食いつく

2011⁄02⁄20(日) 12:00
と 言うわけで 妄想&誰得??  みたいな話になりかねないお話?
……つまり 携帯のメモリー減らしましょう大作戦 イタリア編を続けたいな~  みたいな。
――なんだか いい加減うざい部分もありますね。  さて どうしようか。

Fウェッキオ宮殿Fドゥオーモファザード
ひとまず 普通に考えたならば 要所要所について 何かしら
詳しく書くべきなのでしょうが 正直にこちらのお話を容赦なく書くならば
「ぶっちゃけ 記事の食いつなぎ」な話をここに書きこんでいるわけでして。

だから 若干違ったスタンツで切りこんでいく(気持ち)で行こうかと思います。
――え??  だったら写真載せる必要が無いだろって???
Fウァザーリの回廊
え~っと  この橋の方は フィレンツェの~
(↑さっきからの写真もフィレンツェです。)
……あ。  取ってつけなくてもいいでしょうか。

  ……そうですか。


まぁ このへんの切り口をこれから暴いていくのも若干たるいので 今日は普通に
「誰も得しないような自慢話」だけで終わらせておきたいと思います。
――逆に考えれば 「この話を早く更新したいから 受験を頑張るという展開になれば。」

Vバチカン市国
と 言うわけで いろいろと展開を無視して ヴァチカンの外見をば。
本当に誰がこんなものを見せられて得をするのでしょうか!!!

別に 携帯のメモリーから取り出しているから なんの絵にもならないというのに!!!

……まぁ こんな愚痴ばっかり書いていてもしょうがないですがね。



ただ ここで庶民的な部分をかけるかとしたら たとえばこんな写真とか。
Vバチカン美術館の黒猫
前から気に行っていた写真の一つなのですが これ自体が抱えている背景から語れなかった話の一つ。
ヴァチカンの聖堂(と 言うか 美術館)のエントランスに居た黒猫。

イタリアの趣がある窓に居るからなのか それともその空気を全身に感じているからなのか
ただ そこにいるだけなのに なぜだか 一つの絵のような美しさを放っていました。
――単なる写メなのに 若干神秘的な空気とか漂ってくる感じがしませんかね???

②物事はその場所の空気に染まっていくものである。
 建物も。  空気も。  そして、動物も。  
 当然人間もね☆

TOP

動画メインで。

2011⁄02⁄19(土) 12:00
さて 今回は ボクにしては珍しく 動画構成で行ってみたいと思います。
やっぱり ボクも やる時には「ニコニコ」を見にに行ったりするわけで。
……でも 普通に検索しに言ったら ウェブフィルタに引っかかってたから
少々まわりくどい見かたになっていたわけなのですが。

で 今回は(これがあげられる時に まだ 禁書目録が放送中であることを祈って)
こっち方面で しかも ニコ動と違うところで ボクと関係がありそうな話題で
ひと通り通してみようと思います。

たとえば jubeatとか たまに(稀に)ボク 書くことありますよね??
QMAの合間とかに 頭を休める意味でたまに挿入することがあります。

で ずいぶん前ですが バージョンアップで レールガン投入されましてですね。
知らない人もいるかと思うので 音ゲーバージョンのレールガンを張っておきます。
まず 最初は準備運動から必要だもんね。


ちなみに ボクは相当とろいので 赤はまだクリアしていません(夏現在)
……あ。  流れ的に省いていますが これも過去挿入記事の一つとなっていますので。
↑で それらしい事をにおわせている書き方もしているつもりですが。

で その影響なのか知りませんが 少々 おもしろいjubeatに絡ませたMADを見つけたので
まぁ 気分的に貼ってみようと思いましてですね。

だいたい 今日の話のメインは こっちになります。

まず最初は このゲームをやっていない人でも理解できそうな曲で行った方がいいでしょう。
……と 言うわけで 「天国と地獄」です。

まぁ クラシックの原曲とかとはちょっと違う感じですが
それでも聞いたならば「あ~  この曲??」位はわかると思います。

それを 超電磁砲メンバーで彩ってみたら こんな感じになりました的な↓


……カオスです。  カオスと言います。
ボクは これをみた初めての回で 腹筋破壊を起こしました。
まぁ 分かる人はなおさら その気持ち分かっていただけるのではないでしょうか??


参考に。


さて この人が作った動画で もう一つあります。
このゲームが始まって 鬼曲と言われ続けている物に 黒子を存分に入れてみましたってやつ。
↑に貼っておいたのが それの原曲です。
この先に貼るものを見る前に 確認していただけると嬉しいです。

……これは 一時期Dさんが五月蠅いほど宣伝してきてですね。
まぁ 見てやろうじゃないのって なったわけですよ。  そしたら。

……ぶっちゃけ 吹いたwww
腹筋が!!  腹筋がぁぁぁ!!!!!!

まぁ こんな時には あまり言葉を多くしない方がいいって事を
過去の記事で学んだので あまり言葉語らずに行きますがね。



さて かなり爆笑ネタ持ってきて 腹も痛くなったところですし
まぁ 真面目にお話書きましょうかね。

ひとまず この記事があらかさまになっているころには
ボクがこんな風にワープロに向かっている段階の予定では かなり大変な時期。
こんな風に 過去のボクがいろいろと振らなかったら まぁ いろいろと大変になってる
……のかなぁ???   って 感じだと思います。

まぁ そんな中で いろいろとくじけそうになった中で
知識を振り絞って成功した人?  の 動画でも貼って〆ようかな?
……ただし 今までの流れも考慮しますよ。  さすがにね。

まぁ レールガンの後期EDですが それに「はやぶさ」をかけたもの。
……まぁ 動画の内容的に 少々面白目の話を混ぜていますが
はやぶさの面々もいろいろと人に語れないような苦労があったからこそ
はやぶさを地球に帰還させることができたわけで。

だから そんな彼らの気持ちを考えながら このつらい時期
なんとかして生き残っていきたいものです。

第一志望も やりたいこともはっきりしている今 頑張っていきたいと思います。
――この記事 終わったあとに出てきたら恥ずかしいよな~
それで 結果がアレだったりしたら なおさらさ。

TOP

たるみ

2011⁄02⁄18(金) 12:00
さて 日常ネタ――と言っても ボクが今書けるのは勉強の話題……
……くらいしか書けないのは きっと ボクの立場のせいだよね!!




