年末年始旅行記⑦ Budapest

2013⁄01⁄31(木) 00:00
本日も比較的事務的に行かせてもらいます。
――ブダペストに関して まったくボク自身サーチしなかったことを
後悔しながら前の話を書いていた……と 言うところまでがあらすじでしょうか。

一応 これの解説本見て書きましたみたいなものがこの後いつか
やってくると思っていただけると幸いです。 状況説明的には。
――さて では 写真処理さっさと始めましょうか。 あくまでも、事務的に。

0211_20130122174948.jpg
トルコ風の温泉。
……意外と街中にトルコらしさが結構強く。
まぁ オスマントルコ時代みたいなのが
結構尾を引いているのかもですが。

ボクはぶっちゃけ興味なかったので
入らなかったのですが

――と 言うか 水着で温泉入るというのが
壮絶な違和感を覚えていたのも事実。

あと 冬で屋外ですしね。 凍死しますって。 絶対。

0212_20130122174948.jpg
代わりに その周辺の観光やってたわけですが。
ボクは。

家族でも一部の方々は温泉入りに行きましたがね。

――で 見てました いかにも
社会主義時代の遺産でありそうな広場。

反対側には目抜き通りが走っていましたし 昔はこの辺にレーニン像立ってたのかな。

因みに 社会主義時代の遺産の銅像みたいなものは またそれはそれで
アつけた屋外公園みたいなのがこの街にはあるらしいことが
母から一時的に借りて読ませてもらった旅行ガイド的なものに書かれていました。

0213_20130122175343.jpg
最後に ブダペストは
これ抜きには語れないでしょう

……ドナウ川。

ブダとペストの街を分断しているこの国際河川。
知名度はものすごいものがありますし 名前くらいは聞いたことあるですよね?
――まぁ 個人的にはこの川見られれば良かったなみたいに思ってただけですし←

まぁ 日が悪かったのかぶっちゃけ青くなかったですし美し……い方では
あるかもしれませんがまぁ 川は川だなって感じでした。 橋から見たならば。

――でも 見る角度的には結構絵になりますよね。 ドナウ川。
カメラから画像抜き出してみたら なんとなくそんな風に思いました。

――一応 今まで上げていた画像が一通り一日で回ったすごい中途半端な
が増収だったのですが さすがにそれだけってのも気に障ったので
翌朝。 せめてドナウ川くらいはしっかり見てみたいよね、と 思い立ちまして。

0214_20130122175343.jpg
とりあえず 山の上の方に
登ってみよう、そうしよう。

ハイキング自体は 六甲山
ハイキングのおかげで慣れているのだよ。

0215.jpg
と 言うわけで山の上から
眺めてみたらこんな感じ。
朝日や木々が結構必要以上に
邪魔してくれたおかげで――まぁ これが限度。

元々 ボクの撮影能力はお察しください、
これ以上言わないで泣いちゃうって
レベルであることはありますけどね。

……ゆるして。

0216.jpg
ついでに この山の上に
もともと何があったのかといいますと
こんな感じの石像と

――砦っぽい建物と大砲やらなんやらが置いてある
博物館的なものがあったので そんな
使い方なんだろうなと個人的に納得。

残念ながら 出発の時間もありましたし そもそもまだ時間が早かったので
この博物館に入ることはできませんでしたがね……。 仕方ない。

0217.jpg0218.jpg
そこまでの移動には とりあえず 地下鉄の別路線を使っていたのですが……
……なんか それだけで一種の観光名所となっているあの地下鉄とは
別の路線に乗ったわけですが とにかく扱いが雲泥の差。

まぁ 新しかったりする列車もありましたが そうじゃない電車のボロさと言ったら。
古いとはいえ レトロな感じで小奇麗に扱われていたあの列車と違って
こちらは もう扱いもアレな感じで ぼろいとしか言いようがなかったですね……

TOP

マンネリ

2013⁄01⁄30(水) 00:00
まぁ ある程度は前にテストで愚痴ってたあたりに大体
テストの大きな山みたいなのは越えてしまっていたのでここ数日の
記事制作のサボりみたいなもんは 単純に怠惰によるものなんですがね。

――その辺考えると いかに月末の記事ネタが見つからないのか……
……みたいなことに 個人的に視線が行くんですがね。

単純に 時間だけで見たら割と時間があったのですが その時間を記事制作に
回さずにゴロゴロしてたりしてたら まぁ こうなりました的な。

――とはいえども 先週末は一応 レポート作成みたいなものが残っていた分もあり
必ずしも「本当に終わった」みたいな空気が醸し出せないのも事実ですがね。

まぁ 今度の理系魔龍はできるだけやろうと思った場合には
この時期にさっさと レポートの類を終わらせてしまうことに限るわけですし
だとしたら あまりのんびりもできないってわけですかねぇ……

みたいに 冬の空を舞う枯葉のごとき思考を行っておりますのっぴぃです。
なんだかんだで この冬を砂糖たっぷりのココアだけで乗り切ろうと頑張っています。

そもそも ボクの部屋 怠惰化の根城とも言われる(知らないけど)コタツという存在を
導入しないという「苦渋の選択」をしたおかげで ぶっちゃけて
本格的に「暖房機器らしい暖房機器が全くない部屋」が出来上がっていましてね。

時々 ボク的に友人が来ないことをネタにしていることがありますが
備品的な意味でまず 多大な問題があるのではないかと思われる方もいるかもですが
確かに そこに大きな着眼点を持ってくるのもありなのかもしれません。

まぁ 今までのボク的にも「暑さよりは寒さに強い」みたいなキャラ属性で
ずっと生きてきたというわけで まぁ 夏のことを思えば暖房が無い
しかも 実家よりも断熱が残念な部屋なんてまだ 耐えられるもんなのですがね。

……とか言いながらも 現実見てみたら(まぁ これは冬に言えたことでも
ない気がしますが)割と何もない休日なんかは寝て過ごしていることが
多かったりして その辺はさて どうなんだろうな~??  みたいな疑問が。

……つい最近 数値的に自分でも再確認したのですが いろいろと遊ぶために
食費とかを切り詰めて生活していたせいか まぁ 胃袋が若干縮んだというか
我慢を覚えたな~  みたいな感覚はあったのですが 体脂肪率がかなり下がってまして。

