Halloween!! 2012

2012⁄10⁄31(水) 00:00
ハロウィン
お菓子くれなきゃいたずらするぞ!!
――そんな時期になりました。

とりあえず ハロウィンということで 気持ち的には
成人式を迎えないで迎える=ギリギリ子供?  状態での
最後のハロウィンということで
その目線で周りを見渡してみるのですが……

――正直な話 ローソンフェアで「けいおん!」が取り上げられるたびに
積み上げられるお菓子ですらすでに 処理できない域になっているので
とりあえず 最後のハロウィンに関しても 全力で辞退する方向へ。

と 言うか 最近は特に 生活的な意味でもう少しまともになりたいと
思っているボク的には 「お菓子」という言葉をお金に換えて
「同情するならカネをくれ」的なことまで言い出しかねない勢いで

……あれ? なんだかいきなりほほえましさが消し飛んだ気がする。

どうも。 結論もないとりあえず 語っておくだけの駄文って
ネタが思いつかなくても適当に穴埋めに使えますから
スランプに陥っているときにはとてもやりやすいんですよね。 のっぴぃです。

そんなわけで この話に関しては ほかの記事を差し置いてでも
少し 早めに書き始めています。 ――だって 方向固めやすいんだもん。

ちなみに 最近は様々なものに関して見事にスランプに陥っていて
このブログの記事もそうですが 類似するものとしてたとえば
勉強(自習)における集中力などを挙げることができます。

何だか つい最近に「前期の時の経験を教訓にして もう少しまじめに
授業に取り組んで予習復習をしっかりと」とかしゃべっていたセリフが
今考えてみるととてもうすっぺらく見えてくるから不思議ですよね。

さて ハロウィンで大体要求されるのはお菓子ですが 上に書いている内容的にも
どこか通じるところがある気もしますが 大概男ってのは
このくらいの歳になってくると お菓子ばっかり食べるのは辛いものが。

逆に 同じ入れるんだったらがっつりしたメシくれ、メシ  ……みたいな感じで
スイーツとかとは程遠い場所に至るわけですが 逆に女の子になると
大学生でもケーキバイキングとかに憧れたりする絵が思い浮かびます。

代わりに いつもの食事は結構控えている――と 言うか
人によっては必要以上に腹回りを気にしている気がするのは気のせいでしょうか?

まぁ それに関してパターンにも分かれますが 人によっては
「多分それは 食事じゃなくてお菓子について考察すべき」とか思うことがあるボクは
おそらく「女心をわかっていない」と口攻めにあう未来が待ち受けています。

――ただ 家族一同(本人を除く)が一致して まさに上記のことをやらかしている
人間が身近にいるものとしては やはり……みたいな部分なのですがwww

ハロウィン生協
で そんな女の子を
取り込もうとして始めたのでしょうか??

なんか 気が付いたら生協の食堂の方で
こんな企画やっていたみたいですよ。

トリックオアトリート!!  って 大学生が食堂に押し掛けることは
おそらくないとは思いますが まぁ この辺のイベントは基本的に
大体消化するもんなんでしょうか。 生協って。 大変ですね。

ちなみに ボクの把握している限りの食堂で量り売りしているお値段はといいますと
大体どこの食堂にもおいてあるサラダバーは1グラム1円。
某所で見つけたおかずバイキングという形になると1グラム1.2円。

このお菓子のバイキングは1グラム1.5円ということで
そのあたりの相場を考えると 下手したらワンホールケーキを切ったのが置いてあって
「早い者勝ち」とか言う状況になっているんじゃないかとか思いますよね。

ぶっちゃけ お菓子とかは素の話をしますとスナック菓子を小腹がすいたときに
ポリポリとかじる程度のボクとしては こんなイベントがあったとしても
おそらくは関係ない民族になるのでしょうが 状況くらいは見てもいいでしょう。

まぁ 今月ピンチですから仮にワンホールケーキ置いてあったとしても
多分かじる予算すらねん出できなさそうなんだよね~  とか笑いながら。

結論→なんか ちみっこいワゴンにカントリーマ○ムとか乗ってました。
なんか 雰囲気だしのためなのか ちみっこいテープレコーダーが置いてありました。
と 言うか この数行でほとんど形容しきれている気すらしてくる始末です。

もう少し「バイキング」って銘打っているくらいですから 皿数とか
手作りのものもすべてとは言いませんが並んでいると期待していましたし
かぼちゃパイとかその辺もあっておかしくないと思うんだ。

――うまい形容詞が出てこないのですが とりあえず「がっかりです」って
書いても差し支えないレベルだと思うんだ。 広告の割には……。
なんか いろいろと悲しくなりそうだったのでボクでも写メるのは自重しました。

まぁ 冷静に考えてみたら そんなことしている暇 ないのかもしれないけど
もう少し手作りみたいなのが並んでいるものかと思いましたよ。

――ついでに言うならば これって普通に買った方が安いんじゃないかとかとも。
ちょっと悲しくてまともに凝視していませんが 仮にここに
うま○棒なんかが置いてあったら ほぼ確実に赤字に至りますよね。

なんか 同じハロウィンパーティやるんだとしたら 皆で生協購買部で
お菓子とか寄せ集めて 皆でつまんだほうがおそらく安上がりになるんじゃないか
――と なると この企画は我々のようなぼっちな下宿生向けなのか!?

……おぉ、そう考えると急に慈悲っぽい空気が見えてくるから不思議です←

そういえば まだ自分の下宿の部屋には誰も招き入れたことないな~
――とはいえ そこまでおいそれと招き入れようと思うような性格ではありませんが。

ただ 4月から冷蔵庫の片隅を占拠している未開封のコーラが
なんか その意味での哀愁を漂わせている気がします。――よぉ、お前
今年の夏も暑かったな。 ……なんか 下手したら愛着すら湧いてきそうです。

まぁ 隣からはカップルデートの音が漏れ聞こえてきて――そろそろこっちも
慣れましたから その時の対応もわきまえているのですが
どうも それだけではなく 男女入り乱れた集団での会合みたいなのも
時々行われているんだろうな~  みたいなこともわかりました。

……それに全く憧れていないと言ったらうそになりますがね。

TOP

終わらせないよ!?

