2012年末反省会!④

2012⁄12⁄31(月) 07:00
今年の目標としてボクは今年の初めにどのようなことを考えていたのでしょうか。
――今年何が起こったのか考えてみると 直流回路で考えたならば
「志望大学、絶対合格」。  これに尽きるでしょう。

だとすると 今年の目標はなんとか達成できたと考えることができるのでしょうか。

ただ 人間目先の事ばかり考えてやっていてもすぐに迷子になってしまいますし
大学合格した後は次の目標を立てて新たな問題にチャレンジしていくべき……
……みたいなこと 結構言われているのではないでしょうか。

どうも。 今年最後の記事になりそうです――とはいっても
それ 堂々といつも以上に書いている本人にとっては遠くに投げたような感じの
保存記事になってしまう現状が少し申し訳ない気もするのですがね

さて ここ数日間は旅行に出かけている間の保険のために書いた
今年の反省――だけではなく 多分 普通に年末過ごしていたとしても
大方同じようなこと書いていただろうな~ とか思っている内容書かせてもらっています。

高校生(正確には今年の頭では浪人生でした)が大学入試を終えて大学生になった暁に
次の目標として定めるのはどのような社会人、もしくは院生になりたいかでしょう。

まぁ 自分の場合はれっきとした理系ですし 実際問題(世界そんなに甘くないと
言われそうな気がしますが)やりたい研究しながら生活していけたら
いいなぁと考えているわけで だとしたら当然ドクター目指しますよ。

だとしたら 少なくとも勉学に関してはこの辺の目標をもっと
明確に立てるべきだったのではないか……みたいな気がするのです。

元々ボク個人目標を立てたり計画立てたりするのを人の数倍
嫌がる節がなぜかありますので(理由はわからないけどなぜか受け付けない)
そのような言い訳がしたくなる気もするのですが だったらそうならそうなりに
それなりのフォローできるような体制を整えておくべきだったのではないかと。

個人的には うまくこの辺日本語にはなっていませんが
今年の間にバイトが見つけられなかったのと同じくらいのレベルで
「今年やらかしてしまった」出来事の一つに上げたくなる感じです。

おかげで まぁ 大学受験(と 言うか浪人生活という方が妥当?)が終わって
結構気が抜けた緊張のほどけた一年間だったのかもしれませんが
結構勉強も漫然と過ごしてしまったのではないかという自己反省も。

基本的に 自分が今まで掲げてきた勉強に関してのモットーが
「やることはやる、けど、さっさと終わらせてさっさと遊ぶ」みたいな
完全に遊ぶことに軸足おいていた思考で持たせていたのが原因だと考えていますが。

なので 面白いくらい忠実に宿題はそれなりに妥当に片づけるけど
授業中などで「自分で確認してくださいね」みたいな言い方になると
その内容は基本的に自分から進んで確認するようなことはしない。

ドリル集みたいなものがあったとしても それが宿題という形とか
わかりやすく「テストに出るよ」みたいなキーワードが働かないと
その課題には絶対に手を付けないというわかりやすい反応がそこにありました。

……とはいえ とりあえず学科の中ではそれなりにまじめな立ち位置で
勉強している人間の一人に見られているようですが もう少し中身的な意味で
濃いものが作れたのではないかって個人的には思っているのですがどうなのでしょうか。

基本的に言われることとして 大学は自分で学ぶものを見つける場所だといいます。

今まで「お勉強する」立場でいたならば 「やること」と「やらないこと」というものが
結構はっきりしていたものですからこれでいてよかったのかもしれませんが
この先 研究者として生きていこうと決めた場合にこのポリシーはどうなるのでしょうか。

これが絶対にまずいということはないかもしれませんが
そろそろちょっとずつ修正する機会を設けていく必要があるのかもしれません。

――まぁ 言い訳をここで加えておくのだとしたら 結構多くの人間が
「自分で学ぶものを見つけ」られなかった結果 授業に遅れるようになり
だんだんと出席しないようになり……みたいな光景が見られたのも
大学の一つの象徴的な光景なのかもしれないな――みたいなこと。

その辺考えれば しっかり朝も同じ時間に起きるし 基本的に
授業に遅刻することもなかったし その辺の生活習慣はしっかりしてるよね!!!
――生活習慣は、ね??  みたいな。  生活習慣やリズムは大切にやってます。

あと この考えに至るきっかけは上記と同じようなものがあるのですが
結果的に今年の間に学科の教授の研究室に押し掛ける機会を
全く得ないままで終わらせてしまった点 とてももったいなかったなと思います。

せっかく第一志望に受かったからには その大学の先生の
実験内容とかを身で感じる体験をしてもよかったのでは――って 今になって思うのです。

まぁ 今のしがない大学一年生って立場で、しかも特別頭がいいとか
そんなわけでもないのに 当てもなく教授の部屋に突撃する勇気を
持ち合わせた人間ではないな、自分。 みたいな自覚もあるわけですがね。

……でも この一年のどこかでその重い扉を開く勇気を手に入れたかった。
――そして 今この場でここまで書き込むことで若干
自分にハッパを書けようとしている自分がいるのも――まぁ 事実ですよねwww



さて これまでいろいろと今年一年を振り返って
思いついたことをぺらぺらとしゃべらせてもらいましたが
全体的に考えて ボクの人生における大きなターニングポイントとして
2012年が位置づけられていた、ということは事実です。

生活をする、自活をするみたいな意味で なんとか今年の間に
いい方向に曲がり切れたものもあれば 今日上げたもろもろに関する
勉学への向き合い方など まだ態度が決まりかねているものも存在します。

まぁ これが正解みたいな向き合い方が必ず存在しているとは
さすがにボクも考えてはいませんが できるだけ早く
いろいろな意味で このターニングポイントをうまく切り抜けたいなと考えています。



原稿においてもいろいろと長く書かせてもらいましたが
ボクもここらでそろそろこの日記における今年最後の文章として。
――そして、来年が皆さんにとって良い年でありますように……。

TOP

2012年末反省会!③

2012⁄12⁄30(日) 07:00
年末といえば――ボクの日記にかかわらず今年一年どうだったのか??
――みたいなコンセプトで記事を考えている人多いですよね??

