聞きかじったものを。

2011⁄06⁄30(木) 00:00
先日 日本に二つの世界遺産認定が決まった~  見たいな話がありましたね~
――小笠原と平泉ですか。  こうなると 富士山も頑張らないとね~
……みたいな雰囲気が漂ってくるような気がするのは気のせいかしら。

まぁ まず 文化遺産として頑張ってみて それからさらなる努力で
樹海をメインにして 日本で初めての複合遺産を目指してみようか。
……と ものの見事に無責任な事書いてみるわけですがね。

まぁ そんなよくわからない妄想系統はどうでもいいとして
QMA社会使いを目指すのだったら 例えば 先日追加された
平泉の登録した寺社とかについて 少し調べるくらいはしておかないと……

これとは違いますが 先日トナメで遭遇した社会一問多答の問題では
「イスタンブール歴史地区に含まれる建造物を全て選びなさい」みたいな問題に
遭遇しましたからね~  ――世界遺産検定からの流問??

まぁ これが平泉にも適用されるかどうかはわかりませんがね~……
……まぁ 正直にこれから喋ろうとしている話題はどう考えても
QMAとは違う物にもっていこうとしなかったわけですがねwww
――うん。  一体最初から何書いてるんだ感が半端なかったよ。



さて こんなニュースを見ながら 親父が言うわけですよ。
「ケベックも世界遺産(以下略)」みたいな感じの一言。
……そう言えば 最近までそっち方面行ってたよね~

そして 先日 そんな出来事があった~  見たいな事がありましたが
その時の記事内容では 単純に「親父がいなかったら食べまくれました~」
みたいな いわば お留守番記事……と いうか 食い意地張ってばっか
――そんな内容だった気もしますしね~  ちょっとしたおさらい。

まぁ 軽くインタビュー内容・残された手がかりから推測した物
はたまた お土産の話とか 書かせてもらおうと思いましてね。
……でも 容量を得ないのはしょうがない事なんじゃないかなwww

ベルト
まず ボクが気軽に書きやすい内容としては
もらったお土産…………と
他の人に渡したらしいお土産とかの話にしましょうか。

まず ボクが個人的にいただいたのは
カナディアンインディアンの手製だという本格皮のベルト。  
――長さ調整ができません……と 言うことで
無言の圧力「これ以上太るな」ということみたいで。

まぁ ボクとしては
太るとか太らないとかその問題の前に
何となく「もったいなくて使えない」
と行った感じで……

……まぁ かなりお高いんだろうな~  みたいな感想を持たざるを得ず。

ちなみに 長さ的には「親父が巻けたから大丈夫だろう」という判断らしい。
――ちなみに 親父は40代も半ばに入っておりますが
メタボの「メ」の字も感じさせないほど 健康体を保っております。

軽く親父自慢続けさせていただきますと 先日もマラソン大会?
に 会社の人と行って来たらしいくらい元気ですよ。  あの人。

まぁ モントリオールと言えば……って 言われても
アイスホッケーっぽいイメージしかないですよね~

……確か 桃鉄USA(←なんだか 懐かしいもの持ち出した来たよ?)で
目的地(モントリオール)到着した時に その駅で待ちかまえているの
確か その辺の人たちがいた……ような気がするのですが。
(↑友達の家でちょこちょことやった程度の記憶ですが。)

まぁ 何がともあれ それをお土産に選んできたって事は
このへんの町では 革製品とかその辺が有名なんでしょうね~

ちなみに 妹とか母親とかにも革製のものだったのかな??
――まぁ バッグ見せてもらいました。オリジナルブランドらしい。
何処かのデザイナーが作った世界に二つとないものだと言ってたけど。
……まぁ 手作りだったら全部そんなだよね~www

……で 妹は 思春期だったからかあまり見せてもらえませんでした。

ばらまくお土産
その他 リビングの端っこに
置かれていたものはこんな感じ。

聞いたところによると
これらはぼちぼちと会社にもっていくそうな。

……つまり ばらまく意味での
お土産というやつでしょうか。



――で お土産話とかですかねぇ。  さて これはどんなふうに書くべきか。
――なんというか どこまで細かく書いていいのかわからないんですよね~

……そして そもそも この日は 先日書いた定期演奏会後で
(軽くおしゃべりと化した結果)帰るのが遅かった→あまりお土産話聞いてない
――みたいな展開だったりするんですよね。  残念ながら。
※ちなみに 後日もちょっと この定期演奏会引きずりますのでよろしくです。

まぁ どんな場所に行っていたとしても ばらまき用のお土産は
トランジェットの為に 長々と待たされた飛行場で買ったものだろうし
なんというか「仕事がメイン」というのは変わらないでしょうしね~

ただし ケベックの話とかを聞かせてもらった所によりますと
ビジネスしながらその辺を見ることができたのかそれとも
少しは遊びに行く時間が作れたのかはよくわかりませんがね。

ひとまず ボクの目から見た帰宅後の親父は
何故か 時差ぼけの状況が全く見られずに PCに向かって
せっせと報告書を書いている 模範的な姿でしかないからね。
……行く前も 必死になって勉強してましたよ。  英語の。

てな訳で なんだかんだで 親父がカナダ行ってた~  みたいな
話をしていたはずなのに 何故か話が自分の英語力の話に。
……まぁ 自分も社会人になってこんな感じの外国出張もあるでしょう。
――研究者になったとしたならば さらには それでの会議とか良い争いとか
かなりハードルが高いものが控えているような気がします。

こんな風に 外国へ行って 研究関係(そうボクは把握している)の仕事ができる
親父を持っている人間として ボクもボクなりにそれに恥じない立場で
頑張っていかないといけないんだろうなって 思いなおしたわけで。

……てな訳で 軽い親父自慢を終わらせてもらいます。



※ちなみに この後 親父が買っていた「ケベックの観光案内(日本語版)」で
一体どんな場所を実際に回っていたのかを 見させてもらいました。
――へ~  なんて形容すればいいのかな←

TOP

全国大会?放浪記。

2011⁄06⁄29(水) 00:00
カレンダー
さて 全国大会の方も終わりましたね~
  的記事も書きたいような。

まぁ 最初の全国みたいな感じですから 
ぼちぼち記述はしますよ~

……と いうか 詳しくは覚えていないので 
自信持って書けませんがセンモニが示す
「全国大会」の日程と HP等のインターネットで示された
全国大会の日程がどうも違うような気がするのは
ボクの気のせいでしょうか。

で 結果的にどんな塩梅だったかといいますと
ぶっちゃけて どちらかというと
トナメにあえて飛び込むような……

……そんな雰囲気だった気がしますね~  よっ へそ曲がりwww

てな訳で どちらかというとこちらから記述書いた方が書きやすそうだな。
――と いうわけで 過疎ったトナメの報告です。

ちなみに 石の稼ぎは(それなりに出来たならば)確実に
全国大会の方がいいわけなのですが この段階で「あえて」
トナメに突入するメリット どこにあるのかといいますと
予習が割とできるという面を上げる以外思いつきませんね。