2012⁄10⁄30(火) 00:00
控えめシリーズ
とりあえず 今月はいろいろとお金を使う機会が多そうな気がしたので
新刊はあまりチェックしなかった気がするな~  ――と 言うことで
なかなかそれっぽい話題で記事作りにくかったんですよね~

……とはいえ ボクの事ですから「けいおん!」についてそれなりに書いとけばいいか!
みたいな軽い気分で挑もうとか思っているのですが。 ――というわけで。

読んでみたら「そらおと」とかも 事件の合間の平和な回中心で(個人的感想)
あまり激動的な内容かけそうもないですしね。 もともとレビューは苦手だし。

てなわけで “high school”売り出し始めていたようなので当日ゲットしてきました。
――魔龍狩りに行く日にできればフラゲとか期待していたのですが
さすがにまじめなアニメイトさんではフラグとかやらせてくれなかったようです。

ちなみに 特典の方は引換券を持って行くのを忘れてしまうという
とても残念なことやらかしたのでもらっていません。 何やっているのやら。

……まぁ 今現在でも下宿の中 すでに結構ものがあふれている状態なので
これ以上詰め込んでどうするって気分にもなるわけでして……
――その意味では ある意味考える時間ができてよかったのかもしれません。

まぁ もともとこの漫画(アニメ)に関しては どちらかというと
同情とか 高校時代の部活の評価について同意できる部分が多かった
某後輩キャラとしてやってきた女の子を中心に追いかけてきた人間なので
どちらかというとアフターストーリーとして気になるのはこちらの方。

ついでに言うなら いろいろと二次創作的な意味でよく表れていたのが
高校組の新入生だったような気がする(個人的感想)なので
色んな意味でcollegeよりもこちらの方を楽しみにしていた節が。

ついでに言うなら 雑誌の方はあまり自分に媒体としてあっていない部分があったので
基本 コミックス化されるのをずっと待っていたような立場の人間なので
――要するに どんなストーリーが展開されていたのか全く知らないわけで。

……なおかつ これの発売と同時に何か新しい新情報が流れてこないかとか
期待してもいたのですが これに関しては何も言えない気がしますね……。

――カバー絵については企画デザインとかその辺の絵が貼られていましたし。
……とはいえ 地味にお絵かきの参考にもなりそうだな~  って意味では
この絵も個人的には喜ばしいことなんですがね。 ボク もともとすごく絵下手だし。

で 基本ネタバレを気にしない性格なのでどこまで書いていいのかわかりませんが
菫ちゃんとムギちゃんの接点が濃密だったおかげで 大学組にいるはずの
ムギちゃんの影がすごく表れているというのは個人的に結構新鮮でした。

――と 言うか後姿書かれていたらこの二人 関係が濃厚とかどころか
全く見分けがつかない気がするのはボクだけではないはず。
――唯憂姉妹に匹敵するんじゃ。 ……何かと絵が近いキャラ多いですね。

で こんな風にまとめて見させてもらうと ナンバリング時代から回収している
ネタもあれば まだ未回収で新たに蒔いて放置しているネタもありますしね……
――なんか 個人的には「このままでは終わらせないよ?」って言いたい気分。

――一応 気持ちの中では 「多分今度の4月あたりからあずにゃんも大学に入れて
一つの漫画シリーズで通していくこともできるんじゃないか」って期待することにします。

……同時並行で別の漫画を描くのに疲れているだけなんだよ。 きっと。
俗臭く書けば これほどヒットしているネタをタダで放っておくはずがないじゃない。
はい、そうですか。 って 放っておくはずがないじゃない。 経済的に。



絶対おかしい
軽く余談。 ――と 言うか 上の話で
どこまで書けるのかわからなくなっただけ。

先日 シムピープルのフリープレイ
(リアル時間軸通りに時が進む放置ゲー)が
なんか ハロウィン仕様に謎の
更新がなされまして ただでさえ
リアル時間軸に振り回されるというのに
なんか野菜が怪物化したり
料理作るのに二分の一で発火したりと
謎の改悪がされて帰ってきました。

――ヤバい、ただでさえ自分でトイレにすらいけない大人に
リアルタイムを合わせて介護するのにだるかったというのにさらにだるくなったわ。

……こう 時間ですでに縛られているんだから残りはまったりさせてくださいよ……。



ソース利用例
前にパスタソースを作った時に
「こんなのやってみようかな~?」
なんて言っていた内容を実践してみたら
こうなりました。――一応報告。

なんか 上とすごく内容が変わっているのは
多分気にしてはいけません。

マクドナルドで安売りしていたフライドポテト(L)を買ってきて
それに炒めた玉ねぎやピーマン、ソーセージなどを加えて和えて
(あぶれたポテトはそのまま胃袋の中に隠蔽して)チーズとソースを乗せて
そのままオーブンで焼いたらこうなりました。 結構手抜き。

……まぁ もともとがフライドポテトだったので触感というか
その辺は想像しやすい事態になっているような気がしますが
ぶっちゃけ 大学を終わらせた後の手抜き料理だと考えておけば
結構いい感じで手を抜くことができたんじゃないかって思います。

まぁ こんな時におかかふりかけを乗せていただくというのは
いささかどうかなって気もしなくはないのですが 賞味期限的なのとか
そもそも 在庫量がすごいことになったのでその辺は目をつぶって。

まぁ 料理なんてその時に思いついたことをやって行けばいいわけだし
主婦とは違って創作料理に手を出してみても 被害者は自分だけで済みますので
今の立場のうちにこの意味ではスキル向上をマジで狙っておくべきなのではないかと。

懐かし
マックつながりで 先日の魔龍討伐の時の昼食として
超・久しぶりにマックでの
ランチセット食べてみたので書くだけ書いておこう。

――テリヤキバーガーは幼いころ結構食べましたな。 懐かしの味です。
……今となってはチキンフィレオ(多分 こちらの方が後発だったから)の方が
お気に入りなのですが そうか そんな立場の人間だからこそ
「テリヤキチキン」の試食をするべきなんじゃないかなって思い立ちました。

……まぁ 予算が持つかどうかが大きな問題だったりするのですが。

この段においてSセットを頼むというのがなかなか悲しい部分ではありますが
まぁ その悲しさも含めて学生っぽいな~  みたいなレッテルを貼ってしまえば
強引にその辺覆い隠せやしないでしょうか?? ――とか 思ってみたり。

TOP

紫宝魔龍

2012⁄10⁄29(月) 00:00
101_20121027135842.jpg102_20121027135842.jpg
紫宝魔龍戦やってました~!!!  とうとう最後の龍さんやってきましたね。
――前作の魔神戦を思い出してみると 相当カオスなことになる予感www

……でも 前作も「魔神」ならぬ「魔人」戦だったことは記憶に新しく
見るからに鍍金な実力しか持ち合わせていない自分としては
上位に組み込める気すらしないこの中でいかに生き延びるかが焦点です。

103_20121027135841.jpg104_20121027135841.jpg
――って 意味合いでは 今作も「魔龍」ならぬ「魔人」戦なんですがね。
この結果見て 一年たっても問題調整に着手しないコナミさんは何を考えているのやら。

なんか 回数を費やすたびに 予習を強制終了させられて 上画面の
どこか癒される壁紙からシュールに龍の頭が淡われるわけですが
この画像がなぜか 遺影に見えてきて仕方がないわけだったわけですが……。

なお ボクがこの魔龍戦に参加するにあたってですが
なんだかんだでいろいろとスケジュール的な意味では非常に運がよかった気がします。

基本的に これまた前作からの経験上 討伐するなら金曜日。
週末はカオスの度合いがさらに高まることがわかっていますので 無茶はできません。

今作は基本的にクレ単価が高くなっていますのでこの辺りは非常にシビアです。
ライトが勝ち抜くには 金曜日にプレーできるか否かが大きくかかわります。

しかし ボクの立場は大学生で 有給なんて概念がありませんし
学業とこちら どちらを優先するかという天秤のバランスはその人の人生観を示します。
――なお ボクは基本的に大学では真面目キャラを通しているつもりなので。