とはいっても 正直なはなし 何か書き込めるほど素晴らしいことはしていません。
でも 駄目駄目なことは 簡単に書くことができるという素晴らしさ。
――これを 悲劇といわずして何という!!!!

……みたいに 自慢げに書くような事でもないのですがね。

なんというか ひとりでずっとやっているからでしょうか。
最近 なんというか「中だるみ」が 非常にヤバいです。

――自分で書いていて「これはどうか……」みたいに思うのですがね。
なんというか こんな風に記事を上げているときには
自分のことを ちょっと第三者的目線で見つめることができますから。

一つには 不眠なのか寝つきが異様に悪いのか言及は出来ないのですが
とにかく ベッドに入ってから全く眠れないという悲劇。
――でもって それに比例するかのように遅くなりそうになる起床時間。
(↑と いうか もうすでになっているんじゃね??)

その他にも 書くとするならば 気がつけば 漕いでしまっている舟。
なかなか進まない筆。  なくなるどころか増える一方の計算間違い。
解答する物を見事に間違えるという集中力の無さ。

なんというか この先もう 二次試験本番まで数えるほどしかないというのに
コンディションは好調へ向かう……どころか どんどん悪くなる気がして。
――お~い。  もう ふざけなくても良いんだよ~  ボクの無意識。

いや~  今更書くのも何なのかもしれませんが ボクの身の回りには
――学校の人や 近所に住んでいる人をひっくるめてと書いてしまっても
そう変わりない気もいたしますが――「下宿も考えています」って言う人どころか
「必ず公立へ行ってやる」みたいに考えて勉強している同士が
全くいないというのもあって 元々「誰とも競争する相手がいない」みたいな
かなり 中だるみしそうな位置にいたというのもあるのですがね。

さらに まぁ これも一つの作戦のつもりだったのですが
「風邪を恐れて」外に出ない。――すなわち 電車に乗らない→予備校へ行かない→
→「自習室に行かない」→「一人で勉強する羽目になっている」
みたいな この作戦の悪い面が かなり露呈しているという部分もあるのでしょうね。

すなわち「一人で頑張って盛り上げていかないと たるむ一方」とでもいうのでしょうか。

そもそも 二月に入ってから家族以外の人と全く
会話をしていないというのも また 冷え込む原因なのかも知れません。

まぁ これは自分で選んだ道でもありますから 誰のせいでもないのですが
これ 一種の「軟禁」って言うのでしょうかね??
――本当に 勉強に飽きが来たら墜ちるとこまで墜ちますよ??
(↑前には「受験に」という言葉はいれていないつもりです。)

う~ん。  このへんを考えると 最近たるみが激しい気がするのは
コミュニケーションがもう 完全に途絶えつつある今に
「人間としての」のっぴぃ自身が悲鳴を上げつつあるのかもしれませんね。
――とりあえず 今年はこのスタンツを貫いてみようともおもいますが。
(↑だって もう 前期のスタートまで残り少しだもん。)



ひとまず 只今の進行状況を「不真面目に」記すとするならば
英語:
オワタ。  もう なるようになれ~wwww

数学:
ひとまず 埋められる部分の部分は ひとまず埋めてみたつもり。
具体的に書きますと 確率・ベクトルを中心に詰めてみましたかな。
――でも 傾向が変わってこれらがでなくなったら 俺 終了のお知らせ。

微分・積分に関しては 先ほど書いた部分がぴったりと当てはまる惨状。
とにかく 計算間違いが半端ない。  だから 自信が持てない。
――こんな事 正直に書いてしまって良いのかはわかりませんが
第三者的視点になることで ある意味 ふっ切れることを期待。

行列……が 未だに正体がわからず四苦八苦。  こんなので良いのか??

物理:
まぁ ボクが唯一かもしれない安心を抱けるかもしれない部分。
――もう この際だから 問題として単振動・電気振動が来てくれたなら
ボク 狂ったように喜びますがね??  この問題好きだから。
(↑一般的に書いてみると現役生は嫌うみたいですが ボクはこの問題好きですww)

ただ 波動の分野に ちょっとした不安が残るのも事実。
――どっちも三角関数なのにね??  ポイントは「三角関数」で決定だネ!

化学:
とにかく初歩的な計算ミスがなければいけるはず。
――と 糖の名前を答えろみたいな暗記問題が来たら撃沈しますがね。

とにかく 何においても「暗記」が苦手なボクですから。
無機とか この糖の問題とかは 存在意味が良くわからんな。←
まぁ 問題との折りがあえば 満点も狙えなくはないと思っているのですがね??

☆ひとまず 一番のネックは初歩的な計算。
ボクの計算 遅い上に正確性に欠けますからね。  安心できないのなんのって。
(↑小さいころに そろばん習っておけばよかったなと心から後悔。)



ちょっと 文房具について語ってみましょうかね。  残り少ないが。

ルーズリーフ
軟禁状態になってから 
ルーズリーフの大きさをC垳にしてみました。

――そしたら なんだか 
ルーズリーフの消費量が約半分になったんですよね~
……今まで裏表を使っていた問題が
半面で解けるようになりましたし。

お陰で 資源の節約にはなりましたが 
何となく達成感が減った気分。

――まぁ さすがにこの半月で
一冊も消えませんでしたってことは
無かったですがね??

