三周年ッ!!

2012⁄05⁄30(水) 00:00
2012.png
どうも なんだか 今日で
ブログ開設3周年になるみたいですよ??



――いや~  思い返せばあの日
日々の生活に疲れてワープロの前に座り~

って なんだか 結構多忙なことやってますねwww

……まぁ 本人の賞もない感覚に寄れば
あながち間違いでもないのですが。

……とりあえず きっかけなんて
人それぞれですし どうでもいいことですよね。



と いうことで 開設から3年間 ちまちまとこんな
駄文の垂れ流しをご覧いただいている皆様 誠にありがとうございます。
なんだか こんなに頑張れているのは おそらく皆様のおかげです。

それにしても 自分でこんなことを書くのもどうかとか思うのですが
よく 三年間連続更新なんてやらかしているな~  とか 思います。
……まぁ ぶっちゃけた話 あちらこちらでセコイ手使っていますが。

まぁ 普通に見た感じ 毎日記事更新しているように見えていますよね??←
――まぁ いつ書いたのかは別にしても 毎日何かしら
動きがあるように見えるように 記事の書置きはやっていますから
その辺は 一応 評価してくださいなwww  みたいな 甘えの言葉も←

そういえば 一年って365日 まぁ 今年はうるう年でしたから
366日ということになるのかもしれませんが これらを単純に計算してみると
365+365+366=1096  と いうことで まぁ 今までの
記事番号を見た感じでも うすうす感じられていましたが 1000日超えているんですよね。

――まぁ 記事番号自体は 過去にも結構一日に記事二つ三つ増やしたり
することもしばしばやっていた感じですから日数とかと正確に
一致していることはまず ありませんが こんな風に計算してみた限りだと

ブログ開設1000日目のお話 見事に すっ飛ばしていることになるんですよね。

……まぁ 今までのボクのキャラでしたら この辺のこと 逐一調べて
なんだかんだやっていたような気もしなくはないですし もう確実に
終わってしまった日のことになりますが ちょっと調べてみますか~

……と いうテンションで調べてみた結果(計算間違いがあるかもしれませんが)
2月25日という日付が出てきまして……あれ??
――まぁ 一応 その日にボクがどんなことを書いていたのか調べてみたのですが。

「大学受験・二次試験  前期日程試験日」  …………ふむ。

と いうことで そんなこと気にしている場合ではない日だということがわかりました。

まぁ もともとこの日に気が付いていたら そんな神経を勉強に使っておかないと
ただでさえ なんだか奇跡のような所業でしたし その奇跡すら
つかむこともなく 奈落の底に落っこちていたのではということを考えると
まぁ これはこれで よい決断だった……以外の言葉はありませんね。

まぁ この事実がどうだったかはまぁ いいとしても いくらなんでも
そんな日に ぶつけなくてもいいじゃない(どっちにしろ気が付かないだろうけど)
みたいに 思ってしまいたくなったのは 終わらせて 気が緩んだからでしょうか。

――その辺考えるのならば あれから かなり 生活も変わったものです。
……本当に こんな短い間だけでも 日々の記録で懐かしくなれるんだし。



……考えてみれば この三年間って プロフィール的に考えても
いろいろと 山あり谷あり いろいろとやっていたのかもしれません。

この日記を書き始めたのは ちょっと荒んでいた高校二年の初夏で
そこから なんだかんだ激動の高校三年間を締めくくって
その代償として(←違う)なんだかんだで 予備校で浪人する一年間。
そこから どう頑張って考えてみても 奇跡の日田文字なくして語れない
大学合格その他を経て 今日にいたるわけですから。

とりあえず そのような経歴を経まして ただ今 神戸大学に通わせてもらっている
のっぴぃさんが完成しているわけですが……  まぁ この辺は
今までも散々書き倒したネタかもしれませんね。  自重自重。

まぁ 面白いか否かとか 見る気になるか否かとかその辺を考えなければ
結構 人生の中でも大きなターニングポイントを見返すことができるって意味では
なかなか 個人的には面白い資料になるんじゃないかな
ってね。

やっぱり ボクの中の勝手な想像だと 何かしらの形で
その時の自分が何を考えていたのか 成長における浅はかさを知るって意味でも
その時の背丈の自分そのままを写し取っている記録があるのって
なかなか 先ほどの考察にもちょっと混じっていましたが 面白い部分もありますし。

……なんて こと考えてみると 五月病のような日々のだるさ対策とは別に
この「作文をする」という動作で日々にメリハリを持たせることによって
また ボクが当初予想もできなかった副作用があるんじゃないかって気にもなりますよ。

――と いうことで 今までも続けていたように 多少強引な技も
これからも 引き続き使用していくことになるかとは思いますが
今の等身大の自分を プライバシーを自分で傷つけない程度に
赤裸々に語っていくことができたらな~
  とか いまだに思っている次第です。

ちょっと具体的に書くならば たとえば 記事の予約投稿で
あらかじめ数日先のお話まで(この記事自体も 二週間ほど早く練り始めていますが)
わかる範囲内で書いておいて 日々のネタの分量の変動に備えてみたりとか。

そのほか どうしても記事を挙げられないときのために
比較的「いつあげても大丈夫」な部類の記事を 下書き記事として書き溜めるとか。

――まぁ これに関しては 時間の流れとともに 本当に
「賞味期限」が 切れてしまうものもちらほらと出てきてしまうのですがね。
こうなってからのリカバリーも もうそろそろ考えていかないとですが。

まぁ ここまでやっておいてからも 日々の生活の中からできるだけ
記事ネタを引きずり出すというのは必要になってくるということで
これからも 観察眼と それを節理を以て ネットマナーを意識したうえで
作文するという ネット世界での成長もしていきたいなと思います。

そのほか 書く内容をもっと 読みやすくするような「作文力」の養成。
――みたいなこと 考えてみたら まだまだ本当に子どもですね。



……これからも ボクの「成長」を 暖かく
見守っていただけたら幸いです。

――これからも どうぞよろしくお願いいたしますです。

TOP