具体例・――っぽく書いてみた。

2011⁄02⁄27(日) 12:00

私の身の回りにいる受験生――同級生――の皆さんは「大学に受かるため」に
ここ最近の受験生活の日々を乗り越えて居ると聞きます。
でも 果たしてそれは実を結ぶようなものなのでしょうか。

私は そのような物に繋がることはないのではないかと思います。
なぜなら 大学は学ぶところでは無く 研究する場所であるからです。
そして 研究は明確に目標を立ててうちたてていくのではないのでしょうか。

研究というのは まだ誰も知らないことに向かって必要な情報を集め
それを証明することで 学ぶということは 他の人が研究をして集めたものを
頭に詰め込んでいく作業なのではないのではないでしょうか。

つまり 学ぶという作業は この先に進んだ人がいない場合
そこから先に進むことはできませんが 研究にはそこを切り開く力があります。
また 学ぶというものは 自己満足を得ることはできますが
そこから生み出されるものは 限りなく少ないでしょう。

また 研究は人それぞれの感性の違いから 様々な意見を持ちだして
それを膨らませていく事ができますが 勉強は答えが一つで一辺倒です。

確かに 研究をするためには基礎事項を
しっかり学習して行かなければなりませんし
実際 小中高と私達が学習してきたことはその「基礎」に
当てはまっているのだろうと 私も理解しています。

しかし 高校生の知識を蓄えた今 私達はこの未知の分野を切り開く
力になっていかなければならないのではないでしょうか。

また ここまで来ると 私達が学ぶことができる事も かなり限られてくるでしょう。
100点のテストが生み出すのは そのテストを受けた本人の自己満足や
周りの人間の小さな喜びだけなのではないでしょうか。


大学受験では 浪人をしたくないからと理由で現役時代から私立大学を手当たり次第に受けて
受かったところから一番偏差値が良い大学を選ぶという話を聞いたことがあります。
その人たちは 本当に研究をするという覚悟があるのか疑問を持たざるを得ません。

このような勉強の末に たとえ上位大学に合格したとしても
その人は 確かに「勉強」は出来るのかもしれませんが 「研究」という面については
その意欲はほとんど感じられず その時点で かなり後れを取っているのではないでしょうか。

浪人をしないという事で 確かに青春の一年間を無駄にする危険が無いという
メリットがあることはわかります。

しかし 長い目で考えてみると(特に理系学部の場合は)研究費が少なかったり
十分な設備が整っていなかったりして はたして良い環境を整える事が出来るでしょうか。

その結果 一人一人の研究から生み出される物も その分小さくなってしまうのではないでしょうか。

これに対して たとえ一年留年しても 明確に何をやりたいのかが
はっきりしていて 「それに向かって勉強」して勝ち取った先に得る
大学生活の方が 私達の楽しみとしても そして そこから生み出されるものに対しても
大きな利益になりうるのではないでしょうか。


そのためにも 小中高とゆっくり勉強できる間に
英数国のような教科だけではなく 社会全体にどのような研究があって
自分は何について 詳しく研究して行きたいのか
自分の進路についても もっと勉強して行くべきなのではないでしょうか。

この時間の間に 大学についての詳しいビジョンを持っておくべきだと思うのです。

私達は 大学生活で何を「研究したい」のか
そして どのような場所でそれをする条件が整えられているのかなど
勉強を進めていく以上に 明確に考えていくべきなのではないでしょうか。


私は良く このように諭されたものです
『この教科の「勉強」が得意だから この学部を選ぶのではなくて
もっと 自分が何をやりたいのかをはっきりさせておきなさい』。
今の私は この意見に心から賛同します。

明確に 自分は何を作り出したいという意思を持つ事で
何も考えないよりは確実に素晴らしい大学生活を送ることができるでしょうし
そこから 私達も大きな社会貢献も出来て
双方におおきな利益を与えてくれるのではないでしょうか。




そのようなわけで もう一つの記事の方でオブラートにまとめた記事を
それっぽく書いてみようと思ったら こんな感じになりました。

……まぁ ボク的には かなり固く思ってしまうのですが。

ひとまず「私」という一人称は 半ばキレかけたときに使用する傾向もありまして
まぁ いろいろと違和感を感じてしまうのは ちょっとしょうがない事なのかもしれませんねwww

しつこいくらい書きますが まぁ これはボクの意見だったりするので
その道を歩む方を否定する気は全く持ってありません。
――この件について 再度 ご確認いただきたいと……。

TOP

具体例

2011⁄02⁄27(日) 12:00
さて 昨日書いた文面だけだったら いまいちわかりませんからね……。



何かしらの例が無いとわかりにくい気もいたしますので
早速「ちょっと投げやりに見えるかもしれませんが」 原稿の方 考えてみました。

――ただし やっている途中にの感想として「主張を通す」のは当然ですが
そればっかりだったら「日記として」とても読みにくいことになる危険が
非常に高くなっていたので「主張」というコンセプトは守りつつ
いつもの口調で書いていくべき……なのだろうか……みたいな感想を。