……まぁ こちらの方が使いやすいので良いのですが。  
売ってないけど。
売ってないから 紙の質が変わってしまって 今 とてもやりにくい……。
なぜ この規格の紙 おいていないし。

あと 使おうとした未開封の文房具が袋から出した時にすでに
壊れている不良品だったら 一気にやる気が落ちますよねwww



さて 弱音を吐くのは ブログ上・この記事くらいにして。
リアルの方では弱音を吐かないこと。

これを 一つの目的としてやっていこうかなとか 思って見たり思わなかったり。

当然 昨日の記事に書いていた決意についても忘れていません。
――最後まで やれることはやらなきゃね。

TOP

地元での

2011⁄02⁄17(木) 12:00
見ている人がどれくらいいるのかわかりませんが
ちょっと やり忘れていた気がする連絡もあるので 念のため?

前 投げやりに「隠居します」的な発言をしてしまいましたが
やっぱり 前期日程が終わって ボクの精神が復帰したら当然?戻ってきますからね~
(↑しないままだったらコメントなどで迷惑をかける可能性もありますしね)

――主に 起こる事と言えば フットワークが異常に重くなったりだとか
記事にたまに 適当にわりふった過去記事を挿入してみたりだとかかしら。
……まぁ 今日みたいに「割と真面目に」記事書くこともありますがね?



新聞をざっと見させてもらった限りですと……。



地元――千葉県の公立高校――で 高校入試が始まったようです。
まぁ 現役(表現的にはおかしい気もしますが ここでは高校1・2年のこと)
世代だったならば あからさまに学校がなくなったりして
その辺の意味を(主に遊ぶという意味で)謳歌しているのでしょうが。

今のボクにとっては ほとんど変わり映えのしない毎日で
――毎日日記と何かしらの形でかかわっているから
そして 毎日解いている問題のノートに記述するのを欠かさないように
心がけているから――「日付」という感覚はしっかり残っているのですが
「曜日」という感覚が 完全に抜け落ちてしまったボクだったりするのですが。

ひとまず ここで「ボクの曜日感覚が抜けてしまった」というのは
さほど大きな事でもなく――でも 社会的に考えてみたならば
これ あまりよろしくないような……気も しなくもないが。――
やっぱり こんな時期なんだよな~  みたいに思う布石だったりして。

そりゃ ボクも一応 高校入試なるものを経験して
何も考えていない時には「やっぱり こんなときにでもいろいろと受験について
想いを馳せて生活してみたりするのかな??」みたいに
思ったことも無かったことは無いのですが……(過去の話。)

まぁ 実際どうだったかと言うと 割と遊んでいた気がしますね。
――何も考えずにゲーセン行ったりした去年・一昨年だった気が……。

まぁ たとえるのだったら「何かしらの意味があって休日になっているけれども
正直 その文面なんか全く考えていない国民の祝日」みたいな位置づけ??
――というよりも 存在意義からして完璧にそれと同じな気がする。

だって 国民の祝日に国旗を揚げている家 年々少なくなっている気がしますよ?
――少なくとも ボクのご近所さんの家ではね。
(↑ご近所さんは割と高齢な方が多いので まぁ 割とみる方なのですがね??)



なんだか どうでもいいような話題かもしれませんが 今年から
千葉県の入試の仕組みががらっと変わってしまうみたいなんですよね~
――そのおかげで ボクの学年の卒業式は かなり遅くずれこんでくるという素晴らしさ。

今までは 特色がある生徒入試(←正式名称は忘れましたが 通称「特色化選抜」)
なる物を経てから 「普通の学科試験&面接」の一般入試があって~
みたいな流れだったのが 噂からすると 先に学科試験があって~  みたいな感じで
まぁ 比重が前期・後期と入れ替わっているのかな??  みたいな。

正直に ボクが生まれてくるのが3年遅く生まれていたとするならば
ボク 完全に高校入試墜ちていた気がしますね。  何となく。

そもそも ボクの場合は 前期入試をやった時から後期入試までの間に
学力(主に数学)が急上昇するという奇跡を演じた人間ですので。
――適切な言葉を選ぶなら「スロースターター」??

前期入試直後では 例えば模試の数字をそのまま使うならば
数学:60点  みたいな「あれ??」みたいなレベルだった人間が
(↑当然 このままだったら 合格も危うい感じだったのですがね?)
その一週間後――この時期には 毎週末にちょっとした本番テストがありました――
数学:100点  ……は??   破格の急成長。

なんだか 一週間の内に なぜだかわからない原因によって
点数が40点上昇したという奇跡を演じましてね。
――ちなみに その後 二回あったテストの数学は共に満点です。
(↑この最初のテストの解答用紙 御守りとして今も 身近なとこにあります。)

多分 ボクがここの高校に入学した一番の原因というのは
この 数学で起こったミラクルなのではないかと思っているのですが。
(↑ちなみに それ以前から「理科」「社会」においては90後半をマーク。)

結果的に 「数学」「理科」「社会」で90代の点数を取って
「国語」80を若干わる程度……まぁ ここまでは普通なのですがね。
(↑と いうか どちらかと言えばよろしい方ではないでしょうかね??)

「英語」半額以下。  ――あれ???  これって……。

今なお引きずりつづけている英語の底辺振りは このへんからすでに
顔を堂々と覗かせていた――って事になるのでしょうかね???
いや~  変わるものは変わるけど 変わらないものは変わらないのか??
(↑まぁ さらには 中学校時代 吹奏楽で割と勝ち抜いたのもプラスしたのかな??)
(↑↑どちらかと言えば「英語のおかげでギリギリだった」とも言えるかも。)

ちなみに 新聞を見た限りですと 去年の千葉県の高校入試・一般入試での
理科の得点平均は「38.8点」だったそうな。  ……へ??

