夏期講習――六週目。

2011⁄08⁄22(月) 00:00
今週の受講科目:センター試験対策国語

さて 長かった夏期講習もこの講座を持って終わりということになるのでしょうか。
――いや~  この夏期講習は一体どんなものだったのか……
……と いうことに関しては 今日は勘弁してくださいな。

なんというか この後はこの後で書かないといけないものがあるし
そもそも 今のボクに語れるような立場ではありませんから。  それはいいとして。

この講座の中では 現古漢全ての分野について触れて行く事になるのですが
この中には センター試験の中の減点源・英語と並んで対策するべき
古典・漢文がありますので 特にこのへんにおいては特筆してやっていかなければ。

――さて 先週の記事の中でも軽く言い訳したかもしれませんが
前のタームでは見事に受けている講座は無いという状況でありまして。

……と いうことで 普通に考えたら今日書くべきネタが無いのですが
7月末のタームにて 化学の講座の話を書いておりませんので
「なんだか それを受けていた時期からかなり時期が外れている気がしますが」
その話について書くことで 今日はお茶を濁させてもらいます。

……まぁ 他の講座についても一個ずつずらしていた方が
今となってはよかった気もするのですが まぁ それは気にしないことに。

てな訳で 先ほど書いたように「今のボクに語れる立場ではない」と言うのも
この記事の原稿を書き終えてしまっていたのは 7月末の時点。
その時期から記事をずっと保存してきて今日出してきたような形でしょうか。

……普通に 夏期講習も真っ盛りな7月の状況で とてもではないですが
夏期講習を振り返った人ことなんて書けるわけないですからねwwww

……なんだったら この記事の記事番号でも確認してみてくださいwww
――周りの数字と比べて……と いうか 元々 この日記の記事番号は
結構乱雑に並んでいる感もありますがね。  さて では 書く事書きましょうか。



2タームの受講科目
:センター試験対策地理B
&トップレベル化学速度と平衡

ひとまず センター地理の内容の方は今月頭に書きおろしましたので
仮に こちらの方に興味がわいた方はカレンダーの日付などをクリックすれば
おそらく そちらの方が見れると思いますので まぁ 仮におりましたら。

あの時にも書きましたが 7月の間にやってた授業は
「物理」→「地理」「化学」と言うことで ボクの基本的に好きな科目。

……なにか この時点でいろいろと間違えた感もありますが
けれども ボクの力ではどうにもならない域ですからしょうがないことなのですがね。
……それが この時期に暗い影を落としていなければ良いのにと。

②トップレベル化学速度と平衡
講座の内容からも分かるかもしれませんが 化学平衡のお話がメインです。
……が 化学平衡はと言いますと 理論化学ほとんど全てのところに関わってきますし
有機化学においても触れる部分もあります~  みたいなわけで
とにかく 平衡だけで終わらせてくれないという部分がありましてね。

なお 7月の夏期講習が始まる前には これを見越しての
短期講座が行われたりしていて その時の話もまた
昔記事に書いたような気がしますので まぁ 機会があれば。

トップレベルと名乗るだけありまして テキストに書かれている問題は
かなりの難問ぞろい。……と いうか 問題半分とければいいような大学の
「普通解けないよね」みたいな問題がざらに並んでいるような状況で
結構これやるだけで 状況によっては結構凹むということで。

特に初日――負わせた後にも「なぜこのような重さの問題を初日に持ってくるのか」
と言うことで 疑いたくなるような部分もあるのですがね――にやったものは
先生も認めた「見事にえげつない」問題のオンパレードでしてね……。

ちなみに 個人的にこの授業では「対数の計算」ばかりを
黙々とこなしていたような思い出の方がぶっちゃけて強いんです。
……なんだか 化学の勉強をしたというよりは 対数のお勉強をした気分。

まぁ 元々pHを考えてみようと思った時などは pHはもともと
対数と切っても切り離せない物になるわけで 電離並行などが出てきたときには
このような問題はあきれるほど見るわけですが 今回は
その他 おそらく大学で習うような並行問題がぞろぞろと出てきましてね。

……いや~  なんというか 大学受験に挑むみのままだったならば
対数グラフってなかなか慣れられるものではないですよねwww

その他 テキストに書かれている問題のえげつなさには
書いても書ききれないほどになるので良いとして その他凹んだものとしては
「鼻歌交じりで解けるような問題」でも なぜだか溶けないこともありまして。

……少なくとも この時期の記事で多発させていた「スランプ」とか「倦怠期」の
一つの例だったりと言えるような場面だったのですがね。
……まぁ この記事が上がる現在ではどうなっているのか気になるところですが。

さて あと先生の方の話もちろっと書かせてもらいますと
今回お世話になった先生は 現役時代にもお世話になった
俗に言う「人気講師」と呼ばれる類の先生になります。

――正直に 校舎の中でもかなり名前が挙がる超人気先生ですねwww
過去には この先生から本をプレゼントしてもらったこともあります。

まぁ そんな先生なわけでとにかく「意欲が高い」そして「真摯である」気がする。
――何事も 一生懸命に向き合ってくれて しかも配るプリントがわかりやすい。
基本的に 授業でプリントは一枚と決められている河合塾の中で
贅沢に紙を使いながら授業ができるこの先生の影響力は強いでしょうね。

そんな先生なわけだから 授業が始まる10分前には
授業がある教室にいてすでに授業を始めている光景なんて
よくあるような感じでしてね。  ……人気講師と言うのもよくわかる。
なんだかたたずまいからして随分と違う気がしますからね……。

さて そんな後光が差しているような先生に教わった授業がどうだったかと言いますと
……とか 書いてみようと思ったらそろそろ時間ですかね???

まぁ この授業の成果やらは御想像にお任せするということで……。

TOP

浪人だって。

2011⁄08⁄21(日) 00:00
とある全国大会中・理系学問を投げたボクがその問題の中で初めてみたもの。

(エフェクト)広島県の県の鳥です → 阿比


……これ 理系学問じゃないよね!!!  ――青ゲージで即答したけど。



――さてさてどうも (一応)浪人生のっぴぃでございますです~
ひとまず 浪人だから……毎日の遊びに関する潤いが足りな過ぎる
(↑いや お前 どっからどう考えても遊び過ぎているから。)

……と いうわけで なんだか 受験生サークルが回るらしいという情報を入手。
(↑一応 そのようなサークル活動が行われています。  受験生サークル。)
まぁ それあるんだったらやってきたら良いんじゃない??  と いうことで
遊んでまいりましたよ。  受験生サークル。

ひとまず この日の企画的には「縛りをいろいろとやって」みたいな感じとみた。
……まぁ 例のごとくボクは悪友を連れだって遊びに行ったわけですがね~

ほら。  何人か一緒に行動しておけば 不法じゃない形でも何となく
席の確保とかしやすい感じがするじゃない???
――そして 出る幕を限定してしまえば うまく台を回す事も……?

