迷走なう!

2012⁄04⁄21(土) 00:00
そういえば 半ば 大学の授業では強制的に――と いうか
前述のとおり ボクには自由意志があまりなかったのですが――
生物の授業 とる羽目になっていたのですが それに関しては
QMAの知識補完って意味合いで 前向きに考えることにしました。

なにせ 高校で全く習っていませんでしたしね。  生物。

まぁ 昔から日曜20時からの動物番組はずっと見ていたので
それに関して アニマル関係の知識は頑張って仕入れていたのですが。
――とはいえども 結構覚えていないものなのですが。

……と いうことで 今の状況のままだったら確実に
プレイ回数自体は減っていきますが それと知識量に関しては
単純に比例しないように 何か考えていきたいところ……

……せっかく (それなりの教育してもらえる)大学生になれたからには
それだからこそのもの 何かきらりと手に入れたいですね~



――おかしい。  QMA記事書きたくて書きだしたはずなのに
完全に 方向を見失いかけている気がしてきました。  ピンチです。

貨幣
そんなわけで 扉に変わる前まで懲りずに続けていた
何か問題出してみてしゃべってみようの
話を復活させてみることにしました。
――好評では絶対ないって??

まぁ 細かいことは気にスンナ。

そういえば ボク自身こんな風に引っ越しははさんでいるわけなのですが
その荷物の中に押し込んでこれる荷物は まぁ 制限が必ずあるわけで。
――そういえば 引っ越し関連のまとめ 1日名義・大学導入部のところに
作っておきました。  後付けですが。――おいてきたラノベもあるんだよね。

まぁ そうだったとしても 途中でピンと来るものありましたし
やっぱり 昔買っていたラノベにも ある程度の愛着はあるようで。
――ってのは なんだか 後付けの言い訳のようにも聞こえるわけで。

なんだか 狼と香辛料については途中までは買っていたのですが
途中で なんだか 波長が合わなくて止めてしまったような気すらあります。

定期
が 親にいつだかの誕生日
プレゼントで買ってもらっていた……

……って だけでもなんだか
一つあった気がしますが
まぁ それはそれとして
いまだに みーたんを入れている
スイカ(そろそろイコカにするかな?)は
ホロが印刷されている
定期パスに入れられているわけで。

……そろそろ ぼろくなってきたし 考えなきゃな。  保存場所。
――さまざまな意味で。  でも ボクのケータイiPhoneだし。



のっぴぃの特性→とりあえず 後先考えないで 初めてはとりあえず記録
初優勝01
と いうことで やっと扉で優勝できました。  不死鳥杯。
……うん。  なんだか 順位安定しなかったからね~
理系学問その他漫画・ノベル社会四択理タイ

ただ ここで文句言うとするならば 凡ミスしまして
全問正解って方をマジで逃してしまったってのが心残り。
――本当にわからなかったのだったらまだいいのですが 凡ミスってのが。

――やっぱり 一度くらいは全問正解のクマフィー獲得条件満たしたいじゃん。
……意図的に 階級おろしてやってみる?  みたいなの 考えたくなるわけで。

まぁ ひとまずはまず ドラゴンの金のクマフィーが先になるんですがね~
やっぱり 狙う優先順位は 上を見る方が早いってもんですよ。

初優勝02初優勝03
で 踏破絵で一応見ているのですが 一応 優勝絵
――と いうか この意味では πタッチがお亡くなりになっていたり
なんだかんだで 劣化しているようにも見えなくはないのですが そうですか。

……まぁ アップデートで 予習の駆け引きが長くなったり
その辺の変化もあったし ストーリーモードもまだだしね!!!

ギリギリ
まぁ そんなこんなしていたら
またまた 中途半端なところで
経験値上昇が止まってしまったという
ことなのですがね~

――ところで この 経験値の上昇量には
どんな法則があるのかしらね~???

TOP

授業(核心Nothing)

2012⁄04⁄20(金) 00:00
とりあえず 前書いた終わりの方でチュートリアル的感じの
――って 説明の仕方にはいささか違う部分がある気もしますが
まぁ あるていど 自己申告したような気もするのですが。

そんなわけで 今迄みたいなノリでさすがに書くわけにはいかないわけで
――まぁ ぎこちない感じになることはある程度覚悟ってことなのですが。

……とはいえども 少なくともボクの通っている学部は理学部。
――と いうことで まず その時点で結構必修みたいなのが多く出てきて
思ったよりも 自分の自由があまり聞かないってのもあるのですがね。

そもそも これは 神戸台生全員に言えることなのですが
一学年・前期の履修に関して ボクの自由意思はほとんど何も聞かないということで
――大学生なのに まだ 履修がどうとかその辺は何も考えていないのですよ。

……だから ここで仮に すべてをさらしだしても
実質的な影響も出てくることはない気もするのですがね~
――「ボクのほうの」チュートリアルとしても完全に機能しているわけで。

情報をさらしすぎないで ブログを制作するって意味で言っているのですが。



――はい。  独り言が多いのはボクの悪い癖ですね。
さっさと 本題入っちゃいましょう。  まぁ 中身もそうない気がしますが。

やっぱり 理系ということで あまり得意ではないですが
当然というか なんというか 数学が結構初歩的ということで
割と大きな比率を占めている~  ――っていうのが一つの特徴。

まぁ やっぱりこれぞ「理系学生」って 危害しますよね。

高校時代においては 実際は 社会や国語など センター試験に照準を絞った
授業がいくつか展開されていたこともあって あまり そんな気分では。
――と 授業時間が高校に比べて二倍になっていますしね~www

……とはいえども 予備校時代と比較してみたならば まったく変化ないわけで
なんとなく 個人的には「予備校の延長上」ととらえることで
この辺の違和感を比較的抑えられるということに気が付きました。  むふり。

――まぁ そのおかげで 予習復習しなくちゃいたたまれないような
心境にまだ 取りつかれているのですがね。  悪いことではない。
……そして できることならば これからも継続していきたいところですね。

――まぁ 何がともあれ ボク 理系の割には計算の質が劣っている自覚が
十分以上にあるということで この辺のテンションを維持したまま
五月病に突入しないように 気を付けていきたいな~  と 思っているのですが……。
……と いう 先のフレーズは 日常生活と語るのが楽なので そちらに回すとして。

