Happy Halloween!!

2011⁄10⁄31(月) 23:55
なんだか 編集画面の方に超久々に書きこむなといった感じで。
どもども こんにちは。  11月記事の頭もそうですが
ちょっと 個人的には ここ数日の記事のいじり方が若干
イレギュラーかな~  みたいに 思ったりするのですが。

――それは 明らかにこっちの話題。  まぁ わざわざ記事つぶした理由書きますか~

本日は ハロウィン!!  ――と 言うことで
基本浪人生のボクから この先どう頑張っても
ハロウィンらしい記事ネタも提供できない気もするし 結局出来ないしで
なんだか 不完全燃焼がおこりそうだったハロウィンですが。

そもそも ネットとかで「トリック・オア・トリート!!」って打ち込むのは楽ですが
実際生活の中で 大人を脅して もらうなんて そんな事ねぇ。

――今年の場合は なおさら「脅す相手すらいない」というのが現状だからねぇ。

想いだしてみたら まだ高校生時代の時には ノリのいい高二の頃の担任(英語)は
言われた相手に「後日チロルチョコあげるよ」みたいな約束はつけていましたが
考えてみたら 過去思い出しても ハロウィンらしいネタって これくらいしかないなぁ。

――まぁ でも 逆に考えると 今日予備校で 後輩にせびられている浪人生
……みたいな光景はみましたが 残念ながら そんなかわいい後輩は
少なくとも ボクのすぐうしろには来てくれないのが事実だったりね(しみじみ)

さて この日記に来ていただいた方には ちょっと 驚いてもらえたのならば
こちらとしても企画した甲斐があるのですが(とはいっても思いつきレベル)
テンプレを変えさせてもらいました~  ――基本 今日だけという体で。

……とはいっても ボクの記憶が正しかったのならば
今日張り変えたテンプレは 去年も同じような事考えて
そのあとにひっそりと残されたハロウィン用テンプレだった気が。

fc2のばあい 探そうと思えば 結構それなりのテンプレが見つかりますし
それを 気分で掘り出そう~  みたいに思ったら。  みたいな根も葉もないことを書いてみる。

去年は去年で その時に若干サイズ関連とかいじったりして
(↑このへんがちょっと 不得手で 多分 いろいろと関わる部分は無いと思うのですが。)
できるだけ 変な部分が出来ないように頑張ってみたような記憶があるのですが
今年は それを思いつきレベルで試してみたので なんの手も加えなかったことになるのですが。


――うん。  なんというか 結構ボロが出てるよね。


そんなわけで 来年あたり(正確に書くと 浪人終了後)に時間があったのなら
このへんの細かいところとか修正するか 又は 新しいテンプレ作るとかして
手抜き感とか その辺を直していけたら 個人的にも嬉しいな~

――みたいな お約束みたいなのとりつけておけば これから自分頑張れる気がするんだ!!!

……うん。  なんだか 途中で書く内容がすり変わっている気もしますが
なんだかんだで このような使い方も悪くは無いんじゃないかって思い始めている。



そんなわけで 単純に「しっかりテンプレ変えたんだぜ」ニュアンスのお話と
なんだか ちょっと 気分的にこの先にやりたい事を適当に綴っただけですが。

――あと 今月余計な記事書かなかった気がするから それ補充的お話までで。

……それにしても こっちに直接書くと なんということでしょう。
このボクでも 結構早めに記事終わらせようって気分になるね。  なんでだろう。


あと コメ返はこの続きに。

TOP

ハロウィンネタにしたいけれども。

2011⁄10⁄31(月) 00:00
ハロウィン
トリック・オア・トリート!!!
お菓子くれなきゃイタズラするぞ!!


……なんて ぶっちゃけて今だったらやられてもいいな
――逆に やられたいな~
なんて 精神構造が若干おかしくなってる??

――いや ほほえましいのだったら
別にこれでもスタンツはいいのか??  ボクです。

まぁ 日本だったら ハロウィンでも 仮装して街歩いたら
――これくらいの年代にまだ 至っていなかったとしても――
確実に 痛い子扱いされてしまうでしょうからね~  しょうがない。

……ぶっちゃけた話 もはや それやろうとしたら
ボクの身の回りだったら QMAとかのカスタマイズでいじるしかないだろうな~

まぁ そんなわけで ボク自身は仮装大会に参加できない。
だから お菓子もらえない。  そもそも対象年齢はみ出してる。
そもそも 第一前提として ボク自身浪人生だ。  ……と 言うわけで。

なんだか 日付のノリで ハロウィンっぽい話題書けないかと頑張ってみたけど
よく考えてみたら これ 数行でお陀仏になる話題だったわけですね~
――だって これ以上細かい事書けないよ??(←それはそれで悲しいな。)

せいぜい カボチャ料理がうんたらかんたら~  くらいでしょうかね??
……まぁ だからと言って ハロウィン以外にも とくに冬には
かぼちゃの煮つけのような物 出てきたりするので 特に 不思議な事でもなく。

――特筆して記事に書くことでもないよな~  と ボク的には思います。
……と 言うわけで 早くも心が折れましたので
普通の日記っぽい事をつらつら重ねて行きたいと思います。

ハロウィン01ハロウィン02
※まぁ 家の中を見回してみたならば 妹の手によるもの……らしいのですが
リビングなんかにはちらほらと ハロウィンを意識した装飾が
ところどころにちらちらっと見えたりすることはあったりするのですが……。

まぁ これはこれで ボクが気がついたら なんだか 妹が
ポチポチとそれらしいグッズを眺めていた……くらいの感触なので。

どうでもいいですが ボクと違って英語大得意な我が妹は
このへん 結構外国かぶれしている部分がありましてね~  地理の知識全くだが。

……この意味では この二人を足して二で割ったら いい感じで
ツアーコンダクターに向いた人間が出来あがるのではないかという
噂が親族の間で上がったり上がらなかったりするという事を聞いたような聞かないような。

ただ ボクは残念ながら こんな感じで傍観者なので
このへんの話題にこれ以上 深くつけいる場所が無いというのもこれまた事実。

……まぁ ちょっと首突っ込みたい場所が……と 言えば
これらの道具 一体どこから持ち出して来たんだろうって疑問とかですか??
――自費で買うのには また バカバカしいものに思えるんだけどなぁ……。



さて ここ最近 ハロウィンが近くなってきたからなのか
――と 言うより そんな理由ではないと思うのですが 家の中で
やたら 蜘蛛を見かけることが多くなった我が家です。

この蜘蛛は 全体的に大きかったり小さかったりすることもあるので
多分 同一個体……と 言うことは無いのだとは思うのですが
さて どうしてなんだろうな~  と 気になるところ。

ついでに 蜘蛛自身の姿はよく見るのですが それが張った巣の方は
あまり見かける機会はそこまで多くないな~  という印象です。

ひとまず もう 追い出すのも面倒くさい程なので ボクのスタンツは
基本 放っておく……のですが まぁ 基本的には 侵されたくない場所
――人によってはしょうもないと言われそうですが
例えば「フィギュアのスペース」をはじめとしたアニメ系統の場所でしょうか??――
で 発見した時には 徹底的に排除にかかります。  ……殺さないけど。

