六甲颪

2012⁄12⁄05(水) 00:00
とりあえず――キリ番近くなってきたみたいなので踏んだ方がいたら
コメントなりで報告いただけましたらうれしいです。 てか、全力でよろしくおねがいしますです!!!



山街
12月に入りまして 街の方にもイルミネーションが全開になってきたようですが
なんか 見た感じだと山の上の方はまだ 紅葉が楽しめるようで。

……そういえば 朝のNHKニュースにおいても 歴史がある場所の紅葉の特集を
11月の最終週に放送していたような気もするし
なんか 12月に紅葉の盛りってのも何かおかしい気がしますが そんなものなのかしら。

――ちなみに 大学構内の様子を見てみますと 主に葉っぱがすでに
落ちてしまっているように見えるのは…… 木の種類の問題でしょうか。
……基本的に ボクが見てとれるのは桜の木ですからね~
と なると 山の上の方で見ごろになっている木というのは何になるのでしょうか。

まぁ それを言うなら 春に桜が咲いていたような気がする木に関しては
結構早い段階で散ってしまっている気がしますし
「そーゆーもん」って認識しておいた方がいいのかもしれませんね。

で その散った桜の葉っぱの代わりに 葉っぱが落ちた木に
電飾がめぐらされて 結構街が明るい感じになっているというのも
12月ならでは、といったところなのでしょうかね。 12月には光の華が咲く。

まぁ これに関しては三宮某所になるわけですが 神戸のこの時期
電飾というキーワードで考えてみますと そろそろ「ルミナリエ」の
足音が近づいてきていることになるのですが……
……少なくとも 今のボクにしたら これらのイベントとは縁がなさそうだなぁ。

……まぁ これが主にこの写真使ってしゃべりたかったことですが
ふと こんな感じの写真撮るだけでも 大学周辺の勾配が見て取れるな~
……みたいな 自分の大学に対する畏れみたいなのも同時に生まれていた模様です。

基本的に 大学への登校を ボクに限らず「登山」と表現している人は
非常に多いみたいですが なんとなく「リアルに山に張り付いている」点
……なんとなく わかりません??←何が言いたいのか本人も理解不能www



とりあえず 昨日は垂水のアミパラ行ってきたみたいな話題を書きましたが
それの足は当然というかなんというか 結果的に自転車で突撃した形になります。

基本的に 基本的に基礎体力は(自分で言うのもなんですが)悪い方ではないですが
いろいろと不器用で 球技なんかをやれば「宝の持ち腐れ」という
言葉の意味がよくわかるくらいの運動音痴[違う意味で]な ボク。

とりあえず 基本的に自転車乗り回す際には「スポーツ」というくくりではなく
「あくまでも料金なしで機動力をあげる手段」としてボク個人認識して
あくまでもここからガチスポーツに昇華させないようにしているつもりですが。

――まぁ そのボクの感じ取り方みたいなのは別にいいにしても
夏と比べて温度も大きく下がりまして 普通にいくなれば文字通り
「オーバーヒート」の心配をしなくていいという意味では非常に動きやすい時期です。

――だから つい最近まではこの時期の間に全力で行きたいところへ
行ってしまおう!!  みたいな機運があったのは事実なのですが
ここで 神戸引っ越し一年目という事実を再認識する羽目になりまして。

ところで 少し話は飛びますが「六甲颪(おろし)」って知ってます??
正式名称「阪神タイガースの歌」。「六甲おろし」とも表記される。
作詞:佐藤惣之助、作曲:古関裕而
――って 意味の方もありますが 今回はこちらの意味ではなく
10月から2月ごろにかけての寒い季節に、六甲山から阪神地方に吹き下りる寒冷な北風。
かなり強く、時に突風となる。
阪神地方名産の灘の清酒の仕込みにはこの風がもたらす寒さが欠かせない。
こちらの意味合いの方。 原意と言っていいのでしょうか??

因みに 余談ですが今関西人に住んでいるからと言って六甲おろしのうたの方
全く歌えないのっぴぃさんです。 おそらく阪神ファンでもないです
――と 言うか 野球に関しては興味持たずに暮らしてきた気がします。

……まぁ これはいいとして 今回行こうとしている場所は
それなりに勾配の高いところにあるわけで その意味で
今までちまちま行っていた 港町・明石に出かけるのとはわけが違う
……みたいなことは ある程度覚悟していったつもりだったのですが……。

その覚悟よりも正直効いたのはこの「六甲颪」。 多分あのバカみたいに
激しかったあの突風は六甲颪と見ておかしくないでしょう……。

ひとまず 下り坂でもペダル踏み続ける羽目になりましたしね……
さらに言うならば 途中までは明石に行く時と同じコースをたどっていたのですが
須磨らへんで断崖絶壁の一の谷の前を走ることになっていたのですが
海風・山風の影響も相まって この辺りでなんか すごいことになってました。

しかも なんか自分が行動する際はなんだかんだでこの流れが多いのですが
自分が走る方向に限って なんかウザったいほどに向かい風になってくれるんですよね。

――世の中には 「雨男・雨女」と自称している人たちがいます。
この人たちがそのように自称する理由を 自分が何か特別な行事で動くたびに
大体その天候を雨天にしてしまう能力であるという根拠にしているのならば
同じように照らし合わせると自分は「風男」と自称してもいいでしょうか??

……なお 自分は普通の天気であらわすならば 親戚からの評価は「晴れ男」。
この意味合いを含みながら 自分の天気に関する特性については
「風で雨雲を吹き飛ばす」的な認識でいるのですが。 ……完全な余談です。

まぁ そんなわけで アミパラ行って店舗アイテム獲得戦争を
一通り終わらせたみたいな意味合いと この時期に自転車での山道敢行は
いろいろと無茶があるということを心から里悟った経験となったわけですね。

グラコロ
まぁ この時期だから、
あと ポテトが安売りされているからって
理由もそれなりに考えられると思うのですが
グラコロをクーポンで安買い。

ついでに そのポテトかじりながら
その時の昼食を済ませたようです。

まぁ 下宿にやってきまして グラタンもコロッケも考えてみたら
あまり食べた記憶がないなぁ――と 言うことで なんか必要以上に
感動を覚えながら食べていたような気がします。 なんか、恥ずかしwww

――まぁ その包み紙がもう切れてしまったよ~  みたいな
感じになっている点についてはいろいろと気にしないようにするとして。

マックのポテトが安売りになっている間は それ使っていろいろと
腹膨らませられるし 非常に汎用性があって助かってます。 いや、マジで。

TOP