ノルマ

2012⁄08⁄31(金) 00:00
何?
さて 帰省のお話ですが 連日
だらだら過ごしまくっていたおかげで
期待していたほど記事ネタがない
――と いうか 現実的にいうならば
何もやっていない感じだったのですが
さすがにそれだけではまずいですよね。

……そんな風に自分でも
自覚したのかどうかは定かではないですが
とりあえず 帰省後半に関しては
それなりにやるべきことに「手を付けてはみた」
程度はやってみましたので
それについて少しばかり。

――ちなみに この写真は実家にいたわんこです。
これもこれで あまり話には触れていませんでしたが しばらくぶりなのに
かなり ボクにはなついてくれていまして。 少しありがたかったですwww

ただ 基本的に「お前、絶対に野生で生きていけないだろう」的
だらけっぷりを披露したりする点も そう 変わりないというかどうか。
ついでに なぜ犬小屋の屋根の上にいるのかも疑問点の一つです。



①部屋掃除。  ――結論から言うならば「ほとんど手つかず」
……と いうか 最後の方に手を付けてみたものの断念……と いったところ。

まぁ 本当はこの帰省の目的の一つに据えていたはずなのですが
基本的に 向こうについたら いろいろな気疲れからか
ほとんど怠惰な何もやらないモードに入ってしまったのが一番の要因。

せめて 部屋に積み上げられた段ボールの山解体くらいはした方がよかった
……のですが こう 部屋の整理は必要最低限でいいや~  みたいな
ダメ人間の思考が働きまして 結局ほとんどねwww

――ちなみに 状況説明的には ボクが実家からいなくなった後
母親がボクが使っていた無人になりそうな部屋を物色して
片っ端から段ボールに中身を詰める作業をやっていたようです。

まぁ ベッド下に雑誌を隠すような習慣そのほかをボクは身に着けていなかったので
別に 部屋を親に引っ掻き回されて困るようなことはほとんどなかったのですが
どこに何がある的な情報が全く働かなくなるのには困らされました。

あと こんな風に部屋をひっくり返したとはいえ「実際にゴミに出す」段階には
ボクの最終確認を噛んでほしかったようで 主にここが
ボクが帰って分類せよ ……みたいなミッションができる所以だったのですが。

確か この冬にはまともな実家で過ごす時間はなかったと思われるので
この先の作業は残念ながら 春以降……と いうことになりそうです。



教わる01教わる02
②お料理教室  ――これに関しては 動機もわかりやすく
下宿でもそれなりにおいしいものが食べたい。 おふくろの味が恋しい。

……と いうことで そのレシピを軽く学んでしまおう~
――みたいな感じです。 なんか 前半にはキッチン立たせてもらえませんでしたが
ある程度行動的になった後半戦は それなりに立たせてもらいました。

ただ これをやっている間に 母親自身がどのくらい
「ボクの下宿にはない装備」を使って料理をしていたのか考え始め
結果 今後は母親がボクの下宿に来た時にあるもので考えてくれる
……みたいな結果が出てきたこともあったのですが それはそう。

まぁ でも こちらで料理やっておくことで 少しスキルは上がるでしょ~
――みたいなテンションで それなりに作らせてもらったりしたわけですが。

これからは冷えてきますし それなりに煮物の需要も増えてきそうですし
基本的に イタリアンな感じの料理に手を付ける――と いうか
料理が面倒なときには パスタでさっと済ませることも多いので
この辺りのメニューバラエティが豊富になってくれたらうれしい感じです。

この時 ボクが母親の想像以上にみじん切りをしっかりやっていた(らしい)など
それなりに 料理のことはわきまえていてくれたみたいなので
もしかしたら 今後 いろいろと鍋的なのも充実してくるかもしれません。

――ちなみに この夏に鍋の補充一回目がやってきまして
イメージ的には中華鍋的な? 炒めることができる鍋を買い足してもらいました。

……一人暮らしってことで 最初に買ってもらったフライパンが結構小さくて
何かと苦労していたので これが届いたことで結構やりやすくなるのでは
――なんて期待しています。 フライパンを一回り大きくするのも考えようです。

――と いうか 別に一人暮らしだからと言って「見事に一人前」を
毎度毎度作るわけでもないですしその辺を考えるのだったら
それなりに普通のサイズの鍋とかを用意した方がいいのかもしれませんよね。

まぁ どっちにしても なべの手入れとかは結構粗雑になりそうなので
鉄製とかの結構手間がかかりそうな鍋は 今のところはお断りの方向で。
――この辺の身の程を考えてもらうものは要求しないといけませんよね。



家族にしろ友人にしろ 結構高い割合で向こうで顔を合わせた人に言われた言葉。
「結構痩せたね」 ――まぁ ここは褒め言葉ととるべきなのでしょうか??

……ただ 健康的にそれがすべていいことかと聞かれたら必ずしもそうではありません。
――で この痩せ方をいいとみるのか悪いとみるのかはいろいろと考え方があります。

少なくとも両親は 少しばかり危機感を抱いたようで
急きょ「デブエット」決行を告げてきた――みたいなことは 今までの内容でも
愚痴みたいな形で書いていたかもしれません。  とにかく食わされます。

背脂
なんか いつもはラーメン食わない人(妹)が
ラーメン屋に行ってラーメン注文。
母親の刺客なのか。 あんたは。

……ラーメン屋に行く、ってところから
結構その辺の無理やりな
ハードルのようなものが
出てきている気がしてたまりません。

しかも そのおかげで ラーメン1.5人前くらいは
食べさせられたのですがね。

……まぁ 同じようなタイミングでふと 思ったこともあります。
この 牛脂が振られたラーメン 実家に住んでいた時には結構好きだったのですが
先日食べた時には スープに浮かんでいた牛脂が食べにくいのなんのって。

なんか 思ったより「ギトギトなもの」への耐性が落ちているようです。
――この書き方って「老化」みたいなのが見えてきてなんか嫌。

――本当に これがただの杞憂であることを祈りたいのですがwww

TOP

帰省2012

2012⁄08⁄30(木) 10:00
08.png
明らかな後付ですが
日記を名乗っておきながら帰省時期については
結構あいまいに済ませてしまった気がするので。

