるようで。

ただ この辺りどこから出てきたのか語源というか出典がいまいちわかりませんね。
取りあえず ウィキの方から引っ張ってきた説明はこちら↓

ケット・シー (Cait Sith)は、アイルランドの伝説に登場する妖精猫のこと。(ケット=猫、シー=妖精)
犬の妖精クー・シーが妖精の家畜として外見以外は通常の犬に近い性質を持つのに対して、ケット・シーは人語をしゃべり二本足で歩く上どうやら王制を布いて生活しているらしいことがわかる。また二カ国の言葉を操る者も居て高等な教育水準だということが伺える。



なるほど。 妖精猫ですか。 王政布いているのですか。 それでこれですか。
――どちらかというと この格好って紳士のように見えなくもないですがね。
でも まぁ 威厳的な意味合いがあるという意味ではこれでもいいのか。

そういえば ここには乗せませんでしたが その下に乗っていた猫の王様の
物語 どこかで見聞きしたことがあるような…… ……あいつか……

まぁ そのあたりからして 城の下層という微妙なポジションに
居を構えている意味合いが見いだせるのでしょうかね。 知りませんが。

とりあえず だからかは知りませんが攻撃手段も基本的には下の方に
なんかいるネズミ。 ――ここまで来るとねこさんも 基本的に
自分でネズミを仕留めるというよりも 恐怖政治で使い魔化させるらしい。

なんか 先月のボスとして出てきたときにめっちゃ悲惨な目に合っていた
ハンマルコさんを彷彿とさせますね。 ――それってボクだけでしょうか??

14_20130207232852.jpeg
まぁ なんだかんだで最後の
とどめだけは俺がさしてやるみたいなノリで
討伐失敗した時には なんか猫の
幻影みたいなの出して攻撃してきますが……

さて 話は急に戻るような形になりますが 今月のダンジョンの方
まず メデューサさんに出会うまでにかなりの(金銭的な意味での)ダメージが
入った件は前回書いた通りですが こちらを終わらせる意味でも
かなりのダメージがあったということを付記しなおさなければなりません……

……と 言うか ここに来るまででズタボロで 既にアイテム残ってないです。
ひどいときには このタイミングで既に残っているのが天秤二つって
一体これで 何をやればいいんだみたいな感じになっていましたが……

そして 今月の場合はメンツ的なことを考えますと
「なんとしても魔龍WEEKまでに終わらせないと死ぬ」みたいな
タイムリミット的な脅迫もまぁ なかったこともないですしね……。

15_20130207232852.jpeg16_20130207232851.jpeg
とりあえず メデューサ様に出会うまでのあれこれよりも
若干長い時間をかけまして やっと倒すことがかなった次第でございます。

――運がいいことに この時だけは ドラ5でまだこのダンジョンに挑戦していない
方々を三人フィッシュできた次第で 完全にそのお尻にぶら下がった形ですが。
……使ったメガホン すべて後手後手に回ってますしね。 仕方ない←

17_20130207232851.jpeg18_20130207232947.jpeg
19_20130207232946.jpeg20_20130207232946.jpeg
(さすがに7000超えておけば安心なんですね……)
――なんか 今月こうだったってことは 来月あたりもっと容赦ないのが
やってきそうな気がして今から震えが止まらないというのっぴぃさんです……

取りあえず 過去ボスの復活リレーもあとは神様のみとなりましたが
その神様をほいっと投入するのか それともダークドラゴンからⅧのボスが
やってくる流れになるのか そちらも個人的には気になるところです。

なんか ダークドラゴンの対になりそうなのとタワーガーディアンのそれは
今までのもろもろで眺めてきたような気がしますし…… なんとなく。

22_20130207232945.jpeg23_20130207232945.jpeg
まぁ そんなこんなでかなり入手に困った猫の手ロッドですが
さて 使い道はどうなのかみたいな疑問は残りますよね。 ぶっちゃけ。

逆に 手袋とかその辺した上から杖みたいなアイテムもさせてほしいみたいな
欲望は湧いてくるのですが そんなのってボクだけなのでしょうかねぇ??

TOP

初手・堕落。

2013⁄02⁄10(日) 00:00
――大学って 始まるときには「この日」ってはっきりしてくれるのに
終わるのは授業によってばらばらだったりするからこの辺りを
日記として記録しようと考えている人からすると 少々辛いよね。

――と 言うわけでこんにちは。 のっぴぃです。
大学生となると とる授業もいろいろな意味合いで変わってきますから
この日にあの人は終わったけど 俺はまだまだだ……
みたいな 若干ぎくしゃくした感じになることも――

――まぁ さすがにこのくらいで人間関係ぎくしゃく言わせてたら大問題ですが
(人間形成的に)まぁ 言いたいことはわかりますよね? わかって?