普通だったら 平日の昼間とかなんて授業に出なければいけない日だったのですが
偶然運がいいことに 魔龍戦当日教授の都合で授業がすべて休講。
――尚且つ その情報はあらかじめ入手できていたので問題はありませんでした。
(教授グッジョブ、あらかじめ前の授業で知らせてくれたおかげでボク 助かった。)

そして 天気も快晴。 交通費を浮かせるために極力自転車を使う
ボクとしては この天気次第で出費がそれなりに変わってくるので
その意味では気兼ねしないで動き回れる雨が降っていないことは大きな問題です。

111_20121027135952.jpgラスト。 ゲリライベントなう。
――と 言うわけで
あまり気兼ねしないでプレイできると
いうのはすごくありがたいものです。

その他 長時間滞在に耐えられるように
充電器の用意もしてみたり
一応 高校時代に使った理科の資料集(×4)を
バッグに詰めたりして
念のための準備は一通り済ませた末
大学に出発するような時間帯で出撃。

105_20121027135951.jpg
――まぁ でも開店時間の問題が
ありますから 最初の方は
別のゲーセンに行ってプレイ
してみたりもしていたわけですがね。

あらかじめツイッターなどで
仕入れていた情報によりますと
すでに8時の段階でフルゲが
起きているというひどいありさまだったようですが
ボクが引いたトーナメントに関しては
運がいいのか悪いのか
10時になるまでフルゲのトーナメントに
遭遇することはありませんでした。

――とはいえ この時間帯にゲーセンに来て粘っているくらいですから
その中身に関してはお察しくださいの域を出ないことくらいわかっていますよ。

107_20121027135951.jpg108_20121027135950.jpg
だから 正直1クレ目で魔龍討伐に至れたのは
正直奇跡ものだと思っている。 運がよかったね☆
――基本的に 紫宝においては決勝戦に行くまでが本当の闘いですしね。

109_20121027135950.jpg110_20121027135950.jpg
そんなわけで 討伐絵を拝んでみたり(お約束のπタッチ
……でも この娘の場合は全く嫌がっているそぶりをしないという謎。)
貰ったオーブをはめ込まれているのを確認してみたり。 ――寄生乙。

ところで このオーブに関して 討伐した直後に逃げ出す使い魔の
持っている杖の先にある玉が丸い感じでくりぬかれているように見えるのですが
自己紹介画像に出てくるオーブって この使い魔のあの球を
くりぬいたやつをはめ込んでいると考えていけばいいのでしょうか??

そして ついでにパセリでプレーした後に復習とかできるはずですが
自分で試したわけではないので何とも言えませんが
確か あのモードで復習を担当してくれるのってガイドの先生でしたよね??

――使い魔がそれ やってくれるのだとしたらとても面白そうだな、なんてね。

TOP

下宿生メモ

2012⁄10⁄28(日) 00:00
別に料理が趣味でもなんでもない人間にとって 毎食毎食の心配を
していかないといけないものというのはなかなかだるいところがあります。
でも 人間……と 言うか 生物の営み的な意味で食事を抜くことはできません。

――と 言うわけで 毎食毎食をいかに適当に済ませるかという思考回路
そして 自分の場合はかつ いかに安く済ませるかという思考回路が作られています。

それは どこの店がどんな割引キャンペーンをやっているのかという
把握から始まって お惣菜はどこのスーパーがどんなものを作っているのかとか
地元のおばちゃんとかが経営しているお惣菜屋さんはどうかとかを調べるとか。

ついでに言うなら 外食は基本的に論外ですし 自炊するなら
一番(後々のことも考えて)手間や料金が少なくて済むかなんかも判断材料です。

――最近はやりの弁当業界もボクに言わせりゃまだ 高いですからねwww
学食並みの値段で食べられる店が下宿街にはあってもいいと思うので
只今 そんな内容の店を誠意捜索中なのですが どうなんでしょうかね??

まぁ ケースによって考えてみると たとえば休日の昼飯。
大寝坊をしでかすパターンもありますから 手間暇はかけたくない。

で できるだけ簡単な操作で終わるメニューを考えると
ボクの場合このタイミングでかなり使う手段が即席ラーメンをゆでてみるとか
仕送りに頻繁に混ぜられてくるパスタをゆでるとかやってみるわけです。

一応 延べ一日の食費を1000円以内に収めるというのを目標にしているので
たとえば プライベートブランドの即席めんの束を買ってきて
それに適当にもやしやソーセージを放り込んで放置しておけば
それなりの値段で手間もあまりかけずに食べることができるので。

パスタに関しては……まぁ ゆで時間は長めですが こちらもほとんど手間はない。
丼を運ぶときにやけどする心配もないですから その点も安心です
(↑先日やらかして親にも放っておかれたのが少し尾を引いています)

パスタソースも仕送りの中に紛れ込んでいたり 今では
先日自分で手作りしたやつが冷凍庫に入っていますからね~
(そのおかげで 最近の冷凍庫の中身がパンパンという……)

あと 週末から週初めに関してはカレーの類を一気に作るのが習慣化しています。
――と なると 一人暮らしがカレーを作ったら……の典型的例として
結果的に 一週間の半分は家での食事がカレーというカオスなことが起こるわけで。

……まぁ これは裏を返せば 日曜日の夕飯だけ頑張っておけば
少なくとも週の初めに関しては 特に自分で料理をしなくても済むということで
せめて 夕飯に適当なカレーにかけられるお惣菜を探してみれば終わるわけですね。
――その例としてよく使うのは エビフライとかチキンカツとか。

まぁ これを作るときのお金も一見したらそれなりにかかる気もしますが
なんだかんだでそれを何食にかけて食べるのかってのを合算すると
相当お安く済ませられるという現実があるので 当分この流れは続きそう。

まぁ こんな食生活を毎週続けていたら食の偏りがすごいことになりそうですが……
とりあえず 人参とかジャガイモとかその辺の野菜はここでまとめて
摂取していると考えれば言い訳にはなるのかな……???