そう言えば これらが原因って事ではないと思うのですが
ボクが覚えている限りでは 少なくとも小中学校時代までは
どんなに小さな蜘蛛も怖がっていた我が妹も 気がつけば
蜘蛛を見ても平然としてられるほど……みたいなことになっていたなぁ  なんて。

いや~  いろいろと見える所でも見えない所でも成長しているのでしょうか。
――まぁ ボーイスカウトやらなんやらで 野営する機会が増えて
その結果 なんだかんだで慣れたという説が有力みたいですが。

……でも 気がつけば 初夏にあったゴキ騒動も鳴りをひそめているし
その子供とかをこの蜘蛛達が狩ってくれているのではないか~
――なんて 考えているのはおそらくボクだけだとは思いますが
まぁ このへんをあまり見なくなったのは 個人的には嬉しい限りです。

……まぁ ゴキか蜘蛛かという二択は これはこれで
悩む部分もあるような気もするのですが……  細かいことは考えない。

――ついでに 虫ついでですが 今年も結局ボクの場合は
蚊に悩むこと無く 二年連続で今年を終わらせることができるかもしれません。

……と いうか この蚊に関しては 刺されてもボクが気がつかないような
体質になっているんじゃない??  みたいな説もここまで来たら上がってるのですが。
……まぁ 一応 悩まないという事実はこれはこれで良いので 放っておきましょう。



なんだか つい最近まで 我が妹が定期テストだったらしく
家族様々な人間から いろいろな知識を絞りとっていましたね~  妹。

――これ見ながら つくづく 妹の立場っていいよな~  とか思いながら。
ちなみに ボクは化学と数学教えてました。  自分の勉強のまとめにもなりますし。

……この光景を見ながら 母がポツリと漏らした一言。
「あんたと違って あの子はテスト勉強決行しているはずなのに
あんたが 部屋でテスト前日に転がっていても どうにかなるって気がするのに
あの子が勉強している姿を見ても 何故か安心できないんだよね~」  だそうな。

……まぁ ボク 現役時代は勉強サボりにサボっていた事実がありますから
この点については 至極ごもっともですが……  我が妹よ。

――あれ??  つまり ノー勉で何食わぬ顔していたって事は
現役時代 もう少し勉強していたらこんなことにならなかったんじゃね?(発見)
(↑わかりやすく なんだか 高評価頂いた途端調子に乗りました)

TOP

某日、某「受験生らしいこと」

2011⁄10⁄30(日) 00:00
どもども~  未だに 過去の模試の復習すらまともにできていないんじゃないの……
――なんて 超基本的な命題につい最近まで気がつかなかったアホです。
――と いうか とうとう 一人称が「アホ」になってもおかしくない域です。

……うん。  あいさつののっけの文から一体何暴露しているんだろうね??

とりあえず そんなわけなので ボクの場合 他の予備校の模試とかを
「たとえ 神戸大学のオープン模試だったとしても」受けられる余裕はないだろう……
……その時間も 今までの復習に必死で当てたい。  そんな気分です。

と いうか 先日友人とメールしている最中に その模試の名前飛び出してきても
「即座に反応できなかった」という まぁ 浪人している割には
この業界の用語を全く理解していない世間知らずという意味でもあるのですがね。

一応 英語とかも死ぬ気で復習している……つもりだったのですが
つい最近から とうとうテキストからテストゼミ形式に変わってしまった
(元々そんな仕様)「英文法・語法」の問題で 既出の問題でも
平気で不正解かますような人間が 死ぬ気で復習していると言えるのでしょうか。

――一応 この授業については長い時間かけて「ポイントノート」を
まとめてはいたのですが 問題演習はまた別だったということでしょうか。
……まとめている時間を少し 過去のテキスト問題復習に当てた方が良かったかな。

そんなわけで 確か 予備校生になった時には「文法は大丈夫。要は単語だ。」
なんて 大逸れた事ほざいていましたが これまたつい最近になって
自分の本当にわかっていなかった場所がどこにあったのかの
「片鱗」をやっと味わうことができたのかもしれないなと思いながら。



……と いった具合で 今日も予備校関連の話題~  ……と 言うより
この時間軸で言えば 先日ボクが受けてきた模試の話 ちょっと頑張れば
それで 結構な文の記事書けるんじゃね??  と 思いたったが吉日。
ちょっと 受験生らしいことでも書いてみようかと。

――多分 関東の現役生&一般生は 今週末にでも 同じ問題
模試でやることになるんじゃないかな~  といった マーク模試です。
……情報によると すでに 関西の方では終わっているんでしたっけ??

本題入る前に関係ないことに首突っ込みますが 同じ「河合塾全統模試」と
銘打った模試でも やる地域によって その日付とか順番とかは
結構事なってくるみたいですね~  意味ない感動。

……さて これだけグダグダしている様子を垂れ流しておけば
近いうちにこの模試受ける人は ここまでスクロールはしてこないでしょうwww
――ちょっと ふざけたノリでも書きすすめられるね。  ウシシwww

まぁ 書けるものメインで書いて行きますか。  英語の問題の話。
――まぁ 前述の話もありまして 文法問題(前半)は課題です。
……この週末も おそらくこのへんの補充をやることにもなりそうですが。

何となく とある問題の文章を読んでいたら ビッチ(の卵とでも言うのでしょうか)
のような人間が出てきたのですが さて これはこれは……。

センター試験の中に出てくる 二人の人間の視点から同じ現象を見た英文を読んで
これを読んだ内容から問題に書いてある答えを探していく~  みたいな問題で
ざっくり書くと「デート」の話題で 話主は「男」と「女」。

――でも まぁ 女の文章の方 何となくビッチっぽいんですよねwww
この流れで ちょっと過剰修飾気味かもしれませんが その文章の粗筋を日本語で書くと
男がしつこいからデートしてあげた。普通に興味ないんですけど~
→ナニ あの服のセンスありえな~~い  理解できな~~い
→怠いから ハンバーガーショップに行ったとき 友達と楽しく電話
→映画 マジだるい→ナニ その雑談。もっとマシな話題無いの??ウケる~~

ちなみに 同時並行していた文章の中では 男 デートは大成功だと。
彼女の株上がったと 超浮き上がっていたような感じですがね。
――一応 この流れで 女 しっかり 貢物(何かのアクセサリー)もらってるし。

……この視点の齟齬について考えさせる問題の答を訂正しながら
「三次元女子」に対するアレルギーが強くなることを感じました。
……ビバ 二次元。  二次元だったら こんな風に騙されることは無いよね!!