<社会>
受験生社会01受験生社会02
伝説のタイ(自選)→自由→自由→スロット

さて。  まず この結果晒しながら周りの関係者皆に「社タイ自重」という
とてもありがたいコメントをいただきました。  まことにありがとうございます←

一番手から社タイ(☆5)をマジで投げてくるような人間ですから。
そして この社タイだけで 貯金が3・4問作れた気がします。  うん。
正解率一桁台とか普通に掻っ攫ったもん。  ボク。

……てか ボクだけ階級が一人 おかしなことになっている点については……
……多分 気にしてはいけないことになっているんだと思います。

てか 受験生が集まるはずだから あまり……だろうな~  なんて
気休め程度にやってきた方には ちょっと悪いことしたかな~  と言った
反省が 若干残る気がしますが まぁ 細かいことは気にしない。

そして 結果的に 見事に社タイしか回収できていない点については
あまり 深いことは考えないことにしましょうかね~

そして なんだか その後 掲示版の中で社タイ 伝説になっていました。
……うん。  まぁ ちょっと やり過ぎてしまった感はあるよね。
そして さっきから社タイ連呼し過ぎだろ。  お前。

<理系>
受験生理系01受験生理系02
タイ→タイ→その他(自選)→○×

お前 まず いろいろとその状況について胸に手を当てて考えるべきじゃないかな。
……見事に 自分の都合のいい対戦しか出ていないだろうと言われそうな気がします。
……まぁ 役割分担をして台を確保した時点で 半ば こんな感じになる気もしますが。

やっぱり どっからどう考えても この中に青銅がいるのはおかしいですよねwww
――そして のっぴぃは理タイにものすごく弱いようです。  HAHAHA!!
……でも まぁ 自選のその他はしっかりかすめ取るという。
(↑でも 100点の壁は厚い。)(↑↑そして ○×なめたらダメねwww)

ちなみに 微妙に衣装が(アサガオ→麦わら帽子)と言うのがすぐに見えるかと思いますが
それとは別に アンバーメダルアメジストメダルと言うマイナーチェンジの衣装替えもしています。
……まぁ この作業に特に 意味は無い。

ひとまず 絶賛空気読めない浪人生(笑)でしたが みなさんどうだったでしょうか。
……なんでこんなに点数が低いのかって??  浪人も遊びたい。  基本そんな感じ。



ついでに 軽く雑談じみたことでも書いてみましょうかね??
予備校の浪人仲間で まぁ ちょっと喋れるようになった人がいるのですが
まぁ なんだかんだあって その友人を「この時期に」QMAに案内してみました。
……まぁ 浪人になると 誰もが心荒むようですね~

まぁ 初心者案内してみると 結構QMAを別角度から見れるようですね。
……よく考えてみたら 他人を巻き添えにするという経験をボク
今までやったことがないことに気がつきましてね。  なんだか新鮮でした。

――そして カードを作らなくても「携帯」使って
データを保存できるようになった……と いうことで
その人のデータ(一応)作らせるのも非常に楽になった……事を考えると
KONAMIにおけるアミューズメントパークでの敷居は格段に低いなと思えるわけで。

――そして ふと チュートリアルを傍から覗いてみて思ったのですが
アニゲーだけ チュートリアルに出てくる問題が企業色が強くないですか??
……そして ジャンルが細かくなったおかげで模擬トーナメントやらなくなったんですね。

――こんなことやっていいのかって??  浪人も遊びたい。  基本そんな感じ。



ところで 昨日は ボクの予備校から一番近い所でKONAMI公式大会があったようです。
……が。  まぁ 今日のこの記事の流れですからね~
――華麗にスルーする選択肢を選択いたしました。

……だって どうせ踏まれるの 目に見えていますからね~

――そんな判断で良いのかって??  浪人だもの。いい気分でいたい。  基本そんな感じ。
(↑超・ダメ人間だ!!!!  良いのか!! これでwww)

TOP

夏休みの平常?

2011⁄08⁄20(土) 00:00
なんだか 今まで予備校系統の話題を書いた内容について
あまり 要領を得ていないような気がしてまいりましてwww

――まぁ 夏休み中にそれなりの内容でも書かなきゃ不味いかしら~
……と 言うことで 夏休み中のボクの行動原理について
基本的な毎日のボクの動きについて記事書いてみようかな~  と。

……一応 ツイッターの方で大まかな枠組みの方は書いておりますが
日記の方で堂々と書ききることはそうなかったような感じなので。

まぁ これ書くにあたって 教科名とかは日々変わってまいりますので
「大まかにこんな感じ」と言った外形だけ書くことにしますよ。
――まぁ 一部においては希望とかその辺も混ざっている気もしますが……。

朝七時過ぎ。  朝に非常に弱い・暑さにめっぽう弱いのっぴぃは
残念ながら この時間あたりに起きようとも思うのですが……
「Windows……」  はいはい~  OS起動入ります~

ソフトの方は全く入っていないのに 圧倒的に性能が悪いので
意味もなく時間をかけてOS起動。  ……それまではマジで動けません。
――まぁ 一部冗談も混ざっておりますが冗談抜きで
血圧も低いですから 起きてすぐに行動開始と言うわけにはいかないわけで。

――なんだかんだで ボクも起動して朝飯食って
(↑ボクが軌道最中の時は めちゃくちゃやきもきしてますね。母。)
八時ごろまでには頑張って家を出られるようにしたいなと言うことで。

ちなみに その日の時間割(つまり 自習内容いじりなど)は
その日の前日までにいじる……か 当日の朝に気持ちで決めたり
まぁ このへんの時間は全く決まっておりません。  おい。

そして 電車に揺られて予備校に行きますということで。
――ちなみに 基本毎朝書いている「おはようございます」メールの方は
この電車に乗り込む前後に書きこむのが通例となっております。

で うまくいけば九時ごろまでには予備校についておりますね~
……で 毎日の予備校の席取り合戦が始まるわけですが
今のところは ハブられたことはありませんね。  危ないことはあったけど。

ちなみに 九時になると自習室が開館するのでこのタイミングで
ボクがいつも陣取っている――唯一ヘッドフォンつけて勉強することを
許してくれる――学生ホールが気持ちすくので この時間が狙い目かしら。

ちなみに 予備校の方は七時半にこの夏は開くらしいのですが
まぁ ボクの方も基本的に上記のように朝が大変なので
あまり早くから動けるような状況ではないと。  夏バテが激しい現在は特に←

――そして 毎週違う時間に授業があったりなかったり。
……このへんの描写は面倒くさいので まぁ 想像にお任せします。

正午ごろ。  お弁当タイム。  これが土日だったりしたならば
この時間以降にぼちぼちとお外に出てご飯を確保しに行きます。
――夏休みになって 目の前の大学の学食がどんな扱いなのか
全く見えないので こちらにはそう言えば行っていないなぁ……。

さて ちなみに ボクもこんな「浪人してしまうような」人間ですし
集中力は全くないような感じです。  ――と ボクは思っています。

一応 授業があれば勉強に対する集中力がちょっと持ち直したりするのですが
それがなかった場合 確実に二時・三時ごろには集中力が底をつきます。
……まぁ これは ボクの感覚的部分が結構大きいわけなのですが。

