滑り込む

2012⁄02⁄29(水) 00:00
やっぱり 世間体的にも実務的にもボクは浪人生です。

いきなりこんな事を書き出したのは 今日がうるう年の
4年に一度しか出てこない特別な日だからって言うのとは 特に
関係ない……とは 思うのですが 正直 全く関係ありませんね。

……と 言うことで 基本的にはボクは前期日程が終わったとはいえ
その後の受験が無くなるか 一年先に先延ばしされるまで
受験勉強を続けると言う 半ば 義務的なものを背負うことになっています。

――が まぁ やっぱり勉強すると言うのは気が張りますし
ずっと気を使い続けると いろいろと容量オーバーを起こしてしまうのが
人間の悲しい運命……なのではないでしょうか?????

……と 言うことで 前期日程が終わった直後の某日だけは
「ボクも羽を伸ばそう」と言うことで 比較的 自由に遊び回って暮らしていたわけです。
……の 話をメインに書こうと思います。

――とはいえども ボクは受験は国立一日目に全て終了したわけですが
他の人……と 言うより ボクの友達もそうだとは限りません。

ボクの一番の親友も今 浪人しているのですが 彼の場合も
受験があったのは 二日目以降と言うことで ボクが遊び回っていた日
基本的には 相手してくれる人がいないと言う状況が完成していたわけで。

……えぇ。  受験生じゃない人って「受験生相手にこの時期 本当に
遊んでいいのかな??」って 躊躇するじゃないですか。
……まぁ 元々ボクの友達が少ないってのもあるとは思いますが
多分 仲間が集められなかったのにもこれの効果があるのではないかと。

……逆に そうじゃなかったらボク 悲し過ぎて泣けてくる。
……リアル「はがない」経験中のボクは まぁ ここでは良いとして。

ボク一人だと 例えば ゲーセン行ったとしても そこまで時間つぶせませんし
一種「どうだかな~」みたいな空気がただよてしまうのは しょうがないことだよね!
――と 言うわけで 一人でも(あまり)寂しくない
それで ボクの羽が伸ばせる物が見つかれば良いって言う問題があったわけ。

映画
じゃ お前 見に行っていないんだから これで良いんじゃね??(悪魔の声)
――いや~  流石に 映画までとなると 本当に
受験の結果がわかってからじゃないと見に行けないよ~









映画館
……結論。  行きました。  お前の意志 弱いな!!!
――まぁ これだけってのもなんですし 言い訳しますか。

理由は単純明快。  劇場がほとんど今月いっぱいで〆切りだから。
……とりあえず リアル時間で今日までに ほとんどの劇場が見納めですから
この文章見ている方の中で 今日 見おさめてきた人も多いでしょうか。

――受験終わった後に さて 見に行こうと意気込んでみたら
ほとんどの劇場で上映終了・お疲れ様でしたって流れだったら
流石に いたたまれませんからね~  うん。  悲しい。

まぁ 初動はかなり良かったようですが 流石にそろそろ
空席が目立ちだすような状況だったのでしょうかね??  知りませんが。
――まぁ 回転その他もあるのでしょうが ちょっと残念。

――まぁ ボクの初めての「けいおん!劇場版」も 二月ラストの週末とあって
見おさめの波の中に 上手く もぐりこむことができたのではないかと。
――目立つのを結構気にするボクとしては ちょっぴりありがたい。

……と 言うことで 見てきたのですが ボク自身のレビュー能力は
我が家の飼い犬に読書感想文を書かせるほどのひどさになることが
過去の試みによって明らかになっていますし そもそも
興味ある人はすでに 頭の中にストーリー書き込まれているでしょうし
興味ない方はそもそも 見ることも無いので ここでボクが
改めて何か ぶり返す必要はないのでは~  みたいなね。

まぁ 愚痴るとするならば もう少し ED頑張ってほしかったかな。
せっかく二番まであるのだから それも上手く使いながら
途中で音楽を一回切るようなやり方はしないでほしかった。

Singing なかなか素晴らしい曲だとボクは思うのですが
一旦途中で切られて そのあとに「ふわふわ時間」続けられると
本来のEDテーマが作った空気が台無しになってしまうような気がして。

ところで 理系はしばしば 冷静な分析によって
その場の空気を台無しにしてしまうと言う都市伝説がありますが
ボク自身 それを 身に感じながら 映画を見ていたりしたわけで。

……まぁ 具体例とかその辺は上げませんが
自分で「嫌なこと考えているな」って セルフ自己嫌悪やってました。
……ピュアな理系って 大体そんなもんです。  知りませんが。

