惰性で

2012⁄11⁄30(金) 00:00
特に画像的な意味で持ってくるもんでもなかったのですが
指に関して若干思うことがあったので書かせてもらおうかしらと。

――と 言うか 今日はなかなかこのテーマで書かせてもらう機会がなかったので
少なくともボクがやっているゲーセンでのゲームについての不満とかその辺を
勝手に書き並べてみよう!! ……と いう感じで行かせてもらおうかと。

と 言うのもここ最近ほかの皆さんのブログなんかにコメント入れるときに
適切に自分がその時に言いたかったことを正確に伝えきれない機会が
非常に増えてきた現状がありまして いろいろと後悔している点でもあるのですが。

……つまり 自分が最近日記を画像の補足程度にしか文章書かないおかげで
適切な文章の削り方その他や組み立て方――もともとうまくはありませんでしたが――が
必要以上に低下しているというブロガーとしてあってはならない現実があるのではと。

――そんなわけで 今までも画像中心でしか書かなかったおかげで書かなかった話題に
今回は照準絞らせて書かせてもらおう→“クレーマー” という
何とも身勝手かつはた迷惑なテーマ設定と相成った模様。 べべん。



――とりあえず 日記の構成からしてその優先度は測るべしだとは思いますが
基本的にボクはこのゲームはライト勢でやってます。 うまくもありません。

まぁ 下手は下手なりにたしなんでいるつもりですし 主にやるときといえば
QMAで負け続けたりして でも なんか帰るときにならないときなんかに
考える選択肢の一つとして考えている程度の超・ライト勢です。

まぁ 下宿になって財政緊迫しているというのもその理由の一端だったりする。

で 今まで(バージョン的な意味で)は そのクレにおいてのプレー成績で
編み物したりロケット飛ばしたりして曲を手に入れるシステムあったじゃないですか。
今作はそれに関して料理を作って食べさせる。 それはいいと思います。
で 人間によって食べ物の好き嫌いがある。 それも別にいいとは思いますが。

……でも その人たちが持っている曲が一か月で強制的に変えられるのはどうかなぁ。

そうでなくても 今作は音楽の入れ替わりが激しいのは見て取れますし
別に それに関しては特に揶揄する必要はないとは思います。

ある程度プレーする人にとっては それなりの時期が立ってくると
曲に飽きたりすることがあるのかもわかりませんし。 ――まぁ ボクはというと
前述のとおりライトもいいとこですので そのあたりの気持ちはわかりませんが。

ただし そのライト層にとって 一か月に一曲すら解禁できない
はたまた 選ぶ人間と料理の関係がすぐに見て取れない場合なんかはなおさら
解禁に時間がかかったりすることもありますし そんなこんなでひと月過ぎた場合。

……ってのが 今更書くのもどうかとは思いますが今月のボクに起こったこと。

とりあえず 十月の気が向いたときにコツコツためてきていた
とあるおっさんの満腹度が強制的に0に戻されていました。
――そして 手元には楽曲が増えるようなこともありませんでした。

……って なりますと なんかライトはライトなりにやっていたこともありますし
それらがすべてパーにされたような気がして気がめいる気もするんですよね……。

まぁ 過去作においても毎月初めにプレーなんかで天下り的にもらえる
ポイント使いながら曲解禁していたような気もするのですが
それがなくなった点については別に何も言わないとしても これはさすがに気がめいる。

選曲を月ごとに変えたいってのがあったのだとしても ある程度満腹度
上げている人間がいる場合には その人間には手を加えないままにしておくか
最低でも 満腹度はそのままに持たせる曲だけを変えるみたいなことはできなかったのか。

別に 人員組み換えの時にその新たな新曲を追加すればいいわけですし
それまでの達成度を無にしてまでやっていいという理由にはならないと思うのです。

なんか ボクの個人的感覚として KONAMIさんが運営している
音ゲーについては上級者は上級者で遊べるけど 初心者やライト層もそれなりに
遊べるものだと思っていたのですが 今作については少なくとも
この面に関しては完全に上級者~廃人の皆様しか見ていないなと思った次第。

おそらく システムとしてどんなにライトでも 今までのように
それなりの数の曲が解禁できるような配慮はするべきだと思います。

――そして そのような人たちは必ずしも攻略Wikiなんかで
情報集めたりするわけでもないのだから どちらかといえば運営の方から
わかりやすく忠告するなり配慮するなりしたシステムをやるべきなのでは……

……みたいに自分は思うのですが さて この辺どうなんでしょうねぇ。



裏を返せば ボクがこの流れで書けるゲームは残りQMAしかないわけで。
――昔は リフレクも触ったことはありましたが 結局長続きせず。
……友人からは「お前、音ゲーに合わない」なんて面と向かって言われましたしね。

まぁ やるゲーム少なくすることが下宿しながらこの辺たしなむ
大きな秘訣だと思っていますので そのあたりは仕方ないかと。

――で 今回しゃべってみたいのは主にマイルームの辺なのですが
何故(少なくともボクが認識している範囲内では)こちらの方で
まだアカデミーアドベンチャーのステータス確認その他ができないのでしょうか。

一応 毎月ウン円払ってPCその他でもマイルームは覗けるようにしているのですが
今のところ ボクが見た限りではこの辺のデータの閲覧がまだできません。
……せめて エレメントレベル表示とか達成率とかは見られるようにしてもいい気が。

後は 検定の数がそろそろ膨大な数になってきましたが
そろそろマイルームかなんかでこの辺のシンボル変更みたいなシステム
入れることはできないのでしょうかね?? できてもおかしくない気がするのですが。

――って言うのも Aランクのところにこびりついてしまった
若干赤みがかかった骸骨が少し怖くておびえているという背景が
個人的にはあるのも事実ですが 少し気にしている人も少なくないとは思います。

まぁ そうじゃなくても 毎度同じシンボル見せられるのもアレな気がしますし
そもそも そこに映っているシンボルがSS以外は必ずしも
正確なものではないという点 改善するべき部分だと個人的には思うのですが。

TOP

仮装

2012⁄11⁄29(木) 00:00
なんかネタで使い損ねているものはないものか……的なこと考えていたら
ふと 主に六甲祭周辺において出没していたコスプレ軍団(その他)について
チャチャ入れしていないことに気が付きました。 そして それに飛び込みたいなと。

――まぁ 大学だからでしょうか。 全体的に高校時代とは違って
何かしらのイベントにかけてそんな感じの格好して回っている人
結構多いような気がします。 これに関しては六甲祭に限らず。

――とりあえず 直近の話題も無理やりねじ込んでみるならば
ここ最近は帰りがけにサンタ帽子かぶってみたり服装そうしてみたりな
人たちがチラシを配っている場所によく遭遇します。

……で この人たちが何を配っているのかといいますと
――って 書きたいところなのですがなぜか ボクがこの人たちのそばに来ると
避けられるような感じでこの人たちのチラシもらえないんですよね。

――とはいえ 自分社交的な顔しているとは到底考えられませんし
今までもあまりチラシとかは眉ひとつ動かさずスルーしてきた経歴がありますので
その辺考えると 変な風にブックマークされていたとしても
何らおかしくないような気もする。 ――妙な納得感がありました。