――みたいなこと 思いつきレベルで
記録始めたわけですから 細かい意味なんてありません。

一応 ボクの人生初めての「本当の意味での帰省」は
大方滞りなく終わらせることができました。

確か 記憶その他が正しかったなら 時期は8/10~30でしょうか。
……改めてかかわる数字を書き起こしてみると ずいぶん長くいたものですね。

お盆中は 移動もかなり込みますし お値段も張ります。
――この辺りをうまく避けながら動くことができたのはよかったです。

大方 時期的な意味あいがばらけやすいブログ編集をしているものですから
この日付を記録することくらいしか このあとがきの意味はないのですが
少し余裕があったなら 帰省関係の話をリンクでまとめるハブ的なことくらいは
過去の旅行記事と同じノリで済ませてみようかしらと今 考えました。

……とりあえず 今の時期で動機が追いつきましたので
車の免許の時に関しては 忘れないようにこの辺 まとめておこう。 そうしよう。

TOP

9月・検定

2012⁄08⁄30(木) 00:00
検定07検定08
最近 なんかおなじみになっているような気がする検定が折れ変わった時に
何やら凝ったことをしてくれている扉絵覗きのための検定紹介??

……最近は 主にここから過去検定の回収みたいなノリになっているわけですが
例にもれず 今月もそれっぽいこと やっておこうと思いましてですね。

まぁ それはそれとしても 今月……というより 来月は
車の免許合宿が控えていることもありまして おそらく大手を振るって
検定プレイみたいなことはできるかどうか定かではないのですが……。

さらには 九月に入ってしまったらダンジョンにかかりっきりになりそうですし
やれそうな間としたら 発表直後の一週間のみということになりそうです。

新しい検定の方は洋楽と海洋学ですか。 ――そこまで海は詳しくないんですよね。
……いわゆる 「ギョギョッ!?」みたいなキャラ属性ホイホイと見た。
――とりあえず もう少しして問題傾向がわかってきたらやってみるかもしれません。

アーカイブスの方は 遠目から見た感じだと派手な色合いのファッションが目立ちそう。
……と いうか これをはじめとして背景も塗りつぶしてしまった系統の検定って
存在意義的にアウトじゃないの??  みたいなこと 多少気になるのっぴぃさん。

あと 直前になんとかアジア検定SS取れといてよかったみたいな空気です。
――前述のように あまりやりこんでいる時間がないかもしれませんし。

検定09
ついでに 発表直後からいろいろと
巷で騒いでいるようですが
ライトノベル検定のこの扉の絵
根っこにはQMAネタ持ってきているのはわかりますが
「生徒会の一存」シリーズ某所で
やっていたような冒険をやらかしている気がして。

――これって 版権的にギリギリの
部分に乗っかっていますよねwwww
一応 噂を信用するならば
シャロンさんがきりりん氏を演じていて
ルキア→ハルヒ  アロエ→黒子  メディア→ルイズ

――だとか。

……これを削除せずに乗り切ったのならば QMAのこれからのアバター
――特に ウィッグ系統の新キャラのアイテムが解禁されたときに
無鉄砲で面白いこととかやってくれそうで期待が高まるのですが←

検定10
と いうことで 張り切ってラノベ検定やるわけですが
いくらやっても この辺りの点数前後を
うろうろするばかりでなかなか詰めが甘い。

……ボクの守備範囲の中で
比較的「ライトノベル」というものは
範囲に広めに食い込んでいるということで
帰省している間ならば……

――その相性補完がある程度できる友人が
いることをいいことにやるわけですが。
なかなか この辺の点数ばかりをたたき出すおかげで
SSランクには届かない。


あくまでも アニゲーの割には「比較的」ってレベルなので
いざ これで特攻してくださいと言われたら「いやです」即答レベル。
――大学時代になったら 苦手克服の練習するつもりだったんだけどな。おかしいな。

……いかにしても これって 下手に点数が取れないよりも
いらいらするものかもしれません。 さらには 財布的な意味でも←
そして これを本気でやれるのもおそらく今週だけでしょうから焦りますよ。

検定11検定12
まぁ そんなこんなで○時間後 なんとか終わらせるわけですが
やっぱり アニゲーって問題数多くてつらいですね。  こんな検定でも苦労しています。

――そして 初めて地域検定以外のSSが入りました。  やったね。
……にしても これ 明らかに 最後の問題に「この妹」の問題が
出てきてくれたからこそどうにかなった感じすら漂いますよ……。



中国・四国アニマル幕末・明治維新アメリカ東京アジア京都・奈良ライトノベル
ついでに。 先日の青銅昇格の絵を貼りつけたときから実施させてもらっていますが
おそらく 今後検定のシンボルが自己紹介云々を作っている
サイトの方で実施してくれることはなさそうですので
自分自身で素材になりそうなものを持ってきて シンボルの方も用意してみました。

まぁ 色背景も凝ってみようとかも考えたのですが たとえば
途中でランクが上がった時とかが面倒くさそうですし その辺は今のところはシカトで。

まぁ 公式サイトで見せられるアイコンと 実際にゲーム上で見せられるアイコン
(たとえば東京検定なんかでは顕著ですが)が異なることがありますが
この辺に関しては 気にしないでいただけるとありがたいです。

TOP

行間

2012⁄08⁄29(水) 00:00
気が付いたら ポケモンのプレイ時間が100時間を超えていました。
――何度も書いていますが さまざまな理由によって購入・プレイ開始が
夏休み開始後だった点 さらには ボクが大学生であることを考えると……

――なんか ある意味時間配分がおかしい気がするのは気のせいでしょうか。
……これは 無視するに無視できない問題である気がするですよ。

ひとまずは よくありがちなこと・この先の育て方の参考にしたり
努力値を振ったりする感覚を養い直すために よくあること・旅パの育成に
入りたいところですが そのためにはまず アベニュー育てなきゃいけないんですよね。

旅パ育成は ボク個人的には第一段階としてありまして 気分的な意味で
一応 100レベルまで頑張るのが今までのセオリー ……みたいなものでありまして。
たとえ旅パだったら もの広い要因のパチリスもしっかり100レベルに上げてましたので。
――結局 個体値がアレで 攻撃も特殊攻撃も100代前半とか恥ずかしくて言えないや←

……アベニューは とりあえずは 花屋と床屋を優先的に育てまして。
そうでもしないと 旅パの再育成って結構難しいじゃないですか……。
肥やしはあるのに ふかふかの土が存在しないもんだから いろいろ面倒ですよね。
――さらには 過去作から木の実を持ってくることさえも不可能なんて……。