まぁ 羽伸ばしって意味では 十分楽しめたような気がします。
更に わがままを言うことを許してもらえるとするならば
二つ隣に座っていた人が いびきかいて寝ていなかったら良かったなと。

……もしかしたら 前売り券の大人買いで セリフ暗記するくらい見ていたのかもですが
じゃあ 見るなよ的な。  やっぱり 適度に見て
適度にワクワクする位が 映画っていいのではないかなと思いました。

そして 映画のサウンドは ボク個人的には結構
破壊力が大きいようで(特に 予告編などで)飛びあがってばっかりだった
相当チキンな人間がここにいました。  うん。  カッコ悪い。

……と よく アニメでは(以下略)であらわされている
受験内容について 相当軽く書かれていたのを見て ボクの立場って
世間的にはこんなもんなんだろうな~  なんて 遠い目をしてみる。

ポップコーン
そして 音楽をメインとしている映画だからか
結構腹が減ったから――そして やっぱり
映画のだいご味だから――購入した
ポップコーンが 気が付いた時

……と いうか 映画が終わった後も
ほとんど減らずに残っていた
この現状はなんだったのだろうか。

オ・レ
そして 残っていると言えば
こちらの方も残っておりましたので
この日 受験であったことを
下書きにまとめる作業もしていたのですが。

それと並行作業で「けいおん!」成分の昇華と言うことで
済ませておりましたとさ。

TOP

帰還報告~2012.2

2012⁄02⁄28(火) 00:00
さて あらかじめ書き置いていたお話の質の低さに呆れつつ
そう言えば 今日はうるう年でしたね~  なんて
ほとんど意味をなさないことを喋りながらお茶を濁す。

まぁ そんな事を考えられるのも25日(試験当日)が過ぎて
ある程度 ほっとできる時間が作れたからなのかもしれませんが
残念な結果だったら また 後期が残っているって考えたらねぇ。

てな訳で この後からぼちぼちと 受験関係でご心配おかけしたでしょうし
ある程度の報告くらいは書いておこうかと思います。

……まぁ 元々 点数晒しはどこでも(友人相手に会話の中でさえ)
そう滅多にやらないボクですから かく内容はかなり限定されてしまいますが。
――どっちにしろ 理系科目の記述+英語ですから
自己採点仮にしたとしても 全く意味をなさないでしょうがね~

……ほら アレって 模範回答が全てってわけではないですし
計算間違っていたとしても 論理が通っていたとしたならば
それなりに点数をくれるじゃないですか。  そんな感じで。

――要するに 一言で言えば「まぁ 悪くないんじゃね?」

センター試験関係なしで考えてみるのだったら 受かっていてもおかしくないレベル。

手ごたえとしては とれるものはとれたし 捨てる問題はすてれただろうし
得意科目――ボクの場合物理――では さまざまな意味で
貯金作ることも出来ただろうし 要するには この日にやった試験の
手ごたえ的には 緊張で普通 100%なんでめったに出ることも無いですし
それを計算に含めれば 十分すぎるくらいはできたのではないでしょうか。

この結果を持って「貴方は不合格です。  お疲れ様でした。」って
通知を受けたとしたならば それは単純にボクの力不足
――一浪しても手が届かなかった――と言うことになるのですから
それまでの過ごし方を反省することはあれど 心おきなく多浪出来るでしょう。

少なくとも「ここであの問題が解けていたら……!」みたいな
If I have Vpp.~,I could have Vpp~.  みたいな
構文を使わざるを得ない世界には至らないかと思います。

まぁ この段階で不安要素を掲げてみるとしたら
「どうせ 私立受験などでも使うことないし~」で
まともな点数を調べていないセンター結果あたりになるのでしょうか。

……えぇ。  万が一の時に備えまして(私立一個も受けなかったわけだし
志望校下げることも赦されていないわけだから ここで万が一
絶望的な成績だった時と言うことなのですが)テンションダダ下がり
→数カ月を棒に振る  ――みたいな生活を送らないためにも
少なくとも ボクの場合は まともな自己採点が意味をなさないと判断したわけで。

……まぁ きっちり点数出したい人もいるかもしれませんが
ボクの場合は いろんな意味でしっかりかっちり留められるのが
大嫌いな人種だって言うことも 言い訳の一因なのかもしれませんが。