ついでに言うなら せっかくだったら女性陣にもミニスカサンタくらい
やってもらってもばちは当たらないと思うんですよ、はい。←

で 最初の企画通り主に六甲祭メインにして現れた怪人やコスプレ集団についての
話進めてみますと まぁ それなりにいたわけですよね。

どこでも同じような感想が出るだろう気もしますが 非常に大まかな
枠組みを書いてみるならば ――といっても 書くまでもないかもしれませんが
主に「大がかりな仮装」みたいなものをやってくれるのは男性陣のみ。

一応女性陣も売り子のようなことをやっている人でさすがに私服で
宣伝するのは無理があると思ったのでしょうか。 着ぐるみやおそらく
出身中学or高校の制服を着てくるくらいまでは見ましたが それ以上はみませんでした。

それに対して 男性陣の格好はといいますと 六甲祭始まる前から
全身タイツでなぜか頭にバラをさしている人間が歩き回ってみたりしているのを
筆頭にして 「どこからツッコんでよいのやら」みたいな恰好の人がいたり。

祭りが始まってしまったらそれはそれでそのレベルの人なんかが
ゴロゴロいて逆に目立たなくなってしまう感もあるレベルだった気がします。

この男女の差を一番感じたのは 男女ペアでドラえもん&ドラミちゃんで
セットで売り子 仮装しようと考えたのでしょう。 そこまではわかります。

女の子の方はどこから調達したのかわかりませんが それっぽい着ぐるみ着てました。
男の方はブルータイツに顔面と髪の毛をブルーに染めて……以下略、
みたいな どうしてこうなった敵恰好でうろついていました。

しかも ドラミちゃんとドラえもん(?)の数の比がおかしなことになってました。
なんか この格好するだけでいろいろと後先大変なことになりそうなのに
それが群れて歩き回っていたわけですから そりゃ 目立ちますよね。

逆に ここまで大量におかしな人間(♂)が大量発生しているわけですから
生半可な仮装だったら目立たないと感じたのでしょうか。

大学内某所にカオナシが出現していまして この存在感はこれ以上書けないくらい
描写するのは辛い部分なのですが それでも形容しがたい存在感を身にまとっていて
ほぼ微動だにしていないのに未だ残り続けるその残像。

当然 動いたりしてのアピールなんてできないわけで そこに突っ立ってるだけなので
普通に目線を振り回していたならば気が付くことはほぼありません。

……でも 一度認識してしまうとどうも 気になってしまうその存在感。
――しかも 別のところに意識を持って行ってしまうと跡形もなくなるその存在感。
正直 あれはとてもうまいと思います。 MVP取れててもおかしくないレベル。

まぁ そもそもこの記事を書くきっかけが「なんか書き洩らしていた気がする!」
――下手したらすでに消化しているはずだったのに その存在を忘れているという
可能性も否定できないわけですが――だったので それぞれ見てからそれなりに
時間は経過しているわけですが それでも相当記憶に残っているわけですよね。

なお これに関しては厳密には六甲祭に限ったことでもないのですが
なぜか 神戸大学にはお抱えのピエロさんがいます。
――それ以上書きようがないくらい 謎のピエロさんの存在があります。

気が付いたら 放課後に大学の中庭にピエロさんが座っています。
基本しゃべりません。 首にぶら下げたホワイトボードの筆談だと思われます。

おそらく「趣味→ジャグリング」みたいな人が仮装しているのでしょうね。
六甲祭の時にはジャグリングで回す用と思われる剣を持ってましたし。

なんか 上の人たちは「その時のお祭り」って感じでそうしているのでしょうが
このピエロさんに関しては 正体が非常に気になるレベルで
一種の個人的には七不思議の一つに数え上げたいレベルの人間でして……。

時たま先生方の雑談にも出てくるあたり この辺りが気になる人間は
ボクみたいな人間だけではないことがうかがえます。
――まぁ 運動部で汗流すのも青春なのだとしたら これも一種のそれなのかもですね。



過去のネタ相当引きずらせてしまってすいませんです。
――とりあえず それよりは直近の小ネタ軽く書かせてもらおうと。

よくあることだとは思いますが 昼休みに入った直後の学食は
非常に込み合います。 ……まぁ これを改善したいのは大学側も同じようで
ついでに これらを研究している人がいるみたいで 一種のキャンペーン
レジ時間ずらしたらごはん割引券もらえるよ~  みたいなのがやってました。

まぁ ご飯炊いたり持ってくるのがだるいこともありますし
新米が入ってきた直後というのもありますしで そのキャンペーンは
全力で参加させてもらったわけですよ。 がめついですからね。

ちょっと気になったのが この辺の統計取ったり共催していたのが
工学部の某研究室(確か)だった点。 工学部って範囲広いんだね。

――で この記事書いている時点でもまだ 今月いっぱいの券が残っているのですが
それはそれで いろいろとまずいような気がしなくもないという……。

TOP

爆☆睡

2012⁄11⁄28(水) 00:00
……そろそろ 久しぶりのキリ番の方が近くなってきていますので
個人的にはなんか久しぶりですが連絡喚起させてもらおうかと思います!!

一応→に設置しているカウンター30000番踏んだ方がいたならば
コメントなどで連絡いただけるとうれしいです!! ――主にボクが。

考えてみたら1000単位でキリ番宣言できなくなってからこの辺
なんかネタという意味では使えなくなった感が激しいんですよね~
――そういえば 前に20000番を宣言したのっていつになるんだっけな……。



とりあえず 先週記事作るのをサボっていたおかげでネタが枯渇気味なので
ここ最近の話を適当に綴ることで今日はごまかそうと思います。
――ネタ収集くらいは通常と同じペースで続けてもよかったような気もするのですが……

まぁ 三連休やってる最中にも確認してすでに書いたような気もするけど
あの時は散々「寝て曜日」やらせてもらいました。 ぐっすり休めました。

某日なんか堂々布団干してみたりもしていたのですが 気が付いたら
防寒用の着るナントカを有効利用して 部屋に置いてある座椅子と試行錯誤の末
なんだかんだで快適な睡眠空間を確保していたようでその執念に驚きました。

――まぁ 元をただせば自分の話なんだけどね←←←

ただ 改めてその時のことを思い返してみると なんかこんな風にぐっすり寝てたの
強調するとこの時が特別だったみたいに感じられますが 実はそうじゃないんじゃね?
……みたいな分析をしてみることもできないこともない……んじゃないかなってね。

つまり 日頃からボク 昼寝結構多いんじゃないかって新たな疑問。

まぁ 基本的にいろいろな意味でキャパオーバーになったときなんかは
気分一転!!  みたいな意味合い兼ねてガバッと昼寝にいそしむボクですが
大体平日も 大学から帰ってきたらその時間は睡眠に充てられることに気が付いたわけで。