でも 少なくとも まわりの人たちと比べて「物理」に 関しては
ある程度は 有利な位置でいてくれている……んじゃないかって 期待はあるのですが。
――まぁ物理が自信あって 数学がカオスってのも いまいち理解できませんが。

ただ これからは 物理と数学が融合したような感覚で
さまざまな問題……と いうか 自然の摂理と立ち向かうことになるわけで
――だって 理学部だもん――そんなことも言っていられませんからね

……あわよくば この「教科の壁」を取っ払うことで
ある程度 ボクの頭の中に固まってしまった固定概念がほぐされて
人並みに数学ができるようになってくれたらいいな~  と 思う次第で。

――まぁ この期待には見事な裏返しも考えることができるのが悩みどころ。
――それだけは、絶対に、起こるなよ。  心の底から念じてみる。

……さて ところで これから生きる人は誰が決めたのかはわかりませんが
インターナショナルな人間にならないといけないというお上からの爺があるようで。
……語学が壊滅の理系(この辺は ある意味エバれますね。  えへん。)として
大学レベルの英語の授業に どこまでついてこれるか……。

――そもそも 予習復習して 頑張るってことがうまく働かないような
英字新聞の読破大会ですからね~  とりあえず 辞書がお友達。
……どこまで 英単語が頭に入ってくれるか。  それが問題です。

まぁ 地味な進歩はさすがに 浪人時代で積んでみたつもりではありますが
このレベルではたして 大丈夫なのか。  かなり心配は募ります。

ほかに始まった 同じようなアルファベットを用いるけれど
全く読み方が異なるという 第三の言語・仏様が出てきたということで
これらと 読みが違ったり 意味が~  みたいなことがあって
どこまで混同せずに済むのかというと……  まったく自信がないね。

――まぁ 今の士気が高いうちが勝負ですから。  頑張らないと。
そして 全力で五月病の回避に向かいたい。  そんなのっぴぃです。

――と ほかの文系科目についてですが まず 国語学については
ボクが強制的に持たされた者の中にははいっていないということで。
……小学一年生から欠かさずやってきた最後の科目が散りました。

……「算数→数学」の流れが どんなふうに解釈されるかによって変わりますが
ちょっと 泣かされた科目ではありましたが ちょっと 悲しいものがあります。

あと ボクが大好きな社会情勢の方・アンバーのほうについては
とりあえず ある程度の授業は残っていたということで一安心。
……まぁ 多分 後期のほうは自由に選択できることになりそうですが
結構全力で楽しみに行きたいですね。  と 今は思っています。  今はね。

あとは 特には触れませんでしたが 地球惑星科学の専門も。
――まぁ これに関しては ボクもまだ 把握しきれていない部分がありますので
時期を見ながら探していきたいと思います。  なにせ カバー範囲広いし。



と いうのが 大体 容量を得ないように頑張って書いた結果。
……まぁ 本当に容量を得ていなさすぎて 何が何だか……。

まぁ これにボク自身が納得できなかった場合は――と いうか
もう少し慣れて 書くネタができた場合は――そのたびに何かやるかもね。

……なんだか そろそろアドバンテージの反動が来そうな気がする。
やばい  じわじわと 五月病の足音が聞こえている気がするよ!!!

TOP

顔合わせ

2012⁄04⁄19(木) 00:00
さて 四月は変化がいっぱいで 各ネタに困りませんね。
――五月病になるまでが問題ですね。  マジで。

……まぁ そんなことになるまで 一通り変わったことを
どんなに遅くなっても書き続けようって思うわけですけれどもね。
……その逐一どんなこと 思っていたかなんて 今だけしかわからないですから。

とりあえず 大学に入ってもなお 基本的に今までのやり方を
教習していこうなんて考えているわけですからね~

――まぁ 文章力の増強はまた 別の話になりますが。
さすがに このままの文章力はまずいと思っています。  はい。



とりあえず 起こったことをできるだけ簡潔に書く練習をだな。
――と いうことで まずは ガイダンス系統のお話とか。

とりあえず 先日は 普通に学部のガイダンスとか
入学式の後には(朝礼の校長先生のお話的糊の)説明ガイダンスも
まぁ あるっちゃあったのですが それについてはさておき。

どちらかというと 結構話しやすいネタになっていたのが
学科としてのガイダンス。  ――まぁ 学部柄、って やつでしょうか。

……なにせ 地球惑星科学科ですから。  正直 何かわからない人多いでしょう?
事実 この分野が網羅している方面は多岐にわたるということで。
……研究するにあたって 目安となる選択のやり方などを
教授としても ガイダンスする必要性があったみたいです。  要約すると。

とりあえず 後述――から、という言葉もセットにした方がいい気もしますが――
にも 話はしますが 授業があった後に これらをやっていたわけですよね。
……で ガイダンスした後は なんだか おごってもらえるようで。

おぉ 教授 太っ腹~!!  下宿生にはありがたい限りです。
……まぁ 下宿したことによって 価値観がいろいろと変わった件もありますが。

あ~  なんだか やっぱり この数週間でかなり価値観変わってますからね~
それに関しても 何から話していいのやら。  まぁ 今回はスルーして。

そして ガイダンス内容についてここで詳細に書いても
ほとんど 何の意味もなさないから これに関してもまぁ いいとしても。

まぁ その中で 教授のプロフィールとか 同級生とかのプロフィールをさらす
――世間ではそれを「自己紹介」といいます――イベントもあったりですね。
……まぁ ボクの場合は 人の顔と名前を覚えるのが苦手なので
ぶっちゃけ あまり頭に入っていないのですが(白目)

大学は クラス名簿のようなこともないですし 持ちクラスもない。
HRみたいな場もないですから 今までのようなノリで
知り合いを作ろうと思ったら 絶対に爆散するということで。

あ~  てか この後同じように集まる機会なんかも少なそうだし
どうなるんだろうな~  なんだか これ うまくやってけるのかな~
研究室配属になっても 同じ研究室になった人の名前 思い出せなさそうだな~

……とりあえず この辺の悩みというか不安は棚上げしておくにして
ひとまず ここでよくわかったのは ボクは一番遠出してきている
この学部の人間の一人ということでほぼ 間違いないだろうってこと。