――まぁ そのおかげで センター以降は「センター成績最低点だけど受かる人間」
になろうと 必死で努力続けてきたって事になるわけなのですがね。
――連日 予備校12時間生活 耐え抜いてきたってもんですよ。

……まぁ そのおかげで 噂によると ボク 予備校の学校掲示板で
一躍有名人になっていますから 来年もあそこに行くわけにはいかないのですがね~
※精神的・顔合わせ的意味で。  だって 気まずいじゃん。

ついでに 試験で愚痴る部分があるとしたならば 化学の問題開いた瞬間に
お出迎えしてくれたのが「熱化学方程式×10」という
未だかつて見たことも無い「理想郷(皮肉)」が展開していた事くらい。
……アレは 見て 最初 目が点になりましたよ……。

とりあえず 物理で時間 10分ほど浮かせていたおかげで
このあたりで無駄にしただろう時間は ある程度 こなせていましたし
その時点では すでに 物理の答案は完成していて
8割程度は固いだろうって手ごたえもありましたしね。  心に余裕がありました。

英語も 抜きんでていることは無いだろうけど 特別足 引っ張っていることも
無いだろうし 数学も 自分ができることはできました。

……と 言うことで 後は後期の勉強をしつつ 天命を待とうと思います。



さて 神戸に行っている間に結構写メとりためましたが
それらは また 後日出していくとして 後期の勉強の話でもしておきましょうか。

ボクの後期は小論文(理科系・内一題英文含む)です。

……と いうわけで まぁ なんだかんだで毎日のように
何かしらの文章を書くと言うことをしているボクですが そこまで
高枕しているわけにもいきませんから 今回も相変わらず
「センター最低点で受かる」と言うのを目標に 頑張って行こうと思っています。

……まぁ ところで 小論文って事は「一人よがりで満足」と言うのは
一番避けなければいけない事態――できれば 添削を使いたいところ。

一応 予備校にも定期的に小論文の添削専用の方がいらっしゃって
最後までお付き合いしてくれるようなのですが ボクの場合
「少し特殊な小論文」なので なんというのか かなり 肩身が狭いわけで。

普通 小論文は法学部とかそちら方面(と 看護方向?)に多いようで
理学部向けの「がっちがちの理系文章」と言うのはそう多くないらしく
だから 添削に来る方々は大方「文系」  ……と 言うことで……

のぴ「これ お願いしたいのですが……(超申し訳なさそうに)」
添削「……え??  何これ??  とりあえずわからないから 漢字添削で……」
なんとびっくり。  小論文が漢字練習の時間に早変わりです!!
……何この 読書感想文的な空気。  小学校を思い出すよ。

そんなわけで「小論文担当」の人に対して 申し訳ない空気を漂わせる
そんな 素晴らしい展開になっているということで まぁ 心なしか
今までよりは 勉強時間が短くなるのではないかな~  なんて 思っているのですが。

……とはいえ 合格発表見るまで 立ち止まるわけにはいきませんがね!

TOP

母校⑧

2012⁄02⁄27(月) 00:00
さて なんだか 前回脈略も無く晒し出した母校の画像。
――まぁ ひとまずは 誰も写っていないことを確認しながらの更新になりますので。

多分 肖像権その他は大丈夫だと思うのですがね。
――一応 これからボクの母校を目指そうと思っている人なんかは
みてて為になるかもしれませんし 刻々と変わりゆく学校でしょうから
何かが変わったら それはそれで 書く理由になるような気もしますしね。

ひとまず 人の家じゃあるまいし。
……うん。  なんだか 自己弁護にしか聞こえないのは気のせいではないですよ???

体育館体育館外観
とりあえず 今回は 体育で使う屋内施設をメインに取りたいな~
とか思って 最初から言い訳をしなければならないことに。

ひとまず この先にあるのが 体育館と言うわけなのですが
どうも 休み時間でも活発な人はいつでも動きたいようで
頑張って 人がいない時間を探してみたのですが
どんなに頑張っても 体育館の無人の状況を探すことはできず。

一応 入口を映しておくことで あと外観を取っておくことで誤魔化しておくわけですが。

こちらも なんだかんだで 新品の学校あって変わった雰囲気が
見え隠れしている気がしますがね。

ちなみに 体育館へは「学校の地下から」入っていくことになりますので。
――前回のエントランス・昇降口を映した写真と反対向きに回ってみたならば
体育館への口が開いている―― みたいないい方もできますが
これを口で説明するのは難しい……。  まぁ シカトで良いです。
剣道場柔道場
剣道場&柔道場。
こちらは まぁ 割とあっさり無人の写メを取れたので晒しておきますね。
――と いうか 元々誰も来ないようなひっそりとした場所だったりするのですが――