ひとまず 最初は「リア充乙~」みたいな空気で読みだしていたのに
最終的には 男の方にちょっと同情しかけたボクがいます。
……が まぁ ボクの英語力ですので しっかり把握出来ているかは謎。

――あ。  さっきも一応入れておいたつもりですが 上の粗筋
ちょっと オリジナルと違う部分入れてありますが まぁ これはわざとですので。
……でも 大まかな流れは変わらないから ボクの感じたことはわかるかと。

……その他のテスト内容の方ですが 特に 午前中にやった文系の科目の方
――結構 爆死したんじゃないかな~  と 踏んでいるのですが まぁ。

「爆死した」と 表現するからには まぁ それなりの反省する部分があるわけで
前日の夜 「そう言えば 受験届けどこだっけな~」と 寝る直前気がついたわけですよ。
→記憶していた場所にない  →当然 のっぴぃさん 大慌て。

……結局 夜 探しまわったのですが それはいつもの就寝時刻の1時間後まで。
――翌朝も ちょっと早く起きてそれを探したけれども見つからず。
でも ボクが反省したいのは ここでこれが見つからなかったことと厳密には関係なし。

……このおかげで 随分と睡眠時間が削れてしまったのですよね~
――その後の流れと ボクが反省したい事の流れは 大体わかるでしょう。
「午前中 めっちゃ眠くて 全く頭働かなかったよ根畜生。」

なんだか 地理でさえも なかなか微妙な感触がまだ手に残っているのは
CISの知識を頭にストックしきれていなかったのが理由なのかこの不完全燃焼なのか。
……ついでに 国語もかなりできなかったような気もするし。
――挙句の果てには リスニング 聞きながら意識飛んだし。

あと 最後の理科は試験監督が超グダグダで かなり悲惨だった。

生物と地学の問題を大量にもってくる一方で 物理化学の問題が圧倒的不足。
――しかも ボクら地学生物使わないのに問題配られて 要らないと言っても聞き入れず。
……そして 解答用紙を間違えて指定して 挙句の果てに理科一科目の人涙目。

――何より アナウンス聞くところによると 完全にマニュアル通りじゃない。
……マニュアルの大切さというのがよくわかった某日模試でしたとさ。

模試が終わってボク等が掃けるか掃けないかの間際に入ってきた
いかつい顔したでっかい人 もしかしたら あの人たちシバキに来たのかな。
――模試の監督って 結構いい仕事らしいですけどね~  さてさて、

TOP

あくまでも「鍍金」です!

2011⁄10⁄29(土) 00:00
61
基本的に ボクの暗算の精度とか
その辺はかなり 自信がありません。

――と 言うわけで QMAの問題の中で
こんな感じの計算問題が出てきたときは
とっさに考えるよりも そのタイミングでは諦めて~

……みたいなスタンツを取った方が
結構確実だったりします。

――そろばんとかならっていたならば
このへんもすぐできるのでしょうがね~

――そして その後の問題を解きながらふと この問題について
例えば「12と15の最大公約数――60――に1足してあげればいいんじゃね?」
とか その計算法とかを 唐突に思いだしたりする時には 脳細胞に殺意がわきます。

……だからと言って 実際にやっちゃったら それこそ取り返しのつかないことに。
……おっかないおっかない。  だから できないのかな。  思い切った決断。

まぁ QMAの場合は このへんの計算問題 とっさに出て来た数字に関して
そうと納得して 何も言わずに計算を静かに始められる素直さというのも
結構 重要なテーマとしてあげられるのではないかな~  とか
しみじみと思ったりすることがあるんですよね~  問題読み取り能力??

ボクの場合は 受験生ですからこの能力について考察する機会はそれなりに多いのですが
結果的に 理系にしては致命的なほど この能力が欠如しているんじゃね??
――とっさに数字提示されても それ 冷静に計算とかできないんじゃね??

みたいなことを まぁ 感じずにはいられなかったような事もありまして。
こう 数学のQMAが飛び出して来た時の最初の対応が「!」で始まる間は
受験生という意味でも 結構 修羅な道になるんじゃないかな~  とか。



……と 言うわけで 先日 模試の直後に全国突入したら
これでもかとばかり 悲惨な目に合って
模試のあとにはQMAをやるべきではない。
――だって 頭がつかれているんだもん。  と 言う 基本的な事を学びました。

なんだか リアルな時間軸でも 最近予備校の話題かQMAの話題しか
ぶっちゃけて 書いている気がしないボクの一日はどのように。

黄金黄金02
……なんてことは良いとして ひとまず なっちゃいましたの報告を。
――そりゃ 基本的に石とかかなりばらまかれている全国大会を
プレイしてみたりしたら まぁ こうはなりますよね~  うん。  黄金さんです。

先日は ボクにとっての過去最高段位を更新して反省して
Ⅵ時代の石の数を上回ったところで ちょっと 考え直して
そして 今日は その上の階級に上ったことを報告しているボクです。

ここで 皆さんに質問です。  ここでボクがとるべきリアクションは?
①やったーです。  ②ありがとうです。  ③お疲れ様です。
④仕方ないです。  ⑤ごめんなさい。

……制限時間は一世紀です←

――と 言うか 一世紀あとにボクがこれみれていたとしたならば
「あの時はなんとアホな事をしていたのかのぉ……」みたいな批評しそうですが。
――さて やっぱり 自分を抑えきれていないと判断してよろし??

とりあえず 白銀十段になって「デス・スター」が現れてから
記事的な意味でも まぁ そんな塩梅で 結構もたせていた気もしましたが
とりあえず 現在は 黄金に上ってしまった事実は変わりませんよねと言うことで。

――せっかくなので この「白銀十段黄金初段」の間における
ボク個人の体感としては 「キツイね。  デス・スター」といった感じ。
……これ 白金になった人たちが道半ばで心折れる片鱗がわかる気がします。
――だって これの二倍稼がなきゃいけないんでしょ??  さらに二倍。

とりあえず 「浪人生」――しかも「理系・国立志望生」として
元々 様々な意味で不足気味だと世間でささやかれている時間を
このような階級に上がってしまうまでにつぎ込んでみたりしている……

……ちょっとまわりくどく書いたような気もしますが これはこれで問題じゃね??
――一応 浪人生サークルでは ボクのはるか上を行く人もいるようですが
人のことは人のことです。  とりあえず ある意味問題だ。

まぁ ここに来たらここに来たで 一つ?  安心できるかもしれない
――実際に思ったようにボクの精神が動いてくれる確信が無いので
曖昧な形になってしまいますが――事として このデス・スターの存在。

これからは このカードで階級を上げようとする際には
毎度毎度 この星と一度格闘した後に 石板を埋めることになります。
――で さっきも書いたように ボクにとってはこれが大きな壁……

……と 言うわけで 普通に考えたら モチベ下がってくるんじゃね??
――こうなったら その時間を新書使うなりして 予備校内で済ませられるようにして
そしたら もう少し理系浪人生らしい生活に戻れるのではないか……と。

――うん。  完璧だ。  自分の精神状態を読みこむと。
………ただ なんだか 節目になるたびに 同じような計画を立てて
なんだかんだで頓挫しているという事実もあったりしますからね(白目)