まぁ 当然ですが 英語とか古典とかの自習メインになった場合には
「とにかく ボクの集中力の尽きるのが早い」と言うわけで。

まぁ 気晴らしとして考えられる策もないわけではないのですが……。

①QMA――全国大会なんかは特に狙い目。  予備校から3分あれば大丈夫。
②間食――三時以降はこれやってもいい気持ちがする時間帯。  慣例的には。



……まぁ どっちもどっちで弊害があったりするわけですがね。
QMAはその日の出来とかにも左右されるし 頭をひねることもあるから
厳密に(ブドウ糖的に)は 全く休憩にはなっていないという事実。気晴らしにはなるが。

間食は 言わなくても分かるように 皮下脂肪増量の原因になります。

――まぁ このへんをくぐり抜けて 十九時以降に帰宅。
で シャワー浴びて 飯食って なんだかんだやって PC前に座ると。
……このあたりは あまり描写しても面白いものなさそうだしね~

――と 行った感じのがボクの毎日の日常と言えるものなのではない出ようかねwww



単語帳
ところで ボクの趣味の中には「ラノベ」的な要因がありますが。
……まぁ QMAのラノベ検定でよくわかりましたが その内容には相当偏りが。
――じゃあ こんなの買ってみたらどうなのかしらと言う好奇心がわきまして。

まぁ「やらなきゃ不味いよね……」と言うのはわかっておりながら
正直 開く気になれなかった単語帳。(←でも 逃げてはいないつもり)
……ひとまず これを開く壁を少しでも小さくしてみようと思って。

――まぁ この時期にこんな事書いている時点で何かおかしい気もしますがね。
……でも ボクと英単語との関係の間には一つ 曰くつきだということが
ここ最近の影での通院生活の中で明らかになったところがありまして。
(↑一応 医学的な原因があったりするのですが これはまた別の話。)

――まぁ 曰くつきだからと言っても ボクの知っている手を駆使しても
これから逃げさせてもらえないのが受験業界らしいので
もう いろいろと諦めて出来る限りのことはねばってみようと思ったわけですよ。

……まぁ この単語帳。  なんだか 自分では「ネタではない」と
めっちゃ主張しているようなのですが セールスポイントにのいぢさんの
「キュートな絵」を上げている時点で まぁ 何か可笑しな気がするけどね。

――あと これ持っていくと なんだか あちらこちらから友人関係で
(↑顔を見合わせる友人 いつも話題に出しませんが いないわけではないのですが)
かなり興味を持って覗きこんできたりする人もいるようでしてね。

……うん。  ハズレではないことを心から祈りましょうか。

TOP

初心で1001

2011⁄08⁄19(金) 00:00
1002.jpg
昨日に引き続き まことにありがとうございます。

ここまで日記を無駄に続けて
これたのは皆さんのおかげです。


……で この時期の記事として一つ 随分昔から決めていた事が一つあります。
昨日の今日ですから この記事番号は1001なのですが
その記事で 心機一転と言う意味も兼ねまして 改めて
自己紹介のような文でも書いてみましょうかと思います。

おそらく この日記開始直後から読んでいただいている方など
ほぼ 皆無でしょうし あの時からボクの生活や周りの環境など
様々な物が変化しました。  日記の書き方も落ち着きましたし。

――そもそも こいつがどんな人間なのかいまいちわからない人も
今 この文章を読んでいる方の中にもいらっしゃるでしょうということで。

そのような意味も兼ねまして 本日は自己紹介をテーマに行きたいと思います。
――相変わらず必要以上に晒してしまうボクの本領を発揮してやる!

おそらく 今までどこかしらで書いてきたかのような内容がつらつらと並びますが
――まぁ 心機一転のような雰囲気もあるかと思いますので 気にせずどうぞ。



PN のっぴぃ。  この由来は……もしかしたら初恋がらみ?
――まぁ 細かいことは別枠で。
住んでいるのは千葉県千葉市の某所。  でも 生まれは大阪府。
――てな訳で 基本的に ボケ問答はかなり成立する方。
そして 特に何も立場を与えられない場合は 大方「ボケ」に回ります。

なんだか 周りからの評価によりますと「ロリコン」とのことですが←
……心外な!!!  まぁ 多分 つむじフェチとかそんな感じなんだよ!!
――さて この一言でこの男は一体何を守ったのでしょうか……。

そして 特徴……と いうか 根っからの草食系です。
気が強い妹に結構尻に敷かれている感がありますよね~
――と 家族構成は 普通の核家族。妹一人 わんこ一匹 その他金魚など。

住んでいるのは まぁ 普通の一戸建てで 自室もあります。
――が その自室は 正直に 魔窟と化しつつあるのですが それはそれ。

食べ物系統の好きなものは カレーライスやハンバーグなど。
基本的に 小学生男児時代から全く変わっていませんね。  このへんの好みは。

逆に どうあがいてもいまのところは食べられないものとしては
カニカマ・レバー・骨が無駄に多い小魚などがあげられるでしょうか。
野菜などの好き嫌いは基本的にありませんが それとは別に
見ず知らずの料理に対しては食わず嫌いが発生しますね。  冒険心が無いんです。

勉学方面では 只今も理系の宇宙又は地質学系統に興味を持っていまして
――ひとまず 一種の「天文オタク」並みの興味関心は持ち合わせているつもり――
大学進学もこれを柱に進めていると書いても嘘ではないでしょうね。

それに近い所で 地図や統計を見たりすることも好きなので
毎年 このへんの統計を買い変えたり地図を買ってみたりするのは
毎年一月の恒例行事となりつつあります。  グローバルだもんね。

その他 趣味として サックスを吹き鳴らす――受験期間はあまりできませんが……――
と言うこともある……と 思います。  まぁ あくまでも趣味ですよ??

腕の程は良くわかりませんが 多分「中級者」程度のレベルにはなれているのではないか
……と 信じたいですよね。  何となく。
ちなみに テナーサックスをプレゼントしてもらいまして
一応 その名前は「アズ」(←あずにゃん由来では無い)  と言うことで。

まぁ こんな感じで流れているところからも分かるように 基本的には
屋外で運動するのが大好き……みたいな事は無いですよね。
――基本的に 家でダラダラしている生活が多いかもしれません。

芸能やスポーツなどと言った娯楽などとは小さい頃から距離を置いて
代わりにニュースを小さい頃から眺めてきたような育ち方なので……
……正直に こちら系統の知識は相当偏っていると見ていいでしょうね。

おかげで 勉学には結構行けている感じになりましたが
友達付き合いとかそちら系統には幼いころから苦労は絶えませんでした……。
――まぁ スポーツくらいはもう少し見ておけばよかったなと結構後悔。

ハマっている漫画・ラノベ系統は直ぐにカウントできる程。
まぁ 小学校時代は「学習漫画」がボクの持っていた唯一の漫画だから
その知識の深さは非常にたかが知れているような状況ですwww

まぁ 今読んでいたりするものの主な共通点としては「学園」が出てくるもの。
――逆に それがボクのハマるための第一条件と書いても過言は無いでしょう。
……何かおススメのものとかあったら教えてくださいwww  大学合格後にでも。

まぁ その中で 話題にしたり骨抜きにされたりする事が多いのは
「けいおん!」に出てくるあずにゃんこと 中野梓ちゃん。
……なんてことは まぁ 改めて書くにしても これくらいでいいですよねwww

