旧友―とも―

2011⁄04⁄24(日) 12:00
さて 一週間ほど予備校に通いまして まぁ いろいろと
予備校の中で様々な人とすれ違うことがありまして。

まぁ 春期講習の頃からすれ違ういろいろな人を観察しながら
「誰か知っている人はいるかしら~……?」とか
――と いうか 同じ学校から通っている人とかいないかな~

みたいな観察をしてみたりするのは まぁ しょうがない事かしらね??
……こんな事しながら過ごしている人って
ボク以外にも 多分何人かいたりするんだろうね???  きっと。

正直なはなし ボク かなり顔が狭いので――この表現が日本語的に
正しい表現なのか 少々気になる部分があるわけなのですがwww――
まぁ そこまでいないわけではないと思うけど……
……って 不安になるくらい 見知っている人がいないわけで。

ついでに クラスメイトとかの顔を 卒業式をサボった立場ながらも
それなりには 気にしていたりはしているつもりなのですが
ボクの記憶の中では あの男クラスからやってきた人は……??

基本的には――まぁ 文転とかした人もいるかも知れませんが――
理系の数学ⅢCまで使っての受験に誰もがなると思いますし
私立志望の人もいるとはいえども そして 合格して
浪人生活を知らない人がいるとしても。  さらには
他の予備校にわかれる人があったとしても ここまで減るものなのかと。

……うん。  クラスに限らず 学年の話としてね。
――ひとまず 文系の人でも すれ違ったことがあるような顔もね??

……とか 考えながら 一つ大きな事を失念している気も。
例えば「髪の毛を染めてみました~」って人 以外と多いって事。

化粧ほどではなくても 髪の毛が茶色くなったり制服を脱いだりすると
人称とか雰囲気とか様々な意味で変わってくる……
……なんて 世間ではよく言われていたりしているのが 何となくわかった気がする。

まぁ 基本的に 学校では影が薄いキャラクターを貫いたりしていたので
このような立場で 一人 不味い飯を食っているボクがいたとしても
声をかけてくれるような相手は いたりしないんだろうな~  って感じで。

ちなみに ボクが高校時代にしたくしていた某友人は
親に強制的に駿台に通わされたとかいう話があったりね。
……要するに 基本的には話せる相手がいなかったりするわけでね。



……そんな中 一人 見知っている人間を見つけました。

――なんて 話を軽く書こうとする前に まず下準備をば。
ボク 小学校時代に引っ越しを経験したわけですよ。
まぁ 引っ越しって書いても「県内」でぼちぼちと移動したくらいですがね。

もう少し 房総半島の中ほどの方から今住んでいる千葉市に越してきた。
なんというか とにかく「引っ越し」って大げさに言うわけではないわけですけれど。

……まぁ なんというか「昔住んでいた場所」にまで
戻ってこれたりするわけですよね。  簡単に考えてみますと。
そして これは逆に 昔の知り合いと遭遇することもあると。

……てな訳で この時からの友人――世間一般的には「旧友」とでも
表現する相手なのでしょうかね??――に遭遇しました。
予備校の授業 英語でちゃっかり 近くの席に座っていましてね。

お互いに「あれ??  お前 そこにいたの??」みたいな。
――小学校卒業した時に出会って以降かな??  わかる時にはわかるもんだ。

まぁ ひとまずは メールアドレスくらいの交換は済ませているから
このへんを使って「お互いに連絡を取り合おう」って 思ったら
それは可能だったりしたわけだけれどもね??  まぁ なんというか。

このような人間関係になってくると いつの間にか失踪したりとか
まぁ メールアドレスの関係ってのは また 面倒くさいものが
あったりするじゃないですか。  ――それって ボクだけじゃないよね??

実際 引っ越す前の一番の親友だった……と思っていた人間と
現在 メールが通じない……みたいな展開になったりしているし。
(↑ついでに 彼 九州の方へ引っ越したみたいだし……。)

まぁ 彼は高校時代からの友達がいたようで そちら方面からの友達と
顔合わせみたいなこと したりしていたのですがね。
――うん。  なんだか ボク いろいろと元々住んでいたところで
「伝説」となっていたみたいだね。  なんというか 噂の人って感じ。

――一体、俺、過去に何をしたし。(←地)

まぁ 正直な問題いろいろと戸惑った場所もあったりするみたいだけどね。
(↑なぜだか 他人口調になっている件は気にしない事。)
ひとまずは 口裏を適当に合わせるくらいのリップサービスはね??
(↑いや この人一体何を書いているんだい?????)

――それにしても なんだかまた ターゲットに絞られた気がするんだけど。
……基本的に 女々しい草食系男児ののっぴぃでございます。
これでもかってくらい 草食系男児ののっぴぃでございますwww



まぁ そんなわけで ひとまず 喋る相手ができたことは出来たのですが
自分はあくまでも「過去の人間だな」ってことを痛感したわけで。
……いろいろと通じない話題もあったりするもんね。

そんなわけで 基本的にはボク 受験勉強の方は一人黙々と。
予備校の団欒スペースのカウンターに向かいつつ 耳には耳栓をしての
孤独な戦いを一人 繰り広げていたりしております。

正直なはなし 周りとちょっと違うオーラを放ちつつの
フルスロットル……のような状況に見えなくもないかもなって思いながら。

――まぁ これもこれで 今年の一年間を象徴するような感じだなって。
これから 日常の話題と予備校の話題の線引きが難しいな~
……まぁ 誰も深くは気にしていないか。  好きにやればいいのかな???

TOP