翅音

2011⁄07⁄18(月) 00:00
キリ番が近くなってまいりました~www
――てな訳で 踏んだ方がいらっしゃいましたら
コメントなどで報告をしていただけると非常に嬉しいですwww




どもどもこんにちは~  なんだか 最近家の近くにある
とある団地の一室で 黒くててかてかしていて
みょーに素早いアイツを飼育している家があるようでね。

帰るときに その前を通ると “彼ら“が下手したら二桁まで行く
群れを形成しているところを見かけることがあります。
……正直言って これ 不快ですよね……。  少なくともボクはそう思います。

まぁ 確かに良く考えてみなくても ここ最近は家の中で
あいつらを見かけることが例年にも増して多くなった気もしますし
先日 家の周りに農薬散布してみたら かなり効果があったようで
あいつらの骸が転がっていましたよ。  ざっと二・三匹  もっといるかも。

そう言えば 先日 ゴミ集積所のカラスよけのネットのところに
バッタがとらわれていたのですが そのバッタは そのカラスよけネットを
見事に食い破っておりました。  昆虫 やるときゃやるな。

カラスがごみをつつくのを見事に防止してくれている網を
バッタ 食い破ることが出来るんだな~  草の繊維を噛みきるのと
勝手は似ているのものなのでしょうか。  合成繊維ですが。

確かに 夏になると昆虫類が活発になって あちらこちらで見かけるようになりますが
ボク的には どちらかと言うとセミの合唱とかよりも
このへんの 地味?  な 昆虫の暗躍を見かける機会が非常に多いこの夏。

と いうか それよりも前に 今年も春らしい春の陽気だった日が
非常に少なく いきなり夏が訪れてきた。  そして 雨の記憶もないという
そもそも 地球の環境からして大丈夫なのか甚だ疑問なのですが それはそれとして。

――ひとまず このような形で目にする機会が妙に増えるのはいかがなものか。
……とは思うものの この件に関しては誰に愚痴りようもないという。
――まぁ 特にバッタなんかは必死だったんだろうね。  これはしょうがない。



てなわけで どうもこんばんは~  のっぴぃでございます~
――なんだか つい先日まで 予備校一学期の復習スペシャル垂れ流して
見事に 日付的バランスが崩壊したのと 最近の日常を語る暇が
あまり無かったような気もしますし そもそも 日記らしくない気がしますので
こう 適当につらつらと書き連ねてみようと思います。  今日はそんな日。

こんな風に 浪人生の立場になってくると 未だ現役の学生の日記
――まぁ 大学生の方はボクにはまだ触れない世界のものですが――を
拝見する機会があったりして その時とかに ふと 懐かしい気分に浸ることも。

そう言えば そのような人たちはもうそろそろ一般的には
夏休みに突入したころあいになるのでしょうか。  ちょうど今の時期は。
ボクにはそのような概念すらすでに無くなっていますからね~

まぁ 先日 文化祭覗いてきた~  のような
(完全に企画者としてかかわる機会はないものの)冷やかしに行けるものもありますが
テストの報告とか その辺のボクにはもはや記録でしか残らないこともあります。

で 最近並んでいた一学期の期末試験でしょうか??
その報告記事を見ていて 学校によってスタンツってまばらなんだな~
――みたいな ふとした感想を持ってしまいました。

つまり ボクの時はこれが当然だと思っていたのですが
平均点が50割るテストがゴロゴロ~  みたいな学校って
そこまで多くなかったんですね。  ちょっと驚き。

――まぁ これはボクの感覚と言う物もありますし そのボク自身はと言いますと
こんな風に浪人生でありながら ぽけぽけと毎日日記更新しているような
勉学的に見ても大馬鹿野郎ですので そもそも 図る天秤からして
正当なものなのかかなり大きな疑問符が付くところなのですがねwww

まぁ これに関しては 学校の良しあしが見えるわけでは無く
単に 先生たちがどれくらい生徒思いなのかということを示しているのでしょうが
ボクの学校では(教科にもよりますが)平均が50を割る……のはおろか
平均点が赤点ボーダーを下回ることもざらにあったりしまして。

……それを考えると ボクの通っていた学校は
どれほどえげつない問題を晒してきたのか……なんて事にも思うわけで。

ですから 報告記事を見た感じで 80点台が続く~  みたいなのを見ると
何となく 形容しがたい羨ましさのような感情が芽生えるわけですよね。

……ボクの通っていた学校の価値観で行かせてもらいますと
80前半で学年最高点だったりすることも割とあったりするので
その辺の点数が多く書かれている物を見ると 思わずブラボーって
声をあげてみたくなってしまうというwww  価値観が狂いつつあった。

ちなみに ボクの妹の学校の方も傾向的には同じっぽいので
(あいにく 他校に進学した友達の定期テストの話なんかしないので
確定して言い切れることではないのですが)もしかしたら
千葉県全体的に 定期テストの問題がえげつない方向性になっている……
……可能性の方も 無きにしも非ずっぽいですね。  もしかしたら。

ついでに 何かの意図があったのか あらずなのか いまいちわかりませんが
学園系の物語でしばしば見受けられる学校内偏差値とか学年内順位とかの概念
……これらと ボク 全く関係ない世界で育ってきたなぁということを自覚して。

――だって 高校卒業するまでに このへんの数字みた覚えありません。
……おそらく 見落としている~  みたいなこともないでしょう……か??

なんだか 物によっては順位を貼りだす~  みたいな事もあるようですが
ボクにしてみたら そのような事起こりうるの~???  みたいに
そもそも 予想だにつかないような現実とでも言うのでしょうかね??

ボクが育ってきた学校は自称 単位制の進学校だったはずなのですが
それは 先生方がそう思い込んで なんだか変なプライドを持って
看板のような物を張りぼてのような形で作っていたのかもしれません。

……そもそも ボクの通っていたカリキュラムで センター試験を勝ち抜くの
正直に 不可能です。  特に 今年からは 変わっていないのならば
あの学校から普通に行ったら 神戸大学に進学できる人はいないでしょう。

……こう 公務員批判をするわけではありませんが……。
――もう少し現実をみた方がいいような気がしますよね。  様々な意味で。

TOP