……自分の場合 周りを見ながら記事内容を考えるみたいなこと
……今年の場合特にそのようなことができなかったので 自分だけが
少々浮いているみたいな展開になっていないか不安だったりするのですが……

――または、ボク、時代の先端を生きているのかな??←無視してください。

――まぁ そんな冗談はいいとして同様のコンセプトで進めて行きたいです。
ひとまず 昨日は「一人暮らし」を進めるうえでそれなりに
自炊そのほかの家事については期待通りまたはそれ以上できているのではないか
みたいな自負と周りの反応について書かせてもらいました。

まぁ 今日最初はそれ以外の部分における時間の使い方はどうなのかみたいな。

昨日書いた生命活動で必要そうな話題に関しては それなりに自分でも
自画自賛しているような内容が目立ったわけですが そのほかのフリーの
時間に関してはさて どうなんだろうって気になるところ。

まず これは一概にいい悪いという風に判断できないのかもしれませんが
大学におけるサークル活動についてはほぼ 幽霊としている現状について。

まぁ 人それぞれその優先順位がいろいろあってもいいのかもしれませんが
あえてここで自分に対してもう一度疑問を投げかけてみたいと思いました。
……本当に この今までの友人との接し方でよかったのかみたいな。

考えてみたら さっき書き上げた年賀状の宛名 こちらに来てから
増えた数って結構絞られているんじゃないかなって思ったわけですが。
……本当に限られた人間としかかかわらずに生活してきたんだなって改めて思い直す。

ついでに あまり今年の間も使われることなく部屋に置かれている
サックスの存在がそろそろ悲しくなってくるころでございます。

――家事とかその辺を頑張るあまり その辺の人と時間を決めて行動することが
出来なくなった結果 他人とそれこそコミュニケーション取りながら
やって行かないといけないこの辺の楽器がやりにくくなった感もありますね。

まぁ 自分のコミュニケーション能力が相当欠如しているというのも要因ですが
はたして これだけで済むのかについては自分に対しての質問にしておきましょう。

他に この一年過ごしてきた中で起こったことで結構時間を食っているものとして
QMAみたいなものもあったりしますが これもこれで
一つの趣味の時間だととらえておけば まぁ なんとか収まりがつくかしら。

「趣味はクイズゲームです」って言っておけば ここで今までの
この部分における行動はそこまで大きくそれたものではなくなるのではないかと。

このゲームに費やす資金を増やすために何をやったのかということを考えれば
その動機だけでいろいろなプラスの要因も引き出しているという考え方をすれば
この一見とてもバカバカしく見えかねない行動にそれなりの意味が持たせられますしね。

自炊を続けるモチベーションがこのクイズを楽しむための
資金を用意するためだととらえることができますし 同じような理由で
自転車を使っての行動が非常に多くなっていることを説明しています。

自炊その他の家事がそれなりにできることを少なくとも今のボクの立場
「下宿生」の間なら悪く見る人はそう多くもないとは思いますし
高校までとは違って体育の時間が無くなってしまった今 自分から積極的に
運動しないと体に悪いですが このおかげで適度な運動時間が確保できています。

しかも それらを自発的に自然な流れで取り組むきっかけになっているあたり
非常にありがたいと発言しても差し支えないのではないでしょうか。

ただし この点で忘れてはならないのはまだ 一寸たりとも
仕送りその他のもらったお金でしか自分は行動していない点。
……大学生たる者社会勉強も兼ねてアルバイトに励むのも一つなのではないかと。

この一年間の行動においての大きな反省点の一つとして 結果として
まだアルバイト始められていない。 始めるきっかけすらつかもうとしていないという
超消極的な態度があげられるのではないかと自覚しているつもりです。

まぁ なんだかんだで言い訳にする原因があったのも事実ですし
実際 それがバイトを探す前に立ちふさがる障壁になっていたかもしれません。
――つまり 大きな期間開けなきゃいけない日程があったということ。

夏の帰省――に関しては 直接この要因には触れません(神戸に何も用事がない間
ゆっくり羽を伸ばした結果 ひと月近い滞在期間になってしまっただけ)が
その直後に訪れた免許合宿の日程や この海外旅行なんかは
結構前から見えていた大きな日程の空白期間だったわけで。

このような状況が見えているのをわかっていながらそれなりに長期間
日程を必要とするバイトを探す気力がわかなかった――みたいな書き方をすれば
完全に言い訳としか取れませんが これみたいな要因は非常に大きく。

逆に言えば この先はひとまず 大きな旅行も見えていませんし
既に車の免許みたいなのも取得してしまったので この意味では
障壁となる日程はもう詰まっていないことになります――テスト週間を除いては。

……と 言うことを考えると 1月はテストが忙しいからいいとしても
2月からの冬休み(春休み?名前がわからん。)に関しては
それなりにまじめに仕事探ししなきゃいけない流れなんだろうな~  とか思ってみたり。

今までの状況と違って 新学期に向けての塾の需要とかも増えそうですし
その辺の仕事も確認できたりできそうな気がする点
選択肢も増えそうですしね。 ――今度こそはしっかり見つけたいところ。

……に近い言葉を何度も今まで発しているような気がするのは気のせいということで←

では 逆に考えてそのようなバイトをする時間はあるのでしょうか??
自分の生活を振り返ってみてかなり早くに目が向く無駄な時間。
それが ボクがくみん先輩ばりに昼寝時間を確保している点。

……後から考えて、と、言うかそれやりながらも実際に
この時間をほかの何かに生かせなかったのかって考えることがしばしばあるわけで。

元々ボク 何もないと昼寝する習慣があったりなかったりするのですが
本当にこれが必要なのか否か 自分の事ですが非常に気になる次第です。 えぇ。

TOP

2012年末反省会!②

2012⁄12⁄29(土) 07:00
どうも。 記事のコンセプト的な意味では昨日と今日で大きな隔たりはありませんが
本日も(前から予告していたような気もしますが)今年の反省的な。