まぁ ボクが最近通っているのは また 100円2クレに戻ってくれた
先日 ちょっと紹介した某ゲーセンなのですが……。

……まぁ 最近(ぼちぼちとツイートする機会が多い話ですが)
マナーが悪い人がたまってきたような気がするので もしかしたら
ホーム替えを迫られる可能性もあるわけですけれどもね。

……友達連コ+電子辞書での検索プレイは流石にボクでも物言いたくなるよ。
自分的には「事前に調べたものでのカンペ」まではある程度許されるだろうけど
「その場で 脳味噌以外の媒体使って調べるのはいかがなものか」と思うわけで。

「あらかじめ 自分でカンペ用意しておく」と言うのまでは良いと思う
――実際 ボクもやっているわけだけれども……  電子媒体はねぇ。

……まぁ あくまでもボクの基準だからね。
他の人はどうか知りませんよ。  一応それだけは書かせてもらいますわ。


――うん。  お得意の話の脱線入りましたね~www
で 元々あまり 予習の設定はよろしくない感じなのですが
「この時期は 元々過疎っているおかげで」必要以上に予習回す事ができた。

……これだけでも ある程度やる意味があるってわけですよwwww
ちなみに 今ボクがかろうじて抱えている目標というのは
「Ⅷが終わるまでに アンバーメダルを手に入れる」ということで。

で その副作用といった形になるのでしょうかね???
いつもの正解の調子でも それなりの順位には行く事ができるということで。
――その代わりに 結構正解率が低くなってきているけど。

優勝絵01
まぁ つまりはといいますと
かなり見る機会が増えたわけですよね。

……優勝絵。
賢者服とかないのがかなり残念だ。

そう言えば 「特定の部分をタッチすることで」
反応が変わるようになってから
もしかしたら 初めて見ることになったのかもしれないなぁ。

優勝絵。

優勝絵02
Wiki等を参考にしてみますと
これをやらかしますと ミューちゃんからは
「なぁに?」って 返されるようなのですが……

ゲーセンで聞いていますと
個人的にどう考えてみても
「ほにっ?」
としか聞こえないんですよね~


――いや~  可愛いね~  ミューちゃん可愛いね~
可愛すぎて可愛すぎて 思わず何度も何度もやってみて
そのたびに 他のキャラクターと違って そこまで嫌がるようにも聞こえないから
……と いうか あれはどう考えてもかわいいぃぃぃiiiiiii……………..............













――しばらくお待ちください。――
















只今戻ってまいりました。  多分 普通に戻りました。  はい。

はい。  そして ちょっと ふざけ過ぎましたね~
おかげで 警察のお兄さんに職務質問受けてましたよ。
危うく 補導されるところでしたよ。  迷惑ペロペロ防止条例とかで



ん??  全国大会???  あ そう言えばそんな書き出しだったね??
正直に ボクの場合 初日に起こった いつの間にかアニゲー投げさせられたり
なんだかんだで ろくな事が起こらなかった思い出しかなかったり

本戦に入ってみても 盾の魔法が味方が作動させてくれなかったり
味方に 完全に投げて勝負してくれているでしょうみたいな人が結構いたり
とにかく 運にだけは見はなされたような回しかなく。

……てな訳で まぁ 適当にでしたよ。  はいはい。(←記事自体も適当www)

――まぁ 元々「目標」は賢者以上だったからして
すでに 階級的には「ボーナスステージ」に突入しているだけなんですよwww
……多分 深い所では こんな風に考えているんじゃないかね??  ボク。


――ん??  さすがに これで締めたらまずい??
……そうですか。  考えておきます。

TOP

食い意地!

2011⁄06⁄28(火) 00:00
先日親父が帰ってきました~  ――モントリオールから。
まぁ モントリオールって カナダの都市ですよね。
なんだか 出張に行っていたようですね~  聞くところによりますと。

……うん。 なぜ 今まで語らなかったのかといいますと
非常に簡単に書きますと「治安が不安だったから」……だ そうな。
まぁ 半ば 母親に規制かけられていた――基 自己規制ですね~www

……ただし 親父へのインタビューが未だ微妙だったので
まぁ 今日のところは 書きこむ内容は「その間に家であったこと」
つまり 親父不在の今日の出来事について書きこんでみようかと思います。

……ただ 先に書こうと思っている内容を反芻してみたところ……
……親父がいないというのをいいものとして 見事に食い物ばっかりだなぁ。
――まぁ これが母親が何を考えているのかが若干見えてきた気がするなぁ。

親父がいるまででは それなりの食事を作ろうとか思うけど
誰か一人が欠ける――または 親父がいない?――と
途端に 料理の方で手を抜きたくなるのでしょうか??

……まぁ 詳しいことは知らないし 考えるだけ馬鹿らしいけど。



パスタ
其の壱。  イタリアンバイキング
……書いてから思った。  こんな書き方恥ずかしい。
だったら書くなよ。  消すの面倒だからこのままでいきます←

流れ的には 超超超単純で「父親いないし 今日はご飯作るのめんどい
……で ここに食べざかりがいるから」という理由。

ちなみに 我が家の場合は 特に深い理由は無いのですが
こんな感じで「親父がいないとき」には それを理由にして食べに出る機会
実は 結構多かったりするんですよね~  深い理由は知らん

……まぁ 食べざかりいるに入るけど 運動とのバランスはこれっぽちも取れないよ。
――見たいな反対意見書いている割には 普通にお出かけ行っているのですが。

もともと それなりに美味しいものだすし かなり好きだったから
特に異論はない感じだったわけだから。  まぁ 太りそうだけど。

とりあえず ひとまず書けること書いてみるならば
ボクの記憶の中では その店に入った時の掛け声は普通に
「いらっしゃいませ~」みたいな流れだったはずなのですが
超久しぶりに先日 言ったその店 いつの間にやら入店のあいさつの方が
ボクにはよくわからないイタリア語に変化していた……ようなところ??