なお ↑みたいなことがあろうがなかろうが ほぼ毎食のように
野菜サラダ(たいていお惣菜のポテトサラダを上に盛る)が付いてくるので
その意味では 結構ベジタリアンな食生活を送っているのかもしれません。



なんか 話の入れ替わりがすごいことになっている気が後からしてきましたが
この後は ほぼ真逆の意味合いの話を書かせてもらおうと思います
――とはいっても ↑で書いているコンセプトに反する内容ではないですが。

こう トイレで用を足している間ユニットバスの白い壁を眺めながら
これから冷えてきて湯冷めしやすい時期 毎日とは言わないけれども
トイレカバーを洗濯するときくらいは普通の風呂に入れないかなって考えていたり。

基本寒さには結構強い身体していますが 寝起きの布団と外気のぬくもりの違いと
気化熱による風呂上がりの湯冷めというものは 人並みに恐れているところで。

ユニットバスの場合は(この単語で間違っていないかいまだにかなり不安ですが)
トイレと風呂が一緒になっているということで 湯船でシャワーを浴びたくないならば
トイレ側でそれを使ってみるくらいしかないんですよね。

トイレカバー(布製)が居座っている間はそこらに水を飛ばした時には
何が起こりうるか――というのは 説明するまでもないでしょう。

そんなわけで トイレカバーが居座っている間にはこれをすることが
できないのはわかりきっていますし ついでに言うならば財政的な意味で
銭湯はおろか 毎日のようにお湯を沸かすのも辛い部分でもありますしね。

洗濯のスパン的に考えても これをさらに洗濯の日に毎日やるというのは
辛いところはあるのもあるし――でも 考える種にはなるかもしれません。

……と 言うか そもそも一年目でどんな生活をしたらどれくらい
ライフラインで金銭が削られていくのか体験してみないとわかりませんからね……

だから ↑みたいなこと書いておきながら なかなか確定したことを
考えられないというのが一番じれったいですね~ ――基本的には
解答が最初から見えている中でやっていくのが一番やりやすい気がするんですよねwww

ちなみに それと同じようなノリで 温水にするか 光熱費的なのを少しでも
削るために水で済ませるかの俗っぽい争いが自分の中で繰り広げられています。

具体的に言うのなら 朝の身支度の顔を洗う時の水を冷たいままにするのか否か。
下宿という立場になって追加された要素を加えて考えてみるのならば
皿洗いとかをするときの水もどうするかどうか考え物です。

――まぁ 皿洗いに関してはこれが手先の冷たさにかかわるのも事実ですが
その他にも 汚れの落ち易さとかにもかかわってくるんじゃなかったかしら?

――まぁ どっちにしてもボクは末端はとても冷えやすい体質なので
なんだかんだ言っておきながら 手袋の出番は早かったりするんですよね。

――みたいなこと書きながら 機会があれだったので 寝巻の方
上も下もとりあえず長くしておきました。 もしもの時があったら困りますし
特に一人暮らし 念には念を入れておいた方がいいと思うんですよね。

TOP

観察日誌←

2012⁄10⁄27(土) 00:00
どうしよう。――今まで こんなにも記事ネタに困窮していたっけな??
……浪人時代は浪人時代で もう少し変化のある生活をしていたような……
まぁ これも一種の冬の時代なんだと思っとけば……?  のっぴぃです。

ふと 大学生活始まってからの記事の流れを確認してみたところ
なんだかんだで 月の中ごろでも 何かQMA関係で物珍しいこと見つけて
無理やりでも記事をこぎつけていたおかげでどうにかなっていた感が見て取れて。

――だとすると もう少しアカデミーアドベンチャーとかで
羽目を外していてもいいような気がするのですが 今のところは抑えていますしね。

多分 これの会話を引っ張り出した記事(一応作ってある)を
ノリで「今日の記事だ」って言って放り出してみたりしたならば
これらの記事問題はすべて解決するのでしょうが さすがに今はやりませんよ。

――あ~  そうか。 浪人時代はなんだかんだで集中力切れた折には
迷わずQMAやっていた感もありましたし その辺の緩急はあったかもですね。

ただ このままQMAの話題を続けていく勇気が全くありませんので
(如何せん 記事は数日前にあらかじめ書いておく主義なので魔龍の話はまだ)
とりあえずは 大学の話でも適当に書いていこうと思います。



そういえば 変化していたのになんか 深く追求した覚えがない
(けどやっていたならすいません)なんか 大教室が大改修されていた件。

……ここで言う大教室というのは 専門科目が少ない一年生が
割とお世話になる教養科目とかが積極的に行われている校舎の方。

まぁ 前期でも教養科目で時々行くくらいしか縁がなかったわけですが
ボクが大学の中で見た限り一番でかい教室が夏休みの間に大改修されていました。

……まぁ これに関しては夏休み中(たとえば 合宿免許の代金支払いのために)
まれに登山した段階でもすでに明らかになっていたことだったのですが
(遠目で見ても明らかに足場が組まれて工事していることが自明)
こうして 新学期になって実際にそれが終わったのを見ると改めて実感しますよね。

まぁ 逆に新学期が始まっても工事が終わっていなかったらまずいわけですが

――とはいっても その教室自体はいいとして その外装工事の方は
10月中旬くらいまでは? 堂々と行われていたりしたのですがね。
……まぁ 新学期には教室つかえたのだから問題ないということにしましょうか。

ついでに工事つながりで言うとしたならば 先ほど専門は知らないみたいなこと
言っている感じでしたが――正確には文学部だったような気もするのですが――
理学部学舎周辺でも最近に至るまでも続いている工事が行われていたりします。

とりあえず 自分が入ったこともない学者だったわけで 正確には
どのように工事が進められているのかわかりませんが 見た限り
建物をくりぬいて通されていた通路がつぶされているのが見て取れました。

……有耶無耶な記憶では そのあたりにあった事務室的な部屋が
拡張されたのか はたまたここが誰か知らの研究室になったのかは知りませんが
結構あれは大がかりなことやっていたので 配置移動とかはあったでしょうね~

とりあえず 夏休みの段階で防音壁なんかが張り巡らされていたので
これも 夏休みにこの前を通るだけでなんか大がかりなことやってるな~
――程度のことは感想として持って当たり前だったのかと思いますが。

とりあえず ボクがこのキーボードたたいている次点ではこの工事も仕上げの段階で
――と 言うか 逆に言うならばこちらに関しては授業と直接は
関係しないせいなのか 普通に新学期始まっても工事が続いているようですが――
舗装のブロックの敷き詰め作業が行われていたのを確認しています。

――そういえば いろいろと配られた資料とか調べている内容によると
理学の研究室もなんかいろいろと配置換えが行われているという噂。

……まだ 情報とか基礎知識が少ない段階なので何とも言えないですが
そろそろこの辺のことに関しても興味持って行った方がいいのかもしれません。



大学の情報は基本的には掲示板を見ることで自分から仕入れなければいけません。
……まぁ ホームルームが無いことくらいはわかっていましたが。

で 今の時代となっては 紙を貼り付ける掲示板がまだ主流ではありますが
オンラインで確認できる掲示板も一応 存在することはあるようで。
――でも 休講案内とかに関しては不精している人がいるのかもしれませんが
ボクの見た限りでは あまり正確に表示してくれているとは思えません。

ただし 急な休講情報(急病的な)に関しては 一応事務の人が
しっかり入力するべきことを入力してくれるようで こっちに関しては
オンラインの掲示板をしっかり確認するべきだということを最近学びました。

