QMAⅧ 総集編

2012⁄03⁄14(水) 16:00
TOP.jpg
さて なんだか 今まで定例だったような気がしたから
まとめておりました QMAⅧで起こったこととか。

……なんだか 目標とかも含めて いろいろと
突っ込むべき課題がいっぱいあったような気がしますが……。

去年書いたことと関連させるなら
「金属行っちゃったし 流石に 一本で終わらせられなかったよ」
……いや 元々 ボクの場合は長くなりがちなんですがね。

――主に 去年と違う点は 協力をそれなりにやったので
ボスの画像がちらほらとたまっていたところとかでしょうか。

とりあえず 次回作も 今回とあまりキャラ的には変えるつもりはありません。
――変わっていた時には 何かの操作ミスが起こった時です。

……ちなみに ここだけの話ですが
Ⅶ→Ⅷで初めて 二つ続いたバージョンで同じキャラを使っている

……と いう事が起こっているのも これまた事実だったりするわけで
更に ここで失敗なく済みますと 何も変更なしにバージョンを越えるのは
ボクにしては初めてって 事になるわけなんですがね。

……と このへんの文面に何か 違和感を覚えた方がいらっしゃったら
三日以内に その名推理を教えてください。
――いい事があるかもしれませんし ないかもしれません。

……なんだ この広告。
とりあえず この記事の存在価値は 追記のリンク集まとめ。

TOP

QMAⅧ 雑記

2012⁄03⁄14(水) 08:00
ミュー
さて 軽く日記的要素も入れながら
まとめっぽいものでも書いておきましょうか。

……と QMAやっていない方は
これだけ興味ないだろう記事
ヤケに続けまくってすいませんです。

バランス悪いですよね。

――と 言うべきなのは
QMA興味ある方にも同様でしょうか。

さて 実は まだ このために溜め置いているてっぺん用の画像は残していますが
それをこの後使うかどうかはまた 考え直すとして 最後はμネタで。
……そして 何処かで見覚えがある方もいるかもしれませんが
こちら ボクが恥さらしした魔神戦の中から引っ張ってきました。

まぁ 思い出っぽく語るんだったらひとつ やりやすいような気もしたのですが
それにしても この時は いろいろとシステムがおかしいんじゃないかって思いますね。
――そして タライ落として欲しかった。

状況によっては これで なんだか 勲章的なのもらえても
良いんじゃないかって思えるような……すいません。  反省しています。

……まぁ これはさておきとしても 全体的にやり過ぎました。
……だからこそ 前期(少なくとも 今の内は前期に留めておきます)に
落っこちたんじゃないかって考えたくなるくらい 申し訳ない気分です。

そもそも 最初の内は「賢者さえ行けばいいよね」なんて言っていたのに
気がついたら 堂々 金属中盤まで侵入していますからね。
……プラチナに突入しなかったのが僥倖??  って レベルですから。

やっぱり 基本的に 宝石って後半になるにつれて意志の数が多くなりますが
その辺が 後半になってくるにつれて罪深くなるという点でしょうか。
……要するに 立場にしてはやり過ぎたって事になるでしょう。

検定
……で その「火をつける」的
意味で行くとするならば
この 宇宙天文検定が結構
響いて来たんじゃないでしょうか。

……あ。  そう言えば 
これらの知識 個人的には
結構地の知識で攻めていた
部分もあったりしたので 結構
検定が終わった後も
「抜けないで」残っていたようです。

……先日 時間つぶしにやってたら 難なく全問正解出て来ました。
まぁ 問題運がいろいろとあったようで 点数5000超えませんでしたが
ある意味は これでも十分なんじゃないかな~  って 気分にもなる。

……けれども それを思うと同時に じゃあ 勉強方面
――例えば古典――では なんで同じように覚えたり すぐ出てきたり
しないんだろうって ちょっと 悩んだりすることもあったりする。

まぁ 如何せん このへんで駆けあがった勢いで やり過ぎてしまった
――それが 黄金昇格まで続いたってのが 大体のストーリー。
……起爆剤と言うのか ブースター点火と言うのか それが起こったならば
ストレスたまりやすいと言う体質上 起こってしまったのかもしれません。



ある程度はまんべんなく触れた方がいいでしょうし その方向性で。
トナメとかは 前の正解率のグラフをひたすら並べたやつを見て思った結果
……と いうか いつからか トナメで無くなりましたよね。

だいたい きっかけとしては 社会のグラフが落ち込んでからでしょうか。
……まぁ 結構自分 えぇ格好しいみたいな部分があったりしていて
それが大きく働いたのではないかと言う仮説が存在します。
(↑一説には リアル勉強がはかどらない一つの要因だったり)

