ファイナル!

2012⁄01⁄08(日) 00:00
なんだかんだで予備校の冬期講習と言う期間も終わりました……。
――それが意味するのは もう 受験まで間近に来ているという事実。
もう センター試験も目の前に控えていますし ここで今年の一年が半分決まりますね。

そんなわけで この後の予備校の話……は まだ 尽きるわけではなく
まだ このへんのネタで書こうと思ったら書ける状況にボクはいます。
――と いうわけで まずは その予告的物から始めておきましょうか。

突破シリーズ(わかりやすく書けば三学期)……も 始まっているのですが
その講座云々について今のボクにはなんとも記述しにくい部分があるので
とりあえず これについては 終わったあと……は センター直前なので
それ 終わらせてから この講座と関連させながら書けたらな~

……みたいな 計画も立てつつやっているのですが。

とりあえず それと並行して 講座名羅列するとするなら ファイナル講座で。
・ファイナル国公立英語テスト

・ファイナル数学ⅠAⅡB

・ファイナル数学ⅢC

・ファイナル化学

・ファイナル物理

内容としては それぞれ二コマ連続の二日間連続講座。
流石に これらの講座を一日にすべてやるわけではないですが
こう 今までと同じペースでこれ上げるのだったら 二日ごとに
この記事上げる羽目にもなりそうだな~  と 思いまして。

……これらについても それぞれ記述することがあるのならば
多分 別個で記事書くのではないかな~  なんて 思いますが
――うん。  相変わらず予備校ネタはたまるようで。



さて とりあえずこのへんの予告したところで 予備校の最終タームの話
まだ 残っておりますので こちらの方もネタとして回収しておきます。

・冬期講習最終講義:トップレベル総合物理

新春・初授業
――と いうわけで
今年最初の講座だったわけですね。

ボクが好きな講座(結構 身の回りの人にも
認めてもらえる程度の変態具合です)
である 物理で始められるように
このへん調節した覚えはありませんが
まぁ なんだかんだで気分は良いですよね。

幕開けがこれって。

軽く毒吐くなら QMAの時とは大違いってところですかwww
――まぁ この話はまだ書いていませんが
予約記事には入れています。

ついでに書くと 先生の方も去年一年間お世話になった
「教わっているうちにじわじわその妥当性がわかるような」教え方をしてくれる
陰ながら尊敬しているそんな先生でしたから なおさら 士気も上がるってもんです。

で その先生でしたから 授業内容や時間においても相変わらず安定。
――で できる限りの予習と 予習で対処しきれなかった部分においては
復習を重ねながら 最後の記述対戦に向けて照準を絞ると。

……ボクの場合 英語とかで足を引きずる公算が強いですから
物理や化学で必要以上に稼ぐって言うのが大きな課題だとボクは感じています。
――とはいえども 流石に 無理もあるので 先月の勉強時間の五分の三程は
英語の勉強に費やしたと言っても過言ではないのかもしれませんがねwww

ついでに 予習としてやった問題が今年初めて触った問題と言うことで。
――そして その問題は去年愛用していた問題集でも出てきた名古屋大の万有引力。
……何故だかはわかりませんが ボクが一番好きな問題で(←簡単に書くと「ツボった」)
いい塩梅で このタイミングになったわけですからね。  テンションは下がりません。

まぁ つまりは この一週間は「物理」で一人ウハウハだったわけで。
……まぁ でも ○つけとかそっちの角度で見てみると もったいない間違いとか
しょうも無いミスとか多くて そうでもないわけですが。
(↑でも 流石にやり慣れている「万有引力」に関しては しっかり取ったけどね。)

まぁ 最後の知識の確認と言う意味では様々な意味で役に立ったのではないでしょうか。
――そして いろいろと落ち込みやすい(精神的な意味でも)この時期に
「物理の記述を言い訳なくできる機会」を得たという意味でも
ボク かなり 助かったような気がしますね。  ありがたいことに。

……えぇ。  今までの物理と講習がない時の化学
全体的に地理に関しては(まぁ 地理は別にそう変わりは無いのですが)
センターの過去問演習ばかりになってしまっていたので こんなことに。

去年は「記述さえやっていればいいのさ」とか 若干ほざいたこと言っていて
見事に爆死した経験がありますので 今年はセンターについて
結構真面目に取り組んでみたのですが さて どうなる事やら。

――まぁ センターについては 当日に上げる分の記事でも
その空気を逃さないためって意味でも何か用意するかもしれない(まだ計画していない)
ですから まぁ この話は――後に残しておきますかね。  うん。



物理の講座についての話としては 実はそう多く書いていないような気もしますが
とりあえず 先週はそれと同時に「三が日の予備校の様相」と言うのも含んでいましたし
折角ですので それについても軽く触れておこうかと思います。

――で 結論から書くと 三が日(正確には元日は休館日でしたが)の予備校
うるさい人間はいないわ 電車すいているわでかなりいやすかった!!

まず 普通に授業があった割には席取り合戦がそこまで過酷ではなく
ボク自身も かなり 多い選択肢の中から自分の半日を過ごす城の場所を
選ぶことができました。  ――これ 士気を保つ上で地味に大切。

もう この時期になってきますと「知っている人がいるかいないか」よりも
「自分がこの一日をいかにストレスを少なくして生き抜くか」の方に
どちらかと言うと集中と言うか注意と言うかが向いて行くような感じですね。

うるさい人たちは まぁ 大体誰が騒ぐのかって集団の目星は付くのですが
単純に彼らが正月はゆっくり過ごしたいのか 予備校にこなかった~
――ってのが かなり 大きな要因になっているのではないでしょうかね。

電車が空いているのは まぁ いわずもがなってところでしょうか。
基本的に いつもボクがで書けている時間は通勤ラッシュと重なりますが
流石に三が日は仕事の為に東京へ~  みたいな方も多くないので
夏休みでもそうなかった「座って単語帳開いて~」なんてこともできました。

――まぁ そんな感じで受験に向けて頑張っていこうかなって。  思いながらさ。

TOP