……まぁ 本当にイタリア語なのかどうかも分からないですがね。
イタリア料理店でドイツ語とか喋らせることはないだろうから
きっと イタリア語で「いらっしゃいませ~」のような意味なのだろうけれども。

……でも 店員さん(おそらくバイトさん)によって
このあいさつの仕方というのもかなり違いがありまして。

(主に男性で)ノリがいい人は 巻き舌とかも踏まえながら
素人目からして「かなりそれっぽい」物に仕上がっているな~  と 思ってみれば
(主に女性陣で)半ばうんざり儀身に 片言(棒読み)で
黙々とそのセリフを呟くような人もいて……まぁ そこはちょいと気になった。

まぁ あいさつがどうであれ ボクにとっては
そこに 食えるパスタとかピザとかサラダとかその他一品料理とかが
並んでいれば それでいいわけなんだけれどもね。  ごちそうさまでした。



其の弐。  宅配ピザ。
面倒くさいから頼んだらしい。  なんだか 理由がひどいな。
――てか 同じような理由で並べないでほしいよねwww
※まぁ 一応名誉のため書いておきますが 日付は違いますよ??  当然。

まぁ 安くなるクーポンを仕入れたのも理由の一つかしらね~
――ちなみに そのピザ 夕食中に食べ終わることができなくて
なんだかんだで 翌日の朝ごはんまで回された模様です。

……まぁ 外国ではあるのかもしれないけれども 正直に
単純な日本人に 朝からピザは重すぎた気がします。
……と いうか ピザトーストとの違いあるのかな???
自分で こんな風に書くのも何かがおかしい気がするけれども。

そして その朝からピザの日の昼ごはんは↓こんな感じです



駅ビルカレー
其の参。  カレーバイキング(ランチ)
……重いです。  完全に重たいです。  太ります。

理由は この日は予備校の方で保護者会がありまして
そこで 母親捕まえてみたならば それなりに面白い食事が出来そうと踏んだから。
……で まぁ 結果的にはおもしろい店に連れて行ってもらえました。

そして 予備校から見て駅向こうにあるビルの上の方にあるので
自分が通っている予備校を いつも見ることが無い角度から見ている気が……
……完全に ここでその写メ張りつけても自己満足でしかないけれども。

まぁ 内容的には インド風カレー(本場)が3種類
ナンが焼かれてて そのわきにご飯が置かれている。
(↑お米のセールスポイントは「全て国産米」だそうですwww)
……そう言えば 千葉駅周辺にもこんなのあったな。

個人的に ここのキーマカレーはかなりうまかった気がする。
……ちなみに この後は後輩の~  の 行事行ってきたり。
――これが 定期演奏会覗きに行く直前の出来事。



う~ん。  親父がいない間何をやっていたのか考えたら
最初にも断りいれたかもしれないけれども どう考えても
「食った」記憶しかなかったなぁ。  ――うん。  食い意地はってるね。

まぁ 昔にも書いたような気がするけれども
「今の浪人生に考えられる暇つぶし」なんて 所詮食しかない……
……と言ったら 若干大げさかもしれないけれども そうなのかもだよね。

……うん。〆がよくわからない感じになってしまった。  でもいいや。

TOP

検定・反省

2011⁄06⁄27(月) 00:00
さて 全国大会の影で ひっそりと気がつかれないかもしれない間に終わりました。
――宇宙天文検定のランキング期間=魔法石インフラ期間。

……うん。  全国大会も世間一般的には魔法石インフラらしいし
後半は 半ばそれにうもれかけているようなきもするしで
結構 存在を忘れている方 多いのかもしれませんが。

※ちなみに のっぴぃの場合は 全国大会はトラウマ続き。
やることはやって期はするけれども あまり興味が無いので
「すいているトナメに突入」→「予習埋め没頭」という流れが多かったとか。

儚かった。儚かったよ。
……で 今まで流した感じで 最高点を測ってみますと
最高点数は 大賢者昇格の時に載せた画像4936が最高ですね。
――と こんな中途半端な数字で ボクが止めるわけないでしょうと。

一応「浪人生」という立場がらもありますし それとバランスを取りながら
「いかに 不自然ではない形で止めるか」という考えを巡らせた結果
「なら 5000点超えた時点で 一つのけじめをつけようではないか」ということで。

5000over.jpg5111.jpg
一応 ボクの最高点数は「受験生らしく」このくらいで止めておきました。
――5000を超えて初めて「0」という数からおさらばする数字です。
……まぁ 当然 こんな事 狙ってできることではないのですがね。

まぁ この背景説明をちらっとさせていただきますね。  念のため。
まず これがあったのは「大賢者昇格直後」というタイミング。
で そもそも 初めて5000点を越えてみた買いであるということ。
そして そんな点数を叩き出すためには 全問正解が必要だということを
ひしひしと感じることができたこと~   みたいな感じで良いですかね。

余裕なくて 先生が喋っている内容とかが変化したかとか
この細かい内容までは覚えてないですね。  もったいない。

――まぁ 言い訳チックになってしまうのはしょうがないと断ってから
この時期の割には 5000超えるのは それなりに頑張っていた……
……逆に書けば 一種 非難受けても仕方がないような状況なのではないかと。

ちなみに ちょっとした余談ですが 5000を超えるまではかなり
こちらとしても フラストレーションがたまっていたのかもしれませんが
これを越えてしまった直後からは 気持ち的にも割とすっぱり行きました。

やっぱり キリが悪いとなると 結構気持ちが悪いものなんですね~
――まぁ 欲感が無くても 5000という数は2500のちょうど二倍。
……Sランクノルマが2500点ですから やっぱり 意識せざるを得ないのかと。

まぁ 何がともあれ この点数を越えて以降は あまり検定にとらわれず
結構 勉強優先という形を取り戻しつつあるような生活に戻れた(多分)ので
――少しおかしい気もするけど ひとまず 基本的にどうにかなったんじゃね??

そんなわけで これ以降検定は回さないように努力しました。
一応 このような書き方だけは 意識の無いようなので強調しておきます。
――逆に これで「もう少し取れたのでは」的意見はご遠慮させていただきます。
――一応 これでも もう少しやりたかった感もあったのをぐっとこらえているわけだから。



拉致怒涛の後
ついでに ランキング測定が始まる直前にボクが作ったグラフと
只今現在~  ということで 作ってみたグラフを並べてみました。

……うん。  おかしいよね。  完璧におかしいよね。
普通に 大魔道師とか演じていたはずの人間が スターダストを浴びた結果
なんだかんだで 大賢者の位まで登りつめちゃっているのって おかしいよね。

――これ 心から反省するべき事として今はとらえております。
……ひとまず 全国大会とか一時期は理系の☆埋めに走っていたから
この影響も少なからずあるわけだけれどもね。

まぁ 確かに この検定のランキングをやっている間は
Sランクに届かなかった回数なんて 確か2回程だった気がしますが
(↑一クレ目・点数が全く伸びない買いも含めているはず)
そうだとしても かなり人生を棄てている気がする……のは 気のせいかしら。

ちなみに この期間には「ボクが思ったよりも激しく」100円玉が飛びました。
――この飛んだ分のお金の内 どれくらいがバックしてくるのか 考えておこう。

※のっぴぃの家のシステムでは 予備校の間の昼食や一部の間食・追加の飲料は
なんとか 母親とかに肩代わりしてもらえるようなシステムを構築しています。
バックする金=予備校生活での必要経費  ととらえていただいて結構です。

さて まぁ 当然の話題――でなければこまるのですが――ですが
この先は ここまで廃プレイする機会は無いでしょうから
この思い出は 一年間大切に胸に閉じ込めておこうと思います。

……と この時期は QMAネタが多くて助かりましたww ブログのバランス的にも!