そんなこんなで 大学終わった宣言やっていなかった気がしますので
このタイミングでパッと言ってしまいましょう。 お疲れ様でした。

まぁ このままだったらもうこの先 四月まではしばらく
やることがないNEET状態になること確定になってしまいますので
取りあえず そろそろバイト探しとかしなきゃなぁとか思っては
いるのですが いろいろと足が踏み出せない現状があったりするんですよね。

――せめて 魔龍ウィーク終わってからでいいかなぁ……??  みたいな。
なんか 今までもこのペースでズルズル遅くなっていったような気もしますが
その辺 どう考えているんでしょうかねぇ。 のっぴぃさんは。

まぁ 取りあえず なんだかんだで授業がなくなったからと言って
即座にNEETやっていても何か 悪いような気もしますし それなりに
行動を起こさなかったわけでもない気がしますので そのあたりの話でも。

もっとぶっちゃけたこと言いますと ここ数日 こんな感じの日常系で
記事 まったくもって書いていないような気がするのが無視できないレベルに
なってきたような気がしない??  みたいな感じの出来事もありますがね。

まず 真っ先に取り掛からないといけなかったのが部屋の掃除。
――まぁ 元ネタっぽいことは既に過去の記事の中でもあれこれ書いてある
「そろそろこれ、いい加減にやらなきゃまずいんじゃね?」みたいな出来事を
一つ一つつぶしていかないといけなかったというのが現状ですがね。

流石に 部屋の掃除機かけてみたり 全力で水回りやってみたり――と 言うか
水回りって 前にやったのいつだっけ??  みたいな世界観だったところからして
本当に 人にお見せできる状況じゃなかったなと再認識。

――とりあえず この季節にトイレ全体に水ぶっかけるとなかなか乾きませんね。
そんな初歩的なところから感想が漏れる、そんなレベルだと思っていただければ。

こうしてみると 仕送りの食糧やらが結構すごい量になってきていて
それはそれで 根幹の部分に関しては この仕送りだけで割と
生活していくのができるんじゃね??  みたいな事案が確認されたり
ある意味 恵まれているんだなぁみたいな感想が漏れる事案もありましたしね。

で 一番だるいのが書類整理――って言ったら割とかっこいいですが
要するに 理系大学生としては割とありがちな事案なのではないかと勝手に思いますが
テストが終わるとともに 取りあえず紙(計算用紙みたいなの)を
吐きためてみるのですが なんか ノリでその間に授業ノート混ぜちゃったり……

……その結果 その紙を処理する前に捨てるもの、捨てないものに関して
しっかりチェックしなおさなきゃいけない羽目になってしまったという
まぁ 言い方によっては自業自得な事案だったりするのですが。 だるいものはだるい。

取りあえず 今期は計算用紙とか 語学の練習問題とかは
コピー用紙(新聞とかとってないから チラシの裏みたいなのが使えない)に
ガッとやる形をとっていたのですが その間にたまに 在学中に
ノート忘れた日の書き損じみたいなのが混ざっていたりしてその辺の思案とか……

まぁ 最終的には自己管理しっかりしていればこのもろもろはもう少し
楽に終わったんじゃないかって気もしなくはないのですが。 こうなったら仕方ない。

あと こうしてできたゴミの方にも一時 問題があったりして
たまに こんな感じで長期休暇(正確に言うならば 朝に授業がない)環境に
なってしまいますと 寝坊っぽい癖がついてしまうんですよね。

――で 何が起こるのかといえば 朝にやらなければいけない家事、ゴミだしを
すっぽかしてしまう日ができてしまったりするということで。
……週一でしか回収してくれない物をそれ やらかしたらもう悲劇。

みたいなこと 割と既に今までの中でもやらかしてしまっているので
……のっぴぃさんの家事力の低下 授業が終わると同時に甚だしいです。

みたいな現状を眺めてみると やっぱりなんだかんだ言いながら
規則正しい生活を維持するためにもバイトみたいなの始めなきゃ
まずいんじゃないかなって気分にならないこともないのですが まぁ その先は
堂々巡りなんで 書くのはやめておきましょう。 心で察して??



テキサス01テキサス02
ただ 原稿的にはまだ 少しばかり余裕があるように感じられますので
取りあえず 食事的な話題を軽くはさませてもらおうかなと思った次第。

まぁ 今年のビッグアメリカンは新しいバーガーを持ってくるのをあきらめて
今まで売り出したやつで割と売れていたものの復活みたいな形に
決めたのでしょうかね。 取りあえず あのテキサスバーガー復活。

まぁ 金銭的にアレな部分が大きいわけですが なんとかやりくりして
食べることにかなったわけで なんか ここの部分で既に充実感。

肉汁滴るこのボリュームとか 食べ盛り(だけど なぜか自主的な減量中)の
身には割と応えるものがあるってもんですよ。 じゅるる。

できることならば もう一個くらいは食べておきたいところだけど
やっぱり お財布との相談が今まで(去年まで)のそれとは違う次元に入ってきたので
思い通りに行くかどうかはまだよくわかりませんよね。

まぁ できることならば 次のアイダホバーガーもいただきたいところ。

カツ丼
大学生協で取ってきた画像で
載せてないやつも使っちゃおう。

……テスト期間からこの時期にかけて
割と時間が融通効く感じになったので
なんか 普通の時間じゃ食べられないような
玉子丼(カツ丼)も食べれちゃう!!