一応 「やせ形」と言われるような数値まで落ち込んでいたことが判明していました。
――確か 今までは標準の少し上の方の数値をゴロゴロしていたような気がするのですが。

……まぁ 単純に痩せた部分もあるかとは思いますが 今までの行動的に
明石とかへの折りたたみ自転車での国道2号線ぶっちぎりレースとか
はた目から見たらどう見てもアホだろお前レベルの企画のおかげで
割と足がスマートになった感は服買う時点でかなり思っていたのですが……

――つまり 割と運動もするようになったから筋肉就いたんじゃね? みたいな。

で ここから何が言いたいかというと じゃあ のっぴぃさんその
「今までの脂肪を失った」ということは「今までよりも寒さに弱くなったんじゃね?」
――実際 なんとなくこの辺り心当たりもないこともないような……

……まぁ この辺は大いにあり得ることですね。 栄養云々から出てくる問題として
上げられるのは この寒さに弱くなった可能性と風邪への抵抗力の可能性。

まぁ どちらにしても 冬だからと言ってはしゃぎすぎたり無理しすぎると
何が起こるか分かったものではないかな~  みたいなのが改めて思いました内容。
……とはいっても なんだかんだで繰り返しそうなこの過ち。

こりゃ タイミング見て割と空調がいい感じのバイト先探してみたりした方がよさそうだ。



師走頃からテスト期間(まぁ 今も含めてだけど)にかけて通じて言えること。
――そして その付けが今回ってきていることを考えるとやっぱり
家事って後々に回したら大変なことになりますよ~  って 思いますよね。

……みたいなこと言いながら 絶賛部屋の片づけに追われていたりするのっぴぃさん。
師走 まぁ 皆無だったわけではないけれども また今度でいいやってほったらかして
その「こんど」というのの時期をはっきりさせないままテスト週間に突入。

その間 掃除機かけることすらしなかったらしい不潔な人はそのおかげで
最近 ガチ掃除に取り組まざるを得ない状況に陥っているようですよ。

なんだかんだで テスト期間中に「テストの間に食べるお菓子がほしい」って
行ってみたら 割と 最終的に溜まってしまったお菓子の置き場所とか
その辺の問題を改めて考え直しているわけですが。 ――仕方ないよね。

そのほか 食器洗いなんかも就寝直前 歯を磨く前らへんに慌ててやってみたり
まぁ 昼食とか夕食とか作る直前に洗っていることも多いかな。
……なんと学習しない子なのでしょうとか我ながら思うわけで。

あと やらかすのが洗濯物を取り込むのを忘れるという参事。

先日これをやったおかげで出来上がった連鎖というのが

テスト勉強やレポート作成なんかでめっちゃ張り切って部屋で勉強
→息抜きに見たツイッターで神戸周辺民が「外吹雪」って騒いでいるのを発見
→なんか嫌な予感を感じてベランダを見たら案の定冷たくなった洗濯物
→考えてみたら当日 寝巻も洗っていたわけで さてこの夜の時間帯にどうしましょう



前述のとおり のっぴぃさん 怠惰化を恐れてコタツを導入しないという
暴挙をしでかしていたりするので 完全にこうなりますと乾かす手段がない。
――あえて言うならば コンロであぶるくらいですが それ マジで危ないから。

なんか 真っ白になった洗濯物が真っ黒になるだけじゃ飽きたらず
自分の視界すべてが真っ赤に塗り替えられそうなイメージ画像まで浮かんできます。

こうなってみると 最終的に結局(あまり潜りこまないためにロフトベッドを
導入してみたもののあまり意味が無いようですし)こんなこともありますしで
本気でコタツ導入を議論してみる価値もありそうな気がしてきました……

雪02
まぁ そんなことで頭悩ませていても何も始まりませんので
その頭を痛めた5分後には頭を冷やす
意味も兼ねて近くの公園へ遊びに行くアホ一匹←

まぁ 雪国に住んでいる方には
特にそうでもないかもしれませんが
関東もあまり雪降りませんし
単純に地面が弾力ある白い大地ってだけで
テンションあがるもんですよ。
ミニ雪だるま作ってる系女子も既にいたしね←←

TOP

年末年始旅行記⑥ Budapest

2013⁄01⁄29(火) 00:00
さて 前回のこの話がいつにされたものかはわかりませんが
ブダ観光の話を駆け足で書いていくと宣言させてもらいましたので
元々説明書きができる自信がないというのも相まって もう 適当に行かせてもらいます。

まぁ 後々これに後悔したら補足だけでも後で書き足せばいいものだと思ってますので
とりあえず 旅先での記録としてはこの形で終わらせてしまおうとね。

0201_20130122174900.jpg0202_20130122174900.jpg
とりあえず 予定も何もくるってしまったに等しい状態であるからして
個人的イメージでは適当に行き当たりばったりで観光していたイメージに他ならない感じ。
――と 言うわけでこの教会の細かい話は全く分かりません。 仕方ないよね。

0203_20130122174859.jpg0204_20130122174859.jpg
まぁ クリスマスからニューイヤーの間だったということからか
なんか そんな感じの空気漂う店が結構教会前広場を埋め尽くしていた感は。

――と 言うかそんなのが出てくるのがこちらのクリスマスのよくあることなのかもです。
何せ ここに限らずあちらこちらでそれっぽい光景を目にすることができましたから。
……この先の街の画像軽くなぞる間にもその光景が見えてくるかもしれません。

0205_20130122174858.jpg0206_20130122174858.jpg
ついでに ミサもやっていなかったので教会の中入ってみたのですが
やっぱりクリスマスっぽい空気は健在って感じでしたね。……人形もそのまんまだったし。

で この中に聖遺物っぽいものが残っていたところからして
やっぱり それなりの背景を持っている境界何度あろうってことくらいは簡単に
察しがついたのですが 如何せんボクのサーチ不足です。

ぜひとも後で補足説明入れなきゃならない感じですね。 仕方ないです。

0207_20130122174950.jpg
山の上に登った話を先日軽く書いた気がしますが
ぶっちゃけて 山の上で何を見たみたいな
観光思い出がほとんどありません。

本当は もう少し時間があったならば王宮とかも
めぐってみたかったところなのですが
如何せん 飛行機に乗り遅れた話をしたかと思いますが
それの影響が結構大きくて 回りたかった
ところを回り損ねた場所がありまして……