……ただ こちらとしては そんなことになるんだったら 常日頃の
情報をしっかりウェブ上に上げる日頃の信頼を築き上げてもらいたいところですが。

……ところで この例の休講情報について学んだ授業についての話ですが
昼一の授業だったのですが それを待っている間にスマホで確認したのでしょうか
とある生徒が黒板にでっかく「休講」という文字を書いたことに起因します。

なお 紙の表示がされていたのか定かではない(されていなかった気がします)ですが
教室にそれなりの生徒が集まっていた時点でこれは機能していないですよね。

まぁ それを見た後に自分の眼でも確認するべきものはしましたが
まだ授業が始まっていない段階でこれを察知するというのはどんな意味を持つのかしら。

いい意味でとらえようとするならば とても几帳面で授業のたびに
これらの授業情報をしっかり確認しようとしているととらえてみる。

――とはいっても 状況によってはそうとはどうも思えないときに
「休講という可能性が毎度毎度ないかと血眼でこの掲示板を確認していた」
みたいに思いたくなるのは さて ボクの考えすぎなのでしょうか。

まぁ 休講が入ったからと言って大学の周りには何もないですから
とりあえず自分の遊び時間を増やしたい一心でボクは自習するのですが
さて 最近どうも数学がスランプ気味で なかなか課題が片付かないんですよね。

……なんか 主に運動方程式がスカラーなのかベクトルなのかからおかしな転倒してて。

TOP

戦力外

2012⁄10⁄26(金) 00:00
今に始まったことではないのですが もっと厳密には
静岡に出かけている頃からでしょうか。 PCの調子がなかなか思わしくなく。

このブログ原稿書いている間にも なんか プログラム的に不安な点があって
一度 作業終了というわけでもなく再起動かけてみたりもしていますし。

とりあえず 時間があるときにマニュアルとか見ながらぼちぼち
この辺の対策は練って行こうとか思っていますが。 ――これからの時代
特に自分は理系ですし この辺りもう少し理解していかないとダメだな~  とか。

一応 実家時代は共用PC使っていたせいか 立ち上げてソフトを
使う方はある程度好みとか言い出せる感じにはなってきているのですが
メンテナンスにかかわる話については あまり経験多くないですしね。

――まぁ あってないようなもともと今日書こうと頭の中に組み立てていた
話の内容とは一切かぶらないこと書いていますが なんか
すごくタイムリーで書きたくなったものですから。 ……そんなこともあるよね。



なんか 最近の天気ってのは冷えるときにはガッと冷え込む感じなんですね。
考えてみたら 周りの衣替えってのもすごく早いですからね~

この時期になるとこの話ぼやく機会が非常に多くなるのですが
ボク 基本的にこの衣替えの波に乗り遅れることが多いので
なんだかんだで 恰好が一人 肌色面積割合多目みたいな
「お前空気読め」みたいなことに陥ることが非常に多いんですよねwww

実際 実家時代は見た目が寒いからって理由で共用スペースから
追い出されるような経験も少なからずありましたからね~
……うん。 なんか 家族にすらハブられているような書き方になった。

今 心の中を一瞬寒冷前線が通過していった気がしますが
この寒冷前線とリアルな底冷えはおそらく 関係はないのでしょうね←

とりあえず 基本的に気候が安定しているであろう千葉に住んでいた時代は
基本的にボクは 衣替えなんてつゆ知らない格好で育ってきたのですが
阪神タイガースの応援歌「六甲おろし」に代表されるこの神戸で
はたして この格好でいつまでいられるのかが見ものですよ←

……みたいな書き方すると なんか最終的に一人やせ我慢大会始めそうな気がしますが
今までの経験で 一人暮らしで風邪ひいたときにどれほど面倒なことになるか
みたいなのがわかっているので あきらめるタイミングはわきまえているつもり。

まぁ 下宿の窓もお世辞に断熱性がいいとかは思えないし 実家の木造建築と違い
下宿――とはいっても 今の時代よくありがちなマンションだから
構造はおそらく鉄筋(てか 明らかに鉄筋)。 冷え方も違うんだろうな。

ただ 手先のことを考えなければ 運動とかもやりやすい時期になったので
これこそ チャリとかで動き回る機会はすごく作りやすくなったよね。

……どっちにしろ 大学生活も一年目ならば一人暮らしも一年目。
この土地に暮らすのも一年目なわけですから いろいろと試行錯誤してみたり
行動パターンを研究してみるのは結構いい試みなんじゃないかな。



そろそろ大学祭――みたいなイベントで認識合っているのでしょうか?――が
日程的に近くなってきているようです。 なんというかすごく他人事。

一応 文化系のサークルに在籍しているわけだから 何かやるべきなのだろうけど
合宿に出席しなかった(理由:その時ちょうど合宿免許)せいなのでしょうか。
メーリスに流れている情報に全く乗れないんですよね←

ついでに言うなら 講堂の工事とかの関係で 出し物ができなくなったとか
その辺の話も上がっていたような気もするし ぶっちゃけますと
状況すら読めていないと。 ……お前 何やってんだ的感覚。

――とはいっても その学園祭以外の面では とりあえず前期は
出席すらあまりしていなかった気もするミーティングとかには
自習時間とかを活用しつつ出席する努力は見せ始めていますけどね。

まぁ 無理やりにでも自分が「ジャズに行かなくなったくせに 天文サークルすら
まともに何もやってない……わけではない」アピールに必死ですが
一応は 認識もされていますし 忘れられてもいない様子なのですが……。

結局は話が戻る。 ――大学祭 このサークルの一年生は何やっているんだろう。
……ここから話に乗れていないのは相当まずい状況くらいはわかる。

……ついでにこれらのことを書きながら ふと 最近の先生の行動から生まれた
疑問なのですが この辺りの時期になってくると「授業<大学祭」という
優先度になって 授業への出席率が下がるのが恒例なのでしょうか??

だという話が本当なのだとしたら 基本的に 大学については
高校時代にやらかした勉学をおろそかにする事態は何としても避けたいという
入学時に考えていたポリシーを無理やり細工することで
これらの全く貢献できていない子伝説を取り繕うことができそうなのですが←

……まぁ 出遅れたのなら出遅れたなりに 話についてこれた時に聞いてみるとか
臨時の人出がほしいとか言う話が出た時に出陣すればいいわけなんだけれどもね。



――みたいな話をするときに頭をもたげてくる問題が個人的に一つ。
……自分 人の顔をインプットするのがとてつもなく鈍いんですよね。

まぁ これに関しては自分でも認識していたし とりあえず社会人になって
営業の仕事に就かなければ大丈夫だと思っていたのですが
今の時期になっても 同じ学部・学科の人で顔と名前が一致する
……と 言うか まともに名前すら出てこない人間が多すぎる。

――これって かなり一般的な話なのでしょうか。 とても怖いのですが。

なんか 街中でふと 呼びかけられることがあるのですが その時に
向こうはこちらを認識しているようだけど 自分としては
「……あれ? あの人誰だっけ?」みたいになるのが決して少なくなく。