とりあえず 旅パがある程度終わったならば 床屋とかは立て替えて
道場にでもやった方がいいのかもしれませんが。 後は くじ引き店の扱いとか。
……ある程度 仕入れるのが終わったら商店も入れ替える必要があるのかもしれません。

――まぁ 育成はほかのものはとにかく 少なくとも性格までは粘ったダイケンキと
ある程度物理型の育成ができないこともなさそうなルカリオは
旅パの割には ある程度のところまでは持っていきたいところですよね……。

えぇ。 ミジュマルもらうのに時間単位でタイムを消費した人間ですから。
――まぁ 個体値まではさすがに無理があったわけでもあるのですが←
一応 この子は両刀で行けるかどうか試してみようと思います。

……みたいなこと書きながらふと 確認していないことに気が付きましたが
すれ違い通信大気のためにつけっぱなしにしているときって やっぱり時間
経過していたのでしたっけね??  まぁ どっちにしろ「やりすぎ」ではありますが。

……で 本気パーティはここから先になるわけですが 基本的にのっぴぃの性格上
卵のふ化ゲーム(作業)に耐えられない部分があるので 結局どこかで妥協して
「頭では分かっているけど何もしない」みたいなものの典型のパーティを育成します。

――と いうことで 腕は中の下、といったところになるかとは思いますが
なんか周りの盛り上がり具合とか見ながら 空気を読まずに
たまに ポケモン記事書くことがあるのかもしれません。  あしからず。

――ついでに そろそろオンボロになってきたDSの方 買い換えたいです!!
――でも 金が足りません。 ……バイトの必要性も近そうです←



なんか ポケモンばかりつづるのも――って言って なんかこっちに来て
買ってくるものがあったらいいのですが~  みたいなタイミングですね。

……本当は 買いたいラノベとかがあって その辺の購入記事でも
この辺りのタイミングで書こうかな~  とか思っていたのですが
先日 お店においていなかった……と いうか 発売延期になっていたようで
この辺の(影の薄い)計画は 現れることなく影を潜めたようですよ。

まぁ そうじゃなくても 基本今のところはお金に困っているのっぴぃさん。
……読むラノベを際限なく増やして行ったら 構えているのは破産の道ですよ。

――とはいうものの そろそろ活字離れが若干深刻化してきて
正直に心の底から「ページめくりてぇ……」みたいな衝動があふれているのも事実ですが。

一応 実家の方に残しているラノベもあるのですが これに関しては
色んな意味で熱が冷えたり なんか 見た感じ物語そのものがダレていたりして
続ける意味もなさそうだな~  みたいな評価を個人的にやっているものが主なもの。

ついでに 実家に残っているフィギュアは飽きたとかそんなベクトルではなく
主にプライズ景品で 一度外に出した後 どんなふうに安全に持ち運べばいいのか
ほとんどわからなくなってしまったレベルの品々が残っています。

……まぁ 確かに 下宿に持って行ったからと言って安全にディスプレイできるとは
限りませんが なんか 宝物をごっそり忘れてきたような気がして なんか嫌。

その他 下宿に来ても「なんかボクらしい」物品があちらこちらに残されていて
ボクがそこにいた。 ――そんな記憶が残っているのは少しうれしいことだったり。

ただ ごっそり「時計一式」がこの部屋から欠如しているわけで
日々 ボクが寝坊に明け暮れる一つの要因として 壁掛け時計も目覚まし時計も
すべて 下宿においてあるのが原因だということなんですよね。
――これ 今後の反省材料の一つでもあるわけですが。 最初はうまくいかないもんです。

趣旨替え
まぁ だから、というわけではないのですが
母親が漫画貸してくれたりしました。

――正確には 母親から見せてもらっていた
漫画の最新刊を核にさせてもらった感じ。

主に ボクがいじっている
……と いうか チェックをかましていそうな作品って
一種 偏りがあるかとは思うのですが
それ補完――というわけではありませんが
いささか雑学的なもので
ボクの波長に合いそうなものは
前から 母親に見せてもらったり
していたわけですよね。

一応 QMAとは直接のかかわりはないとは思うのですが ピンとくる場所は同じ。
――まぁ 「聖☆お兄さん」とかは宗教的な基礎知識がひつようですし
つい最近まで映画化で人気を博していた「テルマエ・ロマエ」なんかは
まんま 旧ローマ時代のコラムページがまぎれていたりして。

……あと 今期アニメでやっていたりする「もやしもん」――当然
アニメも確認していますが――に関しても なんか語りパート長めだったりする回もあり
理系人間だったら 少しくらいは気になる部分もあるのではないでしょうか。

あいにく お酒は飲まないので そっち方面にディープに来られるとアレなのですが。

――ただ わかりやすく萌成分はあまり多くないこれらですので
小遣いを削ってまで確認しよう……みたいになれないのは現状ですので
身近に買っている人がいるのなら そこからおこぼれもらおうかいな
……みたいな よくありがちの例になるわけですよね。  しょうがない。

とりあえずは
まぁ そもそも これらがマイナーなのかもしれませんが
こんな感じの問題が出てくると そりゃ
どこか買ったような気がするってもんですよ←

TOP

メタル化

2012⁄08⁄28(火) 00:00
おいしいですネタ
――なんとなく 神戸ではやる機会があまり多くなかった
「ほかの人に茶々入れつつのQMA」なんてことが 千葉にいる間は多かった気がします。
……と いうことで 書き出しはそんなときの話題。  まぁ あくまでも茶々だから。

隣で冷かしているだけでも もともと一歩引いたところから眺めているのも
それなりに楽しみに感じられるボクだったら それなりの時間つぶしにもなりますし
一種 財布のダメージ半分で遊べる気がしてお得な気がするんですよね。

今のところ 神戸では知り合いはできましたが こんな感じで茶々を入れるというよりも
同突したりみたいなそんな関係性?  財布へのダメージは等倍です。
――まぁ これはこれで楽しい部分もあるのですが 経済は考えないように←

単純に ある程度のレベルの人への冷やかしをやった時のもの。
……ただ 最近はほかのゲームに浮気中らしく 階級や組が半ばおかしいのでしょうか?
――この問題に関しては 少しばかりテンション上げたりしてしまったのですが
今まで 真面目な「オーズ」の問題だけは見たことがなかったのでつい。

メダルの数最低三つで変身可能というQMAの問題的にはよくありがちな
設定の中 メダルの一問他答その他を見たことがなかったので
ずっと燻気に見ていたのですが やっぱりあったんですねwww

