白いの。

2012⁄08⁄07(火) 00:00
テスト中にかかわらず 記事を書置きしなければならないということが
これほどまで面倒くさいとは正直思っていなかったですね~
……まぁ ある程度保存しておかないと気になるたちだからやるけど。

……と いう 自分のやっていることを根幹から否定するような言葉を
平然と吐きながらやってきましたよ。 のっぴぃです。

まぁ ボク個人としては 前の週末も含めて テスト勉強に明け暮れていた
――思ったより ノルマが全く進まなかったのである意味 愕然としていた――
わけですが その合間に なんか 親父が帰ってきていたようでして。

考えてみたら ボクの父方の祖父 ちょうどこの時期に命日を迎えていた
……らしいので 今まで距離的意味とか 遠慮とかがあって
この辺の行事から疎遠になっていたみたいですし いい機会と思ったのでしょうか。

ぶっちゃけて このころは祖父の死を認識していなかったということも覚えています。
――その時が「死」というものを初めて認識した時だったからですしね……。

代わりに そろそろ二十歳の年が見えるようになってきて
反対の意味の大きな出来事? ともいえる 結婚式なんかに招待~
……みたいなのにも まだ 招かれたことが無いというのもありまして。

なんか ラブ系のラノベとか読んでいると やたらこの辺の描写(妄想含む)
が 垂れ流されていることがありますが いまいち 理解できなかったりするんですよね。
――まぁ 何かと人生経験が希薄ってことになりますがwww

さて すごく話脱線しましたが そんなこんなでこの週末父親がやってきたので
なんか 帰省直前のような気がしますが 大蔵省が来たわけですので
それなりに リッチなもの……と いうか 珍しいもん食べたいじゃないの!!

みたいなこと あったりして まぁ 適当にいただいてきたわけで。

ついでに この内容で記事作っておくならば 別にボクのことだから
無茶なレビューしないでも 一日分無理やり消費できそうだからね←←

スイス
「本日のおごり飯のテーマ」
ちょっといつもは食べないような料理

……まぁ エスニック系統だったら結構よかったのかもしれないけど
目をつけていた店に「Closed」みたいなものがかけられていたので
適当に歩き回って 結局 スイス料理の店になりました。

……エスニックどこ行った。

まぁ フランス料理やイタリア料理なんかはかなり有名ですが
その間に挟まれた アルプスのお乳の恵みの料理って
考えてみたら あまり レパートリー思いつかないような気もしますしね。

スイス01
冷製スープ。 ポテト味。 この時期の
スープは結構冷製みたいですね。

ずっとファミレスばかりだったりした人間が
なれない店に行って
コース料理に行ったときなんかに
よく 口走るセリフとなっております。

スイス02
チーズフォンデュ

……ヤバい。 意外とこれ 書きにくい。
これで 日本語表記あっていますかね??

わかりません。

まぁ 名前はよく聞くけど 実際こんなもんなんですね~
……で チーズってことで なんか 見た目以上に腹にたまったのが意外線。
食べる前までは「これで足りるのかよwww」とか バカにしていました。

――見た目によらないってこと 本当によくわかりました。

スイス03
子牛のソテー。 やっぱり
酪農がさかんということでミルク風味。

……みたいなこと書きながら
若干エグい想像をしてしまったのですが
ここで書いたらいろいろ台無しなので
黙っておきます。  すいません。

スイス04
デザート。 やっぱり こちらでも
なんか白いのがメイン張りますね。

なるほど。 アルプスの少女・ハイジの世界は
こんなでできているんだね……。



――そして レビューの才能皆無ですいません。 マジ これダメなんです。
口で言うのも その語彙のレパートリーが圧倒的に足りなくて。
……文字で書くと 無駄なことふんだんに書いてしまうので。

みたいな言い訳重ねているうちに なんかいい感じに
場所使い切ることができたような気がするので。 また これ以外のことは
後日 また書き下ろそうと思います。――まぁ 内容は気にしないでください。

TOP