――まぁ こちらの事情も少ししゃべらせてもらうとなると
神戸に来て~  みたいな地元自慢的な話は別に前々から
書いてみたとしても大きな問題は生じないわけですが こんな感じで
いざ「今年のあれこれをまとめてみよう」みたいな感じになってくると
さすがのボクでも違和感を覚えるってもんですよ……

……そんなわけで 昨日上げている記事内容がどうなっているのか全く
ボクの頭の中に残っていないような状況でスタートです。

とりあえず 昨日の内容は大雑把に自分が住んでいる身の回りの
背景がどうこうみたいなことざっくり書いたような気がするから
今日は自分自身の行動――所謂「しっかり下宿生活できているか」という問題を。

――まぁ 自分的にはその場しのぎみたいな感じになっていて
いろいろと小さなものとか見逃している気がしなくもないですが
畏れていたよりは幸先良いスタートを切れているのではないかという自負。

一通り 一人暮らし始めて挫折するのならば もうとっくの昔
――半袖が終わるころにはすでに心おれているでしょうから その辺考えると
まだ週末のたびにカレー煮込んだりして料理しているボク
結構粘っている方に分類できるのではないでしょうか……ね??

まぁ 逆にここまでやりきったならばおそらくこの先になって
一人暮らしの家事のあれこれについてでこけることはないのではないか
……みたいな見方を個人的にしているのですが実際どうなることやら。

まぁ 掃除みたいなものに関しては若干おろそかになりがちな部分がありますが
実家で暮らしていた時が 基本的にきれい好きな母のおかげで
清潔に保たれていた家の中に存在した唯一の汚点として機能していた
ゴミ屋敷だったことを考えると これでもよくなった方なのかもしれません。

――まぁ 実家時代はボクの心自体が荒れていた部分も考えてみると
その辺 「掃除能力がからっきしない」からゴミ屋敷になったのではなく
「掃除するような余裕がなかった」みたいな分析も可能ではあるのですが……

……まぁ ともかくあの時は過ぎ去った刻として心に刻むだけにしておきましょうか。

掃除関連で言うなれば やるときにドッとやるスタンツでいるのはいいにしても
雑巾がけとかの細かいものを一向に手を付けない感じになっているので
棚とかに結構埃が溜まった状況になっているのではないか……みたいな。

自分の部屋の家具で天板が黒色をしているもの 考えてみたら結構あるので
そのあたりが多少気になる部分だったりするのですが……

結果的に 師走のゴダゴダもありまして あまり有効な大掃除
できないまま年の瀬を迎えてしまったというのも一つの反省点。

ついでに 実家から送られてきたりする段ボール箱を「いつか使うかもな?」
みたいな それこそゴミ屋敷作る人間と同じような発想で
ため込んでいたりした時期もあったりして その時は物品がすごいことになってました。

……この辺考えると 資源回収のある前後で部屋のスッキリ具合が
さすがによって月によっては替わりますが様変わりすることがあったりなかったり。

スッキリ具合って意味合いで考えるならば 冬になって毛布やら上着やらが
部屋に散乱する機会が増えて 夏よりもここ最近は散らかっているような印象があります。
――まぁ これらをハンガーにかけてみたりベランダに干してみたりすれば
それなりに片付いているように見える部分もあって それは季節の変化なのかなとか。

――ちなみに 季節の調度品という意味合いで考えるならば
ただ今現在のボクの部屋は 「暖房器具」と言えるようなものは設置しておらず
それはおろか まだ扇風機が我が物顔で部屋の隅を占領しているような感じで

……考えてみたら 部屋の物品という意味合いでは季節感が全くないことに気が付いた。

下宿にコタツを置く人って結構多いみたいですが ボクもそれを検討した時
「こたつむり」と化して 完全にそこから出られないダメ人間となることが
用意に想像できたので 導入を見送ったという経緯があります。

それに 個人的に暖房使わなくてもひざ掛けくらいで十分やっていけますし
実際 クーラーの暖房も使っていません――と 言うか
車の免許取りに行っている間に引き抜いたコンセント挿し直していませんし。

風呂掃除が若干手抜き気味に最近なっている点は少し気になるかもしれません。
――銭湯行ったりしてこの浴槽見る機会が減ったからかもしれませんが
結構カオスな惨状がそこに広がっていたりして…… 怪談ですね。

まぁ 全体的にまだ神戸での季節を一周させていませんし
この先いろいろとわかることがあるかもしれないので この段階で
ドヤ顔して結論言うことはできないだろうな、もう少し気を引き締めて
とりあえず 四月を迎えられるように一人暮らしやって行きたい。

……みたいな感覚で構えていけばいいんじゃないかなって考えています。



因みに 周りの反応ということで 先日親から聞かされた話を軽く付け加えてみようと。

父親(大学時代は下宿やってた)によりますと とりあえず一人暮らし
させてみたはいいものの 早々にあきらめるだろうと踏んでいたようで
未だにそれなりの一人暮らしを成り立たせていることに驚きを隠せずにいるようで。
「俺は早々にリタイアしたぞ?」だ、そうです。

個人的には 父親しっかり一人暮らしやりきったような言い方していた記憶があったので
いろいろと違和感を覚えていたのですが この伝言を伝えてくれた母曰くには
早々に料理に限界を覚えて学食の常連になっていたらしいです。

……なるほど。 普通の大学だったならば 学食にこのような使い方があったんですね。

ただ 神戸大学の場合はほとんどの施設が山の上にある関係上
食べに行くたびに登山するくらいだったら自分で作った方がいろいろと楽
……みたいな神経が単純に働くため このような生活になったようです。

ついでにすごく最後にダメ人間的なことを加えるとするならば
ここで御金浮かせておけば 結構遊ぶ金が増えるじゃないですかwww
――みたいな汚い心理も結構見え透いているのですが……仕方ないよねwww

TOP

2012年末反省会!①

2012⁄12⁄28(金) 07:00
こう 宣告することになったのは割と最近だった気もしますが
一応このような時期に海外旅行する羽目になるということくらいは
ボク個人的にはそれなりに前から一応わかってはいたつもりだったのですがね。