その他 もっぱら読書と言われて~  と言った 普通の小説系統も読みます
……が 基本痛い話は無理なので ミステリー系統にはあまり手を出しません。

やっているゲーム系統は 過去からいじってきたゲームとして
唯一言えそうなのも 軽くポケモンいじっていた時代があった程度で。
……でも 白黒は受験とかぶってしまっているので まだ買っていない。
――そして この先も買う予定を立てられるかどうかは未知数。

ただ QMAに関しては それなりにやっていると言い張ってもいいですよね??
CNはみりゅ。  ミューちゃんです。  ――嬉しいことにあずにゃんと中の人一緒。

ちなみに ひそかに心の中での呼称は「みーちゃん」です。
……これから これで書いて良いですか??  あ。  ダメですか。

そして これが示す(如実にボクの知識状況を示してくれていますが)グラフは
芸能やスポーツなどの知識が弱めで 社会・学問系統が高めと言う傾向。
――これは おそらく小さい頃からの積み重ねなので たとえ
今後対策を講じたとしても この形は変わらないでしょうねwww



……その他 何か質問系統でもありましたら この二・三日の間は
この記事のコメントとか入っていた質問系統には答えて行きましょうか。

……うん。  まぁ 何となくの企画ですがね。  心機一転と言うことで。

……おかしい。  最初 この企画を考えていた時には
ここまで ネタ切れ感が出てくるような話では無かったはずなのに……

主に このへんの企画は 勉強の合間の思いつきを形にすることが多いのですが
その時に思いついた細かい内容は 大体の場合は忘れてしまうので……。
形にすると ゲンナリとすることも結構あったりするんですよね。  悲しいことに。

ひとまず このままで終わらせるのも少しカオスですので
まぁ 何か 意見なりなんなり。
あと やばくない程度には 聞かれればプライベートちょっと語るかもしれません。
――軽く リクエストあれば 本当に どうぞwww

……最近 なんだか 一人で語り続けている気がしているの 実は 気にしているのよね←
ともあれ 初心になり切れていない気がするのは おそらく 気のせいではない。

TOP

一千記事!!

2011⁄08⁄18(木) 00:00
1001改
お陰さまで……とうとう 記事番号1000番目ですwww
――いや~  よくここまで書き連ねたよね~……。
我ながら よくこんな事している時間があるよな~  なんて思いますね。

そして 今になって
「へ~  こんな風に画像いじれば背景気にしなくてもいいのか~」
――みたいな どうでもいい発見を……
……いや 明らかにこれ 関係ないですねwww

本編は続きます。



さて どうでもいいですが 1000記事目~  って祝ったら
この後 記事番号○番で「祝」って記事書けるの
……次は 1111にするか2000にするか……
――どっちにしろ 当分ないと思っていた方がいいですよねwww

今までは 記事番号が100を超えるたびに……
……って 簡単に書いても 記事を毎日律儀に更新したとしても
一年で3・4回しか訪れない機会なのですが――祝えていたのに比べると
この次に祝えるまでのハードルはかなり高くなっていることに鳴るのでしょうか。

こうなってくると 今日は(ラストチャンスと言う意気込みで)
はっちゃけて書いて行った方がいいかもしれないですね~
――とか 思いながら とっさに何も思いつかないんですよねwww
一体 こんなときに何を書いて行けばいいのやら……。


てな訳で いつもの通りボクらしく今日もダラダラと基本書いて行きたいと思います。


まぁ 良いにしても悪いにしても ボクの記事を書くスタンツとして
ダラダラと書き連ねていますので ボクの場合は
1000記事に行くまでの間の総文章量も結構な量になるのではないでしょうか。

……ただし その中に詰まっている文字に込められている意味合いなどは
このダラダラの成分を多分に含んでいるわけですから
格段に少ないのではないでしょうかね~  どう考えても。

同じ事を何度もしつこいくらい繰り返してみたり
しょっちゅう一つの話題から話の脱線を噛ませてみたり
もしかしなくても ボク以外の人が見てみるとじれったかったでしょう。

これが私用ではなく公のものであったのならば 上司などに
「なんだこれは。  無駄に文字数が多くてわかりにくいではないか。
こんなのを皆に見せるつもりなのか。  書きなおし。」みたいな
注意を多大に受けたであろうな~  なんて 普通に思いますよね。

……まぁ ボク自身社会の荒波にもまれたこともありませんし
こんなもんじゃ済まない事もあるかと思いますが~  って 普通に
また話の脱線しそうになってるし。  こんな時でも懲りないな~  ボク。

……どころではなく もう 見ていて不快になるような事もあったでしょうね。
――他の方へのコメントに関してもこのような感想をもたれた方も
もしかしなくてもいらっしゃるでしょうか。  ……申し訳ありません。

そんなこんなで ボクの記事・コメントの書き方の流れから
幾度となくいざこざが講じたりしたこともありましたが……。
――まぁ ここまで来たからには 基本的にはどんなことがあっても
自分のこの形は受け継いでいくようにしていこうかしらと思ってみたり。

……まぁ これからも見るに堪えない文字をどんどんと連ねて行くと思いますが……
……これからも飽きずにお付き合いしていただければ幸いですwww



さて まぁ こちらの方でも一つ区切りができましたので
――結果は変わるわけではないのですが 書くもの書いて行こうかしらと思いますね。

これからのブログとの付き合い方についてですが……
……1000記事超えたからと言ってどっと更新数を減らす~
――みたいなことは無いと思いますので よろしくお願いします。

そもそも 今の段階でもそれなりに下書き記事に残している物もありますし
ここまで来るまでに生活が凝り固まってしまっている部分もありますし
今のボクにとっては この窓口くらいしか自分を表現する場所が無い
……なんてのは ツイッターと共通する部分が多々ある部分ですが
まぁ これも事実だししょうがない。  だってこう書くしかないのだもの。

元々のこのブログの走りだしと言うのは 高校一年時代
当時の高校の同学年中の男子の約8割から(これだけでも相当な数)
――しかも 目も合わせたことが無い・話したことすらない相手を含む――から
嫌がらせやいじめを受けた~  みたいな所の現実逃避から
数少ない話してくれた友人に勧められて始めたものだったのですが。

……今となっては かなりボクの精神を支えてくれている
大きな存在のものになりつつあります。  彼には感謝したいです。  心から。

まぁ これまでよりは軽い気持ちで挑もうと思っているのは事実です。
1000記事までは 意地でも連続させてやろうという意気込みはありましたが
これ以降は まぁ 適度に触っていきたいな~  みたいな感覚で。

……まぁ それでも最初に書いたように 又は ボクの只今の現状における
背景説明を連ねた上でも何となく想像できるかもしれませんが
半ば ボクの生活の一部を支えてもらっている部分も大きいですから
当分は 今後も毎日更新が続くと思われます。  よろしくお願いします。

で 仮に 受験に関して追い込みが始まってきて これらの時間が怪しくなった場合
――まぁ 本格的に追い込みに入っていないので この通りに行かないかも
しれませんが――過去記事の放出や記事文量の減少が起こった後にさらに
余裕が無くなった後に連続更新停止のような対処をする可能性が高いでしょう。