テスト期間中のひそかな楽しみの一つだったことは言うまでもありませんがね。

TOP

今度こそ、古城の回廊・下層

2013⁄02⁄09(土) 00:00
01_20130207224817.jpeg02_20130207224816.jpeg
確か 前にダンジョンの話しようと思い立った時には
いろいろと手遅れだったその時の現状とか書いてて 壮大な脱線の元
結果的に 何も話が進まないまま終わったんでしたっけ。 さすがに書き直しましょう。

――と 言うわけで「こんどこそ」ダンジョンがああだったこうだった
勝手に騒ぎ立てて行きたいと思いますよ。 ……もう 階級の話は不問でいいですよね。

03_20130207224816.jpeg04_20130207224815.jpeg
とりあえず 上っている最中に出会いました
中ボスの画像――もう 過去のあれこれにも書いているかとは思いますが
ここ最近は既に この辺りはレビューというよりも自己満足で上げておりますので。

今までもしばしば出てきていた道中ザコ――といういい方は悪い気もしますが――
の中に出てきた邪念の剣を装備した甲冑さんがやってきましたね。
あと 中層のハズレボス(これも言い方ひどいような……)にはサーペントさん。

なんか この甲冑を見た瞬間「うわ~……なんか この人とタワーガーディアン
組み合わせていつか仕掛けてきそうだなぁ……」とか考えてましたが。

なにせ 世界マップの中には前作で猛威を振るった塔がしっかり
残されているのですし そのあたりのダンジョンが近々出てきても
おかしくないような気がするんですがね…… 考えすぎでしょうかね??

その意味では なんとなくまだ出てきてないなぁと気になるダンジョンとして
今作の世界マップに急に現れた「線路」というアイテムが気になっているのですが……
軌道上を歩くとか 鉱山の時のあれみたいなマップも出てきそうな気がしています。

サーペントさんについても ぶっちゃけいい思い出個人的にはなくて
鉱山の時 ランドゴーレムが全く出てこなくてひぃひぃ言ってて
実家に帰っていたというのに 消費していたお金は(聞かないで)みたいな
展開に追い込まれた一件を思い出すようなレベルだった……とでも言いましょうか。

05_20130207224815.jpeg06_20130207224814.jpeg
いや 出会うことは割と早めの段階で出会えていたんですよね。
正確にはあの時と単純比較できない点が一つあるわけで。 ざっと話しますと。

で なんか見覚えのない魔方陣から「ぼわーん」ってメデューサさんが出てきたときは
「ktkr!」って カメラ構えて連射してみたり。

07_20130207224942.jpeg
どうせ 全員不正解したんだったら眺めるもの
これしかないんだもんって
メデューサさんの攻撃モーションも
ちゃっかり撮影してみたり。

――こうしてみてみると やっぱり彼女の
攻撃手段ってのは「目」ですね。 さすがに。

ところで まったく関係ないですけど ここ最近のコナミさんのネーミングセンス的に
考えてみたら 人形のボスさんとか知能がありそうなのはその怪物としての名前の後に
どっかの神話的なものから持ってきた固有名詞がくっつくことが多いじゃないですか。

その辺のネーミングセンス考えてみたら この先に今のコナミさんだったら
「メデューサ・○○○(名前)」みたいな感じで設定しそうな気がするんですよね。

08_20130207224942.jpeg
で そんなこんなで全く
集中しないでやってたらこの様ですよ。
なんか 最後の攻撃手段が
結構本格的なの出てるな~  とか思ってたら
よく考えたら この辺って
氷竜さんの攻撃パターンの色違いの
形をしているような気がするのは
ボクの気のせいなのかしらねぇみたいな。

まぁ それはいいとして とにかく全体的に中ボスの皆さんが固いんですよね……

――どうでもいいですが この辺りのモーション見せつけられますと
サーペントさんのそれがどうも手抜きのような気がして仕方がないわけで……

――なんか いつもの攻撃モーションに近いような気がするけど
最後 討伐失敗した時には ちょっと岩が飛んだね。 ――以上。
……せめて その岩が降ってきたからこの先すすめませんみたいな動機がほしかった。
なんか まだがんばったら戦っていけそうな気がするから困るよね。

――そして さっきの「討伐失敗」の後 十数回潜っていますが
毎度毎度出てくるのは蛇――いや どっちも蛇だけどこの辺は文脈で察して??

09_20130207224941.jpeg
で この間でバカにならない
お金が飛んだ後にこうなりましたと。

……単純に かかった苦労とか
その辺のかったるさだけを考えたなら
それって ボクの場合はランドゴーレムさんに
準じるような気がするんだ。

10_20130207224941.jpeg11_20130207224940.jpeg
とりあえず 最終的にはしっかりもらえたから良しとしましょう。
――そして そんなこんなでそろそろ風呂敷の仕舞時というね。 どもでした。

TOP