気持ちではわかってるつもり

2011⁄10⁄26(水) 00:00
何処かにている01何処かにている02
ふと この骨を被りだすようになってから初めての全国大会で
思ったことがあるのですが どことなく この二つ 似てません??
恐竜検定のシンボルと この 骨のかたちというかなんというか。

そして 勝手に批評っぽいことしてみますと これだから
恐竜検定に出てくる 骨の色はどことなく黄色っぽいことになっているんだね!!
……で このおかげで このへんの正解率が最近上がってきて
全国大会 地味に 不利になっているということに気がついたのはつい最近。

天文検定も含めて このへんが無かったならば……って 思ったり。
――始まる前は正解率30台だった問題が 今気がついてみたら70台だったり。
……これが過ぎると どうも このへんの数字がおかしくなるよね。

……ところで どうでもいいですが 何となく シンボル銅色に見えますが
一応 過去にも書いたように 恐竜検定はS行ってます。
完全に 文章稼ぎに見えるかもしれませんが まぁ 一応。

割とグロいと噂になっていた 今回の二つの検定の内
しっかり 片方は確保できたんだよと ライトなりの主張をしてみる。

……次出てきた検定ですか??  多分 やる間もないでしょうね~
受験にしっかり 集中して行かないといけないのが目に見えてますから。

――今後 文系その他にこのへんの問題が多発するんだろうな~
アイドルは なんだか 過去にもあったよね??  確か。



さて 先日 ボクがいつも使っていたホームの方で大会があって
規定人数を大幅に下回っていた(らしい)のですが……
……見事にスルー。  前にも触った気がするが ルールが厳しいし。

……と いうか 当日 勉強の合間に寝ちゃってて
仮に 出ようと考えていたとしても 気がついた時には受付終わってたし
――と なんだかんだ言っているけど どう頑張ってもいばれることではないですね。

やっぱり 聞いたところによりますと ルールの方は相変わらず
くじで引いた二つのジャンルのどちらかを選んで出してね  とのこと。

正直に できるものとできない物の差が激しいボクにとっては
理系を確保でき 尚且つ 芸能とかその辺の苦手な左辺の何かを
握りつぶさない限り 「悲惨な結果」を晒すことになるのは必須と。

――ちなみに 社タイの方は個人的に かなり自信を持っていないので
仮に 出ていてその時に社会が割り当てられたのなら ダメ元で振るけれども
そうでもない限り……みたいな完成度と自分は思っております。

そして 今回の場合は 参加者がそこまでいなかったようなので
予選ラウンドで3試合やって その結果を総合して結果を出したようで
――まぁ 店内対戦って一回当たり10分くらいかかるじゃない??

仮に ここで参加していたとしたら これの3回分……で 一周が4回だっけ?
――明らかに 相当な時間をとられることを考えると
「寝過ごした」様な雰囲気でしたが まぁ これは良い方向性だったかと
……思っておくことにします。  如何せん 忘れそうですがこいつ 受験生。

――ちなみに 「寝過ごす」様な状況を起こすということで
この日の勉強のコンディションは「最悪」だったということで。
……まぁ こんな時には QMAとかして~  みたいなテンションのはずですが
ひとまず こんなでしたしね~  さてさて。  まぁ しょうがない。

――なんて 考えてみたけれども この対応からしてそろそろ
なんとかして行かないとまずいんだろうな~  なんて 思ってみたり。

……こう もう少し建設的な暇のつぶし方その他を考えて行かないとかもです。
――ひとまず 今のところは 新書やその他が当てはまるかなとか考えてみたり。



……だからと言って 音ゲーに逃げるというのは 何かが違う気がしますが
今日は 写メそこまで使わずに記事を書くという流れになったので
――全国大会のネタ どのように使うか思案中なわけで――
まぁ 記事の方向をこう定めたということで まぁ しょうがないかな~

一応 最近 リフレク……は 一種 見切りをつけたというか
「いろいろと乱舞するのに慣れるのに時間がかかる」傾向があるボクとして
あまり 向いていないんじゃないかな~  と 思いましたので。

一応 今までは――と いうか KONAMIのデータを一括して
Suicaに入れたあとは――指とかができなかったのでやっていたという感触でしょうか。

ちなみに 何故指をやりだしたのかは まぁ 友達に触発されて。
……特に 深い理由は考えてみたら そこまで思いつかなかったけど
まぁ 当時はまだ 吹奏楽も並行していたし 何かが疼いたんだろうね~

閑話休題。  まぁ 吹奏楽経験していたとしても ちょっと音ゲーに関しては
そう 簡単に行くもんじゃないということを思い知った次第で
普通に まだ カードを使ってやっている以前では レベル7と8の間に
なにか 大きな壁を感じて そこで 大きな違いがあったような気がしましてね。

ここ最近も まぁ QMAが行き詰った時にちょこっとやったりしますが
――一応 なんだかんだ言っても ボクにとってはこの分野においては
QMAがメインというのは事実ですので――半年近くやらなかった期間がある割には
現在は ある程度 成長が認められる部分があるんじゃないかな~  と。

まだ「完全に」と 言い切れるわけではないのですが
ここ最近は なんとか8くらいまでは 大体対応(クリアするだけという意味)
できるようになってきたということで まぁ ある程度は……ね??

ただ スコアの方はなかなか安定しない部分がありますので
「完全解消」とまではいかないわけなのですが 一つの壁は越えたかなと。

まぁ それでも相変わらず 爆発することもありますので この方向の目標として

①ランダム7・8で自爆しないようにする(←未だにたまにやらかすので)
②A・S程度が取れるこのレベルの曲を増やす

  ……のを 目標にしたいと。

……なんてこと 書いてみたらこれからも遊び倒すように見えますけど
なんだか さっきから話変えるたびに最後にこう書いている気がしますが
やっぱり ボクの立場が立場なんで そして 優先順位は変わらない気がしますし
だとしたら やっぱり 結構優先度は低いんじゃないかな~  みたいな。



なんだろう。  ゲーセン系統の話を写メなしでやろうとすると
何処か すかすかになっているような感触がぬぐい切れないのは。

そして やっと QMA記事も表面上222。  ちなみに 余談フォルダも22個目。
――去年書かなかった分 ちょっと 偏りがあったのが気になって 最近は
写メの要領を無駄にデカくして 記事増産中でございます。

――まぁ これで一日潰れてくれると 毎日更新ペース的にはかなり ありがたい事だったりします。
――うん。  ちょっと 面倒くさがっているのかもしれないよね。  認めるよ。

TOP