そのあたりもあって 全体的にサーチ不足もありますが総じて
どんなふうにまとめたらいいのか全く分からないという現実。 詰んだ。

……とりあえず 言えるのは こんなチャーチが建ってました――レベル。
……でも この屋根の貼り方は結構特徴的だって気もしますし
……やっぱり ボクのブダペストに関してホントにサーチ不足ってことは否めないです

何せ 一人暮らしするだけで精一杯だった感じですから仕方ないわけですけどね。

0208_20130122174950.jpg
あ。 でも 鷹っぽいのいたよ。鷲っぽいのも。

鷹狩かなんかみたいな
歴史があったのかもしれないな~

とか考えてみたり。
――まぁ 遠くからズームしつつ
取ってみましたみたいな感じです。

0210_20130122174949.jpg0209_20130122174949.jpg
市場。 肉とかその辺がドヤ顔して売られてました。
獣肉――と 言うか 肉の売り方その他いろいろと特徴的でしたが
細かい内容はサーチしなおしてそのうち話しますよ。

……今回は写真ばっかり乗せるという方向性で決めましたから。
――と 言うことで いざ中身を書いてみようと思ったら
本気で中身が空虚になってしまうことが分かったのが今日の収穫。

とりあえず いざ起こしてみたら事務的に並べてみただけでも
結構(主に写真で)場所食うことがわかりましたし
とりあえず 今日はこの辺りで切り上げることにしましょうか。
――ある意味 「つづく……」みたいな切り方ですねwww

……なお この旅行の話においては いつも必要以上に気にしている
行数制限その他については全く考えないまま書かせてもらっています。

TOP

喰らふ

2013⁄01⁄28(月) 00:00
なんか 昨日の記事を保存した段階で今更みたいな感慨にふけっているのですが
そういえば 記事投稿画面における一ページ目の記事が一通り
もう 今年書き上げた記事で染まっているんですよね。 もう2013年ですね。

……って書きだしにしている割には その先この話をボク的には
あまり広げられないのでそれまでなのですが。 では書きたいことでも書きますかね。

昨日宣言していたほどは食べ物の画像貼っていないよね~  と 言うか
実際画像フォルダ参照してみたら ほとんど画像減っていないよね~  というわけで
そのあたりに関して まずさっさとその“書くこと”書いちゃいましょうか

ガリタ
そもそも ボクが外で食べるものを~ 

みたいなものを書くときの
一番のメインともいえる学食。

――について そういえば、みたいな。

ボク個人的には あまり民放のバラエティ番組見る機会もないですし

――と 言うよりは そもそも
このテスト期間そんな余裕なんてありませんし~

……まぁ 気が付くのが遅いと言えば
遅いものなのですが。

気が付いてみたら 大学の食堂にガリタ食堂のステッカーがでかでかと貼られてました。
……と いうか ガリタさん学食にも来るんですね。
お値段の割にはお安く済むのって知っていますが なるほど。

大食いに定評があるこのコーナーにも紹介されたメニューというものが
どのようなものなのか~  みたいなのは おそらくこの春休み頃から
実家時代に遊んでた友人たちが来る可能性があることを考えますと
どこかからかそのオンエアされていた情報を仕入れておく必要がありそうです。

……まぁ 別に格別おいしいとかそんなことはないとは思いますが
一度くらいは話のネタになりそうな気もするし お値段も張らないしで
覚えていた方がいいだろう――みたいな感覚でしょうかね??

カツカレーガッツリ
――と 言うことならば 学食でもガッツリ食っといたほうがいいですよね~
……みたいな動機で取ってみましたこんな写真。
ここ最近のボクの学食事情、と言ったら それはそれで間違ってはいない。

まぁ 片方として写している先日なんとなく気に入ったので食べ直していた
金沢カレーについてはすでにしゃべっているので割愛するとして。

もう片方の「から揚げチリマヨ丼(大)」に味噌汁つけてみたら500円超えちゃって
基本的に 一回の食事は333円以下に抑えるというコンセプトのボク的には
大赤字みたいな食事も まぁ このテスト期間はやらかしたりしたんですがね。

……なお これやったのは昨日書いた「賞味机に向かっていた時間が16時間」って
誰もほかの人は褒めてくれないから自分で自分を絶賛していたあの日なのですが……

やっぱり それなりにはストレスたまるものなのでさすがに
食べるものに関してはガッツリ食べて気を紛らわせたいみたいなことがあったのかもです。
――翌日テストの間軽く胃袋持たれていたような気もしなくはないですが。

旧500
余談としては とりあえず
カツカレー買った時のおつりとして
旧500円玉もらえました~

みたいなことがありましたね。

それだけですが。

ディナー
まぁ あの「食いすぎだろ」レベルの丼
さすがに昼には食いきれず
当日の夕飯だったわけですが
ほぼ同じような動機を持って
先週は割と学食で夕飯をいただく
機会が多かった気がします。

仕方ないですが。

で 今まであまり学食で夕飯を食べなかったボク的には珍しいこととして
「夕定食」みたいなものをいただく機会ができた~  みたいなことが挙げられます。
――と 言えども なんだかんだでご飯くらいは自分で持ってくるのですが。

まぁ だからと言って特筆することもあまりなかったりはするのですが
あえて言うのだとしたら 今まではあまり知らなかったことなのですが
この辺りの時間帯になると みそ汁の具が無駄にパワーアップするらしいこと。

玉ねぎとかその辺の具が 昼に食べるときには存在しないのですが
多分 この辺になると「切ってしまったけど捨てるわけにはいかない」みたいな
具が出てくるときには出てくるのでしょうね。 それを投入するのでしょうか。

……みたいなことが起こっていて たまには夜に行くのもいいかなって思った次第。
この量で さすがに333円は越しますが 400円は行きませんでしたしね。
(↑ご飯の量少なく見えるかもですが これでも密度がすごいのでほどほどにはあります)

お誘いやらん一人じゃ
まぁ テストがひと段落した後にですが ちょうどボクからみた
祖父母の看病的なことしていた母親におごってもらったりしたこともありますが。
――最近会う機会が多くなった気がしますが それもボクがこっちに来たからかねぇ?