TOP

OBもどき

2011⁄06⁄26(日) 00:00
みなさんこんばんは~――そう言えば こんばんはで始めるの珍しいな。
昨日は 母校の吹奏楽部で定期演奏会があったようです。
……と 言うわけで ボクは昨日 それに行ってきたわけですよ。

ちなみに 陰ながらこの日記の記事の中に「サックス」という
カテゴリがあることからも 何となく想像できるかもしれませんが
ボク自身 この部活の「OB」……であり そうでないという
まぁ 正直になんと書けばいいのかこまる書き出しなわけですよね。

ひとまず この関係については――つまり この部活にいる
「後輩」と ボクとの関係について――かけるタイミングがあったら
「今日改めてわかったこと」も含めて書いてみようと思うわけですがね。

とりあえず 今日の記事の中では「昨日の動き」に即した内容を
ぼちぼちと綴らせてもらおうと思いますね。  まぁ 何となく。



まず この情報が入ってきたのは 後輩が先日
ボクが在学中に貸した雑誌を 予備校に振り替え受講したついでに
返してきて そのついでの世話話の中から聞き出した……
……と 言うことにしておいてください。  細かい部分は違うけれども。

で ひとまず この部活の面々相手には ボクのキャラとしては
「逆漫画に出て来て よくツッコミ(という名前の暴行?)にあう。
……が 数コマ目で復活するようなキャラ」みたいな感じでしょうか。

てな訳で ボクも今回「普通に定期演奏会」見に行くだけのはずなのに
無駄に下準備を整えてから出発してみましたよ。  わるいか。


その後輩に会った直後に髪の毛を半分くらい切りました。

いつもと全く違う服装――と いうか ボク自身のキャラと
全く違うキャラクター人間が来ている服装をして行ってみた。

その他 普通に必要ないようなアイテムを持って行った(ネタになりうる小道具)

これは 下準備とはちょっとベクトルが違うのですが
これで卒部する三年生向けの手紙を用意して行った


……ざっと書く限りだと こんな感じになるでしょうかね???

ちょっと 補足説明みたいなのでも化ませてみましょうか???
まぁ 手紙に関しては わからないわけではないですよね。
ボクの場合 自分の卒業式行きませんでしたし けじめ果たしていない気がするし。
……ただし 個人的な優先度はそこまで高くないですがね。  ぶっちゃけて。

普通に考えて 「バレないように」みたいな行動するなんて……
……なんだか こんな下準備して出発するような人間 普通いないよね~
――文字通り もはや「お忍び」といった状況でしたね~

ちなみに ここでここまで下準備を整えておく理由の一つには
「母校の先生との仲が険悪」というのもあるからでしょうか。
――まぁ この面に関して思ったことも会ったのですが
これについてはウェブでまで書くことでもないかな~  しょうがない。

ちなみに ここまで下準備をした意味は 幸いなのかなんというか
「カーテンコール?」の場面で普通に素通りできるくらいの効果はありました。
――これが良かったのか悪かったのか。  最後には気がつかれたけど。

気がつかれた時には こんな立場の人間にしては非常に珍しく
かなり 絶賛されたということくらいは書いておきますね。  自分の名誉のため。

音楽性の方は……まぁ もしもの時は「褒め言葉」と「厳しめの批評」
どちらも求められたら答えられるように準備はしておけましたね。
――てな訳で ボクの耳からしてみても まだまだだって書き方でしょうか。
……まぁ 聞く方では結構口うるさいですよ??  ボク。

まぁ 見ている人いないかもしれないけれども ざざっと書くとするならば


ハーモニーをもっと聞き会え

他人の音にも耳を傾けよ(上記に通じるところあり)

目に見えた音楽を心がけよ(凍りついた音楽は見た目に欠ける)

何より「スイング」が弱い。  てか ベタついている。


……ボク 演奏する方としては「ジャズ」が好きな人間なのですが
だからこそ なおさら「スイング」の自分なりのこだわりももっているわけで。

あ。  ちなみに これはほとんど言う機会は無かったけれども
スイングのコツ(凝縮版)くらいは 披露することはしておきました。
……まぁ 出来るだけの貢献くらいはしてあげたいって思えるわけですよね。

さて 今日は流れを優先するとして そのあとは……
……ひたすら撤収作業に入っていたわけですよね。  現役生は。
――ついでに OBOGも(元から 暇な人には連絡入っていたようで
スーツ姿のOBOGもあちらこちらで見かけたのですが その人がメインとなって)
撤収作業に狩りあげられていたわけで。  ちなみに ボクも多少はやりました。

まぁ 混沌としていたけどね~  ついでに その場に居合わせた人でしかない
ボクにできる事なんて かなり限られていた事くらいはね~www

で その後片付けも一段落ついてから ボクにとっては初の顔合わせ?
――まぁ 現在の一年生の方と喋ってみたりその他
卒部する三年生にお疲れ~  見たいな一言を書けてみたりね……。

ちなみに ここ最近 予備校で全く人と話したりできないボクにとっては
「超超超超久しぶりに ド・ハイテンションで突き進む事ができた」
……ということで この意味でも非常に良い一日になりました。

そのあとは まぁ ミーティングなどの通過儀礼を見届け~の
そのあと 三年生囲んでの感謝会?に まぁ 傍観者として出席して
――他のOGの方が 差し入れ持ってきていたみたいなのですが すいません
ボクにとっては 正直に「来る予定を立てる」だけで精一杯でした。  申し訳ない。
※ただ その差し入れの半額はボクの財布から出させていただきました。

ちなみに その回の中で「ボクが書いた手紙」は日の目を見ることもなく
てな訳で ボクのかばんの中に眠ったままになりました。
……まぁ 渡す優先度はあまり高くなかったからあまり気にならない。

そのあと 行く人は二次会として食いに行ったようですが
ボクは 財布の中がおっかなかったので それには不参加。
……OGの中で 下宿している人がいたのですが
その人と 軽く喋りながら帰ったような感じでしょうか。
――かなり参考になる話が聞けた気がします。

……まぁ いつもと違った角度でリフレッシュできたような感じでしょうか。

TOP

10週目

2011⁄06⁄25(土) 00:00
某先生(先日倒れた)が曰くところには
「予備校生にとっての山場というのは 開講3週目・夏・冬」だとのことですが
ボクにとっては 今週一週間――すなわち 10週目というものが
一番堪えた気がします  今日はその話メインで。

……まぁ 早速脱線するけど この発案者がやられたんだったら
この時期にも「見えない壁」のような物が立ちはだかっていると考えても
特に おかしいことではないのかもって 思えてきますよね。

まぁ 要するに何があったのか。  書いてしまうと非常に単純。
単純に 今週一週間の体調が非常にすぐれない。
……もう少し詳しく書くと なんだか風邪っぽい気がする。
(↑ただし 熱測ってみても35度かそれを割るか。  多分 熱は無い。)
(↑↑でも 若干熱っぽい気がするのはありますよね~  平熱低いからか?)

