大感謝!!

2012⁄03⁄24(土) 00:16
合格発表以来 少々忙しい日々を送らせてもらっています。
のっぴぃです。

今まで通り 普通にも記事上げていますが
コメ返ようにも一つ 書いておこうかと思います。

先日の 合格おめでとうコメント等 本当にありがとうございました。

少々予定が立て込んでおりまして 今後も 記事更新が上手くいかなかったり
遅れたりすることがあるかもしれませんが 多めに見てください。

……そして コメ返が遅くなってすいません。

――なんだかんだで 勉強やっているようで 毎日ブログ書いたりしていて
実質的にはサボっているようにしか見えない奴でしたが
そんな人間でも 応援してくださっている方々がいて
本当に 人間は一人ではないんだなと 改めて感動しました。

今後も できる限り この日記を続けて行こうと思いますので
これからもよろしくお願いします。

追記で ひと通り 個別にも返したいと思います。

TOP

後期・その他

2012⁄03⁄24(土) 00:00
――落ちたと思って疑わなかった段階に書いたものを加筆しないで上げています。



さて 喋れることを喋れるだけ喋っておこう~  と 言うような感じで。
後期の時の話を ぼろぼろと垂れ流す作業続けたいと思います。

不合格が確定した直後に話の方を飛ばしてみます。
……もう 時系列が飛ぶのは最初に言いましたからいいですよね←

まぁ 流石にその直後はショックでウダウダしているわけですが
その時に テスト週間だか 卒業式だかわかりませんが
とにかく 早く帰って来たんですよね。  妹が。

で そのうだうだしている妹は その様子を見ての最初の一言
「いいとも見ていい?」※昼です。   ……空気読めや。
――そして 何事も無かったかのように見始めるのもやめい。

とりあえず 意図しない形で家を追い出される流れになりましたと。
……なんだか ボクの妹の女子力は相当低そうです。
※とりあえず 両親に密告して お灸をすえて頂きました。
※――なんだか やっていることが 小心者のそれですね。

……みたいな逸話がありながら 結構(実質的な意味でも)家族に
認知されているんだかいないんだかのボクのこの立場であったわけですが。



……とりあえず 行き帰りの方は 狙って基本的にはN700ののぞみを使いまして
コンセント多用しながら行っていたわけですけどね~
――とはいっても 行きはあまり 携帯ばっかり見るわけにもいきませんから
主に イアホンの方向性で 保険の意味でコンセント頂きました。

まぁ このあたりは 前期の時と流れ的な意味ではそう変わりませんし
特に 写メなんかは持ってこなかったわけですが 一応書いておこう。
自分のアイデンティティを守るのは 結構大切な事です(キリッ)

さくらさくら側面
まぁ ついでに書くのならば 帰りに新幹線「さくら」の方を少々。
……当日は 九州新幹線の開業一周年でしたしね。

そして この時に初めて認知したのですが この特急の側面の模様って
普通のN700系と事なっているんですね~  知りませんでした。
ふと 見た時に 青色二本のストライプじゃないのに違和感が。

――まぁ それと この時に知ったことと言えば 例えば
山陽新幹線だけを走るひかりの中には この車両を使う物もあるんだとか
(レールスターだけだと思ってました) 何故に 新大阪~京都間に
このストライプの列車が走っていたのかとか しょうも無いことを考えながら。

……なんだか 考えていることがどうでもいいとか その割には
なんだかんだで浅いよねとか 要するに ボクって全てにおいて
「中途半端」って事に陥りやすいんですよね。  Mr.宙ぶらりん。



書きながら今日のお話の芸風が決まってまいりました。
――ショート・ショートって事になりそうですね(説明する必要はない)

部屋
とりあえず お部屋の方は 今までの感覚が正しかったとするならば
余ったスペースの有効活用なのかもしれませんが
どこか うなぎの寝床のような感があったのですが さて。

エレベーターの裏のスペースを生かすって意味で作られた
シングルの個室だったのですが そのエレベーターのスペースを避けるため
この部屋自体が結構 奥に細長い感じになっていましてね。

……ついでに その作動音とかが結構響いていたのですが
その辺に関して 気にはなるものの そんなに深く気にしたらダメですよね。

なんだか 写メ取った後 比較対象がないよねとか
ついでに 思ったよりも細長さが感じられないよねとか
どこか 失敗した感がぬぐえないのですが それはそうとして。

何処かで書いたような気もしますが ここに入るまでにもひと悶着ありましたし
まぁ 結果的に 前回よりも宿の周りが明るかったって意味では
助かったのかもしれないな~  なんて 思いながら。

因みに 食べ物云々の回で夜食についてふれませんでしたが
昼食がずれたって意味があったのと 夜を奮発したって意味でも
ちょっと 甘めのお茶を買ってそれを飲むって事くらいしか。

まぁ 間食がすぎるのも身体に悪いって常識を考えると
そちらの方が数段身体に優しい気もするので 気にしないことにします。



そういえば 緊張したときって一般的に普通でいられない
……ことも 個人差はあるかもしれませんが まぁ ありますよね??

前期の時はそう 特に何かが起こったわけでもなかったのですが
後期の場合は 結構ストレスやられたのかもしれませんが
――実際 反省も色濃かったですよね――それ ひしひしと感じました。

例えば 元からそんな傾向はあったりしたのですが
いつもに増して頻尿になっていましたね。  あの日は。
……まぁ もともと試験時間3時間と言うことで やらかす確率も十分でしたが。

特に 後期の場合は センターの底の部分も絶望的だったので
――結局 受ける前にはどんぶり換算で適当に済ませていた自己採点
流石に もうすでにまともなレベルでもやりましたよ。  流石に。――
やるならば ここで……!!  みたいな 必要以上の緊張があったのかもしれません。

まぁ 力み過ぎたって部分もあったのかもしれませんが
結果的に すごい頻尿になって こまったって思い出があります。
……一応 適当にトイレ行っていたはずなんだけどな……。

因みに 今更でアレですが センターの得点の方は英語が予想以上の大炎上
ただし 他の部分(主に化学とか地理とか)が踏ん張ってくれて
国語の古典以外がなんとかなっていたおかげで 神戸に行くのにはほどほどな
点数はしっかり死守していた(前期の場合は)……だったのですが。

まぁ このへんの反省は おいおい落ち着いてから考えることにします。
――後期ボーダーがどうだったのかに関しては お察しください。



志望校霧の中
ちなみに 試験当日は雪でした。
――雪は俺のホームグラウンド!!  ――なんて はしゃいでいた時がありました。

なんだか 流石にiPhoneの撮影とはいえども 雪の粒までは
移っていなかったというのが半ば 残念ではありましたが
あの時と比べて「アホ度」と言う尺で測って見たならば
まともな人間の方向に相当人格は強制されたのではないかな~
……なんて 現役時代のバカさを顧みながら考えてみたりする。

とりあえず この霧が何かの暗示だったのかはわかりません。
――ひとまず 学食でカツカレーを頂いている間(前記事参照)に
霧も晴れ 天気も良くなってきたような気がするのですが
そのように ボクの針路も明るくなってくれればいいなって思っています。

……とりあえず この後は 三宮のセンター街を闊歩して
なんか面白いとこないかな~  とかある気ながら軽く迷子になったり
……した後の流れは 大方書きましたかね。  最初の方に。

なんだか 適当に思った事を書きなぐっただけのかたちになりましたが
大体 浪人生として迎えた二回目の受験はこんな感じで。  お疲れ様でした。

TOP