――で 一応海外に行くってことですから その間のネット事情も分かりませんし
とりあえず 大量に保存記事作らなきゃいけないって覚悟まではできていたのですがね。

……まぁ その覚悟ができているのとそれだけの量の保存記事を調達できるかは
また別問題ということなのですが 今回の場合は割と運がいいことに
時期的な背景で今年の反省とかその辺を書くことで何とか数日分粘れそうですね。

――という背景の元 とりあえず今年を振り返ってみようみたいなことやってみようかと。

にしても 今年は一人暮らし始めてみたりそもそも大学生に無事なれたりと
なんだかんだで人生における一つの大きなターニングポイントになる可能性の
高い年だったわけなのですが じゃ その地元の話題からでもいいですよね。

……てなわけで とりあえず最初は一人暮らしにおける地元自慢から。
――単純にそれが一番書きやすかったってだけで この後も基本思い出した順に行きます。



ひとまず 四月からこの神戸市に住ませてもらった感想として
かなりたくさんの一般的な意味での見どころとかがギュッと濃縮されて
少し歩くだけでもかなり中身の濃い風景を見ることができるなというのを抱いています。

主に 自分が交通費を浮かせるために自転車を多用して移動していた
――別名;サイクリングともいう――影響もあり この辺の風景に関しては
いろいろと低い目線で見つめることができたのではないかと自負しています。

大雑把な地形の部分から書かせてもらいますと 神戸は港町。
――当然のように 海に面しているわけですが それと同時にせり出す六甲山に
張り付いているというおかげで 北側に関してはちゃっかりハイキングも楽しめる
「山」という側面も併せ持っているいいとこどりの立地、とでもいうのでしょうか。

さすがに100万都市の一つですから(確か)それなりのアーバンライフも
三宮に行けば味わえます。 三宮には結構大きな繁華街やオフィス街もありますし
少なくとも千葉市よりはなんか「都会」って感じはしますよね。

まぁ それで飽き足りないなら大阪に出れば本格的にアーバンライフですし
それを「反則」って目くじら立てるほどの距離があいているわけでもないですし。

そこから少し北に上がって行けばそこには異人館が立ち並び
どこか日本らしからぬ風景が漂っていたりするのも見どころ。
――みたいな意味では それはそれで単体で観光地のような部分も成り立っています。

まぁ それの影響で 夕方には教会の鐘の音が響き渡ってみたり
街の中にモスクがあったりと 街の中に日本にしては珍しい建物があったり
そもそも 街の中にいる外国人比率が割と高かったりという違いもあります。

まぁ それだけでもなく観光地として 北の方には有馬温泉(これも神戸市内)もあり
これは問答無用で観光業で栄えているといってもおかしくないでしょう??

まぁ これに関しては 別に山越えしていかなくても ぶっちゃけますと
自分の下宿周辺を歩くだけでも ちょっと庶民的な銭湯の空気すら漂いますが
ぽろぽろと天然温泉を引いたお湯が沸きだしていていたりもするわけで。

おかげで ここ最近の冬 自分の部屋のお湯を張るわけにもいかないから
銭湯に行こう、みたいな空気になった時には 必然的に「温泉入浴」という
アンタ、どこのおぼっちゃまやねんみたいな状況になっているのも事実だったり。

その他 義経の鵯越とかも神戸にありますし 今年の大河ドラマで有名になった
平清盛の史跡なんかが神戸にも転がっていて 歴史的な背景もバッチリ。
――虎の威を借りるなら 奈良や京都と姫路にもアクセスバッチリですから
歴史好きに関して言っても差し支えないレベルの要素を抱えていると言えます。

臨海部については 立派な港があるのはもちろんのことそれなりに工業もやっていますし
一応 ボク自身はまだ未成年なのでその恩恵にあずかっていない(今後も
預かるかどうかは不透明ですか)下宿周辺「灘」というのは
お酒がうまいことで有名だったりして その辺の名産もあったりするわけで。

まぁ 臨海部に工業……みたいに書いたらなんかイメージがアレな気が
しなくもないですが 市内の西の方に行ったりすると 和歌なんかでも詠まれている
海が本格的に顔を出してみたり 普通に海水浴場があったりしてますし
しっかり海のレジャーに関しても忘れられているわけではありません。

――もう少し足を延ばして明石市まで行ってみたならば漁港まで完備していますし
橋を渡れば淡路島。 こちらも漁業とか盛んですよね。

一応 そのほかにもアミューズメント的な意味合いのある施設を考えてみると
上記の周辺には水族館が普通にあったりしますし 王子公園の方には
パンダが飼育されていたりしているはずですし この辺りも抜かりがありません。

……みたいなところがボクが直接チャリで漕ぎ出してみることができた景色の
ダイジェストだったりするわけですが それだけでかなり多くのものを
……しかも 所詮折りたたみで漕ぎ出せるレベルという大きな制約があるにもかかわらず
かなり多くの種類の風景を眺めることができるこの街のすごさは異常だと思います。

ぶっちゃけて ざっと考えてみる限りだとボクが今年に主に回った範囲内で
見ることができなかった景色って「田園風景」といえる光景くらいじゃないでしょうか。

とはいえ 一応この辺りの光景についても考えてみたら 山をこえた
有馬の周辺らへんについては 確かそれなりに農業やっていたはずですし
(ぶっちゃけ こちらの方が面積広かったりするわけだけれども)
ブランド牛として丹波牛――てか 神戸牛があったりしますよね。

って 意味で考えてみると 神戸って相当贅沢な街なんじゃないかって思います。

まぁ ボクには直接まだ 関係する話ではないですが いわゆる夜景も
「100万ドルの夜景」と称されるレベルですから集客力もバッチリ。

ただ あえて難を言う部分を挙げるとするならば とにかく山に張り付いた
場所にある街なので 勾配に対する耐性がないと 生活していくのは困難かと。
――逆に それなりの脚力を持っているならば これほど暮らしやすい街はありません。

一応 こちらに来る直前あたりに 母親からいろいろと話を聞かされて
それなりに胸を躍らせて――入学直前で浮かれていたのも含めてだけど――
やってきたわけですが 第一印象としてはそこまで裏切られることもなく。
……みたいな感じで とりあえず地元自慢としてはいいでしょうかね???