とにかく 10講目に突入した今週一週間はといいますと
予備校に入ったとたんに始まった止まらない鼻づまり・鼻水放出から始まって
(↑ポケットティッシュが尽きて大変なことになりました……。)
翌日には 鼻水はある程度収束したものの 今度は咳に変わり
それが単なる頭痛に変わっていくまでにはそう 時間はかからず……。(以下略)

ひとまず 予備校に入ったとたんに鼻水が止まらなくなる症状は
過去にも何度か起こったことがある(原因は完全に不明)ので
家族の間には「予備校アレルギー」といって 家族にもそれが浸透しています←

ちなみに これに対するボクの勝手な予想を立ててみるとすると↓

①そろそろ結構たまってきた「疲労」
②教室によってかなりクーラーの効きが違う意味での体調管理


……が ボクの勝手に予想した大きな要因なのではと。
――ただ これが「予備校アレルギー」と何か関係があるのかは謎。

……まぁ 病院行ったりして 確実な事は効いていませんが
大きく道外したりしたわけではないと思いますね~

まぁ 疲労については ここでとやかく書く必要はないでしょう。
――一応 難関国立理系ですから超えるべき壁もいろいろとあるわけで。
……日々が 予習&復習+αな毎日を送らせてもらっています。

クーラーは 単純にその教室を直前まで使っていた講師の気分とか
大きさが小さい教室(講座:物理Tは 人数が少ないのでこんな感じ)は
そもそも 直前に使っている人がそう滅多にいないからだと思うのですが
冷房がかかっていないことも結構ありまして。

節電意識で 館内が全体的に温度が高めだったりした場合
ある程度理解出来たりすると思うのですが……思ったよりもそうではない。
――つまり 教室の設定温度が高かったりすると「生徒の爆睡率」が
かなり上昇するらしく ある程度の冷房は効いている状況みたいです。

……ま この温度管理が講師の手腕に任されているようですがね。
……だからだよね。  教室によって温度高かったり低かったりするのは。

人間 急激な温度変化には基本的には弱いようなので……
……多分 それが一つのトリガーとなっていろいろと体調不良が出てきたのでしょう。
……ただ 残された授業ももう少しですから ここを乗り切れさえすれば
夏期講習に突入して……だからと言って 楽になるわけではないですが。

まぁ こんな事もありますから 今年の電力需要がこうなっていることですから
――聞いたところによりますと このお話は 関東・東北のみならず
下手したら 全国的な問題になりそうになっているんでしたっけ???――
何処までできることだかはわかりませんが 館内での温度が
行く場所によって大きく変わるようなことが無いようにお願いしたいです。

……とか 書いておきながら 現実問題それは厳しいだろうなって事くらい
ボクにもある程度合点はいっているわけなんですけどね……。
……まぁ どうにもならないものはどうにもならないのかねぇ。

ファン
ちなみに そんな空調が役に立たないから!!
……といったきっかけではないですが
扇子とは別に 今年の夏をうまく乗り切れる役に立つか!?
という期待もかけて「片手☆size」な扇風機
(……のようなもの)を手に入れました。

……ちなみに ボクの筆箱は
こんなものばっかり入っているので
元々そうだったのが最近さらに
混沌(カオス)とした状況になってきました。

……まぁ 一種四次元化してますよね。
中身。たまに思いもよらないものが出てくるし。

――ただ このファンは 回したまま立てておくことが出来ないので
(↑ファンの遠心力やらなんやらで 結構大変なことになる)
手で細かく仰げない所にこう 当ててやるとか そんな使い方くらいしか。
――あと 若干羽の音がうるさいのが難点ですよね。

ついでに ちょっと流れ的には違うかもしれませんが
最近 これに加えて「とことんツキが無い」ような気がする……
……というのも まぁ 何となく起こっていることでしょうか。

定期忘れて取りに戻ったり 自習でやりたかった問題を忘れてきたり
はたまた 授業直前までテキストを忘れていた事に気がつかなかったり
自習のオトモダチ iPodの充電が全くなされずに かなり怖いことになったり
自動販売機にお金認知してもらえない&お釣りがおかしい事が増えてみたり。

……まぁ 8割くらいはボクの不注意が生み出した物。
とやかくいう権利すらないような気がしますが でも ぼやきたくはなるもの。

……ひとまず このような不注意が受験でも影響しないように
――ちょっと流れが違うかもしれませんが 同じようないきさつでとにかく
「化学の計算がヒドイ」というものがありますがね――注意したいと思います。



さて 最後にちょこちょこっと書かせてもらおう 自習の話。
さすがにこの時期になりますと 自習での動きが大体決まってきまして
平日(授業がある日)には その日に会った授業の復習やら予習やらを
手みじかに一気に終わらせてしまうというのが 主なパターンです。

……一週間後 予習でどんな答案を作ったのか完全デリートされていることが
この動きでのかなり大きな欠点ですね。  改善できてないけど。

で 土日には苦手な分野(大方「英語」と「古典」)のお勉強。
……去年 盛大にサボってしまったそのつけは大きいのだ。
――曲がりなりにも 一応理系の頭をしているとしんじているので
やっぱり この単調な構文暗記は非常に辛いと……。

TOP

年賀状の代わりに。

2011⁄06⁄24(金) 00:00
……さて 何故にこの時期に「年賀状」とか思う人も多いでしょう。
――どちらかと言えば お年玉とか年賀状とかその辺の単語から
一番離れた時期にあたるのではないでしょうかね??  只今って。

じゃあ 何故 今更この話について騒ぎ出さないといけないの??
――それは 多分今年の年賀状は全く出していないからだ!!!
……うん。  全く意味がわかりませんね。  細かく書きますか??



一応 ボクは今年の一月も受験生でした。
高校三年生・現役生と呼ばれる受験生を演じさせられていました。
正直書いて 全く勉強していなかった気がするけれども
一応 肩書的には「受験生」と書いて差し支えないでしょう。

てな訳で 今年の一月 年賀状は基本的に送らなかった感じです。
……まぁ 当然のように ボクが送ったりする相手の方も
同年代の人が多かったりするので やってきた年賀状は
基本的に少なかった――もしかしたら過去最低――のですがね。

まぁ 高校生の相手だったならば 例えば気を使ってくれたり
「俺は 現代っ子だから携帯メールで済ませちゃうぜ」みたいな人も
いたことは確かなのでしょうがね。  まぁ それ含めてもへったでしょう。

しかしながら ボクは残念ながら今年も受験生――浪人です。
……つまり 今回はノリで送らなかった年賀状も
今年は(正確に書くと 来年でしょうか?)全く送れない
現実的に考えて そんな余裕がない事が容易に想像できます。

……で 去年一年間はどうだったにしろ 今年に関しては
「ある程度生存報告」をしておかなければ 無駄に心配する人とか
……特に 昔の恩師等には あると思うんですよね。

例えば 年賀状関係だけでもいいのでしたら 未だにボク
「幼稚園の時にお世話になった先生」からも年賀状届いたりしていますし
ぼちぼちと そちら関係の方もいらっしゃったりするわけで。

……まぁ その人たちには過去のボクは相当お世話になりましたし
「年賀状を送らなかった」件について ちょっと気になったり
――まぁ 年齢的にわかっているかもしれませんが――するかもしれません。

また 心配しなかったにしろ それなりに「どんな結果になっているか」
について 気になったりしているだろうし ここは少なくとも
「年賀状を送る相手には 自分が現在どうなのか」について
何かしらのお手紙を考えなければならない気がしてきました。

要するに 只今書いていることは完全なる思いつきです。
……じゃあ この思いつきを実行するいい機会は無いものか……
――じゃ 暑中お見舞いとか真面目に書いてみたら良いんじゃね??