それに対して フォーゼに関してはある程度問題として遭遇していた面もあり。
……そういえば 先日終わったよね。 多分 何かしらの反応しないと
後で 砲撃が来るような気がするから そろそろ文章練っておくか←

“紹介”した相手に対して 半ば責任感的な意味も感じながら見ていた時の事。
――この系統の問題 これからゲームを始める人にとっては結構難易度高いだろうな~
……みたいなこと ふと 思うようになりました。

なにせ 携帯でデータ残させてやっていたのですが ズバリ、なんて言われたとしても
この問題文が何を指して出題しているのか理解しない人がいるのだから。
……ちなみに ボクは基本的に現在は「イコカ」にデータ移して使っています。

だとしても 一応のために アミューズメントパスも常に常備しているのですがねwww

Q.ところで 冷かすだけ冷かしておいて なぜ自分のカードでトナメに行かないの?
A.最近はドラハイばかりに拉致されて なかなかテンションが上がらないからだよ。←





今月のプレーは基本的に 「ランドゴーレムさがし」にいろいろと時間や金を割かれ
後で通帳を見た限りだと「少しやりすぎた」レベルの損失があった模様。
……基本的に 今月は大きな黒字を出しておかないときついのですがね……。

まぁ こんな感じですから この大きな「遊びの意味での」赤字というのは
どこから出てきたかというと QMAとか そっち方面からボられたわけでして。
……なんとか手に入れられたからアレだけど 本当にあれって出現率おかしいって……。

青銅01青銅02
と まぁ それくらいのお金つぎ込む羽目になったら昇格するわな……
――と いうことで 気が付けば青銅賢者になりました。 メタル化です。
なんか 自分がもともと予想していたよりもずいぶん早く大賢者時代が終わったよう。

全体的に 千葉の協力コンテも高かったような気がするので
今までのペースト単純な比較はできないですが ここまでの数か月と比べて
明らかに進むペースが速い  ……ということは断言できそうな気がしますね。



ところで 上記のようにトナメをやっていない怠惰なボクですが
このタイミングでは 上記のように石版演出をかなえることができました。

――と いうことで チキンなボクでもこの演出出すための手段は限られます。
尚且つ せっかくその辺の操作やるのだったらある程度伸ばしたいですよね。

検定05検定06
……と いうことで ちょっとおまけ的ノリでありますけど
なんとか――と いうか 少々強引にアジア検定を終わらせたような感じです。

これでSランクが一つとSSランクが四つで Sランク以上×5のクマフィー獲得。
……まぁ 中の下クラスのボクにしては なかなかのペースではないでしょうか。

――ちなみに ボクが今まで獲得したSSランクの中身を割ってみると
「中国・四国」「東京」「京都・奈良」「アジア」という見事な地域検定構成。
……理系の検定が少ないのもありますが こうなるんだったらもうすこし
アニマル検定(結局S止まり)も粘っておくべきだったかと少し後悔……。

青銅
とりあえず これが現状っす。

TOP

実感

2012⁄08⁄27(月) 00:00
……まぁ この時期この話とか書いておかないとまずいよね。
とりあえず 千葉を去って現実と向かい合うのは29日ということになりそうです。
正直 実家に戻る……というよりは めいいっぱいダレるというのがぴったり。

まぁ ボクが基本的に記事を貯めこむ傾向にあるおかげで この報告が
結構直前になってしまった感があるのですが その辺は気にしないwww
――まぁ 実際直前に決めたわけですけどね。 仕方ない。

語る人によると「精神論」につながりそうな話ですが ボクの人生初の「帰省」
というものは なんだかんだで だらけることによって終結しそうな気がします。
まぁ いい言い方に直すのだったら「羽を伸ばせた」という形。

自分でこういうのもなんですが この数週間自分がやらかしたのは「羽を伸ばす」
ってベクトルを 見事に踏み外したレベルだった気がしますがね。

でも その辺を語るのだったら いかに独立というものが大変なのか
そのあたりの片鱗が見えてきたような気がします。 まぁ 一応
実家とは違う鍵を扱っていますが 所詮親のすねかじっていることには変わりなく。

――同じ「親のすねをかじる」でも 去年のかじり方よりは漸進的だよね☆

まぁ ここまでだらけてしまうと 逆にもともと「無計画」にやってきただけあり
いろいろと「いつ帰ろうかな~」みたいな話も 堕落論に持ち込まざるを得なくなったり
いろいろと最悪なことやらかしていたのは結構恥ずかしいお話……。

まぁ 無計画にいることで利点もあるのですが これは大きな弊害ですよね。
――そうは言うものの いざ予定立てるときはたてますよ??
一応 移動日の動きに合わせてアポ取ったりいろいろとしていますし。

ついでに 計画立てる立てないに関連する話として ちょっとオフ的なのを
設定しようかしないかみたいなお話が自分の周りで持ち上がったことがあるのですが
上記のようにいろいろとだらけてしまったり この意味での情報処理が下手だったりで
改めて 自分が中心でオフを開くキャラじゃないのかと落ち込んだりしたこともあったり。

基本的に 考え方が結構「適当」な部分が大きいので。 別の言い方を選ぶなら
「帳尻を合わせる方法をとにかく考える」性質が強い人間なので
思いっきり「その場しのぎ」という言葉を具現化した存在というのでしょうか。

まぁ そうじゃなくても帰省中は予定がいろいろと読めないですし
せめて 始まりと「この範囲内に帰省終了」みたいな大まかなリミットみたいなのは
いい加減なボクでも さすがに決めておいた方がよさそうだというのが今回学んだこと。



あと 帰省している間に痛いほど思い知るのは――と いうよりも
おそらく 自分で料理作りだしたりしたときにもうすうす思っていたのでしょうが
それから身をいったん離すことで改めて強く思い直すのは
何もしないで家に帰ってきてご飯があることの素晴らしさ。

その他にも 自分が何もしなくても家事一般が勝手に進んでいることについての事。
――この時点でありがたみを一番感じるのは母親相手なんでしょうね……。

この後 実際に経済的意味でも自立した後では 改めて追体験的なことができませんが
何もしないでも口座の残金が増えていくことに関してももしかしたら
この先感動を覚えることがあるのかもしれませんが それはその時にして。