TOP

忘れたころに02

2012⁄12⁄27(木) 06:00
200.jpg
……本日も 基本的には先日書いた
洞窟ネタでのコンセプトに沿った画像を
ただ垂れ流す

――いつもボクは
基本的に無駄に文章を書く傾向にありますが
最初の言い訳以外は
ほとんど文字を書かないという
真逆の事やってみようと。

理由も一応書きますと 旅先からインターネットにつないで
こちらの方を閲覧することが可能であるのか……はたまた
セキュリティ的意味でも なかなか心配な部分があるからして。

一応 名所……という目線で垂れ流すのだとしても 明らかに公式っぽいところの
二番煎じっぽいものになりますし 同じようなものを流さざるを得ませんが
一応「ボクがなんとなくワイルドっぽいと思った」視点で貼らせてもらおうと。



201_20121021223601.jpg202_20121021223601.jpg
203_20121021223600.jpg
この時期に書置きしているものは 基本的にはいつも以上に
何も意味をなさないと思っていただいても結構だと思います。

――とはいえ 受験期に残していた話は大方 大学に入ってしまえば
過去の産物になってしまうこともわかっていますし バランスが難しいですね。

ところで この辺の鍾乳洞はまぁ 漢字から見ても明らかに洞窟なのですが
個人的には 洞窟って言われて想像するものって 基本的に
相当狭いような印象があるじゃないですか。

――でも この辺の鍾乳洞って 結構広さもあるんですよね。
……昨日てっぺんで開けていた入り口の写真とかでもそんなイメージあるけど。



後は 鍾乳洞の形成的な意味を考えると この中に川が流れていることは
半ば当たり前のことなのですが 水が流れているように岩が流れている――
――そんな風なイメージが湧くような画像もそれなりにあったので これまたなんとなく。
204.jpg205_20121021223559.jpg
206_20121021223559.jpg207.jpg
208_20121021223756.jpg209_20121021223755.jpg
210_20121021223755.jpg211_20121021223754.jpg
画像サイズ合わせるくらいの配慮はやっておけばいいなと終わってから思いました。
――でも あまり時間とか労力とかが湧かなかったので このまま放置しました。

……A型とは思えないようなセリフを堂々とのたまうボクです。

TOP

アドベンチャー会話集(仮)03

2012⁄12⁄27(木) 00:00
とりあえず 画像が用意できたならばやっておくに越したことはないでしょう。
……最悪 今年の末にはいろいろとブログ的には大変なことが待ち構えているので……

みたいな 今ワープロ叩いている当時のボクの気持ちもついでに吐露しているのですが。

――なお 約一回 最初の「よう」の部分を取り忘れて
この回に画像用意できなかったキャラがいるのですが これに関しては
また後日 リベンジする機会があったらやって 同じようにいじるかもです。

――一つのコースでイベント会話しているキャラになると
どうも こんなタイミングで出会うタイミングを逃してしまうというかなんというか。

個人メモ
ルキアシャロンクララアロエレオンセリオスカイル
ラスクマラリヤサンダースユリタイガヤンヤンユウ
リエルアイコメディアミューハルトマヤリック

TOP

忘れたころに01

2012⁄12⁄26(水) 06:00
100.jpeg
――誰も覚えていないであろう時期に勝手に
言っていたことを今更実行しようかと。

今年のGWあたりに秋芳洞周辺に行ってきた際
「洞窟内部の写真は多いし
なんか この時期の話をこればっかりに
していたらまずいから後日に回す」
……みたいなことを言っておきながら
何もしないままこの時期になりました。

――まぁ これを今更守ろうという意味合いだけではなくて
おそらく どっかしらで もうこの時期になってしまったならば宣言しているかと
思いますが 今年の年末年始は家はおろか日本国内にいないので
この時期の日記の更新はといいますと かなりの量の予約投稿を駆使する羽目に。

――実際 後に投げ出して洞窟の云々を忘れている現実もありますが
この際 とってつけたように掘り出して この時期の埋め合わせに使うこと
おそらく 仕方ないことだと思ってくれますよね?←

合宿免許取りに行く時とは違って 向こうでどれだけ更新できるか
全く予想すらできない現状ですし 予約投稿として準備しないといけない記事の本数も
気が付いたらすごいことになっていますからね。 これでごまかしさせてくださいな。

なお 先ほどポロリとこぼしたように これ企画した時点で
「GWから半年近く時間がたっている」わけで 余計な説明入れるよりは
ボク(地学的な意味な学科の大学生)が個人的に面白いと思った写真を
ただ垂れ流す方針で行こうと思いますので よろしくお願いします。



101_20121021222901.jpg102_20121021222900.jpg
103_20121021222859.jpg104_20121021222859.jpg
一応 入り口周辺の画像は当時のうちに上げていたような気もするのですが。
それだけで終わらせても――と いうか 本格的に洞窟の写真を
「本当に自分のために」いつも以上にあきらめきって貼って行こうと思います。

とりあえず 石筍とかそのあたりに分類されそうなものを今日はぽろぽろと。
105_20121021222858.jpg106_20121021222858.jpg
107_20121021222943.jpg108_20121021222942.jpg
109_20121021222942.jpg


110_20121021222941.jpg
今日に限らず この辺りに投下するお話は基本的に多分 いつもボクが
何かしらしゃべりだしそうな場所でもあまりしゃべらないかもしれません。

――取り合えず これに限っては 秋芳洞に観光目的でしょうね。
エレベーターが設置されていたのですが それの人が手を加えた感と
自然とのものの見事なミスマッチ感が今でも忘れられないので思わず。

――この意味では ディズニーランドとかが徹底している雰囲気づくりを
せっかくの場所なんだし 全力で学んできてほしいといまだに思っています。

――なんて ここで書いても特に意味はなさないんだろうけどさ。 気持ちの問題ですよ。

TOP

(らしくないけど)クリスマス!!