だからと言って聞き返すわけにもいきませんから とりあえず
頭の中で必死で検索かけながらにっこり笑って会釈しておくのですが。

……こんな時 今から無表情キャラ目指してみようとかいう意味わからないことも考える。

TOP

結局半端に

2012⁄10⁄25(木) 00:00
ここ最近記事ネタとしても生活基盤の確立?という意味でも
しばしば親の襲来をネタにさせてもらっていましたが それの時期が
見事に週末と合致していたんですよね。 ――ヤバい、QMAする時間はない。

らめぇぇ
まぁ 別れた直後にかろうじて
突撃的なことやってきたわけなのですが
特に面白いマッチング
みたいなことも出会うこともなく。

あえて言うなら こんな感じで
「らめぇぇぇぇぇ!!!」って
心から叫びたくなるようなセットをラストで
引く羽目になって泣いているくらいですが。

たぶんおしまい
まぁ あの芸能攻めで心が折れて終わらせてしまったわけでは多分ないですが
とりあえず 全国大会を終わらせた段階の点数はこれ。
――ついでに あの芸能攻めでどれくらい飛べたのかも晒せるからね。

――ちなみに ボクがやるプレイというのは なかなか連続正解が伸びないので
基本的に最高速度はあまりぱっとしない数字が並ぶのがお約束です。
……だからでしょうかね。 ホウキに乗っても基本飛距離は安定してます。

いい意味でも悪い意味でもいろいろと考察はできますが
おそらく この飛び方の場合はアタックに乗ったとしてもおそらくパッとしないだろう
――みたいな気がするのは 多分気のせいじゃないのでしょうかね??



とりま合格
なんか 社会の予習については
結構満点ボイス聞く機会があった気がしますね~

……で それなりに社会の予習は
雷を食らう回数が少なく済んだわけですし
文系学問やLSと比べると
星うめは割と順調に行った。

それは否定しません。

……まぁ そんなわけで 社会の予習がほとんど進まないわけですが。
ぶっちゃけますと あと一押しで☆すべて埋まる場所まで来ているというのに
この現状ですからね~  ……ぶっちゃけ このじれったさはどう考えれば。

とりあえず 最初の時点では理系の予習は「その他」しか埋めていなかったので
いろいろと予習回数を最初から消費しながら埋めていかないとということで。

……予習を埋めるときには最初 ☆3までは一直線で埋めることが多かったわけですが
できるだけ形式を絞ってでも難しい問題に比較的あたることができるように~
みたいな考え方で予習やってます。 ちなみに 形式サークルに出る金はありません……

やっぱり クレ単価が高くなったのは非常に痛いと言わざるを得ない。



ミュー
アカデミーアドベンチャーモード。

イベントますの中には自分のキャラが
描かれているますが存在しているわけですが
そのますにとまった場合……
……も 明らかに自演しているとしか思えない
セリフをしゃべっているんですよね……

これ いろいろとこの時期まで待っていて
期待はずれといいたい感じが素晴らしいわけで。

せっかくだったら いつもパートナーとして頑張ってる的セリフを
それぞれについてボイス入れていないんだったらなおさら用意していてもいいと思うんだ。

まぁ 何をしゃべっていたかについては ほかのキャラと同様に
いろいろと書き抜いて起こしたものも下書きの中に埋めてあるのでその辺で。

ところで このエレメントレベルでLSと社会の「土」「岩」について
どちらがどう違うのか ほとんど変わりないじゃんとかいう声が聞こえます。
……まぁ あえて言うならポケモンの地面と岩タイプは違いますが
ランドさんロックさん
この二人で比較してみた場合 その違いをひしひしと感じることになりそうです。

鉱山では 岩男が降ってくるのをすごくうんざりとした目で眺めつつ……
この辺の扱いの違いを考えてみると 属性の違いはこいつらで考えた方がよさそうです←
――と 言うか クラーケンと違ってほかのⅦのボスの皆様 なかなか出てこないですね。

そういえば 前QMA記事を書いたときの最後にとってつけたように
「1月のダンジョンには蛇的モンスター出てきそうだな~」なんて言って
例示にヒドラ上げていましたが そのほかにも カメもいますが玄武とかもいますね。
……そういえば 過去には朱雀出現したこともあるし これもあり得そうですね~www

ついでに言うなら ここで蛇が出てくるという予想を忠実に考えてみたならば
12月→スライムサンタ(自明でしょ) 1月→メデューサ(蛇つながり)
――あれ?? なんか 出現するモンスターもすんなりおさまりそうな……

まぁ これも妄想の域から出ないのは事実ですが なかなかいい仮説だと自負しています。

TOP

食うだけじゃ

2012⁄10⁄24(水) 00:00
御影
地元といえば知らないこと

――前回は確か酒蔵がどうこうって
話を書きながらいましたが こんな
モニュメント的なものも発見したので。

日本で有名な石の一つとして「御影石」なるものがありますよね。
墓石とかで全国的によく見る(たぶん)石です。 で 神戸市の東の方には
その名も「御影」という地名がありまして 御影石の名前はここから出てきています。

おそらくそこからのつながりで来ているのだと思いますが
御影石でできた某巨大ロボット的なものが見られるのですが さてさて。

――まぁ だからと言って石切り場見てきたわけでもありませんし
その先続ける話も特にないのですがね。 思わずやりたくなってしまった。 それだけ。



カツカツレツ
まぁ カレーも食べましたが 親の滞在日数の関係で割と
食事をおごってもらえる日付が多かった~  みたいなことがありまして。

……とはいっても なんか早くもそんなときにお世話になるやり方が
ワンパターン化してきている感じがしているのはおそらく気のせいではない。
――なんか 過去記事においてすでに書いた場所にしか今回は行かなかったかな。

――だとしても すでに自分の場合は日頃の困窮生活もありまして
「おごってもらえるだけで十分ハッピー」という按配で 需要レベルも
相当下がっている部分もあって そんな細かいこと気にしてなんかいなかったです。

――ぶっちゃけて 適当なチェーン店とかファミレスでおごってもらえるだけでも
十分だと思っているんですがね。 ……まぁ ここについては何かの意地があるのか。

……みたいなこと書いておきながら やっていること的に全く説得力皆無ですね。
幾度となく「親戚とはどんだけ良い食事しているんだよ!!」なんて
突っ込まれているような感じですから。 まぁ これが見事な大人の見栄なんでしょうね



食べ物は食べ物でも 今まで触ってきた話のやり方では主に消費者としての
食べ物の話題を触っていましたが この後の内容は生産者……とまでは
行かないけれども 自分でも少しリッチなご飯食べたいなと考えまして。

食材の買い出しを大蔵省に頼むだけではなく 少しでもおふくろの味を
手に入れようということで パスタソースの方 練習することに。

――あと こうして作ったもののレシピが残ることは当然として
その後にもそれの再現をトライできるというのはこの先に残りますよね。

……一応 これは前に帰省した時に中華鍋的なものを買ったおかげで
それを使った料理として教える気になったらしいです。 ――今後 ある程度
自炊頑張っているのを見たおかげで 今後も鍋的なバラエティを増やしてくれる噂が。