――まぁ ボクの知りうる限りでは うわさに聞いた先輩~
みたいな枠で 北海道とか その辺はありますが やっぱり
東のほうに目を向けた限りでは ボクより遠くから来た人とまだ 遭遇していません。

まぁ 西に関しては 九州の方とかその辺はいるのですが。
……まぁ 物理的距離では こちらの方も相当遠いですからね。
(あ~  まだ 上陸したことないな~  九州。)

――で その後立食パーティのほうは 生協のほうが
「存在をド忘れした」おかげで 一時間程度遅く始まった
――のですが ぶっちゃけ もともとの予定17時程度開始というのが
そもそも 早すぎた気がするので これはこれでよかったかとおもいまして。

その間に 研究室の先輩方の体を張ったああだこうだも見れましたし。
――あ。  ちなみに 状況によってはボクも飛び込んでもよかったのですが
なんとなく それができない空気でしてね。  やればよかった。

ボク 関東出身の割には「人目を浴びれば」それなりにテンションは高い。
――けれども 日陰に行ったら 目の前にいても存在をたまに検知されないくらい
一気にキャラが薄くなる 超両極端なキャラ属性していますからね~

なんだか キャラの存在を忘れられるとき ボクは相当
落ち込むというかなんというか……。  一度 盛り上がっている話に
乱入するのも苦手ですから どうも パーティってのは苦手でしてね。

何かの舞台だったら 必然的に日の目を浴びることができるので。
――そんな人 いますよね。  自分では難儀だと思っています。

夜
とまぁ そんなこんなやっていると
当然日も陰ってくるわけで(リアルな意味で)
「日本三大夜景」に数えられる
神戸の夜をパーティ会場からぱしゃり。

――まぁ そんなことやっている
わけですから 上記のことも含めまして
その時のボクの立ち位置というのは
大体推し量れるかと(号泣)

とりあえず 今後はこのような機会も必然的に増えてきそうですから
友達付き合いもマンツーマンだけではなく もう少し積極的に
会話に飛び込めるようなスキルを身に着ける必要がありそうだと心に誓いましたと。



ところで 大学の授業のほうは 高校の時のように科目もはっきりしているわけでもなく
それをさらしたうえで ほかの人に共感得てもらえるわけでもなく
学年みたいなものもいろいろと変化しますし そもそも 時間割が
人それぞれ違うということで 授業の感想を逐一書くのもな~

……と いうことで また 時間ができた時に書く記事には
これらの話題を書き始めることになるかと思うのですが
ボクにしては いまいち容量を得ないような書き方で行きたいと思います。

……ほんと スタンツみたいなのがいまだ うまくつかめないんですよね~

TOP

花見

2012⁄04⁄18(水) 00:00
う~ん。  昨日のQMAの話題は その前のサイクリングの話題と
リンクさせようと最初 考えていたのですが 結果的に微妙ですね~

――やっぱり 前もって何かしらの計画立てないと
とにかくカオスなことになりますね。  ちょっと 反省点です。
――が 直そうとする気は サラサラありませんがね。  HAHAHA!!

……と いう ダメ人間 のっぴぃさんです。  こんばんは。

なんだか こう続けて書こうと思うといつもの記事分量バランスと
なんだか 違って違和感が半端ない感じなのですが。
鳥01鳥02
今回は 普通の日記話題を 画像成分多めで語っていこうと思います。

なんだか 神戸の街のイメージって さすがに受験するときにも
少しばかりは持っていたのですが その時には港町とか
異人さんとか そんなものばっかりだったのですが。

実際に来てみたら 何気なく歩いているだけでも 結構
野鳥とこんにちはする機会が多かったりして 思ったよりも
自然にあふれている街ということで 少し驚いている次第です。

キャンパス
そもそも キャンパスの中歩いていてもこれですからね~

――普通に考えて ただの
ハイキングコースにしか見えないのだが。

山
まぁ そうじゃなくても 海

――と いうか港(まぁ その辺は
サイクリングの時に行ってみましたし
ほかにもいろいろ載せた気も)
があったり そこから目を正反対に
向けてみると こんな感じで山があったりと
目で見る景色は こんなに贅沢なんですからね~

文句ないですよ。

――まぁ 生活するうえでは
南北方向の体力消費などが
そこそこ多かったりするのが玉に
きずですが なれれば大丈夫!!  ――多分。


阪神
――あ。  あと 人間的イメージでかなり強いのは
ファンの本場は大阪かもしれないけど
多分 タイガース強そうだな。
……ファンの力的意味で。

みたいな イメージもないわけではない

――てか オリックスがなりひそめている気
もしますが この辺はどうなんでしょう。
……てか オリックス神戸だったっけ??

みたいな そんなレベル。

そんなレベルだから QMAの赤も
はかどらないんだろうな~



桜祭り01
みたいな話題は別にいいとして
先日下宿の大家さんに誘われまして
同じ区内の河川敷で行われた
桜祭り 見に行ってきました~

――正確に言うと さっきの鳥の画像は
この川沿いからとってきました。

……何にしろ 人と自然が思ったよりも
近くにある街っていうことみたいです。
そりゃ 景色に関して神戸の人は
贅沢だって言われること わかる気がしますよ。

桜祭り03
まぁ ひとまず この辺――灘――は
灘高校だけではなく
お酒なども 結構有名だということで
本当に贅沢な引っ越ししたなと。

――あとは もう少し
QMAが安くなれば いうことなしですwww

と いうことで なんだか
よいしょ~  って 割られたお酒のほうは
祭りのほうで 無料配布なされていたって噂ですが
ボクはまじめな未成年なので
まだ あらゆる意味でノンアルコールなうです←

――まぁそんなわけで アルコールって意味ではいまいちまだ
楽しみ切れていない部分もありますが そうじゃなくても
出店の焼きそばとか(ムギちゃんを彷彿としますねwww)食べるだけでも
桜をおかずに 結構おいしく食べることができるってもんです。

――あと 西に来たなってイメージになれるのは
関東と比べて たこ焼きの値段が異次元的に安いこと。

比べる場所にもよりますが 向こうの半分近くのお値段で
向こう以上のものが食べられたりしますから(量や質的意味で)
たこ焼きって意味では 相当 騙されたような気がしますよねー

