報告・2012大学祭!

2012⁄11⁄17(土) 00:00
紅葉その後03
なんで こうも紅葉ネタで話を
つなごうとするんだろうな。

――って 思ったのですが キャンパス内で
すでに落差がすごいことになっているので
同じような話でも場所によって
見ごろが違ったりする……

……みたいな言い方をすれば
これもこれで 大学の特色なんじゃないか
――だって キャンパス内だけで
落差がすごいことになっているしね。 のっぴぃです。

まぁ 当日にそれを告知するためだけに上げていた記事では相当テンション
あがっていましたが なんか ここに至る間で それに向けて
本番が近くなってくるにしたがってテンションが下がっているような……。

と 思っている人がいるのかいないのかはよくわかりませんが
多分 その読みはあながち間違っていないのではないでしょうか。

まぁ あらかじめ断っておきますと 自分が学園祭というもので経験した
一番最悪の経験というのは 高校二年の時にあった「クラスの出し物のシフトと
吹奏楽の演技以外の時間はずっと剣道場前で体育座り」なので
やたらめったなことがない限り ボクの口から過去最悪という言葉は出ませんがね。

――一種 期待の下限は振り切れていますので その意味では安心。

六甲祭
まぁ そんなわけで過度な期待を
かけていたのですが結果論的に言うならば
そんなにひどいことはなかったけれども
期待していたほどではなかった
――と 言うのがボクの正直な感想で
よかったのかもしれません。

……まぁ 基本的にボクの交友関係は狭いというのが大きな要因。
これが あの時しっかりサークルの合宿に参加していて この学園祭を
自分のそれなりの役割を持ったままやっていたならば評価が変わっていたのかも??

みたいな「もしも」のことを考えてみると 来年に向けて自分が
来年犯してはいけない失敗というものが見えてくるような気がします。
――学園祭って「受動的」にやっていたならば 少なくとも面白くないってことですね。

今年の学園祭はそのちょうどいいモデルケースになったような気がします。

まぁ 同じように交友関係狭いですから 行動する相手というものも
必然的に限られてしまって その人がどうなるかによって自分の
行動規範というものもずいぶん変わってくるというのも現実ですよね。

……みたいなのが全体を通しての大まかな感想でしょうか。
まぁ 大雑把な感想は書きましたし この後は少し踏み込んで書きますかね。



ありがちのコトなのかもしれませんが 基本的に「祭り」というものは
物価が高いことで有名ですよね。 ……と 言うことを基本的に把握していた
つもりだったのですが やっぱり前は浮かれていたんでしょうね。

とりあえず 基本的に食事はさばききれなかった食券を回収する方向で
基本方針考えていたのですが 食券の段階ではそれなりに安く見えていても
実際に渡されてみるとかなり量が少ないような気がすることなんてざらでしたね。

……逆に 結構妥当な値段でそれなりの量盛ってくれる店があったならば
その方が逆に儲かるような気がしたのですが……この辺のさじ加減ができるのは
商売に長けた人じゃないと難しいのでしょうか。 ――みたいなこと考えながら
サークルの方でも 経済学部の人とか頑張ってほしいと思いました。

……そういえば 今考えてみたらところどころに 経営学系統の名前を名乗った
ゼミっぽいところが出店出していたような気がしていたのですが……ねぇ。

で 結果 値段設定とかその辺を見てしまうとどこか尻込みしている自分がいました。

まぁ 基本的にQMAにつぎ込んでいる額から考えると まだバイトを
見つけられていない身としては自由に使えるお金は限られてきます。

で 祭りでお金をなるべく使わないようにしようと心がけてみるのならば
やっぱり 面白味も半減してしまう。 ……まぁ これまた当然のことですが
これに関しても一つの教訓としてボクの胸には刻まれた模様。

ついでに 天文部系統の展示に関しても 今年 知識はそれなりにあるものの
積極的に参加することができなかった引け目なんかも結構大きかったですね。
――って 事を思い返してみるならば 今年の文化祭は個人的反省点が山積。

まぁ そのような関係もありまして 文化系のサークルの展示棟
――無料で楽しもうと思ったらこの辺しかなくなっていたwww――に関しても
思ったよりゆっくり見れなかったような気がするのは……引け目だよね……。

あと 講演会とかその辺に関しては――多分飽きると思ったのでパス。
ついでに言うならば なんかいじめとかその辺にかかわる話が出そうな人に関しては
まだ 自分の耐性が治りきっていない部分もありますので全力でパスと。

――みたいな縛りをかけてしまったら 気が付いたら積極的に
楽しめるような余地がもう ほとんど残っていないような気がするから不思議。

挙句の果てには 結構外でドンチャン音を出しているバンドの演奏の
音波衝撃を 序盤になんか悪い方向から食らってしまったみたいで それ以降
どちらかというと出歩くの恐怖症みたいになってしまうという追い打ちもありまして……。

――まぁ その意味では踏んだり蹴ったりだったのかもしれません。
(↑それに対して「出歩けるだけまだまし」という価値観でいた自分も居たけどwww)



結果的に 翌日の学園祭は基本的に(なぜか翌日の月曜午前からしっかりある)
週明けからの授業の提出レポート制作などに充てられたのは仕方がないことかと。

ただ 裁けなかった食券の回収という任務は当日にも尾を引いていたわけで
昼ごろにはとりあえず 何があろうとも登山をするという縛りがあったわけで。

――と あまり楽しめない割にもそれはそれでちょうど当日11/11だったという
こともありましたし あずにゃんを連れて いい感じで写真撮りたいな~
――みたいなこと(ある意味社会に適合していない)考えながら……。

現実。
この土砂降り具合を見ながら
すべてをあきらめた次第でございます。
出店とかのあるグラウンドがぐっちゃぐちゃ。

さすがに出せませんよね。

雨も降っているし。 ツイッターアイコンとかに
使いたかったんだけど。

まぁ 最後はなんだかんだで逃避に走っていたわけですが
今回の感触としては自分のチョイスの悪さが招いたことがほとんどでしょう。
――来年はこれらの失敗を生かして大学生活、Enjoyしたいものです。

TOP