そこまでの思考時間 どんなに多く見積もっても10秒。
どんなに頑張っても 行き当たりばったりで行動しているというのが
バレバレになっている状況であることは 特に気にしない。

そして それを思いたって 結論が出てきたさらに5秒後には
このワードを立ち上げて「その暑中見舞いの文面を考えるよりも前に
ブログ記事をどのように書くべきか」について考え始めたボク。

……いや これはすでに 現実逃避とかそれ以前に
プライバシーを全く自分について考えていないなとか
それ以前の問題とか そもそもこいつ 何考えているのとか
そんな問題に発展しそうな件について 不安が出てきた。

……けれども それについては華麗に無視することにした
(↑だったら 書くなよwww  完全なる行数稼ぎwww)



さて じゃあ 暑中見舞いでも書こうとか思ったのもつかの間
次の問題として「じゃあ 暑中見舞いとか残暑見舞いとかそもそも一体……」
みたいな 根本的な問題が ちょっと自信が無かった感じなので
こまった時のウィキペディア!!  ということで。

……ちょっと 頼る先がおかしい気がするけれども 深いことは気にしない。

本来は、1年で最も暑い時期に相手の健康を気遣うことであるが、現在は単なる社交辞令となっていることもある。寒中見舞いの逆にあたる。本来は梅雨明けから二十四節気の立秋までの間にするものとされ、それ以降は残暑見舞いとなる。
日本郵便では、暑中見舞い用に「かもめ~る」を発売している。無地のものとイラストつきのものがある。さらに年賀はがきと同様にくじ付きとなっており、抽選で景品が当たる。


要するに 普通に「年賀状の逆」と 考えてあげればいいのね。
――そして 梅雨明けころには発送できればよいと。  なるほど。

そして かもめーるなんてのあったんだね~
世間知らずのボクには あまり興味が無かったり無知だったりする感じですwww
そう言えば 年賀状はひとまず考えるけど 暑中見舞いとかは考えないよな。
それ 現代の若者の間で 賛同してくれる人 結構いる気もするけど。

そんなわけで ぼちぼち暑中見舞いの文面を考え中。
――そして 母親にはがきでも買ってきてもらおうかな~
――みたいな 計画くらいまでは立ててみたりしているのですが。

やっぱり 作り方は ジェットインクプリンタ駆使した形で良いよね。
例年の年賀状の作り方と同じような文面で。
……そして 浪人してしまった件についても書きこまなきゃな。
――それは 手書きにした方がいいか 印刷で済ませてしまってよいものか。

……そう言えば 同学年で下宿した人とかいないのだろうか。
なんだかんだで 話を聞く機会とか 引っ越す前のところに住んでいた人とか
その辺の情報とか 全く聞けなかったからな。

――送ってみたものの 一体……みたいな状況になるはがきもある気がする。

事実 幼稚園の頃とかにお世話になった友人などで
今となっては 年賀状すら届かないような人もいたりするから。
……やっぱり そんな関係になるのは悲しいものがあります。

自分の場合 大学は遠く離れた神戸の方を目指していますが
今 仲良くしているつもりだった人間相手に こんな感じの関係になる
……そんなこともあるんだろうな~  とか
今の内から 取らぬ狸の計算をして 勝手に凹んでいるような物で。

TOP

日記的観点より

2011⁄06⁄23(木) 00:00
からんでる。
とある スポーツからの出題の問題。  と いうか 画像問題。
……友達がプレイしている隣から 隠し撮りさせてもらいました。
(↑だから ボクがマヤでサブカを作ったわけではありません。)

……それにしても
ガタイの良い男が絡み合っているような画像見せられて
「この柔道の寝技の名前は?」
みたいな物見せられたってねぇ……

……と いうか 卑猥な想像する人とか
いるんじゃないでしょうか……

――あ 失礼www
おかしなこと言いましたよねwww  まぁ 気にするなwww

とまぁ 最近 こんな感じで頭のねじが数本
何処かへ飛んで行ってしまっているのっぴぃです。



さて 先日。  ……と いうか 割と時間あいちゃったけれども。
――に QMAの全国大会云々の話題を書いた気がしますが
今回は それとちょうど同じ時のことをいわゆる日記風に書いてみようかと。

……あの時が実務的だと表現するのだったら今回は日記的~
――って 明らかにこれは文字数稼ぎです。  すいません。

さて この時には 友達に誘われて 千葉のゲーセンの方へ遊びに行って
その時に(土曜日でしたが)初めて 全国を回した形で。
……うん。  稼働初日に出来ないのは 立場がらしょうがない。

彼とか それ以外の方面からいろいろとアイテムの使い方云々を聞かされましたが……
案の定というか やっぱりというか 協力の時と同じでというか
とにかく 全くアイテムの使い方がなってないですね~

――てな訳で 結果的に二人とも 全国は基本避ける方向で一致。
非常に 息が合う仲間で助かりますwww  まぁ なんというか。

そして ボクの「理系を選んだはずが 何故だか 選択アニゲに変わってる事件」
(↑過去記事参照。  ちなみに その回はヤケにアニゲが多かった気がする)
によって 二人とも 完全に全国への好奇心が薄れたわけで。

ついでに あの時書けなかった気がするから重ねて書くけれども
全国大会のアナウンス……うん。  なかなか面白いねwww
――最初 てっきり 「ハヤテ○ごとく!」の天の声に
聞こえないこともなかったけれども とにかくおもしろかったから許すwww

特に ポイント獲得とかその辺の状況説明について……
とか まぁ 深いことについては気にしない方が身のためですか。  はい。
そして 私は常に地雷です。  ――何カミングアウトしているんだろう。

基本的に そのつるんでいる友達については なかなかやってるゲームの層が
ボクと違ってかなり厚いので 金魚のフンのようについて回っている人間
――すなわち のっぴぃ自身――からしてみれば
見てるだけでも面白い――おなかいっぱい――な物に関して
いろいろと見せてもらえるとか 経費がかからないというメリットもあり。