――まぁ そんなの考えながら さらには三千円余も食材だけで買い物する機会
そうそうないよな~  みたいなこと 考えながらいたわけなのですが。

……あ。 これ作るついでにハンバーグのタネも作ってみたり
さらには スパイス的なのも一緒に買ったり そのほか週末のお約束になってる
カレーの材料その他もろもろを一緒に買ったらこんなお値段になりましたとさ。

料理01料理02
で 刻みます。 なんか ノリで玉ねぎ大量投入したので超・涙目。

ちなみに 包丁を振るう場所が建物の構造的に小さかったので
リフォームとまではいきませんが スチールパイプ使って この辺の
作業台を大きく改築する作業も行われていたりもしたのですがね。

料理03
炒める。 ――うん。
掃除もっとしようか。 汚いね。

そして なんだかんだで鍋に入っている
野菜の量が半端ないという。 仕方ない。

料理04
で なんだかんだで完成。 せっかくなので
パスタにかけて当日の昼食に。

――そんなこんなで数食分のパスタソース(ミートソースでいいのでしょうか)が
出来上がったわけですが 市販のものと違っていろいろと具材が豊富なので
ポテトグラタンとかその辺も簡単に作れそうです。 ついでに おふくろの味。

――まぁ 現在はマクドナルドでポテト全サイズ150円なる
キャンペーンやっていますが これと組み合わせると↑みたいな料理もできるな~
――なんて 思いついただけなんですがね。 ……何事も思いつきですよね。

TOP

おくりもの

2012⁄10⁄23(火) 00:00
これが誰も同じことなのかはわかりませんが 少なくともボクの場合
家に監査がやってきたときには何かしらのお土産……と いうか
支援物資が届くことが通例となっていて 今回も無事に受け取りました。
――えぇ。 前の記事内容で書きましたが 只今親の視察が来ております。

レインコートとか。 ……先日の台風の時大変でしたから。

――で この支援物資の中になんか たいそう丁寧にラッピングされたブツが。
……一般的に考えて 支援物資はこれほど面倒なラッピングはなされていません。

しかも よく見てみたらこのラッピングに手紙が着いているではありませんか。
何かのヒントがありそうです。 読んでみましょう。 “Dear …(実名)”
……Why!?  なんか すっごくネイティブな某外国語が並んでいました。

ついでに言うならば この包みに入れられていたのは 某国国旗を
モチーフにしてるエプロンです。 ――おぉ。 サイズもワイルド。

え??  てか 誰?  宛名見ても 妹や父親がふざけて書いたわけでもなさそうだし
てか 明らかに某言語圏の名前が入っているし 自分に損な友人いないし。

聞くところには  「あ。 そうそう。 それは前に家に外人さんがやってきてね。
その人に『ここにはいませんが息子が一人暮らししているんですよ~』なんて
話してみたら送ってくれたんだ~」  ……みたいに言っていまして。

なるほど。 外人さんに一人暮らしの息子を話したからこんなもの買ってもらったのか。
それなら理解でき…るわけがない。 ――なんでしがない一般人宅に意味なく外人さんが
しかも 見ず知らずの人間に対してお土産的なのを送れるほど親密になるのでしょうか。

なんか ボクがいなくなってから我が家庭は少なくとも悪くはない意味で
大きく門戸的に鎖国を解放したような雰囲気なのでしょうか
――とか書いておきながら じゃあボクはなんなんだ 歩く鎖国なのか?
みたいなよくわからない疑問が頭を飛び回っているのはひとまず置いておくにして。

まぁ 何がともあれ 親が認めた先(だからこそ 親の荷物と一緒にやってきた)
からの 信頼できる贈り物であることは変わらなそうなので
ちょうどエプロンは持ってきていなかった気がするのでありがたくもらっておくことに。

……最近学んだことですが 人間細かいこと気にしていたら先に進めません。
――これくらいの なんか自分の実家によくわからない間柄の外人が
やってきていることくらいすんなりと認められないといけないくらいわかっています←

※実際はこの裏事情もろもろは理解していますが 一部誇張を加えてお送りしました。



ナニコレ
あと これは厳密にお土産とか
そんな部類のものではないのですが
「なんか 行きがけの静岡で
面白いモノ売ってたから!」って
なんかわけのわからないものを渡されたのですが
さてこれはどうすれば。

「静岡茶コーラ」とかいう お茶に炭酸混ぜるなよ。 と いうか色からしてお茶だよね。
あの渋いやつ 渋いまんま二酸化炭素吹きこんだら明らかに地雷だぞ……
――いろいろと考えるところはありましたが なんだかんだで砂糖入ってて。

……まぁ お茶に砂糖ってどうよって思う部分がありますが
もともとこの買ってきた人とは違って「超・保守派」なボクでもとりあえず
口にすることができる程度の味にはなってました。 ……てか 処理させられました。

なんか 子供って時には親を反面教師にして全く別の趣向を持つことがある!!
――なんていうこと いう人はいう気がしますが こんな時には
その言い分は至極ごもっともといいたくなるのですがね。 仕方ないよね。



ところで こちらに不意にやってきた人間的には こちら(距離的にずいぶん
離れた場所)に来たからには まぁ 家族にもいるかどうかは別としても
ご近所さん付き合い的にいろいろとお土産を用意しないといけないみたいです。

これまた ボクがいない間に何があったのかわかりませんが
ここ最近は(実家は)お隣からいろいろと押し付けられている(言い方的に
そんなノリでしゃべっているように聞こえた)らしく そのお返しとかがあるのだとか。

――まぁ ボクのいなくなった時からご近所さん付き合いが活発になったことくらいは
知らぬ間に外人さんが家にやってくるよりは考えやすいですよね~

酒蔵
ところで ボクはまだ未成年ですし
――と いうか それをも
忠実に守りながらアルコール処女を
守り続けているということで
地元のこの類の特産品にはほとんど
顔を向けることすらしなかったわけで

確かに 神戸の「灘」と呼ばれる地区は
水が豊富ですし(ついでに
無駄に温泉が多いことも驚きですが)
山の向こうではコメも育てているようで
日本酒が結構盛んだったらしいですからね。

――酒造メーカーが結構あるんですよ。

……そういえば ここ最近結構行きまくっているサイクリングの景色の中に
かなりの種類の景色が収められているのですが まだ「田んぼ」という景色は
こちらに来てからのメモリーに収められていませんね。 でも 北側だからね。

――さすがに割と健脚を自負していますが あの六甲山を超える勇気はありません←

まぁ ボクは飲みませんが こうしてお土産という意味合いでだったら
お隣さんにお酒送るのもいいんじゃないかなんて思いまして その辺見て回ったようです。
……正確には ボク自身は完全におまけとしての立ち位置だったのですがね。

その他 その合間に奈良漬とか売っているお店も見つけましたし
なんだかんだでそのついでに 甘酒用の酒粕も入手したりして
ボクにもそれなりのメリットがあったような気がしますし よかったことにしようかと。



きれいな水……と 言うのにつながるかはわかりませんが
しばしば銭湯のノリで温泉行かせてもらっていますが その温泉自体
下宿の周辺にはいろいろあるようで せっかくだったら別のところにもいこう!!