……でも 白金十段の時の まぁ ちょっと長いブランクのような時と違って
あの時には「せめて黄金にはなろう」という夢のような物がありましたが
こう 階級が「黄金初段」ということになってみると
これはこれでキリが良いような気もするし 段位を上げようと思ったら
さらに2000個近く積まないといけないということで この気分は続くだろうし。

ひとまず 楽観視とか確定したことは言えませんが
今までよりは 抑え込むのはまぁ ある程度は楽になるのではないでしょうか??
――「デス・スター」は 白銀十段の時点でも苦しめてくれましたから
いい意味で 大きな壁として立ちふさがってくれるのではないかと期待。

幸いなことにして ボクは ライトプレイヤーで 石の効率悪いですから。
……だからこそ この星に感謝して行きたいと思います。  暴走ストッパーとして。

一応 行動原理として ふらふらと引き寄せられそうになるタイミングは
「間食を買いに外に出る時」と「変える間際」ということで
これはこれで ボクの動きはパターン化されているので まぁ そんな感じ。

――でも 逆に ここまでやってしまうのはやり過ぎかもしれませんが
どっと生活リズムを変えようと思うと ダイエットでたとえるのならば
リバウンドのような反動が来てしまうというのも分かりやすい話。

最後は なんだか 欲望に負けたような〆になりますが……。
……まぁ これはこれで 一つ区切りがついたと思うことにしましょうか。

TOP

my identity

2011⁄10⁄28(金) 00:00
どもども~  予備校生らしく 予備校の先生の話とかでも
――まぁ いろいろと書けるかな。  いい加減に。

よくよく考えてみたら 予備校には毎日通っていて 平日には基本
毎日 何かしらの講義を受けているのに なぜだろう。
――予備校講師のちょっとした話とか 予備校の授業の話題とか
なんだかんだで 全く書けていないんだよな~  なぜだろう。

少なくとも 去年の今ごろは これほど毎日ブログ更新するに当たっては
何かしら ネタに困ったら 学校の話題取り出していたし
――まぁ その逆にQMA全くしなかったものはありますが――
その辺考えると 今年は今年で なんだか このバランスが崩れた気もしますよね~



ここ最近になって 二学期になってやっと 平日に授業が無くなるような
――まぁ 「間」と表現した方がいいのでしょうか??――
ちょっと 助かるような日がやってくるようになりました。  本当にやっと。

一学期は基本的に 毎日授業をコツコツと休みなしで続けられたので
しっかり 平日に休める――と 書いたら少し違う気もしますが――一日が
確保できたような感じです。  まぁ 何がともあれ やっとだよ。

――とはいえども 今月21日(金)と25日(火)は授業が無いとはいえども
記述模試やらマーク模試やらが控えていたので 正直休めた気がしない。
……かえって マーク模試をやった直後にもしっかり授業がある現実に
無駄に疲れてしまった部分もあったような気がするんですがね~

まぁ この二つの次に構えている神戸大オープンの方は
QMAの紫宝魔人と被る確率が限りなく高い半面 日程としては
11月13日と 一応 日曜日で 生活リズムは崩さずに済みそうですが。
――まぁ 個人的には ちょっと 立場的にいろいろと微妙ですね~

ただ 予備校講師などはボク達が模試でヒーヒー言っていても関係ないようで
とある授業を受け持っている先生は これを自覚したうえで
「今度の火曜日には授業ないよね~  この日 君たちは模試あったっけ??」
「……あ マーク模試ね。  気を抜いたらいけないよ~  頑張ってね~
ちなみに その間にボクは 君たちの分もディズニーランドで楽しんでくるよ~」

オイ!!!  そうだったとしても言わないでよ!!!
※まぁ ボク千葉県民ですからね~  先生もそうかは知りませんが
ここに来れる位置に住んでいるからには ディズニーにはいきやすい位置だろうと。

――まぁ ボクらみたいな立場の人間がそんなに遊んでられないよね~
……ディズニーって 前行ったの いつだったっけな~
――軽く 記憶が薄れていますが 中学校の部活のメンバーで
お別れ会として行ってきたのがラストだったっけな~  なんて 軽く遠い目を。

……まぁ ボクがこんなに位置的に遠い位置にいる理由で簡単なのは
ボクが「リア充」とはほど遠い所にいるのが一番の原因だろうな~

……えぇ。  なんだかQMAの存在で こいつ 遊び呆けているんじゃないの~
みたいな 事実が若干見えて来ている気がするのですが さてさて。
――やっぱり もう少しストレスためる方がいいのかもしれないなと思いだしてる。

――ちなみに 前 しつこいほど書きまくっていた新書の方は
一応 ここ最近はずっとかばんの中身に常に混ざっていたりはしているので
やろうと思えば この前むやみに叫んでいた内容は済ませられるんですがね~



ここ最近 ふと 気になったことなのですが 予備校の先生って
結構 様々な予備校をかけ持って生計立てているものなのでしょうか。
――ふと 物理の先生が言っている事の内容を思い出してそう思いました。

これは ボクの予備校生活だけで済むような話ではないのですが
過去 ボクが受けてきた予備校の物理の先生――あいにく この話題
物理の先生から聞き出す機会が無かったのですが――の半分が
ボクの記憶が正しかったら 教壇のかけもちをしているとかしていないとか。

まぁ 「物理だけ」というのがまた ちょっと引っかかるというか
何が起こっているんだろうな~  って 思う点ではあるのですが。
(↑「過去」別でやってたという話も時たま聞きますが それとは違うでしょ?)

そして その物理で自称している先生はいずれも 他の予備校では
「数学を教えているんだ」と自称しているというのも また 気になるところ。

……と 言うか これ ボクの視点からだからこう書かざるを得ないけれども
これを逆の視点から考えてみると ちょっと納得がいく答えが作れるのかな??

つまり 逆に「物理ができる数学の講師」が とある予備校で
「元々数学講師として」赴任していたのだが まぁ 経費とかなんとかとか
その辺の諸々の事情で 別の予備校にも掛け持ちしてみたいなと決意。

だけれども やっぱり 同じ教科だったりすると 上の方の人たちに
何か 目をつけられそうな気がするから 数学ではない「物理」という教科を
とにかく押さえまして それを河合塾で教えている……と???

だったら ボクが今教わっている数学の先生の中にも
同じような生活をしている先生が何くわぬして混ざっていることも
もしかしたらあるんじゃないかな~  とか ふと 思ってみたり。

まぁ 元々偏ったところから引っ張ってきた情報で勝手に予想立てていますし
そもそも 予備校講師の待遇とかが基本どんなふうになっているのかわかりませんし
そもそも こんな風に副収入的生活する必要があるのかという疑問がですがね。

少なくとも 人気が出ると朝からホテル生活になったりする先生もいるようですし
授業が無かったとしても 模試作ったりする人は忙しそうですし……。
人柄にもよるとは思いますが それなりに稼ぎ良いとは思うんですがね??