一応「柔剣道場棟」みたいないい方をして括られているのですが
正直 別の建物……みたいな感覚は全くなく
教室から雨に降っても濡らされないような作りにはなっていますね。

特に 二回・三階なんかは完全に一緒になっていますからね~
――ひとまず こちらは1年の時の格技の授業でお世話になりました。
卓球場おまけ。

柔道や剣道と全く関係がなさそうですが 卓球場もこちらにあります。
体育館の端っこでやるわけではありません。  卓球部も堂々と活動しています。

一応 こちらも 卓球選択の時にはお世話になった場所ですし。

プールあと この柔剣道場棟の屋上には
何故か プールが屋外型で中途半端に鎮座していたりします。

ついでに 建物の高さ的には4階の高さになるので
風はかなり強いです。  そして かなりの割合で砂嵐にまみれます。
その結果 プールの底には砂がたまったりしますが まぁ それは別の話。

これは 卒アルの写真をプールで取る機会があって
その時に ちょっと早めにそこへ行って取ってきた貴重な写メですねwww

――まぁ この写メを撮影することに成功したから
このシリーズを始めてみようと決意したというのが裏話。

このシリーズの中で 一番画になる画像かもしれん。


ひとまず まだまだ画像も残っていますので
できるだけ テキパキ行きたいですね。

TOP

文具

2012⁄02⁄26(日) 00:00
流石に 昨日の今日で記事書きあげられませんので……
……緩衝材として考えていたけど 一体当時のボクは何を書きたかったのだろう……。

疑問が残ります。



消しゴム01消しゴム02
ちーん。  ……消しゴム。 ただの消しゴム。
――とうとうそこまでネタが切れてきたのかい??  お兄さん??
……とか まぁ その辺はいいとして。  のっぴぃです。

今日は 受験生らしく「文房具」について語ってみようと思います。
――と いうか 受験生らしくってこれ どんなふうにとらえれば??

①慢性的にネタ不足  
②毎日の生活の中でやっているのは勉強くらい
③というか 第一 戯れる相手が文房具だけ

……理由を考えると悲しくなりそうだから 気にせず行きましょう。

誰もが確実に使ったことがあるだろう文房具 消しゴム。
筆記具の方は鉛筆派の人とかシャーペン派の人とかいるみたいですが
そのどちらも 消しゴムの方は分け隔てなく使いますよね??

その消しゴム 寿命が尽きてくるとき 皆さんはその形はどうなるでしょうか。
――おそらく その人が相当使いこまれたその消しゴムには
その人の癖なりなんなりがかなり凝縮されているのではないでしょうか。

ちなみに ボクが使った場合 消しゴムのかたちは左図のように。
――これでも 高さは潰れたスリーブより薄くなっているはずなのですが
なんだか 消しゴムの丸くなってきた部分をそのまま使い続けるでしょうか。

最後まで下の辺の角は残ったままになるという。
――すなわち 使える角がそのまま4か所に残っているという。
……いや 何故そこまでその使い方にこだわるの??  みたいな事に。

なぜこんなしようもない事を力説する展開になっているのか
ボク自身 いまいち理解できていない部分があったりするのですが←
ひとまず ボク自身も角で物消す時がちょっと楽しみな人間なのに……

まぁ きっと 自分が楽しみにしていたショートケーキのイチゴを
最後まで取っておいて 隣の誰かにそのイチゴを奪われるという
古典的漫画ネタによくあるような性格をしているのでしょうかね??
……なんだか そんな匂いがぷんぷんするなぁという自己分析。

……なんというか 何故 こんな事いきなり書きだしたのかわかりませんが
例えば 今までもそんな形だったのかについては あまり気にしていないので
――逆に書けば ちょっと意識してみたら「これなんだかおかしくね?」
なんて 自分で思ってしまったから 何となくこんな事書いているわけで――
どうなっていたかはわかりませんが 基本的には今までもこんな感じじゃない??