……その意味では 父親の本当のありがたみがよくわかるのっていつになるのでしょうか。

まぁ そんな予想論その他はとりあえずおいておくにしても
この帰省している間(少なくとも この記事を書いている間は)まだ
こちらに来てフライパンを振るようなことは起こっていませんが……。

なんだかんだで 昼からガッツリ食わされて でも それに付き合った女性陣が自爆
尚且つ 親父の飯がいらないときくらいは 自分で見繕うよ~
……なんて 何度か提案したことがあるのですが 結果的にやらせてくれませんでした。

なんてこと考えてみたら このことに関してだけは ボクがどうしようもなく
堕落していた……とは完全に言い切れずに 女の城にイレギュラー要因を
入れたくなかった母親の策略なのかとか思ってきますよね。

まぁ フライパンは握らせてくれませんでしたが いろいろと支援物資
……みたいなのを入れてもらったりはしたので 多分ボクが帰った後すぐに
これらの物品が届くことになるのでしょうかね。  楽しみです。

とりあえず 何が支援物資としてやってくるのかまとめてみるのも面白そうですが
もしかしたらこの後増える可能性もありそうですし 届いたときに改めて
同じような内容で書いていこうかな~  と 思います。 今後の安全策として。

このほかにも 今後のボクの頑張り次第では 料理用のもう少し専門的な鍋
――たとえば 圧力鍋とか――も 支援材料としてよさそうと言われていますし
これからも 気の利く母親にはいろいろとお世話になりそうな気がします。

――まぁ 気が利きすぎて 今のところ使い道がよくわからないスラックスとかを
買い付けられそうになったのですが 今のところボク これの使いどころが
全く分かっていないで 非常にテンション低く接していたので
いろいろと不満っぽいこと言われまくった件もあったりしましたが。←結局延期した。

まぁ 要するにボクが初心すぎて「Q.スラックスって何?」みたいな
ある意味悲しい現実になっていたってのが一番の要因だったりするのですが。
――ボーイッシュな女の子の学生制服的感覚しか持っていないんですが←



何ゆえ昼に味噌
最近 千葉にいる間に食べさせてもらったものの話を軽く。
……まぁ こんなのばかり食べて 母親が自爆したりして上記の
食事の話題につながったりするので 完全無関係ってわけではないですが。

基本的に まだ実家でぬくぬくしている間でボクが気に入っていた店
――の メニューってのがわかりやすいまとめ方なんですがね。

ひとつは 昼からステーキ店に連れて行かれて ここでよくありがちな
サラダそのほか食べ放題みたいなことにならされましてですねwww
……夜だったらともかく 昼から食べ放題って個人的にはきついですよ……

幸い 予告があったので 朝を減量してどうにかしたわけですが。
(↑こんなタイミングの時 少なくともボクは前の食事を削るタイプです)

もう片方は とある味噌ラーメン専門店。 ……見事に味噌ラーメンしかありません。
ボク個人的には 味噌ラーメンが一番好きってたちでもありますし
その専門店なわけですから!!!  ――この先はお察しください(いい意味で)

TOP

再発見

2012⁄08⁄26(日) 00:00
……なんか だんだんと ゴロゴロしてくるのにも飽きてきたお年頃。
――やっぱり 人間と言えども生物なんだから
ある程度は活動しないと さすがにダメになってくるってことでしょうか。

まぁ ボクって基本的に「ダルさは足から」って特性の持ち主なんで
一番最初に動けなくなる(適切な形容詞が見つからないなぁ)のが足
……と いうことで ふとしただるさにすぐに動けなくなる難儀なところもあるわけで。

まぁ この辺 飽きてくる理由ってのはもう一つ考えるとしたら
そろそろゲームに飽きてきた……みたいなのもあるのかもしれません。

買ったばかり(のっぴぃさんの時系列ではそんなことになっています)の
ポケモンのゲームはまだ 育成が始まる――と いうか
その土台を固める作業を今 進めている最中なのですが それで飽きたわけではなく
ずっとこればかりやっているからこその飽きというのでしょうか。

――そろそろ ちょっとしたラノベとか買いたくなってきたみたいな流れ。
……でも 今月新刊で買おうと思ってたもの 発売延期しちゃったしな……

みたいな流れの中 あれ? もしかしたらボクがそろそろ
実家をお暇しようかとか考え出したの この辺りの要因も結構大きんじゃね?
みたいなこと 思い始めたのですが これも一種の巣立ちなのでしょうか?

――まぁ ラノベ成分が足りないから帰宅ってなかなかひどいありさまだよな……。

ラノベが足りないことについては なかなかほかで補うのもあれかもしれませんが
暇な時間をほかのもので(一種活動的に)過ごすというやり方は
結構意味がありますし 役にも立ちそうですよね。  と いうことで
ここ最近は 少しだらだらしつつも ある程度 家の手伝い的なことを

……みたいに 思い立ちはするのですが なかなか実践する機会はなかったり。
――そりゃ 帰省しているボクってこの家ではすでに外部要因かもだけどさぁ。

なんか 母親としてはある程度養わなきゃ精神が漂っているのか
単純に火の元的な意味で心配なのかはわかりませんが 母が外出しているから
ボク一人で飯食べててね~  みたいな展開の時 気が付いたらすでに
何かしら用意してくれているのが現状だったりして 腕を振るう機会がないと。

まぁ キッチンは女の戦場、なんて表現されることもありますし
実家でぐうたらしていた時には あまりこの辺手伝うことがなかった人種ですし
その辺の信用がないなんて言われたら「そのとおりだ」と 引き下がるしかないわけで。

風呂を洗おうにも 最近はそこの需要がなく 基本的に皆
シャワーで済ます的な風潮が漂っているわけでして 需要が無かったりして。
あと 庭の水まきはというと これもいろいろと外の人間お断りな風潮が。

結果的に 誰も行ってないタイミングを見計らいながら
実家の犬を拉致して あちらこちら歩き回る(別名:犬の散歩)というのを
ここ最近やっていることになるのですが まぁ いろいろ考えることがありますね。

色んな意味で過去の事。 ざっくりにいうのなら 一年前のボク
どうして ブログとか書いているのにもかかわらず 家の手伝いすら
ほとんどやらずに過ごしてきたんだろうかな~  みたいなこととか。

こりゃ 少し金が溜まってきて ある程度のことできるようになったならば
両親に向けての「親孝行」とか 妹に何か貢とかその辺の事
本気で考えなきゃいけないようなベクトルに至っているかな~  とか。