まぁ 三大予備校の一つと言われる予備校の授業で慣れ続けているボクだから
中小規模な予備校の境遇などを知らないだけなのかもしれませんがね~

――あと 時間とかが被りそうな~  って 思いたった時には
「T進Hスクール」などで撮影したならば どうにかなるんじゃないかな~
……まぁ さっきから好きかって書いているような感じですが。

……あ~  頑張ってみたら無理やり気味でも結構書けたかもな~
予備校生としては こんな感じで書き続けておけば 日記らしくなるかも。
――アイデンティティの喪失が最近激しい気がするのっぴぃさんでした←

TOP

都合のいいとこだけ←

2011⁄10⁄27(木) 00:00
去年の
ここ最近 例えば
理系学問のニュースクイズなんかで
今年のノーベル賞の話題とかが
ぼちぼちでて来ている現在ですが。

……そう言えば 「ノーベル賞検定」とか できないかな~  とか
期待した時代があったなぁ……。  とか そんな事を思いながら。

正直に それ作っておけば 理系をはじめとして 文系社会とで
それなりの規模の検定作れる気がしません??  なんてね。
――とりあえず 過去の検定思い返しても 物理化学の検定無い気がするし。
……そして おかげで 理系その他の弱体化が激しい気がするし(涙)

……考えてみたら 今年のノーベル賞の結果知らないなぁ……  と いうことで
とりあえず 去年の騒然となったノーベル賞の画像を載せておこうと。
メモが正しかったら 「08」。  一応 社タイのネタは結構あるので。

それにしても あまりにも今年のノーベル賞とか知らずに過ごしたので
――帰った時には ニュースでその話題が終わっているというね――
最近の理系のニュース問題はかなり 大変なことになっていたり……。

おかげで この全国大会での自爆率が高い高い……  さて どうしようか。



安定してほしい01安定してほしい02
さて 前回のQMA記事では 気がつけばこのへんの話題書かなかったので
……と いうか 何となく撮りためていた全国大会の話題を
それなりにさっさと消化しちゃいますかというお話だけ。  別名 世間知らずの自慢。
――えぇ。  これやるたびに 世間から見るレベルが下がっていくことはわかってます。

まぁ そんなわけですが 時たまにはこんな回もありますよということで。
――一応 天賢者踏めたのは 様々な運が良かったからということですよね。

……ちなみに だからと言って 理系が特別多かったってわけじゃないので
全体的に「正解率低いけど ボクがわかる問題」とか「難度が高い社タイ」とか
――ほら タイピングって配点基本高いじゃないですか――その辺で
いい塩梅で 剣使うことができたというのが 個人的に大きかったなと。

……このプレイだけだったら 1クレで170個石もらえる美味しい回なんだけどな。

勝手にリスペクト!01勝手にリスペクト!02
ボクが勝手にリスペクトしている ぺむら先生とあたりました。
……わーい!!  でも 相手チーム~  強い人だからとても残念~
……まぁ 一応 勝利はできたということで 良かったと思うことに。

――まぁ もっと一般的に書いてしまえば 賢将さんを的に回したわけで。
……ひとまず 今回も ちょこちょこと全国大会回したりもしていますが
そして ちょこちょこと賢将さんその他には遭遇するのですが
そのたびに 敵チームに回っていく……  このへんの運は無い感じです。

先生 LSじゃなくて 何故だか文系投げていましたが……。
――ちなみに 自分で投げた理系は しっかり剣なしで回収できたので良かったか。

自分の実力が無いのも要因の一つだと思いますが
勝負で負けることも結構あったりするんですよね。  悲しいことに。
――最初は ペース早かったので いけるかと思ったのですがね……。

ただ このマッチに関して少し 残念に思うこととしては
タイピングなどで「呼びかけ」とか 自己主張するべきだったなと。

……なんというか とっさに出てくると このへんの気が回らないんですよね~
――こうですから 先生のブログにありがとうございましたとか書けませんし
なんだか いろいろと機会逃したな~  とか 思うわけですよ。  ……はぁ。



上がらねぇぇ!
さて わかってはいたんですが。
わかってはいたんですけどね~
上がらない。  上がらないよ~!!!
黄金への道は遠いよ~!!!

――さてさて 前回の話の話題とした「デス・スター」ですが
実際に ここに埋めるまでに ライトのボクにしては結構な労力がかかりまして。
……なんというか 結構心が折れそうになりますね。  なんだか。

白銀の時は1000個たまれば 階級上がってくれることになりましたが
黄金レベルになると2000個必要になる……と 言うことで まぁ 二倍。
関係ないとは思うけれども 白金だと4000個と……  うん。

――何となく いろいろな人の心を折る「デス・スター」 恐るべし。

TOP

気持ちではわかってるつもり

2011⁄10⁄26(水) 00:00
何処かにている01何処かにている02
ふと この骨を被りだすようになってから初めての全国大会で
思ったことがあるのですが どことなく この二つ 似てません??
恐竜検定のシンボルと この 骨のかたちというかなんというか。

そして 勝手に批評っぽいことしてみますと これだから
恐竜検定に出てくる 骨の色はどことなく黄色っぽいことになっているんだね!!
……で このおかげで このへんの正解率が最近上がってきて
全国大会 地味に 不利になっているということに気がついたのはつい最近。

天文検定も含めて このへんが無かったならば……って 思ったり。
――始まる前は正解率30台だった問題が 今気がついてみたら70台だったり。
……これが過ぎると どうも このへんの数字がおかしくなるよね。

……ところで どうでもいいですが 何となく シンボル銅色に見えますが
一応 過去にも書いたように 恐竜検定はS行ってます。
完全に 文章稼ぎに見えるかもしれませんが まぁ 一応。

割とグロいと噂になっていた 今回の二つの検定の内
しっかり 片方は確保できたんだよと ライトなりの主張をしてみる。

……次出てきた検定ですか??  多分 やる間もないでしょうね~
受験にしっかり 集中して行かないといけないのが目に見えてますから。

――今後 文系その他にこのへんの問題が多発するんだろうな~
アイドルは なんだか 過去にもあったよね??  確か。



さて 先日 ボクがいつも使っていたホームの方で大会があって
規定人数を大幅に下回っていた(らしい)のですが……
……見事にスルー。  前にも触った気がするが ルールが厳しいし。

……と いうか 当日 勉強の合間に寝ちゃってて
仮に 出ようと考えていたとしても 気がついた時には受付終わってたし
――と なんだかんだ言っているけど どう頑張ってもいばれることではないですね。

やっぱり 聞いたところによりますと ルールの方は相変わらず
くじで引いた二つのジャンルのどちらかを選んで出してね  とのこと。

正直に できるものとできない物の差が激しいボクにとっては
理系を確保でき 尚且つ 芸能とかその辺の苦手な左辺の何かを
握りつぶさない限り 「悲惨な結果」を晒すことになるのは必須と。

――ちなみに 社タイの方は個人的に かなり自信を持っていないので
仮に 出ていてその時に社会が割り当てられたのなら ダメ元で振るけれども
そうでもない限り……みたいな完成度と自分は思っております。

そして 今回の場合は 参加者がそこまでいなかったようなので
予選ラウンドで3試合やって その結果を総合して結果を出したようで
――まぁ 店内対戦って一回当たり10分くらいかかるじゃない??