何事にも 何かしらの段階を踏んだ行動になる……
……のではないかと。  ボクのけじめ的にもそうしたいところですが。

そして 万が一 連続更新を止めざるを得なかった場合は
そもそも そこまでの精神状態が保てないでしょうから
「今日から更新頻度を減らします」のような宣言は無いものと思ってください。
――あらかじめこんな風に書いておくことくらいが 一種のけじめなのかなと思って。



――さて なんだか途中で(まぁ 書かないといけないと思ったから書いたのですが)
少し 重苦しい空気をまとってしまった気もしますが
重ねます。  ここまでこんな日記を続けられたのも
閲覧して影から見守ってくださった皆様のおかげだと思っています。

これから もしかしたらこれ以上にこちらに依存することもあるかもしれませんが
そんな時も 適度に接していただければ幸いです。  これからもよろしくお願いします。

TOP

クロニクル

2011⁄08⁄17(水) 00:00
クロニクル02クロニクル01
皆さんこんにちは~  今日はちょっと今更~  みたいな話題ですが
QMAのクロニクルのお話で延々と書かせてもらおうと思いますwww
気がつけば QMAのプレイ以外の話題でこんな感じで記事書こうと思える機会って
考えてみれば そこまで多くないですね~
――ネタ的に考えてみたらちょっと貴重なものなのかも~☆

さて ボクの場合 単純に記事ネタにするのが遅かったから今日にこの記事を
……と 言う流れの部分も若干あることは否定できないのですが
「そもそも 購入時期が遅かった」と言う物についての成分も結構ということで。

そもそも クロニクルの料金は結構高いですよね……
……さらには 基本 アニメとかその辺に寛容な母親が何故か
「通販」に対しては アレルギー体質と言うことを考慮してみると
通販スタイル(と予想される)コナミスタイルで買えるのかまず 大きな疑問が。

ついでに書くと ボクの場合は 現在QMAのプレイデータは
GWに作った痛スイカ(の定期)の中にまとめて入れてあるということで
――おかげで jubeatとかは ここ最近すっかりやってないなぁ――
限定版のパスが入ってきても 正直に使い道が見つからないと。

そして ボクのプレイスタイル的にも おそらくサブカは作らないので
――一時期 アイコとかアロエとかで作ってみようとも思った時期がありますが
気がついたらこの計画もうやむやになったまま 金属賢者に突入www――
なおさら パスをもらっても余らせてしまうだろうなと言うことで。

……てか これが売れるあてがあるんだったら売るけれども
このカード……みたいな話が延々続けられるので以下略と言うことで。

まぁ そんな中 先日久しぶりに千葉のアニメイトに行ってみたら
その他なの中に偶然これがはさまっているのをその時一緒に買い物に来ていた
友人が発見したので――この流れで衝動買いしました。  悪いか。

まぁ そんなわけだから 結果的には一つの懸念材料である
「通販ではない」と言う意味では 胸を貼って買い物ができたということで。
――母親の信用は取りつけておくにこしたことがないというのが
ここ最近のボクの生活の上で大切なことになっておりますwww



さて まぁ ともあれ細かく書いて行きたいところですが
ボクの場合細かくなりすぎてしまう気がするので 感想の方も
「ボクにとって出来るだけ簡略に」書いて行きたいと思います。

まず 表紙のカバーの方ですが……  Ⅷ稼働当初にも思いましたが
アイコとルキアの顔が同じゲームの作品のキャラとは思えない
――なんて事書いたら あちらこちらで何やら言われそうな気がしますが――
……とも 思いましたが その理由は中で垣間見れましたね。  うん。

ボクは このゲームを始めたのがⅤの中ごろだったかしら??  なので
――それでも なんとか賢者には上り切っているんだよね……流石だ。――
それより以前のシステムとか背景などについては 結構知らないことばかりで。

そんな意味では 古いバージョンの話とかを見るときに
結構新鮮な部分が垣間見れたりするわけですよねwww
――そもそも ボクにとってはユウ&サツキと言うよりは サツキ先生の方が
みている時期が長いわけですから このへんとかも特に新鮮ですよね。

そして 個人的には初代QMAの時にアロエ使わなくてよかったと思った。
一応 QMAにミューちゃんが出てくる前はアロエ使っていたわけですから
流石に まぁ なんだかんだで興味持ってページをめくるわけなんですがね。

……あの時のアロエのお仕置きは……  ちょっと泣けてくる。
確かに 雷落とされたらいろいろと構ってられないのはわかるけれども
もう少しどうにかならんものかいなと ボク的にはそう思った。
――まぁ これは個人的な感覚ですからね~  あくまでもボクの意見。

その他に 「エルフ」の(この作品内においての)特性と言うものを
一応 クエストの存在で理解はしていたものの
改めて再認識させていただいた部分もあったりなかったり。
(↑ここまで書いちゃったのなら もう 言っちゃえよとか。)

――と 流石に ボクのこれの購入に至るきっかけとなったページは
何を差し置いても「ミューちゃんの原画がみたい」と言った感じ。

これを買う前に ちょっとネットで探しものをしていた時に不意に
この話をしているページに飛んでしまいましてね(←一体何を探していたのやら。)

――その時に 不覚にもそのページに転載されていた画像に
結構食いついてしまいましてね。  それまでは 上記のような理由で
半ば自分で抑制していた部分があったのですが 何かが外れたというか。

――それ以来 書店などで置いてあったならば買ってやろうと待ち構えていたわけで。
(↑通販に関しては 前述の通り今回通さない方がいい気がしましたので。)

その話題の画像は……とも思いましたが ここで張りつけるのはまずかろう。
そんなわけで すでに持っている人は こんな意味かとふんふんしつつ
買っていない人は コナミのページへ飛びましょう。  リンクは張りません。

ひとまず 最初(設定段階)はやっぱり表情は豊かだったんですね~
――個人的には それもそれで良いような気がするのですが
まぁ 今はこの形に落ちついていますし 次回で仮にいきなり性格を
捻じ曲げられたとしたら やっぱり反感するんだろうなって感じでしょうかね。

ひとまず 大学に受かった後に(独学でも何でも)絵を練習して
妄想用にミューにゃんを書く練習とかしたいな~
  これを参考に。
――なぁんて ちょっとした危ない方向に走りそうな幻想も抱いたりしましたが。
……実際にその流れになったら いずれわかるでしょうね。

あと アカデミーの内部とかの絵もあったりしましたが やっぱり思う。
――今回の背景の中にも 食堂残して欲しかったなって。  個人的にあれは好き。
なんだか アカデミー前と校門とかって ちょっと被ってる気がしません??