まぁ 芸能をはじめ 左の方ができないのは 昔からわかりきっていた事。
……浪人したことを期に これらの改善とかしなくてよかった。
……やってたら 人生棒に振る所でしたよ  ――現実あまり変わってないけど。

……みたいな 自虐系統は まぁ 別にいいとして
楽しみ方は人それぞれって意見と やっぱりやることやろうぜって意見
結構いろいろとあるかもしれませんが その判断の仕方によって
結構 このへんの評価は変わってくるのではないかと思います。



協力は 最初 やるつもりじゃなかったのですが
いつからだったか 結構ハマってましたね。  これこそマジで
自分にあまり 心当たりがないって言うのが怖い所。

なんだか スザクあたりでちょっと 敷居が下がって
そのあたりから ちょっと やりこむようになってきたのかもしれません。
あれ以降 あの翼は手放さない程お気に入りになっていますしね。

トナメやらなくなってからは 大体こっちに出没して
様々な人におんぶにだっこしてもらいながら 存分に足 引っ張ってました。
……そのいみでは いろいろと最悪な人間だなぁと 人ごとのように思いながら。



全国大会は……  なんだか 特筆する思い出があまり無い気が。
……もともと 無駄に書きおろす癖があるボクにしては珍しい気もwww

まぁ とにかく 全体的に先鋒エース率が高かった気も。
……なんだか 結構残念な立ち位置を〆る試合も多かった気がします。
このへんは 安定しない鍍金クオリティなのかもしれません。

まぁ そんなわけで 後半は特に 金属分の魔法石を
あちらこちらにばらまくスプリンクラーとなっていた記憶があります。
……まぁ ある程度プラメもらえた点 良かったことにしておこう。



システム的意味では ストーリーがぶっちゃけて 先生交代しかなかった点
なんだか 進めてて 妙に その意味ではつまらなかったかも。
まぁ 強制イベントなかったにしろ クエスト復活みたいなのは
個人的に ちょっぴり期待していた部分もあったのですがね。  仕方ない。

……って 意味では 次回作のストーリーがどうなっていたかに期待しています。
意外な横のつながりもありそうな気がしますが まぁ それはそれで。

あと まだ旧アバターから引き継げていないアイテムが
ちらほら見受けられますが それらがいつになったら復活するか。
……特に ウィッグなんかは キャラによって変わりますし
みーたんの場合は どんなふうに変化するのかが楽しみだったりします。

……まぁ 時効的意味から考えてみたら次回で更新しきれていないアイテムは
すべて出し切っておかないとアウトなんじゃないかなとか 思いながら。

……みたいな感じでしょうかね。  適当にまとめるとするならば。

TOP

QMAⅧ 成績変遷

2012⁄03⁄14(水) 00:00
さて では 今まで定期的に→の方につりさげていた変遷をたどれる
過去の自己紹介フォームの確認でもやってみますか。

……過去画像持ってくるだけで 過去記事数釣り上げようとしていますね。
まぁ 変遷系統みるのは確かにこれが一番楽なのですが。
――とりあえず その辺の良心の呵責は 更新記事時間感覚が狭く
それで 一日一日を潰そうとしていない限りで。  うん。

0330.jpg
とりあえず 初期の可愛いうちは
よかったんですよね。

最初の方は しっかり
「大体賢者くらいで止められれば」
なんて 結構健全な事考えながら
やっていた気はするのですが。


0417.jpg0528.jpg0627.jpg
0806.jpg0829.jpg0926.jpg
1026.jpg1127.jpg1204.jpg
0101.jpg0129.jpg
とりあえず 何処で照準が狂ったのかと聞かれたら 大体
天文検定の辺りで 賢者から白銀位までが飛ぶように過ぎて行ったことが
結構大きかったのではないかって考えるんだ。  ボク。

……とりあえず 黄金に入ったあとは 何か 自重の指針ができたのか
結構良心的範囲内に収まったように見えますね。  それまでと比べたら。

あと 一時期から 正解率の変動が全く見られなくなっていますが
それについては 引き継ぎも視野に入れたならば こうしておくのが
いろんな意味で問題ないのではないかとか そもそも ストレスたまらないのではとか
いろいろと 考えが錯綜した結果にこうなっただけでありまして←

実際 いつからか トナメに入らないで 協力ばかりになった
こちらの方向性でも いろいろと堕落した人だった気がします。
――社会のグラフが4に落ちたあたりからテンションが下がったのかもしれません。

仮
とりあえず ウィンタースポーツがしっかりなるまで待っていたのですが。
大体は こんな感じでしょうかね。  最終的には。

TOP