センター入試は 平均点が60点前後になるように調整して
まぁ 模試でもそれくらいの平均点を眺める事が多かったから
この点数に関しては かなり 違和感を覚えたのですが……。
……それって ボクだけではないですよね?  きっと。

なるほど~  このへんから子供の理科離れが進んでいるのでしょうかねぇ??
――ちなみに 理科は今のボクでも一番楽しみにしている教科であり
受験の上でも 未だに 一番の得点源と期待している教科でもありますww
(↑まぁ 優越感に意味なく浸ってみたいものなんでしょうよ。)



まぁ 何がともあれ 高校入試でも数学の急上昇に至っても
それまで ボクがボクなりに全力投球してきた結果でしょうし
胡坐を書いてそれを待つのではなく 自分でそれを作りだそうとする努力。
――それを 招き寄せられるかは 残りの一週間の踏ん張りどころ。

TOP

Miami

2011⁄02⁄16(水) 12:00
BIG American 2 も コンプリートを目指していきたいと思っています!!
――受験勉強中 何かネタを考えてみようと思ったらこれしか思い浮かばない……
……そんな自分が悲しくなってきた。  ……気にしないことにしよう。




なんだか 一度にいろいろとネタになるような物が林立してしまったので
報告するのが若干遅くなってしまいましたが マクドナルドで行われている
“BIG American 2”という企画がありますが……。

今までも アイコンチキンやら去年の方のBIG American のほうも
なんだかんだで完食しているのでね~wwww
(↑まぁ アイコンチキンは最後の投げ売りですべて食べたので
  「口ではコンプリートしているが」みたいな書き方が正しいでしょうか??)
(↑↑そう言えば まだ ソルト&レモンの方は食べていない気が……。)
(↑↑↑なんだか 思いたったならば 消える前に食べておいた方がいいのかしら。)

で このシリーズで Miami burgerが登場いたしましたので
興味本位で 口の中に押し込んでおこうと「この時期ですが」思いたちまして。
Miami.jpgMiami開
とりあえず 第一食目と言うものはテイクアウトと言う形。

――しかも もう少し忠実に書いて行くのならば ボクが母親&妹に
「これから 制服(内進生なのですが 4月から高校生になる妹用の)を
買いに行くんだけど ついでに買ってきてほしいものあるかい??」って
言われたから これもお使いとして頼んだということで。

まぁ これは第一食目を食べた直後に原稿を上げているので
この後 しっかり店で食べてくる――みたいなこともあるかもしれませんが。
そうなったら そうなったで原稿少しいじるかもしれませんが。

……はい。  なんだか完全に関係が無い一文を挟んでしまいました。
それでは 気を取り直して 毎度書いているボクなりの
食べてみた時の感想と言う物を書いてみましょうかね??

Miami burgerの根っこはと言いますと 報道から見たところですと

タコス1タコス2
タコス、だじぇ!!!   ……はい。  すいません。
なんだかすいません。  最近テンションがボク おかしいので。

まぁ そんな優希も大喜びな感じのハンバーガーが出来上がったのですが。
――はい。  ここで あまり食べ物に関して冒険心が無いボクは
「タコスってどんな味だっけ??」みたいなところから始まるわけですね~

……と いうか 某アニメのおかげで タコス かなり名前は有名になりましたが
ボク的に 日本国内で見覚えがあるのは 秋葉原の某所に移動販売車が……
……止まっていたっけねぇ??  みたいな感じですので。

まぁ こんなどうでもいい告白は良いとして そんな意味ではボク
いろいろとおもしろい体験が出来たのかもしれませんね~
――逆に書きますと 特に詳しい事をかける自信が無いのですが……。

ひとまず 個人的には ハンバーガーとしてこれもアリかな~
みたいな感触……とでも言えるのでしょうかね???

「タコス」と言う物について ほとんど味のウンチクが語れない以上
ほとんど語ることがなくなってしまうのですが 感想はこんな感じ。
――トルティーヤも 思ったよりパリパリしていなくて
バーガーに合わせるという意味では 良かったのではないでしょうかね??

ひとまず 今回の一番大きく思った「感想」としては
「タコス食べてみようかな~」みたいな 若干ずれた感想だったりするので。
――正確なコメントが書けないのって なんだか悲しいね。

ちなみに 個人的には Idahoの方が好きだったな~  みたいな感想も
併せ持っていたりするのですが これはこれでwww
――まぁ Idahoの弱点をあえて書いてみるのならば
「腹もちが半端ない」と言うところでしょうか。  肉もポテトも重たいし。

だから いつだか上げた序列に組み込んでみるとするならば
California burger (BIG American 時代の)と同じくらいの位置に並べましょうか。
(↑まぁ この好み自体 ボク主体なので なんの参考にもなりませんが)

いつだかみたいに BIG American 2の復活祭みたいな企画を
やってくれないかしら。  バカ売りじゃなくても良いから。

TOP

お菓子

2011⁄02⁄15(火) 12:00
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

TOP

悲しい男の物語

2011⁄02⁄14(月) 12:00
バレンタインどうも~  
世間ではバレンタインと呼ばれていたりしているようですね~




……って なぜ ボクの貼りつけた画像があずにゃんではなくて
唯からのバレンタインのものになっているかって???
――いや 正直に 特に深い理由は無いんですけれどもね~

あずにゃんからのチョコレートの方は 私めが
美味しく頂戴いたしましたので まぁ その辺を考慮しましてね~
だから ボクが美味しく頂きますよ~   チョコケーキ。

……みたいな 言い訳っぽい事を ボクの(ブログの上での)身の回りの
人たちで かなり横行しているような気がしますがね。
――まぁ ボク自身もこんな事書いていますから 人のこと笑えませんが
(↑みたいな予想を立てて 記事を上げてしまった直後なんかに
「実は その辺の同士が全くいなかった」事実だったりしたら 笑えますがねww)

