講師談議

2011⁄06⁄04(土) 00:00
そう言えば ふと 考えてみたならば 予備校の授業関連の記事
――現役生時代にボクが学校の中で起こったことをつついたのに比べると
かなり減少しているな~  なんて思いたちました。  のっぴぃです。

……正直 学校の話を書くよりも物によっては こちらの方が
地域とかを大きくすることができますし――こちらの方が行動範囲広いし
そもそも 「勉学のプロ」だから この雑談もかなりうまいんですよね~――
この話を書かずして 一体ボクは何を書く??  みたいな事を思いたち。

……確かに 何を聞きかじった話があったかな~  とか思って考えてみると
なるほど 母校の名簿の上では「居住地・死亡」って書かれていたりする
小ネタにはあまりこまらない状況なのか~  ……みたいな事に。
――まぁ なんというか 思いたってしまったりするわけですよね。

そんなわけで 今日は この先生方が話していた内容などを
ぼちぼちと(ヤバくならない範囲で)書いて行こうかな~  ネタもないし。



特に 最近授業がネタに走ってるんじゃね??  って
個人的に疑っている……と いうか 事実そんな気がする授業は古典かな??

ボクがつい最近古典で学びとることが出来ただろう事と言えば
係り結びや助動詞の活用などの話……これはわかる。  でも これをはじめとして。

尖閣諸島を狙ってやってきている大陸の某大国の話
それを守っているかもしれない?背景の大きな壁である
安保理に開いている大きな風穴――ほとんど国民に知られていない話とか
学生運動が盛んだったときの大学の様子……などなど。

うん。  古典の常識として係り結びを教えるのはわかるけど
確実に 安保理とかその辺の話は 政経・現代社会をはじめとした
公民の社会科目の話なのではないでしょうか??  なんて思いながら。

……ちなみに そこに関しての言い訳について自分が言うところには
「自分は古典を今教えているけど 実は社会の教員免許を持っている」
……だ そうな。  でも 少なくとも今は古典を教えてほしい。

まぁ 昔話をやるのはいいけれどもね。  さすがに限度があると思うよ??
……まぁ 国際情勢とかその辺の興味があるボクにとっては
普通に考えた感じだと このへんの雑談は大歓迎だけどね。

……まぁ そんな風に前向きにとらえる理系人間 普通に考えたなら
あまり多い方じゃないと思うんだけれどもねぇ……。
――ほら。  今 授業も半ばだけど帰っちゃった人いるよ??

まぁ 先生としては「暇つぶし」の意味合いが強いのかもしれませんが
正直 生徒側から見ると その話が始まったとたん(優に30分弱)
こちら側で もわっとオーラが出てくるくらいの眠気に教室がおおわれます。



同じ科目の先生同士では特に 年齢が近かったりする場合には
割と 仲がいいのか 何人かの先生の雑談の中で
ヤケに 話がリンクしてみたり 冗談に妙に登場してみたり
そのネタにされたという話をさらにはネタにしてみたりと

……なんというか あなた達 めちゃくちゃ仲いいですね!!!
って 多分 生徒一同ツッコミを心の中で入れていたと思う。

……うん。  友達とかその辺のパターンとかは読みやすいけど
それとはまた別に その先生が「アイツは 多分9講目にメルトダウンするから」
みたいなネタを振った次の授業で「私は まだメルトダウンしません」宣言を
……先生の間でのホットラインというのはまた 怖いものだ。

ちなみに メルトダウンしていませんって力説しておきながら
ちょうどその時に風邪ひいてて どう考えても「あ~……
これ 明らかに一足先にメルトダウンしたんだな~」としか思えなかった件について。

そう言えば 特に今指摘した先生方については考えてみたならば
授業スタイルというか 配ってくるプリントというか
その辺の作り方もかなり似通っている気がするけどなぁ……



先生について ある意味かなり書きやすいのは地理の話とか??
……ボクが今まで受けている中で 段々と授業が伸びている気がするよ??

そもそも 前の授業の先生(多分世界史?)も授業を延ばす性格らしく
この先生も 休み時間終了ギリギリまで授業を延ばしてくれますからね~www
……おかげで この間の休み時間は立ち話くらいしかすることが無い。
……こんな書き方をするのもあれだけど 結構浪費している気分になるこの時間。

この授業 途中から入ってきたおかげで もしかしたら最初のガイダンスの中で
「私の授業は非常に長いです。覚悟しておいたください」みたいなこと
しゃべっていたのかもしれませんが そんなのボク 知るわけないじゃん。

ひとまず こちらの科目の先生も 自慢話なのか何なのか全くわからない口調で
同じ話を何度も壊れたレコードのように垂れ流す事もあるからな……。
別の話だったらまだしも 棒読みで同じ話を続けられるとねぇ。

こちらはこちらで 「あ~……また始まったよ……誰か止めようぜ?」
みたいな空気を教室中が漂わせ始めてもお構いなしに喋りつづけて。
――結局 ボクの時間感覚が狂っていなかったら 前は
休み時間……も とっくに終了させて授業を終わらせてましたね。

――うん。  時間にルーズなのは はたして地歴の先生の特徴なのかしら。
……おかげで ボク達の後に授業があった現役生が
廊下で居場所がいかにもないですといった感じで立ちつくすのを見て……
……うん。  特にボクに非は無いはずだけど なんだか悪い事した気分に。

ついでに 地理の話題だからあえて触れておくけれども
まぁ この前の地図研修ができなかったことについてはねぇ……。
――まぁ 深く語ることもないでしょう。  だってこの流れだよ?



まぁ 一言で予備校の先生って言っても 喋り上手もいれば下手な人もいる。
……まぁ 折りがあったら 出来るだけ全ての先生について
コメントできるような余裕があればいいなとか思ったりもしますが……。

まぁ 何にしろ ボクのことだから気の向くままに筆を走らせるのがいちばんかしら。

TOP