まるで廃墟

2011⁄07⁄31(日) 00:00
前回のあらすじ。  勉強が倦怠期になった。
だから とある日の午前中に暇つぶしも兼ねて遊びに行った。
ただ遊びに行くのも何となく芸が無い気がするから
QMAのTシャツ探しのプチ遠征を兼ねてやってみることにした。

ひとまず 前回の記事の中では(素晴らしいデザインのスーツをくれた)
プラネットと パロの方のTシャツを確保した話までは書きこみましたね。

――ついでに それ以前にもぼちぼちともらったシャツもありますが……
……まぁ 今はそこまで関係ないからいいかって事にしましょうかね。
今度 どんな感じで集まっているのかマイルーム確認でもしてみよう。

そして 今回ネタとして一日使わせてもらおうと考えているのは
「ウェアハウス」でのひと時?  みたいな感じでしょうか。
順番的には 上記二つの間に取ってきたアイテムになるのですが。

ウェアハウス外ウェアハウス入口
ウェアハウス全店恒例の話なのかもしれませんがね。
……なんだか 若干廃墟じみている外見と言うのかなんというのか。
――傍から見てもかなり物々しいような……気がしますよね。

なんだか 普通に周りにはマンションが立ち並んでいたんですがね。
景観とかその辺の問題は起こらなかったのでしょうか……
……若干気になるところですが まぁ その辺の事情はわかりません。

そして 入口が正直にどの扉からどんなふうに入っていけばいいのかわからない。
てか 自動扉なのか手動で開くのかもわからない。
――最初は どっかに自動扉が隠されているのかとも思いましたよ。
だって 扉にとってすらなかった感じですからね。
――結局 扉は体当たりすれば開くことが判明。  わかりにくいんだよ。

そして 入口の写メ(右側に貼っている写メ)の○の中には……
正直に 今考えても得体のしれないものが「ゴポゴポ不快な音を立てて」
泡立っていたんですがね。  ――てか あれ なんの演出だったのだろう。

そして この中の内装とかも結構凝っていたのですが……
ボクの持っている超精度の悪い携帯では あまりよく取れなかったので
内装については 何処かの廃墟のような感じだったということを書いておきましょうか。
――両替機の表面もさびたような演出あったからねぇ。

トイレ一階トイレ二階
でも 明るかったからトイレの撮影だけは出来た。  左が一階右が二階。
――一階。  めちゃくちゃ廃墟のように見えますが。
……なんだか イメージが結構凝っていますよね。  それこそディズニーとか
ユニバーサルスタジオとかもこれくらいやってくれるでしょうか。

あそこは 夢の国だからいいとしても 単なる一アミューズメントパークが
ここまでやらなくてもいいような気がするのはボクだけでしょうかね。

二階は デパートとかにあるアミューズメントパークなんかにおいてある
対象年齢が低いようなゲームが中心。  ムシキングとか?
(↑流石に詳しく観察することはできませんでした。  様々な意味で。)

そこは 流石に廃墟のようなイメージではなく まぁ ちょっとした
西洋風の普通の城のような内装だった気がしますね。  たとえるなら。
てな訳で トイレの方もそれなりに普通の内装。  いかにもどこにでもありそうな。

結論。  一階の内装の凝りようは半端ない。
イメージがすげぇ。

ウェアハウス
さて そんなこんなで ディズニーランドでも
行ってきたかのような演出を
楽しみながらQMAの方を覗いてきましたねwww

――この演出のおかげなのか
ゲームセンターにしては薄暗いウェアハウス。

撮影とか基本的にめちゃくちゃ
やりやすかった感じがありますね~www

……今の時期 節電と言う線もあり得るけど
このへんはどうなのだろうか。

てなわけで 写り込みとかが無いのは
結構役立ちますね~www

……で 店の内装にめちゃくちゃこっているのはわかりましたが
その会社が用意した限定アイテムの方は 思ったような物でもないらしい。

ちなみに 入口と出口は別仕様になっているらしく
ボクは 入口のドアが(体当たりして侵入したわけだからなおさら)開かないことに
めっちゃビビッて なんだか おかしな言動している怪しい人になっていました。
出口が別なのだったらそうとわかりやすく教えてくださいよ。  一階暗いんだし。

TOP