しかも さらに考えてみたら昼寝に関しては比較的あっさり寝れるのに対して
夜 ガッツリ寝ないといけないタイミングではかなり寝つきが悪い気が……

……と なると堂々と生活リズムが崩れているような気もしないのですが←

ついでに言うなら なんだかんだ言いながらまだバイト始めていない勢として
この時間をどのようにとらえていけばいいのかよくわからないというのが
一種悩みどころなんじゃないかなって思っているわけですが……
※例のごとく オブザーバー・のっぴぃの自己分析なわけですが。

なお バイトを始めるに始められない理由というのがまたありまして
自分 今度の冬休みはほとんど家族旅行でこちらにいない状況が続くじゃないですか。
で この時期に動けないんだったら教える系のバイトができないのはわかりきっています。

最初は短期でもいいからとりあえず探して 後で何か教える感じのバイト含めて
しっかり考え直したいな~  とか 考えていたのですが どうも身の回りから
この辺の話聞いてみると レジ打ちですらそれなりの時期拘束されるみたいで。

まぁ そのあたりの躊躇を見せている間になかなかすすめられないバイト探し。
……みたいな背景です。 ――まぁ 仕方ないですよね。

なお 妹を教えているボクの姿を見た時の両親の反応は非常に上々で
結構親戚の間では「飯代だけで雇える家庭教師」みたいな認識があるとかないとか。
――電話で自慢されていたみたいです。 少し気恥ずかしい。



のっぴぃさんのやりなれていない冬支度について。
……まぁ 自分がやろうとしますとどっかしら詰めの甘い状況になりかねませんから
なんだかんだで母親の力を借りようとするマザコンの様子。

――まぁ 一例としてぶっちゃけますと自分で服とか考えるのも面倒くさいので
基本 私服のチョイスが母任せという事実があるわけですが←

先日支援物資が送られてきたのですがその内訳はといいますと
大方が長袖のTシャツ、上着、厚手の靴下など防寒具のようなものがメイン。
靴下とかは最近 擦り切れはじめていたので渡りに船といった感じでしょうか。

考えてみたら 今まで千葉に住んでいた時にはTシャツはほとんど半袖しか
使う機会がなかったわけですから この辺りは持前が少ないのもありましてね。
――でも ここ最近訴え続けているように今のボクは無理しちゃだめだと。

最近事実 地味な腹痛に悩まされる機会が増えてきた気もするのですが
これについては原因はなんなんでしょうかね。 今までずっと好んで食べていた
生野菜が原因だったりするのでしょうかね?? 加熱が甘いのでしょうか??

……まぁ そのほかにも食糧とかの支援物資もまぎれていましたしね~
なんか 大雑把に見るとクレアおばさんが非常に多かった感じがあります。
……まぁ 確かにボク ホワイトシチュー好きだけど……。
――とりあえず しっかり加熱したもの食べなさいってことですねわかります。

ただ こんな風にこまめにいろいろと送られてくるのはうれしいのですが
それをしまう場所までがうまく確保できていない点に関しては
ボクの管理能力不足なのか違う要因が混ざっているのか非常に気になるところです。

ところで この辺りの支援をいただくにあたってなんだかんだでマメに
実家と連絡取り合っているのですが ボクがいなくなったことで実家に生じた
食糧事情というのが結構在庫という意味では大きいことが明らかになりました。

実家のコメは秋にどこかからか大量に一度買いしているようなのですが
(↑細かいことはよくわからないけど 千葉県のナントカ制度がかかわるとか?)
ボクがいなくなったおかげでその減る量が相当遅くなったみたいです……

――結果 まだ実家には古米が相当残っているという愚痴を聞かされましたwww

まぁ その背景もあるのでしょうか。 ボクがはじめ米を買って
「米って意外と高いんだね~」みたいな話を母にしたときに
「これからは米が枯渇した時には連絡してくれ」みたいなことを言われまして。

――なんだかんだで 米が支援物資の一角になっているようです。
まぁ 自覚しているつもりですが結構勝ち組ですよね。 これ。

ただ 確かに米をご飯という形で食べる機会が個人的に少ない気がするのも事実で
実際 これ使うときには大体カレーとかその辺と組になって使われている気が……。
――一度 本気で自分の食事事情について研究してみたいと思う今日この頃。

TOP

固着

2012⁄11⁄27(火) 00:00
一応 今日は唯センパイの誕生日ということになっているのですが
なんだか今年は少なくともボクの身の回りに関してはあまり騒ぎにくい空気というか……

多分 純粋的な人気があったキャラクターの誕生日を固めてある11月に
どれくらいこの話題が盛り上がるのか!! ――ってのも 世間の様相を
如実に示しているような気がするのですが どうも湿気ているような気がしますしね。

ここ最近 未だ「けいおん!」ネタ引っ張っているのが自分だけのような気がして
ついでに言うなら まだリアルにおいて(地元千葉でも神戸でも)ガチで
「けいおん!」トークができる友人がいないというのも気になるところです。

――まぁ その意味合いで考えていくのだったら ある意味一途なのかもしれませんが
ある程度のレベルになったら そのあたり自分の胸の中だけに
とどめておくべきなんだろうな~  みたいな感覚はあるので……。

まぁ グッズ販売とか 先日のあずにゃんの時もまぁ それなりにはやってましたが
少なくともボクにとっては(金銭的な意味で)高嶺(値)の花過ぎて
いろいろとあきらめざるを得なかった自分がふがいないというか……。

一応 公式サイトあたりから情報引っ張ってきますと スカイツリーのふもとあたりでは
なんかTBSの衛星ショップがあるらしく その辺で限定グッズおいていたり
しているみたいですが 現在関西人という立場ではなかなか難しいものがある気が……。

――まぁ 仕方ないよね。 こうなっているからにはなんとかして
こっそり来春あたりには漫画復活させたりしてくださいとか
そんな希望を出してみたくなるってのも仕方ないような気がします……。



「京アニ」ついで。 ――ついでに 一種「胸に秘めて」的な話で
通じるものがあるのかもしれませんが 前に今季見ているアニメに関して
ぼやいたときに書いていなかった「中二病」ネタ。 まぁ これは今が旬ですかね。

なんか これ原作(ラノベ)とアニメでずいぶん違うところがあるらしいですし
余裕があったら原作も見てみたいな~  とか 思う部分があるわけですが
まぁ なんというかこのアニメ見るのに関して小さい障害が
ぽろぽろと存在していたことについての暴露大会から始めてみることにします。

昔から自分は何かにつけて「痛い」映像や話を見聞きするのが苦手なのは
重々承知していたのですが この意味で「痛い」ものを見るのも得意ではなかった
……と 言うことをこのアニメをチェックするにあたって気が付きましてね。

まず 順当に見るわけですが これを素直に見られない。
画面から目を離したくなる。 てか、事実、目離してる。 あ。 音量切った。
――みたいな有様ですから。 いったい何が起こっているのかはわかるかと。

ついでに言うならば キーワード「胸に秘めて」。

――受験期(現在受験生・特に浪人の方)に関しては患いだす人もいるかもしれませんが
この時期にやたらおかしな方向に壊れた結果 中二病的な症状を患う人
……少なくとも自分の周りにはちらほらいたのですが それが見事アレでして……