――こちらでは なんとなく スナック的感覚で手を出せるような
値段設定ってのが普通なのかもしれませんが 新鮮です。
――しばしば 家では食べていたんですよ??  母が関西出身ですし。

TOP

「なかまをよぶ」

2012⁄04⁄17(火) 00:00
なんだか 前にQMA記事書いたときと同じテンションだけど
違うタイミングで書いているから おそらく 書く内容
相当かぶるかもしれませんが まぁ 気にしないでね。

――まぁ 書きたいネタはあるけれども どうも その写メがそんなにない。

……ボクにしてみたら QMA記事を書くときの割には
相当珍しいポジションに今 ボクは立っているわけで。

――まぁ 分量は普通の記事と同じくらいの長さで行くかな。
この辺の配分に関しては そこまで悩みはないのですが。



――と いうわけで いかがお過ごしでしょうか。  のっぴぃです。
先日 QMAの話題のほうもやっと 場所的な相違がなくなった感じです。

――あと 母校ネタの記事と その他もろもろで 向こうにネタ
落としてきたものがあるような気もしますが それらはまた
五月病が重症化した時とか 合宿が出てきたと思われる時に
どうにか処理するにして とりあえず 住処が変わったわけで。

――で 住む場所が変わるということは 前回も書いた気がしますが
どこに どんなゲーセンがあったりする。  そして クレとかそのほかの
サービス面やそのほかの点が同七日の情報が全くない問いこと。

……まぁ ものにもよるのかもしれませんが そんなときには
Wikiなどでさらされている情報が結構頼みの綱になるような気もしますが
場所によっては そんなに詳しく書かれていないことも結構ありますし
実際に行ってみて なんだか イメージと違うこともしばしばあります。

そのほか なんだか マナーが悪い人が入り浸るとか個人的な情報になってくると
Webを通じて情報を手に入れようとすると 相当難しいことになってきます。

まぁ そんなときには いち早く 地元にこなれているプレーヤーの
輪に なんとかして入れてもらうってのが一番手っ取り早いのですが……。

……まぁ 当然というかなんというか そんな風にクイズゲー……
……だけにとどまることはないかとは思いますが とりあえず
ゲーセンに固まってくる人ってのは ちょっとやそっとでは
入れてくれないような そんな絆が目に見えていたりするわけで 気まずいんですよね~

ただ 個人的にKONAMIがやったことの中でこの発案は
五本の指の初めのほうに数えてあげてもいいくらい素晴らしい機能だと
感じているのですが サークル活動ってアイディアがあったじゃないですか。

こう ブログ開始から毎日 コツコツと記事埋め続けている人間が
こんな風に書くのは 何かが違うような気もしなくはないですが
やっぱり ブログやツイッターなどの媒介を用いたオフ会もいいですが
コナミが自分で開拓しているこのつながりってのもなかなか便利ですよね。

――と まぁ 前置きは長いですが 去年ボクが受験生として
お世話になっていた時に入っていた「受験生サークル」――とはいえども
扉になるにあたって なんだか 解散しているのですが――のほうで
しばしばご一緒させてもらっていた方に 連絡取ることができまして。

……まぁ その意味でいうのだったら 後期受験が終わった直後に
神戸・三宮でご一緒したお二方も ボクにしては結構近い
間柄の人になってくるのかもしれません。  便利ですね。  ネットって。

ただ この時には 台が隣同士で確保できたものの
なぜか 店内対戦などは行わなかったので 写メがないと。

……後から考えたら 提案した方がよかったのかもしれませんが
でも 冷静に考えてみたならば 100円1クレの設定のままで
店内対戦は なんだか損した気分になるのはライトの証ですかね。

――と いうことで 少し三宮のゲーセン案内をしてもらいがてら
なんだか 一緒にトナメを回すという 初期ならではのこと やってました。

……まぁ この時期だからこそこんな風に映るのかもしれませんが
この辺って 100円1クレって条件の間では なかなか いい設定
しているじゃないですか。  ほかがほかだけに お得に見えます。

……まぁ これに関しては KONAMIの責任大きいですがね~
――同じやり方にするとしても たとえば「売り上げの3割」みたいな
書き方(聴衆の仕方)だったならば もう少し変わったかと思うのですが。

クレを安くする痛手を 店にすべて押し付けてたら始まりませんよ……。
……これ なかなかいい感じに今のところは見えるだけに残念です。

なんだか 前にも なんだかんだ書いた気がしますが やっぱり
下宿生活が本格化してきて 今まで通り 100円玉を乱射するわけにも
行かなくなってきたわけですし やっぱり QMAなんかも
後ろでにこにこしながら 安くなるのを待とうと考える そんなボクです。

――まぁ 実際に触らないおかげで いろいろとカンが鈍る点は
少し 残念に思うけど 仕方ないよね……。  ほんと 泣きたい。

そして なんだか まったく力に慣れていないような気がする点も
非常に 切なく そして 悲しい。  どうにかならないものか。



ところで ボクが行くタイミングが悪かったのかもしれませんが
この時の三宮周辺のゲーセンはなぜか 調整率が非常に高かったです。

……そういえば 前三宮ラウンドワンで写メとった時は
100円玉を台が受け入れてくれないから パセリ消費したんだっけ。
――やっぱり こんな時期もあるのでしょうか。  それとも 単なる偶然??

……そういえば パセリもパセリで やりすぎると金銭感覚が薄くなって
――なんて 気持ちが悪い一面も抱えていたりするからね……。

そろそろ 次のダンジョンの通知が来てもおかしくない時期になりそうだし
今のうちに この辺のスタンスを考えておいても損はないかもね~

――ところで ボクこの辺はよくわからないのですが KONAMI税の方って
協力のコンテやら 予習・復習の購入に関してはどう働くのでしょうか??
状況によっては ここらで差別化できないのでしょうかね?????