――ついでに 新しく消しゴムを変えたら変えたで 今度は
消しゴムが割れる(右図のように)という現状が新たになったり。
……これについては 何が原因だったりするのかしら。

気がついたら 良くわからない所から消しゴムに亀裂が走り
これが消しゴムをえぐり取ったりするおかげで
ボクにとって 消しゴムの消耗はかなり早い部類になるのではと。

と いうか そんなに消しゴムって亀裂が走ったりするものでしたっけ??
――小学校時代とかには もう少し持ちこたえてくれていた気がするよ??
つまり 使い方が悪くなったのか それとも単なる運の問題なのか。

……まぁ 予備校に入ってから そもそも文房具を使う機会が増えたから
あまり この速さについては議論するのも面倒になってきたわけですが。
最近のルーズリーフ消費とか なんだか申し訳なくなるほどの速さなので。
――そもそも その議論を始めようとすること自体おかしい感じですよね~



そう言えば 書いたり消したりとか言う話と言えば
何故だかわからないけれども ボクの場合 記述模試とかにも役に立つことがある
良くわからないジンクス? カン?  のような話があります。

ボクがノートなり答案なりを書いたりする時に
たまに 自分でも「あ なんだかこの文字綺麗にかけたな」みたいに思う
……ちょっと 自分でも感心できるようなバランスに落ちつくことがあります。

まぁ ボクの普通のノートの文字などは ちょっと癖字が強くて
「上手い」とはお世辞には言えないような感じだろうけれども
「下手だ」「読めない」みたいな評価はいただいたことが無いレベルなんですがね。

ただし そんな風に 自分でも納得できるような文字が書けた時には
何故だか 後になってその部分を消す羽目に陥ることが多々と。

例えば 数学の答案を書いている間に 「あ この『定理』のバランスいいな」
……と 文字のバランスを自画自賛して そのまま解答を続けた結果
なんだかんだで行き詰って 考え方を変える羽目に陥ったりね。

しかも 決まってこれを書き変えるきっかけは些細なものだったり
正直書いて どんなだったって思いだすのも恥ずかしい事も多いと。

ついでに 同じくらい多いのが 周りの文字のついでに消えてしまうこと。
――つまり その周りに誤字とかがあって それを修正するついでに消えると。
……なんだか 計算を間違えたとかそれ以前の意味でも悲しくなってくると。

まぁ 逆にここまでパターン化された流れがあるのだったら
今となっては「なんだか ちょっといい感じの文字が出てきた。
……この先 またはこの周辺に地雷が埋まっている可能性があるぞ?」
みたいな感じで 危険予知して なんだかいろいろ回避したりすることができるくらい
この 謎の虫の知らせを悪用できるように洗練されて来たのですが。

そのおかげで 模試の見直しとかも たまにめちゃくちゃはかどったりすることも
……とはいえども その虫の知らせ 当然のことながら全方向まではカバーしてくれず
自分のこのへんのミスを減らす事が最重要課題なのですが。

ただし こんな風にちょっといい感じに利用している今でも
それが終わった後に ちょっとむなしい気分に浸ることになる……
……のも かなりありましてね。  しょうがない事なんだけどさ。

それにしても 虫の知らせって不思議ですよね~
――根拠も何もあったもんじゃないのに なんだか~  みたいな。

自分 そこまで迷信とかを信じている達ではないと思うのですが
宗教とかそっち方面を完全に気にしなかったとしても
直感で行動することでどうにかなったり 虫の知らせが現れたり。

なんだか この流れでこの結論に押し込めるのも変な気がしますが
世の中 非常に良くできているような気がします。  様々な意味で。

TOP

神戸行き2012  前期

2012⁄02⁄25(土) 12:00
一応 毎日続けている予約投稿記事は次の記事からです。
――一応 出発前までに少し保険も含めて 予約投稿入れておきました。

それまで しばらくの間 この記事はてっぺんに居座り続けます。




ぐぼぉ去年 同じタイミングでてっぺんに
載せていた記事を参考にしながら
記事のタイトルとか
テンプレート的なもの合わせてみようかな

……とか 思っていたのですが
やっぱり やめましょう。

今になって 去年がどれだけ
アホの子だったのかっての
再認識できたってので 一つ 
収穫あったのかもしれません。

そして この話が上がった後も
何か変更点ができましたら
追記などの文章が逐一変わっていく事も
考えられますので 一応 補足をば。




ひとまず 告知と言う体で書いてみるのならば
設定間違えていなければ 毎日 いつものように予約投稿記事
――過去出してきた 今考えたらめちゃ恥ずかしいもの含む――でも
適当に並べてありますので「毎日更新の体」は繕おうかと。


……その他ぼやき等は 追記へ。

TOP

受験と友

2012⁄02⁄25(土) 00:00
去年とかその前から書きつづっていた事だけで保存記事~  って
どや顔するのもどうかと思いますので 軽くは
それなりに最近の保存記事について立てておくことにしますか。