TOP

私の、ジャスティス

2013⁄01⁄27(日) 00:00
昨日にはとりあえず 新しく記事書き起こそうと考えていたのですが
なんだかんだでそれまでドタバタしていたのといろいろと疲れて
直前に爆睡していたのとで 作ろうと思っていた作業をほったらかしてしまい
気が付いたら 日付が変わるか変わらないかというタイミングになって困りました。

まぁ その時にご飯食べてなかったり そもそも昼寝のつもりが約五時間なんて
そんな長い時間寝てるつもりじゃなかっただけあってその驚きも半端なく←

ひとまずそんなときに最適な食糧:アルミ鍋(うどん)を温めながら
若干ハードボイルド(イメージ)な感じで悩みこむ(ふりをする)のっぴぃさん。
……どうでもいいけれども テスト中含めてアルミ鍋にはかなりお世話になりましたよ。

――結局 その段階から記事書き起こすのは不可能と察して
既に書き起こしていた旅行記事を下書き記事から引っ張り出して
それをそのまま投稿するという手段を強行したわけですが。

――テスト期間にはこれに近いことが起こりうると考えて前もって
ある程度保存しておいてよかったですね。 とりあえず カレンダー的には
穴が開くことがなかったのでバリバリセーフです。 よかったよかった。

……一応 この日記については 開設からずっと「毎日何かしら更新」みたいなのを
続けているって点では ひとまず自信持って胸張ってるところなんですがね。
――まぁ 中身が全くない点については仕方ないというかなんというか。



さて テスト期間のもろもろの話について愚痴ってみようかと思ってみて
ここ数日の“日記としてまだ登場していない日々”の画像を並べてみた時の
圧倒的な食べ物率の高さに愕然としている私がここにいるのですがはてさて。

――なんか 心の余裕がなくなった時にはとりあえず食べ物ネタで逃げるというのが
のっぴぃさんの常套手段だったりするのは仕方ないことなのでしょうかね……

まぁ 基本的にこのように処理した画像は無理やりにでも使う主義なので
その辺 いろいろと強引にですが食べ物話題とつなぎ合わせながら今日は語って行きます。

――とりあえず のっぴぃさんの場合はテスト週間只今真っ只中なのですが
そのピークともいえる時期がちょうど先週と呼べる位置に固まっていました。
……複数教科のものが連日連なっていた地獄のテスト期間。

――まぁ そうなりますと ボクもさすがに図書館とかに籠ったり
昼休みなんかもいろいろと勉強に打ち込む羽目になるわけですよね。

昼ジャスティス
なお 昼飯この期間にどんなもん食ってたかな~  とか考えてみたら
休日にはマクドナルドに入ってガッツリビッグマックなんか食べてみたり
平日にも 割とお値段が張る丼弁当を構内で確保するなりしていた記憶が。

……まぁ 割とスピード重視で食べていたみたいに見えなくもない。
または 弁当の下に見えるのが過去問だったりする部分も考えると……  みたいな。

なお ビッグマックに関しては 先日の成人式でビッグマックばらまいていた時に
パッケージに「福めくり」が付いてきたことがありまして その時にもらった
今月いっぱいの200円に割り引かれるチケット使いながら買っていたようで。

――なんか これしか見た目的な量が無いように見えますが いざ食べてみると
しっかり夜まで腹持ちするあたり ビッグマックって凄いなぁとか思います。
……だから 成人式食べ過ぎてすごいことになったわけだ。

なお 構内で食べていたお弁当も 基本はただの豚丼なのでしょうが
そこにマヨネーズぶっかけているおかげでお値段が張っているのでしょうかね。

350円ということで 基本的に「食事は一日1000円以内」みたいに定めていて
333円以上の買い物を昼にするというのにかなり抵抗を感じているボクが
このような買い物をしようと決意するのって無駄に珍しいことだったり。

――と 言うかそもそも この期間的には何が起こっていたのかということを
書いてみますと このさらに一週間前の土日にはセンター試験

……その前後には散々愚痴った記憶もありますが 前期のテストと違って
自習場所として大学の図書館が利用できないみたいな事故が起こったりしていました。
――と 言うのも センター試験会場に大学生迷い込んだらいろいろとまずいから。

……で 普通に考えれば自分の部屋で勉強すればいいのでしょうが
ボクの場合 公私を割とはっきり使い分けている感じがありまして
自分の部屋ではまともに勉強できない――と言ったら言い過ぎかもしれませんが
まぁ それに近いような状況に陥っているわけですよね。 クズだ。

とりあえず できないものはできないとあきらめた上で 取りあえず
日中だけでも勉強できる場所を探すわけですが 灘区の図書館では
あいにく自習を許してくれないとかいう 何それやる気あんのか的な
ツッコみを免れられない展開だったりして――仕方ないから中央図書館へ。

テスト前のこの貴重な時期に なんでチャリ漕いで三宮の向こう
大体新開地あたりにある場所まで出かけてるんだろうな~  てか それで
よかったのかな~  みたいな疑問は消えることなかったですが 仕方ないよね。

まぁ そんなわけでこの時期に「自然な流れで昼をマクドナルドで」みたいな
話に持ち込むことができた。 みたいな裏話があったりします。

……まぁ なんだかんだ言っていますけど 公私の「私」の方は
ゲーセン籠ってみたりなんなりして 割とこちらにも晒しているとおりですが
「公」の方でも まぁ やれと言われたら“それなりには”こなす努力はします。

人によってはテスト勉強もそこそこに(または全くせずに)遊び倒して
期末テストで爆散みたいなことやらかす人もいるみたいですが。

某上記のテスト週間中日においては その日のテスト勉強もこなしつつ
そのテストが終わった後もインターバル開けずに大学の図書館に籠る
(↑さすがにウィークデーにまでセンターの影響はありませんからね。)

その後 閉館時間が終わった後も できればあまりやりたくないけれども
自室で勉強の仕上げも頑張って~  みたいなことやりながら
気が付いたら賞味机に向かっていた時間が16~17時間という
受験生時代を思い出すような勉強時間を確保できたことに自画自賛。