まぁ この時期 家で(勉強以外)何もせずに過ごしていて
――さすがに 本番まであと一週間ってところで ゆうゆうと
チョコレート交換している女子に会いに行く~  みたいなこと
できるわけないじゃないですかwww  常識的に考えて。

……と いうか 仮にそうじゃ無かったとしても そのようなところに
ひょこひょこ出かけていけるくらい ボクも 図太く出来ていませんがね~

――このような行動ができる人って かなりすごい人ですよねwww
居ないとは思いますが いたら 心から尊敬しますよww  ある意味。

……でも 同学年の人とかで 推薦・私立なんかで合格決めた人は
このイベント自身も 一種 楽しめているんだろうな~  みたいな感じで
ちょっと 釘をさしておこうかな~  とも思いつつ。

ちなみに 過去のバレンタインと言われる日には まぁ 一応
“元吹奏楽”だったという縁もありまして まぁ そのような意味での
茶色いお菓子については 何枚かもらったような気がしますね。

――無理にでも チョコレートが欲しいと思っている人には
吹奏楽部は ある意味お勧めできるかもしれませんね~
……まぁ このような動機で2月まで耐えるのも一つ大変だとは思いますが。



ちなみに ここだけの話 このへんでもらって来たお菓子類は
大体 妹の腹の中に消えていきます。  ……まぁ これも事実。

去年・一昨年の もらってきて家に持って帰ってきたお菓子系統は
家でとりあえず 置いておいて あとでどうしようかな~  ……と
考えあぐねているうちに 存在を忘れてしまったりして あとで聞いてみたら
「あたし食べたよ~」みたいな証言をいただきましてねぇwwww

書くことも無いので この勢いでどんどんとボク自身の話を続けてみますと
このような結果になってしまう理由として大きく上げると二つ考えられることがあります。

一つとしては 根本的にお菓子に関しては好き嫌いが多いこと。
二つ目としては ボクが持ち合わせた“貧乏性?”について。

ボク 例えばカントリーマームみたいな感じのお菓子まで……だと思うのですが
まぁ 食べて少々かさつくやつ――大雑把にいえばクッキー?――は
食べた後喉が非常に乾いてしまうので好きに食べることが出来ないんですよね。

ちなみに ケーキ類は 気分的には「チョコレートケーキ」は
特に喜んで食べさせてもらいますが それ以外は だんだんと
意欲?  みたいなのは 目に見えてわかってくるようです。

――母親がデザートを買ってくるときには「クッキーじゃ無い茶色いもの」を
選んで買ってくるという傾向があるようですね~  聞いたところによると。

まぁ 男の子の常と言いますか 代わりにと言うべきなのか
ポテチとかそちら方面に関しては かなりの勢いで食べ立てますね。
――ひとまず そのような傾向の男子って 多くないですか??

で もう一つの“貧乏性”と言うのは まぁ しょっちゅう“リス”
にたとえられることが多いのですが どのようなものであるのか。

秋 動物たちは冬になって 食べ物がなくなるのに備えて
何かしら 冬を生き残る為の準備を始めますよね???
秋に大量に食べてまるまると太ってみたり 食べ物を貯蔵してみたり。

例えばエゾリス。  確か あの動物の場合は食べ物――ドングリなど――を
埋めたりして 冬 食べ物がなくなった時のために保存しています。
――たしか そのようなはなしだったと思いますがね??

でも 一部のドングリなどは そのままリスに忘れられて埋められたまま春を迎え
雪が解けると同時に芽を出したりするそうです。
――と 言うのが 小学校とある資料で調べて身につけたボクの知識。

で この話が何と関係するのかと言いますと ボクも何か食べ物をもらった時
「すぐ食べるのはもったいない」と思って まず保存します。
――お菓子なんかも まず 大体は保存しますね。

で 常温保存するものに関しては あまり 影響は無かったりするのですが
冷凍して保存しなければならないモノの場合「ほぼ確実に存在を忘れます」。
――そんなわけで 気が付いた時には すでに食べられた後だったり。

ついでに 11月にローソンでフェアをしていた時に売っていた
「けいおん!」のココア(だったっけ??)も 残念ながら
まだ 冷蔵庫の中で出番を待っている状況です。  賞味期限が怖いです。
(↑さすがに これはパッケージ的に妹も手を出せなかった御様子。)

おまけですが 女の子では多いことなのかもしれませんが
ボクとは逆に 妹は甘いお菓子があったらすぐに手を出して
たまに体重計に乗っかって ショックを受けてダイエットを決意すると。
――だったら 毎日食べているM&Mを減らせばいいのにと思うのに。

……でも ボクももうそろそろおなか周りとかが怖くなってきたし
この時期 家から全く出ずに引きこもっている状況なので
体重 気にして行った方がいいのかもしれないような……

ついでに 今回もらわなかったということで 3月14日は全く考えないで
登校することができるんだろうな~  とか思いますねwww
まぁ これは 良い点と言ったら良い点なのか??  まぁ 気にしないことにしましょう。

TOP

2011⁄02⁄13(日) 12:00
どうも~  最近十六茶がアツいですよね~www



なんだか この時期にこのような物に乗せられて 果たしていいのだろうか……
みたいな 疑問を呈さずにはいられない 今日この頃。

なんだか 今度は 個人的にほとんど共通点が見られないと思っていた
緑茶方面が「けいおん!」とコラボったようですね~
なぜ このチョイスになったのか かなり気になるのですが。

まぁ 個人的には あくどく「ローソンのフェアを見た営業の人が~」
みたいな方面で 考えたくなってしまうのですがね~
――大体 世間ってそんな風に回っているような気がします。

十六茶①バナナ
で まぁ 結論的にはっきり書いてしまいますと――一文目で
……と いうか そもそもこのネタを自分から振りだした点で
何となく結論は見えている気がするのですが――乗せられてしまいましたね。

まぁ 言い訳としては「今月 全く外出しないから 散歩ついでに買って来た」
みたいな 少々ライトな書き方も 出来ないわけではないのですが。
――そもそも この件に触れる時期が遅くなったところから書いてみましょうか。

ボク まぁ 前日あちらこちらで騒がれるようになるまで
そもそも このフェアがあったことすら知りませんでした……。
――受験生としては 半ば当然の反応とも言えると思うのですがね……?

