年末年始旅行記② İstanbul

2013⁄01⁄21(月) 00:00
0201_20130116215637.jpg
一応 前回イントロダクション的な意味で
フライトの話まではしたつもりですので
今日から 本格的に旅に出て行ってからの話、
ということになりますか。

ただ 最初に今後すべての意味を含めて書かせてもらいますと
どっかに行った的話題を書こうとしても 圧倒的な口下手ののっぴぃさんが
美味いこと言葉を操れる自信がありませんので 結果的に
その場に行って集めてきた写真を並べるだけになる可能性が非常に高そう……

――一応 なるだけワンパターンにならないように注意はしますが
念のため そうなっても笑って見逃してくださいみたいな言い訳まではさせてもらいます。

で 最初12月25日夜に到着したのはトルコの歴史あふれる都市イスタンブール。

……トルコって ぶっちゃけイスラーム中心の国で クリスマスといえば
誰がどう見てもキリスト教のお祭り。 ……なぜこの日にここに来たのか。

家族そろってボクの立場を考えてリア充爆発しろ宣言を出した……
……と 言うわけではさすがにありませんが クリスマスをキリスト教の国で過ごすと
完全に皆 家に引きこもってしまって 何もやることができなくなるんですよね。

イメージ的には 日本の三が日に地元の商店が軒並みしまってしまう様を
思い返していただければ 割とわかりやすい状況になるのではないでしょうか。
――逆に この辺の国では新年の変わり目がリア充の溜まる日になるらしいですが。

さて 観光地の写真も結構あることはあるのですが 秩序的な意味も考えて
今日は 場所の写真は出さずに終わらせようと思います。
……逆に言うなら 後日その成分だけで練った記事作りますので あしからず。

0202_20130116215636.jpg0203_20130116215636.jpg
文化的な話。 この意味合いでボクが個人的に一番記憶に残っているのは
やたらチャイ――要するに 紅茶を飲まされたなって記憶があることでしょうか。

とにかく ここらに関しては チャイを中心にして文化が花開いているようで
なんか 現地の人はやたらチャイを飲んでいる光景を目にしましたし
バザールなんかの店先に飲み終わったチャイの容器が置いてあったりしました。
――なんと形容すればいいのかわかりませんが 専用のカップがあるんですよね。

まぁ それを支えるために チャイの店がかなりの頻度で開いていたりして
何かと多いその注文をその店が裁いていたりしていたものです。

まぁ そんなわけで 食事を食べに行ったときも 食べ終わるタイミングで
店員さんがチャイをいらないかどうか尋ねてきますし
せっかく物価が安いトルコに来たんだから ちょっと買い物してもいいよね~
みたいな感じで寄った店でも 商談の間にチャイが運ばれてくることがよくありました。

――まぁ 日本と違って商談するのが当たり前って言うのが外国みたいですしね。
でも チャイがないと始まらないっていうのに関してはこの国の文化だろうなって。

0204_20130116215635.jpg
因みに 同じようなことはトルコ航空に
乗ってみても起こるようで
こちらでもチャイ

……と 言う聞き方はしませんでしたが
「ティー」を飲むかどうかは
結構確認されましたよね。 うん。

あと イスラームが中心である国ということで 時折コーランの声が聞こえてきて
礼拝の時間を~  みたいなのが 外国に来たんだなって気分にさせる大きな違い。

礼拝の様子を見に行くことはボク自身の良心的にあまりよろしくない気がしたので
出来なかったのですが その端くれくらい見ることができただけでも大きな収穫かと。

0205_20130116215635.jpg0206_20130116215635.jpg
とはいえ 結構寛容な国でもあることは知っていましたので
クリスマスの日に到着したボクらがどんな光景を見ることができるのか
結構気になっていたのですが 普通にサンタが生息していたり
バザールでもサンタの人形が置いてあったりして どこか日本的なノリ??

つまり そこに宗教的な意味は全くないけど とりあえずサンタだけ登場してみて
プレゼント購入に大人が走り回る伝統くらいは残ってるみたいですね。
――と 言うのはボクが見た感覚なわけですが…… 偏見あるかもよ?



0207_20130116215808.jpg0208_20130116215808.jpg
軽く交通事情の話。 イスタンブールに関して バスやタクシーも
まぁ 当然のように走っているのですが 後はメトロとかトラムなどが
我が物顔で街を走り回っているという感じになるのでしょうか。

トラムには残念ながら乗り込む機会はなかったのですが メトロに関しては
とりあえず何度か乗る機会がありましたので軽く。

0209_20130116215807.jpg0210_20130116215807.jpg
券売機……と 言うか 入場するにはプラ製のおもちゃのコインみたいなのを
使って入場していたのですが まぁ こんな感じですみたいな。

一度このおもちゃのコインみたいなのをゲートに通してしまうと帰ってこない
――逆に言うならば ここのメトロ 一律ですべて同じ料金みたいですね。

0211_20130116215807.jpg
そして ドアの開閉がやたら短いというか
停車時間がやたら短いというか……

……重たい荷物を持ってもたもたしていたり
空いてる車両に乗り換えようとしたら
逆にひどい目にあいかけましたよ……

みたいな感じでしたね……

タクシーに関しては 日本と違って結構車がボコボコで
日本で走ってたら絶対客の方から逃げ出していくだろうってレベルまで
破損しているものが普通に存在しているわけで いろいろと怖かったです。

タクシーに荷物が乗り切らないときは さも普通のようにトランクが空きっぱなしでも
走り出したりしますし いろいろとヒヤヒヤしていたもんですよ……
――ついでに しっかりスピードも出てますしね。 怖いのなんのって。

ついでに 道を渡るのも なかなか信号が無かったりするので
ななめ横断↑みたいな状況でやらなきゃいけなかったりするので
結構命がけみたいな感じで これやるだけでずいぶん寿命縮んだ気がしますよ……。

TOP