そんなわけで なんだか 最終的には当初ボクが思ったような形には
おさまらないような気もいたしますが……  まぁ 意見があったらどうぞ。

――まぁ お前は小中学生か!  って言われるような作文になること請け合いですが
……ひとまず 何かしら書く練習をしなければ。  全くやらないよりは……
どこかで 恥を晒しておいた方がいいでしょうからね。



それでは 始めのお題(まぁ 自分で考えたわけなのですが)として
今 ボクにとって旬な「大学とは何か」と言うことで書いていこうかと。

まず 大学とは「学ぶところ」ではなく「研究する場所」だと主張したいです。
そして 大学入学は「皆が行くから」ではなく 自分で明確な理由を持って
意欲を持って進んでいくべきだと ボクは確信しています。

研究するというのは まだ未知の物事を自分の力で解明していくこと。
学ぶことと言うのは 誰かが研究した内容をほかの人から教えてもらうことです。

学ぶということには限界がありますが 研究して行くというのは
その人の意欲によって 様々な方向へ進化して行く事ができるでしょう。

また 人が調べた後を単について行くだけだったならば
そこから新たに生まれる部分は無く そこから生産される部分はありませんが
研究をすることは そこから新たな物を作り出す可能性を秘めています。

「学ぶ」と言う動作には限界がありますが
「研究する」ことは 意欲次第で無限の可能性を秘めているのです。

ボク達は小・中・高校で数学や英語等 様々な物事を学んできましたが
有限である「学ぶ」という動作に対し ボク達がこの先学ぶことができることは
限られてくるのではないでしょうか。

仮にテストで100点を取る機会が増えてきても
そこから社会に向けて生み出されるものはあるのでしょうか??

大学受験では 現役時代から私立大学をたくさん受けて受かったところから
一番いい所を選ぶという傾向があるとよく聞きます。
その人たちは 本当に何かを研究したいと思っているのか疑問を持たずにいられません。

このような勉強の仕方で大学に合格して
確かに 「勉強」はできるのかもしれませんが 「研究」という面について考えると
その意欲と言うものが全く感じることができず
その時点ですでに 負けているのではないかとボクは主張します。

確かに 浪人の可能性が少なくなることで むんむんとする一年間を
過ごす事がなくなって 大学生活をエンジョイできるという
メリットがあることは否定しません。

しかし 長い目をかけて考えてみると(特に理系の場合は)
私立大学などでは研究費が少なかったり 十分な研究ができなかったりして
ボク達一人一人から生み出される可能性が潰されているのではないでしょうか。

その例に対して 一年浪人しても 明確に何をやりたいのか確認して
それに向かって「勉強」して勝ち取った先に得る大学生活の方が
ボク達が得ることができる大学生活は 楽しむという意味でも
社会に貢献するという意味でも大きな利益になりうると思うのです。

また 一人一人が高校生活を終えるまでに自分が何をしたいのかを
しっかり「勉強」して 明確なビジョンを作ってから
大学へ進学して行くべきではないかと思うのです。

ボク達受験生は 高校生活を終えるまでに何を「研究したい」のか
そして どのような場所で どのような背景の場所で研究したいのか 
「勉強」を進めていく以上に 明確に考えていくべきです。

この教科の「勉強」が得意だからこの大学の何学部に行く……
……ではなく そのような自分の特性を踏まえ
「だから このような物を作り出したい」という事を考えることで
自分の大学生活を楽しむことができるでしょうし
それが 社会の為になって行くのだとボクは確信しています。




――ふむ。  なんだか胡散臭い感じになってしまいましたが。
――何となく 何を主張したいのか意識して書いてみましたが……
(↑当然「上手い」とは微塵も思えませんがね。  この内容。)

まぁ 始めてですので 補足説明を入れておくとするならば
例えば この文章の場合「漠然とした志望理由」で大学選びをすることを
批判している感触がありますが それに対する反論等に対して
まぁ 荒れるもとでしょうし 遠慮して行く事にします。

また この意見に対する賛成意見についても
まぁ あまり書き込まない方向で……とも 思いますね??

それに対し「主張の軸がぶれている」やら「何を主張したいのか
読んでいてはっきりしなかった」みたいな感想を持たれた意見に対しては
ボクも これからの成長課題として 考えていくべきだと思いますね。

その他 「この議題について のっぴぃはどう思う??」みたいな感じで
「お題定義」みたいな話等のコメントをいただいた場合
荒れるもとにはなりにくいだろう……  と思いますので
このようなコメントに対しては いつものノリで返信しようかと。

――みたいな事書いていて コメント来ない可能性もかなり高いと
自分自身で推測してみたり。――と いうか そうだったら
なんだか バカバカしい気がしますねww  非常に確率高いですがwww
……まぁ 何にしろ 書いた本人が自分で考えるのも一つですからね。



相方の方で 固めの――っぽい文章をまとめてみました。

TOP