まぁ 後ろからニコニコと眺めているようなのがお似合いですよ。  ボクには。
例えば 格ゲー。  例えば ガンゲー。  例えば 音ゲー。



アドセンモニ。
さて そんな ボクはあまりお金を使わずに済ませた帰り道。
ちょうど「アドラーズ」がありましたので 寄ってきました。  このために。
(↑ちなみに わかる方はわかるかもしれませんが このアドラーズは
  昔やってたアニメ「俺の妹~」の劇中に出てきたゲーセンです。)

調べたところによりますと カスタマイズアイテム配布しているようでね~
――まぁ 徒歩範囲に配ってくれる店があるのなら いってみる価値あるよね。

他にも ちょっとチャリを漕ぎだしてみたら もう何件か
同じように 先日カスタマイズアイテムを作りだした所があるとか。
……まぁ もらったとしても 使う機会があるかわからないけど。
(↑はたして この機会の為に どれくらいの金が動いたのやら……。)
(↑↑ひとまず「クマフィーへの足し」という現金な理由から集めてみようかと←)

ついでに その隣につけてある写メ。  センターモニターなのですが
その中身が 小型薄型ディスプレイに置き換わっていましたwww
――なんというか 超違和感!!!  しっかり動いているけど。

なんだか 前 センモニがおかしくなるような不具合があるとか
ツイッターのTLで流れた気がしますが 多分 それとは関係ないですよね??
この中の画面 普通のブラウン管テレビのようなものだったのか……
……それ 変えられるのはわかったけれども サイズがおかしい気がするけどね。



ミューにゃん
そう言えば 今日はミュー&あずにゃんの
中の人の誕生日でしたっけ。

おめでとうございます。
これからも期待しています。

TOP

Italian Herb

2011⁄06⁄22(水) 00:00
最近は「あ これで記事ネタ作れるかも~」とか 期待したくなるネタは
大概 アホらしい……と いうか どこかしらで崩壊しています。
――本当に 読みにくい文章が多くて申し訳ありません。

てな訳で 本日も絶賛スランプな文章書き連ねることでしょう。
――その第三者的傍観者的セリフやめいwww

この時期 必然的に勉強系統が多くなってきます。
……で この時期の宿命だと思うのですが その教科の方はというと
「去年死滅した教科」についてが メインになってくる訳ですよね
――ボクにとっては ひとまずは 英語と古典と時々数学みたいな感じ。

事実 休日の自習時間は ほとんど(いや まさに全部)
これらの勉強時間にあてられていると書いても過言は無いかもしれません
――基本的に ツイッターで自習速報書いているやつですが。

逆に 去年ボクのモチベを保ってくれた科目(理科)とか
教科変更したにもかかわらず 履修していないのにもかかわらず
偏差値何故か75行っちゃった地理なんかは
必要最低限の予習・復習くらいしかする時間が無いような状況です。

……正直に ストレスとかたまってきてしまいますよね~
――そして 浪人生(特になんのとりえもない)にとっては
そのストレスを発散できる方向 かなり限られてくるんですよね~

まぁ その手段の一つとして「QMA」がボクにとっては上げられますが
……まぁ この方向性については 今日のところはスルーするとして。

今日は ヤケ食いとか ひとまず 間食系統にスポットライトを当ててみる感じで。
……とまぁ 今日のテーマを考えながらつくづく思うわけですが
「受験生って 本当に不健康だよな……」みたいに思いますよね。

まぁ 早速いろいろと話題がずれて行きそうな気もするのですが
今年の初めには 学校に行っていないおかげもありまして 信託測定なし
→只今の生活で どれくらい体重の増減があり そのおかげで
自分が体調的にどんなことに陥っているのか全く確認できない

……どうにかして!!!  ………いや まず 何があったのか語ろうか。



昔々に 半ばヤケになりつつやってみていた気がするシリーズ。
……そして 何となく タイトルネタとして使わせてもらった感じ。
イタリアン外装イタリアン
気がついたら マックなんだか 新しいのやってたみたいね。

てな訳で ちょっととある日に 車の中でいただいた(ドライブスルー)
――ちょっと 話の展開的におかしい点については 目をつぶってね~――
アイコンチキンシリーズの「イタリアンハーブ」だそうな。

ちなみに 臭いからして 隣で運転していた母親も
「それ 良いんじゃない~」って かなり興味心身だったご様子。

ついでに この時には「母親に会計を受け持ってもらう」という
若干反則的技を使わせてもらった形なのでwwww
……まぁ 自分の手は出来るだけよごしたくないわけですよね~

ちなみに 過去のアイコンチキンやらBIG Americanやらのシリーズでは
四個の新しいバーガーを作るのが定例だったようですが
今回は特にそのような事は無かったようですね。

……だって 広告も(特設サイト見ても)全くなされていない。
かろうじてわかるのは「次回が『カリフォルニアコブ』」とか言うバーガーだということ。
ついでに マックの翳すクーポン関連についても見てみたところ
やっぱり この二つしかないみたいですね~  ちょっと残念。

……まぁ 値段が少々張っているこれらを制覇するのも難しいものがありますし
スタンプ集めるのも 少々楽になってくれているのは
一種 やってみますか~  みたいな期にはなれますがね。

ちなみに 今回このチキンセットでもらえる「かざすクーポン」は
「チキンフィレオ」の無料券が一枚(複数応募可能かは知らん)。

自分は マックのレギュラー商品の中で「チキンフェレオ」が
一番好きだったりするのですが そんな背景があることを考えると
このサービスは やってみる価値本当にあるんじゃないかと。

まぁ カリフォルニアコブ食べる機会があったらまた書きますよ~
……さっきも書いたけど 最近楽しめる事なんて QMA覗いてみたら
食うことくらいしかないわけだからね。  残念だけど。
(↑そう言えば サックス関連はどうしたんだろう。  やってみようかな。  久に。)



さて 食べること関連……で もう少しお手軽さを優先するのならば
マックよりも コンビニでカップ麺とか買ってそこでお湯を入れて
すごすごと予備校へ運んで~  みたいな流れの方が数段やりやすい。

特に 今通っている予備校には予備校から外に出なかったとしても
「カップヌードル系統」ならば 自販機が中にあったりするから
予備校から出なくても カップ麺の購入は出来たりすると。  便利。

ただ この時期になってくると さすがにスープを飲み干したりしないといけない
――確か 昔々に通ったことがある「T進Hスクール」では
カップ麺のスープを捨てるバケツがあった気がするのですが――のですが
やっぱり この時期に関しては それは段々と厳しくなってくるもの。

……てな訳で ここ最近は UFO(当然焼きそば)の方を買って
「行き帰りの移動時間で どれくらい伸びるのか」とかについて
少々気になり 調べてみたくなってきたので まぁ やってみましたと。
(↑今までコンビニのカップ麺は試してこなかったからね。  自販機万歳。)

麺
と いうわけで 自習場所=飲食スペースに
お湯を持って辿り着いた時に
麺の方がどんな感じになってみたか見てみたらこんな感じ。
……なかなか良いんじゃない??
タイマーで測ったりしていないけど。

――そんなわけで ちょっと予備校の自販機よりは
値が張るけれども
これからは ちょこちょことこんな方面も食べて行きたいな……

……と いうか ここまで書いて心から自覚したけど
「一体本当に この人間は何を書きたいんだろうね!!!」(←しるか。)

TOP

予備校生恒例行事?

