高校最後の定期試験!  後編。

2011⁄01⁄31(月) 15:00
最後の定期テスト(のはず)だから しっかり書き込みたいのですが
なんだか この時に限って あまり書くことが出来ないというジレンマ。




そんなわけで ボクにとっては 定期テストで土日を挟んでしまうというパターンは
ボクの記憶が間違っていなかったならば 始めてだった気がするのですがね。

確か 今までの定期テストは すべて月曜日・火曜日から始めたりして
すべての日程がなんだかんだで 一週間の内に終わるように仕向けてくれて。
――週の後半に文系科目が来たりすると 直前ファイター構造が
完全に崩れてしまうことになりましてね。  本当に大変でした。

……で 最後ですから しっかりボクらしくテストの話題を書き込んで
学校のテストシリーズを〆たいと思っていたりしたのですが……。

なんだか 全体的に「驚くネタに枯渇してきた」のか
「あまり 先生もハメを外さなかったのか」とにかく いろいろな科目について
ボク なんだか 驚くリアクションがなくなってきた気がするのですがね。

――いや 最近のストレス云々で 柔軟な心が失われてきたという見方も
あったりするのですが。  これは ボク内部の問題なのですがね。

そんなわけで ぶっちゃけて この先書き込むことの中身が
ほとんどない気がするのですが まぁ お約束だと思って付き合ってくださいな。

<三日目:一月二十八日>
・一時間目……Writing
こちらも Readingの時と同じように マークシート式のテスト。
――センターの前にやるんだったらまだしも この時期にマークシートって
若干 時期も外している気がするのは 気のせいなのでしょうか。

……とも 思ったのですが たとえ「記述式」にしたりして
英作文の問題を入れたとしても これらのテストの返却は噂によりますと
無いわけですから 訂正する意味も 異議申し立ても出来ないということで
あまり 意味をなさないような気もしますね。  無理やり納得。

……と いうことになりますと 前回のテスト(後期中間試験)で
英作文の問題を全くいれなかったのって 公立志望の人殺しでしょうか?
……少なくとも ボクの受ける学校には英作文の問題があるのですがね……。

――考えてみたら 通っている学校の国公立大学進学率があまり高くない気が。
……このへんからも 先生方のMARCHあたり狙いの考えが見えてくる気がします。
(↑……と いうか 身内?に辛口審査。  ここまでレベルいっているの??)

・二時間目……自習
文系の人では この時間に帰ったりする人もいるとかいないとか。
――テストの日課で 理系の人はこんな自習時間を作ったりして
かなり時間の浪費を余儀なくされている部分があるのですが もうすこし
テストによって どうにかするとか 良い方法は無かったのでしょうかね???

――ただでさえ 一問解くのに文系よりも時間かかるんですから!!(←多分。)

・三時間目……物理研究
センター試験も終わってしまいまして やる意味がわからない科目になったこの講座。
とりあえず コンセプトは「センター対策講座」だったはずなので……

それまでの授業はまだしも センターが終わってしまった後の一週間の授業は
(ボク達の場合には 二次・記述対策など 先生にも手の施しようがありましたが)
文系を相手に 何かをする余地があったのか かなり疑問があったり。

ちなみに この試験では「試験範囲が全く指定されず」=「全範囲」と言うことで。
――まぁ ボクらにとっては「あ~  こんな感じか~」程度でしたがね。
――と いうか 二次対策になるような事 してくれないかなぁ???

<最終日:一月三十一日>
・一時間目……政治経済
土日を挟んだおかげで その前の週のウィークデーに
ほとんど 勉強しなくても まぁ なんとなかった……のかな???
……みたいな感触とでも書いた方がいいのでしょうかね???

……と いうより そもそも このセンターが終わった時期にまで
テストに追い立てられて社会を勉強しなければならない事を
タイムロスとしか思えないボクって 終わっているのでしょうかね??

