荷解き……?

2012⁄04⁄11(水) 00:00
さて なんだか ちらほらと忘れていることもある気がしますが
細かいことは気にしないとすると 大方 千葉のうちに起こしておいた
物事は 曲がりなりにも処理しつくした……と いうことにして
これからは 神戸に移動した後のお話を書いていきましょうかね~

……とはいうものの 現実はといいますと
段ボールの山が片付くまでもう少し時間が必要だから
「ボクの部屋 こんな感じ」的画像を載せるわけにもいかないし
どこかのサークルの新歓が~  みたいなお話も ボクが部員になるのなら
また 話は変わってくるのかもですが そうでもない場合は
細かく記述していくのもさすがにどうかと思いますしね。

……まぁ 最初からうだうだ書いてはいますけれども
要するに 引っ越す直前みたいなノリで その日一日のことで
記事二本三本と書いて それを一本ずつ更新していくことは
さすがに無理があるんじゃないだろうかって さすがにボクも思うわけで。

――まぁ それなりに書くことはあるかとは思いますが あの時みたいな
カメさんテンポにまでは なりきらない……と いいなって思います。

まぁ 何か書く前に これから書こうと思っている時間軸においては
母と妹が 関西方面に観光旅行に出てきている前提だってことは
一応 しつこい念押しでもしておこうかな~  みたいに かいておきます。



さて 三月二日に 重たい荷物を引っ提げて 下宿にやってきました。
そして バスで あまり寝れなかったので寝ました。

――てか 気が付いたら 家に冷蔵庫と洗濯機(いずれも一人暮らしの親戚寄贈)が
何食わぬ顔して届いていたのですが それよりもまず
サックス片手に不眠不休で(大げさ)移動してきた疲れをごまかすため
フローリングに布団を敷いて さっさと寝入りましたよっと。

とりあえず 家具が届くのが諸事情により相当遅くなってしまったので
それまでは 地べたに直接布団を敷いて 寝ることになっています。
……まぁ 引っ越しあと落ち着かない間は 結構よくあることだとは思いますが。

――そのほか 軽く買い物した程度しか覚えておりません←

……正直に ボクが神戸に来た後に起こったことを記述せよなんて言われても
これくらいのペースで進んでいくわけで とりあえず できるだけ簡潔に……ね。

翌日・三日。  とりあえず 引っ越し荷物が到着。
どこかで挙げたような気もしますが 単身引っ越しサービスということで
かなり コンパクトに荷物を運んできたので 段ボール(基本)を
いくつか持ってあがるだけで 荷物の運び入れは終了。

それ以降 まだ置くところがはっきりしないものもいくつかあったりしますし
段ボールの梱包を解くのに結構時間がたったりもしますが
とりあえず あいている時間をちまちまと探しながら
ひとまずは 荷解きを始めることに相成ったわけで……。

ちなみに この当日は本来 妹の帰宅予定の日程でもあったのですが
某 相当な風やらなんやらで 日本がすごいことになっていた
あの日ですので まぁ 安全のため急きょもう一泊することになりまして。

まぁ どっかのホテルだったら その辺の手続きはまた 面倒なのですが
幸いなことに ボクの借りている借家ですので その辺の手続きは
特に経ないまま プランの変更がねられるということで なかなか便利でしょ??

――とか 言っていますが とりあえず 今のところ
部屋に止められるのは家族だけですがね。  ボクのキャパ的には。
――なんて話は もうしつこいくらい書いているし いいか。

湯
ちなみに ボクも越してくるまでは
あまり認識していなかったのですが
神戸大学の周辺って なんだかんだで
結構温泉ありますね。

まぁ 確かにちょっと北に目を
向けてみたならば 有馬温泉という
かなり名の知れた温泉郷が
顔をのぞかせているっていうことで
まぁ 言われてみれば 穴を掘った結果
温泉がわきだしたといわれても
そこまでおかしな気はしないのですが
ちょっと 不思議な気分。

神戸って街は 南を向けば海が広がっていて 北には山がある。
そして その狭い土地を掘ってみたら 温泉まで湧くってことですから
なんだか いろいろな要素がまとまっている コンパクトにいい街にも思えますね。

まぁ 難点としては 行動範囲内の高低差が大きいってこととか??
それのおかげで ちょっとした移動とかをするだけにしろ ちょっと勇気がいりますね。
――まぁ 健康によろしいってとらえれば いいとは思うのですが。

……で なぜ いきなり温泉がどうこうとか言い出したかといいますと
この日に まぁ ちょっとしたノリで 家の近くにある温泉に
母がお金を出してくれるということで 現金なノリで入ってきたからなんですよね。

コーヒー
まぁ 風呂上がりの醍醐味

……ともいえる コーヒー牛乳に関しては
さすがに ちょっと 昼飯で浮かそうと
頑張っているお金を使って
飲ませてもらったりもしましたが
まぁ 感覚としてはこんな感じかって。

――まぁ 個人的難点としては ボク自身が熱いのが苦手なので
あまり 長風呂とかできないな~  みたいなところでしょうか。

まぁ とりあえず
ボクの借りている下宿はセパレートなあんななので
ゆっくり足を延ばして風呂に入るのは少々きつい。
――お金が浮いたならば 月一くらいは入れたらな~

なんて 思ってみたり。

……まぁ それに関しては おもにQMAとの折り合いもあるでしょうし
バイト関連を考えるようになってからになるのでしょうか。

そういえば これらの温泉の待合室から脱衣所が小さな窓が開いていて
なんだか 男風呂の場合はフルオープンになっているってのが少々
思春期の男の子としては難点だな~  とか 思っていたりはします。

そのほかに ちょっと話題にかけるとしたならば なんだかやたら
「テルマエ・ロマエ」劇場版の広告がかかっていたりしたところ。

神戸市内の銭湯が撮影に使われたりしたのかは知りませんが
それとも 古き良き時代の銭湯を思い出してほしいとかいう暗喩なのでしょうか。
……まぁ 原作は読んでいますけどね。  どうなるかはわからんわ。

TOP