で 「興味は持っていたけれども買いに行く事も出来ないしな~」
みたいに思いながら 何日かを過ごしましたね……。

その間にも 様々な人が「行ってきました~」報告をしていまして。
まぁ 興味はどんどんと募ってくるということでして。
フェア開催から幾許かたった某日に 買いに行ってきました。

きっかけとしては 先ほど書いたように 全く動くことが無かったから
一応 散歩――ちょっとした運動。――のついでに買ってくる
……ただ その報告を見る限りでは人気があるキャラは ほとんど
売り切れているだろう……  みたいに思えましたので。

――近くのセブンに到着。  ……直接ペットボトル飲料を売っているところへ。
「売ってるじゃん。  めちゃくちゃ売ってるやん。」

ボクの家の周り よくよく考えてみたら おじいちゃんおばあちゃんみたいな
人が かなり住んでいる……と言いきることができると思いまして。
多分 これが原因ですね。  逆に ほかのお茶より売れ行きが悪かったです。
――何も興味が無い人にとっては 非常に買いにくかったんですね……

なんだか ほかの方々に申し訳なくなるくらい 売っていましたね。
――ただ 資金……に 特別困っているわけではないですが
この先 どのような生活になるか分からなかったので 買いためることはせず……。
(↑まぁ……  下宿したらまずは 資金が大変だろうし……。)

それにしても バナナって……。  なんだか 朝食だからバナナって……。
「じゃあ バナナタルトで。」  ――いえ なんの意味もありません。
(↑良く考えてみたら あずにゃんのバナナネタ 結構多いですよね~)

十六茶②
ついでに 帰りに前を通ったスーパーにて ガラス越しに
十六茶を売っているのが見えたのですが 
やっぱりコンビニ限定なんですね……。

つまり これは いつぞやの企画と同じように
コンビニ主体で行われている
フェアだったりしたのでしょうか????

――飲料の方のアレだったら 
そんな差別することは無かったと思うので。
(↑にしても なぜ紅茶じゃないのだろう。  
(↑↑生産大変だったのかな??)

スーパーでもやりだすと 個人商店~  みたいな話があって
大きな声で 後ろ盾を得るのが
大変なことになりそうですからね~


ついでに コンビニのフェアとしては ローソンがただいま
ちょこっと乗っかっていますよね。  もう一つ。  かなり地味だけど。
――メルマガ情報です。  からあげクンです。  そんな感じです。



さて では 同じような流れでしょうか。
「けいおん!」の話題としては 漫画の連載~  の話題とか??
文量的に中途半端な感じで十六茶が終わってしまった部分がありますので
残りは これに ボクなりに触れてみようかと思いますね~

まぁ 連載が終わる時にも 同じようなノリで書いていたと思いますので
半ば 「やっぱりな~」みたいな感想でしたね。
驚きは ぶっちゃけてほとんどありません。  これはどういえば……?

で 内容予想については……当たる可能性はほぼ皆無だと思いますが書いてみます。
漫画の方の内容としては 梓もなんだかんだでN大合格後……
で そこから 普通にキャンパスライフが始まっているのでは??  みたいな。
――そして 残された高校生パートは 回想と言う空気で???

……で この先は ある意味この仮定への繋がりだけを重視してみたら
「梓ファンだけ」にしか 得が無い内容に出来あがってしまった……
と言う意味で 先ほど「皆無」という言葉を使わせてもらったのですが。

つまり この間のパート――回想で 半ば適当になるだろう……
みたいな事が予想されまして この部分を 映画で補完する……  みたいな。

ただ そうなると 大学卒業メンバーがほとんど出てくる機会が無い。
つまり 半分以上のユーザーを敵に回さざるを得ないということで
「この予想は 全くないだろうな~」みたいな 事故簡潔に繋がるわけです。

――まぁ こんな立場ですから 雑誌など 情報が手に入るための手段を
ボク 全く利用していないので 聞きかじった情報だけしか
ボクにとっての判断材料が無い……と言うことで いろいろと
情報が抜けている部分もあるかもしれませんがね~  まぁ 気にしない。

とりあえず なる確率は無いと思っていても ボクとしては
「何も考えなければ」デメリットも何も無いので
とりあえず 楽しみにして行こうかな~   とか思いながら。

……とは言いつつも それを「楽しめる」ような立場になれるか。
一つ ここに大きな問題がある気がするので……
楽しむ前にやらなければならないこともありますからね~

TOP

ゆき

2011⁄02⁄12(土) 12:00
ゆーきやこんこ。  あられやこんこ。  ふってもふっても  まだふりやまぬ。
いーぬはよろこび  にわかけまわり、  ねーこはこたつで  まるくなる~。




闇夜の月
いや~  どうもどうも。  なんだか 千葉でも
久々に本格的に雪が降ってくるとか何とか。

周りの人たちの反応を見るには 
「かなり冷え込んでいるんだろうな~」
みたいな空気を察しながら こうして 
窓の外を眺めているのですが。――いや~  
夕闇に染まるところにつもっていく雪と言うのも
なかなか 雰囲気があっていいものじゃないでしょうかね??