……と 言うわけで 気がつけば書くタイミングを見失っていた
予備校における友達関係の話題。  そんなに書いたこと無かったよね。
――まぁ 今になってしまえば 元々毎日記事書いている余裕も無いし
そのために書くんだったら もう いつあげても一緒だろうなって思ったし。

……って言いながら それこそ受験が終わった後も残り続けるかもしれないし
どうなるかわからないから 便宜上「一浪目のこと」と保釈しておきます。

とりあえず 過去記事掘り返しておけば何となくわかるかもしれませんが
ボクの場合(ブログを始めた理由に直結するのですが)高校時代
かなり規模の大きかったいじめにあい 且 先生にも無視されたという
普通に考えて かなり 重たい高校生活を送って浪人しているわけで。

――今になったら一応言えますが「あくまでもボク主観」ですので
実際どうだったのかどうかは まぁ 良くわかりませんが
少なくとも 当時のボクとしてはいじめと感じるような内容だったのは確かです。

……で 浪人生活が始まってまだ「暑い」と言っているころ合いくらいまでは
その余波もありまして とにかく人と群れるのが怖いとか
できれば あまり 人と関わらない方がいいのではないかって思うようになって。

……でも まぁ 結果は一浪目の記事の雰囲気からも分かるかもしれませんが
「それ以前から付き合いのあった人」の影響が強くなり
その人に流され 且 自分の意志が弱かったこともあり
かなり「浪人生らしくない」一年を過ごしてしまったことになるのですが。

こんな風になってくると 流石に思うわけですよね。
世間ではよく「十件は団体戦だ」なんて言われますが それはあながち
間違っているものではないのかもしれません。  ……と 言うのがボクの持論。

特に ボクみたいなこんな閉鎖的な人間関係をしようと決めてしまった場合
その数少ないつてが結構お気楽な人だったりすると それに流されたりして
結果 浪人の一年間をかなり棒に降ってしまうことも考えられます。

――とか言うと その友人をけなしているようにも聞こえるかもしれませんが
ボク個人的には その彼を心から信頼していますし
こちらが凹んだ時には笑い飛ばしてくれたりで まぁ なんだかんだで
かけがえのない一人の親友だと思っています。  尊敬もしていますよ??

さて その彼とは予備校は違ったので 先ほども書いたように
新しい交友関係を持たなかったボクは 基本 予備校でも一人で
なんだか 行き詰った時には遊びに行っていた そんな一年だったのですが
さっきの彼とはまた別に ボクが通っているところには一人
「幼稚園児の時から知っている」幼馴染と言える人間がいたわけでして。

……で その幼馴染の友人関係が ボクのこの人間不信がある程度
柔らかくなった頃から 一つ 大きな伝になりだしたのではないかな……
……と 思いますね。  てな訳で 気がつけば 喋れる相手が増えました。

こんな時 人間関係のコネとして良くあることとして
同じ高校卒業者で群れて そのついでにいろいろな人が~
――みたいな群れの形成の仕方があるようですが まさにそんなパターン。

流石に どことか詳しいことまでは書けませんが
そこにいる人の大概は同じ高校出身者で なんとか ボクも
その外苑くらいには侵入することができたかな~  みたいな感覚でしょうか。

――とはいえども ちょっと 根深い部分はかなり残っているんですけどね。
一応 混ざれてはいるものの 結構根の部分は喋り好きっぽいキャラだと
自分は思っているのですが 積極的に話に乗ることができないで
立ち位置的には 「けいおん!」ではムギみたいなポジションになるのでしょうか。

……そのポジションが悪いとは言いませんが 背景っぽい??
――なんだか 上手い表現の単語が思いつきませんね。  すいません。

珍しく会話のターンがやってきたときにも 結構おどおどしていますし
常に「自分はなんだか 空気読めないことしているんじゃないか」って
下手したら人一倍気にしているんじゃないだろうかって思える有様で。

――実際 後でこっそり確認したりして 杞憂だったりすることも多く
結構 その時の三年間が深い傷を残しているのかもしれないなって。

で なんだか 結論的な意味ではまた ループするような形にも見えますが
やっぱり こんな関係の人間関係が出来あがってみると
「ゲセンに行く以外」でも 勉強に集中できない時の対処法とか
案外見つかるもんだな……  って事にも気がつくわけですよ。

――ただ こちらも やっぱり身近なところでやり過ぎると時間飛びますし
金がかからないという面では軍配が上がりますが
やり過ぎると 他人まきこんでまっさかさまなんてこと ありえますしね。