仮に ここで参加していたとしたら これの3回分……で 一周が4回だっけ?
――明らかに 相当な時間をとられることを考えると
「寝過ごした」様な雰囲気でしたが まぁ これは良い方向性だったかと
……思っておくことにします。  如何せん 忘れそうですがこいつ 受験生。

――ちなみに 「寝過ごす」様な状況を起こすということで
この日の勉強のコンディションは「最悪」だったということで。
……まぁ こんな時には QMAとかして~  みたいなテンションのはずですが
ひとまず こんなでしたしね~  さてさて。  まぁ しょうがない。

――なんて 考えてみたけれども この対応からしてそろそろ
なんとかして行かないとまずいんだろうな~  なんて 思ってみたり。

……こう もう少し建設的な暇のつぶし方その他を考えて行かないとかもです。
――ひとまず 今のところは 新書やその他が当てはまるかなとか考えてみたり。



……だからと言って 音ゲーに逃げるというのは 何かが違う気がしますが
今日は 写メそこまで使わずに記事を書くという流れになったので
――全国大会のネタ どのように使うか思案中なわけで――
まぁ 記事の方向をこう定めたということで まぁ しょうがないかな~

一応 最近 リフレク……は 一種 見切りをつけたというか
「いろいろと乱舞するのに慣れるのに時間がかかる」傾向があるボクとして
あまり 向いていないんじゃないかな~  と 思いましたので。

一応 今までは――と いうか KONAMIのデータを一括して
Suicaに入れたあとは――指とかができなかったのでやっていたという感触でしょうか。

ちなみに 何故指をやりだしたのかは まぁ 友達に触発されて。
……特に 深い理由は考えてみたら そこまで思いつかなかったけど
まぁ 当時はまだ 吹奏楽も並行していたし 何かが疼いたんだろうね~

閑話休題。  まぁ 吹奏楽経験していたとしても ちょっと音ゲーに関しては
そう 簡単に行くもんじゃないということを思い知った次第で
普通に まだ カードを使ってやっている以前では レベル7と8の間に
なにか 大きな壁を感じて そこで 大きな違いがあったような気がしましてね。

ここ最近も まぁ QMAが行き詰った時にちょこっとやったりしますが
――一応 なんだかんだ言っても ボクにとってはこの分野においては
QMAがメインというのは事実ですので――半年近くやらなかった期間がある割には
現在は ある程度 成長が認められる部分があるんじゃないかな~  と。

まだ「完全に」と 言い切れるわけではないのですが
ここ最近は なんとか8くらいまでは 大体対応(クリアするだけという意味)
できるようになってきたということで まぁ ある程度は……ね??

ただ スコアの方はなかなか安定しない部分がありますので
「完全解消」とまではいかないわけなのですが 一つの壁は越えたかなと。

まぁ それでも相変わらず 爆発することもありますので この方向の目標として

①ランダム7・8で自爆しないようにする(←未だにたまにやらかすので)
②A・S程度が取れるこのレベルの曲を増やす

  ……のを 目標にしたいと。

……なんてこと 書いてみたらこれからも遊び倒すように見えますけど
なんだか さっきから話変えるたびに最後にこう書いている気がしますが
やっぱり ボクの立場が立場なんで そして 優先順位は変わらない気がしますし
だとしたら やっぱり 結構優先度は低いんじゃないかな~  みたいな。



なんだろう。  ゲーセン系統の話を写メなしでやろうとすると
何処か すかすかになっているような感触がぬぐい切れないのは。

そして やっと QMA記事も表面上222。  ちなみに 余談フォルダも22個目。
――去年書かなかった分 ちょっと 偏りがあったのが気になって 最近は
写メの要領を無駄にデカくして 記事増産中でございます。

――まぁ これで一日潰れてくれると 毎日更新ペース的にはかなり ありがたい事だったりします。
――うん。  ちょっと 面倒くさがっているのかもしれないよね。  認めるよ。

TOP

平日だけれども。

2011⁄10⁄25(火) 00:00
ここ最近は ボク達も基本的に休みなしで毎日のように通っている予備校。
……個人的には 予備校に通う=通勤だとすれば もう 胸張って
「週七日通勤だ」と言い張れるレベルですがね~

……えぇ。  自信持って 毎日 予備校の机に向かって
何かしらの問題集に向かっていると言い張れるのですが……。

……まぁ それの影響もありまして??  やっぱり疲れ気味なボク。
……気を抜けば すぐに風邪のような兆候が出てきたりしますね。

――まぁ ボクの場合は サボろうと思えばサボれるので
「頑張りたいから頑張っている。」「自業自得と言っても」悪くは無いのですがね。
……まぁ あと半年も無いことを祈るしかないわけですが。

――なんて 自業自得ボクの話はいいとして 毎年 こんな生活をしているだろう
塾講師の方も ここ最近 ちょこちょこと疲れが見え始めている人もいるらしく
理系講師の場合は 計算数字が暗算するたびに違ったものになったり
気がつけば 座標のx軸y軸の数値が入れ替わってみたり
英語教師がぼろぼろとスペルミスをしてみたり そんな事がうかがえます。

――そして その講師の歳や年輪にもよるのかもしれませんが
まだ 血気が盛んな人だったりすると「死にたい」とまで言い出すくらい。
……相当 かなり大変な状況になっているのでしょうか……。

気晴らしにランニングに駆けてみたら 完全に迷子になって
そのまま力尽きて タクシー招集して妻に怒られてみたり
近所のベリーダンスに鼻 伸ばしてみて 妻に白い目で見られてみたり。

……それとはまた 別のベクトルでも まぁ いろいろとあったようです。
――やっぱり 人間くさい話も面白いですよねwwwww
最近 こんな風に話せるネタってこれくらいしかないから。

……まぁ 普通に学校通っていた時には 実験とかその辺で
――だって 理系の学生ですから――ある程度書けたものがあるものの
こう 浪人生活も一段落して 一定のかたちが定まってくると
なんだかんだで 結構マンネリ化してくるものみたいですね~www

――あ。  そう言えば あえて 書き出すとするならば
そろそろ 現役生で 学校行くのサボりだす人間がぼちぼちと現れて来て
去年は「表面上」真面目生徒を装って このへんに関わる機会なかったボクですが
やっぱり 予備校で構えていますと ぼちぼちと そのような人間が
増えてくる様を 見届けるような立場になっているような状況です。

……てな訳で 浪人生の頭数はどんどんと少なくなってくる一方で
制服姿――せっかく「学校」サボっているのに わざわざ制服着てくる
意味が 個人的には解せないものがあるのですが――の人間が
徐々に その頭角を現し出している……ような状況でしょうか??