そんな意味では この 
画質その他が最悪なボクの携帯の写メでも
ある程度は いい感じで
風景を切り取ることができたのではないか……

みたいな 希望的観測をしてみるのですがね??  どうでもいいですが。

まぁ ひとまず これは空っ風に晒されている千葉県民だからこそ
こんな ゆるゆるとした感想ができるのかもしれませんね。

――と まぁ こんな風に「半ば雪を楽しんでいるかのような」
描写を交えながら書いている部分もあったりするのですが
正直に書きますと ボク この情緒を今年は特に
ほとんど何も感じずに過ごしていますwww  みたいな報告なわけで。

まぁ 昨日なんかは特に 受験とかで「電車が遅れまいか……」みたいに
やきもきしていた(私立大学)受験生もいたようですが
ボクの場合は――これをどのように解釈するのか若干こまりますが――
良い意味でも悪い意味でも 家から一歩も出ないままこれを眺めていましたからね。

わ~  空から何か降ってきた~  雪か?  あられか??
かき氷か~??  みたいな 超超軽いノリで眺めていましたしね。
――暖房が(最低温度で)かかっている部屋から そのような観察を。

ついでに 昼ごろは まぁ 若干降ってくるのが弱くなってたかな~
――まぁ そんな事よりボクは勉強勉強。  ……みたいな感じ。

おまけに 我が家のわんこにいたっても「いーぬはよろこびにわかけまわり~」
の世界から かなり外れたところにいたとっても……。

……まぁ 家の中に情緒の端くれさえ理解できていない人間がすみついているのですから
その家の飼い犬までもが その傾向を引き継いでいても
別に 驚くような事でもないですがね~  少し反省。

まぁ 具体的にどのような感じだったかと言いますと(基本)外犬ですので
朝には 外の鎖につないでおくのですが 外に連れ出して2分ほど経つと
――多分 用を済ませたんでしょうかねぇ???――めちゃくちゃ吠えたてる。

まぁ 今となっては 訪問者が来るのと「狼少女」として吠えているのと
確率的には 半々な気もするので そこまで気にするでもないのですが
――勉強を始めようとするボクには かなり響くんですよね~

あ。  で この訳なく吠えている「彼女なりの理由」と言う物を
わかりやすく解説(和訳?)してみると こんな感じでしょうか。↓
「さむいよぉ……  早くおうちにいれてよぉ……
肉球の中に 冷たいお水がはいってくるんだよぉ……
おまけに 心の中もつめたいんだよぉ……」と まぁ こんな感じでしょうか?

あ。  心の中云々のことは 鼻っからいらなかった????
――まぁ そんな事もありますよww  ほとんど毎日そんな事書いていますが。

ちなみに このように言い切れる根拠としては まぁ 吠えているから
「相手をしに行く」と 普通にしっぽを振って無言の要求。
――狼少女と言われる由来は ここにある……。  ……のか???

まぁ その要求に付き合って 鎖の方に手をかけてみると
さらにちぎれるほど振られるしっぽ。  これが意図しているのは……
――案の定 この鎖をはずすと 玄関まですっ飛んで行きます。

おまけですが 昨日は一度 自力の脱走を試みようとして
実際に 記念すべき成功を収めた……と言うのは また別の話。
――まぁ 鎖から解き放たれても 基本弱虫なあのわんこには
何も 出来ることは無いのですがね~  残念ながらwww
(↑だって 体重も半分以下しかないチワワに吠えられて逃げ出すんですよ??)

――そんなこんなで 結局 家の中に10分足らずで落ち着いて
それ以降はとぐろ――ならぬ 犬団子(犬鍋ができそうだなぁ……)になって
いつも以上にそっけない対応をかましてくれました。
――あ~  そこまで寒かったのかい??  ……犬なのに。

結局 その日の夕方の散歩は「彼女からボイコットを試みた」そうな。
――まぁ 元々「水」は大の苦手としていましたがね???

ついでに おまけなのですが 母親がホットカーペットに寝っ転がったまま
何があっても動こうとしないのですが このダメ母 どうにかならないでしょうか。
(↑その見た目は どこからどう見ても毛布の塊……から 顔が出ている様。)
――飼い犬が飼い主に似るって……いかにも本当なのかもしれないなぁ。



おまけ……として。  TOPに載せてみた夕闇の中に
積もりつつある雪……の画面は ボクが勉強中にふと 横を見たら
出来上がりつつあったので 撮ってみた写メなのですが。

開けてみると。
――この場面 電気をつけて
写してみたらこんな感じになります。

……汚なッッッッッ!!!!  
何故にこうなったし。

すなわち これが一昨日の記事から
若干続いてくる「一週間後」の
描写となってくるのですが……

  汚くなるの早すぎだろう。

ひとまず ボクが座っている身の回り――手が届く範囲であり
あずにゃん(ぬいぐるみ&ねんどろいど)に危害が与えられない場所――には
予備校の英語・数学・理科のテキスト・その関係のプリント・参考書が
特に秩序も無く積み上げられているというのが……現状???

――おまけですが この画面の端っこ ギリギリ見えないとこらへんでは
見えてなくてよかった……。  実は洗濯ものの室内干しをしています。  
いやいやいや……暖房が付いているからって……。  おかしいだろ!!

