予備校・現役編~続

2011⁄03⁄10(木) 12:00
ボクが通った予備校の比較に関しては前回書きますし
今日は 宣言通りに K塾でお世話になった講座についてコメントをば。




まぁ 前の予備校の批評記事?を見て思った方もいらっしゃるかもですが
ボクも 心からこの件については思っているのですよ。
……浪人編だけは 全く作りたくないなぁ……と。

――まぁ この記事が上げられた時には すでにこれについての
オチが付いている状況になっているかもしれませんから
あまり 大きな声で言うことは 出来ないのですがね~
(↑少なくとも 今は神戸に行けるものだと考えて記事を書きこんでいますので。)

さて まぁ 何を書こうとしているのかと言いますと 予備校の講座批評。
このへんの話について 詳しいことはその折その折に書いている気がしますから
ここでまとめるのは ざっとした慨形の見になるのでしょうかね??



<二年三学期>
……このタイミングで T進から転身してきたということになりますねwww
・アクティブマスター英語
一応 基本っぽい事を教える……みたいな感じになっていたはずなのですが
何故か 気がついてみたら 全く教材を使わないで
文法事項は そこまでやることは無かったのですが 何故でしょうね。

ひとまず 文法事項はそこまでコケていなかったという部分はありますが
長文になってくると 急に文字が見えなくなる弊害があったりして
先生がヤケに配りまくる長文のプリントには非常に苦労しました。

あと ちょっと口頭説明には非常に疎い特性持ちなので
黒板に書いてあることの筆記が割と最小限&脈略が……  みたいな板書は
自分にとって「あなた 何を言っているのでしょうか??」みたいな感覚。

でも 校舎内で一番デカイ教室を満席間近まで持っていけるところ
この先生 一応校舎の中での名物講師の一人なのかもしれません。
……個人的には 全く馬が合わなかったのですがね。  しょうが無い。

・アクティブマスター数学
ひとまず 一・二年生とずっと勉強を怠りつづけたつけをここで払うことに。
――まぁ その当時は全く自分が理解できなかったので 授業の方でも
一体先生が何を言っているのかわかっていなかったような気がします。

一応 その当時はすべてを先生のせいにしていたのですが 今となっては
これが 自業自得だったということは 自らに言い聞かせることができますね。
――あの時は 無知も良い所でした。  ……今だにその延長線上ですが。

・物理
一応 今となっては想像もできないような最低点をたたき出した直後ですから。
この講座だけは 少しオプション的感覚で添加させていただきました。

……まぁ ここであらかじめ教わっていたからこそ 進級直後の大躍進の
土台が完成したのかもしれませんね。  これはよい判断だったと思います。

<高三>
・英語(講座変更あり)
前半は 普通に集団授業を受けていたのですが 一応ほかの人と
こけている場所が違うということを 先生と共に認識。
――この先生も なんだかんだで骨身になって聞いてくれました!!

このことを考えるには 個別指導はどうかな~  みたいな話題も
振っていただいたり それについての細かい相談に乗っていただいたり
なんだかんだで この先生にも今となってはかなりお世話になったのでは?

後半は個別指導で。  まぁ この詳細は前に書いた記事で代役とでも。
あまり 立場上 詳しく書く記事を何個も書くわけにはいきませんから。

・数学(レベル変更あり・ⅠAⅡBとⅢCで別講座)
ここでは お気に入りの先生を見つけることが出来たりしましたね。
あと これが模試T進のままだったら 多分完全にⅢCで折れていました。
それを防止することができたという点では かなり良かったと思います。

ただし 何度も書いている気がしますが 一・二年生二の時には
勉強を完全にサボっていたような形になっていたので それのリカバーが最悪に。
――未だに 数段後ろを行っているでしょう。  センターの感触が物語る。

……ひとまず 中学のころに経験した急上昇がまた来ることを信じて
ボクができる事を積み上げていく……みたいな感じでしたかね。  内心では。

・物理(講座変更あり)
前期には 津田沼校へ通って このころから謎の躍進を遂げた物理の
この上昇矢印をどこまで↑に引き上げることができるのかを意識して
ひたすらに励んでいましたね。  まぁ 一等地にはついたかなと。

後半は ちょっと冬の時代に差し掛かった(まぁ 先生の評判も悪かったですが)
感じになりますが――レベルを上げた事を別の意味で後悔した瞬間――
まぁ それでも 自分なりに 自分で解き方を考えていくという
能動的解き方を意識せざるを得なかったことは 良かったことだと思います。

予備校に行くと「受動的」になりがちになってしまう点が
一つ 弊害であると ボクは思っていますので これの対策にはなったかと。
――一応 この気概はほかの科目にもできるだけ受け継いだつもりです。

・化学(講師変更あり)
これは 個人的評価は正反対。  悪い先生→良い先生みたいな感じ。

前半は なぜ教壇に立っているのか全く分からない感じでした。
どんな感じだったのかは 過去記事をご覧いただくということにして。

後半に教わった先生は 配るプリントもケタ違いにわかりやすくまとめてあって
試験直前にちらりとみるという使い方も非常にわかりやすくかったです。
――なんだかんだで 参考書をプレゼントしていただいたりしました。

しかも 受けていて楽しかったので いろいろな意味で楽しかったです。
やっぱり 勉強は楽しめてこそなんぼですね。  心からこう思います。



さて ここまで書いたところで 実際の時間軸はどのあたりにあるのでしょうかね。
それでは ひとまず 現役生編はここまでということで。

TOP

03/10のツイートまとめ

2011⁄03⁄10(木) 00:00
こんな雰囲気で ツイートの記録を落としていければと思っています。
――旅行……って書いたら違いますが 入試の間の日程とかは。

まぁ これとは別に 下書き放出もしていますがね?

ひとまず この話についてはテスト感覚で。




K_NOPPY

そもそも 一番新しい時代の地層から発見された化石って どの時代に生きていた生物の化石なんだろう(一番新しい時代まで生きていた生物の化石って どのくらい前の生物の化石なんだろう)?
03-10 23:10

……とはいっても 全てが全てそうだというわけではないでしょうがね?
03-10 23:08

化石って 無機物――基 生物の死体から炭素が抜け出してケイ素に置き換わった上で地層に記録される……みたいな感覚で 自分は解釈していたのだけれども 考えてみたら どんなふうにして炭素とケイ素って置き換わるんだろう。
03-10 23:08

ところで 赤本の小論文の模範解答を仮に 試験当日にその回答欄に書くことができたなら 何点とれるんだろう。
03-10 22:30

@ricecake0323 ありがとうございます。  どう考えても残り時間は数えるほどしかありません。  頑張ってみようかと。
03-10 20:58

ネクスコ&AKBwww  以外と良かったwww
03-10 20:34

後輩がモノレールの軌道に?みたいなことをしていた話をふと 思い出した。
03-10 20:27

思わずアイロニーを思い出した。おれいもの舞台です。――今飛んでるの。
03-10 20:22

タウンライナーww テラ地元www
03-10 20:18

網タイツ 吹いたwww
03-10 20:10

TOP