このような人間は 少なくともボクの通っていた高校では脅していましたが
それって どこの高校でも共通な状況なのでしょうかね???
……まぁ この興味関心については もう ほとんど関係ないですが。



……と なんだか 長々と本当に書きたいところ書かずに来ましたが
まぁ 前置きが長いのはいつものことだ。  どうも のっぴぃです。

さっき 「講師も休みが無くて~」みたいな まぁ 予想じみた事書きましたが
多分 今日とかは家でグータラしている予備校教師(河合塾)とか
日本全国には ぼちぼちといるんじゃないでしょうかね??
――まぁ 全国共通の日課票だったとして、ですが。  前提条件。

ただし だからと言ってボク等がダラダラできるわけでもなく
今日は ボク 授業ないですが その分「マーク模試」を控えているわけで。

……ちなみに 先日の金曜日も同じように授業が無かったわけですが
そこには「記述模試」が 当然のように座り込んでいましたね~

……ここで マーク模試と記述模試の期間がめっちゃ近いような気がするとことか
そもそも なんで平日にやっているのかとか 第一 順番的に
マーク模試と記述模試との順番が違うような気がする点は おそらく
大人の事情で全て 気にしてはいけないことになっているんだと思います。

……と 言うか 本来は(この電力事情とかを考えなければ)
前期の模試も 浪人生経験者の人から話を聞く限りですと
浪人生は 基本的に「平日に模試をやる」という形だったようなのですが……。

……まぁ そんなわけで 個人的に「平日に模試」というのがかなり
未だに あまり受け入れきれない若干イレギュラーじみた事態になっているわけで。

――ん??  別に 金曜日に模試があろうが無かろうが どうでもいい??
そんな事書きたいんだったら それが終わった直近にやれよって??
……まぁ 今日 模試あるんですが その話は特に書けないですからね~  納得。

ひとまず もしかしたら関東近郊以外の浪人生だったらば
すでに 経験している人もいるかもしれませんが まだ この年代に至らない人
現役で合格したので この世界の話を興味心身に思っている人もいるかもですから
とりあえず ボクの力不足でしたが この前の金曜日の話題でも。

試験会場作り。――と いうか 今までと比べて気持ち 試験監督員の方の
格好がカジュアルっぽいというか(特に女性)そんな印象を受けました。
――しまったなぁ。  津田沼校の職員の顔と名前 もう少し確認しておけばよかった。
……と 言った感じで ひとまずは 見覚えの無い顔であるはずなのですが。

そして ボクが予備校についた時点(試験開始30分前)には
全くと言っていいほど 会場設営が行われておらず(前日の授業の黒板が
そっくりそのまま残されているような感じでwww)面喰った部分も。

――と 頑張って描写してもそれくらいですね。  あとは 時間割どうにかしろとか。
そっち方面の不満は 昔から結構あったりはするのですがね~
――やっぱり、何かがおかしいよ!!  と ボクは思います。

ついでですので ちょっとした反省(記述模試の時の)とか。

数学。
解法が頭に浮かぶことは浮かんでも とりあえず その引出しから
飛び出してくるのが非常に遅い。  それで 涙のんだ。  あと 時間配分。

英語。
若干の改善の兆候あり。  この勢いが続けばいいな。

物理。
時間が余った。  そして 捨て問は無し。  あとは正答していれば。

化学。
ゆうゆうと検算している場合じゃなかった。  時間の配分ミス。
でも この物理とのセットだったら なんとかなるんじゃないかという淡い期待も。

TOP

とうとうアイツがやってきた!

2011⁄10⁄24(月) 00:00
お世話になっています
受験生必須アイテムとしての ボクの英単語帳は
涼宮ハルヒを改造した
「若干ふざけてんじゃね??」なんて
思われそうな代物ですが。

……まぁ でも それなりには
役に立っているんじゃないかな~

――前回の模試では 浪人生としては
(笑)レベルだったけれども
全体的に見たら まぁ なんとかなるんじゃね??
なんてレベルだったから

――あ。  気持ちの上では
QMA記事書きたかったのになぁ。

過去 QMAでもしっかりトナメ回していた時の写メですが
まぁ 何にしろ 自分が即答できるアニゲ問題って 勝手に盛り上がれますよね~

――QMAの場合 アニゲーはできるかできないかの差がはっきりしていますが
何となく テンションの上げ下げという意味では 結構おもしろいと思います。
……知識がたまってくれば 楽しいジャンルなんだろうなとか思いながら。



てなわけで どもども こんにちはです~
――ここ最近は QMA記事のように 何かしら 筋道がはっきりしている
写メを元に 記事書いて行かないと かなり 鬱な傾向になってしまう……

……ような印象を自分では抱いているのですが さてさて どうなのでしょうかね。
――最近 ご迷惑おかけしております。  のっぴぃです。

そう言えば 前回は「QMAこんな事があったらな~www」みたいな
なんだか 勝手に自分勝手な事書きならべさせてもらって
いろいろと白い目で見られたんだろうな~  って 自覚あったのですが
もう ロケテやってたんですか??  知らなかったです。

――QMAのツイッターアカウント入れてても ちょこちょことゲートとか
携帯サイトだったら かなりの?  頻度で覗いていたつもりでしたが
この お皿に大きな穴が開いていたのか 浪人だから仕方がないのか。

――まぁ ここまで騒がれていないって事は あまり 大きな変更とか無いのかな??
……とりあえず クレが落ち着く状態であってほしいものだけど。
――なんだか そもそも台が変わるとか そんな噂もありますからね~

……ついでに 巷で話しているのですが 浪人時代こんな生活していて
まず 第一受かるのか否か中にも疑問があるのに加えて さらに
こんな金銭感覚のまま 下宿生活ができるのかという不安も付きまといますからね~

――多分 来年は(しっかり受かっていたら)別のベクトルで
QMA全くできない年になるんじゃないかとか思いながら。
……てか 自覚持とうぜ~  まぁ 今は今を生きようと思うけど←



全国大会始まったよ!
――さて 物はついでですし……。
そう言えば 始まりましたね~www

全国大会。  ……うん。
まぁ この全国大会の向きあい方はですね。

――多分 ほぼ確実に これで昇格するけど
さて 度合いはどれくらいになるかな。

当然 この先は徐々に――今までのようなテンションでは続けられないだろう
なんて 自覚はありますので まぁ 徐々に減っていくんだとは思いますがね~

……いや 自分でこう書くのもなんですが もっと確信持って書こうよ。
ここでの決意の強さが この先の合否に大きく関わってくる
……のかもしれないですね。  さて これからは別の物との闘いが……

デス・スターデス・スター  強調
えぇ。  そして この流れで次にまってた画像がこれですからね~
――はい。  とうとう「デス・スター」が登場なさりました。
……と いうか この名称使っているのって そこまでいないですかね??
――でも 一応 ○つけて強調しておきましたから 何が言いたいのかはわかるかと。

例のごとく この☆が埋まってくれるのが 魔法石を1000個集めたときだから。
……てな訳で 今のボクの階級はわかったでしょう。  黄金ならそうと書きますよ。
……でも 白金レベルだったら この☆が三つ並ぶわけですから 大変ですよね。

――あれ??  Ⅵ時代は白銀時代からこの☆出てたっけな??  あれ???

