身代わり

2012⁄03⁄07(水) 00:00
――えっと。  なんだか 前に書いた食べ物の話題は
何がどうだかわからないくらい ネタ切れの要素がにじみ出ていましたが……。

……まぁ これもこれで 最近のボクの傾向には「王道」ってくらい
御打ちしている気もしますから これはこれでいいのかもですが……
……いや 本当に良かったのでしょうか。  まぁ 今更変えませんが。

そんなわけで 写メを見ながら その時思い出したことをとりとめも無く綴っていく
本当に 独りよがりってこのようなときに使うのではないか!!!
――と 思いたくなるようなgdgd感をにじませているのっぴぃです。

やっと それなりの要素で話ができるのかもしれませんが
今まで書かなかった要素について 大体ごっちゃにして書こうと思います。
――多分 今までよりはまともな話になる……と いいな~  なんて。

とりあえず 書いていない内容と言いますと ホテルの話から
その他 あまり関連する話題がないショートショートでも続けられるかな??
――相変わらず ノープランでキーボードたたいております。

部屋
さて ホテルで泊ったと言うのは
半ば普通でしょうか。

とりあえず 神戸市某所のホテルで
二泊三日の日程でホテルに暮らしておりました。

――何故二泊??  それは 去年の後期に見事バッチングして
尻切れ蜻蛉的に駆けこんでいた去年の受験。  まぁ なんだかんだで
両親にとってもヒヤヒヤさせるような思いをさせていたようでして。

……と いうことで せっかくだったら少し早い間に突撃して
まる一日 勉強にあててもらった方が気が楽だ……と 言うことらしく。

ボク個人としても 前日を勉強にあてられるという意味で
時間を有効活用できるのならば 十二分に受験に有利になるのではと。
――まぁ それを期待して突撃したわけですね~

まぁ それでもアウェーになるって事はわかりきっているので
今まで予備校でねばっていた程の集中ができるか否かはよくわかりませんが
前日をまるごと移動日にして ぐったりした状況で過ごすのか
前日に勉強する可能性にかけるのかと言う天秤が出来あがるわけで。

まぁ 一日緩衝材があれば 疲れもしっかりとれそうですしね~
――と 言う意味ではなかなかいい感じなのではないかな~  って。 
……まぁ とりあえず 勉強時間2ケタ確保できたし
上記の計画は計画倒れに終わることはなかった……のかな???

加湿機
とりあえず 調度品の中に
加湿機があったのは幸いでした。

……やっぱり そこに到着した後に
風邪拾って来たことほど
バカらしいことは無いような気がしますし
こんなアイテムがあるのなら
有効活用しない選択肢が
思いつかないじゃないですか!!!

――まぁ まともにこの機械の使い方が理解できたのが
お恥ずかしい事ながら ホテルを離れる直前の夜だったということで。
……確かに そこまでバカみたいに水交換するわけないですよね~

フロントの使い方などホテルの扱い方その他をボク ほとんど理解できずに。
……とにかく その意味ではボク まだまだ子供だなって思いましたね。

例えば こんな感じのビジネスホテル――トイレと風呂が一緒のタイプ――の
風呂の入り方がいまいち よくわからなかったということで。
……アレって 本当に何処でどうやればいいのでしょうか??

身体の洗い場――と 言うのかわかりませんが――のあの空間
一体 どんなふうに使っていけばいいのか全くわかりませんし
そもそも 自分の体をどんなふうに洗っていけばいいのかもわかりませんし
外国人の皆さんは本当に どんなふうにお風呂に入っているのでしょうか……。

まぁ その辺はこの先徐々に身につけて行けば大丈夫だよね!!!
――とりあえず 一番ビビりしていたのは「音」だろうね。
水の滴る音と言うのか。  結構響いていそうな気もするし。



さて 皆が皆 そうであると言うことは無いかもですが
何処か 神がかった現象と言うのがしばしば イレギュラーな事をやる時に
起こったりすることって……言う話 ありますよね??

一応 それに関して「縁起がいい」とか「悪い」とか
一概に言えない部分もあるのかもしれませんが ひとまず
結果が出てくるまでこれらの話は特に 考えないようにはしているのですが。

――まぁ 個人的にはちょっと その辺考えたい出来事が
ちらほらとあったような~  なかったような~  みたいな感じですね。


一日目。  神戸に到着した直後に 街中のネズミさんとこんにちは。
……えっと 神戸って結構ネズミがうろちょろしているんでしたっけ。
そして そこまでまだ 暗くない状況で ネズミさん 出てくるのですか??

まぁ 千葉人がネズミさんと言いますと もう少しファンシーな
例えば 夢の世界に連れて行ってくれるようなネズミさんのイメージが強いですが
とりあえず このへんの 細かい定義その他は 気にしないようにしましょうか。

……にしても 珍しいもの見ましたね~  と 思うことにしました。
まぁ これが吉報であることを祈りましょうか。  このくらいなら まだ。


二日目。  勉強の合間に眼鏡を拭いていた時に レンズがとれました。
……眼鏡を拭く事なんてしばしばやることだと思うのですが
そのさなかに レンズがさようならって展開になるのはねぇ……。

とりあえず ボクは(自分でいうのもなんですが)準備が良かったので
予備の眼鏡を取り出して 事なきを得た……と言った具合でしょうか。

――そう言えば 一人で京都に旅に出たときにも同じような事あったなぁ。
……予備の眼鏡が旅先で役立つことがまた 発生するとは……。
でも これも きっとボクの身代わりになってくれたんだよね!!!

ハプニング

で 三日目・試験開始直前。

六甲道駅から
コンビニへ弁当階に行く直前に
折りたたみ傘がこんな感じで
見事にお亡くなりになりました。

てか 柄が取れました。

……えっと なんというか
とにかくこの直前というタイミングでは
心おきなく受験できるような場所
整えてほしいのですが。
――やっぱり これも
ボクの身代わりになってくれたんだよ。

とりあえず 山登りする間に――バスを使うなんて軟弱な考えはしない!!
目指す壁は 自分の足で乗り越えてこそだとボクは思います――
お宮さんに入りまして おさい銭入れて ご縁があるように
心からお願いしてきました。  ……やることはやったのだから。



さて そんなこんなで 実はハプニングもいっぱいでしたが
最終的には――随分と昔に書いた話でしたが――それなりに
後悔なくできた……と 思うので その意味では上々だったかな。

……あとは 結果がついてきてくれていたのなら言うことはなし。
それにおいては 身代わりになってくれたアイツ等に聞いてくれ……。

TOP