TOP

街探検

2012⁄04⁄16(月) 00:00
スパイダーマン
スパイダマーン、スパイダマン~♪
そういえば 神戸に越して
きたってことは TDLじゃなくて
ユニバーサルの支配が強く
なってくるんですよね。  比較的。

――まぁ こちらでもミッキーは元気だけどね。
やっぱり ディズニーの威力は強いよね。

どうでもいいけどね。

そんなわけで のっぴぃです。  まぁ さすがに
仮に「宿泊している」というわけでもないようですし
ある程度の時間生活する街になるだろう神戸……。

まぁ この辺に関しては人それぞれなのかもしれませんが
ボクにしては 見ず知らずのままってのもあまり居心地が
いいものでもありませんでしたので とりあえず 街を知ろうと。

で 街を知るためには何が一番いいかと考えたならば
やっぱり 実際に足を運ぶのに越したことはないということで
街探検も兼ねた サイクリングの方 荷物を片す合間に行ってきました。

――まぁ ぶっちゃけ この辺の荷物整理は全く進まないんだけどね。
別名 このようなことを「現実逃避」って いうような気もするんだけどね。

サイクリング01
とりあえず あたりかまわず
カメラ回して行ったことから
後付けで セリフその他は
考えていくことにします。

ご了承を。

で まず この時期は
まだ 桜がかなり元気になっていた時期。
まぁ 日頃 運動不足していたってのもあり
いいシェイプアップの午後
――さすがに まだ 一日完全に
フリーにするだけの余裕はなかった――
を 過ごすことができそうな
なかなかいい昼下がりでしたよ。

サイクリング02
やはり 神戸といえば港町。

それらしいオブジェもそれなりにありました。
――東京には横浜がついているように
大阪には堺や神戸があるわけで。

まぁ 何にしろ それのおかげか 大学構内のほうも結構国際色が強い。
――外国語に不安がある身からすると……  まぁ 無言なのですが
社会的意味では 好奇心旺盛ですがね。  語学力さえあれば……!!!

サイクリング03
まぁ 港町ってことは それなりに
物流も栄えていたんでしょうね。

おそらく このデゴイチさんも
現役の時にはこれらの貨物を運ぶことで
日本の成長を陰ながら支えていたのではないでしょうか~

――と 近くにこの汽車に
ついての説明書きがあったのですが
その辺 肝心なところを読み飛ばして
勝手に一人の解釈をするってのが
ボクの ちょっと
悪い癖だったりするわけですがね。  なんだったのだろう。


サイクリング04
ところで 一応 神戸の中にも
改札がないような終着駅になっている
そんな路線があるらしいですね。

迷子の末にたどり着きました。
――えぇ。  私はどちらかといえば
終着駅マニアです←

とりあえず でも 先ほどの記者からの流れを考えると
やっぱり これらの遺構にも(まぁ この駅自体はまだ 現役だけど)
それなりの歴史があるんだろうな~  って 思いをはせられます。

ちなみに ここの桜は一見の価値ありでした。  すげぇ。

サイクリング05
で 神戸といえば 先ほども書いたように やはり 港町。

――やっぱり このような景色を見ると
神戸に来たなって気がします。

ついでに この辺で結婚式
やっているところに遭遇しました。
あれは 朝鮮の空気が強かった気がする。

末永くお幸せに。

サイクリング06
どこ??  まぁ 国際色強いですからね。

――で 済ませられるのかわかりませんが
たまに 風景ががらりと変わります。




……えぇ。  毎度 長くなりすぎるのが玉にきずでしたので
一応 ボクなりに 長くなりすぎないように圧縮したつもりです。

――そしたら なんだか 画像一枚に対して すごくうすっぺらになりましたがね。

学内02
あ。  そういえば
ついでですが大学構内のほうの桜も
なかなか いい感じでしたよ。

春が、来ましたね。

TOP

本番

2012⁄04⁄15(日) 00:00
さて いつからだったか ボクには 変な癖ができていました。
――なんだか その一端はこのブログのほうにも表れていた気もしますが。

……と いうことで なんだか やたら食べ物撮影していた時のお話。
一応 受験の試験の時の場所つぶしとして「なんか あったから」とか
それに至らなくても 浪人時代はなんだかんだで
食べ物の写メをとって それをブログに挙げていたような気もします。

まぁ 有名レストランなどに行ったのならまだしも
普通に考えたら 新メニューとか何か かけるネタがない限り
一般に こんなところに写メを向ける義理はないのですがね~

……一応 それの本望的目的というのも一応 あったのですが
それが「下宿中の食べ物調査」のために 癖をつけるってこと。

とりあえず 母親の管理下にいた時には なんだかんだ言いながら
食べ物の栄養バランスその他は 一応考えた献立作ってくれていたようですが
そのような体の栄養バランスなどを面倒見てくれる人は
下宿してしまった以上 もう いないわけですよね??

そして ボクにもたとえば レバーやメンチカツが食べられなくて
カレーやラーメン ハンバーグ系統 野菜は生で食べるが大好きなどの
癖とか好き嫌いとかが存在するかなり面倒くさい人間なわけで。

それらを意識しながら とっさにメニューが思いつくような展開に
いまだ なっていないことは十分自覚しているので
ひとまず 下宿の間は できるだけ 食べているものを記録しようと思い立ったわけ。

――それをするためには 三日坊主にならないために
常日頃から何か やっておいた方がいいような気がしたんですよね~www

自活01自活02
まぁ 説明っぽいのが長くなりましたが たとえば スーパーで
大体予算300円程度を目標に ボクがさらにいろいろと並べてみると
晩御飯などは こんな感じになったりします。  意外といけるな 300円。

そのほか 親切な大家さんがいろいろと支援してくれたりありがたいんですがね。
買い物
まぁ ただ 普通に買い物をしようとすると
あまりこの辺に慣れていない
ボクにとっては 結構困る
ようなこともしばしば起こるような。

たとえば このソーセージの
買い物なんかは一見同じ会社の
同じくらいの大きさに入った
ウィンナーだったはずなのに
なぜか これほどまでも値段が違う。

理由がすぐにわからない。

とりあえず 最後まで考えても微妙だったので 微妙なら微妙なりに
なんとなく 賞味期限が10日ほど違うくらいしかわからなかったので
それを目安に 安い方を購入するくらいしか やることないのですがね。

――ちなみに 一人暮らしになっていきなりケチな主婦になったと
今まで ボクの金の無駄遣いを嘆いていた母が口にするようになりました。
――自分に実害があるとわかると 急にけちになる男です←

お惣菜01お惣菜02
と いうことで そんなときには 大体スーパーなどで買ってきた
お惣菜に頼る食生活になるような気がします。  余裕があったらおかずつけて。
――でも とったはいいけど それでバランス本当に考えているのかしらね??