……まぁ この時間の中には約3時間程度のテスト時間が含まれていますが
やろうと決意すれば 今のボクでもそれなりに集中持つんだな~  ……なんて。

まぁ キリもいいし 今日はこの辺りで、ということで。

TOP

年末年始旅行記⑤ Budapest

2013⁄01⁄26(土) 00:00
さて 前回までで非常に長かったですがイスタンブールのお話で。
基本的にその場その場で起こったことを書いていきますが
その記事の長さ――と 言うか数に関しては 基本的にその旅程の日数と
行った場所と ボクの興味の深さによって異なってきますのでご了承を。

まぁ 着眼点もその辺に依存してくるのもよくあることとは思いますがね。

0101_20130122174333.jpg
さて イスタンブールから
飛行機に乗ってやってきたのがブダペスト。
ブダの街とペストの街がドナウ川に
対して向かい合って出来上がった街です。

一応 少なくともツイッターには「欧州横断」なんて言い張ってましたが
イメージ的に やっとキリスト教の国にやってきたという意味では
この辺りから ヨーロッパってイメージがくっついてきたと考えても
さほどおかしなことはないのではないかって思うのですが さて。

0102_20130122174333.jpg
ついでに 実務的な意味で
言ってみるならばEUに一応
加盟している国なので 入国の
際にも並ぶ列ではEU加盟国民なのか
それ以外なのかで パスポートの審査が
違ったりしていたのが若干気になりまして。

――ただ ユーロは導入していませんので
そのあたりは融通が利かない
……かと思いきや 結構普通にお店では
ユーロ使わせてくれる機会が多かったりして
さほどユーロでも不自由しないのでは

……という期待があったりなかったり。

まぁ お役所仕事の場面では使わせてくれない部分が大きかったりしますがね。
そのような人では どこか社会主義引っ張っているような人がいたりしますし。

0103_20130122174332.jpg
なお お部屋については
金銭節約のためにシェアハウス……

……と 言ういい方が正しいのかは
定かではありませんが とりあえず
アパートの一室を貸し出す
みたいな形で作られたお宿に。

一応 アパートの一室ということで やろうと思えば自炊もできるよ☆
――そして だからこそ この土地に住んでいる人の暮らしを
体験することもできるという結構お得な設定。 なかなかできない体験だよね。
まぁ この辺りでスーパーで食材調達みたいな話が生きてくるわけですが。(前項参照)

……まぁ そんな感じでパックツアーでは体験できないことができるのは
大変喜ばしいことなのですが 残念ながら ベッドがやたらツインばかりなので
思春期真っ盛りのボクは 仕方なくソファで寝る羽目になったとか。

……後になって思えば これがボクの体力回復を阻害していたのではないかと
心から思うことなのですが まぁ そのあたりは過ぎた話だよね。



0104_20130122174332.jpg0105_20130122174331.jpg
ボクの事ですから。 ――完全に口足らずになることわかりきっていますが
ブダペスト市内の交通機関について書かせてくださいな。

ブダペストには市民の足となる乗り物のバリエーションが結構あるように思えました。
トラムやトロリーバス 地下鉄など。 ……考えてみればイスタンブールも近かったよな。

なんか そんな意味ではヨーロッパの街の中身って結構
根本的なところからそっくりな部分があるのではないかしらって思えてきます。

日本には立山くらいしか走ってなくて まず車と同居して走っている
トロリーバスなんてお目にかかることありませんし 結構トロリー
……と 言うか 路面電車もレアな部類に入るのではないでしょうか。

……みたいなことを考えると これからのご時世 日本もこの辺り
積極的に参考にしていくべきなのではないかと考えるボクがいました。

ついでに ここを走る地下鉄1号線に関しては ロンドンに次いで作られた
世界で二番目に古い地下鉄(ちなみに “あの形”にこだわらないとするならば
イスタンブールの地下“ケーブルカー”の方が古かったりするのですが)だったりします。

イスタンブールの方は乗ってくる機会ありませんでしたが
駄々をこねにこねた結果 なんだかんだでこちらの方は数駅乗ることができました

……が それを表す感動の言葉がボクには足りな過ぎたことが残念です。
レトロな雰囲気や これほど古くなっても現役で走り続けられるすごさというものが。

確か 日本の地下鉄銀座線も昔に近づけた車両走らせているみたいですが
その辺 もう少し頑張ってもらいたいなってふと そんなことが頭によぎりましたよ。
……まぁ とりあえず その時に手に入れた切符やらはとっておこうと。
――イスタンブールのコインは問答無用で回収されちゃったしね……

逆に言うならば それ以外の交通にはまともに乗れなかったのも心残り。
――トロリーバスとかなかなか乗る機会がないから乗っておきたかったんだけどね。

0107_20130122174428.jpg
あと ブダの街の方で
政府の中枢の丘の上に登るため
登山するのがかったるい人が
使うためのケーブルカーが設置されていたり。
……まぁ これは完全に観光のために
一度乗ってみたわけだけれども。

定員は十何人かみたいなとても小さなものでさらにその距離も短い。
――やっぱり 実用性よりも観光用みたいな用途の方が強そうです。

0106_20130122174331.jpg
まぁ とりあえず そこから
それなりにいい感じの写真が
ド素人のボクでも行けたような
気がしなくもないので(ということにさせて?)
それだけでもよかったと
考えることにします。

とりあえず その他もろもろの観光してきた場所みたいな話は
次の回にまとめて駆け足にしてみようと思います。 ――イスタンブールでまごついて
なんだかんだですべてが中途半端に終わってしまったのがブダペスト観光。

――先にタネ明かしておきますので 次回は問答無用で走らせてください。 どうか。

TOP

年末年始旅行記④ İstanbul

2013⁄01⁄25(金) 00:00
0401.jpg
仕事がないときには 海の方まで
やってきて今晩の夕食の食材調達。

……そんなことが結構あたりまで
あるという場所みたいです。 イスタンブール。

前段階で調べものしていると
なんかそんな絵柄が見せられたりしたのですが
それ 本当だったんですね。

なかなか面白いことだと思います。

どうも。 旅行行ってきました報告編・イスタンブール三枚目です。
――一応 ボクなりにしつこくなりすぎないように写真とかその辺
絞ってはいるのですが なかなかそうした後の喪失感をぬぐいきれなくて。