2011⁄06⁄21(火) 00:00
なんだか 気がつけばあと キリ番まで1000を切ったところみたいなので
一応 このタイミングで書かせてもらいましょうかね~

――20000番 踏んだ方 知らせてくださいね~  将来的には。
……もっと近くなってきたら しつこく書き続けますよ~
だって 久しぶりのキリ番だもん。



先日は 予備校の地理の先生と「ポロロッカ」について
かなり語りあっていました。  これでも 一応理系の受験生のっぴぃです。

一応 地理で配られたプリントに 少々おかしい点があって
それを指摘しに(ついでに その解説について聴きに)講師室まで行って
――確か ブラジルでの水力発電とか何とかの話だった気が――
その勢いで かなり話しこんでしまった気がしますね。  元々話長い人たちだし。

水力発電を行うのには 高低差が必要(ダムの存在が不可欠)なのに
アマゾン河とかって 全く高低差が無くてかなり内陸まで舟がさかのぼれる。
さらには ポロロッカってのもあるよね~  みたいな展開でしょうか。

ボクが「ポロロッカ」という単語を吐いたことに先生
一瞬かなり驚いたかのような顔をしたりしたのは気のせいだよね……??

理系でも 地図に興味があって 幼いころから道路地図を穴があくほど見つめていた……
みたいな 不気味に思われるような過去を持った人もいるんだよ!!!
――これからの話には 全く関係ない話だけど!!!



・避難訓練
そんなわけで 今日のメインの話題は予備校の話でも。
……昔考えていた程は この話 以外と記事作れないんだね~
なぁんて そんなどうでもいい感想のような物についてはひとまずとして。

先日 予備校の方で 避難訓練があったようです。
この前の地震があって それの影響でやることになったのかそれとも
元々やる予定だった行事なのかはよくわかりませんが。

ただし この避難訓練実施の日にはボク 元々病院に行く予定があって
――ちょうど この日にはボク 昼から4時間ほど授業が無い時間が開くわけで
この間に 平日しか開いていない病院の予約を入れることがあるんですよ――
この避難訓練 端的に書いてしまうのならば「サボった」わけなのですが。

いや~  どちらかというと ボクにとっては「非難訓練」だった気がwww
――職員とすれ違うたびに「病院に行かなきゃ~」みたいな話を
逐一して行かないといけないなんて。  無視しても良かった……わけないよね。

ひとまず 午前二時間目の講師が教室の生徒の誘導その他を担当して
実際に外に逃げまでしたのかどうかは知りませんが 結構大変なことしたみたいですよ?
――その訓練の間に予備校に来ようとしていた制服軍団(テスト週間かしら??)が
この様子を少々唖然としながら見つめていたのが印象的でした。

ちなみに 当然のことではありますが ひとまず 受付でこの避難訓練について
「病院行きたい旨」を伝えて どんなふうにサボればいいかとかを聞き出して
その 担当講師には「病院が~」って 連絡入れるくらいの最低限のマナーは
守って 退出しようとしていたということくらいは 言い訳させてもらいますね。

ただし その話は当然のように 予備校の職員全員に行きわたっていたなんてことはなく
つまりは 職員の方とすれ違う度に RPGか何かでエンカウントした
――みたいな メッセージボックスを召喚したくなるような状況になって。

「よびこうしょくいんに からまれた!」  みたいなノリ。
――いや~  一人一人に説明しなければならないのたるかったなぁ。

……そう言えば 初対面で 授業の注意の時に
「もしもの時は 俺 真っ先に逃げるから 自分の命は自分で守れよ」
とか いっていた先生がいた気がするけれども あの先生もさすがに
このような行事があったら 真っ先に逃げ出すようなことはしないのだろうね。

……と いうことを言っていたとある先生について
「あいつは 8・9講目でメルトダウンするぞ」という予言をした別の先生がいまして。
この予言した本人である先生(預言者)が まぁ 深い理由まではよくわかりませんが
ちょうど最近までメルトダウンしていたということをふと 思いだした。

その「メルトダウンするだろう」って 予言されていた
非難訓練に全く役に立たないようなセリフを残した某先生曰くには
「一体 今のおれはどんな顔をして教壇に立つべきなのだろうか」と
若干 頭を抱えていたとかいなかったとか。  ……複雑な空気。

――ねぇ 先生がメルトダウンってどーゆー事なの??
――これから先は ちょっと個人情報もあるだろうから自重するということで。



・テストもどき
さて それとこの前の日曜日に ちょっとしたテストのような物があった~
――と いうことを 重ねて書かせてもらいたいと思いますね~

ちなみに 今回のテストというのは またまた先日
「学校の定期テスト」と半ば重ねたような形で書いた「復習テスト」とは違い
まぁ 全国集計したり偏差値集計したりしない形の模試……
……とでもとらえていただければ 多分思い違いは一番少ないかと。

ちなみに 出題範囲はセンター試験で行う範囲……なのですが
今回(第一回目)では 実施科目は「国数英」ということで。
――あ~  ものの見事に ボクの得意分野が削られている形ね~

まぁ 諸事情がありまして 途中退出する羽目に陥りましたが
とにかく 精神が脆いな~  的な部分が明らかになったとでもいいましょうか。
――ひとまず この夏に乗り越えなければならない部分もあるなと実感。

反面 今までカオスだった漢文で 40点を超えたのは一つの収穫
――ただし その回は「論説」が炎上したので 合計してみたら……。
とか まぁ 深いことについては ここでは気にしない方向で。

まぁ 何も「これが本番ではない」というのは意識下にありますし
この「予想問題集」のような物で 自分がダメな部分とかを洗い出して
翌週からの自習や 夏休みでの復習の間に どんな勉強をやっていくのか
その計画を立てることが大切ですからね~  頑張らなきゃ。



・目標点
そう言えば 書いたような気も書かなかったような気もしますが
一応 今年のセンターの「目標」を掲げておこうと思います。
――それが実現可能か不可能かは ここではいったん保留することにして。

まず 数学・理科(物理化学)・社会(地理)で500点を確保します。(←要するに満点)
で 数学・国語あわせて300点狙って 900点中800点位を狙いに行こうかと。
(↑リスニングは別問題・単純計算一教科150点)

ちなみに 絶好調だったとしたら この先 順調に伸びてくれたとして
「不可能ではない」数字だと ボクは確信していますので。  頑張ろう あたし!

TOP