2012⁄12⁄25(火) 00:00
クリスマス
昨日の記事もそうでしたが 特に今年のボクはクリスマスらしい
記事なんて書いていられないような感じですし 最低でも
記事の頭の画像くらいはクリスマスっぽい
画像にした方がいいよね……??

――と 言うことで 拾ってきた画像ですいません。

プレゼント?
まぁ 厳密にはクリスマスプレゼントとは
違うかと思うのですが
先日 実家に帰ったもののまだ
出国していないタイミングで
靴かってもらったりもしたので
一応 これもそれっぽい訳かな??

トレッキングシューズ。
分かりやすく書けば「ガチ登山用靴」ですな。

基本的に神戸で登山していますとそれだけで結構靴へのダメージが大きいのか
下手したら二か月ほどで靴の底の寿命が相当行ってしまうことが
まだ一年神戸に住んだわけではないですが 悟ってしまった現実。

既に神戸に行ってから処分した靴の数が……ってのを考えると
特に乱暴に扱った覚えがないというのに割とすごいことになっています。

まぁ こうなるのだったら安い靴を何度も買って
短い寿命を迎えた靴を大量生産するのかそれともガチ本格的なのかって
この本格的なものにできるだけ長く頑張ってもらうか。

まぁ 今回については本格的なのかって見てどうなるか~  みたいな
様子見も兼ねて、そして 旅行に出るに際してある程度街歩きするだろうし~
みたいなのも含めて考えたのかと思うのですが……みたいな感じです。

さらに 神戸の街という「山に張り付いてるけどそこそこアーバン」という
特性も考えつつ それなりに街歩きな服装にも映えるような靴を選んでみたつもり。

……とはいうものの その本人がアーバンライフする気があるのかないのか
全く分からないような心境でいるわけですから そこまで大きな
意味を成すのかが全く分からないこのチョイスですが……まぁ いいとしましょう。

兎にも角にも 今一番意識しなけれあいけないのは この靴がどれくらい持ってくれるか。
――せめて 半年くらいは持ってくれないと困るわけですよねww

……ちなみに 本格的にフィールドワークをして研究資料を見つける実験室も
抱えている学科に通っている自分的には 特に↑みたいな事情が
なかったとしても いずれは必要になっていたかもしれないんですよね。

――確か 近々実習もあった気がしますし そうでもよかったのかな??
みたいな意見もないわけでもなかった、トレッキングシューズ。



とりあえず ここ最近は書けるものから記事は埋めていこうと考えていますので
クリスマスネタが直前に投下される可能性もありますが
ひとまず今の段階ではその辺都合よく無視させてもらいますよ~

カフェ
……と なりますと記事ネタに
困る部分がありますので
とりあえず 昨日と少々
記事内容的にはかぶりますが
移動過程で取ってみたもののまだ
使っていない写真使ってみようと思います。

ついでに この段に入って貼っている画像については 一人で下宿していたんだったら
まず入ることもないだろうカフェにも 家族のテンションとか
その他の事情があったら入ることもあるわけで……なんて思いながら。

よく考えてみたら 基本的に意味をなさない画像に関しては
さっさと記事にしてしまってiPhoneの容量節約測ってみようと考えているといえ
さすがにノープラン過ぎる写真撮りすぎだろうとか自分に突っ込んでみたり。

……でも 下宿発つ直前に容量切れ引き起こしているわけだから不思議だよね←



神戸→関西空港におけるルートですがこの間にはいろいろとルートがありますが
ボクが選択したのは阪神→南海で乗り継いでいくルート。

まぁ いろいろとメリットデメリットがあるとは思うのですが
ボク個人的にこのルートに決めた要因としては 一度なんばという
それなりに時間つぶせる場所で下界に出られること。

まぁ それぞれが連絡きっぷ作ってくれていたおかげですべての選択肢の中でも
それなりに値段が安価に収まったってのも大きいですが
「授業終了→戸締りを早めに終わらせる→なんばについて少し遊ぶ→搭乗」
みたいなコースもかなり現実的ということで。 やっぱ これ 決め手ですよね。

ラピート01ラピート02
そういえば 南海で関空といえば ボク乗れませんでしたが
この特急列車が有名ですよね。 ラピート。 ボク 昔から大好きです。

……とか言っておきながら ボク一度も乗ったことないのですが
証言的な意味では両親ともに異口同音で ボク自身の記憶が残っていないくらい
古いころから この独特のフォルムの特急に異常な関心を示していたとか。

小さいころに遊んでいた電車のおもちゃの中にもこの特急のものがあった気が……
……ここまで来たからには チャンスを見つけて一度は乗ってみたいものですねwww

りんくうタウン
そして 電車で関空に
乗りつけるのは初めてなのですが
りんくうタウン駅 昔からJRと南海が
共同で使っている駅だということは
知っていましたが これらが対面で
乗り換えできる駅だということまでは
知らなかったので さすがに
この光景には驚きました。

なんか 関空に乗りつけている鉄道って結構おおらかなんだな~
とか 思っていたわけですが 関西空港駅になってみると
しっかり改札分かれているわけですしなんなんでしょうね。 これは。

成田は 京成とJRで線路一本ずつ使って単線×2みたいな
構造取っていたような気がするのですが こちらは南海JR共用で
複線にして走っていましたし。 ――そいや 京成って標準軌だったっけ??

