下宿生メモ

2012⁄10⁄28(日) 00:00
別に料理が趣味でもなんでもない人間にとって 毎食毎食の心配を
していかないといけないものというのはなかなかだるいところがあります。
でも 人間……と 言うか 生物の営み的な意味で食事を抜くことはできません。

――と 言うわけで 毎食毎食をいかに適当に済ませるかという思考回路
そして 自分の場合はかつ いかに安く済ませるかという思考回路が作られています。

それは どこの店がどんな割引キャンペーンをやっているのかという
把握から始まって お惣菜はどこのスーパーがどんなものを作っているのかとか
地元のおばちゃんとかが経営しているお惣菜屋さんはどうかとかを調べるとか。

ついでに言うなら 外食は基本的に論外ですし 自炊するなら
一番(後々のことも考えて)手間や料金が少なくて済むかなんかも判断材料です。

――最近はやりの弁当業界もボクに言わせりゃまだ 高いですからねwww
学食並みの値段で食べられる店が下宿街にはあってもいいと思うので
只今 そんな内容の店を誠意捜索中なのですが どうなんでしょうかね??

まぁ ケースによって考えてみると たとえば休日の昼飯。
大寝坊をしでかすパターンもありますから 手間暇はかけたくない。

で できるだけ簡単な操作で終わるメニューを考えると
ボクの場合このタイミングでかなり使う手段が即席ラーメンをゆでてみるとか
仕送りに頻繁に混ぜられてくるパスタをゆでるとかやってみるわけです。

一応 延べ一日の食費を1000円以内に収めるというのを目標にしているので
たとえば プライベートブランドの即席めんの束を買ってきて
それに適当にもやしやソーセージを放り込んで放置しておけば
それなりの値段で手間もあまりかけずに食べることができるので。

パスタに関しては……まぁ ゆで時間は長めですが こちらもほとんど手間はない。
丼を運ぶときにやけどする心配もないですから その点も安心です
(↑先日やらかして親にも放っておかれたのが少し尾を引いています)

パスタソースも仕送りの中に紛れ込んでいたり 今では
先日自分で手作りしたやつが冷凍庫に入っていますからね~
(そのおかげで 最近の冷凍庫の中身がパンパンという……)

あと 週末から週初めに関してはカレーの類を一気に作るのが習慣化しています。
――と なると 一人暮らしがカレーを作ったら……の典型的例として
結果的に 一週間の半分は家での食事がカレーというカオスなことが起こるわけで。

……まぁ これは裏を返せば 日曜日の夕飯だけ頑張っておけば
少なくとも週の初めに関しては 特に自分で料理をしなくても済むということで
せめて 夕飯に適当なカレーにかけられるお惣菜を探してみれば終わるわけですね。
――その例としてよく使うのは エビフライとかチキンカツとか。

まぁ これを作るときのお金も一見したらそれなりにかかる気もしますが
なんだかんだでそれを何食にかけて食べるのかってのを合算すると
相当お安く済ませられるという現実があるので 当分この流れは続きそう。

まぁ こんな食生活を毎週続けていたら食の偏りがすごいことになりそうですが……
とりあえず 人参とかジャガイモとかその辺の野菜はここでまとめて
摂取していると考えれば言い訳にはなるのかな……???

なお ↑みたいなことがあろうがなかろうが ほぼ毎食のように
野菜サラダ(たいていお惣菜のポテトサラダを上に盛る)が付いてくるので
その意味では 結構ベジタリアンな食生活を送っているのかもしれません。



なんか 話の入れ替わりがすごいことになっている気が後からしてきましたが
この後は ほぼ真逆の意味合いの話を書かせてもらおうと思います
――とはいっても ↑で書いているコンセプトに反する内容ではないですが。

こう トイレで用を足している間ユニットバスの白い壁を眺めながら
これから冷えてきて湯冷めしやすい時期 毎日とは言わないけれども
トイレカバーを洗濯するときくらいは普通の風呂に入れないかなって考えていたり。

基本寒さには結構強い身体していますが 寝起きの布団と外気のぬくもりの違いと
気化熱による風呂上がりの湯冷めというものは 人並みに恐れているところで。

ユニットバスの場合は(この単語で間違っていないかいまだにかなり不安ですが)
トイレと風呂が一緒になっているということで 湯船でシャワーを浴びたくないならば
トイレ側でそれを使ってみるくらいしかないんですよね。

トイレカバー(布製)が居座っている間はそこらに水を飛ばした時には
何が起こりうるか――というのは 説明するまでもないでしょう。

そんなわけで トイレカバーが居座っている間にはこれをすることが
できないのはわかりきっていますし ついでに言うならば財政的な意味で
銭湯はおろか 毎日のようにお湯を沸かすのも辛い部分でもありますしね。

洗濯のスパン的に考えても これをさらに洗濯の日に毎日やるというのは
辛いところはあるのもあるし――でも 考える種にはなるかもしれません。

……と 言うか そもそも一年目でどんな生活をしたらどれくらい
ライフラインで金銭が削られていくのか体験してみないとわかりませんからね……

だから ↑みたいなこと書いておきながら なかなか確定したことを
考えられないというのが一番じれったいですね~ ――基本的には
解答が最初から見えている中でやっていくのが一番やりやすい気がするんですよねwww

ちなみに それと同じようなノリで 温水にするか 光熱費的なのを少しでも
削るために水で済ませるかの俗っぽい争いが自分の中で繰り広げられています。

具体的に言うのなら 朝の身支度の顔を洗う時の水を冷たいままにするのか否か。
下宿という立場になって追加された要素を加えて考えてみるのならば
皿洗いとかをするときの水もどうするかどうか考え物です。

――まぁ 皿洗いに関してはこれが手先の冷たさにかかわるのも事実ですが
その他にも 汚れの落ち易さとかにもかかわってくるんじゃなかったかしら?

――まぁ どっちにしてもボクは末端はとても冷えやすい体質なので
なんだかんだ言っておきながら 手袋の出番は早かったりするんですよね。

――みたいなこと書きながら 機会があれだったので 寝巻の方
上も下もとりあえず長くしておきました。 もしもの時があったら困りますし
特に一人暮らし 念には念を入れておいた方がいいと思うんですよね。

TOP