文学賞  直木賞。

2012⁄05⁄01(火) 12:00
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

TOP

Burnout Syndrome ―― May

2012⁄05⁄01(火) 00:00
201205月
こう 五月になってくると
陽気のほうも文句なしで春。

――状況によっては 夏に
間違えるようなそんな感じになるものです。

――なんて 書いては見ているものの
ほかの人との温度感覚が多少ずれているボク

こんな風な気候に関する話を書いて
世間一般に通用する意見なのか
とても自身がないのですが まぁ。



まだ 家から段ボール箱が消えません。
――まぁ まだ 初々しいってことですよね。  きっと。

……と いうことで こんにちは。  五月もこんな感じです。
基本的には 今までと同じようなシステムでやっていきたいと思います。
……先行記事が途切れるまではね~  と いうことで。

先がある程度見通せる状況で○月一日の話を遂行することができるの
……個人的には 趙超超久しぶりのような気がしましてね。
――そして まだ 相当初々しいですから まだ 気分も晴れやかで。

そんな感じで もうしばらくは このすがすがしい状況が続きそうです。
――一年生って意味では変わらないのですが「新入生」って
肩書がはがれてくるのは いったいいつになるのでしょうか  わかりません。

そういえば ある程度僕らの学年もサークルになじんできたりすると
サークルの中での先輩の態度が豹変するとか聞いた覚えもありますし。

……その辺の兆候が見えてきたころから 心境変化があるのだとすると。
――いったい どんなふうに考えていけばいいのか 悩むところですね。



さて この時期に書くお話というのはボク個人の中では大体決めていて
見通せる範囲でこの先の計画を立ててみたりとか 目標を立ててみたり
ブログに関してのメンテナンスを行うって感覚だったりするわけですが。

とりあえず 四月の段階ではあまり落ち着いて書けなかったので
その辺で確認というのか もう一度提示しなおしておこうと思いまして。
――何せ 高2の時から そんな感じで続けていますし。  慣例ですよ。

で その内容の方ですが しばらくの間はまだ 新しいところに慣れていない分
その辺の話をつづってみたり そのほか 下宿することによって変わった価値観

――だけれども なかなか切りがたいQMAのことをたまに思い出したりしながら
ぼちぼちと 自分の思うが儘書き綴ることができる~  と いいなと。

ただ この段階で少し危惧?  していることというのが上記のような変化。
――すなわち ボクが「いつまで新入生」でいられるかってことです。

世間一般的な意味での新入生って時期はもうそろそろ終わるでしょうし
先輩方の「新入生」としての扱いってのが どんなふうに変わってくるのか。
はたまた 自分自身の自覚の中でどんなふうにいつ変わるのかは
天気予報よりも予想するのが難しいのではないかって思うわけですよ。

まぁ 一般Peopleにしろ 先輩の評価にしろ その辺に関しては
ボクがどう騒いだとして変わりようもない話ですからいったんおいておくにしろ
ボク自身の心境の変化がいつ訪れるかというのは大きな問題です。

単純に 字面だけのイメージだけで考えてみるところによりますと
その辺の症状が出始めたころには 日々の生活がだるくなり
学生の本分を忘れてみたりとか そんな弊害もあるでしょうね~

せっかく 浪人という冬を経験してまで勝ち取った切符ですし
将来やりたいこともあり それに向けて一歩大きな一歩を踏み出すことができたのだから
なるだけ この辺の症状は押さえてきたいってのがボク自身の気持ちです。

しかし 神戸大学自体は山のてっぺんにある――つまり 通学が
文字通り登る・登山になっているということで ある程度体力がないと
この辺から疲れを蓄積→堕落って運命があるような気がするんですよね。

ところで 巷には「五月病」と呼ばれているものがあります。
結構言われている内容は 新しい変化や生活に慣れてきて中だるみしやすい五月
――みたいに言われていますが 危惧しているのはまさにこれですよね。

――と いうことで ボクが今一番この意味で恐れているのは
この「五月病」と「中二病」でしょうか。  ……あれ??

まぁ 何がともあれ この時期をだるく過ごしてしまった場合
ブログの更新とかの 今まで習慣付けていたものが崩れて
いろいろと やる気を失って堕落しかねないということで……。

その辺 一種けじめをつけるって意味でも このページを有効に使っていきたい。
――とにかく 受験も毎日2000字を超える作文をこなすことで
なんとか乗り越えてきた僕ですから ブログの力に依存している部分もあり。

――だからってわけではないですが この危惧される状態のほうも
ブログを通じて毎日のようにそれなりの分量の作文をこなすことで
ある程度 どうにかならないかな~  なんて 考えているのが
ボクの正直な気持ちなのですが はたして うまくいくのでしょうか。

そのほか 変化が落ち着いてきた場合 周りをしっかり
観察する癖をつけなければ まともな記事書けませんし
その意味では 日々の生活をだるく過ごしていたならば
結構 ブログ更新ってきつくなりますからね。  いい運動になります。

あと 生活が落ち着いてきたらそれはそれで考えたいことが。

――空いた時間でQMAやってみたり~  みたいなのもあったりはしますが
やっぱり 大学生になったからには 社会経験って意味も兼ねて
バイトか その辺も考えていかないとかもですしね。

――実際問題 この一か月間生活してみて 結構大変です。
……食費を一日何円とか レストランとかと同じノリで行きませんから。

自炊しようと思った場合 その時買った材料を一回で使い切れる機会は
そう やたらめったにあることではありませんし その辺を考えたなら
どう 計画的に毎日を過ごせるかがカギを握りそうです。

五月病を追い払うため「計画的」な生活をどれだけ起こせるか。
……五月は これを目標に頑張ってみようかななんて思っています。

TOP