GW!

2011⁄05⁄05(木) 12:00
888.jpg
ひとまず タイトル的にゴールデンウィークって
書き始めようとしているはずなのに
なぜ 雪うさぎとかが入っている画像を選択したんだ??
――この時期 普通にオーソドックスに雪 降ったりするのか??

……とか 細かいことまで考える人がいたならば
突っ込んでくるかもしれないですね~  ――あ 気にしない??

ひとまず この記事 確か延べ記事番号が888だったはず。
……ちょっと 祝いにくい数ですが まぁ 何となく節目ということで。

で 888って書いてみたならば「雪だるま×3」に見えるのは
かなり有名な話でありまして 雪だるまに見えるんだったら
それっぽい画像を貼りつけて 記事始めても良いよね~   みたいな。

……まぁ これが冬だったら ここからもっと話を膨らませただろうけど
今の時期に 雪について語っても あまり現実味が無い気がするし
――実際 今のボク半袖でPC前に座っているわけだしね。



さて よくよく考えてみたら このまま話を続けてたら
上に書いていた雪だるま云々の話題が少々 浮いてしまうことになりますね。
――なんとかして GWのネタと 雪だるまをくっつけられないか。

雪だるまと言ったら冬……冬と言ったら寒い……
なんだか 連想ゲームをしても かなり GWに近づかない気もしますから
ちょっとした 短文でも書きながら 考えていきましょうかね。

凍りつくような山風に耐えて登校したところ……

“アイツ”がいない事になっていた。





消失
――えぇ そうですよ。

   消失ですよ。

  
どこかで見た文面だと思ってもその辺は気にするな。 
……それにしても 今 なぜもってきたかって??

それは 今年のGW――すなわち 今の今――になるまで
これ 実は 一度も目を通していなかったという事実があったからに
他ならないからなんだよ!!!  悲しいねwww

みたいな 自嘲するような書き方は別にいいとして
ちょっと 調べてみたら 只今WOWOWで放送真っただ中なう
――アニメ版含めて――らしいですからね。  関係ないか。

まぁ ぶっちゃけた話 かなり興味は持っていたりしたんだけど
その当時 ちょっと ボクも気分的にあれていたりした部分もあり
――確か ボクの記憶が正しかったならば ちょうど部活をやめたあたり??――
そして 金が~みたいな状況もあったりしたわけで
あれやこれやという内に これを 確認しないままずっと時がたったわけで。

そんな生活を思い出したり 今度の「けいおん!」の劇場版の方も
ボクは諦めるしかない
ということを思い出したりしているうちに
ボクにとっては 京都アニメーションが作る映画と
なんだかんだで 別の意味で折りが合わないのではないかと思うような気が。

――なんて ちょっとした愚痴についてはさておくにしても
ボクにとっての GWらしい企画……は 残念ながらこれくらいしかない
――逆に書けば これ以外は 本当に普通の日常となんら変わらないわけだから
ビデオ鑑賞会ができただけ まだよかったということにでもしましょうか。

基本的に「浪人生には GWも必要ないだろう」というコンセプト?の元
この みなさんがGWを満喫している間にも ボク達受験生には
ムンムンとしつつある(男が比率的に多いから??)若干汗臭くなってきた教室に集まり
そこで 毎日90分の講義を受ける。  ボクは国立だから講義も多い。

――しかも 背景には 浪人生の3つの大きな山と言われる
「開講三週間目」にも突入したということで いろいろと折れそうになる時期。

……ひとまず 予備校講師が語る「開講三週間目」の説明やら
その時期に 実際何があったとかいう話は また後日にしますが。

まぁ 何がともあれ「だるかった」という事実は変わらない。
そして 模試の疲れもべったりだったということで 様々な意味で折れそうになった……
……みたいな愚痴くらい こぼさせてほしい   そんな感じですね。

まぁ 内容について……深く 今更語ることもないでしょうが
その他アニメの話題と交えて ちょこっとくらいは筆を進めるかもしれません。
――まぁ 今日は この話題はこのくらいで矛を収めておきます。



せっかくハルヒの話題に持ち込むことができたのだから
少々は 「え?? 今更??」みたいな話題だけではなくて
ぼちぼちと 今を駆ける話題くらい書いておかないとまずいかなということで。

気がつけば 何年越しになるんだろうという驚愕の発売まで
一ヶ月を切っているではないですか!!  なんということ。

ボクがアニメに染まる~  みたいな話はあまり上げませんが
ボクにとって この業界に足を踏み入れた入口は
実は このシリーズのラノベだったということで この出来事は
ボクにとって 一種の原点回帰ということになるのでしょうか。

多分 ボク以外の人間でも 同じような意見の人はいるのではないでしょうか。
……とまぁ そんな世話話はどうでもよかったとして この話は
長らく更新が止まっていたので その意味合いがことさら強いわけで。

とりあえず この浪人生は一体どんな反応をするのかと言えば
まぁ 普通に「アニメイト津田沼店」に行きまして
何食わぬ顔して 普通に 予約表を手に入れたり
そもそも すでに全額は落としてしまっていたりする次第でありまして。
――もうすでに 発売日に取りに行くだけという状況であります。

分裂でαβパートに分けて 若干自滅したのかも分かりませんが
何にしろ「妥協ではない」形で 次につなげていってほしいです。

――これだけ時間がかかりますと めちゃくちゃこったのか
途中で投げ出してしまったのか このへんがかなり怖い所。
……文学的にも 個人的に それなりの展開があったので
かなり 期待している部分があるのですが それは買ってからのお楽しみ。

なんだか 今日の記事内容 全てが全て中途半端な終わり方で
なんだか気持ち悪い気がするのは 御愛嬌ですね。  そのうち〆ますよ。

TOP