一つ気になったところ。 一言ページの方に「あやにゃん」の
話題提供率が少し多めな気がする(他のキャラのところまで侵入している)と言うことは
逆に考えると QMAの経験があるキャストの方ってあやにゃんだけってこと??
――と いう どうでもいいような疑問もさておきとして。

まぁ あと インタビューページの方もありましてね。  一応目は通しました。
……てか 残りの尺が無いので 今日のお話はこれくらいまでにしましょうか。

TOP

迎撃前後。

2011⁄08⁄16(火) 00:00
今までのQMAネタは 連続して基本的に6日の内容を記述してきましたが
……まぁ この後にこの日のネタを書く~  みたいなことは流石にありませんが
それの前後の話で少しばかり まだ書いていない……と 言い張れるレベルなのか
正直わからないような話がまぁ あったような感じ。

……少々頭からまわりくどい事書いていますが まぁ
時期が開いてしまいましたが 書きたい話があったりするので有無を言わさず行きますよ。



社タイ
まず 当日の対戦の中でしばしばボクも投げさせてもらった社タイ
――一応 ボクの本当の武器は理系学問その他で行かせてもらっていますが
ぼちぼちと サブの武器的感覚で使えるように押さえてみたいなと思った次第。

――まぁ それなりに練習するには 社タイサークルに顔を出すのが
一番いい考えなんじゃないかな~  と 思ったわけで。

まぁ 先に 唯一撮っていた写メが一番高得点だった回だったので
なんだか それなりの点数をたたけているように見える気がしますが
こんな風に 琥珀天賢者さんを踏めたのは正直 運の要素大なので。

実際はどうなのかと言いますと 単語一つで書くのなら「CHAOS」。
ひとまず 今のところは一度だけ――と言う 言葉自体援護になりませんが――
100点を切ったことがありまして。  うん。  悲しい。
……全く張りあえていないので もう 悲しい程タライが振ってきましてね。

一応 クマフィーの中には「盥の洗礼」なるものがありますが
これ サークル店対でももらえたら嬉しいのにな~  なんてこと
幾度となく思った感じですね~  いや~  悲しい。

しかも ちょっと肩身が狭いというか なんというか。
……当然 他の皆さまに比べて回収量が少ないので
そして そもそも実力が足りておりませんので 傍から見たら
「勝負を放棄している」様にみられているのではないかとか思ってみたり。

一応 先ほど100点切ってしまった……みたいな事書きましたが
「わかる問題」については全力で解答しましたので……。
……一応 これが言い訳になるのか全く分からないわけなのですが。

――う~ん。  ジャンル限定サークルについては
どのような風にして取り組んでいけばいいのかわかりませんね……。
……ライトにとってはかなり肩身が狭いような感じです。

――うん。  この使い方については理系その他サークルなどで
自分がどんな風に感じるかどうかを確かめながらやってみましょうかねぇ。
――やっぱり 武器サークルで武器磨くのも必要だよね!!!
(↑まだ 武器の正解率が90行かないから。  85ってとこ。  頼りない。)

※ちなみに 只今も絶賛回収なうです。



まぁ さっき書いた内容が 迎撃に対する準備だったとしたならば
この後書こうとする内容は 迎撃が終わった後のもやもやの処理的な?

――一応 話に書いたように(覚えている人そういないと思いますが)
一応 協力で塔登ってみたのですが スフィンクスの顔を拝むことは出来たものの
それを撃墜するところまでは至らなかった……と 言うことで。

その後01
翌日。  上ってなんだかんだで撃退してきました。
――ちなみに 塔のてっぺん踏破は初めてです。  個人的には。
……と 言うわけで 今の時期遅い気もしますが初踏破の喜びを。
見事に 青銅組ですかね~  結構素晴らしいwwwww

本当に 見事な青銅組。

その後02
わ~い!!!!!  てか こんなの撮ってたら残念ながら
「ボイスがどんな感じだった」のかについて聞くのを忘れていたという。
……うん。  また 塔のてっぺんまで行けることあるのかなぁ……。

その後03
てなわけで プラチナメダル二つ増量でございます~
今までに比べたら確実に プラメの敷居が下がってますね……。



迎撃後
一応 先日迎撃した直後に上げたやつなので 先ほど書いた
プラメ二つやクマフィー補充はしていませんが 基本的には変わらないので。
……一応 グラフが落ちてしまった社会が悲しい所。  うん。

――社会にかかわらず 他のジャンルがどんどん下がっている事実。
……でも 理系学問はその他のおかげであまり変動しないんだよね……。

TOP

夏期講習――五週目。

2011⁄08⁄15(月) 00:00
今週の受講科目……は ありません!!

世間では 堂々とお盆の時期を迎えまして みなさんの中にも
帰省していて このページをいつもとは違う背景の中見ている~  とか
そもそも こんな時期 家にいるわけないだろう!!
みたいな方も おそらくはいらっしゃるのではないでしょうかね~

――まぁ 浪人生のボクの場合(先祖の墓などが来るまで一・二時間程度なら
また 書くことは違ってくるのかもしれませんが)お盆は無しな感じで。
……コミケ?  何それ??  美味しいの????

――まぁ ボクの顔の見知ったじいちゃんで もうすでに
お墓の中に入っている人いたりしますが じいちゃんには もう少し待ってもらって。
……こう 大阪に行くんだったら 神戸に先に家構えた方が早いでしょ??

……みたいな 軽い我が家の裏事情とかはまぁ 関係ないですか。

ひとまず なんだかんだで今週の授業は無い感じなのですが
たまりにたまった復習をさっさと片付けなければいけない!!!
――と 脳は叫んでいるのですが はたまた それを実践するべき体が
なんというか ボイコットを起こしているような状況でしてね。

いかにも 「やってもやっても身につかない」というじれったい現状。
……話を聞く限りだと ボクの周りの方々でもそんな方 結構いるようですが
浪人生にとっては この時期が踏ん張りどころなのかもしれませんねぇ……。

……一応 なんだかんだで 6日の話を引きのばしたらいつの間にやら
上げる時期を見逃してしまったのですが 一応 ボクの
夏期講習中の基本行動パターン他を記した記事も書いたりしたので。

……なんの宣伝しているのか全く分からないのですが……。
……うん。  じゃ お約束の先週の授業内容でも書きましょうか。



前週の受講科目:テーマ英文法・語法
今回教わった先生は ボクにしては珍しく――と いうか
ボクの記憶の中では 初めての女性講師と言うことになるのでしょうかね??

……と 思いながら ふと 思い返してみたら 現役時代
振り替え受講の数学の先生に一度 女性講師がいた事を思い出したけれども
まぁ あれは あくまでも振り替え受講だったけれどもね。  うん。

まぁ 女性講師だからと言って 皆がみんなキャラが薄いわけではなく
普段からめっちゃ濃い化粧をしている人とか 確か 1タームの時には
「あれ??  なんで 予備校の中に浴衣着て夏祭りのような空気醸し出しながら
歩いている人がいるんだろう?  大和撫子 いい感じだけどね~(←正体:講師)」
みたいな人とすれ違ったような事もありましたしね~

――と いうか あの雰囲気だったら 夏祭り風のあの衣装来て
チョーク片手に授業していたって事になるわけですよね??
……ボクは 廊下ですれ違っただけなのですが 背景黒板に そんな絵をみたとき
はたして ボクはどんな記事を書いたのでしょうか。  想像するすべもないですが。

まぁ 今回教わった先生もかなり若めな先生だとお見受けしました。
――女性陣からは「やっぱりかわいい」と評判だったようで。

……さて ボクの場合 英語の授業と言うことで 鼻を伸ばす余裕も当然なく
とにかく勉強にいそしむ。  そして 予習・復習をするのは当然として
それがわからなかったときには当然 講師室に質問しに行く。