学食お気に入り
さて 華麗に自爆しているところで
ちょっと そのほかの食べ物の話題。
とりあえず お昼は

……と いうことで 最近は生協の食堂のほうで
お昼にどんなものがいいのか考えたところ
麺類がいいのではという結論が出ています。

もうすこし 具体的に行くと 普通のラーメン屋で置いてあるような
味噌ラーメンで260円程度で収まるのですから 使わない手はない。
――今のところ ボクが一番好きなメニューがこれです。

ただ 文句を言うとするならば なぜか トッピングにラー油がない。
とりあえず 生協意見ボックスに投入するべきか思案中ですが。

近くの学生街
あと 自分の財産が削られない
部分ではケチではないボクは
親が訪ねてきたときなどにせびる
飯屋を探すこともやっています。

これは 母の帰りがけにせびったのですが とんかつ屋で 値段はまだしも
ごはんや味噌汁 漬物その他が食べ放題という店。  学生街にはこんなのもあるよね。

TOP

移動

2012⁄04⁄14(土) 00:00
移動01
さて QMAのほうも 四月の新生活的意味で
準拠した方向性に改める必要性がありそうですね。

――と いうことで
できるものからやっていきますか。

……まぁ 現実見てみると
そう簡単でもないんですがね。
そんなわけで とりあえず
神戸に進出してみたぜ~  的話題。

まぁ 今まで住んでいた千葉のほうが 半ば当然の話なのですが
いまだにホームのような気はしていて たまにTLなんかで流れてくる
「フェリシダが大会やってる~」 みたいなものを聞いて
お 今年はやるのか じゃあ 出てみるか~!!!

――みたいなこと 本気で考えかけている自分がいたりもするわけで。

物理的に考えても 日帰りなんかそう 簡単にできるわけではありませんし。
――まぁ 4・3か月前くらいに予約ができたのだったら
高速夜行バス並みの値段で飛行機乗れるようですが それはそれとしても。

まぁ なにがともあれ 三宮上陸しました。
とりあえず しばらくの間は ホーム探しも兼ねまして
手当たり次第のアミューズメントパークにお邪魔して 台があるか確かめようと。

――ちなみに ボクはあくまでも 大学に通える範囲内に住んでいるのですが
千葉大学の場合と同じノリでこの辺考えていた自分が相当甘かった……。
……と いうことにいやでも気が付く羽目になった模様です。

――要するに 大学の近くにも そして その流れで
下宿の近くにも そんな雰囲気で遊ばせてもらえる場所がないと。

……みたいな 悲観的な書き方をすればそれまでなのですが
単純に家からの距離的意味で物事を図るとするならば
ぶっちゃけて 今までの距離感覚とそう変わらない現実だったりします。

少なくとも ボクが千葉に住んでいる間でも 一番近くのゲーセンへ
自力で行こうと思ったならば 徒歩で行こうとすると時間がかかって仕方がないので
なんだかんだで 自転車を持ち出していました。  それと同じ感覚。

……ただし その時と違うのは その時には 電車など
公共交通機関を使って そこまで料金云々を気にしないで
さぼることができたのですが 今回は ボク 大学に向かうのに
定期券を使わない方法を利用しているので その辺が……。

まぁ それを考えるのだったら 必然的に雨の日はどうも
向こうのほうに遊びに行きにくくなるってことがありますから
この意味でも 少々自嘲することになるのかもしれません。

まぁ 元をただしていうのだったら 少なくとも 今作の間は
例のKONAMI税の影響をもろに受けて 料金が高止まり……。
……なんて話 よく耳にするじゃないですか。  そのまま行くならば
普通にしていても なかなか遊びに行きにくくなるのは目に見えてますがね。

――とはいえども やっぱり こちらにもQMA仲間的なのを作って
一種 ホームといえるような場所 拵えていきたいな~
……なんて 思ってみたりもするのですが これからの大学生活も考えて
これからしばらくの間 これらの感情と現実を
新調に天秤にかけていく時期が進みそうな気がします。  仕方ないよね。

――それにしても 千葉にいるときからしばしば思っていたことだけれども
あんなにパチンコ屋はあるのに。  そして 見た感じ
あんなに林立していても~  みたいな見た目だったりすることはあるのに
もう少し 対象年齢を低くした遊び場は途端に少なくなるよね。

なんだか NHKなどの特集を見る限りだと だんだんゲームセンターにも
お年寄りなどの 新しい層が入り込んできているって噂じゃないですか。
……その辺のそうも取り入れながら 店舗増やしていってもらいたいな~

……なんて 淡い期待を抱いてみたりもしているのですが それは虫が良すぎるか。



さて 言葉ばかり連ねていても そこまで面白味もない気がしますから
ちょこっと 画像も載せながら ぼちぼちやっていきましょうかね~
――要するに 普通のQMA記事と比べても あまり画像が多くないということでww

ところで 上で載せたラウンドワンのほうですが――何か 有名な
背景があったりした気がしますが それはそれで――一応 予習のほうが
割と お得なことになっている……と いうらしいので
とりあえず 混んでいたりなどの外的要因が少ない場合は
極力 こちらのほうに今のところは通うことになるかと思案中だったり。

何したいんだか
で そんな適当なノリでやっているときに限って
知らない間に 決勝とか古城とかに
連れて行かれるような流れはしばしばあって

ある意味レベル低い
その流れで 今までは下への
スパイラルばかり繰り返していたボクでも
やっと 初期の流れから上に行くことができました~
――という なんだか
低次元の溜息をつくことができました。

低次元の溜息とはいえども
安堵のほうの溜息ですwww
――いや~  このシステムの中
だったら ドラゴン組のクマフィー
かなり遠い場所にあるような
気がして仕方がないですねwww

拉致
……とか 思っていたら まだ
レベル2フェニックスだと油断していたのに
なんだかんだで 
フェニックスハイレベルに拉致されるという落ち。

――てか なんだか
マッチングシステム変化してたの??


