夏の終わり。 〆る模試。

2011⁄08⁄28(日) 00:00
どうもこんにちは。  浪人生(笑)のっぴぃです。
ひとまず 本日はこの夏休みの間に頑張った成果を見せましょう!!
――な 記述模試が開催される手はずになっている日なのですが……。

……なんだか ぶっちゃけて 全く出来る気がしないのですが。
――前回 英語で本当に「浪人生(爆笑)」な点数を叩き出しているので
今回こそは……と 言いたいところなのですがwwww

なんだか 本当に この夏休み中ボク しっかり勉強していたのかどうか
かなり。  ――本当にかなり疑問に思えて仕方がないという。

まぁ 周りの評価に頼ってみようかな~  と 母親に聞いてみたら
母親の目には「去年よりは頑張っている」様に見えるようだけれども
QMAの進行具合を計算に入れてみると どうも ボク自身はそうは思えません。

ついでに 今月はじめらへんに返却が始まっていたらしい「マーク模試」の
問題用紙・その他の方の返却 面倒くさくて後回しにしていたら
未だ まだ もらいに行っていないらしいという マジでchaosな状況にwww

……こいつ 反省(つまり 復習)とか するつもりあるのでしょうか。
……なんというか 様々な方向において疑問を持たざるを得ない気がします。



……さて ボクの最近の日記の特性として「予約投稿」を
毎日のように繰り返していくという傾向がありますが
すなわち この記事を上げている現在におけるボクには
今日の模試の話題についてこれ以上語ることは不可能です……。

……と いうわけで 最終講で注意しないと日の目を見ることすらなさそうな
最終タームで受けた講座の反省会のような物をここでやりたいと思います。
……要するには 知り合わせして 九月を迎えたいんですよ。  わかってねwww


最終タームの受講科目:センター試験対策国語
ひとまず この講座の内容は「現代文」「古典」「漢文」を
一回の中――全てで授業は5日間あるのですが――に収めてしまおう!
……と いう まぁ ちょっと無理があるかもしれないスケジュールなわけで。

ひとまず 基本的には「現代文」「古文」「漢文」それぞれについて
一人ずつ先生がやってきて「現代文:古文:漢文=1:2:2」の比率で
授業を回りっこしてみよう~  みたいな感覚です。

ただし 今回お世話になった先生は 一人で現古漢全てやってしまったということで。
……なんだか 同じような事を去年の全く同じ講座名の部分で書いた気がしますが
その時にお世話になった先生とは また 別の先生だということも
まぁ 特筆する必要もない気がしますが 一応 書きたしておきます。

そして まぁ 名前のごとく センター試験対応のレベルで
基本的に理系――と 思っていたのですが 以外と文系の人もいるみたい??

そもそも 現役生が主流??  みたいな構成のような言動が
先生のセリフの端々に見えてきたような気がするのですが……。
まぁ 最終講になってくると 流石に服装で判別しきれるものでもないですが
実際問題 どんな感じだったのか 実は けっこう怖いまま授業受けてました。

……とか 補足する前に そもそも最終講の授業自体が
全体的に第一「少ない」と言う現実があるようでしてね……。
最終タームの最初の日 いつものように八時半ごろに予備校の階段を上がっていて
その途中にて 講師室が見える場所があるのですが
1時間目が始まりそうな時間だというのに 講師室にはシャッターが。

……普段の光景的に この時間帯でシャッターが閉まっているときなんて
「講師が来ていない日→休みの日」と言う認識が出来あがっているボクにとって
「あれ??  なんで 先生いないの????  今日授業なかったっけ?????」
的状況に陥っていたわけですが 昼半ばになって講師室が機能し出しまして
「あ。  俺 間違ってなかったんだ。」と 一安心したという流れで。

まぁ それに近い影響なのかもしれないのですが 全体的に
ボクが勉強しているスペース――一学期から ずっと同じ場所で
テキストを広げて来ているのですが――の人口密度が今週は少なかった。

いつも この時間帯に来ても結構埋まっていて 9時に開く専用自習室に
「それまで勉強していたけれども 流れます~」みたいな人が
出てくるのを 死肉に群がるハイエナのような目線で眺めていたのですが
今週は 特にそのような心配をせずに 来たら開いている席に座る流れ。

……そう言えば 特筆しなかったけれども 夏期講習の最初の方も
大方 そのような感じだった気がしますね~  ――違ったっけ??

……まぁ 人が少ないおかげか いつもより(特に午前中は)静かで
いつもに比べたら(環境だけだったら)かなり良かったのではなかろうか……
……と言った 個人的感想があるのですが まぁ その辺はどうだろうか……。

ひとまず 授業内容をぼちぼちと書いて行くとなりますと まず 現代文。
……なんだか 論説文が非常に読み覚えがある内容。  なんだこれは。
――どっかで解いた模試だったりするのかな~  とか 思いながら予習。

……結論→今年一月に行われたセンター試験の問題でした~
……伊達に 浪人生活やっている理由を作ったテストじゃないってことね~www
――うん。  このセリフ 自分で書いててちょっと寂しかったわ~

――そして 「こんな問題満点取れて当たり前!!」……って 状況に
持っていかなければ不味かったのですが……(この先は想像にお任せします。)

古典。  まぁ 元々そんな気がしていたけれども 結構悲惨。
――とりあえず もうセンター試験まで残りわずかしかないのだから
去年の二の舞を踏まないためにも やらなければいけないことがあるはず……。

漢文。  去年に比べたら数段ましになった感じです。
……ひとまず この勢いだったら去年は考えられなかった漢文満点という目標を
新たに作って 実践に向けて頑張ることも可能かもしれません。

――なんだか これだけは ちょっと希望が持てる感想が書けたな。

全体的に。  ……なんだか 「客観的に見る」と言う国語の大前提が
何故か ちょっと薄れているような感じがしているのですが……。

……この能力の違いによって 点数差が大きく出てくると考えて差し支えない
……のなら まぁ 今のボクが頭を抱えている理由がわかるというものでしょうか……。

TOP