……と 言う流れ。  まぁ 当然ということなのですが この時に限らず
英語の質問へ行くのって とにかく肩が重いというかなんというか。
――とにかく 個人的にかなり行きにくいような気がするんです。

……なんて書いたら「どうせ お前 その成績に恐れをなしているんだろ」みたいに
散々言われる事もあるような気がするのですが 先にそうではないと言っておきます。
――逆に そんなプライド浪人になって積極的に崩そうと頑張っていますから。

なんというか 何度か聞きに行くような過程でパターン化してきた流れ。
の「先生。 この構文がどうしてこうなるのか何度考えても分かりません!!」
講「いや~ なんというか『そんな風に使われてるから』としか言いようが……」
の「ですよね~」  みたいな毎日なんですよねwwww

……いや 自分の質問の仕方に無理があるような気もするんですが。
――理系の常なのか 何でも「理詰め」で理解しようとする傾向があるのでしょうか。
……とにかく 毎度毎度 同じ動作の繰り返しを続けている気がどうもする自分。

そう言えば この講習中に 一度(疲れからだと信じたいのですが)
やらかしてしまったこともあったっけな……。  懺悔タイム。

期間中のとある日。  まぁ 朝の自習やってて どうも眠気が払えない。
そして ちょっと時間が浮いたな~  なんて事がありましてね。
……数学の問題を解いている最中 もう一つとくのには短いけれども なんだか余った。

――今となって思えば もう少し他にやること(単語帳とか)ある気もしたのですが
あの時にボクが選んだ選択肢は 「昼寝」 と 言うわけで。

数十分後。  起きる→普通に授業始まってんじゃん。  The End.
――その後の流れは みなさんの御想像にお任せします。
そして ボク自身 こんな綱渡りの講習は二度と御免です。
――心の底から反省しました。  もうこんな事やりたくないもん。

……さて 今までの中で 先生の描写は……一応 簡単にもやった。
――その他の話も混ぜ込んだけれども 授業の内容自体の話は??
なんて 個人的にも書きながら思ったのですが。  うん。  なんて書こう。

多分 教え方は相当丁寧――なのだろうけれども 如何せん
夏期講習のテキストだからか かなり早口になってしまっているのはしょうがない。

さらには その出来が「ボクが元々chaosな能力しか持っていないから」なのか
「その先生の教え方がいまいちボクにあっていないのか」の判断がつかない
……と 言うわけで なんと表現すればいいのか全くわからん。

苦手教科の授業のレビューって こんなとき毎度毎度思いますが
――特に 対比対象が無い時なんかは特に――かなり難しいですね。



……さて。  今週の受講講座はありませんが 次の告知記事もしっかり書きますよ。

TOP

六日のその他!

2011⁄08⁄14(日) 00:00
アキバ01
……皆さんこんにちは~  いつまで引き延ばすんだ。
8月6日のどうせしょうもないお話なんてすでに聞きあきたわ。
――なんて かなりの人が思っているような気がしますが……。

どうも。  しつこいことに好評なダラダラブロガー のっぴぃです。
――題名の中に「ダラダラ」と言った単語でも書き込んだ方がいいでしょうか。

書いている内容からして「ダラダラ」していますし
書いているのも 毎日「ダラダラ」しているし そもそも その内容が
数日前の内容であるということも結構ありまして そこからも「ダラダラ」と。

さらには こう 夏の暑くなってきますと ボクの実生活からして
見事に「ダラダラ」するということで。  結構妙案じゃね?

まぁ なんだかんだでタイトルを変えるのも面倒くさいので
大学受験が終わったら ブログタイトルとか帰るとしたら変えるという方向で。
……まぁ そんな時にはまた 表だって掲示しますよ。  ボクのことだから。

アキバ02
あ~  まぁ またなんだかんだで話が早速ずれてますね。
……さて 一応 秋葉原に行ったって話題が欠けているので
カテゴリの関係的にも この話を書こうと思ったわけなのですが……

……これでもかとばかりに見事に 内容が詰まっていない
スッカスカのスケジュールになっておりましたということで。  なんか悲しい。

こう 友達と言う関係で集まっていたとして 秋葉原に
……まぁ いわば引き寄せられるような共通を持っている人間だとしても
その「好み」と言ったような ちょこちょことした内容は変わってくる訳で。

例えば ボクは(ミューちゃんと)「けいおん!」厨と言われるような類ですが
ボクの周りにはこのような特性で話に付き合ってくれる人が……
……残念ながらおりませんと言うことで。  悲しい。  非常に悲しいぞ。

……逆に ボクも その他の友人の趣味に付き合いきれない部分もありますから
どっちもどっちと言った内容だと思うのですがねwww

さて このような状況下 群れてアキバに出たならば
状況によっては「皆が群れて楽しめられるような場所は少ないだろう」と予想。

だったならば 皆がわがまま言って行ける場所を皆で
ぞろぞろと巡ってみるくらいの時間を用意すればいいんじゃね~
――と 期待して時間設定をさせてもらった感じです。
(↑基本的に 皆に情報を送れるボクが 計画・企画した感じですが。)

……つまり 皆にある程度の持ち時間配分しながら
それぞれ 好きに行ってみたい場所をぞろぞろと巡って行くような感じ。
……別に アニメとかゲームとかが趣味としてばれたらまずい~
――みたいな事情 このメンバーの中で考える必要ないんだし~  みたいな。

――結論。  あくまでもボクの主観なのですが
皆が譲り合っているのか 逆に 何処にも行きたい場所が無いのか
まぁ なんだかんだで 何もやることがないという現状に。

ちなみに 他の人がどのように考えているのかわからないのですが
――ひとまず ボクの基本的な「個人的にアキバに行ったとき」の
動き方についてぼそっと書かせてもらうとするならば……。

例えば アニメイトならば 東京までわざわざ出かけなくても
予備校の目の前のビルのテナントに堂々とアニメイト入ってますし
そこになかったら 千葉のアニメイトでも除けばいいし。
――ゲーマーズも津田沼にあるんですよね~  ……とらのあなも近い。

その辺を考えてみると単純にアニメイトを回る必要はない。
――実際 ネタが無い先日アキバについた時も「そこだけは行かない」と言うのが
半ば お約束のようになっていたのですがねwww  何このプライド。

……で ボクの例年の場合は~みたいな話でしたよね??
秋葉原のあちらこちらには「レンタルボックス」なる
いろんな人が物を持ち寄るお店があるじゃないですか???