ただ その中二病的な要素が表面にあまり露呈しないでくれているのは
ありがたい限りなのですが 只今も絶賛「軽いとろ火」というのが
おそらく受験終了当時から全く変わらない状況で煮え続けているわけで。

あと 自分の場合なんだかんだで自分自身を客観的にオブザーバー的立ち位置で
見返す癖のようなものを付けているわけで この辺りを見直した結果
――まぁ とてもやるせない気持ちといいますか……後は察してください。

ついでに言いますと 同じように自分をオブザーブしてみた時に悶える時として
自分が時たまやらかす天然的挙動についても後から思い返してみて
相当な恥じらいに染まるようなことがあります。 ――当然 天然要素なんて
基本自覚するはずないものですから そのほかにも多大にやらかしてそうだけど。

そんなわけで いろいろと自分に思い返してみたらとてもやるせない気分になったりして
その結果 拒絶反応的なものが現れるわけですが さらに自分の趣味嗜好的に
基本 あんなペースで進む物語が好きという側面もありましてねぇ。

……うん。 あのペースは嫌いではないんですよ。 物語のペースというか。
中学時代の自分をやり直したい。 高校ではイメチェンを決めたい。
そんな主人公の考えみたいなものに共感できるものもありますからね。
※一応 このブログは高校時代からも続いているからその変遷はここでも追えます。

事実 今までの自分を知っている人がいない場所に行きたいって感情
自分が千葉から第一志望の大学で神戸まで飛んだ動機に通じるものがありますし。
――と 言うわけで「痛い部分」のほかはかなり好印象なんですよね。

……つまり、なんだ。 とても言いにくい現状にのっぴぃさん、絡まったらしいですよ。
しかも どちらかといえば自分から絡まりに行っている感がとてつもないと。

ある意味今まで見ているアニメの中で一番厄介な代物かもしれません。
――見たい!!でも、生理的にどこか見られない。 なんといえばいいんだこのジレンマ。

基本的に 見ているアニメの基準や動機は「喪われた高校生活の補完」の
意味合いがとても強いこと。 改めて自覚しましたね。
――まぁ これ以上はとってもダークな話題になるからやめるけどさ。



まだ 当時の記録掘り出そうとすると気分暗くなる点引きずっているんだろうな~
……なんて 漠然と思ってしまう今日この頃。 そんな補足。



購入
今月買ったラノベ・ノベル的な。

最近気が付いたことだけど
やっぱり一人暮らしをするにあたって
読むシリーズの数が純粋に減りましたね。

その要因はなんなんだろうと分析した結果 そもそも下宿に持ってこなかった
ラノベシリーズや 持ってきたもののどこか手抜き感が出てきたと個人的に思ったものは
遠慮なく続巻を購入しないという非常にドライな精神で来ているらしいです。

――まぁ 趣味嗜好的に波長がそれてきたから買わないってものもありますがね。

軽く画像に合わせた話を書きますと 「新・生徒会の一存」ですが
今までの生徒会役員は季節を中心に合わせてきてくれていたみたいですが
今回は役員の名前は「東西南北」を付けるところで一致しているようです。

……で 氏名の漢字を分解したら「日月火水木金土」が出てくるのではないかと
期待したのですが 残念ながらどう考えても「月」が見当たらず……
――逆に それ以外出てくるんだったら『明』使うなりして入れてほしかった。
引き抜き方の一例として「日」「 」「火」「水」「杉」「鍵」「寺」――部首的に。

ハルヒちゃんの方は なんか四コマ時代にあった覇気が薄れつつあるような……
――一種 期待はしているのですがどこか残念な気がする今日この頃。

TOP

勤労、とは?

2012⁄11⁄26(月) 00:00
なかなか先週の体力ごっそり刈って行ってくれていろいろとボクに
大きな影響を残した割には ブログ記事にはあまりいい内容とは言いにくい
先週のテスト週間の結果 なんだかんだでかなりげっそりした中
やってきてくれたのは勤労感謝の日でした。 ――なんかその響きに洗われるね。

と 言うか 基本的に記事の中での話題の書き換えだけはしっかりしている
(つまり カテゴリだけはとりあえず気にして書いている)つもりの中
いろいろとやりにくいものなのですが こんな感じで中身が辛い小噺が多いこと。

とりあえず 今日は結果的にそんなあれこれを詰め込んだ話させてもらいます。

まぁ どのようなことであるにしろ 世間的に堂々威張れる三連休……
と 言うことでその逃避行というわけではありませんが なんだかんだで
この三連休がどうだったのかといわれると 上の一言に尽きる感じ。
――とにかく三日間……とは言わなかったけど のんびりさせてもらいました。

勤労感謝の日は「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう(Wiki抜粋)」
ということみたいですが 個人的にはその直前の一週間の疲れを癒すためだけに
使っただけというのに このタイミング的には最適だと思ったというのはさてさて。

ぶっちゃけて 生産活動的なことは何もやっていないというのにね。
まぁ 学生の本分は何かと考えてみたら勉強だし これはこれでいいのか???
――でも ここまで何も生産活動しなかった週末も珍しいかもしれない。



サボタージュついで。 基本的にボクはどの曜日も基本朝からしっかり
授業を入れていたりするのですが その理由というのが「ゴミだし」。

まぁ おそらく大体の場所に住んでいる人には共感していただける気がすると思いますが
この語見出しの時間 寝坊を許してくれる時間帯ではないですよね。

……特に週一でしか回収してくれない割には なんだかんだでやたら増える
しかも 燃えるごみとは別回収という形になっているプラゴミについては
一度出さないだけで何も考えないでいたとするならばすごいことになってしまいます。

ボクの部屋を前に住んでいた人も同じようなことを考えていたのでしょうか。
先日 部屋の掃除(監督者:母)を執り行った時に出てきたアイテムに
ゴミ袋(やたらデカい)が発掘されたときにもそんなことを考えていました。

で 今週はそのプラゴミ収集日にあたる曜日の一時間目がないと。
……そんなとき わざわざプラゴミを出すためだけに布団を早く離脱するなんて。
――しかも 燃えるごみと比べても割と早いんですよね。 プラゴミ回収。

――まぁ こんな感じですから 半ば当然のように今週の自分のゴミ袋は
先日掘り出したばっかりのやたらデカい袋を装着して とりあえず
今週のゴミ回収は出しに行けない状況を整えましたということで。

まぁ 仮に自分のゴミに入れる前のプラパックの洗いが少々雑だったとしても
この時期に週間放置していたとしてもさすがに腐って匂いがすごいことになったり
……みたいな悲劇はないと思いますしね。 その意味では気楽になったものです。

――ただ 最近 洗面台やキッチンの排水の方がいろいろと
気になる問題を抱えているような気がする点については…… とりあえず考えないで。

因みに この三連休仮に体力ごっそり刈られていなかったならば
年末に大掃除する機会なかったし この辺の作業やっていたんじゃないかな~
……みたいな「もしも」の話をついでに付け加えておこうかと思いまして。



これまたサボタージュについて。 ――なんか小噺思いついた順に並べているつもりが
基本「サボタージュ」という共通項で結ばれているような気がするのだが……。

外食効果
今の自分がひょいと外で食べたいな~

とか思い出した時に
気軽に行けるとなると 基本的に
牛丼業界になるわけですが
その時にやたら感動を覚えてしまったという
少し主婦臭いかもしれない話題。

「あ。 今日は台所立たなくていいんだ」みたいな。

まともな料理していないのに。

とはいえ 特に何も特典がないというのに行く余裕とそれに目をつぶる勇気も
今のボクには持ち合わせていないということで。 チキンだね!!

