合格からの日々

2012⁄04⁄01(日) 15:31
とりあえず 合格後の動きと それに関するお話を軽くまとめておこうと。
――なるのかはわかりませんが ボクの場合後期で受かりまして
いろいろとドタバタして動いていたので
この時期に 大移動する人がどうするべきなのかのあらすじは踏んでいる気がするので。

一応 時系列にあったような記事は リンク飛ばしておきましたが
一部 あっていないような気がするので まぁ その辺は許してください。

ついでに これをリアルタイムで出した時には 時系列完全無視でしたし
その補完的意味合いも兼ねまして……。

そして 単純に時系列で意識した場合 その中身のテンションが
相当違うことになることが多々ありますが その辺もまぁ 気にしないことに。



後期 合格発表

まさか 受かっているとは夢にも思っていなかった。

その日の夜から 下宿探しに飛びました。
そうでもしないと 前期に受かった人や 私立の人で
良い物件が埋められていそうな気がしたからね……。  よい物件は早い者勝ち。

物件の中には 貸出条件が 国立大学ってのもありまして
条件にあてはまるのなら そんな物件は 結構いいとこがそろってます。

そういえば この帰り際に待ちぼうけ食らったんだっけ。  どうでもいいけど。

01  02

その後 地元に戻って 地元のやつらとお別れを告げ。
――と 向こうはそんなテンションでもなかったし ボクが一方的に
そう 思い込んでいたような節もありますが まぁ これはこれで。

01  02

先ほどの物件物色は いろいろと契約が付きまといましたので親父と行ったのですが
その後 生活の基盤を整える道具のチョイスは母親を連れると安心……
……と いうことで そのために 母親連れてもう一度神戸へ。

ここで 家具系統はどんなものを最低限必要なのか
その規模的なものを 母親に指南いただきました。

そのついでに やはり 心配してくれた親戚へのお礼参りも済ませ。
――やっぱり 受験は一人ではできませんからね。  感謝の気持ちが大切です。

01  02

その後 荷物まとめたりなんなり。  要するに引っ越し。
この辺は 記事のほうで写メあげたりもしましたし まぁ これくらいでいいか。

01  02  03  04

まぁ 入学前にも健康診断があったりいろいろガイダンスしたりするから
なんだかんだで それに間に合うようにしないとダメなんだけどね。

それを考えながら 引っ越しする時期を決めたり 届く時間帯を決めたり。
――気を回さないといけないこと 結構いろいろとあるんだよね。

まぁ 健康診断は 浪人していた人は驚くことがあるかもだけど
その辺は 節理って受け止めるしかないよね。

で 入学式をすると。



大体の流れはこんな感じ。
――まぁ 色んな記事書きましたがこれもこれで。
……一応 ジャンル関係なしに並べましたが 一応偏りもあるよね。



おまけ。

この辺のQMAの話題。  移動意識した感じ。

※1  ※2  ※3

あと 終わった後 興味ある場所にフラフラ出かけたりもするよね。
ボクの場合はこんな

あとは ドタバタしている間の食生活をこんな風にさらしてみたり。


――みたいな感じで 大方の流れはいいかしら。
……まぁ これも 一種のまとめ記事www

TOP

アカデミー賞②

2012⁄04⁄01(日) 12:00
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

TOP

時間がないので失礼します←

2012⁄04⁄01(日) 00:00
エイプリル
どうも こんにちはのっぴぃです。
今日から四月って事で
――ボクもそのうちの一人ですが――
これから始まる新生活に
心膨らませている人も多いでしょう。

ひとまず 何がともあれ
ボクの方にもなんとか春(生活的意味で)が
やってきたようなので これからの新生活
頑張って行きたいところです。



さて ボクがいつも書いている日記のノリならば
結構普通に 今後の予定とかその辺を綴っていたものですが。

3月月末に現在においては 行く場所とか住む場所が落ち着いたとはいえ
それに慣れたりとか そもそも 家具が揃っていなかったりなど
実質的な展望がいまいち のぞみにくい部分もありますしね。

……そもそも エイプリルフールなのでなんてのは
今までも 大体同じような流れだったのでしょうか。  うん。

そこで書いたことが「全部ウソです」なんて事になったら
ハタ迷惑以外の何物でもないですからね。  この場合。

そう言えば ちょっと関係ないですが ボクが昔聞いた噂の中では
4月1日生まれの人は 学校に入ったりする時に
一年早い学年に行くのか 一年遅く新学期を迎えるのか
――出席番号が生まれ順だった場合は 一番先頭になるのか最後尾になるのか――を
自分で決めることができるなんて 聞いたことがありますがね。

