移動ちう

2012⁄04⁄09(月) 12:00
もともとは 今日一日で一つの記事のはずだったのですが
後から バランスとってみたら 明らかに大きくなりすぎてしまったので
途中で記事 分けることにしました。

基本的に 記事は一日ひとつに決めてますが
それでも 何かしらの法則を決めて それに沿ってブログ更新を進めているので
――暇だったら その法則を調べてみるのも面白いかもしれません。

何のメリットもありませんが←



祐天寺カレー
で そのあと なんか上京してたチャモロさんと合流。
ひとまず「強引に夕飯」を食べることにしました。  場所はボクが強引にチョイス。
……後から考えると なんだか 申し訳ないことをした気がします。

――そして それと同時に ボク 絶対に何をするにしても
「ホスト」って立場は合わないな……  なんて 遠い目をしながら思いました。

で 一応 こんな感じで出てきているのは祐天寺のほうにあるカレー屋さん。

内装01内装02
でも 内装はとっても電車な雰囲気のカレー屋さん。
――なんだか 店長さんもかなり 積極的に声掛けしてくれましたね。
常連になれれば なんだか とってもいいことがありそうな感じ。
……って書けば なんとなく雰囲気は通じるでしょうか???

こう 内装もまねて作ったとかではなく ほとんどすべてが
古い何かを解体した時に出てきたものをそのまま保存したものですし

レール
単に置物のように見えるものも
よく目を凝らしてみたら
普通に 鉄道関係で歴史を
背負ったものだったりするわけで。

とりあえず カレーを
振舞ってくれますが なんだかんだで
中は 普通にミニ鉄道博物館
みたいなそんな感じの場所ですね。

ナイアガラ滝
一応 店名のヒントも こんな感じで
ちまっとまぎれていたりはするのですが。




アキバアキバ駅
その後。  西進ということでこの先さらに行きにくくなるだろう
秋葉原を 十分太陽が陰った時間になってしまいましたが見て回ることができました。

あわよくば レンタルスペース見て掘り出し物探したかったのですが
いかんせん 大きな荷物を持っての移動は難しいですからね……。

……最近では ゆいあずのフィギュアをまだ 獲得していないので
どうにかして あれらを手に入れたいところなのですが……。

とりあえず 時間や余裕を見つけて 三宮にそれっぽい店があるかとか
日本橋ってどこのどんな場所なのかとか調べてみようと思いました。



合流
で その後高速バスでもう 数か月は戻らない片道を。
――でも 帰省の時は少し時間を頑張れば 格安航空券で
もう少し 快適な旅路ができるかもな~  なんて 考えながら
すでに 神戸に来ていた女性陣と合流した~

よし。  強引に終了!!!

TOP

引っ越し当日

2012⁄04⁄09(月) 00:00
荷物
とりあえず いい加減さっさと
話題のほうも神戸に持ってこないとまずいですね。

心 ちょっとあわてながら
引っ越し当日前後の話書いておこうと思います。


とりあえず 家電とかその辺は買い付けて すでに向こうの店に
注文したりなんなりしているので 基本的に持っていかなければならない荷物なんて
ボクみたいな下宿一間そのまま借りて学生生活をする人間でも
そこまで多くなかったりする現状だったりするわけですよ。

とりあえず 部屋の話題については それが出来上がってから済ませましょうかね。
――ぶっちゃけ リアル時間軸でも まだ 段ボールの海なので←



わんこ01わんこ02
さて 引っ越しにあたってボクに関係してくることといえば
そろそろ7歳も回っている我が家で飼っているわんこと
否応なしにお別れしなければならなくなってしまうということで。

そして 犬の寿命的ことを考えてみると 今後リアルに会う機会は
かなり 少なくなってきてしまうんだろうな~  みたいな感想を。
……まぁ わかってはいたつもりなのですが やっぱり改めて自覚すると
どこか 悲しい部分に浸れてしまうってのもまた 現実で。

なんだか 過去に(もしかしたら まだ出し切っていない過去記事だったかもですが)
書いたような気もしますが このわんこを飼うきっかけというのも
ボク(と 妹)がさんざん駄々をこねた挙句 なんだかんだでボク自身は
育児放棄まがいのことをやらかすという もう 目も当てられない現実だったり。

――の 割には ほとんど何もやっていないはずの人間であるボクを
このわんこ自体は結構慕ってくれていた(いや 同類に見られていただけかもですが)
様な感じで まぁ 結構思い出はあったりするのですがね……。

今後は 年数度の帰省の時に ちらりと顔合わせすることになるのかもしれません。
……まぁ まだ 永遠の別れってことではありませんし
その意味では もう少し 明るく別れを告げておくことにします。

……でも あの子 忘れっぽいからな~  数か月合わなかったら
それだけで ボクのことぽっかり忘れかねないからな~  ……マジで。



さて 時間のこともありますので いろいろとすっぽかしながら
できるだけ頑張って 時間軸合わせに奮闘したいと思います。

まず なんだかんだありまして ボクが荷物を運び出した時点では
家の女性集はすでに 関西方面に「遊びに」行っていました。
……ボクにとっては人生の大きな節目になる下宿への移動ってのも
彼女らにとっては 遊びの中におけるイベントの一つでしかないようです。

引っ越し中華そば
そんなわけで 親父と
ボクだけ残された別れの飯ってのも
カップラーメン(でも
ちょっと奮発してラ王)と かなりシンプル。

……こんなのでいいのかってくらい
かなりシンプル。

まぁ そのほかにも いろいろと親父はお惣菜買ってきてくれたりしたのですが
値下げのシールが張られていたからと言って 量の見境なく
ガンガン持ってくるってのは かなりきつかったですね。

親父曰く「朝のお惣菜」で ボク 軽く朝昼二食いけましたから。
――まぁ それとはまた別問題かもですが ボク受験が終わってから
食べる量が自然に少なくなって来たりしているんですよね~

ストレスがたまるとボクは「やけ食い」したくなる体質のようで
浪人生活というストレスの塊のような時期をなんとか抜けられそうということで
自然と食べる量が減ってきた……のだと ボクは考えています。

――で 荷物のほうはてっぺんに挙げてたやつ。
特に ここで改めて何かするってわけでもありませんからね~
参考程度に 一応補足しておくくらいでしょうか。  単身パックで運びました。



思ったより 画像で場所食ったので 後日に回すのもそろそろきついんで
時間差出しますが 今日中に持ってきます。  続き。

TOP