報告

2012⁄03⁄22(木) 00:00
とりあえず 報告程度のことでも綴っておきます。
――どうにかなりました。  4月からの落ちつき場所が
この先 事故とかでどうにかならなかった限り 定まりそうです。

まぁ ボクの見間違いとかその辺の確率が否定しきれなかったり
ぶっちゃけ まだ 実感わかなかったりでこまっている部分ですが。

……よかったよかった。  と いうことで 合格しました。


※見間違いでなければ。


これから 入学式の日まで 忙しい日々(引っ越しとかそっちの意味で)が
幕を開けそうな気がします。  更新大丈夫かしら。

そんなわけで 予約更新にたてつけて しばらくの間
そんなこんなでドタバタしながら日々を過ごしますので
できるだけ 予約更新維持しておこうとは思いますが さてさて。

前期 自信満々で突撃して帰宅して爆散したわけですから
さぞかし 何が起こったのだろうって気分で行って
そのまんま 多浪覚悟で返ってきただけに なんだか拍子抜けの感すらも。

――と いうことで 軽く受験の感想提示くらい書こうと思います。
これから先に 大学受験を迎える方の参考に……なるかどうかはわかりませんが
それなりに まとめて書いておこうと思います。  はい。



――とはいっても 完璧とはほど遠いような感触が残る。
……これは ぬぐい切れない事実だったりします。

例えば センター試験の場合ですと ボクの得点率は大体75。
で 何処で減点喰らったのかと考えてみたならば どんぶり換算では
半分が英語でクォーターの国語と数学。  理科社会は傷少なし。

――とまで書いておけば 大体の概算はできると思いますので
気になる方は 大体計算してみればわかるかと思いますが。

まぁ 御察しの通り なんだかんだで英語が悲惨な有様でございます。
そして 元々わかっていた事ですが 理系の割には数学も弱いですし
ほとんど 理科社会で全てを釣り上げていると考えても過言は無いかと。

……まぁ 元々その前提で予定を組み立てていたとはいえ 少し危ういですよね。
……で 大体の合格判定は 前期はBとCの間くらい。
――後期に至っては E判定の突撃ですから 命知らずこのうえなし。

予備校の講師の方にはぼそっとぼやいたのですが やっていることが
「二年越しになっても全く懲りていない命知らずの現役そのまま」
……と いうことで もう 手の施しようがありません。

――が 最終的にE判定もやろうと思えば覆せるのだから
突撃する価値は ないわけではないんですよね。  後期の場合。

……まぁ 阪大の合格バランスによって 当日の判定なんて
結構コロコロ変わるような気もしなくはないですから
この評価が結局 何処まで聞いているのかは全くわかりませんが。



一応 あの後も立ててましたよ。  前期の敗因とかその他。
後期は 一応ガッツは通したつもりでしたが それが何処まで
通用するものだったのかとか そもそも 採点基準がよくわからないので
深く言及することはできませんが  ……ほんと よくわからん。

<英語>
結果から想像するには ここが結構無自覚の大炎上が起こっていたのではと。
なにせ 直前に「読める気になった」みたいな風潮がありましたし
(その当時には まだ センターのしっかりした採点はしていません)
ここが一番臭い気がするんですよね。  最終的に。

――まぁ けど あの場でできることはしただろうから
今になっても アレが 最善だったんだろうなってきではありますよ。

<数学>
やっぱり 後になってから理由後付けするのだったら
部分点がもらいにくいとか 結構下手な答案だったんじゃないかって思います。

それを考えると これから 大学入学するときに至っても
しっかり 勉強し直して 特に微分積分に関しては
押さえ直さないといけないだろうなって気はしていますよ。  やっぱり。

これから積み上げていく下地をしっかり作りなおしておかなきゃ
これから かなり気が思いやられますからね。  課題山積。

<物理>
後から答案例見返しても 大きな穴は見つからなかったから これはノーコメント。
もう少し 人にわかりやすい説明を心がけましょうとか
丁寧な記述をとか その辺の感想が思いつくくらいかしら。

<化学>
苦手分野とか とにかく 計算が下手だったなみたいな感想でいいでしょうか。
……まぁ 有機系統はそれなりに取れた気がするから
少なくとも 足引っ張っていることは無いと思うんだけどなぁ。



そんなわけで 少なくとも ボクはこの先やりたいこともはっきりしている
――「とりあえず 大学いけた、ラッキ~☆」ですまされない――ので
あれ以降 ちょっと サボり気味になっていた勉強の方も
時間ができれば ぼちぼちこなしていきたいなと考えております。

とりあえず 英語の方は「基礎の基礎から」と言うことで
新学期がはじまるまえまでに 一冊 リアル高校受験問題集買ってきて
(正直 これ買いに行く時恥ずかしかった。  顔は「家庭教師やるんで」。)
基礎をもう一度 洗い直してみるところから考えております。

……大学に入ったあとは 正直「留年もアリ」の世界ですから
このへん 得意不得意だけで語る事ができない世界があるでしょう。
……あと 周りの成績もほとんど横並びですからね……。

やっぱり 自分が行く大学の恥になるような成績晒してたら
ダメになるんじゃないかって思うんですよね。

そのためにも やれることをやらなきゃ。  ……決意。

TOP