やっぱり こまめに分けすぎると人とのマッチングが少なくなったりするのでしょうね。
そして こんな時に限って 予選の内容が左に偏り
スポーツ四択芸能タイピング」  はい 無理~wwww

そんなわけで 上の組が見れたような気がしたのも
完全に はかない夢で終わったのですが それはまた それとして。

それにしても この立場だし~  って 油断していた間に
この辺のマッチングシステム面倒になったようですね~
こうなったならばハイクラスとかその辺も関係なさそう。

――これがはたして よかったのかといわれると そう簡単には
何事も 言えない……のは普通かもしれませんが 「あえて」
どちらか定めないといけない展開だったとしたら どうなるんでしょうかね。

TOP

ちなみに、入学前。

2012⁄04⁄13(金) 00:00
……と。  さて なんだかんだで先日やっと 入学式的話題かけましたし
このブログの中にしては割と 新しいフォルダということで
今まで記事の量のバランスを頑張ってとろうとしていたという意味では
今後も あまり影響は出ないような気がする……

……要するに 大学ネタそんなに今まで書いていなかったよね!!
――と いうことを主張しつつ 何か書いてみようと思いましてね。

とりあえず 正確には入学式前の話題だったのですが
ちらほらと書けることがありそうな気がしたので それらをまとめて。

……うん。  QMAとかやる時間がなかったり まだ 部屋が
うまくまとまっていなかったりで そっち方面のことが書けない間は
新しい環境・大学生活について書くことで 紛らわせようと。

バランス考えないで適当に書き綴っても影響少ないしね!!



さて なんだか 少なくとも春休み当時のボクに最初に届いた
大学関連が関係している行事のお知らせというのは 新歓祭。

――いや 正確な名前は忘れたのですが 要するに
学校内にあるサークルがよってたかって 新入生にアタックする日。
とりあえず こっちだったならば ある程度の秩序はあるからね。

なんだか 入学式の時には 周りを寄せ付けないオーラを放ちながら
(てか 冗談抜きであれは誰も近寄れないオーラだったらしい:母談)
すべてのチラシを遠慮したりしたのには この辺に大きな原因が。

あと サックスを千葉から延々と担いできたってのもありますし
去年一年間これを触る機会が持てなかったってのも相まって
今年こそは それなりにこいつを使える場所に行きたいなって考えているし。

――まぁ トランペットとかトロンボーンとかだったならば
なんだか 楽器のバラエティ的意味でも なんだか いろいろな場所に
もろ手を挙げて歓迎されそうな勢いなのですが サックスはといいますと
結構歴史が新しい楽器ですし それだけで相当絞られちゃうんですよね。

……まぁ 今のところはまだ保留ということにしておきますけれども
大体 入学する前から目星つけてはいるわけでして。

さて それはいいとしても とりあえず日記的雰囲気でこのことを書くのなら
一日目は大風で中止。  ちなみに 振替はしないらしい。
……その勢いで 妹が帰れなくなったって話は書いたっけな。

とりあえず この日は千葉の鉄道がすべてお亡くなりになったようで
行っても帰ることができないだろうということで 神戸に来ていた妹も
もう一晩 ボクの下宿に居候することになってましてね。

翌日。  とりあえず 見る場所は見て 大体そこでやることは終わり。
――まぁ 大学の雰囲気を知るって意味でも なんだか気軽に行けそうな新歓も
ちらほらと顔だしてみたりはしましたが あれって恐縮ですよね。

まぁ ボクは下宿生ですし 一食分の食費が浮くってことだけを言うのなら
これに越したことはない……ってのが本望ですが
だからと言って 高級料理店に連れて行かれるとちょっと 疲れます。

正直 一食食べさせてもらえるだけならば ボク自身にとっては
ファミレスとかはたまた 学食の定食とかでも喜んでいただきますし。
――まぁ ある程度人数がそろったなら そっちの方が楽なのでしょうか??

……まぁ 詳しい計算していないので何とも言えませんが。
あと 念のため いやらしいと思われない程度におつきあいさせてもらいました。
そして まだ二十歳になっていないので なるだけお酒は控える方向で←



あとは 健康診断やらいろいろな事務的?  手続きも
結構やる羽目になったな~  なんてこと ふと 思い出しました。

なんだか この辺の話をやるたびに引き合いに出すことになっている木がしますが
浪人生だった時には 健康相談はそう やたらめったにやる機会もないので
――と いうことを思い出してみたら ちょっと間が空いている
割と 大切な検診だったのではないか~  みたいに思い立ちましてね。

……ただ 大学になったからなのかはよくわかりませんが
とりあえず この検診というのがとにかく流れ作業的だったのが
大学クオリティなのだろうか……  とか 思いましたね。

と いうか 体重とかその辺も なんだかいろいろと小道具ぶら下げている間に
気が付かないうちにはかられていて「あの。服の中にケータイが」とか
「そもそも ボク まだコート脱いでいないんですけれども」とか。

――そのほか 自動の視力測定器なんかも ぶっちゃけボク ガチャプレイで
ハチャメチャにやったような気もしますし その他もろもろにおいても
結構ワタワタしている間に終わってしまって さて これでよかったのだろうか……

とか 気になったりもしたのですが それで終わってしまったのだから仕方ない。
まぁ 何があったにしろ 目の前で尿検査を機械通していくのは
見ていてショックが相当出かかったので正直やめてほしかったのですが。

そして余った尿を戻されて「自分で捨ててください」とか言われた暁には
「…………」としか ボク自身いうことできなかったですからね。



あとは 軽くガイダンスとかありましたね。  履修の仕方とか。
――ぶっちゃけて この履修の仕方ボクがこれ読みこんだ中では
納得できなかったり そもそも理解できていたのか不安視できるような
そんな状況になっていたのですが さて 大丈夫なのでしょうか。

たとえば 自分自身で決められる範囲がボクの予想以上に狭い。
――まぁ 数学とか物理とかでいろいろ縛られるのは仕方ないかもしれませんが
社会科目くらい もう少し自由にやらせてもらってもいいんじゃないかってね。