あと 実質的な意味では 地元のこの半年の変化というのを まぁ 今までも
それなりに感じてきてはいるのですが さらに間近で感じられた。
――この時の流れ(というのには早いかもしれませんが)に思いをはせてみたり。

なんか 前にもぼやいていたかもしれませんが オーソドックスに見れるところでも
車窓から見えていた建物がなくなっていたり 謎のアスレチック設備ができていたり
野球グラウンドが原型をとどめずに荒れ果てていたり それなりの変化がありました。

まぁ この辺は表に見えやすいからなんか 必要以上に反応するのかな~?
――とか思いながら こんな風に散歩してみたりすると
本当に半年に満たない期間でしたっけ? ここから離れていたの?
……って 目を疑いたくなる程度には 街って変わっていくものなんですね……。

宅地造成して 新しい家がいろいろと建っているプラスの意味での変化もあれば
だんだん荒廃していくのが目に見てとれるマイナスの変化もある。

……前にも同じようなノリで同じようなこと書いている記事があるかもしれませんが
時の流れって 結構残酷なものだよね……ということを改めて思いました。

ついでに たとえ それがプラスの変化だったとしても なんか神戸と比べると
どこか 見劣りしてしまうような部分が ところどころに散見されて
この辺りに どこか 形容しがたいさみしさのようなものもこみあげてきたり。

この辺りの変化がみられるのって 千葉が田舎なのか論(イモチバ論)とかと
組み合わせてみるよりも 財政基盤がどうこうとかそっちのような気もしますがね!
――タイル張りにモルタルのベタッとした流れが続くと悲しくなるようなアレだよ!!!

まぁ こんな感じで街を発展とかその辺の眼で見ていくと
少しばかり悲しい部分が目立ったりすることもありますが
なんとなく スーパーとかの品揃え・そのほかの観点で見てみると
千葉って それなりに過ごしやすいのではないか――って 思うことがあります。

地味に 千葉って農業的な意味で 盛んな部分がありますからね。
地元のスーパーとか行ってみると この辺の食材が結構安く映ります。

さらに 基本的に千葉では「牛乳大好き」ってキャラで通していて
そのキャラが神戸に来てからは少し 陰に隠れているような感じだったのですが
こちらに来たと同時に このようなキャラ属性が復活したこともありまして。

――まぁ 地域が変わって牛乳の味が合わなかったのもあるかとは思いますが
それなりの牛乳を買おうと思ったら 千葉と比べて神戸って
どこか 割高なような感触がぬぐいきれない。 ――みたいなこともありまして。

これって 下宿するまでは気が付かなかった感覚ですが ちょっとした驚きです。

何か違う
スーパーついで。 ちょっとしたネタですが 前買い物に出た時に見たもの。
なんか 売っているものと中身 どこかが違う気がして仕方がない。

――一応 記事初めの小噺として持ってきたかった写真でしたが
この流れに乗せるのが 色んな意味で一番自然だよね!!!

TOP

草原

2012⁄08⁄25(土) 00:00
8月全国
とりあえず 前上げた内容で
ほとんど変わりがなかったけれども
全国終了結果について 正式に出てきたので一応。

次の全国大会は来月中旬に来るみたいですが
その時期にはおそらく
講習でいろいろと忙しい最中になるかと思いますので
たとえ 協力がどうにかなったとしても
真面目にやるのはおろか
10回埋める、みたいなことも
難しくなってくる可能性がありそうです。

……まぁ 逆にいえば このように免許取りに行くみたいなことは
この時期でないとできないでしょうし(一応 ボク理系の大学生ですし)
どこかで これくらいの衝撃は受ける必要がある、みたいに割り切るつもりです。

――まぁ 兎にも角にも 次のダンジョンは間延びしないでほしい。
……できるならば 去年の朱雀の塔みたいなものにしてほしいところです。
わがまま言わず 無茶苦茶なクリア難度にしない、でも十分ですかね。



……まぁ さらにまた こちらは割と切実に付け加えるとするならば
裏中ボスの遭遇率についても良心的な値にしてほしい。

――これに関しては 自分のせいにできる(地雷ですから)ボス討伐アイテムと違い
こちらには もう手を入れることができない領域にまで行っていますからね……。

ツイッターや他人様のブログのコメント・その他もろもろの場所でぼやき続けたとおり
今回のダンジョンで のっぴぃさん 今月のダンジョンの裏ボスである(らしい)
ランドゴーレムさんに全く出会わない旅を続けてまいりました。

一応 廃人、とまでは行かなくても ほどほどのプレイ回数は
詰んでいるような気はしますが それに不釣り合いなまでにやってこない緑の子。
6Fに行くたびに 岩男がドシーン、と 立ちふさがるわけでして。

……なんか まだ財政力が残念な一大学生という立場からしてみると
この状況 結構凹みますよ……。 こればっかは責任転嫁できないし。

なんか 「この学籍番号の人に関してはハブる」みたいな裏プログラムでも
組んであるんじゃないか……とまで 思い込むまでになりましたよ……。
何せ ボク サブカ一枚も持っていない人間ですからね。

まぁ この展開でボクにあきれるほど運がないのはわかりましたので
比較的(総合的に見て)ランドさんに遭遇しているらしい方にあたって
そのおこぼれを頂戴しようとか 途中から考えだすのは自然な流れかと←

そんなわけで TLで流れてくる方(主にロジウムさん)の募集の方に
自分ができるタイミングでぽつぽつと突撃したりしてみるわけでして。

ランドさん01
と いうことで 八月も下旬になり
「魔法石多めだお☆」キャンペーンの最中
……やっと 緑のいつもとちょっと違う
ゴーレムさんに遭遇することがかなったわけです。

――なんか ラスボス初めて見た時よりも
テンションあがっていた気がする。

ランドさん02ランドさん03
流れ省略。 倒す。 やっぱり 岩男と同じで足は短かったです。←

ランドさん04ランドさん05
で なんだかんだで その流れで最終ボスまで倒せてしまう。
正直、私、役に立つのはおろか足かせでしかなかった気がするのですが
毎度 そのようなボクを引きずってまで ありがとうございます……。

ついでに 踏破立絵を見ながら 「あ~……なんか かなり階級上がったな~」
とか思いながら。 そろそろ 名前がメタルっぽくなりそうな気がします。

ランドさん06ランドさん07
実は この鉱山踏破するの 前回ゴーグルをもらった時以来だったりするので
その意味でも この時は皆さんすごかったのではないかと思います。

