2011年――今年もいろいろありました。

2011⁄12⁄31(土) 00:00
どうも。  こんにちは。  大晦日でもボクはいつものペースで行きたいと思います。
今年一年間はみなさん どのようにお過ごしになったのでしょうか。

とりあえず ボク個人のこと……と 言うより前に社会的ことを振り返ってみますと。

今年あった出来事。  ……なんて考えると やはりあの大地震でしょうか。
関東に住んでいる人間ですが ちょっと レアなパターンとして
その揺れ自体の影響はほとんどありませんでしたが 二次的意味で
結構大きな影響が日本全体に広がっていたような感じですよね。

まぁ 今更ボクがなにを書くか……ってのもアレな気がしますが
やはり これは近代の歴史の中でも そして 世界的にも
かなり大きな出来事だったのだとは思います。  自然は恐ろしいです。

――そして この地震の影響が大きくて あまり触られなかった気もしますが
その前にも ニュージーランドのクライストチャーチ近郊でも
大きな地震があったような気もしますし トルコでも何度か揺れましたし
なんだかんだで 地球のあちらこちらで地震があったような気がします。

清水寺で書かれた今年の漢字として 巷では「情報操作」があったとか
噂されながら公表された今年の漢字「絆」ですが――そう言えば 漢字検定って
一昔前 なんだか 事件やってたりしていませんでした???
その癒着とかで やっぱり 何か裏があるのではないかってボクは思いたいのですがね。

やっぱり 個人的には 世界的意味で見ても「震」と言う文字が
今年をかなり適切に表しているのではないかな~  とか 思っているのですが。

――逆に もう しばらくは揺れなくてもいいよとか思います。
(でも 一度地震が群発したら その状況しばらく続くみたいですしね……。)

そして この地震を教訓に 人間の力はまだ 大自然に敵わないことを思い出して
人間の技術に過度な過信とかをしないように……みたいなこと
やっぱり 大切なのかもしれませんね。  なんて 今年思い続けていた事。

「今年の漢字」と同じように 今年の世相を表すものとしては
流行語の 確か「なでしこジャパン」でしたっけ??  に関しては……。
なんだか 折的に触れた方がいいような気がしたのだが ボクに触るキャパが無かった←

あと オリコンとか本屋大賞とかその他の細かいことは知らん。
だって ボク これでもしがない1浪人生だもん!!!  ……と 言うわけで。

少々強引なところすいませんが やっぱり 自分のこと書かないとダメですよね。
――と 言うわけで 大晦日の今年を振り返ってみるネタ 行きましょうか。



今年一年間は 純粋に「受験生」として完全に一年潰したような感触です。
それが 一体どうだったのか。  そして この一年がどのような物になったのか
まぁ 流石に 一日やそこらで結論つけることはできませんが
少なくとも もっと今のボクからして暗黒だった年もありますし まだ良かったのではと。

世間一般的に 受験生や浪人生と言う人がどのように過ごしているのか。
……まぁ 結構辛い感じなのではないかとか思われるのかもしれませんが
ボクにしてみれば 「まだ数倍高校生活がひどかった」なんて 言い切るかもしれません。

その証拠としてあげられる話なのか全くわかりませんが
一応 高校の卒業式は(忘れそうだけど 一応 今年の出来事)無断欠席。

しかも 学校から連絡が来ないように 電話線まで抜いた完全防備しましたし。
――そして 卒業少々その他も親に取りに行かせたりしましたからねwww
……相当きらっていることくらいはわかって頂けるでしょうか←

……が 今までの記事内容とか――と 言うよりも この一年間の
QMA的事実と言い切った方がいいのかもしれませんが――を見てみた限り
かなり 欲望に埋もれた生活をしていたので その「禁欲度合い」が
相当甘かったことも否定できませんし そう言い切れるのはそれ要因かもしれませんね。

煩悩を消すという伝承がある「除夜の鐘」が鳴り響くことで
はたまた こいつのこのへんの煩悩って さて 変われるのでしょうかね。

ひとまず 今日の目標としては「ひと通りすべての方面にふれる」と言うことで
名前出てきたついでに これについても 少しくらいは語っておきますか。
……この話題している間は 一応「欲望云々」の話は棚に上げるとして。

一応 単純なプレイと言う意味では ある意味充実していたのかもしれません。
それが 何故なのかは とりあえず 気にはしませんが
「勉強ができない導入の時期」には少なくとも ある程度の威力はあったのかも。

まぁ 何にしろ 「受験に直ぐ使えるわけではない」にしろ
社会全体に関して考えてみたら あの辺で問われる知識って
あながち 無駄になるような物ではないのではないかと個人的には思っています。

まぁ アレから受験に対する方向性で陰ながら学んだこともありますし
一概に「やり過ぎた=失敗」みたいに言うことはできないのかもななんて。
――それが今年である必要は……うん。  予備校生と言う意味の話に戻ろうか。

とりあえず この属性もった一浪人生として 「流石に無制限」みたいな
事は無かったのだと(誰相手にだか知りませんが)言い訳を試みてみると
一応 アニメ系統の禁欲は実施したりはしていました。

――が それ以外は……とりあえず その辺の反省に関しては
三月あたりにまとめてする方がいいのかもしれませんね。
結果わかる前から書くとしたら 負けた前提になってしまいそうで
それが正夢っぽくなったら本当に 残念なことになりますし。
(↑ついでに また失敗したら多浪が確定しています。  マジでwww)

まぁ 「そう悪くない」と言う評価について「それまでが辛かったから」
……と 言うのが 確かに それも相対的意味では一つの要因ですが
その他にも 浪人した原因に向かい直す事ができたという意味では
この一年(下手したら二年)を(時間的意味で)棒に振ったとしても
やはり 貴重な経験ができたのではないかと言うのもまた一つです。

今までのボクに圧倒的に足りていなかった「ダメな自分への向かい方」とか
高校生活でえぐれてしまった人間関係に対するトラウマを
少しずつ克服して行くとか その辺に関しても絶対 何かしら
今後の糧になるような物があったのかもしれないと思えるようになりました。



まぁ 予備校生活が思ったよりも苦痛じゃなかったとしても
やっぱり そう長くとどまっていられる場所ではないと思いますから
その場所を卒業できるような努力はたゆまないようにしなければなりませんね。

――では 今年はこのへんで。
みなさん 良いお年を!!!

TOP