2012年末反省会!④

2012⁄12⁄31(月) 07:00
今年の目標としてボクは今年の初めにどのようなことを考えていたのでしょうか。
――今年何が起こったのか考えてみると 直流回路で考えたならば
「志望大学、絶対合格」。  これに尽きるでしょう。

だとすると 今年の目標はなんとか達成できたと考えることができるのでしょうか。

ただ 人間目先の事ばかり考えてやっていてもすぐに迷子になってしまいますし
大学合格した後は次の目標を立てて新たな問題にチャレンジしていくべき……
……みたいなこと 結構言われているのではないでしょうか。

どうも。 今年最後の記事になりそうです――とはいっても
それ 堂々といつも以上に書いている本人にとっては遠くに投げたような感じの
保存記事になってしまう現状が少し申し訳ない気もするのですがね

さて ここ数日間は旅行に出かけている間の保険のために書いた
今年の反省――だけではなく 多分 普通に年末過ごしていたとしても
大方同じようなこと書いていただろうな~ とか思っている内容書かせてもらっています。

高校生(正確には今年の頭では浪人生でした)が大学入試を終えて大学生になった暁に
次の目標として定めるのはどのような社会人、もしくは院生になりたいかでしょう。

まぁ 自分の場合はれっきとした理系ですし 実際問題(世界そんなに甘くないと
言われそうな気がしますが)やりたい研究しながら生活していけたら
いいなぁと考えているわけで だとしたら当然ドクター目指しますよ。

だとしたら 少なくとも勉学に関してはこの辺の目標をもっと
明確に立てるべきだったのではないか……みたいな気がするのです。

元々ボク個人目標を立てたり計画立てたりするのを人の数倍
嫌がる節がなぜかありますので(理由はわからないけどなぜか受け付けない)
そのような言い訳がしたくなる気もするのですが だったらそうならそうなりに
それなりのフォローできるような体制を整えておくべきだったのではないかと。

個人的には うまくこの辺日本語にはなっていませんが
今年の間にバイトが見つけられなかったのと同じくらいのレベルで
「今年やらかしてしまった」出来事の一つに上げたくなる感じです。

おかげで まぁ 大学受験(と 言うか浪人生活という方が妥当?)が終わって
結構気が抜けた緊張のほどけた一年間だったのかもしれませんが
結構勉強も漫然と過ごしてしまったのではないかという自己反省も。

基本的に 自分が今まで掲げてきた勉強に関してのモットーが
「やることはやる、けど、さっさと終わらせてさっさと遊ぶ」みたいな
完全に遊ぶことに軸足おいていた思考で持たせていたのが原因だと考えていますが。

なので 面白いくらい忠実に宿題はそれなりに妥当に片づけるけど
授業中などで「自分で確認してくださいね」みたいな言い方になると
その内容は基本的に自分から進んで確認するようなことはしない。

ドリル集みたいなものがあったとしても それが宿題という形とか
わかりやすく「テストに出るよ」みたいなキーワードが働かないと
その課題には絶対に手を付けないというわかりやすい反応がそこにありました。

……とはいえ とりあえず学科の中ではそれなりにまじめな立ち位置で
勉強している人間の一人に見られているようですが もう少し中身的な意味で
濃いものが作れたのではないかって個人的には思っているのですがどうなのでしょうか。

基本的に言われることとして 大学は自分で学ぶものを見つける場所だといいます。

今まで「お勉強する」立場でいたならば 「やること」と「やらないこと」というものが
結構はっきりしていたものですからこれでいてよかったのかもしれませんが
この先 研究者として生きていこうと決めた場合にこのポリシーはどうなるのでしょうか。

これが絶対にまずいということはないかもしれませんが
そろそろちょっとずつ修正する機会を設けていく必要があるのかもしれません。

――まぁ 言い訳をここで加えておくのだとしたら 結構多くの人間が
「自分で学ぶものを見つけ」られなかった結果 授業に遅れるようになり
だんだんと出席しないようになり……みたいな光景が見られたのも
大学の一つの象徴的な光景なのかもしれないな――みたいなこと。

その辺考えれば しっかり朝も同じ時間に起きるし 基本的に
授業に遅刻することもなかったし その辺の生活習慣はしっかりしてるよね!!!
――生活習慣は、ね??  みたいな。  生活習慣やリズムは大切にやってます。

あと この考えに至るきっかけは上記と同じようなものがあるのですが
結果的に今年の間に学科の教授の研究室に押し掛ける機会を
全く得ないままで終わらせてしまった点 とてももったいなかったなと思います。

せっかく第一志望に受かったからには その大学の先生の
実験内容とかを身で感じる体験をしてもよかったのでは――って 今になって思うのです。

まぁ 今のしがない大学一年生って立場で、しかも特別頭がいいとか
そんなわけでもないのに 当てもなく教授の部屋に突撃する勇気を
持ち合わせた人間ではないな、自分。 みたいな自覚もあるわけですがね。

……でも この一年のどこかでその重い扉を開く勇気を手に入れたかった。
――そして 今この場でここまで書き込むことで若干
自分にハッパを書けようとしている自分がいるのも――まぁ 事実ですよねwww



さて これまでいろいろと今年一年を振り返って
思いついたことをぺらぺらとしゃべらせてもらいましたが
全体的に考えて ボクの人生における大きなターニングポイントとして
2012年が位置づけられていた、ということは事実です。

生活をする、自活をするみたいな意味で なんとか今年の間に
いい方向に曲がり切れたものもあれば 今日上げたもろもろに関する
勉学への向き合い方など まだ態度が決まりかねているものも存在します。

まぁ これが正解みたいな向き合い方が必ず存在しているとは
さすがにボクも考えてはいませんが できるだけ早く
いろいろな意味で このターニングポイントをうまく切り抜けたいなと考えています。



原稿においてもいろいろと長く書かせてもらいましたが
ボクもここらでそろそろこの日記における今年最後の文章として。
――そして、来年が皆さんにとって良い年でありますように……。

TOP