帰省

2012⁄08⁄15(水) 00:00
タダの写真垂れ流しばかりってのもなんだとおもいましたので
少し時系列前後しますが 帰ってしまった後の話でも書きますか。

……と いうか 実際はもう少し実家に帰った後も忙しくするはずだった
……のですが さて 現実の行動がそれに準拠しているかどうかは……

なんか これは皆に言えることなのかはわかりませんが
少なくともボクの場合は 実家に帰ってしまった後とにかく何もやりたくない
――まぁ 一人暮らしってことでの気疲れもあったのでしょうかねぇ??

――なんか 我ながら今 すごく反省しているのですが
やらねばならぬこともすべて ほったらかしにしてしまっている事実があったり。
なんか いろいろと考えるのが面倒くさいので 先に懺悔だけしておこうかと。

と いうことで なんか いろいろと迷惑をかけた方もいらっしゃいますが……。
――改めて こちらでも「ごめんなさい」を言わせてください。
……では 少し日記的話にもちこもうかな。 はい。



個人的に一番最初に帰省時 直面しなければならない……やもしれない問題は
「実家にいる犬(馬鹿)に ボクの存在を忘れられやしないか」ということ。

……臆病でいて 見た目はお利口そうとか言われるのですが
実際問題は 何をやらせても全くできなくて ついでに濡れるのが大嫌いという
実家に存在している犬。 さて ボクのこと忘れてないでしょうかね??

判別の方は非常に簡単で 臆病ゆえに 誰だかわからない人を目の前にすると
尻尾を垂直九十度下向きにして 必死になって吠えまくるわけで。
――まぁ その反応されたら ボク 本気で凹む羽目になるのですが。

→結論。 覚えてもらってたよwww  結構感動!!!
――匂いについての記憶って 犬の中では消えにくいものなのでしょうか??

まぁ 一番忘れられていそうな相手には しっかり家族?だということを
覚えてもらえていて 無事に 実家の方に帰ってくることができましたが
家に入った後も 何かと違和感というのかなんというか 新たな感覚が。

……少なくとも 半年前までは普通にここに暮らしていて住んでいたのに
何故 ここまで「他人の家感」が漂っている気がするのでしょうか。
――これって 気分の問題なのかもしれませんが 個人的にすごく新鮮。

ちなみに ボクの実家は一戸建てなのですが 借家みたいな形の
下宿と比べたら おもいっきり安定した(父親の)資産みたいな形で
いろいろと考えて 「やっと帰ってこれた」的感覚になってもいいとは思うのですが。

なんとなく この数か月の間に 細かなところに変化があったりして
――たとえば トイレにやたら地図的なものが増えていたり――まぁ ボクは
結構どうでもいいところを気にしてしまう達の人間なので こうなるのでしょうかね??

まぁ 変化とこれは言うべきなのかはよくわかりませんが
ボクがこの家から出て行ったあと 母親がガサ入れ……と いうか
整理のようなことをしたみたいで (基本的に ゴミ箱には持って行っていない)
その辺の物品を整理し直すというのが ボクの家でやらねばならぬ仕事ですね。

また 帰ってきたことで 今までは普通に使っていたものに関しても
必要以上に感動を覚えてしまっている自分がいたりもします。

たとえば 下宿時代にはお金的意味で風呂を沸かす余裕がなかったので
まぁ 両親が査察に来たときなんかは なんだかんだでせびって
近くの銭湯行かせてもらったりしましたが このような湯船。
……おそらく ボクがこの家を出て行って以来になるのではないでしょうか??

と いうことで(暑さに基本弱いボクは長風呂こそできなかったわけだけれども)
風呂に入る。 これだけの動作に 結構感動を覚えてしまったわけで。

後は トイレが温式で ウォッシュレットが内蔵されているみたいなのも
確か 実家時代は普通に使っていたはずなのにこれもかなりの感動。
……さらには 家族で囲む食卓も個人的に同じような感動に値します。

……この先 一人暮らしするような予定がある人は 今のうちに
この辺の何気ないことを満喫しておいた方がいいですよ~
……みたいなこと 今のボクだったら 超・本気で言いますわ。

――まぁ ここまでぬくぬくしていたからこそ こっちに帰ってきて
先頭で書いたように 何もやらないダメ人間化した自分に
げんなりするようなことがあるのかもしれないのですが……。  はぁ……。

なんか 送るべきメールすらやり取りできなくなっている自分ってどうなのよ。



まぁ さすがにゴロゴロばっかりするわけにもいかないわけで
その一発目にやったこと。 「せっかくだったら普段着軽く買ってもらおう」みたいな。
……なんか 外に履いていけるような夏用ズボンのレパートリーが少なくて。

母曰くには Tシャツは適当に買って送ることもできるのだけれども
ズボンばかりは 実際に試着してもらわないとわからない、とのことで。

――で そんな風にして試着しながら初めて 客観的に認識したのですが
ボク さすがにこのような生活に入って痩せたんですねwww
……なんか 浪人時代に使ったようなウエスト 普通にこぶし1,2個は入った感じww

確か この前親父にせびって銭湯釣れって言ってもらった時にはかった体重は
57kg ……まぁ 身長大体170ですから 痩せている方なのかもしれませんが
大体3kg減くらいとしか認識していなかったのですがねwww

……まぁ ボクの場合毎日の通学が文字通りの「登山」なので
もしかしたら 筋肉の重さというのも入っているのかもしれませんがね。
――ついでに ついてきた母&妹曰くには「足が細くなった」そうな。

結構昔から 足は太目だった人種だったので これはありがたいことなのかな??

あと「前から見たら短足だけど、後ろから見たら結構長い」という
なんと反応すればいいのかわからない評価ももらったのですが これはどう分析すれば。
――単純に 服の着こなし方の問題だと思ってもいいのでしょうかね??

……で こんな風に服かってもらったりしてはいるものの
基本的に “せんたく”(色んな意味で)が面倒くさいので結構
同じ服を着まわしているボクって この辺の需要あったのでしょうかね←いうな

TOP