現役生ってこんなだったっけ。

2012⁄02⁄19(日) 00:00
……結果的に掘り起こし記事。
本当に最近 書くことがないので。
――そして 学校ネタ続けるのに少し抵抗があったわけ←

それにしても 今見返してみると この一年でいろいろ変わりました。
――なんてのを この後 記録できるような立場になりたいな。
全ての結論を自信持って発表できるくらいにさ。

そして こんなの書いていた事なんて ソースの方 覚えていないだろうな……。




まこちさん(当時)がやっているのを昔々に見たボクは
まぁ 一応受験期ですし~  ということでやってみたのが始まりですが。

――まぁ 例によって バトンは随分保存しておくような人間なので。
……正直に このバトンがいつくらいに掘り返されるのか 全く考えておりません。

そもそも このバトンを書きあげているときに
自分がどんな精神構造をしているのか。  予備校に入って何が変わるのか
その辺も 全く考えずに書いているので
これを 後から掘り返してみたら その短い間に

「あ~  昔のおれってば……」みたいな感じで
かなり 凹むことも予想されたりするのですが……

まぁ これはこれで 個人的にはネタとしておもしろいかなとか思いながら。
――まぁ こんな書き方をしている時点で 自己満足??  って思われても
何ら おかしくないような気がする点については……。

……うん。  深く考えようとしてしまうのは ボクの悪い癖ですね。
何がともあれ 内容を書く前からうだうだ書いても何も始まらないし
とりあえず さっさと書くことにしておきます。



受験バトン

【Q1】今まで経験した受験の勝敗を教えてください。
高校受験→3勝0敗
大学受験→0勝2敗

……浪人中。

【Q2】一番嬉しかった「1勝」は何ですか?
全く予想だにしなかった成田高校合格の時でしょうか。
この時には ボクよりも周りの塾の講師の人が驚いていました。

――でも 後からよく考えてみると そこまで期待されていなかったって事?

【Q3】逆に、一番悔しかった「1敗」は何ですか?
ひとまず 展開的に考えていくのならば 神戸大学不合格……
……これをばねにして 来年挑んでいくわけですけど……

正直 これは必然だと考えてもおかしくないだろうからなぁ。

【Q4】小学校~高校まで、それぞれ得意科目・苦手科目を教えてください。
(/の左側が得意科目、右側が苦手科目)
小学校→国語・算数・理科・社会・音楽/特になし
中学校→数学・理科・社会・音楽/英語
高校→物理・化学・現社・音楽/英語・古典

段々悲惨な人間になっている気がするのは気にしない。
――思えば小学校の時は何もしなくても……。

【Q5】受験前、どれぐらい勉強していましたか?
高校入試→後でゆっくり書こうか。
大学入試→ほとんど寝ていた気がする←

【Q6】受験直前の偏差値はどれぐらいでしたか?
高校入試→60くらい
大学入試→そう言えば 偏差値確認していなかった。

【Q7】自分の成績と受験結果に、どれぐらいの差がありますか?
考えずにぶっ放しました。

【Q8】受験結果、そして今の自分に満足していますか?
……って 思える結果なわけ無いよね~
だって 普通に浪人生だよ?  今。

【Q9】このバトンを5人に回してください。
やりたい人はご自由にどうぞ。





ひとまず これを記録してみたのは 三月下旬ということくらいは
ちょっとした補足として書き込んでおきましょうかね。

つまりは 現役時代どんな勉強をしていたのか……という感想を
このバトンに沿った形であらわしてみたって事。

余談ですが この人のこのバトンを書いた直後に続いていたバトンは
「受験を終えた人」へ向けてのバトンだったりしたわけで……

……正直 只今進行中のボクにとっては
このへん 全く回答できるような内容では無かったな~  って事で。

……まぁ 特に 指定されていたわけでもなかったし
謝る相手もいないわけだから まぁ 聞き流してもらうとして。

こんな風に考えて ただでさえ考えても 高校生活
――まぁ いろいろと要因もあったわけではあるのですが――
いいわけしたくなるほど 全く勉強していなかったのかな……  というのが感想。

ただ単に書きならべてみると そんな感じになるのですがね??

確実に書けるだろう。  この勉強だったら受からなくても納得だと。
――正直に 小学校時代 何もしなくても なんだか勉強できたタイプだったので
この時からコツコツと努力を重ねてきた人間には どうしても追いつけなかったというか。

あの時 特に何もせずに毎日遊び倒しても
最終的な学力テストは 必ず90を超えて 100点だったりちょっとポカしたりくらいで。
――今となっては 全くこれも当てにならないんだな~  なんて思いながら。

あと 全ての元凶だと思われる英語という科目をとにかく恨みながら。




さて 後で書くなんて書いたので 面倒くさい話っぽくなりそうだな。
でも 面倒なのもアレなので 簡潔に書きますか。

あの時 秋までしっかり部活の大会が残っていたので(吹奏楽である程度勝ち進んでいた)
かなり 受験の時には(一応 進学校目指しましたし)必死な想いで勉強していて
もしかしたら 大学受験の時の努力の方が 高校受験の努力に劣っているという現実が??

やっぱり 部活で最後まで頑張っていた方が 勉強に奮起できるのでしょうか。

――にしても ボクが一年の時の結果はC部門で銀賞だったりしてたから
その後 ボクが卒業する年には 東関東大会に進める~  みたいな状況で。



元々 かなり吹奏楽が盛んな学校に行って かなり上の大会で頑張っている方にとっては
かなり 物足りないような結果に見えるのかもしれませんが
そこに至る伝説?を 自らの手で積み上げていったというのも
これはこれで 隠れる充実感に浸れるものという感じでしょうか。

このへん また 新たなネタとして書けそうだなとか思いつつ。
――ちょっと 時間が浮いた時にでもやってみるか。



何度か書きますが ボクがこの原稿を書いているのは去年の三月下旬。
――つかの間の休息……ではないですが まぁ そんな時期ですしね。



・追伸
にしても どう考えても現役時代のボクって 何も見てなかったよね。
偏差値とか テストの結果とか全く確認していなかったもん。
判定もEとかD溶かしかで無かった気もするし。

でも これはこれで良かったのかもしれない。
――理系の学校なんて かなり お金かかる部門だったりするしね。
(↑一気に俗臭いコメントになりましたよ?)


やっぱり 去年の勉強の内容などを考えても アレくらいでやったって
ぴーぴー騒いでいたのがバカらしくなってきました。
……現在においても まだ 受かるか受からないかは神のみぞ知るって状況。

……でも やっぱり 重ねてきたものは実らせたいよね!!!

TOP

五輪Ⅴ

2012⁄02⁄19(日) 00:00
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

TOP