本当に いろいろとありがとうございました!!!  ……と書きながら
この流れだと ランドさんがラスボスっぽい書き方だよねと若干の冷や汗←

ランドさん08
まぁ 細かいことは
考えないようにして (懐的な意味で)
かなり苦労して手に入れることができた……
花冠を装着してみる。

――まぁ 服装も せっかくなので
清楚(っぽく見えそうな)白ワンピースで

……で 勝手に 脳内で原っぱで
花冠作っている女の子の映像を
放映していたりしていた半ば
変態さんのことは 深く触れないでおこうと思います。

――にしても 鉱山でもらえるのが こんな感じの花冠なんですよね……。

TOP

展望

2012⁄08⁄24(金) 00:00
歴史
なんか 下宿に入るまでは
郵便局なんかに行く機会もなく
そこまで気にした覚えがないのですが
やっぱり街道沿いって
結構古い郵便局とかもあるんですね~

脈略も何もないけど。

――と いうか これ 地元とも
言い切れない場所の話だけど←

前書いた なんか 親父に昼から大食いさせられた時に
その勢いで遊びに行くために立ち寄った郵便局だから 特に
深い理由なんかはなかったわけだけれども なんか 視点変わったなと思ってさ。

……まぁ 同じように地元の郵便局事情 こうなってみたらほとんど
理解していなかったな~  なんてこと 最近気になるようになってきたわけだが。

カレー
――ところで ボクが見た目から
さらにはデータ的意味でも
結構痩せたことがなんだかんだで
親の眼では不安に思えることだったのでしょうか?
その後 別の日に今度は 母親に昼
誘われて食べに出てました。

――これに関しては なんか
千葉を出発する(ひっこす的意味で)直前にも
立ち寄った店だったかとは思いますが
インドのオッサンが作ったカレーに
初めてなじませてもらったそれなりに
思い出のある店だったわけだけれども。

こちら ランチのカレーバイキングがその内容と比べると結構お手軽なお値段で
母親的にも気に入っている店の一つ……のようにふるまっているように見えるんですがね。
――当然 ボクも反対する理由はない、そんな風に思っている店ですが。

とりあえず この日も昼ガッツリいったおかげで 夜が結構きつくなって
その後 なんだかんだで食生活大丈夫か?  的状況に陥ったのは秘密の話。

ちなみに これを企画した女性衆は夕飯抜きでも生きて行けたようです。
食生活がどうこう言っているボクは 否応でも何か食わないと
生活リズムが気になってしまうチキンだったので 夕飯流し込みましたが。

……誰だ?  今「お前の燃費が悪いだけだよ」とか思ったの!!!!!



さて このカレー食うために家族で千葉に出てきたのですが
ここに来たもう一つの理由……と いうか そもそもボクが帰省している間に
やらなければならないノルマをいくつか抱えていることを思い出さないといけません。

まずは ボクがいない間にごそごそと段ボールに区分けされた
実家に残したままのボクの私物の処理。 一通り 出てきたものは
ゴミ袋に詰められてはおらず その辺はボク自身でやれとの仰せです。

……まぁ ぶっちゃけた話 ボクはこちらに来て何度もぼやいているように
「なにかやろう」と思いながら 結局何もやらないという
体堕落もいいとこの生活を続けているので 当然のようにこちらも進まずと。

……なんか 自覚があるのに進まないって現状 一番腹が立つパターンだよね。
これを適切に表す言葉って ズバリ「自分にまけている」なんだろうけどさ。

進んでいないことについてどうこうブログで述べ続けるのは結構つらいので
代わりに 何かないかということを考えてみますと「免許取得の準備」。

まぁ 予約するところに予約して その結果 来月のほとんどは
某所における合宿免許に駆り出される未来が決定しているボクなのですが
まだ 向こうが求めるラインに達しているか不安を残す部分があります。

――まぁ つまりは「視力」ですね。 どうなっているかわからない。

一応 ボクはもともと眼鏡をかけて生活している人間なのですが
受験戦争を抜けるうえで なんだかんだで目に結構なダメージを与えてみたり
最近は 暗いところでスマホいじったりする機会が結構多かったりで
いろいろと 目を悪くした要因があると思うんですよね。

……で 案の定 眼鏡店に行って視力検査その他をやってみたら
ごっそり 目が悪くなっていて残念でした的展開に。
――ついでに なんか 今まで見られなかった乱視が出てきたとか。 え~……

まぁ この辺もろもろを見ながら。 ついでに 現在使っているレンズと
大きくかけ離れたものを使ったら 確実に車酔い的なものになりますし
この辺と相談したうえで 新しいレンズに付け替えてみたわけです。

――まぁ ボクは基本 眼鏡二本持ちをやっているのですが
今回 二本一気にレンズ変えたり~  ……みたいなことはさすがにできませんでした。

まぁ レンズを変えるくらいだったら 神戸でもできないことはないかと思いますが
今回は初めてのことですし 店の中のネットワークがどうなっているのか
よくわからなかったので 今まで使ってきた眼鏡を買った店に戻って
過去のカルテとかと見比べながら眼鏡を調整した。 これが千葉でやりたかった作業。

……まぁ もっとぶっちゃけるのならば 神戸で自費削って直すよりも
実家で両親にこの辺の料金を(少なくとも一部でも)受け持ってもらえた方が
自分の懐的な意味でのダメージ 少なくて済みそうじゃん??  みたいな黒い理由も。

――あとは ついでにパスポート延長手続きとかもやってきたわけで。
……せっかくだったら 来年3月のボクの誕生日を待ってから
10年物のパスポート作る方が楽なんじゃないかって思うのですが……。

――まぁ そんなわけですが このほか免許合宿に出る前に
やらなければいけないことがちらほらと思い浮かびまして
たとえば 学割を取得し 向こうまでの切符購入・そのほか。

――と いうことを考えると そろそろボクがここを出るタイミングを
考え始めないといけないな~  という時期になってまいりました。

……基本的に のっぴぃさんは「無計画主義」を貫いておりますので
この辺は結構アバウトになってしまうのが自然体なんですよね……。
――言い方変えると 非常に団体行動に向かないタイプといいますか……。

