始めてはなんでも

2012⁄06⁄26(火) 00:00
――えっとww “今更だよ。  一週間くらい過ぎているよ”
って タイミングで顔をのぞかせるのっぴぃさんのブログ恒例の。
まぁ ちょっと この辺許してくれ~な  な 台風の時の話題。

……これって 時事的ネタ持ってこようとするときにはかなり面倒なんですよね。
一応 毎日更新するって目標は達成しやすいのですが 初動が遅くなる。

さて 当然 何かしらにつけても初めての○○というものは
すこし 印象に残るものでしょう。――と いうか 残りやすくなるように
無理やりにでも この辺 別の記憶媒体(ブログ)で残してやりますとも。

と いうわけで 先日 台風が立て続けにやってくるみたいな出来事がありました。
まぁ それに関して ちょっと 語らせてもらおうかな~
……と 言った次第です。  仕切りなおした点は気にしないでください。

掲示板
まぁ 台風明けの大学に入ってみてざっと
思ったことはといいますと
何かと 掲示板での情報伝達が多いという大学。

……は なんだかんだで 台風が
過ぎ去るとキャンパスがすごいことになる。

桜並木があるとき とある季節になりますと
その周辺のお掃除業者の人が
若干 頭を悩ませる“何か”が
乱舞するといいますが それと同じような感じで
大学に雨風が吹きますと キャンパスの
美観がすごいことになります。

まぁ これもこれで今までと違った景色(←のっぴぃさんの感動ハードルは低いです。)
ということで。  だって 今まで 野ざらしのところに掲示物が
バカみたいに張られていた光景なんて あまり見おぼえないですからね。

しかも 高校まで 近所に“大学”といえる代物の中でぶらぶら~
……みたいなこと まったくやっていなかったですから 新鮮さ大きいですよ。

――まぁ 逆にいえば 関東から関西に飛んできた距離的意味合いの割には
両親の言葉が関西弁であるという関係上 あまり 感動をぶっちゃけ
覚えていないってのは 多分 気にしてはいけないポイントなのだと思います。

まぁ 最初っからキャンパス内に入った後の描写してしまいましたが
それより前の第一前提として 神戸大学って六甲山に張り付いている大学ですから
土砂崩れとかそっち方面が 大量の雨降られると怖くなってくるんですよね。

通学路に まともに落石対策されているのか不安になる……
……と いうか イノシシが住み着いている斜面が普通にあったりするので
地盤が緩んだりすると 簡単に崩れてしまうんじゃないかとかね。

まぁ その意味では ボクの専門は 地質学方面にも張り出していますし
学部の教授とかを訪ねて この辺尋ねてみるってのが 心の平静的に
もしかしたら一番いい方法なのかもな~  ……って 今気が付きました。

ついでに 研究室探検もできるし 一石二鳥じゃないですか。  奥さん。
――てか 1年の間は 教授たち喜んで研究室魅せてくれるって噂本当なのかしら。
なんだか ちょっと 怖くて躊躇しているボクがいます。



さて この後は 細かいその時一回一回のネタでも書いてみましょうかねぇ。
だって 上記の話だけだったらさすがに漠然としすぎでしょ??


<台風一発目>

……ぶっちゃけて 何号だったのか面倒になってきましたから。

さて 当日の朝は……  沖縄とかですごいことになっているのにもかかわらず
直前 いくら待っても 休講のお知らせはなし(ネット掲示板など)
……学校管理部 ニュース見ろよ……  なんて 思いながら外国語の授業開始。

……てか 人によっては片道2時間かかる人もいると聞いているのですが
そんな人のためにも 行動は早め早めにニュースとかで情報集めながら
やっていくべきなんじゃないかな~  とか おもっているのですが。

――えぇ。  当然のごとく 窓の外はすごいことに……
……なっているのかと思いきや 見た感じ すごいことにはなっていない。
あまり 風吹いていないようだったし だからなのかなとか思いながら。

――とか 思っている間に なんだかんだで警報発令→ネット見たら休講連絡。
……よくあることかもしれませんが スマホ組は 情報をいち早くキャッチできます。
――まぁ ボク さすがに授業中にこのページ凝視したりはしませんでしたが。

で 一時間目が終わった休み時間。  いつもだったら当然のごとく
次の授業のためにその授業が行われる教室に移動するはずなのですが
この日に限っては さっさと家路につこうということで。

――そういえば この帰りがけ その「次の授業の先生」にあったのですが
インターネット上のこの情報知らなかったようで 堂々とその教室向かっていたので
「休講になったようですよ」と 声掛けして帰りました。 やさしさは大切です。

で この先生 口では「授業計画が狂うじゃないか」みたいなこと言っていましたが
どこか 口元がにやけていたような気がするのは気のせいだったのでしょうかね。
……まぁ やっぱり 人間 こんなハプニングはうれしいものです(多分)


<台風二発目>

思ったより 威力が小さかったようで 普通に校内でだらだらしていても
なんら問題なかったので まぁ なんだかんだありまして 図書館で宿題仕上げてみたり
天文部の駄弁り会見に行ったりしたり もろもろやってました。

最近 財政状況が思わしくなくて あまり 活動はしに行けない
……と いうか 夜が遅いから 活動しにくいので
こんなノリじゃないと いけないのかもしれないな~  なんて 思いながら。

……まぁ 結局 この日 結構遅くまでだらだらしていたのですが
結局 滝のような雨に降られるでもなく 特に普通の雨の日として過ごさせて貰いました。
――まぁ 学校関連でがんじがらめにしたらこうなるわな。



事務室
余談。 なかなか 教養の間は
理学部校舎に入ることがなかったので
なかなか気が付かなかったのですが
天文部に顔を出しに行く途中
事務室が廃墟のようになっているのを
発見したのっぴぃさんです。

「先日の台風で崩壊したか!?」とか 騒いでみましたが
普通に 中から工事のオッサンが出てきたので あまり面白くもなく。

……なんだか あちこちで手が加えられている最中って噂です。
――まぁ 面白ければ特に 深いこと気にしないんだけどね。  えぇ。

TOP