五里霧中

2012⁄03⁄08(木) 00:00
今日 合格発表で とっても不安な気分に浸っております。
――受かるも受からないも紙一重だと 少なくとも自分は思っているので
すっごくヒヤヒヤしているのですが。  もう 変えられることは少ないです。

――まぁ ダメだったらダメだったで 後期に思いをつなげるために
後期に向けて勉強(?)を 毎日黙々と続けているのですが。
……で 今日は それメインの話でも書こうかと思いたちまして。

この日に なんだか 適当な事を書くのもためらわれますし
とりあえず ここ最近の勉強記録でも 思いつくまま気の向くまま
おそらく かなり高いレベルの自己満足で終わるでしょうが 書こうと思います。
……勉強にかかわること 本気で関わらせた方がいい気がしてね。



さて そもそも ボクの身の回りの後期状況ってどうなんだろうと言いますと
基本的に 人によって違うと言うのはよくある話なのですが
その意味では少々悲しいものがある気がするんですよね。

因みに ボクの後期の課題は「小論文」です。
――一応 通期講座にも小論文の授業受けたり 論文模試も本気で受けて
まさかの時になっても どうにか対応できる程度にはやって
……いるのかはわかりませんが とにかく 頑張っていた感じです。  下地。

少なくとも ボクの場合は「後ろだて」が全くない
ここで落ちたら二浪確定な状況ですからね。  本気にもなりますよ。

で ボクみたいな必死な人の話だけ書いていてもなんの参考にもならなそうなので
一応 自分にも浪人仲間も結構いたりしますから 彼らのこと……
……最近 なかなか会う機会がないんですよね。  ぶっちゃけると。

例えば 結構良い私立大学の合格発表を聞いた人なんかは
もう 後期受けなくていいやって空気になって 来ることすらないですし
元々私立に照準絞っていた人なんかはいわずもがなって感じでしょうか。

前期が始まる前までは そう やたらめったに全滅って事は無かったですが
ここ最近はよく その辺の出来事が起こるようになりまして
その意味では非常に悲しい気分に浸っているのがここ最近のボク。

見事に 一人ぼっちで毎日予備校大会となっております。
……流石に 保険がない人間は 他の人と比べてもかなり必死ですwww

因みに やることは一日「小論文」ということで 今までの受験勉強は
センター対策にしろ二次対策にしろ「教科」ごとにわかれていて
それなりにけじめをつけて生活ができていたのではないかって思うのですが。

それとくらべると 全く勝手が違って 正直お勉強これから
何をやっていいのか全く持って予想がつかないと言うのが達の悪い。

今までの勉強は これらの教科ってのがいろいろとバランスを
整えてくれていたんだな~  なんてこと 今になって思います。
……去年は こんな感想すら持たなかったって事は
本当に 去年は全く勉強しなかったって事にもなるのでしょうか。

さて ここ最近は 予備校に来て一体何をやっているかと言えば
主に過去問を解く――小論文の場合は特に 一度解いてしまった問題は
用済みになってしまうような空気が他と比べても強い気がするんですよね。

と 言うわけで ストックされていた問題ってのもかなり少なく
やるべきものはなんだったのだろうってのが とにかくわからないんですよね。

だから 数少ない問題をとにかく演習する。  後は 英語を読み込む
――英文解釈問題も 大問の内の一つとして出題されているし――
後は 自然科学現象に関わりそうな物理の問題を解くくらいしか思いつかなくて。
(↑波動とか万有引力とか。  本格的な問題は出ないけど。)

そもそも 小論文は書いたとしても「添削してくれる人がいない」ので
何をどうやっても「自己満足」で終わらせるしかないと言うのが悲しい所。

……今まで 何を頑張っても「漢字添削」以上のことをやってくれる人はいませんし
できる技術がある人を頼ろうとすると 前期の勉強を一日分潰して
そのために 日を用意する必要があったという素晴らしさで。
……やっぱり ちょっと 特殊なんだろうなって思いましたよ。
なんだか 誰にも理解してもらえないってのも少々辛いwww

そんなわけで 単純に勉強するべきものが減ってしまったということで
確かに 予備校にたむろする単純な時間も減りましたが それ以外の時間
単純に予備校の椅子に座って ボーっとするような余裕はありませんから
ここでは もう一つ出来そうなこと「知識集めの奔走」ってのもやってますね。

()前にも 図書館の画像上げたような気がするな。  これ。
単純に 図書館に通いこんで 役に立ちそうな書籍を漁る日々。
……たまに ノーヒントですごいことかましてきますからね。  あの論文。

一部 地学に関する「雑学ゲーム」じみている気がする気がする問題が
時たま出題されたりするわけで 知識集めも大切だとボクは思いまして。
――過去には 例えば 火星の写真が出てきて「800字で監察結果を述べよ」とか
理系相手でも しばし目を点にする威力があるものが出てきたり
対数グラフ作らせて それがないと その先炎上する問題が出てきたり。

……少なくとも 普通の高校生は 対数目盛渡されても
おそらく 手も足も出ないまま何もできないで終わるんじゃないかなって思いながら。
――逆に言えば このへんの無駄知識が多い人が打ち勝つ構造になっているかもです。

まぁ ボクが何を~  みたいなのは これ以上細かく書いてもアレですので
これくらいで打ち切って置こうとかは思いますが
とにかく ここ数日のテーマは「何をやればいいのかを知る」みたいな
超・初歩的なところから 非常に困るような状況になっていたのは事実でして。

とりあえず 優先順位としては「気象」とか「地質学」が弱いかと思い それをメインに。
時事として出てくるのならば「災害予防」も改めて調べて
現状について いろいろと調べておいても損は無いかと思います。

ところで これらの資料を眺めてみて 過去 さまざまな地震を予測してきた
自信満々の方が書いていた地震予測の中においても 三陸沖はノーマークでした。
……やはり この時期 これについて 考える必要がありそうです。

受験とは最後 関係ない方向性になりますが この道を志す一人の若者として
これを 一つ 忘れないようにしていかないといけないなと思いなおした次第です。

現在の科学力もそれがすべてではない。
それに過信ししていたら 足元をすくわれる。
逆に まだ 知らないことがあるからこそ その学問が存在する。

……深読みはいくらでもできそうですが それについて考えるのは受かってからですからね。


――さりげなく変な事を書いていたら 誠に申し訳ありません。

TOP