神戸行き2012  前期

2012⁄02⁄25(土) 12:00
一応 毎日続けている予約投稿記事は次の記事からです。
――一応 出発前までに少し保険も含めて 予約投稿入れておきました。

それまで しばらくの間 この記事はてっぺんに居座り続けます。




ぐぼぉ去年 同じタイミングでてっぺんに
載せていた記事を参考にしながら
記事のタイトルとか
テンプレート的なもの合わせてみようかな

……とか 思っていたのですが
やっぱり やめましょう。

今になって 去年がどれだけ
アホの子だったのかっての
再認識できたってので 一つ 
収穫あったのかもしれません。

そして この話が上がった後も
何か変更点ができましたら
追記などの文章が逐一変わっていく事も
考えられますので 一応 補足をば。




ひとまず 告知と言う体で書いてみるのならば
設定間違えていなければ 毎日 いつものように予約投稿記事
――過去出してきた 今考えたらめちゃ恥ずかしいもの含む――でも
適当に並べてありますので「毎日更新の体」は繕おうかと。


……その他ぼやき等は 追記へ。

TOP

受験と友

2012⁄02⁄25(土) 00:00
去年とかその前から書きつづっていた事だけで保存記事~  って
どや顔するのもどうかと思いますので 軽くは
それなりに最近の保存記事について立てておくことにしますか。

……と 言うわけで 気がつけば書くタイミングを見失っていた
予備校における友達関係の話題。  そんなに書いたこと無かったよね。
――まぁ 今になってしまえば 元々毎日記事書いている余裕も無いし
そのために書くんだったら もう いつあげても一緒だろうなって思ったし。

……って言いながら それこそ受験が終わった後も残り続けるかもしれないし
どうなるかわからないから 便宜上「一浪目のこと」と保釈しておきます。

とりあえず 過去記事掘り返しておけば何となくわかるかもしれませんが
ボクの場合(ブログを始めた理由に直結するのですが)高校時代
かなり規模の大きかったいじめにあい 且 先生にも無視されたという
普通に考えて かなり 重たい高校生活を送って浪人しているわけで。

――今になったら一応言えますが「あくまでもボク主観」ですので
実際どうだったのかどうかは まぁ 良くわかりませんが
少なくとも 当時のボクとしてはいじめと感じるような内容だったのは確かです。

……で 浪人生活が始まってまだ「暑い」と言っているころ合いくらいまでは
その余波もありまして とにかく人と群れるのが怖いとか
できれば あまり 人と関わらない方がいいのではないかって思うようになって。

……でも まぁ 結果は一浪目の記事の雰囲気からも分かるかもしれませんが
「それ以前から付き合いのあった人」の影響が強くなり
その人に流され 且 自分の意志が弱かったこともあり
かなり「浪人生らしくない」一年を過ごしてしまったことになるのですが。

こんな風になってくると 流石に思うわけですよね。
世間ではよく「十件は団体戦だ」なんて言われますが それはあながち
間違っているものではないのかもしれません。  ……と 言うのがボクの持論。

特に ボクみたいなこんな閉鎖的な人間関係をしようと決めてしまった場合
その数少ないつてが結構お気楽な人だったりすると それに流されたりして
結果 浪人の一年間をかなり棒に降ってしまうことも考えられます。

――とか言うと その友人をけなしているようにも聞こえるかもしれませんが
ボク個人的には その彼を心から信頼していますし
こちらが凹んだ時には笑い飛ばしてくれたりで まぁ なんだかんだで
かけがえのない一人の親友だと思っています。  尊敬もしていますよ??

さて その彼とは予備校は違ったので 先ほども書いたように
新しい交友関係を持たなかったボクは 基本 予備校でも一人で
なんだか 行き詰った時には遊びに行っていた そんな一年だったのですが
さっきの彼とはまた別に ボクが通っているところには一人
「幼稚園児の時から知っている」幼馴染と言える人間がいたわけでして。

……で その幼馴染の友人関係が ボクのこの人間不信がある程度
柔らかくなった頃から 一つ 大きな伝になりだしたのではないかな……
……と 思いますね。  てな訳で 気がつけば 喋れる相手が増えました。

こんな時 人間関係のコネとして良くあることとして
同じ高校卒業者で群れて そのついでにいろいろな人が~
――みたいな群れの形成の仕方があるようですが まさにそんなパターン。

流石に どことか詳しいことまでは書けませんが
そこにいる人の大概は同じ高校出身者で なんとか ボクも
その外苑くらいには侵入することができたかな~  みたいな感覚でしょうか。

――とはいえども ちょっと 根深い部分はかなり残っているんですけどね。
一応 混ざれてはいるものの 結構根の部分は喋り好きっぽいキャラだと
自分は思っているのですが 積極的に話に乗ることができないで
立ち位置的には 「けいおん!」ではムギみたいなポジションになるのでしょうか。

……そのポジションが悪いとは言いませんが 背景っぽい??
――なんだか 上手い表現の単語が思いつきませんね。  すいません。

珍しく会話のターンがやってきたときにも 結構おどおどしていますし
常に「自分はなんだか 空気読めないことしているんじゃないか」って
下手したら人一倍気にしているんじゃないだろうかって思える有様で。

――実際 後でこっそり確認したりして 杞憂だったりすることも多く
結構 その時の三年間が深い傷を残しているのかもしれないなって。

で なんだか 結論的な意味ではまた ループするような形にも見えますが
やっぱり こんな関係の人間関係が出来あがってみると
「ゲセンに行く以外」でも 勉強に集中できない時の対処法とか
案外見つかるもんだな……  って事にも気がつくわけですよ。

――ただ こちらも やっぱり身近なところでやり過ぎると時間飛びますし
金がかからないという面では軍配が上がりますが
やり過ぎると 他人まきこんでまっさかさまなんてこと ありえますしね。



――で まぁ そんな風にひとくくりで「なんとか群れに入れるようになった」
なんて書きましたが まぁ 良くあることだとは思うのですが
その中でも「何となく話しそうな自分と似たオーラの人」みたいな人がいると
まぁ なんだかんだで話が特に弾んだりすることもあるわけでしてね。

……まぁ ついでですので最後くらいは普通の記事っぽく書きますが
その彼 なんだか キャラが立たないことに悩んでいたようで。
――ついでに 彼から見て周りがどんなふうに映っているのか聞いてみたところ。

まぁ ヤケにテンションが高いのがアイツで こいつはアイドル詳しくて~
……って 連ねる中の「アニメオタク」の欄に ボクの名前が入っていない。

――で そこについて問いただしてみたら ボクの認識は「お笑い芸人」だそうな。
……どうしてそうなった。  正直 アニメグッズ欠かさずみにつけているボクだよ??
どっからどう見ても「アニメオタク混ざってるな」って外見していてもだよ??

……さっき 背景のような~  みたいな書き方しましたが
人間限定なのかもしれませんが 口を開いてみると途端に
可笑しなことやりだすような そんな一発屋ってイメージがあるようです。

……まぁ 確かに さまざまなところで普段は口少ないけど
ノルときはノルってキャラ 板につけていたような気がするからなぁ……。

TOP