なんとなく 何処となく これに近い響きが今
ボクがやっている行動の中に含まれているんじゃないかしらと。



さて そんなわけなので 普通に日記書きます。

――せっかくだったら エイプリルフールにかこつけて
いろいろと冗談を連コしたいところだったのですが 進学に必要な書類やら
引っ越しの準備やらの合間に このへんの原稿を書きためているので
その辺のユーモアは できれば 求めないでほしいところですwww

超私ごとですが 今までの2012年において 一番
「冗談じゃないの?」なんて 思った出来事は「合格発表」でしたね。

前期は8割程度受かったんじゃね??  みたいな感触を持ちながら
結局蹴落とされて そこからの流れで 全体的に偏差値も上がりますし
不利になるとばかり思い込んでいた後期で合格ですし。

両親に後から聞いたところ 二人とも 今年もダメだったなと諦めて
特に 結婚式関係の忙しさがあったらしい父方の方には
あえて ちょっと早めに「落ちた」報告をしたほどだったそうな。

……だから そっちはそっちで また いろいろと面倒なことに
なっていたみたいなのですが それより先のことはボク自身
情報が回ってきていないので 何もわからないような感じになっているのですが。

――まぁ ともあれ そんな内心こんなだったわけですから
実際に速達で書類が届いて 中身を見るまで(正確には 速達が来た時には
ボク自身は 下宿を確保するために ひと足早く神戸に飛んでいたのですが)
本当に 実感がわかなかったんですよね。  気が気ではないですよ。

……そして 速達が届いたって言われた後も それを開いたら
「スカ」って書いてある紙っきれが入っているんじゃないかなんてね。
……ちょっと考えすぎに見えるかもしれませんが マジで そんな感じです。

――まぁ 今となっては いろいろと振り込むもの
振りこんできたみたいですし「スカ」では済まされない所まで来てますからね。
……ここまで来たら 流石に引き返せませんよ。  ふふふ……



そんなわけで ある程度 普通の日記として記事を書くとして
新生活で決めていかなければならない物ってのもあるわけですよ。
――とりあえず 例えば 第二外国語とか。

……まぁ 今日という日に書くと言う割には 嘘とかついたりする
隙間が ボクのキャパには見つからないので 普通に行きますよ。

ぶっちゃけて 英語だけでも手をつけ切れなかった部分もあり
かろうじて 2月3月になってから ある程度の文意の把握が
なんとかできるようになったのかもしれないが……  的レベルなのに
別の言語を積み重ねられるのかって不安が尽きないのですが。

でも カリキュラムに規定されているんだったらし方がないと。

とりあえず「フランス語」「ドイツ語」「中国語」「ロシア語」から
適当に選んでね!!  ――って 言われてもねぇ……。

ちなみに のっぴぃさんの場合 無条件で好きな国(英語圏と日本を除く)
なんて 言われた場合には「イタリア」って 答えますし
学部的特性を考える(地質学又は 天文学など)とするならば
――特にボクが興味を持つ方向性に絞るのだったら スペイン語があればいい感じ。

でも その絞り方をすると ボクにぴったりの選択肢は見つからないと。

因みに 何故 スペイン語なのかと言いますと 特にボクが興味を持つのは
惑星等の形成にかかわる研究なのですが それにはやはり望遠鏡が必須。
――で 南半球の有名な望遠鏡は 結構南米アンデスに多い
……で 南米の大半の国はスペイン語圏内  みたいな 思考トレースです。

ひとまず じゃあ それぞれにどんなメリットっぽいのがあるか考えてみると
フランス語は 歴史的な背景を振りかえって見ると アフリカを中心として
なんだかんだで通じる国が多いのかもしれないなってところ。

ドイツ語は英語と同じゲルマン語系で 英語が行けるならどうにかなる??
中国語は 漢字でなじみがあって とっつきやすい?  頭数もナンバーワン。
ロシア語は……うん。  なんだか 簡単に思いつかない。

まぁ いずれにしろ 第一印象と言うか思い込みのような物なので
これを決める前に それらの思い込みを外す作業が必要になりますが
――何となく フランスが良いかな~  とか 想っているとこだけど
発音のしやすさとかを考えると さてと どうなんでしょうね……。

TOP