りんくうタウン発車して 橋わたっている間は しれっと南海側JR側
両方の駅表示取っといてブログ写真ネタ増やしとこうかな~  とか
考えていたりしたわけですが そんな簡単なものでもないみたいですね。



……なんかクリスマスのはずなのにクリスマス色が驚くほどしない
全く今日という日にマッチしていない記事でしたが ボクの個人的な理由で
今年の間に書ききった記事ということではこの記事が最後ということになります。
――まぁ 一応この先も保存記事おいてあるから気にしないでくださいねwww

TOP

この人のクリスマス

2012⁄12⁄24(月) 00:00
IMG_5516.jpgIMG_5515.jpg
どうも。世間的には今日はクリスマス・イブということみたいですが
彼女いない歴=年齢のボクとしてはクリスマスっぽい話題というのは非常に
無理があるような気もしますので とりあえず帰省の時っぽい話でも書きましょうか。

一応 画像として上げているのが先日もすでに出しているような気もしますが
ルミナリエ 一種 一番この意味合いに沿っているかな~  とか思ったわけで
深い意味なんてどこにもないわけですがね。 ――仕方ないwww

……まぁ ここ最近は非常にうるさく騒ぎ立てている海外飛んじゃるって話ですが
一旦その前に 一人で直接関西から飛んで海外で待ち合わせってのもなんですし
そもそも 地元が千葉で千葉県内には成田空港もありますしということで
とりあえず 外国行く前にまず 実家に帰る話になったわけですよね。

まぁ その辺入る前に先日目標の一つとして上げていた下宿にいる間に
終わらせなければいけない話題~みたいな話も含めて書き出してみましょうか。

①年賀状書く
これは 部屋を出る直前になんとかなった感じなのですが
兎にも角にも この前帰省した時に入れたと思われるはがき制作ソフトが
うまく作動しないといういろいろと残念な事態が足を引っ張りまして。

――まぁ そのあとなんとか実家と交渉してどうにかしてもらいましたが
来年以降も同じようなことするわけにもいかないしなぁ……
――って その辺の作戦を今考えているところです。

②今年中に出さなきゃいけないレポート片づける
論外。 学生としてやらなきゃいけないことでしょうし
当然いずれも期日は守って終わらせましたよ。 ――面倒だった。
……まぁ 中身の完成度その他はこの苦労とは全く比例することはありません。

③それなりに大掃除
水回りとかその辺。 少し雑巾がけやり損ねた部分があったから
とりあえず 帰ってきた後時間見つけてやらなきゃねぇ……

避難
あと 整理という意味では ボクが
部屋を空けている間に地震とか起こって
フィギュアが軒並み倒れて壊れて
お亡くなりみたいな悲劇を起こさないため

ひとまず比較的倒れやすい場所に
置いてあったと思われるフィギュア類は
ある程度広めな机の上に避難させた模様。

――見事にあずにゃんしかいないけど


④荷造り  これまた言うまでもない。 現在実家にいます。

⑤冷蔵庫はける
最後 人参が残ってしまったので 母に相談した結果 とりあえず荷物に詰めて
実家に引き上げて国内にいる間に何とかしてあげましょう的な結論に。

⑥日記書き上げる  現在進行中。 てか 辛くね???



さて 実際的な規制手段について。 まぁ 今回の場合は
いろいろと日程が推しているうえに エコノミークラス症候群が危ぶまれる
環境に足を踏み入れているし ウィークデー待っていられないので
今回に関しては あまりおいしくない選択肢になった高速バス。

ついでに言うならば 先日のトンネル落盤とかが起こったおかげで
少々高速道路を走ること自体に怖さを感じているご時世ってのも
――まぁ わからなくはないのではないでしょうか。 ……と 仲間を探してみる。

そして だからと言っても新幹線だと軽く万単位超えてくるし……

と 言うことで本格的に考えた選択肢が最近話題の「格安航空会社」。
機内のサービスを別料金としてみたり そのほかいろいろと削れるところを
極論まで削ったうえで破格の値段で移動させてくれるアレです。

便を選んであげれば この時期に今まで使ってたレベルのバスで
(休日に)移動していたのと同じくらいの値段で移動することができます。

しかも その移動にかける時間がとても短縮できますから
これ使っておけば実家の布団で寝るみたいなことができるわけですよね。
高速バスだったら その座席で一晩明かさないといけないわけですから大きな違い。

――と 言うわけで 考え自体はなかなかよかった感じなのですが
それが世間的にどうだったのかというと日付選択誤った感があり
授業が終わったらすぐに移動できるように考えて行動してみたら
あとから考えてみたら 例のマヤの予言がどうこうってこの前の金曜日。
人類滅亡とかその辺の滅亡論で盛り上がっていた日です。

……フライト時間が 当時の現地で太陽が昇る刻ということで
何かが起こるとしたらこの時ズバリでしょ!!!  みたいなグッドタイミング。

関西空港01関西空港02
――まぁ 大それたことが起こっていないのはニュース見ていても明らかでしょうし
そもそも こうしてその時の話をしようとしているボクの存在が
壮絶なネタバレになっているわけですがね。 ……まぁ それはいいとして。

<理想>
席は翼の付け根より少し後ろ側。 ……なんというか 飛行機会社の宣伝として
飛行機内から見える風景をとるとしたらこうでしょうみたいな角度で
景色を眺めることができるという 偶然ですがグッドポジション。

まぁ そんなところにいたわけですから夜のフライトですし
窓から見える眼下の夜景を楽しみながら一時間余りのフライトを無事過ごしましたwww

<現実>
この日の天気は思いっきり関西では雨降っていました――と 言うことで
飛び立ってすぐに霧の中に入ってしまい 夜景なんて楽しんでられなかった。

……と いうか そもそも 天気が悪いところをとんだからかと思うのですが
普通に乱気流の影響で飛行機内がすごい揺れ方しましてね……

……“ゲロマゲドン”という人生的な意味での終末と闘ってました。

まぁ そんなわけで 機内サービスがあったとかなかったとか関係なく
おそらく まともなこと期待できなかった気がしますし
結果的に 人生的な意味での終末は避けられたのでよかったですが……

まぁ 所要時間とかもろもろのことを考えると この先もしものときは
7000円強で何とか週末に大きな体力消費することなく
帰省することができるということが分かっただけ大きな収穫ということで。
――あと 飛行機に乗るときも酔い止め薬しっかり用意しておこうということで……。

TOP

全国大会、やってみたけど・新

2012⁄12⁄23(日) 00:00
とりあえず 全国大会も終わった――正確に言えば この先に
ボクがやれる暇がなくなったという意味なのですが――わけで
その間のプレー的な意味で記録残した方がよさそうな気がしたので とりあえずそれだけ。