まぁ 先日母親から「私は使わないし」って言ってもらった大量のクーポンの中に
松屋の無料券とかその辺が混じっていたから使い切りたかっただけなんですけどね。

さらに 店に行ってみたら豚汁が結構割り引かれていまして
その辺にホイホイつられた結果 それなりに量食べることができました的な。
なんか 下手な学食の定食よりも充実しているような気がしますしね!!!

……とはいえ それなりに量盛っておきながら大体学食プライスで
済ませることができるあたり(クーポン効果ありとはいえ)さすが牛丼屋ですね。

でも 一人で暮らしていたならば情報収集とかの力も弱く
新聞もとっていないので 広告などのクーポン券なんかも手に入りませんからね。
――神戸周辺でクーポン券(食事系)余らせている方がいたらこちらまで←


先日ふとケータイに届いたメール「成人式の学校打ち上げのお知らせ」
……へ~ 文面ではすでに学園祭の後の打ち上げというのが中学でやることを
皆 知っている前提で書かれていますが そんな中その情報初耳な人←

――そういえば 今年はボクらの歳で成人式ってことになるんですね~

基本的に 中学時代は個人的に黒歴史――だと 当時は思っていましたが
まさかの高校時代がそれを下回ってくれたおかげで今は特に何とも思っていないという
出来ればこんな形に終わらせたくなかったみたいな展開になっているのですが。

でも 冷静に考えてみたら ボクすでに住民票(免許取得のために)
既に神戸に持ってきてしまっていてこちらで成人式に出られるのかが完全に不透明。

……まぁ この事実がなかったとしても おそらくこの時期は
後期の期末テストラッシュ・序盤に見事に食い込んでくれることが予想できて
基本的に成人式って月曜日にやることになるでしょうし 打ち上げやるなら
その夜でしょう。 ……ほとんど確実に 翌日朝に間に合わないフラグなんですがね。

火曜日朝が確実にその時にテストがないと言い切れるのだったら
考えられますが そのほか火曜日の授業ラインナップでその辺の勉強が
全くできないという第一前提を考えるにあたって ただでさえ辛いこの空気。
――まぁ 仕方ないよね。 色んな意味で。 人生割り切ることも必要よ。

TOP

宝探し!

2012⁄11⁄25(日) 00:00
全国結果
とりあえず ここ最近の記事の
傾向として まず写真ありきで
それに関してボクが一言二言
何かつぶやいていくってスタンツが
固まりつつあるような気がしますが……
もっと文章成分ほしいとこだよね。

――なんて書き出しにしておきながら
今日も例にもれず
いつものテンションで続けていこうとか
考えている私がいますよ~ 

のっぴぃです。

全国大会の結果が本格的に帰ってきましたが 前にあらかじめ宣言したとおり
ここ最近はなんだか全体的にスランプ的なのか そもそも最初から
できていないんじゃないかとかそんな説がありますが 結果は見てのとおりですよ。

――とりあえず あと一歩で競り負けたって展開が非常に多かったりするので
全体的に「勝負弱い」というのが結構悲しいところだったり。

まぁ どっちにしろダメな部分ってのはわかりきっているんですけどね。
前みたいに「だからこいつらが……」みたいなことやってる間は
多分 何にも変わらないとみてもいいのかもしれないな程度は思っています。

ついでに そろそろ贅沢言わないから9000mは少なくとも
毎回の大会内で一度は出しておきたいなって思ってはいるのですが
この辺りの目標は立てて現実味を帯びる形になるのでしょうか??

今大会は なんか上位の方でいろいろともめごとが起こっていたようですが
とりあえず 称号とかは気にしないでいた自分的にはそこまでこの話題に関して
興味がないというのが正直なところです。 ぶっちゃけた話を言うなれば。

ただ この処分について通報があったからプロジェクト組んだのでしょうが
一応念を押して確認したいのは コナミさんがその通報だけを根拠にするわけではなく
自分たちでも(少なくとも得点が高い方のプレー結果は残しているでしょうし)
何かしらの調査をしたうえでこの処理をしているかどうかだけは念押ししておきたいなと。

――根拠通報だけでってなったなら いろいろと怖いものがありますからね。
極端な話 究極のハブリに陥った場合 意味なくデータ消される可能性もありますし。



宝探し01
なんか話がそれてどっかに
飛んでいきそうになっていましたので
とりあえずお茶濁しも兼ねて。

アカデミーアドベンチャー新マップ追加されてました。

なんか 特に直前に騒がれるようなこともなく
静かに追加されている点考えて
このモードはどんなルールで
データ出されていっているのかが
少なからず気になったりしたボクなのですが
まぁ それはさておき。

宝探し02宝探し03
ついでに 基本的にこれらのアカデミーアドベンチャーで拾ったセリフは
写メして保存しているのですが そのあたり見ながらどうも気になっていること。
……このモードにおいて 我々プレーヤーの立場というのはなんなのでしょうか。

今回は 自分のプレーヤーキャラがストーリーに一部かかわるということで
(できるだけ ネタバレから遠い部分から画像を持ってきたつもりです)
吹き出し内の呼称が「あなた」という言葉で統一されているのが非常に気になって。
でも すごろくのコマのように動かしているのはちびキャラでしょう??

……と 言うか これについては「一人芝居」と見てごまかすのにも
いろいろと困る部分があったわけで。 ――まぁ 考えるだけ無駄ですけどね。
――まぁ とりあえず ぼやくとしたならば「フルボイス」の件について位でしょうか。



黄金01黄金02
と まぁ そんななんやかんやがありまして 無事黄金賢者なりましたです。
一応 自分の過去最高段は黄金賢者五段ということで。
……まぁ この辺になってくると死兆星が立ちふさがることくらいわかってますよ……。

――まぁ この時期になったら去年のボクはさすがに昇格は止まっていましたが
やっぱり 金銭的な部分が大きく足を引っ張っているのでしょうか。
歩みは遅々としたもの、と 考えるのが手っ取り早い気がします。

……まぁ なんとか今作については 宝石は夢のまた夢だとは思いますが
かろうじてプラチナくらいにはなれるんじゃないかなって期待はしています。

黄金03
なお 最近のグラフ とうとう
社会まで5に上がっているようです。

……まぁ これに関しては 可能性としては
三つ考えられます。

①社会の正解率がグーンと上がった。 ②理系が下がった。 ③左辺が底なし沼。



……ここ最近 あえて→の正解率はいじっていないのですが――以下、略。

TOP

芸術の秋!

