最近(ダイジェスト的な?)

2011⁄12⁄15(木) 00:00
なんでこんなの撮ったんだ
ここ最近は 予備校の事書く以外は
本当に無理して引き延ばさない限り
マジで 書くこと無いので ふと
何かピンと来て手元に携帯がある時には
とりあえず 写メを向けてみることが
ここ最近はあるのですが……。

――正直 後からどう考えても
理解できない状況に陥ることが
しばしばあるのはこれまた
どうかって思ったりするんですよね。

……某日 多分 こんな写メPCにおくってフォルダに入れていたようなのですが
後日 そのファイルを見て「これを使って何を書きたかったのか」
というのが 全く分からないという状況。  ついでにこれはただのスクリーンセーバー。

多分 頑張って頭ひねってみても「なんだか 渦巻状に結構綺麗に渦巻いている」
……のが 一部見えたりしますから それに関してなんだかんだ言おうとしたのかな。

このへんのスクリーンセーバーって 毎度毎度違う画像が出来あがりますが
その辺の規則的なものを ちょっと理系的思考で考えてみて
事なるパイプ(又は 一つの延長線上的パイプ)が 綺麗に並んで
渦を書くような構造をとるような組み合わせって 結構貴重なのではないでしょうか。

――とか 書こうとしたのかしらねぇ。  全く分からん。  謎だ。

やっぱり 基本的には 感動というものは引き延ばせるような物ではないんだな……と。
――まぁ その「カオスさ」語るだけでも ある程度は場所つぶせるから
一種 記事ネタ考えなくてすむのは僥倖なんだけどさ。  (もう 中身は気にしない!)

まぁ この時期の受験生となると 基本的には日記なんて書いている方が
少数派になるわけですから それでも 中身を問わず記事書き続けているって意味では
結構イレギュラーな存在になるのではないでしょうかね。  自分。



――あ。  扱いに困った画像をてっぺんに貼り付けても
以外と 行ける所まで行けるんだな。  文字数稼ぎ的には。

……と 言うわけで こんにちは。  最近は予備校の行き帰りくらいしか
やることやっていないような気がする そして 勉強日記などには
できるだけしたくないというイメージで 日々 ネタ探しに奮闘している(設定)
最近 やっと危機感が出てきたような気もしなくもない のっぴぃです。

まぁ あちらこちらで予告しまくっている気がしますが やっぱり
予備校系統の記事が多くなってしまっていますし その合間
できるだけ 記事の偏り過ぎを防ごうね~  程度に 日々の日記でも書いて行きます。

リニューアル
予備校の行き帰りとかで引っ張って
これるネタって 移動途中にみた
広告やらなんやらの話を書くのが
一番楽になるのでしょうね~

てな訳で 一時期結構このビルの
二階にある店舗がどんどんと
空き店舗になるような出来事が
ありまして――何となく地味で
今まで 記事としてしたためていなかったような
気もするのですが――

「あれ??  なんだか いろいろと
危ないんじゃね??(ビルの存続的に)」

とか 思ったりもしたのですが
なんだか この跡地に
結構でかいテナントがドンと
やってくるみたいです。

そのためだったのね。

流石に「来年もお世話になりそうだから~」みたいな不吉な事は書けませんが
なんだかんだで ボクの浪人生活を語る上では
表舞台に出てくることは無いけれども 大切な背景要因。

――それが終わる形跡なのではないかと 半ば ひやひやしていたのですが
なんだかんだで でかいテナントが入ってくれるんだったら一安心です。

あと この広告によりますと 地下にあるフードコートにも新しく
別の店が入ってくれるようですが どこからどう検討してみても
新しくやってくる店についても「フードコートらしさ」というのが
何処か 欠如している気がして これでどや顔されてもなぁ……って感が。

ついでに 夏ごろから「とあるカラオケ店(一応このビルの中にある)」の
宣伝専用っぽい空気を垂れ流していた このビルについている電光掲示板。

――何がどうきっかけとして変わったのか知りませんが
11月下旬ごろからでしょうか??  ぼちぼちと他の広告も入ってくるようになりました。

場所にもよりますが 駅のホームからも望めるこの広告に何故
他のテナントの広告が入ってこなかったのか……おそらく
ヤケに広告料が高かったとかその辺なのでしょうが 他の広告も来てくれたおかげで
「遊びたい」けど「頑張って我慢している」ボクの気持ちに触れるものが薄れた感が。

先日は ヤマダ電機(と思われる)広告も流れていました。
――こう いつも同じやつ見せつけられ続けていたから 何となくほっとした。



そう言えば 基本天体好きなボクがスルーしていましたよね。  月食の件。
個人的には 確か小学校二年の時 自由研究の為に月食に向かって望遠鏡向けて
それについて書いて それなりのところまでもっていった記憶がありますね。  確か。

……で そんなボクが――将来 天文学に関わろうとするボクが――
これほど静かだったのも……って 自分で書いてみて思ったけど思いあがり過ぎですね。
単純に 勉強が忙しくてそれどころじゃなかったってだけです。  ハイ。

まぁ 根も葉も無いこと言ってしまえば 月食も日食も
毎年世界中の何処かで起こっているのだから~みたいなこと 書いてみる。
……とはいいつつも 流石にチラリとは確認してしまった部分もあるので
まぁ あまり胸張っては言えませんが。  でも なんだか興味深いですよね。

――ついでに 月食の時月が赤く色づくのは いろいろなアニメ設定に
出てくるようなことよりも 主に「夕焼けと同じ」といった方が
結構 科学的に適切に言えているのでは無いでしょうかね。  物のついでですが。

まぁ そんなこんなで 月食については 夜通し観察した記憶もあるし
とりあえず~  みたいな感じですが 個人的には日食は未経験ですし
おそらく 太陽が欠けるのって結構大がかりなような気もして気になっていたりします。

……そう言えば 日食と言えば「悪石島」なんてのもありましたっけ。
――自力で漢字あっているか思い出すのも面倒なので 違ってたらすいません。

将来 まともな立場になって それなりの天文台かなんかで
こんな感じの天文現象なんかを胸張って仕事として携わっていけるようにも
やっぱり 少々の犠牲は作らないといけないですよね。  この意味でも。

――まだ 志からは程遠いですが 最後まであきらめないようにしなきゃ。

TOP