母校⑪

2012⁄08⁄01(水) 00:00
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

TOP

Août

2012⁄08⁄01(水) 00:00
201208月
とりあえず テスト勉強に明け暮れる毎日の中
――と いうよりも 同じワープロ
打っていてもテンションの上がり方が
大きく異なるレポート書く間に
OL的ノリで下書き書いています。

……まぁ 毎月一日は 早め早めに
原稿が仕上がるのが毎月恒例ですから。

それにしても なんかそうと
認識しない間に梅雨らしくない梅雨は終わり
(でも 統計的には梅雨だったのかな?)
海とかプールとかが似合う季節です。

……高校時代までは有無を言わさず授業的な意味でプールに投下させられていたので
まぁ 避暑、と いう意味では大きな心配をしないでよかったのですが
このような立場になると このようなことなかなか考える暇もなく。

――まぁ 去年に関しては それどころじゃないというのが本音ですし
そこまで気にはしなかったのですが 今年は何かできないかな~  と 考えたくなる。

そういえば 個人的には「海水浴」というものとはてんで関係なく過ごしてきたので
その辺考えたら「須磨海岸、見に行くのもいいかな~(←神戸民らしく??)」とか
考えることもあるのですが 女友達がいない現状 行っても悲しくなるだけなので。

――と いうか さらに言うならば のっぴぃのナンパセンスは皆無なので
こりゃ おとなしくラウンドワンそのほかでクーラーの下涼んでいるのが
一番安全なのではなかろうかと 結局落ち着きそうな勢いなのですが さてさて。



とりあえず ボクのポリシー的意味では 月初めの記事ネタは 世話話を終わらせたら
この先の見通しとか それまでの振り返りで書こうと決めているのでテンプレート通りに。

まず この夏の帰宅模様の方ですが 本来は「青春18きっぷ」みたいなの
考えていたりしたのですが 意外とこまごまとしたことに追われたり
そもそも テストが悲惨なことになっていたりしたボクの計画性の甘さ

……と いうか 地が「猪突猛進」タイプなので この辺の計画を
年密に立てられなかったという結果 今現在になってもまともな予定が決まっておらず。
――冷静に考えて「これで 青春18きっぷ」を使いこなせるわけがない。

まぁ ムーンライトに乗るとかその辺までいけたとしても その途中に
片道で二日消費することが確定しているわけですが それをうまく使いこなしつつ
予定を立てるのには 今からの時間だけだったら到底不可能でしょう。

……たとえば オフなんかを開く絶好のチャンスだったりするわけですが
この辺も絶望的ですし そもそも 身の回りの人でこのとおりすがりに
拾ってくれる方がいらっしゃるのでしょうかということも まだ リサーチしていない。

――ならば この方法で帰らなくてもいいんじゃね??  みたいなオチに収まりそうで
この辺を反省点としつつ なんだかんだでバスとか使って帰りそうな気がします。
その方が 地元で協力進めてから出発するみたいな使い方もできそうですし。

一応「三宮」という そこそこでかい高速バスターミナルが
大げさな話 頑張れば歩いていける範囲内にあるわけですから これを使うのも。

……まぁ 同じように大げさに言うならば さらなる最終手段として
最近話題の「格安航空」なるものも使えるような気がしますし
その行きがけに 両親の実家尋ねることもできるしで 帰省のバリエーションはいろいろ。

――まぁ どっちにしろ 今後は「テストをなめるな」「ご利用は計画的に」という
今回の失敗(←まだ始まってすらいないけど)を生かして
結果 独りよがりに陥らない帰省の仕方考えたいなぁと思う次第で。

――とはいえども 逆にいえばまだ何も決まっていないので
「神戸~千葉」ルート上の方で(少しは回り道できると思いますが)
八月十日前後もしくは八月二十五日程度の日付らへんがあいていて
尚且つ こいつとあってみたいみたいな人が仮にいた場合は連絡ください。

予定が組み込める見込みができるかもしれませんし。 ……みたいな無鉄砲さ。
(↑まぁ とにかくまず 安心して大学の単位取りに行かないとダメなわけですがね!)



まぁ ボクもなんだかんだで一年生ということで 初めての帰省。
……でもありますし ただ今現在の状況自体が 初めての単位の危機という
(とはいうものの 授業寝まくっているわけではない。ただこれですべてが決まるという。)

――うん。 適当な単語が思いつかなかったからこう書いただけなのだけれども
逆にこの一文だけで 色んな意味で劣等生になったよね。 ボク。

まぁ それはさておき この時期になると 何かしら対策をしないと
見事なまでの記事不足という事態に直面するという事実が発覚しまして。
――前 賞味期限切れた気がする記事を上げた時のフリ 消化します。

まず 一年間「新しいものを習って それについてテストをする」という
「学校のシステム」から離れていたというのが原因の一つ?
――なんか 予備校時代はほどほどの緊張感がなかったみたいな言い分でしょうか。

そもそも 高校時代はこの辺そつなくこなしていたのかという疑問については
「まぁ なんだかんだで高校時代勉強した記憶ないからな~」という
一種「人間としてどうなんだ?」みたいなセリフも残しているのですが さて。

まぁ どっちにしろ この辺の週末はいやでも部屋に閉じこもるということで
その辺の堕落生活をつづるにしろ かなりネタが減ることになりますので
なんだかんだで ブロガー的意味では この辺りの対策も必須ということに?

まぁ 後から考えてみたら この辺までにある程度
それまでの間にやっていた授業ネタで(とはいっても 大学となったら
それなりに面が割れてしまう危険性も考えた上で ですが)
適当に記事をそれまでに見つくろうとかも考えられるのではないか。  みたいな。

――まぁ そんな風に閉じこもっている分がそのまま勉強に生かされているかといえば
必ずしもそうとは言えない部分もあるので もう少し日頃の勉強分量増やしつつ
適度にQMAとかやって頭冷やしたりも大切だと思いましてですね。

……実際 受験生活もこれがあって持っていたようなものだと思っています。

何にしろ この辺から見えてくるのは とにかく意味なく部屋でゴロゴロして
無駄に時間を過ごすのはもったいないよ ……と いう一言で済みそうな。

この部分を日頃の勉強に充てたり バイトに充てたりするだけで
「なんということでしょう。特に匠を呼ばなくても日々の生活にハリとコシが!」
みたいな 軽く意味が解らない感動とともに 割と充実した生活が
待っているのではないかって気分になってくるのですがね。 個人的に。

TOP