だって 学籍番号で講座決められたりするんですよ??
もう少し 幅を持たせた講座とらせてもらってもいいじゃないですか。

……まぁ ボク自身が少し読み間違えている部分もあるかとは思いますので
この辺りは 事務のほうに尋ねたりするのが一番妥当でしょうね。

TOP

入学式

2012⁄04⁄12(木) 00:00
入学式
さて 諸事情で約一週間ほど遅れてしまいましたが
まだ 書いていないうえ それなりに大きな行事であった
入学式の話でも 軽く 書いておこうと思うのですが……。

なんだか ボクが期待しすぎていたのか うまく環境になじみ切れていないのか
そもそも 下宿生活が始まるってこと自体が大きなことだったのかはわかりませんが
とにかく「何から書けばいいのか思いつかない」的状況なので。

――いや このことをちょっと他人?に責任転嫁してみるのだったら
たとえば 大学なんてほとんどが自己責任の世界だからって
書いてしまえば 大方予想がついてしまう感があるのですがね。



さて 一応一浪したとはいえ 新入生といえば新入生。
しかも 今まで受験した中で これがボクの見た唯一の合格通知だった
――要するに 私立一校も受けていない豪気な浪人だった←――
と いうことで この日に至るまで スーツは着たことがないと。

たとえば 小学校の時には ピカピカのランドセルを
誇らしげに背負ってみたりする絵がすぐに思い浮かびます。

中学校だったならば 真新しい制服――学ランとかブレザーとかセーラー服とか――
に ちょっと 恥ずかしがる顔をしたりしながら(まぁ 反抗期だし
そんなサービスしない確率大ですが)写真に写ったりしてみて

……高校は 思いつきませんが それに対して大学だったりすると
おもに 初めて着るスーツに~  ――みたいな人も結構いるのではないでしょうか。
――社会人になった時には この真新しいスーツってのが一つ
大学生の入学式を思い返すときのキーアイテムになるって聞いたことがある気がします。

まぁ 必死で言い訳に走らなくても とにかく スーツを着
(ぎりぎり間に合わないと思っていたネクタイピンがボクが出る直前に
いいタイミングで到着した時にはほっとしたとか そんな逸話があります)
入学式会場だと指定されていたポートアイランドのとある施設へ。

――あ。  ちなみに 小話に挟んだネクタイピンのモチーフのほうは
ボクらしいかと思って サックスモチーフのほうを入れております。

――今から考えてみたらHTTのネクタイピン買っておけばよかったとか
実は買ってたっけな?  なんてこと 思い返してみながら。
――まぁ 買ってたとしても持ってきていないのでどうしようもないですが。

その後 新入生勧誘のビラ地帯を「余計なチラシわたすんじゃねぇよ」的
誰も寄せ付けないオーラを放ちながら 「地球にエコに」をモットーに
一枚も確保せずに通り抜け まぁ 指定会場へ。  首尾よくいきました。

――ちなみに ボクはサークル勧誘などで むやみやたらにチラシを押し付ける
そんな感じの空気が あまり好きではなかったりします。
――あと 飲み会の雰囲気。  個人的にはファミレスで十分です。
……この語の話は その辺のものとひっくるめて語るとしてもだ。

とりあえず 入学式って言われて なんだか でっかいアリーナ的場所に
ボクの想像以上の頭数の新入生を見て なんだか 意外と
この大学に来ている人の数って多いんだな~  とか 感心してみたり。

なんだか 学部説明会などであらかじめ見た数は
今までの学校の教室に収まる数程度だったので ちょっと油断していましたが
やっぱり いろいろな学部ひっくるめて考えてみるとすごいんだなぁと。

そして 早稲田・慶応に代表される私立大学だったら
どんな感じなんだろうな~  やっぱり 頭数はそう変わらないのかしら~
――みたいなこと 考えながら 学長の長い長いお話を聞き流して。

……なんだか 椅子がなかったら 朝礼に貧血で倒れました~
みたいな人が出てきそうなくらい長かったですね。  ちょっと飽き飽き。

その後 ガイダンスがあったり 特別講演(卒業生の人:外国人)を聞いたりして。
――外国人の名前が書かれていて いったい何が始まるのだろうって考えていたら
その話し出した内容は かなり流暢な日本語だったりして 感動を覚えました。

……ボク自身は ちょっと 英語に難ありってことをコンプレックスにしていますが
基本的に 地理的好奇心は旺盛な方だと自負していますし
結構 この辺のお話が聞けるのだったら~  みたいな感じなんですよね。

で 最後に どんな圧力をかけてやったのかはわかりませんが
吹奏楽と応援団の合同パフォーマンスをやってたりして。
……その途中で もう 面倒くさくなって 入学式さぼりました←

そして そこから三宮に出る途中に心の中で 何があっても
この大学の吹奏楽団には入らない。  ジャズ研にするとか
外の団体で いい感じにサックスふけるところを探そうと心に決めました。

……たぶん もう少しあの空間にいたならば 音酔いして
取り返しのつかない状況になっていたんじゃないかって思いますね。
なんとなく 高校時代の二の舞を踏みそうな気もしたし 余計なことはやめておこうかと。



大阪王将
で 「入学式までは見たい」と
駄々をこねてボクの下宿にまだ当時は
粘っていた母と 大阪王将でラーメン
(スーツで)食べて帰りましたと。

……少なくとも ボクの地元では
餃子の王将はありましたが
あまり 大阪王将は記憶にないな~

てか どんな関係なんだろう~
……みたいに 思っている節が
あったりもしたのですが さてさて。

まぁ ここに限らず お惣菜的なものが置いてある場所では なんだかんだで
値段をチェックしながら 日々のボクの食のバラエティを
どのように豊かにしていこうかとか 地道に考え抜いている日々だったりします。

学生街
まぁ あと 自分へのご褒美とかの
感覚で ウンか月に一度のノリで
寄ったりすることができる

……のかもしれないような店も
その夜には 母の財布を借りて
行ってきたりもしたものです。

それなりの値段でとんかつが
食べられるのですが 味噌汁とライスと
(カレーもついてた)キャベツと
漬物が食べ放題って感じ。

……まぁ 基礎料金はそれなりにとってくるのですが 昼を抜くなどして
お金を浮かせることができたならば 通常生活にねじ込むこともできなくはない?
――まぁ 地域の詮索はまだ しばらくは続きそうですがね。

TOP