――で まぁ そんな風にひとくくりで「なんとか群れに入れるようになった」
なんて書きましたが まぁ 良くあることだとは思うのですが
その中でも「何となく話しそうな自分と似たオーラの人」みたいな人がいると
まぁ なんだかんだで話が特に弾んだりすることもあるわけでしてね。

……まぁ ついでですので最後くらいは普通の記事っぽく書きますが
その彼 なんだか キャラが立たないことに悩んでいたようで。
――ついでに 彼から見て周りがどんなふうに映っているのか聞いてみたところ。

まぁ ヤケにテンションが高いのがアイツで こいつはアイドル詳しくて~
……って 連ねる中の「アニメオタク」の欄に ボクの名前が入っていない。

――で そこについて問いただしてみたら ボクの認識は「お笑い芸人」だそうな。
……どうしてそうなった。  正直 アニメグッズ欠かさずみにつけているボクだよ??
どっからどう見ても「アニメオタク混ざってるな」って外見していてもだよ??

……さっき 背景のような~  みたいな書き方しましたが
人間限定なのかもしれませんが 口を開いてみると途端に
可笑しなことやりだすような そんな一発屋ってイメージがあるようです。

……まぁ 確かに さまざまなところで普段は口少ないけど
ノルときはノルってキャラ 板につけていたような気がするからなぁ……。

TOP

痛スイカ・補完

2012⁄02⁄24(金) 00:00
今日はしょった作業は また後日 別の記事に書いてみようかと思います。
――まぁ 書く気になればですが←

とりあえず 前この系統で書いた記事の段階で飛ばしました画像の編集段階その他で
ボクが思ったことなどをポチポチ書いて行く……
……のと 背景が真っ白だった画像のボクなりの解決法について
進言させてもらおうかと思った次第で。

名前の通り ぶっちゃけて サブです。

しかも ボク 説明には元々向いていないたちなので
正直 見苦しいことになっているような気がしますが
まぁ 深い所までは気にしないことにします。

<画像調整編>

必要な物

昨日上げたものに続きまして↓

・背景画像
  以外と ようつべなどで流されていた動画のプリントスプリクトも
  思ったよりは有効だったりした事もつけ加えておきます。
  あまり 画像は明瞭じゃない方がいいかと思います。 



……てか これ 後から下書きからあげるか~  ってタイミングに
久しぶりにみることになったのですが「如何せん その場のフィーリングに任せて」なので
わざわざ ドヤが押してあげるのも恥ずかしかったなって感想でいっぱいです。

TOP

痛スイカ・のっぴぃ流?

2012⁄02⁄24(金) 00:00
どうもこんにちは。
今日は 昔作った痛スイカの作り方でもまとめてみようと思います。

他の人のページを見たりした二番煎じがメインですが
一部 ボクなりに(うまく理解できなかったり)して改良した部分もある
まぁ ぶっちゃけて 不完全な部分もかなりあるまわりくどいやり方かもですが
そもそも これらの情報を探し出すのにボク かなり苦労しましたので
同じような境遇の人の為に 少しでもなればいいなと思います。

ただ 書いてある通りにやってもうまくいかない等の対応は
十分できないかもしれませんので そのあたり あらかじめご了承ください。


<画像編集編>

必要な物

・画像編集ソフト
ボクはPictBearというフリーソフトをダウンロードして使いました。
ひとまず ボクがその場でダウロードしてもすぐ 使えたので
使い方は簡単だと思います。
基本的に この先の画像は このソフトを利用して行きたいと思います。

また ボクはこれとは別にPixia ver. 5を
印刷の時に画像の大きさ調整が楽なので使用しました。


・画像
  当然必要なものです。
  個人的には 横800くらいは欲しいかな~  って 思います。
  PNGファイルの方は ボク的にはいじりやすかった感があります。




至らない所だらけですが これから こんな感じの話書く機会も増えるかもしれませんし
一種 物は試し的ノリでやっていますので こう
深いことその他は 気にしないで頂けると嬉しいです。




さて 実務的な部分からは追記に行きたいと思います。

TOP

エr(ry

2012⁄02⁄23(木) 00:00
昔々。  アルチェムさんとこで踏んできたバトンをやることにしましたとさ。
記事として(下書きに)あげたのは 踏んできた直後。
……でも 記事として実際に使うのは相当後と言う素晴らしさ。

もう 記事の管理がどうなっているのかもうわかりませんね。
前にも同じことやった時にも使った気がしますが ソースのご本人も忘れているかと思いますし。

でも これをコアにして……(後半へ続く)

※ルール※

・地雷バトンです。
・見た人は全員やること。
・タイトルを『エロ本が親に見つかりました』にすること。
・本気で答えてもふざけて答えてもOK☆


Q1.あなたは何フェチ?