2012⁄11⁄24(土) 00:00
とりあえず 先日も愚痴っていたように 今週の平日四日間は
連続して語学(苦手教科)のテストが控えているということで
なかなか面倒だった……と いうか 神経がどうかするような感じでして。

ついでに言うなれば この辺りボクの場合は少なくとも
ガチで勉強しないと即 単位を落としかねない感じになりますので
そのあたりのボクの心境というのもまぁ ある程度はわかってくださいな。

――で 一部 ブログ周りとかがおろそかになっていた部分もありましたが
その辺 ご了承いただければ……まぁ 今書いても遅いですが。

さらについでに 先日母に連れられて奈良へ行って以降それなりに
記事の生産体制は整っていたはずだったのに この辺の日付に貯めなかったおかげで
もうすぐで枯渇しそうになっている現実というのは……気のせいだよね。

まぁ テストのもろもろについてはまた後日書かせてもらうということで
一応 これネタとして使えるなってストックしていたものについては
ぼちぼち出していこうかと。 ――てなわけで 本編入ります。



美術館01美術館02
とても今更な話ですが 芸術の秋、ですよね。
……と 言うわけで 先日神戸の方にやってきている某有名絵画を
見させてもらうために 神戸の博物館の方へやってきた模様です。

――なんか 先日は正倉院展にもいったし 今年の秋はこんな意味で
絵画とか芸術とかそっちの意味での秋を堪能できることになるとは
つゆほども思っていませんでしたからね。 ……今思えばどうしてこうなったんだろ。

とりあえず 博物館の外観(当然 中では写真なんか取れませんし)の
もろもろの空気からどの絵画が目玉なのかはわかるかと思います。
「真珠の耳飾りの少女」とか日本語では呼ばれていますが なんだかんだで
どこかで見たことがあるように思う人も結構いるかとは思います。

――と 言うか絵画見るために行くのが「博物館」ってのが
いまいち自分でも解せないものがあるような気がするのですがそこは気にしない。

――そもそも 基本的に質素倹約とかその辺を心がけているボクが
ただ理由もなしに絵画見に行く機会はほとんどないといってもおかしくないでしょう。
……てか ボクの今までのキャラ的な意味で絵画好きって要素は皆無に等しいでしょう。

わかりやすい例としては もしもボクが絵画好きだったとしたならば
先日QMAで発表されていた美術検定を廃プレイしていたとしてもおかしくないですし。

まぁ この辺りにはいろいろと裏事情がありまして自分勝手に最大公約数を
考えてみた結果 ここにたどり着いた……みたいなのがざっくりとした説明。

中身をもう少しかみ砕くならば 一つは大阪の方にいる祖母が神戸で会いたいとのこと。
……で とりあえずそこそこの予算で しかもジェネレーションギャップが無くて
そこまで激しい運動なんかを伴わないでゆっくり会える場所が必要だったと。
※神戸は坂が多いので 歩き回るだけでもかなり体力を使う羽目になります。
そのため 「散策」するについて少しハードルが高いような気がするんですよね。

そんなときに こんな感じのイベントがあったことを知ったら
それに即決するかは別として 候補に入れてもおかしくはないでしょう??

もう一つはボクが大学で履修している教養科目で西洋美術史をとっていて
これの課題……と 言うのかもしれませんが この絵のほかにもいろいろと
某美術館から持って来れられた絵もあるということで この企画展を
見に行くこと、というのが課されていたりするんですよね~

なんかいろいろと自分の都合のいいように話を進めている気がしますが……。
――でも ボクの頭の中ではこれ以上に(履修科目の利害を除いても)
いい考えが思いつかなかったわけで なんだかんだでそのまま決行したわけで。

なお 普通に行くとなるのだったら 「へ~」とか言いながら額縁の前を
流されるままに流れて行ってその展覧会おしまいってことになりかねませんが
自分には上記のように「勉強に来る」という一面もあったわけで
結果的に メモパッドとシャーペンを片手に歩き回る羽目になりましたが まぁ。

①空気読めてないんじゃね?? 親戚付き合い的にそれ、どうなん??
②まぁ お金払って見に来ている価値はあるように見えるよ……ね??



なお ただ「この企画展見に行ってね?」だけだったら やるやる詐欺があると
先生も考えたのでしょう。 定期テストの内容にこの企画展の話題を出すと
告知してきたほかに まぁ 小レポート提出みたいなのを授業中にやるみたいで。

それに備えるためにもどんな絵があったのかとかどんな背景で描かれたのかとか
そもそも 画家のプロフィールその他について(周りの流れを完全に無視して)
メモパッドに書き取っていた大学生やっていた模様です。

――まぁ 結局祖母もメモ帳取り出したりしていたわけで
それはそれで いい刺激になっていたのかどうか。 まぁ かなり待たせたのも事実。
……とりあえず 中にベンチがある空間でよかったとは思いますよwww

――なお そんな感じで必要以上に時間を食いながら出てきたミュージアムショップで
なんか 祖母に「目録」プレゼントされました。 どうもです。

……まぁ これあれば少なくとも教養課程とかそっち系の意味では
相当助かるわけですが それと同時に直前まで頑張って書いていた歪んだ字で書かれた
メモが 完全に無意味なものとなった瞬間でもあったわけで複雑な心境。

――まぁ 実際に手で書くことで覚えられることもきっとあるよね!!!

ついでに言うなれば 仮にQMAの検定が残り続ける仕様だったならば
このタイミングで「美術検定」とかガチでやり始めそうな勢いな気もする。
……如何せん 完全にタイミングがアレだったと思うことにしましょうか。



そもそも なぜ美術史なんかを教養で取ることにしたか――まぁ
割り振られていた教養科目がもっぱら歴史系で 突き詰めるのが少々
だるいような気がするってのもないわけではないのですがwww

自分 多分すでに宣言しているとは思いますが この年末年始に
一種の入学祝枠で ヨーロッパ方面に旅行に出かけることになっていますので
そのあたり あらかじめ予習しておければいいかなって思っただけです。

自分が行く街の美術館なんかに面白い作品があることをあらかじめ知っていたなら
旅行プランとかも練りやすくなるような気もしますしね!!!

TOP

恐怖の足音←

2012⁄11⁄23(金) 00:00
プラグスーツ
とうとう、というべきなのかもしれませんが
QMAがエヴァとのコラボ
本格的に実装し始めたみたいですね~

半ば強制的にプラグスーツが届きました。

まぁ 個人的にはみーたんについて
スカート以外の服装つけた時の回答アクションに
違和感がすごいことになっているので
糖分つけるつもりはないわけですがねwww

まぁ 考えてみたら 街中歩いているとあそこもここも、みたいなテンションで
あちらこちらでエヴァがコラボしている何かの宣伝を見るような気がして
なんだかんだで結構必死に宣伝活動やってるんだな~  とか思ってみてました。

――高校生クイズ以外について少し疑問に思っているのですが
この辺りのコラボって コナミの方か向こうの方か どちらから打診されて
企画されているのか……みたいなのが 少しばかり気になります。

まぁ 高校生クイズに関してはどちらが打診するとかそんな次元じゃ
ないようなつながりがあるような気がするからとりあえずパスするにして。

コラボ01コラボ02
で 案の定全国大会やっている間にも出てきましたよエヴァ問。
――このコラボが告知されたころにボク 「プラグスーツでとどめといてくれ」
みたいなこと書いた気がしますが やっぱりというかなんというか……。

ついでに言うなれば すでに過去のアーカイブ検定で「ロボットアニメ検定」をすでに
消化してしまってからのこの企画だけに いろいろと遅かった感というか
「え?今やるの??」みたいなイメージが個人的にはかなり先行している事実。

この流れで上の事実がなかったならば 次期検定でロボアニ検定を
エヴァ監修で大々的にやるという話が上がったとしても許せるものがありますが
この今になってこれっぽいものが上がったならば いろいろと不満が爆発しますね。

そして もはや この辺のアニメ今まで一秒も見たことがないような人間とすると
巷で聞くところによると普通に見ている人間でも戸惑うような問題が
ゴロゴロ出題されているみたいじゃないですか。 ――やめてぇぇぇ!!!

