夏休みに向けて

2011⁄07⁄10(日) 00:00
1ターム2ターム3ターム4ターム5ターム6ターム
2限・英語
英文法・語法
4限・地理
センター対策
2限・数学
演習問題
授業なし6限・物理
電気・波動
5限・国語
センター対策

5限・化学
平衡・速度



※あくまでも現時点での予定です。
 一部科目について 変更も検討中ですので……まぁ ここで報告する必要もないのですが。

本日で 予備校の前期日程も終わったことですし
――と 言っているものの これから書く記事はあらかじめ書いている
「目標記事なので」 実は この流れはあまり関係ないのですが――
これから夏期講習→秋へ向けての予定や目標を立てて行くべきだと思いましてね。

ちなみに 上記に上げた表が(うまく入力できているかしら?)
予備校で受ける予定にしている夏期講習です。

……まぁ 今の予定ですと そのタームが始まるごとに
前の授業やら 自習の反省やらで記事一つ消費する予定なので
その時に また 改めて書くことになると思うのですが。
――そのまんま 去年のような流れでしょうか。

まず ドンブリ的に 前に書いたかもしれませんが
「浪人したからには」ということで立ててみたセンター目標点数。

――理系で400点かすめ取って ついでに地理で100点
残り 国語と英語で足して300点計 900点中の800点を目標にしていますが――
それに向けて この夏をどのようにして過ごしていくのかが 今後の大きな課題です。

ちなみに 志望校のレベル的には センターは7割5分が取れればいいらしいですが
やっぱり 何事も多めに取って あわよくばもう一つ上位の大学も
手の届く範囲に落とせたなら嬉しいじゃないですか。
……そして 目標はちょっと高めの方がいいんです。  きっと。

――まぁ この目標がどこまで実現可能なものかどうかは……。
……ひとまず みなさんの予想にお任せするということにしてもだ。
――それぐらいの意気込みでやらなきゃいけないというのは事実だと思うんですよね。

さて では その目標を達成するまでにどれくらいの目標を立てればいいか。
――まぁ 今(この記事原稿を考えている時期)の段階では

英語:夏休み明けには 単語であたふたしない
数学:この段階で 9割以上は自信持っていけるような
国語:英語と同様。  現代文は満点ペースにいれられるように
理科:マークにヤケに弱い特性の克服
地理:この段階で 満点近くに乗れるペースまで引き上げる


……くらいの ちょっと苦しいんじゃね??  程度に思われるくらいの目標立てなきゃ
この夏 どう考えても乗り越えられないと思うんですよね。

とりあえず この段階で少なくとも 数学と理科・社会については
ある程度の完成をこの夏休みの間に済ませてしまうことを一つの目標として
この夏の勉強をやっていきたいなと思っている限りなのですが。

そして 今まで組み立ててきた分も含めて 英語や古典の成長が
いつにやってくるのか。  そして それがどれくらいの威力で
ボクの成績を底上げしてくれるのか――そのための肥料をまく作業も
同時並行して進めて行かないといけないということも分かっていますよ。

……ただし ここに書いた一言は基本的に「センターに的を絞って」
立ててみた目標ですから 特に 理系教科については
それ以外にも いろいろと考えて行かなければならないことがありますよね。

てな訳で 一応 二次試験に照準を絞った目標を考えてみますと

英語:まずは センターを克服したいと思う。  二次試験はそれから
数学:基本的な問題は全てこなせるように。  テキストの反復復習
物理:記述の練習。いつもしつこいから 出来るだけ簡潔に
化学:計算間違いを失くすためにも 考え方をことさらはっきりとさせる。


――ボクの記述は 基本的に「しつこい」それゆえに時間が足りなくなる……
……という 一つの大まかな傾向が見られるので まずそこから考えて行かなければ。

ちなみに 理科で「マークに弱い」という書き方にしましたが
ボクの理科の場合 逆に「ことさら細かく記述しなければ
頭の中に未だ うまく論理が組み立ててもらえない」という
致命的なのかなんというのか そんな弱さがあります故……。

問題演習が足りない……と 言うよりは 今までといてきた
問題の答の作り方がちょっと悪かったのでしょうかね~  だらだら書きすぎた。

そんなわけで いつも「板書を書くが如く」事細かくなっていた記述を
段々と「答案並みの」文量に整えられるように
夏休みの時間をかけて ゆっくり急いで解決していきたいと思います。

そして 英語については まぁ わかってもらえるとは思いますが
「捨てている」わけではないことは あらかじめ言い訳しておきます。

――何事も まずは英文法と語法・英単語の基礎が必要だということ
この予備校生を経験していた数か月間でよくわかった気がします。
……今までもっていたうぬぼれはさっさと捨て去らなければ。

まぁ そんな意識が持てるようになったというのもこれはこれで
一つの大きな収穫なのかもしれませんがね。  きっと。



計画停電
……さて この先もどんどこ目標とか――とも 思ったのですが
第一に これ以上大まかな事書くよりも マイターム始めの記事とかに
細かく目標書く余裕とか作りたかったし 少し文章が
固すぎる気もしたので 今更なんな気もしますが 少々日記らしく。

予備校――基 ボクの勉強空間とこれの関係について書きたいと思います。
……と いうか 本当にいやですね~  計画停電。

そのおかげで 予備校の中の自動販売機――便利なものから優先的に――
電源がオフになって おかげで さらに厳しい夏になった模様。

ちなみに ボクが割と便利に使わせてもらっていた自動販売機として

①カップ麺の自動販売機  ②紙コップ式自動販売機

  これが消え去った。
他にも ちょっとしたスナック売っているやつとか パンとか置いていた物も。
――う~ん。  なんだか 優先度がおかしい気がするのは気のせいか。

ついでに 試してみたわけではないので 定かではないのですが
おそらく カップ麺の自動販売機と一緒になっていた「給湯器」の方も
この影響で使えなくなったのではないかな~  と言った感じ。

まぁ 確かに暑い中カップ麺の需要は落ちるかもしれませんが
やはり 急に小腹がすいた時とか 弁当持ってくるのが億劫だったときとかには
何かと重宝する自販機だったので 影響はでかいかも。

再稼働は秋ごろ。――うん。  これも関連することだよね。  学習環境に。

TOP