ゆき

2011⁄02⁄12(土) 12:00
ゆーきやこんこ。  あられやこんこ。  ふってもふっても  まだふりやまぬ。
いーぬはよろこび  にわかけまわり、  ねーこはこたつで  まるくなる~。




闇夜の月
いや~  どうもどうも。  なんだか 千葉でも
久々に本格的に雪が降ってくるとか何とか。

周りの人たちの反応を見るには 
「かなり冷え込んでいるんだろうな~」
みたいな空気を察しながら こうして 
窓の外を眺めているのですが。――いや~  
夕闇に染まるところにつもっていく雪と言うのも
なかなか 雰囲気があっていいものじゃないでしょうかね??

そんな意味では この 
画質その他が最悪なボクの携帯の写メでも
ある程度は いい感じで
風景を切り取ることができたのではないか……

みたいな 希望的観測をしてみるのですがね??  どうでもいいですが。

まぁ ひとまず これは空っ風に晒されている千葉県民だからこそ
こんな ゆるゆるとした感想ができるのかもしれませんね。

――と まぁ こんな風に「半ば雪を楽しんでいるかのような」
描写を交えながら書いている部分もあったりするのですが
正直に書きますと ボク この情緒を今年は特に
ほとんど何も感じずに過ごしていますwww  みたいな報告なわけで。

まぁ 昨日なんかは特に 受験とかで「電車が遅れまいか……」みたいに
やきもきしていた(私立大学)受験生もいたようですが
ボクの場合は――これをどのように解釈するのか若干こまりますが――
良い意味でも悪い意味でも 家から一歩も出ないままこれを眺めていましたからね。

わ~  空から何か降ってきた~  雪か?  あられか??
かき氷か~??  みたいな 超超軽いノリで眺めていましたしね。
――暖房が(最低温度で)かかっている部屋から そのような観察を。

ついでに 昼ごろは まぁ 若干降ってくるのが弱くなってたかな~
――まぁ そんな事よりボクは勉強勉強。  ……みたいな感じ。

おまけに 我が家のわんこにいたっても「いーぬはよろこびにわかけまわり~」
の世界から かなり外れたところにいたとっても……。

……まぁ 家の中に情緒の端くれさえ理解できていない人間がすみついているのですから
その家の飼い犬までもが その傾向を引き継いでいても
別に 驚くような事でもないですがね~  少し反省。

まぁ 具体的にどのような感じだったかと言いますと(基本)外犬ですので
朝には 外の鎖につないでおくのですが 外に連れ出して2分ほど経つと
――多分 用を済ませたんでしょうかねぇ???――めちゃくちゃ吠えたてる。

まぁ 今となっては 訪問者が来るのと「狼少女」として吠えているのと
確率的には 半々な気もするので そこまで気にするでもないのですが
――勉強を始めようとするボクには かなり響くんですよね~

あ。  で この訳なく吠えている「彼女なりの理由」と言う物を
わかりやすく解説(和訳?)してみると こんな感じでしょうか。↓
「さむいよぉ……  早くおうちにいれてよぉ……
肉球の中に 冷たいお水がはいってくるんだよぉ……
おまけに 心の中もつめたいんだよぉ……」と まぁ こんな感じでしょうか?

あ。  心の中云々のことは 鼻っからいらなかった????
――まぁ そんな事もありますよww  ほとんど毎日そんな事書いていますが。

ちなみに このように言い切れる根拠としては まぁ 吠えているから
「相手をしに行く」と 普通にしっぽを振って無言の要求。
――狼少女と言われる由来は ここにある……。  ……のか???

まぁ その要求に付き合って 鎖の方に手をかけてみると
さらにちぎれるほど振られるしっぽ。  これが意図しているのは……
――案の定 この鎖をはずすと 玄関まですっ飛んで行きます。

おまけですが 昨日は一度 自力の脱走を試みようとして
実際に 記念すべき成功を収めた……と言うのは また別の話。
――まぁ 鎖から解き放たれても 基本弱虫なあのわんこには
何も 出来ることは無いのですがね~  残念ながらwww
(↑だって 体重も半分以下しかないチワワに吠えられて逃げ出すんですよ??)

――そんなこんなで 結局 家の中に10分足らずで落ち着いて
それ以降はとぐろ――ならぬ 犬団子(犬鍋ができそうだなぁ……)になって
いつも以上にそっけない対応をかましてくれました。
――あ~  そこまで寒かったのかい??  ……犬なのに。

結局 その日の夕方の散歩は「彼女からボイコットを試みた」そうな。
――まぁ 元々「水」は大の苦手としていましたがね???

ついでに おまけなのですが 母親がホットカーペットに寝っ転がったまま
何があっても動こうとしないのですが このダメ母 どうにかならないでしょうか。
(↑その見た目は どこからどう見ても毛布の塊……から 顔が出ている様。)
――飼い犬が飼い主に似るって……いかにも本当なのかもしれないなぁ。



おまけ……として。  TOPに載せてみた夕闇の中に
積もりつつある雪……の画面は ボクが勉強中にふと 横を見たら
出来上がりつつあったので 撮ってみた写メなのですが。

開けてみると。
――この場面 電気をつけて
写してみたらこんな感じになります。

……汚なッッッッッ!!!!  
何故にこうなったし。

すなわち これが一昨日の記事から
若干続いてくる「一週間後」の
描写となってくるのですが……

  汚くなるの早すぎだろう。

ひとまず ボクが座っている身の回り――手が届く範囲であり
あずにゃん(ぬいぐるみ&ねんどろいど)に危害が与えられない場所――には
予備校の英語・数学・理科のテキスト・その関係のプリント・参考書が
特に秩序も無く積み上げられているというのが……現状???

――おまけですが この画面の端っこ ギリギリ見えないとこらへんでは
見えてなくてよかった……。  実は洗濯ものの室内干しをしています。  
いやいやいや……暖房が付いているからって……。  おかしいだろ!!

なんだか 家族一同考えがカオスになっている気がしないでもない。 

TOP