こう 食わず嫌いのようなものもあるのかもしれませんが あまりこの辺に
自分は心躍りませんでしたし 基本的にまったりのんびりと進んでいく程度の
物語が個人的には好みなので――好き嫌いが激しいんですよね。 アニメに関しては。
※まぁ アニメ以外に関してもいろいろな場面で食わず嫌いしていますがね。

ついでに言うなれば 明らかにアニメとは違う分野に軸足おいている問題にしても
これの監修になった途端 マロン先生が抱え込むことになっているようですから
その意味では 一種皆に毒が回った面を考えるとそれはそれでどうなのでしょうか?

元凶
ただ いつもおびえていた
水色のホウキ乗った皆様にいつもとは
違う意味での恐れを抱いているのは
事実だったりするので……仕方ないよね。

――ついでに言うなれば そろそろ
いい加減にアニゲー4割は超えてもらわないと。
いろいろと鍍金にしても悲しすぎる
現実が広がっている気がするんだ。
(↑なんか数字が低い意味で
  おかしい気がする点は気にしないこと。)

……なんか 賢王さんもしっかり水色投げているような気がするのですが。
このような人たちって この時たま飛び出してくるエヴァ問題を
どんな目線で見ているのやら。 ――自分とは違う次元だけに少しばかり気になります。

逃げ01逃げ02
で なんか当時 全国回しているのもなんだと思ったので
なんだかんだで協力に潜ることになったのですが こちらでも出てきますね。
――そりゃそうだ。 エヴァ問。 しかも パネルでもあるんだ。

基本的に これらの問題って点数配分とかどんなふうになっていたのでしょうか。
自分の場合 この問題見事に全員外したのでわからずじまいだったのですが。
――そして 限定だとわかっているからなのか 回収する気にもなれない事実。

ついでに この時に引いたメンバーがなんかレアなキャラなような気がしたので
それはそれで 別の意味でもつぶやきのネタになるのではないかと。
……普段回している間でもあまりお目にかけない方々のような印象。



日本映画ハリウッド
ところで 今まで出てきた検定がどうだったか前述の
ロボットアニメ検定の有無の確認も兼ねて見直していた時にふと思ったのですが
まぁ 方向性がほぼ同じってのはあるかとは思いますが
いくらなんでも日本映画検定とハリウッド映画検定の絵柄近すぎません??

一応 アイコンに関しては日の丸があるかないかの違いだけみたいですし
紹介扉画像に関しては なんか見えにくいですが後ろの方の背景に
日の丸が写っているのあ星条旗が写っているのかの違いだけに見えます。
――ほかにありますかね?? ……まぁ 過去作との違いを考えるとわかる気もするけど。

TOP

半年遅れて五月病

2012⁄11⁄22(木) 00:00
少しばかり愚痴というかなんというか言わせてくださいな。
最近 言うなれば「五月病」と言っていいような状況が続いています。
――何をやるのにもだるい。 もっと正確にいえば特に勉強に関して。

だから ある程度ブログ的な意味ではテンションがやたら高いわけでもなく
「普通」って感じなのですが 大学から帰ってきてすぐにゴロゴロ。

――まぁ 不幸中の幸いというか 大学での授業に関してだけ言うなれば
「英語オーラル」を除いては まぁ普通のテンションで受けることはできていますが
家に帰ってまで宿題とかやってらんねぇ……  みたいな感じです。

――なお 英語オーラルに関してはそれ以前の問題だったりしますが。
とりあえず そのあたりのぐちゃぐちゃはあとで改めて書き直すとして。

この辺りについて冷静に分析してみたならば 五月病の定義として
四月に始まった新生活――ここでは新学期に絞ろうかと――に対して
慣れとかその辺の感情が出てきた結果出てくる倦怠感だとします。

で 今ボクが直面しているのが後期の十一月の中盤から終盤にかけてのこの時期。
後期が始まったのが十月ですから…… やはり 根本的には五月病で間違いなさそう。

まぁ 生活面に関しては それこそ前期からの延長線上とも言えますし
そもそも そのあたりのモチベは「生存戦略」ともいえるベクトルで
働いている部分もあったりして 思ったより削れてはいない模様。

そもそも しっかり自炊その他を心がけるようにやっている根本的な原因は
「QMA(正確にはみーたん)」にいろいろ貢ぎたいという下心ですから。
――下心の透けて見える決意にはこの五月病 効果をなさないようです。 ゲヘヘ。

掃除に関していうならば 先日母が来た時に徹底的に掃除してくれたので
その直後位はどうにかなっている感がありますが 果たしてどうなるか。

実際 今ふと部屋を見てみたら さっき脱いだカッターシャツとコートが
抜け殻のようにして転がっている惨状が目に入りました。 ――長く持たないな、こりゃ。

で ボク(一応 外部からの評価的には比較的真面目に勉強しているサイド……
……に あたるらしい??)もこうなっているからには
全体的にそのあたり だらけてくるのかもしれませんが やたら小テストの波が。

(まぁ 大きな声で言えないようなことも付け足してみるならば 先日の学園祭の
準備のためなのか どちらかといえばそっち方面に燃えている人なんかは
授業をさぼってそちらの準備始めてたりしているおかげで 一部の先生は
飽きれているようななんというか……みたいな表情をしていたわけで……。)

――まぁ その内訳をみると「語学だけ(てか語学全部)」っていうのが
何かこの辺の語学を苦手としているボクには地獄に思えるんですけどね。
……ついでに 「小テスト」とか言いながら 割合中間並だったりしますし。

数学とかその辺と語学がいいバランスで配置されているならまだしも
このバランスでしかも 同じ週に月から木まで連日語学テストやらされるとすると
さすがに音をあげたり 愚痴りたくなるってもんですよ。
……しかも 背景描写としては 絶賛五月病発動中ですしね。

特に愚痴りたいのは英語のオーラル。 なんか口頭での試験だってさ。
自分 この辺りに関しては医師の証明書出してもいいレベルで
いろいろと面倒くさい部分抱えているからさ。 いい加減にしてよ。

――とは言いつつ なんか無駄な努力のような気がしつつも
ぶつくさ言いながら(五月病程度には)やっておく自分って偉いよね←

まぁ そのおかげで その週末に関しては月・火に関しては
目を通すくらいはできたけれども 水曜日の主に英単語とかがかかわってくるらしい
小テストとか フランス語の面倒な過去形系統のテスト勉強が
全く手付かずになってしまった点は……目をつぶった方がいいかしらね??