……ダイジェストというのにも汚すぎるまとめ方になってしまって
少々申し訳ない気がしますが……そのあたり お許しください。

トプカプ宮殿とか行けなかった場所もあるけど…… まぁ 一般的な
観光地は短い時間なりに回ってみたつもりだったりするわけで。

0402.jpg
まぁ そのあたりを含めて
遠目からでもみてやろうと思って
やってきましたのがガラタ塔。

石造りの塔です。
イスタンブールの街を一望できますので
割と人気の観光スポット。

0403.jpg0404.jpg
なぜかトルコ人か否かで入場料が変わってきたりしましたが
とりあえず スカイツリーとか通天閣とかと同じような立ち位置にある建物だと
考えれば比較的わかりやすくことが進むんじゃないかと大雑把に言ってみる。



ところで 今までのもろもろの中に書き込むのも そして
前もって宣言している間にも書き込んでおくことを忘れていたような気がしますが
ボクが今回家族旅行で海外に出たの パックツアーとかではありません。

巷で「○○周遊何日ツアー!」みたいなのが売り出されていますが
それに当てはめながらのっぴぃさんがどんな会社に乗せられて
どんなところに行ってきたのかみたいなのを考えるのは無意味ってものですよ。

まぁ 行きと帰りの飛行機は旅行会社に頼んだみたいですが
残りは自分たちで計画して割と自由に動けるようにしてもらっています。
――大雑把に言えば 本当に「映画・けいおん!」とかで
軽音部の皆様が自由勝手に動き回っていたのと同じような理屈です。

と 言うことで なんか観光説明に端折った部分が多かったりするのは
ガイドの説明を単純に聞いていなかったとかではなく 事前のボクのサーチ不足
――なんだかんだで あまりサーチする時間がなかったのが事実ですし。
……まぁ 文面を省略している節もないわけではないですがね(言い訳)

ついでに そのほか端々で個人プランかつ長い日程の旅行ということで
金銭節約らしさがぽろぽろ見えてきますが それはそれでボクらとしては
楽しみとしてとらえましたし まぁ そんな感じで見ていただければ幸いと思います。

……まぁ ともかく そうなると自分たちで好き気ままに動き回れる利点はありますが
一人が大失敗をしてしまったりするとその工程を結構引きずりまわる羽目になるわけで。

……イスタンブールを発つ予定にしていたその日の飛行機までの時間。
出国も終えた状況で 飛行機出発まで時間があるから~
――と ふらふらと親父がどっかいなくなりましてね。

……まぁ なんだかんだありまして 次に予約していた飛行機に乗り遅れるという
個人旅行的なノリで考えるなら超・致命的なアレをやらかしましてね。
――いろいろと旅程が狂いましたよ。  みたいなことが起こりました。

結果的に またトルコに入国しなおして――みたいなことをやったので
ボクのパスポートにはやたらトルコ出入国のスタンプが押されたわけですが。

0405.jpg0406.jpg
な 時間が浮いたとはいえ この一件でいろいろと懲りた面があったのか
比較的旧市街などに出るまでもなく 空港からほどほどの近さにある
ショッピングモール的なところにやってくる、みたいな訳わからない行動に。

今後の背景もありますので 先にこの辺りの事ぐちぐち書いておきましょうか。

上記のようにいろいろと金銭を節約する、そして パック旅行などでもないので
お菓子やら飲み物やらの配給は基本ないに等しいです。
……で 観光客向けのもろもろは高いのがお約束。 日本国内国外かかわらず。

……と 言うことで なんだかんだで地元のスーパーにお邪魔して
そこにあるレストランで地元の人に交じって食事してみたり
飲み物などを補給してみたり そこのフリーのWi-Fiを拝借してみたり
実は結構突撃してみたりしているんですよね。 よくあることです。

……さらに 観光客向けの店で買ったならばべらぼーに高いのに
地元向けなら割と価格が落ちてくれたりするらしいワインなんかは
こちらで買ってたみたいですよ。 この話に興味を持たなかった19歳←

その他 今後はリアルな意味での食糧調達もこのスーパーの有無が
大きくかかわってきたりする話があったりしたのですが まぁ 今回はこの辺りで。

0407.jpg
……まぁ 日も落ちてしまった後ですが
なんだかんだで
予定していた場所への飛行機はその日のうちに乗れたので
その点は結果オーライ。

TOP

気晴らしブロガー

2013⁄01⁄24(木) 00:00
仮に大切なテスト真っ最中だとしても 妙にむしゃくしゃして
――と 言うか できればテスト以外の要素でこんな気分にさせるような
環境を作ってほしくないところですが――それどころじゃないこともあり
そんなときには さすがにこんなことしながら時間つぶそうと思っている次第。

……だからと言って むしゃくしゃしている理由書き連ねても
(勉強ネタは別として)とげとげしいだけになりますから
とりあえず 画像だけは持っているけど 処理しきれていないもろもろの話。

……まぁ 保存外国旅行記事も連続したくないし その意味ではいい休息かもね。

指01
なんか 最近のアップデートで
“ユビートの方では”QMAの曲が追加
で QMAの方にはそれの直接的な
アプローチは全くないという
商売大好きなコナミさんにしては
どこか間が抜けたように見えることやっているようで。

……ユビート層にQMAプレーさせるんだとしたらそれでもいいだろうけど
QMA層にユビートアピールするためには 指のデータカード残っているカードで
やったら何かこちらでも起こる的なイベントがあってもいいと思うのですが……

――まぁ こちらはこちらで只今 絶賛エヴァコラボ開催中だし
身内とはいえ コラボを重ねて何かをやるということができなかった
……みたいな展開もあり得ますね。 だとしたら エヴァが終息したころに
何か それに準拠したものがもらえるのではないかと勝手に期待。

たとえば 壁紙にオコジョが飛び跳ねまくっているものがもらえるとか。
――サブモニターの壁紙に意外と映えるような気もするしね。 オコジョ。
ゆびふくろうでもいいよ。 ……まぁ たとえば、の話ですけれども。

指02
とりあえず 両曲共にプレーしまして
とりあえず 全難易度クリアの
称号とかはもらいましたが。

――あ~  指も久しぶりだな~

ぶっちゃけ 今作の毎月やたら回転が速くて それについていけないボク的には
新しい曲を解禁する前にすべてのやったことがリセットされてしまいますし
正直 指やるモチベは 今までも高かったとは言えませんが それをさらに下回る。