今回のこのテスト なんだか 考えてみたら選択肢が多めだったり
「~ エ.フロー  オ.フロート  カ.キチン  キ.チキン」みたいな
明らかに 意図的にふざけて作ったであろう偽選択肢が並んでいたりしていましたね。
(↑参考:ストック&フロー  景気の「キチンの波」  ……等。)

・二時間目……物理Ⅱ

●最後のお助け問題
のっぴぃの気分も 一緒に書き込んでみたらこんな感じ。↓

トムソンが陰極線の研究のために開発した放電管は、後にテレビのブラウン管として発展し、多くの家庭に普及するようになった。(出題は 原子運動論の話の中に出てきた化学者のようです。)しかし、トムソン自身は非常に不器用な人で、実験装置をよく壊したそうである。(へぇ~  そうなんだ~)キャベンディシュ研究所の研究者たちは、そんな彼のことを親しみを込めて○○と呼んでいた。(ふむふむ。)『○○が来ないうちに実験を終わらせてしまえ。』とか、『○○が触っていないはずなのに、実験がうまくいかない。』といった具合である。(これは いじられているとしか思えないのですが。)

この○○に入るアルファベット二文字を答えなさい。(無理ゲー!)

ヒント(ですよね? これないときついって。)

トムソンのファーストネームとミドルネームの頭文字で、同じ文字です。

(↑ひじょ~に 自信が無いのですが!!!!  てか これでわかるかい!)
(↑↑まぁ 個人的に 何となく心当たりがある補助事項がありますがね??)

確か、女性雑誌にもこのアルファベット二文字のものがあります。
(↑ここで即答。)

さらに、私(先生?)の名前の頭文字でもあります。
(↑いらない情報だ!!!)
(↑↑はたして 学校内にフルネームがわかる先生が何人いるだろうか!)


……確かって……  違ったらどうするつもりだったのでしょうか。
そして 女性雑誌という言葉で核心を得たボク。  その後 かなり落ち込みました。
(↑なんだか 無駄なところでQMA知識使うことってあるんですね~)
(↑↑ちなみに ”男子ばかり”の我がクラスでは撃沈者 多数報告あり。)

あと 問題の方は受験で原子核等は 出てこないので 全く対策をせず
まぁ 基本問題さえ解けていれば 良かったかな~  みたいな感じ。
今となっては どうあがいても 評定がすごいことになるのは防げませんし。

……若干 原子核の方が比率が多かった点が気になりますがね。

……さぁ これでテストも終わりか……

・三時間目……現代文
……と 思ったボク。  大間違いでしたwww  完全に失念していた!!!
なんだか とても大変なことになっている気がするのですがねwww

――みたいに 一瞬焦りましたが 今までのテスト すべてノー勉でやっている
現代文だったので なんだかんだでノープロブレム。  平均越えは固いだろうな。

……ただ 少し愚痴らせてもらうとするならば 余白が非常に狭くて
出題されていた問題の中にあった「センター問題集引用」らしい問題。
――マークしながら解く癖があるボクにとって 非常にやりにくかったのは秘密の話。

――みたいなことを考えていたら 帰りにそれを作った先生が通りかかって
「簡単だったでしょ?」……だ そうな。(←私は理系ですが。)

まぁ クラスの中では割と ボク 良い位置にいるという認識をされているのでしょうかね??

※テストとは関係ないのですが。
この現代文の時のテスト監督が 担任だったのですが この人曰くのには
「この中の”ほとんどの人が”これで 国語のテストは最後だぁ~
まぁ 落ちたら落ちたで まだあるから がんばれよぉ~」   先生!  その言葉は不吉です!

さて「あ 俺のことだな」みたいな感想を思った人は この中に何人いた事やら。




そのあと なんだかどうでもいい学年集会が。  ほとんど聞き流しましたがね。

――もう 言葉はどうでもいいから さっさと帰って勉強させてぇぇ!!
(↑ただし その後 このように割とすんなりとブログ更新を済ませていたりする。)

さて 今度学校に来るのは ボクの誕生日か……
※ちなみに 今日は某友人の誕生日でもあったはずです。  確か。
(↑渡すものは しっかり渡しておいたがな☆)

TOP