なんだか 家族一同考えがカオスになっている気がしないでもない。 

TOP

予備校・現役編

2011⁄02⁄11(金) 12:00
さて これをご覧の方の中でどのくらいの方に話したことがあるかわかりませんが。



――まぁ このシリーズ……と いうか コンセプトの関係上
それなりに新しい方には すでに見知っているでしょ?  みたいな展開が
多くなってしまいがちな点については 少々申し訳なく思っているのですが。

この記事では二回に分けまして 予備校シリーズ的な感触で
物事を書きすすめてみたいと思います。  様々な面で学校よりお世話になったかも。
――まぁ 浪人編を書くことがなければ良いのですがね。

……みたいに書きだす前に 少々ボクの予備校事情について書きなおしましょうか。
ボク 高校一年の夏あたりから「そうだ 予備校へ入ろう」みたいなノリで
ひとまず 表面上では このころから予備校にかよっている形になっていました。

――はて 表現が非常にあいまいですね???   どうしたのでしょうか。

で 一年前あたりからこの日記をご覧になっている方の中では
少々頭の淵にいれてもらえている方もいるのかもしれませんが
その頃のボクは 某映像配信授業の……T進Hスクールに通っていました。

……まぁ 人の日記のあらすじとか細かく把握する人もいないでしょうがねwww
まぁ 何がともあれ この二つの記事は予備校の比較もしながら
――まぁ ボク視点というフィルタがかかりますが――広げてみようと思いますので
これから 予備校をどうしようとか考えている高校一・二年生が居たならば
参考になるかわかりませんが そうできるように努力して書いてみたいと思います。

さて なぜ ここから今通っているK塾に通うことになったかと言いますと
一つは「予備校の結果を良くしたいから 絶対に安全に合格できるところにしろ」と
人の人生を 予備校の経営に左右されたくないという ちょっとした反発感。

もう一つは 映像授業で気が抜けていて ドブに金を捨てているような感覚に
――それも 数千円や二千円の桁ではすみませんからね  映像授業なのに
この値段は どれだけぼった食っているのだろうと今になって思います――
落ち言ってしまったからでしょうか。  反面 全く効果が出ませんし。

まぁ ちょっと半官的な書き方になってしまいますと
DVDを見るスペース・90分のDVDの貸し出し
しかも もしもの時は自由に見直せるかと思いきや そこまでサービスはあらず
予備校教師が常駐しているわけではないので 自習中に発生した
予備校テキスト以外の質問の返事もやりにくいですし
テキストに対する質問も 全くやり方がわからず ないことは無いようですが
最終的には利用することもなく終わってしまった……  みたいな感じ。

多分 あれだけ金をぼったくっているのは 特待生枠だとか
宣伝費に異常な金を使い過ぎている――野球とかのフェンスで良い所
陣取っているような気がしますし とにかくTVによく映る場所は
無駄に占拠しているイメージがありますしね――点にあるとボクは思います。

まぁ ネットを駆使したやり方や すべてが個別のブースの様な形で
区切られている感じなので「たんに自習室として利用する」とか
その辺に関して言えば 割と環境はいいのかもしれませんが
多分 あの辺の数字に関して言えば 予備校の方からお誘いが来た人くらいしか
恩恵を受けていないとか そのように感じるような気がします。

そもそも すべてがブース型ということは 裏を返すならば
「やる気を本当に持続させないと お昼寝大会」になりかねない懸念もありますし。

まぁ 結論を書くのならば あの場所は「向上して行こうと思う人にはキツイ」
……と 言うふうに表現するべきなのでしょうか。  そのように思いました。
――まぁ あくまでも「ボクが思っただけ」なので 悪しからず。

――まぁ だから「三大予備校」と表現された時にはじかれるんですよね。
(↑QMA的答では確か“代ゼミ”“駿台”“河合塾”だった気がします??)



さて では 逆に河合塾の方はどうだったのかと言いますと。
授業に関する話を一つ一つ書き連ねていきましょうか。

――これについては 結果がまだこれを書きこんでいる段階ではわからないので
最終的なオチについては書きこめない形になりますが 今 ワープロに向かって
カタカタ文字を打ち込んでいるボクが言えることを書いてみたいと思います。

まず まぁ 大体の予備校はそうでしょうが こちらはライブ授業です。
先生の善し悪しなどいろいろと 要因はあったりしますが 少なくとも
「隔離された空間で 睡眠大会になる」ようなことはありませんし
少々時間が融通聞かない点はありますが 学ぼうとするならばこちらの方がいいかも。

あと T進から転身してきた身から言わせてもらいますと
授業の内容だけではなく 自分の持ちこんだ問題集や模試で躓いた問題
――ボクの場合 身近になかなかいない「神戸大学プレ」等の問題を
持ちだしても 話を聞いていただけましたし――についても
考え方の指針やアドバイスをいただけるというのはよかったと思います。

……そもそも DVDでもお気に入りの先生を作ることができるかもしれませんが
DVD相手だと 有名講師相手だったりしますと 公演に来たりして
直に合う機会があったとしても 問題に対する質問をするではなくて
「サイン会」みたいなことが始まってしまうT進では どうなのでしょうかね。
(↑始めてこの講演会に行ったときに「一体何をやっているのだろう」と
ひとりでドン引きして冷たい目線でこれを見つめていた記憶が残っています。)

まぁ 「現役館」という校舎配分が何故つくられているのかという点について
ボクにはいまいち理解できず この点に関しては未だに理解できません。

①浪人生の気迫を感じることができず 自習室のブースではお昼寝大会が普通にある
(↑まぁ さすがに「個別自習室」的な空間はありますからね。)
②浪人生も浪人生で 遠い場所に出て行かなければならないこともある
(↑仮にボクがそうなってしまったら校舎が非常に遠くなってしまいますし)


……とか その辺について不満を言ってみるべきなのでしょうかね???
まぁ 逆に書けば 「現役館の存在」以外には あまりぼやくことは無いでしょうか。



さて ボクの気持ちの上で 通った予備校に関して比較してみるのならば
このような形になるのでしょうか???  参考になりますかね???

次回は T進に関する記憶はあまり無いですし 書くことは当時の記事にありますから
学校の記事と同じノリで K塾に関する一言コメントを並べてみましょうか。 

TOP