確かに かなりうまいプレイヤーならそれらを裁ききることもできるのでしょうが
ボクの場合 基本スタンツがQMAやりながら 頭が凝り固まった時の
気分晴らしの一つ~  みたいな感覚だったりするので やりこむ気もないしね。

まぁ 後 BGMチケットで決勝の曲が来たらしいですが こりゃ 近々
個人的にはトナメの音楽総入れ替えとか 状況によってはトナメの会場変更とか
その辺のガサ入れが来るんじゃないかな~  とか 思っています。

……まぁ 毎度のことながら 外す可能性高いですが。 逆に やってほしくないのは
バージョン変わらないけど新学期だからと言って石が問答無用でゼロに――みたいなの。
……まぁ 状況証拠的にその辺の確立はかなり低いとは思うけどね……

とりあえず 宝石賢者の枠の色がそれなりの意味を成すレベルまで
熟成されるまでは続くでしょうし。 黒色もほんの一握りしかいませんし
もしかしたら その色の上に白色とかが設定されていてもおかしくなさそうですし。



全国
まぁ 全国大会もそれなりに
楽しませてもらっています。

でも テスト勉強と並行しなきゃだから
その辺も考えながらになるわけだけど。

――一応 それなりに
両立しようとしたら大変なんだよ?←当然。

まぁ こんなボクでも“まれには”一位拝ませてもらったりするのだけれども
毎度毎度 この回みたいにエースじゃなかったりとか
そもそも 区間3つというのがかなり辛かったりとか……

……Ⅷではもう少しプラメのハードルが低かったような気もしなくもないですが
それって ただのボクの思い違いだったりするのでしょうか……。

なんか 最初にホウキ乗せられたせいか知りませんが
マッチングした感じだと 結構初心者さんが排斥されている気が……。
……おかげで 全体的に濃いマッチングになってレベル上がっている気もねぇ。

デススター01デススター02
まぁ そんなこんなもありまして そろそろボクの頑張って
埋めている石版の方も本番というか 敵意むき出しな感じになってきました。

――そういえば 前作(過去最高段位)をもうすでに超えてますね。
……これからは とりあえずどこまで行っても自己記録更新、ということになりそうです。

TOP

年末年始旅行記③ İstanbul

2013⁄01⁄23(水) 00:00
0301_20130116220222.jpg
さて 先日のもろもろで大方
イスタンブールで思ったことについて
しゃべる内容はしゃべってしまった
気もするので 今日は大方写真メイン。

まぁ 結構下準備していた
人間だったらこの説明も
きっちりかけるものなのかもしれませんが
ボクにはそのような
説明するための文章能力が欠如しているので
誰かその解決策を教えてください。

一応 基本的にこちらで食べた料理についても一通り記録しているつもりですが
この辺りに関してどのような空気で出していけばいいのかまだ
測りかねている部分もあるのですが さてさて。 ……困ったものだ。

まぁ こんな状況ですし 旅先で(そうでもしないと忘れちゃうから)
写真整理ももろもろもうまくできない感じですし
その辺のグダグダ具合も まぁ 見逃してもらえるとありがたいです。

……いつあげようとも とりあえず この原稿自体は実際に
国外に飛び出して書いている(少なくとも初めの方は)つもりなので!!!!!

――まぁ 逆に言えば 後でゆっくり時間が取れたころにでも
補足みたいな感じで 思い返してるテンションで記事書きなおせたらって思うよね。

0302_20130116220222.jpg0303_20130116220221.jpg
バザール。 市場みたいなもん。 結構あちらこちらにあって
そこに観光客向けのものから地元の人ご用達ものもまで
結構ごちゃごちゃ売ってる店が並んでいる感覚。 でも 同じ業種の店は
結構同じ場所に固まっていたような印象があります。

ノリとして QMAやってた人向けに言ってみるならば
前作まであった準決勝・理系学問の舞台 地下街っぽいノリ。

――あのステージ 何も絵変えないで「バザール」みたいな名前にしても
今だったら何の違和感なく受け止められる自信がありますよ。

余談。 洋服店やマネキン売ってる店(ぶらぶら歩いていたら その辺の店が
密集している地域に迷い込み増してwww)を総じて眺めてみて
やたらナイスバディな女性のマネキンが置いてあるな~  とか。

なんか イメージ的にムスリマって黒い布とかで体をすべて覆っていて
トルコはいくらなんでも寛容とはいえ スカーフとかは欠かさないんだろうな~
とか そんな認識でいたのに そんなマネキン需要あるのか……

……結構露出の高いドレス着せてみたり そもそも 洋服の陳列とは関係なく
マネキン売っている場所でもないだろうに ショウウィンドウでやたら
エロティックなポーズとらせてみたりして 逆に違和感を覚えていた私。

――仮説。 女性のラインをリアルでなかなか見ることができないから
男性陣はその辺のムラムラをマネキンを相手にして紛らわしている。
……なんか 若干ふざけて書いたような感じだけどリアルにありそうだから困る。

0304_20130116220221.jpg0305_20130116220220.jpg
なお この辺りの歴史的な意味を考え直してみるならば
元は キャラバンでシルクロードを通ってきたものを売っていたりしていたようで
イメージ・アラブの商人が泊まっていたといわれる中庭っぽいものも
混ざっていたりして その辺では結構異国情緒豊かだったりしていましたよ。

0306_20130116220220.jpg0307_20130116220313.jpg
ブルー・モスク。 尖塔が普通は二つか四つってパターンが多いらしいですが
ここはなぜか六つあるということらしいです。
――中庭に置いてあった模型一緒に乗せておこうかなと思った次第です。

なお この理由の方ですが ガイドブックに書いてあること――は
地元の方に言わせるとでたらめということみたいですね。

なお こちらの方 現役バリバリのモスク

――つまり 神聖なる空間ということでブログで上げるような場所でもないだろうと
いうことで中の聖なる空間の方はこちらに上げることはやめておこうと思います。

0309_20130116220312.jpg0310_20130116220312.jpg
代わりに キリスト教の教会だった場所をモスクにした結果
なんだかんだあっていい感じにそれらの文化が混ざった結果
現在は祈りの場所というより博物館となっているアヤソフィアについては
軽く写真乗せる程度はしておこうと思います。 個人的な倫理感。

