冬期講習――第三講

2011⁄12⁄20(火) 00:00
今週の受講科目:トップレベル総合化学

うん。  今月量産した予備校記事っていくつだっけね。
――みたいなペースで→の数字のバランスが急速に崩れ出しています。
……A型のボク的には 結構気になる所だけど 仕方がない。

さてさて どうも こんにちは。  のっぴぃです。
前回は書きませんでしたし 一応 軽くですが 授業内容まとめる前に
面談で何となく輪郭がついてきた ボクの受験内容でも書きましょうか。

私立→一応 一・二校受けるけど 入学金は払わない
国立→宣言通り基本 神戸大学理学部地球惑星科学科で前期後期


……以上。  ――ぶっちゃけて 去年と内容さほど変わらない。

当然 ここで神戸大学から落っこちたら多浪ということになります。
……下手したら 多浪が記す日記という貴重な資料が出来あがりそうですが
その辺については考えないことにしました。  そして 納得もしました。

前 なかなか理解が進まなかった時にしたためた時には
「半ば 反抗期のお年頃」の雰囲気も交えながら ぶつくさ書きましたが
その裏に隠れている「親の気持ち」の片鱗をみたことで
「他人に合わせようとする」だけがいいことじゃないって事を思い出しました。

――バラエティ番組とかの話についていけないで 物心ついた時から
ゴールデンタイムはNHKニュースを見ていたボクからしてみると
何となく「人のことは気にすんな」というのが 一つのポイントのようにも見えます。

――まぁ この大枠 下手したら センターの内容によって
一部変わるところもあるかもしれませんが まぁ 基本はこの形ということで。
一応 自分も確認するという意味で記しておこうと思います。

まぁ 仮にこれ以上細かいこと書きたいなと思ったら今後
何かしらで記事っぽいことになるかとは思いますので まぁ。



では 一応 前タームのまとめくらいはいつも通りやることにしましょうか。

先週の受講科目:センター試験攻略国語テスト

……なんだか 昔のセピア色になりつつある記憶を引っ張り出してみると
ちょうど一年前の同じころにも 全く同じ時間帯にあった国語の講座を
無理やり津田沼に受けに電車に飛び乗っていたような記憶があります。

なんだか 相当走ったりなんなりしている割には 全く時間に間に合わず
結構 残念な状況になっていたテストの方もあったような気もしますね。

……それが去年なのだとしたら 今年の場合は朝から予備校の一角を陣取って
(↑そこ 傍から見るとまさに「巣のような」状況になっていることがしばしば)
時間になったら 近くにいる同じ講座を取っている知り合いに声かけて
かなり余裕の時間で教室に入る~  うん。  スケジュール的意味では余裕ですね。

――まぁ これに関しては「立場変われば~」みたいな表現するものなのでしょうか。

そして その時の記憶と変わらないのが 今回は「現代文」「古文」「漢文」で
それぞれについて先生が変わってくるというところでしょうか。

夏期講習の時の近い講座については 一人の先生が
(おそらく 現役用のセンター講座と同じノリなのかもしれませんが)
「現代文」「古文」「漢文」すべてを受け持っていたのですが
今回は それぞれについて別の先生が受け持つことになりましてね。

――端的に言いますと この五日間で三人の先生が同じ時間の教壇に立ちました。
……時間の融通が聞かない分 何かと不便な気もするのですがね~

まぁ この言い分なのもボクの目線からで 正確には
全体的には夏期講習の講座を三人でもつ時もあったらしいですが。
――単純に ボクの記録の上では単純にこうなっております←

で この中身の構成はと言いますと 去年の全く同時期にやっていた
講座でお世話になった方々とほとんど一緒のような気がするんですよね……。
――正確に調べたわけではないのでどうとも言えませんが
何処かでデジャヴを感じるとでも言うのでしょうか……。

とりあえず その辺も踏まえながらできるだけスピーディにまとめてみますと↓
<現代文>
日付も少なければ なんだか 影も薄いような。
……どこにでもいるようなオッサンに見えたといっても。
――いや それは流石に言い過ぎだったのかもしれませんね。

まぁ センター一カ月前に再確認ができたという面ではいいのかもしれません。
――ひとまず 大逸れたことは言われていない気もしますが
日々 現代文の能力が低下しているような気がするのもこれまた事実。

<古文>
なんだか 去年にも同じような人 みた気がする。
――で 何故だか評判はよろしいようで。  文系相手には??
ボク自身にとっては……どうなのでしょうか。  あっていないのかもしれません。

如何せん あの人の言っているやり方試してみたら とある年の過去問で
「古典:-32点」……つまり 満点から差し引いて……みたいな。
――このやり方をマスターするまで試してみるか もう ばっさりあきらめるか。

やっぱり 人には同じやり方でも向き・不向きがあるのかもしれませんね。
……とりあえず 流石に過去問解き始めてますよ??  センター。

<漢文>
去年は 他に比較対象が無く そもそも学校で漢文ほぼ皆無だったので
結構絶賛していたような気もするのですが 流石に別の人から
まともに漢文1年間教わった後になると いろいろと見方が変わりますね~

去年も同じ人から教わっていたような記憶があるのですが
見事に「結構頑張っても暗記ができない」宿命を背負っている人
――で 結構そんな人って理系の比率が高い(イメージ)みたいですが――
にとっては 全くあっていないんじゃないの??  これ みたいな。

口に出して10回読んで そしたら記憶できるなんて皆が皆そうじゃないから。
……そうだったとしたら 苦労しないから。  そして そのノリで
数学とか理系教科までも持ち出して欲しくないから。  他の畑まで荒らさないで。

……と まぁ そんな感じで 結構俺様キャラで
自分勝手な部分があるのではないか~  なんて 余計な事まで考えた次第です。

……はたして…… 受けても受けなくてもそう変わらなかったのかもしれないな←オイ

TOP