――と 思い立って 親がいる間に別のところも回らせてもらいました。
……入湯料は変わらないにしても その中身は結構変わってくるのね。

たとえば 中にシャンプーが置いてあるか否かとか。 おいてない場合だと
女湯ではそんなことはないかとは思いますが 体の洗い方が
男は雑になるように 湯にいろいろと気分の悪いものがいろいろ浮かんでいたり。

……まぁ そんなのもありますが 同じ温泉と言っていても 500m行かないでも
泉質がずいぶん変わるんだという点など いろいろと興味深いのもありますが。

TOP

せっかくならば!

2012⁄10⁄22(月) 00:00
よく言われるのですが 「お前ってさぁ、親戚の近くではすごくいい生活しているよね。」
……だからと言って ボクがリッチな人間ってわけではないですからね。
きわめて普通の一般人やらせてもらっています。

……ついでに言うならば そうじゃない日の生活をめっちゃ質素にしているからこそ
周りの人間が「支援してあげようかな」って気分になるように
情報操作……じゃないですけど お願いしている面もあるのかもです。

――と いうわけで 先日母がやってきたりしたのでその時の話でも。

まぁ 普通に考えて調査だけのためにやってくるのだとしたら ボクの両親
すごく子離れできていないみたいな言い方ができるのかもしれませんが
実情は 両親自身の実家が関西圏なので その足掛かりに過ぎないという。

なんか 実家に泊めてもらうのもなかなか困るところがあるし
だからと言って毎度ホテルに泊まるようなお金も持ち合わせていない。

でも 親孝行はやりたい~ ……って時に なんか今年から
何の気兼ねなく突撃して宿になりそうな部屋(すなわち僕の下宿)が
できたので アウトロー的感覚でたまり場になっているだけなんです。

まぁ その間はボク自身も感覚的に「食事の大蔵省が来た!!」って
その代償じゃないけど食べさせてもらったりなんなりして面倒見てもらえる。
……みたいな 現金的なギブ&テイクもあったりするのですがねwww

さらには 同じような下宿仲間には「お前 親とか来て災難だな」って
言われることもあるのですが 今のところはそこまでは感じていません。

基本的に見事なまでに隠すものが何もないボクの部屋ですからね。
……若干部屋が汚いな~  とか 掃除関係でなんか言われる気がするけど
それは部屋のメンテナンス的な意味では逆に有利なことじゃね?

あえて言うならば その時にしかできないこととかがあったりして
行動が制限されるみたいなことがあげられるのですが 要するに一般的に
「今日用事があるんだよね~」みたいに解釈できるレベルでしょうか。

みたいな感じで 個人的にはデメリットらしいデメリットが特にないということで
じゃあ この与えられたメリットを最大限活用しながら行動するのは仕方がないこと。
……逆に そんな感じでがめつく生きていかなきゃ節約できませんって。

インド02インド01
と いうわけで なんだかんだで両親がここに来た時には
必ず寄るという法則ができつつある下宿近くのカレー屋行ってみたり。

……ちなみに この回ではまた 別の方向から親戚がやってきたりもしたので
さて この食事はいったい誰におごってもらったのだろうみたいな空気になりましたが。

……両親の実家が関西圏にあるということは 比較的その兄弟いとこ
もろもろが実は 千葉にいるよりも集まりやすいということで
なんか この辺の機会があった時には比較的集合しやすいという事実があるようです。

まぁ ガチでネイティブの人が営んでいる そして そこそこの雑誌にも載せられて
――いるらしい 本格派なお店らしいということがわかりました。

そして なぜだかわかりませんが 今まではそのようなことは特になかった気がしますが
人数効果でしょうか?  記憶の中で一番サービスがよかった気がします。
……どっちにしろ 正直おなか すごく満たされたのでよかったですwww



その他の場面でもいろいろと実際は実家に用事があるであろう母親。
……でも ぶっちゃけて相当きれい好きというかその辺の部分があるので
ボクが授業に出かける間に 自動で物色してくれるオプションサービス付き。

――まぁ 物色とは言いますけど 要するにはお掃除してくれるということで
掃除機崖やそのほか 手ごろな埃とかは床の場合は払ってくれますからね。
……まぁ 棚の上とかその辺は保管場所の問題もありますし触ってほしくない事実。

ついでに言うと それなりにしっかりと過ごさせてもらっているつもりですが
やはり男の一人暮らし。 どこか「まぁ 自分がよければ」って
妥協する部分があるのは仕方ないことであるかとは思いますが。

たとえば 年末の掃除とかがどうなるのかみたいなことを考えてみた時に
これの積み重ねがどうなるのか……。 ――多分大変なことになっていますよね?
――みたいなところの整理ができてくれている気がするので助かりますね。

……まぁ ここに至るまでについても とりあえず雑誌的なのその他は
どこにも隠した覚えがないというのもありますし。 気に病むことなんて何もありません。

あと すごく噛み砕いてしまえば主婦ですから その間については
「ごめん、洗濯物お願いできる?」みたいな 一般生活ではやってくれないお願いも
なんだかんだでやっておいてくれるという素晴らしさ。

基本的に 後期の間は毎日朝早く起きて朝一の授業に出かけて行っているので
この辺の細やかなところとかやってくれるのは結構助かります。

その他 主婦として部屋の管理とかをするにあたって 上のもろもろの事を
やりながら思ったことその他についてのアドバイスもいただけますしね。
……少し早いですが おばあちゃんの知恵袋的なのも だんだんと
蓄えられてきているような発言が増えている気がするのは気のせいなのかな?



今の下宿には一応ユニットバス(トイレと風呂が一体のやつ)が付いていますが
ライフラインのお値段が跳ね上がる関係上 なかなかこれらを豪勢に
使う勇気はなく 基本的に今まではシャワーで済ませていました。

……まぁ 今までの暑い時期はそれでどうにかなりますが これからの時期
湯冷めとか そもそもシャワーだけだったらいろいろと困る部分も大きい……

――と いうわけで 本格的にお風呂に入りたいわけですが
こうして大蔵省が別の財布である時には 近くにある銭湯――ではなく
なぜか 神戸大の下宿の場合はその立ち位置に温泉が湧いているので
結果的に温泉に連れて行ってもらえるというなんという贅沢が味わえるという。

……その代り 先頭の一般料金をいまいち知らないので何とも言えませんが
ボクの値段感覚で言うならば 入湯料金は割と高めかしら。
なんか 特に理由がないのに突撃する勇気はわかないなって感じです。

――と まぁ よいもん食えるし体も温まる。 部屋の保全もできるというわけで。
――まぁ 残りに関してまだありますが それはまた後日ってことにして。

TOP