まぁ それに加えて これに関しては毎週のお約束になっていますが
物理数学が毎週やたら時間を食うレポート課題を毎週課していますしね。
――うん。 五月病以外の要素もだんだんと紛れ込んできたよね。

とりあえず 今週の週末に関しては(なんか別の定期テストが新たに入って
フランス語文法は また何か来る気がするし)この三連休をうまく使いながら
……という気持ちもないわけではないけど 五月病大丈夫かな??

――さっきから「五月病」タイプしながら 本当にこの時期に現れる
日本の大学生限定なのかもしれないけどこの現象に何か名前を付けたいと思う次第。
……「十一月病」ってのはベタだし 何より韻が悪いしなぁ……。



とまぁ そんな感じでメイン愚痴つぶやいていた次第なのだけれども
後半に関しても基本的に愚痴オンリーで固めさせてもらうよ。 ヨロシク。
(――なんか 今日の話の口調全体的にボク おかしくなっているよね???)

今更になって気が付いたことなのですが 大学生活に入ってまだ 縦書きで書かれた
板書とか 縦書きでノートを書いた記憶がないことに気づきました。
――と 言うかもう扱う機会もないかも??  ……いや。 特に話の発展はないけど。

でも とある授業教室に行ったとき その教室を使っていた前の授業が
古典かなんかだったのかもしれませんが その黒板がうっすらと残っているのを見て
ふと 頭によぎった事実だったりしたので 特に深いことはないのですが。

特に身もふたもない世さ話。 とりあえず愚痴っぽいことを書いてみよう編。
数学の授業ほど常時スライドで授業見せられても意味がない授業はないんじゃないかな。
……これに関しては 愚痴というよりもあきれも混ざっているわけですが。

とりあえず 教科書をスキャンしたものをでかでかとプロジェクタに乗せて
それにレーザーポインタを当てながら基本的に教科書の朗読するだけなら
多分 それって授業と言わないのではないかと心から思うのです。

――多分 それって「予習」でやるべき内容だと思うのです。

おそらく自分だけではないと思うのですが 数学をはじめとして
数式を扱うものってのは 自分の手を動かしてなんぼって部分があるじゃないですか。

一応 ボクもその講義の最初の方は頑張ってそのレーザーぽんとと数式を追っかけて
必死で食らいついていたのですが さすがに無理というものがありましてですね……

……基本的に 授業で轟沈している人ってのはあきれる目で見るもんなのかもですが
これに関しては多分 轟沈しているのって生徒だけの責任じゃないと思うんだ。

TOP

第6回全国とか

2012⁄11⁄21(水) 00:00
印象01印象02
軽く全国大会についての話書かせてもらいましょうかね~

――毎度毎度気になっていたのですが ほかのモードと比べて
ホウキに乗っているときにには画像タッチ問題としてやたら
アフリカの地図が出てくる問題を見るような気がするのは気のせいかなと。

……まぁ 確かにあまりトナメに表れる機会が多くないのも事実ですが
その辺を考慮してもどこかバランス的に気になるくらいは
このモードでしか確認していない気がするんです。 アフリカの地図。

――まぁ 画像タッチで出されて一番きつい部類というのが
この辺りの国々ってイメージも確かにあるわけですけどね……。

一応 このほかにもギニア湾の拡大地図なんかもよく見ますね。
――存在だけは 古代生物検定の時に出てきた記憶のあるアフリカ南部の問題も
あるんだろうな~ ……みたいな記憶はあるのですが
ホウキに乗っているときにこの地図も確認したことあったかな??

――そのほか アラビア半島の地図も見覚えがあるような気がするな。

10回目
と まぁ そんな感じでなんか今日に関しては
どうせまとめているんだったら
なんとなくこのモードをやっているときに
感じた感性的なものも
別に記録していても構わないんじゃない??

みたいな精神で書きました。

……まぁ とりあえず 今回の全国大会の感想くらいは書きますか。
――一応 10回の段階ではこれなのですが……。 ぶっちゃけスランプ。

とりあえず ここ最近は少なくとも なんだかんだ言いながらぼちぼち
8000メートル台は時々はたたき出していたような気がするのですが
なんか 今回の全国大会では全く振るわず……みたいな印象。

だからと言って 今までのそれがやたら右辺に偏っていたから
左辺と右辺のボクの持つそのアンバランスさが相まって――みたいな簡単な話に
帰着できるような背景でもなさそうな気もするしなぁ……みたいな。

まぁ ざっくり行ってしまうならば ここ最近魔龍ばっかりやっていたおかげで
ほかのジャンルに対する適応力が相応に落ちているというのがありえそうな仮説。

――やっぱり まんべんなくやらないとダメになるものはなるんじゃないかな。
……だとしたら たとえ100円2クレでできるような日くらいは
もう少しチャレンジ的にトナメに突撃するくらいの努力はするべきなんじゃないかと。

まぁ 調子乗る内容はその背景が整っている前回の間に
無茶苦茶書いておいてよかったような気がするなぁという独り言。

マイル
ちなみに マイルの方がやっとこさ、
一万超えたみたいです。

遅ッ!!!



今更ストーリー01今更ストーリー02
これもこれで少し遅いですが アカデミーモードのマップのスライムの方
全国大会でグダグダしている間にこなしてきました。

なんか こちらで出てくる先生イベントというのはとりあえず会話するだけで
ついでに出てくるマスの色が先生の担当ジャンルということでもないんですね。

そして スライムが出てきたり出てこなかったりでいろいろと面倒だった思い出も。
――とりあえず こちらで先生がしゃべっていたこともプレイ内で撮れたものは
一通りは画像回収しておいたけど こちらも暇があればテキスト書き起こすかもです。



ところで ここ最近QMAプレイヤーさんが触れる一つの話題として
なんか クリアファイルを配っているイベントがあるようですが
これ まったくボク的に触れていませんし軽くしゃべる程度はしておこうかと。

……まぁ この冷めてる対応からもわかるように 自分はこれに興味を持っていません。
――まぁ ちっちゃい二人のクリアファイルもらえるならもらいたいですけどね。

とりあえず その背景にあるのは こちらに来てからも一度あった
「けいおん!」フェアにおけるクリアファイルを手にするために
自分が何をやったのか ――残されたお菓子地獄。 このトラウマに近いものがあります。

まぁ 残されたお菓子もさることながら 使うことのないクリアファイルが溜まるのも
下宿生としてどうなのかな~  みたいな気もするので とりあえず今回はパスしようと。

あと キャラごとのアイテムじゃなさそうとか そもそも
キャラがぞろぞろ並んでいる図柄ってのが手抜きっぽさ丸出しで
いろいろと残念に思ったってのも その現物を閲覧して思ったことですし。

TOP