道半ば

2011⁄11⁄15(火) 00:00
実籾
キリ番22222踏んだ方 いらっしゃいましたら
お知らせいただけると ボクが喜びます。



さて 実情的な意味では
一日間開いてしまいましたが。

前の日曜日には 神戸大学
プレ模試がありました。

やっと 受験生らしい記事が
まとまりだしているような気がするが
また明日には元に戻っているかも
しれないけどね。  うん。

一応↑の挨拶?  のところには「目指せ神大」なんて書いていますし
最近――は あまり書いてないかもしれませんが 今のところ
志望校の方は神大 すなわち「神戸大学」志望ということで。
……もっと細かく書くと 理学部地球惑星科学科志望ということで。

――で 実際にはどうなのかな~  って 考えてみると……。
――うん。  まだ 努力の余地はまだまだあるよねっと言うことで。

……さて では 模試の云々書く前に 日記っぽいこと先に書いておこう。
愚痴書いたりするのがボクのこの日記書いている目的の一つだもん。
――先に 愚痴の成分作って置こうって思ったりね。

さて 予備校専属・浪人生になってから実は初めてじゃないかな~
――って 思えるお話がありまして 外部会場での開催でした。

確か 去年受けた「神戸大学プレ模試」の方は
河合塾津田沼校(当時はまだ 千葉現役館所属だったのでアウェーだったのですが)で
やられていたわけなのですが さて どんな流れなのでしょうか。

基本的に 予備校で受け付けておけば自分の校舎でできるのかな~
――って 思っていたのですが 実はそうでもなかったみたい。
……おかげで ちょっと面倒くさい動きを朝からしなきゃならなかったと不満たらたら。

――ついでに その移動の間 結構電車で東京に出る事あったのはありましたが
「京成線(私鉄)」使った覚えはあまり無かったな~  って 事
どうでもいいですがふと 自覚したな~  車窓がめちゃくちゃ物珍しかった。

――一度 私鉄で東京まで往復してみるのもいいかもなって思いました。
少なくとも ボクの周りでは 私鉄使うよりもJRで全て終わらせる方が
おそらく 金銭的にも時間的にも簡単に上がるんじゃないかな。
その意味では 関西とこのへんは全く違うんじゃないかな??

閑話休題。  なんだかんだで 実籾駅近くの試験会場に着。
その途中で 腕時計をもってくるのを忘れた……と いうか
ちょうどいい腕時計を自分がもっていなかったということで。  ――ふむ。

まず ボクが去年嬉々として使っていたお気に入りに使っていた腕時計が
秒針が「取れる」という これまた良くわからない壊され方をしたのと同時に
同じようにもっていた 別の時計が ぼろぼろ装飾が「落ちる」という。

受験生的に「何か不吉だな~」って 思いたくなるような状況になりまして
なんだか みすぼらしいような外見になったから~  だけでは
説明できない何かがあったりしたわけですよ。  まぁ この気持ちわかりますか?

――で その試験会場 時計がないと。  しかも ボク一番前の席と。
オワタ。  なんだか 時間的な意味でも結構オワタ。  終了のお知らせ。
……とまではいかず まぁ 大体感覚もありますし そこまで一秒一秒
几帳面に元から考えているわけでもなかったので(←結果的に敗因の一つ)
そのまんまで行く事に決めました。  まぁ どうにかなるでしょうって。

愚痴その二。  椅子とか机とかの装備が素晴らしい。  本当に素晴らしい。

グレード的には おばあちゃんとかがたまっていそうなゲートボール場などで
「コカ・コーラ」とか 広告が載っていたりするベンチがあったりするじゃないですか?
――で それのグレードをさらに下回っていたような感触でしょうか。

イメージ的には 地方(人口10万行かないような地方都市みたいなイメージ)の
野球場の観客席のちゃっちいベンチを木で作ってみました~  みたいな
かなり 質の低いグレード。  ついでに 机のグレードもそれに近い。
無駄に音が響く。  少し動くだけでもキィキィ音が鳴る。

――何よりも 固い。  クッション敷いてもかなり尻が痛い。
……コンディション的にも ひとまず 結構最悪だった感じです。
――将来は あんな設備の大学には行きたくないなと思ったりして←

景色なんだか
まぁ 周りの景色は結構いい感じだったからな~  なんて思ってみたり。
……だから お前は一体何を書きたいのだろうか。  おいおいおい。
――記事の適合性が取れないのは ボクにはよくあることです。

あとは 試験監督が なんだか 一種 社会の縮図をあらわしているような感じで
今までの なんだかんだで 試験に集中しにくい(言い訳)環境で
この人間劇を楽しんでいたら……  この先はまぁ わかりやすいかな←

いや~  でも あの女性もかなり 冷たいなと傍からみても思いますがね。
……えぇ 当然 独りよがりですよ。  えぇ。  ……すいません。

で 模試の内容ですが 何度も間に挿入しましたが とりあえず散々。
――まぁ ここでできたとしたら それはそれで変な自信にあふれて
自爆するような気もするので これはこれで良かったのではな~  とか。


数学→
微積分などで計算間違いやらかした気がする。  てか 結果がおかしい。
――計算間違いじゃないと 相当意気地が悪い人が作ったことになるよね。
……って 事には考えにくいので 確実に 計算間違いしているだろうね。

英語→
単語が貧弱。  残りセンターまで約60日。  どこまで伸ばせるか。

物理→
思ったよりも 期待したよりは……ね。  まだまだだな。
――もう少し 確実な得点源といばれるまでは努力が必要だろうな。

化学→
……。  いろいろと反省点が思いつくのですが。  うん。
ひとまず 「付加反応」させるはずが 残されたメモをどうひも解いても
「加水分解」に試行錯誤した挙句大炎上しているようにしか見えないのですが。
……これ 普通に考えてもどう考えてもありえない間違いですよね。



――みたいなわけで とにかく 様々な科目で反省点などが見つかったわけで。
とりあえず 今後の土日……だけではなく 予備校生活全てをかけて
この今日新たに発見した問題点を一つ一つつぶしていこうと思うわけで。

やっぱり「大学プレ模試」ということで やらなければならないことを
基本的に ピンポイントで押さえてくれているはずですから
他の模試と比べて この間違いからえるものは大きいはず。

――残された時間は少ないんだから。  頑張って行かないと!!!



書きあげた後に思ったけれども 椅子が云々って話題
写メ取って「ドヤ顔」しておけばそれで済んだだけかも。

――いや でも 某大学を名指しでけなすようにも見えなくもない??
――なかなか難しいですね。  泥沼に入りこもうとすると←

TOP