そして 一応 シャッターを落とした時には ミューちゃんのかの有名な
弾幕も一緒に写せるかな~  とか 思ったのですが
ファイルを開いてみたら あれ 残念ながら 視覚魔法はあまり写ってくれませんでした。

単に シャッター速度の問題ですね。  よくわかります。

TOP

遅くてもへばりつく!

2011⁄10⁄23(日) 00:00
前 アニメ系統の記事書いた時に まぁ ちょっとにおわせましたが
「今更の まどか消化 終わらせました」……なんて 表現使うと
「マミる」方面とリンクしてしまうのが このアニメの特徴??

……いや 常識的に そっち方面に単語的に繋がらないか。
ちなみに グロいの苦手なボクは 第三話の後半だけは飛ばしました←

予期せぬこっち方面の描写から あらかじめ逃げられるという点では
このような とことん苦手ジャンルが混ざっている人間にとっては
前もって 対策できたりするし まぁ 性格的な面でも あらかじめ
レビュー見た後でふむふむと納得するのも一興と考えているボクなので。

とりあえず 内容レビューは 半年以上前のことだもん。
やる必要性とか全くないだろうし――そう言えば 先日も
ニコニコ生放送とかやってたっけ???――大人しく引っ込んでおきますが。

まぁ 個人的に すでに何処かで(あまり レビューとか見ていないので
その辺の 常識的な事だったりしても分からない部分多いのですが)
語られているかもですが 細かいところでは ちょっと 設定がわからないな~と。

人魚の魔女にならずに済んだのはわかったけど じゃ そうだとしたら
あの流れで あの会話が出てくるのは何か おかしいんじゃないの??  とか。

最後 時空の記憶が~  みたいな部分があったのを譲ったとしても
さて あそこで 半ば解説じみた流れだったQBも 最終的には
改変に巻き込まれて アニメ軸とは違う記憶すりこまれているし。

個人的には 最後になるにつれて QBの存在する立ち位置というのが
段々と曖昧になってくる印象を受けた感じですが まぁ この細かいことは
その道の――しっかりオンタイムに確認できた人たち――プロフェッショナルが
なんやかんやで解説してくれるのを楽しみに待つことにしましょうかね。

なにがともあれ これで 今年最大?の話題性のアニメも対応できます。
――先日 コメ返で「インキュベーダー」に対応できなかったのが
今となっては かなり 恥ずかしい初歩的な話題だったということがよくわかりました。

とりあえず このアニメについてでよくわかったのは「この受験期に見るものではなかったかなww」
みたいな感じ。  だって 愛と勇気と友情のお約束 見事なまでに打ち砕いてるじゃん。

今のボクみたいな立場の人間としたら やっぱり 愛と友情は知りませんが
とりあえず いろいろ信じて突き進む!  みたいなロードは
半ば 当然な様な気もします故。  ……ま 深いことは気にしない。

――たとえ これを並行している間の記事の原稿が あとから見返してみたら
結構 鬱っぽい内容(企画段階ではそうなっていないんだけどな~  おかしいな~)
に なっているような気がする点は 都合よく目をそらすことにしてだ。

とりあえず この反動で これからは ある程度高いテンションを維持していけたら。
……と とりあえず ちょっと引け目に感じていた部分については
ぼちぼちと消化できたということで まぁ 良いということにしますか。

ちなみに 今年 時間通りに消費したアニメは バカテスの二期のみ。
今 押さえているアニメはぶっちゃけてありません。
……が まぁ 立場がらしょうがないことだと諦めております。

だから まぁ この状況を見かねて 何か紹介されたとしても
少なくとも 来年三月ごろまでは 我慢の日々を続けることになりそうです。
……ので まぁ 報告する必要は無いかもですが まぁ そんな感じで。

ちなみに さっきの統計に「特撮」を入れると かろうじて
オーズの後半を挿入することができるのかもしれません。  かろうじて。
……そして お前 精神年齢何歳なんだよとか まぁ 思わないこと。
――最近 大きなお友達にも大人気!!  仮面ライダー。

最近のは お星さまが内容だったりするからね~
――受験終わったら 一気にカタ つけに行くかもしれないね~

――あと この先「もう終わったアニメ」について何か押さえ
……ようかとも 一瞬考えたのですが よくよく考えてみたら
この先あまり その心当たりがないということでねwwww

……ついでに DOG DAYSにしてもまどかにしても
アニメオリジナルの物ですが これはこれで なかなか面白いものありますよね~
――見たにしても「原作見ようかな~」って気にならないのは
受験生としてかなり ありがたいものだと思うんですよね~  感謝感激。



生徒会
さて せっかくこちら方面の記事書こうと思いたちましたので。

――生徒会の方も買い足してきました~
番外編専門ストーリー
とうとう これはこれでおしまいになる~

……って 思ってもいいですよね??

――と 言うか ちょっぴり発売から時間開けましたし
ある程度は ネタバレっぽいこと
書いてしまってもいいですよね~

――と いうか 今更レビューとか
書く気にならないからまぁ 良いんだけどね。

中目黒とか 宇宙姉弟の結論はもう 明かされてしまいましたし
深夏の結論の方も ある程度は明かされてしまいましたしね~
――さて 残った次回の「土○」では 1年C組クローズアップですか。

もう 次回には巡とかの出番がないことを考えると さて 次回の表紙は……
――男性陣が出てこないことを考えると そして わざわざ
1年C組をクローズアップしたということは……リリ姉とかチートとか?
……このあたりを意識したら 予想できる流れになるんでしょうかね???

……ただ それを考えたら考えたにしても リリ姉はどんな格好も想像つかないし
チートは ネコミミがデフォだけれども これに合いそうな装備
「メイド服」というのは すでに使われているチョイスだしなぁ……。

ひとまず このへんの予想については まぁ 実際に発売されるまで
楽しみに待っていく事にしましょうかね~  絵とは楽しいものです。

……あと 口絵は 鼻血もんですよね。  あれの威力は激しい。
――そして 攻撃力だけなら その裏の妄想具合もひどすぎる。

とりあえず 最近 ラノベの作者もそうですが 絵師さんへの尊敬の念も
とある一件以降 かなり上昇しているというのっぴぃさんです←

そう言えば 公式サイトで見る限りでしたら さっきのDOG DAYSの方も
「ラノベ発売予定」みたいなこと 書いていましたが さて どうなったのだろう。

……ちなみに なんだかんだありまして ボクがここ最近定期的に購読している
ラノベって このシリーズとバカテス……くらいしか無いんじゃね??  下手したら。

TOP