つむじ。

過去 ロリコンだと思われていた時期が――自分でもそう思っていた時期が――
ありましたが ボクは ロリコンなのではなくて
必然的に 無防備につむじを晒してくれるから
ロリコンっぽい属性が付いているということに気が付きました。

――これって 華麗に自爆してるよね???

Q2.人生最後の晩餐には何を食べる?

し・死ぬ前には……がくり。(餓死)
ママがつくったびーふかれーがたべたいです。

Q3.好きなお酒は?

未成年なので ノ―コメで!!
いや ホント 飲んでないんだって!!!

Q4.カラオケで必ず歌うのは?

明らかに 夜のアニメの曲――主に京アニ。

地元の連れの友達に良く言われていたのですが
ボクの周りでは このへんの曲を歌っても それについてこれる人が
近くに全くいなかったようで。

そのおかげで カラオケ大会になる時は必ず省かれます。  涙目。

Q5.好みの顔はしょうゆ(うすい)顔?ソース(濃い)顔?

目線はつむじですので(爆)

Q6.明日死ぬとしたら、何をする?

ひとまず かき集められるだけあずにゃんを……

Q7.誰かを想った月日で、一番長いのはどれくらい?いつでどんな人?

年齢=彼女いない歴。
悪うござんした~   二次元だったらいるよ??  いるよ??

Q8.これってもしかして自分だけ?と思う事を一つ。

存在感の薄さは アニメに出られるレベルです。
――本気を出したら空気にもなれます。

その一方で ノリは関西人に引けを取りません(自称)
そんなギャップを抱える人間模様!

Q9.どうしても食べられないものはなんですか?

レバー。  なぜだかこれは無理。
――と いうか それ以前に過去に食べたことがない料理は食わず嫌い。
あと 小骨が多い料理とか。  食べられないというか 即 吐く。

Q10.天然、鈍感、不思議、ドS、近眼、ちゃっかり、どれか言われた事のあるものはありますか?

裏ボス。  ……系統なら。

Q11.あれですか?

アレです。

Q12.そろそろ飽きてきましたか。

語りたりないですねぇwww

Q13.何かぶっちゃけて下さい。

中野○ルヲさん。  あなたの娘をください。

Q14.明日の予定を教えてください(・∀・)

これって いつの事を書き込めばいいの??
(↑堂々保存記事)

Q15.いつも何時くらいに寝ます?

日付が変わるころ。
――と 思わせておいて そのあと部屋で数時間ゴロゴロしてからじゃないと
なかなか寝付けないんだわ。  ボクの体温もともと低いから
風呂上がりとか かなり体温を下げないと寝付けないという罠。

Q16.結婚するなら、何歳までにしたいですか?

第一にパラレルワールドに連れていってください。
まず それが先なんだぁぁ

Q17.恋愛対象は何歳から何歳まで?

20周辺(下限は小学校高学年)
――あれ??  やっぱりこいつ 生粋のロリコンじゃね?



……って感じでいいんですかねぇ?とりあえず終了。
まぁ 文章を太くしてみたりしているのは 気持ちの問題だから気にしないこと。

(以下 保存設定した時に書きたした内容)

……それにしても ここ最近は ストレスによって壊れてきたせいか
俗に言う中二病とかその辺に関するちょっと ヤバい方向性のケが
しばしば出てくるようになってきてしまったってのが気になっているところ。

具体的に書けば 画像フォルダ――携帯買い代えましたので
なんだかんだで いろいろとリセットされている物があるのですが――の中身が
今までとはかなり 傾向が変わってきまして 少々Hなのが増えた気が……。

なんでだろう。  気がついたら「アレ??  なんで こんなのが??」みたいな
変な性癖まで持ってきてしまっているような気がして仕方がない。

……こんな昔に書いたバトン久しぶりに眺めてみて
このへんの最近の傾向が変な風に歪まないよ……ね??  なんて
社会的にアブナイ人になる前に補正できないか 今 本気で考えているところです←


……いや~  やっぱり ストレスって怖いね。  うんうん。

TOP

意味はとくにない。

2012⁄02⁄23(木) 00:00
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

TOP