……の前に ある程度先にお詫び的なこと書かせてもらいますと
今日書こうとしている内容 いつものボクの割には画像任せにしたい部分を
いろいろと文章で置き換えようとしている部分がありますが……

……これは iPhoneの容量オーバーで新たに画像が取れなかった日がありまして
それに関するもろもろがかかわっていたりいなかったりするみたいです。

……64まで必要ないかな~ とりあえず 16でも不安だし32買っとくか~
――って 約一年前の自分は考えていたみたいですが
その辺 見事に予想外して しばしばスマホの容量オーバーに悩まされています……

てか スマホの画像容量無駄にデカいのが一番の問題だと思うんだよね。
容量の整理がいろいろと面倒だし 後約一年して電話の縛りがなくなったら
日本の中で正当な進化を遂げた携帯に買い替えてやろうと心に誓ったボクでした。

12_20121221112016.jpeg
――まぁ そんなゴダゴダはいいとして
まず着眼点的な意味では
前に全国大会どうだった的な話に
混ぜ込むべきだろう話から。

気が付いてみたら マイルームの全国大会の結果表示欄がこんな感じになっていまして
ホウキとチーム戦、もしかしたらそのあと別のルールの全国大会なんかも
追加できるような形に変わっているようです。 ……仕様変更ですね。

一応 大会のルールに応じたシンボルが左右に立つような設計なのでしょうか。
この場合は ホウキの絵柄が左右に立っているのが見えますが
チーム戦の場合は チームのシンボルの女神二人がここに立つことになりそうな。

――まぁ システム的な意味での予想みたいなのはこのくらいにしておくとして
なんか参加者的な意味では今までのホウキレースのもろもろが関係しているのか
去年と比べると(体感ですが)いわゆるライトな感じの人間が
全国大会という場所から追い出されてしまったのでは……みたいに
思えるマッチングが増えているような気がします。 あくまでもボクの主観ですが。

そのおかげで 先鋒(主にボク)が2000点普通に超えてますよねみたいな
展開に陥ることが結構あったような。 ……なんか負けた気がしない不思議。

なお ちょこちょことエースもらえたような気がするのですが
たいていその時は 先鋒エースで終わってしまうというのが
ここ最近のボクに非常によくあることだった気が。 此れは何かの呪いですか??

09_20121221112015.jpeg13_20121221112015.jpeg
マッチング的な意味では まぁ ちょこちょこと称号持ちとあたった気がしますが
称号持ちが毎度敵方の法則みたいなことはなんとか発生せず
最終的にいろいろ踏みにじられて終わる気もしますが まぁ それなりに……

――まぁ 称号目の前にしてエースかっさらえただけでもよかったことにします。

ただ 画像ないのが非常にアレな気もするのですが 一度ここ最近噂になっている
5人マッチングをやらかした時に しかも自分がシルバームーンに配属されたときに
賢王を引きまして 当然のようにこっちのチームにはトゥエット入ってきて。

明らかにレベルがおかしいでしょ、みたいな二人で称号&ドラゴン上位組
みたいな人と闘う羽目になるという見るからの無理ゲーにされたことはありました。

……まぁ そんなこんなが引き起こされることもありますし
やっぱり 時と場合によっては組レベルとか隠したままマッチングしても
別に罰とか当たらないんじゃないかなって心から思うんですがね……。

なお ほかの方々――と 言うか称号レベルの方のブログを眺めてみますと
中にはチーム戦において「賢将連合対その他!」 みたいな
何のいじめですか的マッチングが起こっていたこともあったらしく……

賢将×3がそろって同じ回に召集されるのもさることながら
それらが皆同じチームに配属されてるのってどーゆーことなのでしょうかね……

ここはあえて冷かし気味に「さすが、コンマイクオリティで賢王枠が大量増設
されただけありますねぇ」みたいに皮肉っぽく答えるのが吉でしょうか。
――あの時期 サブモニターに写されていた説明書きにおいて
「賢将」の枠すらもすべて「賢王」って書かれて挙げられてましたからね。

――まぁ このくらいの誤字は誤差程度だって思ってあげるのが一番です←

15_20121221112014.jpeg16_20121221112014.jpeg
で 一応自らの名誉のためだけに書いておきますと とりあえず
さすがにたまには一位取れました的な程度には一位なれているようです。
――やっぱり 優勝画像πタッチなしというのはどこか悲しい部分があると思う私。

――とはいえ やっぱりなんとか取れたといっても点数はたかが知れてますし
先ほども言ったように なんとか2000代で決着つくレベルでしか
勝負できない人間だったりするので……あと 左は壊滅。

こうなると その自分が一位になれる場所を見つくろうだけで
相当なイレギュラー要素となりうる気がしますし――もう 悲しくなってきたwww
――まぁ 自虐レベルなこと書かないと現状をうまく説明できないという事実www

因みに どのくらいイレギュラーなのかといいますと
一位になった回数を貯めていくことでもらえるクマフィーがありますが
それの銀色版をいまだにもらえていない現実がある、ってくらいイレギュラーです。

さすがに次までに――って言ったら 今度はリアル学業的な意味でのテストを
すっぽかすことになりそうだからいいとしておくにしても
適度な段階で 全国大会チーム戦のクマフィーは一通り取れたらいいなぁって。

……ちなみに プラチナメダルに関しては たいてい一位になれた時には
あと一歩の場所まで行くのですが なんだかんだで
エースじゃなかったり 区間賞が一個だけ足りなかったりして
まだ もらえていないということで これも当分の目標になりえそうです。

このメダルに関しても ホウキレースの時はそもそも
ノルマになる距離を飛ぶことができなかったので 狙いに行くどころの
話ではなかったのですが これに関しては頑張ればどうにかなる……のかな??

とりあえず 現状のプラメ枚数=乏しい協力の踏破回数みたいな
現状は さっさと打破できるなら打破したいところですね……

……去年は とりあえず一回の全国で何とか一枚はプラメ取れていた気がするのですが
やっぱり 駆逐された人たちの影響が出ているのか単純にボクが弱くなったのか……

TOP