まぁ 時代背景とかその辺が気になった場合はボクが語るのも
なんかアレな気がしますので 自分で調べていただければと思います。
……そのヒント的なことは書き込んでいくと思いますし。

TOP

買ってたよ~(他)

2013⁄01⁄22(火) 00:00
そういえば この前にまじめに記事作れたタイミングでしゃべっておこうとか
思っていたのですが すっかり忘れていたので今日書いておきますか。

特に今週一週間が、と言っても差し支えないかもしれませんが
とにかく テストの比重がすごいことになっているので ちまちまと
こんな感じで旅行の時に書き起こした原稿落としていくかもしれません。

まぁ 最初に飛行機乗った時の話は若干 いろいろと観光始まる前に
書き始めたせいか 迷子っぽい感じが強かったですが 基本的には
記事ごとで 大まかな場所みたいな場所はそろえる努力はしたつもりです。

で 確実に記事の個数は二桁行きますので 絶対このテスト週間に
出し尽くすことはないだろうと自分は踏んでいますが……

――そもそも 記述がいちいち細かいボクが二週間近くの旅程を済ませた結果
その日数よりも短い記事で終わらせる方が無理ってもんですよ  と あきらめてます。

毎月 大体20日前後に記事ネタがなくなって辛くなるというのが
今までの流れで結構ありがちだったので もしものときはその時に
ぼちぼちと流れていくような気もしますが まぁ なるだけ早く
処理した方がいいんだろうな~  みたいには思っていますがさてさて。

まぁ 下手したら氷が張ったヨーロッパの写真を夏に上げる羽目になりそうだな~
――みたいなことは 前もって宣言しておきますのでよろしくです。

一応 原稿自体は書き落としているのですが 画像縮小とかその辺の作業を
サボっているボクがいて 実際にサーバーに上げる作業が実はつっかえていまして
まだ 思うように上げきれていなかったりするのですが とりあえず
イスタンブールの内容は大方上げ終わっています。 何の報告かわかりませんが。

あと 勝手な予想で春休みにも深刻な記事不足とかできそうな気がするな~
――とか 思っていますが こちらに関してはこの先 一年後期の授業が
銅だった~  みたいな 若干この話と性質がかぶりそうな話もあるし……

……と したら 多分授業を優先して通すような気もするし やっぱりこの話
いつになったら終わるんだろうな~  みたいな長い期間にかけて
しゃべっていくことになりそうですが まぁ ヨロシクね??

――日本語にもならないお詫びから入りましたが まぁ 中身ともいえない
中身 さすがに書かないとまずそうですからね 本線に戻りましょうか。



あまりテスト週間ということで アニメネタとか書きにくい部分もあるのですが
まぁ 中途半端にないわけでもありませんので 書けるものだけ書いておこうかと。

シングル
あやちのシングル買いました。

――とはいえども さすがにずいぶん前。
上記のような理由もあり
なかなか書く機会が持てなくてね。

――まぁ 日付という概念が
この日記においてはかなり優先度低く設定されてますし
一応 ボクにしてはこの辺りの事故って
よくあることなんじゃないかって思うんだけどね。

ところで 「お前、限定盤買わないのか?」みたいなこと言われる方も
いるかもしれませんが いろいろと考えた結果 経済的に余裕というわけでもないし
結構シングル PCに取り込んじゃったあとは主にジャケット鑑賞するくらいしか
やっていない気もするし あまりDVDも部屋で見てないし……

ついでに 結果的にこのシングルでもそうだったのですが
表面に入れられている音楽より総じて 裏面に入れられている音楽の方が
ボクの波長に合うことが多かったりする――ってのも 結構大きな理由かも。

……と 言うことで 通常盤だけでも十分ボクにとっては役目を果たしていると
自己分析しているわけで。 ――まぁ この時期ならではの葛藤だと自負してる。

限定盤って言われて飛びつく前にいったん考える~  みたいなステップを
しっかり歩むようになったというのは 下宿してみて自然と身についた
賢い消費者の考え方なのかもしれませんが どこかオタク的意味では
引けを取っているように見えなくもない点が……  気になるんですがねぇ。

このいも
あと このいも最終巻(?)も買ってきました。

基本的に頭でごちゃごちゃ考える
たちの人間として 「この先こうなりそうだな」って
おとりの餌をぶらさげた上でそれを
うまく裏切ってくれるような小説って
個人的に結構好む傾向にあるんだな~ 
って 自分では思っているのですが。

尚且つ それがやたら理屈くさかったりすると若干 知識好奇心が刺激されますが
逆に それをしようとした結果 捻じ曲げた解釈みたいなことをしはじめたりすると
急に その熱が冷めたりする部分もあったりして 面倒な消費者だなって思います。

まぁ これに関しては 最後医学的とか法学的にとか理屈くさい決着ついてて
その辺は少なくとも 自分は美味く把握していない部分だったりしたわけで
変な意味でげんなりする~  みたいなことは起こりませんでしたがね。

ただ 若干アニメでも使用したセリフに込めてたわかりやすい伏線が
未回収のまま残っているのが気になりますが まぁ そのあたりについては
まだ短編が残っているようですし どうつながるか見てみましょうか。

……最終巻、とでも思ったか?  みたいな展開もあり得ますしね。

――そういえば このアニメから発端している誰の陰謀かわからない
妹アニメの侵略がさらに進んでいるようですね……  番組表見た限りだと。

とりあえず ボクが今季アニメで何を見ているか――とかいう話を
ここでつなげたいところなのですが とりあえずテスト勉強もあることだしということで
今まで押さえていた部分で 外国出ていたおかげで見れなかった部分は
ある程度フォローしましたが 新しいアニメはまだ見ていないという状態。

……まぁ 二月に入ってしまえば おそらくとって余るほど時間が
あると思われますし そのあたりでつぶしても問題なさそうだな~  なんて思って。

まぁ 何事にも優先順位があるんじゃないか、特にこの時期は~
――なんて 個人的には思うのですが その辺の価値観は人それぞれだよね?



オラしらん
先日見た一コマ。 JR四国って
刻印されていた電車が工場に出てたんでしょうね。

回送されているのを眺められた東海道本線にて。

――個人的には 四国にまともに
上陸したことないな~  なんてこと
この風景見ながら思いを馳せてみたり
していたのですが まぁ どうでもいいですよね。

TOP