個人的には 例えば ゲームセンターのプライズなどを探しに行ったり
いわば「掘り出し物」が転がっていないかどうかとか確認しに行く。
……と言うのが アキバに行った時のお約束になっているわけで。

最近の掘り出しものと言いますと「一番くじ」で 何かないかしら……
……と 言った具合でしょうか???  「けいおん!」のが比較的最近ありましたし。
(↑一応 買いに行きたかった事もあるのですが ボク 基本的に
「クジ運がひたすら悪い」と言う特性もありますし チキンなので買えなかったんですよ。)

――で ボクのターンが回ってきたらこのへん回りたかったのですが。
……えっと……。  うん。  何なんだろうね。  この沈黙。
――みたいな感じとでも書けばいいのでしょうか。

ひとまず 皆 誰も我がままいい出さない。  マジすか。
こうなってくると この「たっぷり用意した時間」と言うのは
無駄な時間以外の何物でもないような感じになるのですが。

……一応 レンタルケース回ってみたのですが こう ちょっと いろいろとね。
……ついでに 一番くじのあずにゃんも見つかりませんでしたしね……。

Aさん「ところで 俺達はなんのためにアキバ行ったんだ??」
――仰せの通り。  私めの時間把握力が悪かったからです。
こう 毎度毎度細かい日程を決めて行動するのが苦手なんですよ。  ボク。

――と 言うわけで 身にしみて分かったこと。
ボクは オフ会やら何かの会合の計画を立てたりする立場には向いていない。
――適所適材。  必要な時には顔出すけど 絶対運営には向いてないわ。
……先読みもあまりだから 株とかもやらない方がよさそうかも。


さて この何処が報告記事なんだよ的空気も漂っておりましたから
半ば 強引に思われるかもしれませんので 最後にちょこっとだけ。
……ほんのちょこっとだけ あった話を書かせてもらおうと。

あいにく 写メし損ねたところなのですが この日には
水樹奈々さんが最近アルバム出しましたよね??  あの ラッピングトラックが。

流石アキバだとは思いますが……「世界ふしぎ発見」……??  未だ納得できず。

TOP

残りQMA的

2011⁄08⁄13(土) 00:00
なんだか 今までの内容は見事に対戦ばっかりだった……
……と 書いても 実際基本的に対戦しかなかったんですがねwww

ひとまず あの後アキバから帰ってきまして(アキバでのQMA以外の
話題もあったりするのですがそれはそれで カテゴリ的に別に書きます。)
知る人ぞ知る「ラッキー西千葉」の方をご案内してみた感じです。

――慣れない人は あの「超名門」ラッキー西千葉校が
見た目かなりみすぼらしい所にかなり驚かれるようなのですが。  どうだったでしょう。

21_20110807223929.jpg
ひとまず なんだかんだでそのあと なんだかんだでルインズとはお別れして
――もう一人は 格ゲーとかに移動してしまったので
ボクとチャモロさんとでオンライン協力に潜ってみましたって話。

22_20110807223929.jpg23_20110807223928.jpg
さて ひとまず 結果的なものを書いてみますと てっぺんには行けました。
――が ボク 地雷すぎましたのでね。  討伐にはならず。
……ひとまず スフィンクスの顔を拝めただけでも良かったとしておきます。

あ。  まぁ それの途上……と 言うわけではないのですが
まぁ なんだかんだで「スパイラルクイーン」と遭遇しましたので
――お手手にドリル獲得させてもらいました。  ありがとうですwww
※正確には ここに至るまでの間にすでに上っているのですがね。

……正直 今日画像でお送りできる この日にあったQMAネタはと言いますと
この話くらいしかありませんので 寄り道をたっぷりして行く事になりますが
この間 その残りの友人は 先ほども書いたように格ゲー等を。

……この時だけではないのですが 当日はかなり時間が余りましてね。
……彼の場合は マルチゲーマー(とでも表現するのでしょうか。)なので
ゲーセンに行けば 簡単に時間つぶしができるようなのですが
ボクの場合は このへんのバラエティがかなり少ないと。

……これがいいか悪いかは賛否両論いろいろとある気がしますが――極めすぎて
ある程度のところまで行かないと納得できなくなってしまう体質に
なってしまったら 少なくともアウトでしょうね――まぁ
こんな時にはいろいろと憧れるな~  なんて 思いましたね。

――とか言っておきながら 新しいゲームを始めることは無いだろうけれども。
……だって受験生(笑)だもの  ……アレ??
――最近は 胸を張って受験生と名乗れる身分でいられる気がしませんがね。



あ。  そう言えば ボクは関係なかったので描写しませんでしたが
ボク以外の三人は 千葉で遭遇した朝 jubeatで対戦していた気がしますね。

――ちなみに ボクの場合は「データが痛スイカに入っている」から
4月以来このゲームをいじっていない  ……のと まぁ それと同じように
データが使えないということで ボクはひたすら外野に回ってました。

わ~  ボク レベル6・7あたりが限度だからね~
――目移りしやすい体質なボクとかは よく言われるのですが
「音ゲーに向いていない」と言うことで 最近は諦めが入っています。

……と この内容を堂々と書いてしまう時点で
先ほど「憧れる」とか書いた内容と堂々と矛盾してしまうわけですが。

おそらく この内容だと 音ゲー(吹奏楽出身なのに)アウト。
昔 初プレイでカモにされた記憶が苦々しい格ゲーもおそらくアウト。
血とかそちら系統がどうも駄目だから 基本ガンシューティングもダメだろうな~

――と 言ってみると なんだか基本的にやれることないんじゃね??
さっきボクが書いた「羨ましい」と思った内容は夢幻のようです。
――まぁ 何がともあれ 全てのものには向き・不向きってあるよね。  うん。



……さて。  報告だけ……と 言うよりも(結果的にボクは視認できませんでしたが)
一応 オフ会を目指して募集をかけたという経歴もありますので
それに対する反省のような物も一応 書いておかなければ
全くこの先に行かせることもない気がしますのでね。  書きましょうか。

――特に この時期に「次回に生かせない」と言う単語について
やっぱり 勉強に関係が無いにしても 出来るだけ回避したい気持ちなもんでwww

そして 仮に ボクの告知に興味を持ってその場に来たけれども
ボクらの行動・現地でのアピール不足などで 無駄足だった。
……等と 思った方がいらっしゃいましたら 申し訳ありません。

今のところ ボクのところのツイートやコメントの方で
こちらに関する苦情などは来ていないので そもそも ボクの
告知の仕方に問題があったのではないかと自己分析していますので
一応 そうであるという前提でぼちぼちと書いて行こうかと思います。

まず 第一に 告知の仕方が なんだかまどろっしくて
なんだかんだで「行こうかな~」と思わせる内容ではないのではないかと。

ボクの特徴である「書き過ぎ――この時期のこの部分自体そもそも
『書き過ぎ』の要素が強い気もするのですが――」の要素で
「……で 結局お前は何が書きたいのか?」と言った内容が
なんだかんだでうやむやになってしまったのだろう。  と言うことが 反省点。

こんな感じの普通の一日の記事だったら……やっぱり書きすぎかもしれませんが
せめて 他人にアピールする・何かを告知する立場になったならば
ある程度は その傾向を自重して わかりやすい内容
……そもそも 相手に注目してもらいたい内容をピンポイントで押さえるべきだったと。

あと 時間配分についても ちょっと中途半端な時間だったかも。
……帯に短したすきに長しと言った感じでしょうか??
――実際 我々も かなり東京で時間を無駄にした感じもありますし。

……と 言うわけで その無駄にした東京でのQMA以外の話題メインで
次回は書いて行きたいと思います。  ……今日は 日記にすらなってない気が。

TOP