なんだかんだで 千葉にいる間にやらなければならないことはやっつけましたし
後は 自分の口座の負担をできるだけ小さくしつつ けれども
少しくらいダレたとしても計画が狂わない程度の時期に
尚且つ 帰りのバスがあるときに神戸に帰還、みたいな流れになるかと思います。

まぁ 帰りの料金的なものを考えたなら 週の半ばらへんが
バスの料金安くなる頃合いですし この辺狙っていくことになるのでしょうか。

――ホント 我ながらかなり適当な性格だって思いますよ……。

TOP

みだれの食

2012⁄08⁄23(木) 00:00
ゴールドマサラ01ゴールドマサラ02
なんか 先日下宿から出かける際にも マクドナルドのハンバーガーでの
このシリーズ食べた~  みたいな自己満足ほどの報告は
書かせてもらったような記憶がありますし それと同じノリで
今回マクドナルドで売られている限定ハンバーガーについて書かせてもらおうかと。

――冬のお約束・ビッグアメリカンで楽しんで以来
まぁ こんな感じの時たま出てくる楽しませてもらえそうなハンバーガーは
いろいろとチェックさせてもらっているのですがねwww

……ただし レビューやるとかやらないとか以前に だんだんとボクの
胃袋の容量が小さくなってきている問題や そもそも ボクの生活態度的な意味で
朝食の時間がだんだん遅く・その割には昼の時間が変わらないということで
「ただ食べるのもどうなのか」的状況に陥っていたということもありますが。

なんか ここ最近はオリンピックの余韻なのでしょうか
マクドナルドのハンバーガーが 世界の料理を~  みたいな企画を
やっているようで その第二弾・インドのハンバーガーのようです。

――と いうか 前回のフランスの「ル・グラン」の方は
半ば フランスのものと認識しないまま続けていた感もありますので
正直 この辺のことはどうでもよくなっている……という うわさがあるわけですが←

――まぁ 日本人の口に合うようにしているのでしょうが
やっぱり 現地のハンバーガーをお手本にして作っているのでしょうか??

……そして それに対して 外国に「ニホンノはんばーがー」って
紹介するような立場のメニューってなんなのでしょうか。 てりやきバーガー?
(↑小さいころは このてりやきバーガーに結構お世話になりました。)

ただ インドの料理、と言われて 簡単に思いつくカレーがありますので
フランスのハンバーガーの判別(まぁ ボクの舌の出来が残念なのもありますが)
よりは 結構やりやすいな~  という 誰でも考えるような感想が頭から。

――うん。 本当に レビューはダメです。  さっさと終わらせます。
まぁ 個人的には ホットの方を食べさせてもらったのですが(多分辛さ)
これ 結構いけるお味だと思います。 なかなか食べやすいですし。

まぁ 日本のカレーライスを想像して食べた場合はいろいろと
不審な点があるかと思いますが そっちの方のカレー……を 少し
粘り気出したら こんな感じになるのかな? ハンバーガーのソースとすれば。

――ただ これだけでドヤ顔されてカレーなんて言われたら
色んな意味でたまったもんじゃない なんて いうかとは思いますが。
――一応 そこまで舌は壊れていない……つもりです。

あと ビーフを挟むのではなくチキンになっていたのは
宗教的にさまざまな人がいるインドでは 牛も豚も使えないということで
マトンかチキンを使うバーガーがインドでは並ぶ……なんて聞いたことがある気がします。

その辺の事情も考えたのなら 結構細かいところまで気を使ったのか
本場の人が口出ししたのか ――みたいなことまで考えたくなるのですが
……まぁ こんな偉そうな口して一消費者が語るもんじゃないですよね。

ちなみに 上記のように結構おなかがもともと入っている状況で行ったのですが
それに対して このように三段バンズで挟まれたハンバーガーは
結構 腹にこたえる部分があった……という噂です。 自業自得だ。



ちなみに 先ほどから自業自得的な理由つけながら「腹が膨れていた」状況で
……みたいな言い訳をしている節がありますが まぁ
自分でこんな反応しておいてなんですが 少し仕方がない部分もあるみたいです。

まぁ 寝坊に関しては 完全に目覚まし時計に依存した生活をしていたボクが
こちらにそれを持ってこなかった、それがすべての元凶ということで
言い訳の言いようがないのですが また別の意味からのお話です。

前 少し話のネタにぽろっと書いたかとは思いますが 先日から
親父が拉致されるような形で家からいなくなってしまった~  みたいなことがあり
それになる前に 親父が家族で外食に行こうと言い出したのですよ。

お好み焼き
――まぁ できれば「夕飯」に
出かけてほしいところだったのですが
善は急げ、なんて考えたのかは
知りませんが それを昼に決行。
そして 行先はお好み焼き店。
ここまではいいんです。

ここ最近 ボクが誰かと食べに出かけるときに
見えないプレッシャーがかかります。
「元気アピール」でも
させたいのか知りませんがボクに皆
やたら食べさせたがるんですよね。

見た目が痩せたから太らせようとか考えているの?

――と いうことで 昼 ほどほどにいただこうと思ったら
結果的に広島焼き(大)を一個 昼から食わされる羽目になったわけです。

あれって キャベツやらなんやらをかなり圧縮してさらに焼きそばはさんだりして
結構重さがあるじゃないですか。 ある意味撃沈。
――と いうか あの場で吐かなかったのが半ば奇跡ですよ……

で ローマ人もびっくりな食事を済ませた後 一日ほどは
これによって狂わされた胃袋の調子に悩まされた。
――みたいなことの影響が 少なからずあるんじゃないかなって。

――え??  言い訳にすらなってないですか。  すいません。



食わされ
おまけ。 この帰省中に半ば
無理やり食べさせられたもの。
――誰かが韓国行って
買ってきたらしいカップラーメン。

ボク自身もハングル読めませんが
なんか 聞き及んだところによりますと
日本で言う「ちゃんぽん」にあたる
ものなのだとか。 確かに白い。

基本的に 見知らぬものは食べない主義のボクなのですが なんか
形容しがたい圧力を受けたうえでしぶしぶ口にしたところによりますと
「ちゃんぽん」というにしてはかなり辛いものがそこにはありました。

――汁が白いからって かなり油断したわ……。 ついでに 麺が少ないわ……。

と いうか 韓国の方では本当に辛いものがお好きなんですね。
そうだとすると 日本人好みの味って ほかの国の人にとってはどう感じるのでしょうか。

――残念ながら ボクにはそれを知るすべがありませんが……。

TOP